著者:マネたま転職研究所 2022年12月8日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

【緊急】朝、仕事前に行きたくない…吐き気・頭痛・下痢などの症状は危険!

アップロード日2022/11/10

マネたま転職編集部

「朝、仕事に行きたくない気持ちが強く、吐き気や下痢を催したことがある」

「仕事前になって、仕事に行きたくないと思うほど、吐き気や頭痛で気持ち悪い」

こんな症状を体験したことはありませんか?

 もし吐き気を催す症状を一度でも経験していたら、

あなたはすでに、危険な状態にあるかもしれません。

今すぐに対処しないと、仕事に「行きたくない」どころか「行けない」心と身体になってしまう可能性があります。 

この記事では、

  • 仕事で吐き気を催す理由
  • 吐き気を我慢し続けた人の末路
  • 吐き気を今すぐに止めるべき理由とその方法

について解説していきます。

朝から吐き気に見舞われたり、頭痛・腹痛に襲われるのは心身がストレスを感じている証拠じゃ。

まずは「第二新卒エージェント」に登録して転職可能性を探ろう!

朝、仕事に行きたくないと感じて、吐き気・頭痛・下痢の症状がある場合は、まず転職活動をすることをおすすめします。
なぜなら、転職活動をすることで、実際に転職できるのか?を知ることができます。

20代の転職支援に強いおすすめ転職エージェント「第二新卒エージェント」はすべて無料でサポートしてくれます。

今すぐ第二新卒エージェントに無料登録して転職相談をしてみることをおすすめします。

第二新卒エージェントでは、オンラインでもキャリア面談を実施しているので予定も調整しやすいです。

◻ 【2022年11月:最新情報】 ◻

    『コロナウイルス』の影響で、
    リーマンショック以上に経済が冷え込んできて、
    転職の難易度が確実に上がります。

    いつでも転職できるよう、
    一度プロのキャリアアドバイザーに相談して、
    保険をかけておきたいところですが…

    ※転職エージェントなら電話面談も対応している「第二新卒エージェント」がオススメ!感染のリスクを減らすために、先に自己分析をしておくとよりスムーズでしょう。

関連記事【SOS】朝になると仕事に行けないのは、心も身体も限界の証拠

仕事前になると朝から吐き気や頭痛で気持ち悪くなる理由

朝の出勤前の吐き気や頭痛・下痢で気持ち悪くなるのは、

様々な「異常のシグナルです。

 これを放っておくと、心因性嘔吐症やうつ病などの病気の発症にも繋がっていきます。

心因性嘔吐症とは、通常であれば子供に発症しやすい病気です。

しかし、あまりに心理的負荷がかかると成人にも発症する場合があるようです。

心因性嘔吐症?なんだか、難しい言葉ですね。

心因性嘔吐(症)について、下記で詳しく解説するぞい。

Q

心因性嘔吐とは何ですか?

A

心因性嘔吐(神経性嘔吐)とは,嘔吐の原因となる明らかな異常がなく,心理社会的なストレスが原因で嘔吐するものを示します。不安や緊張を伴う場面で発生することが多いのですが,本人は心理的ストレスを自覚していない場合もあります。また,車の中で嘔吐してから車を見ただけで嘔吐するようになるなど,特定の場所や時間に症状が出現する「条件付け」が関係している場合もあります。

出典:日本小児心身医学会

Q

どうして嘔吐するのですか?

A

嘔吐は,脳(延髄)にある嘔吐中枢や隣接するchemoreceptor trigger zone(CTZ)への刺激によって発生します。大脳に伝わった心理社会的なストレスを上手く処理できないと,不快な感情が誘因となって嘔吐中枢を刺激します。子どもの中枢神経系は未成熟なので,様々な刺激によって影響を受け,身体症状が発生しやすいと言われおり,嘔吐もその一つです。また,発達の問題(知的能力障害や自閉症スペクトラム障害など)のために「条件付け」が発生しやすいお子さんもいます。

出典:日本小児心身医学会

心因性嘔吐は、心のストレスからくる吐き気のことなんですね。
でも、朝から気持ち悪いと本当に辛いなあ…

通常の生活を送る上では、成人の方にはほとんど発症しないため、吐き気を催してしまった場合の重大性・危険性が伺えます。

ただ、ストレスが原因で病院に診察を訪れる方も非常に多くなってきているようで、医師専用コミュニティサイト『MedPeer』の

「ストレスを原因として、患者さんが吐き気を訴えることはありますか。」

という質問に対して、518人の医師のうち、8割以上の医師がストレスを原因とした吐き気や気持ち悪さは「ある」と考えてます。

出典:イシコメ「吐き気とストレスの関係ってある?適した対処法って一体なに?医師518人に聞いてみました

さらに、SNS上でも、仕事で吐き気を催す方の叫びが投稿されています。

仕事のストレスにより吐き気を催したり、頭痛や腹痛に悩む方は以外にも多いです。

朝から気持ち悪いと1日中辛い思いをすることも少なくありません。

一度発症してしまうとなかなか簡単には治らないこそ、一人で悩まずに今すぐの対策が必要です。

「仕事のストレスが限界でやばい」時に合わせて読みたい

【やばい?】仕事のストレスが限界になる前に心身のサインに気付いて!

「仕事のストレスが限界でやばいかも」と心身にも限界サインが出ている場合は、対策をしっかり取ることが大切。仕事のストレスへの対策など解説していきます。

仕事前の吐き気(頭痛・下痢)を我慢して、行きたくない仕事に通い続けると…

とあるシステムエンジニア N.Sさんの体験談です。

N.Sさん

男性

「もう一生、あの上司の顔は思い出したくありません。」

========= N.Sさん =========

入社から3年が経過し、ある日の朝、出勤前に「ひどい吐き気」を感じました。

昨日は暴飲暴食もしていないはずだけど…

しかし連日のように残業に次ぐ残業で、深夜12時を回るまで仕事をこなしています。

今日も、どうしても昼13時の会議のためにどうしても上司に提出すべき資料があり、朝8時までに出勤しなくてはいけませんでした。

とにかく、朝から気持ち悪いと思いながらも出社をしたのですが、いざ仕事のことを考えた途端に吐き気が私を襲いました。

会社に着いてすぐにトイレに駆け込み、トイレの洗面台でと、つい先日も上司に「プレゼンの出来が悪い」と叱責を受けたことを思い出しました。

それを思い出すと、また強烈な吐き気が襲ってくるのです。

結局、事前に報告はしたものの、資料の提出はギリギリになり、例によって上司に怒られるはめに。

私は気づかないうちに、仕事のプレッシャーに押し潰されていたのです。

この日を境に、いろんな生活の場面や仕事中においても、ひどい吐き気や腹痛・頭痛に襲われ始め、流石にこれは異常だと感じて病院へ行ってみることに。

診断結果は

心因性嘔吐症

でした。

それも、かなりの強いストレスがかかっているとのことで、できれば仕事の環境を変えるべきだと医師に諭されました。

でも、上司に辞めたいと伝えたら、またなんて言われるか、、、

いっそのこと、「倒れてしまった方が楽だ」「もう倒れたい!」と自暴自棄にもなりました。

そう思った私は、結局「仕事に行きたくない」と思い出してから、退職までには半年ほど時間がかかり、その後は数ヶ月間は自宅療養を余儀なくされました。

現在は新しい職場で復帰をしていますが、いまでも上司の顔を思い出すと吐き気に襲われることがあります。

当たり前ですが、今考えると仕事のストレスで吐き気を催すなんて本当にマズい状況でしたね。

                                  =====================

N.Sさんもより早く対処ができていれば、数ヶ月間の自宅療養は防げたかもしれませんし、その分の治療費を払う必要もなかったはずです。

吐き気に襲われてからでは「遅い」のです。

新卒や若手こそ、吐き気に襲われる前に対策した方がいい

特に若手の方はまだまだ体力がある方も多いです。

「仕事に行きたくない」「もうこれ以上仕事をしたくない」と思っても長時間働けてしまったりと、無理のきく年齢だからこそ、我慢して取り返しのつかないことになるケースが多発しています。

吐き気は、襲ってきてもすぐに対処ができない場合がほとんどです。

仕事中のデスクで急な吐き気に襲われ、公衆の面前で嘔吐してしまうことは避けたいものですが、いつ吐き気が襲ってくるかわからない状況では、対処のしようがありません。

何かをきっかけに急な吐き気に襲われる状態が続くなんて…

参考【医師監修】「仕事に行きたくない…」吐き気・涙は限界のサイン?病院行くべき?

妊婦や女性も注意すべき

また、新卒や若手の社員と同じく、女性の方、特に妊婦の方は行きたくない仕事に無理に行くのは危険です。

妊婦の方は、新しい命を育んでいるために、通常よりも体調や精神が不安定になる可能性が高いです。

吐き気を催すほどのストレスは、新しい命にも悪影響を及ぼします。

慢性的に頭痛や下痢による腹痛に悩まされている場合も、ストレスを感じていることの表れです。

女性や妊婦で仕事に行きたくないと悩んでいる方は、仕事前に行きたくないと思ったら出勤を避け避けてください。

特に、マタハラやセクハラは精神的にすごく負担がかかるので要注意です。

関連記事「仕事辞めたい」は甘え?甘えじゃない理由|妊娠したなどの状況ならなおさら

吐き気で気持ち悪いほど仕事に行きたくないなら、無理に行く必要はない

朝、出勤前に吐き気がする、もしくは腹痛による下痢や頭痛に悩まされている方は、無理に仕事に行く必要はありません。

仕事へ向かう前に病院へ向かう・環境を変える準備をしましょう。

あなたの心身は日々の仕事のストレスによってボロボロになっている可能性が高いです。

頑張らなきゃいけない時こそ、自分自身のなかで優先順位を間違えがちですが、健康な心と体あっての仕事ですよね。。。

そうじゃな。やはり、覚えることが多い新卒やノルマに追われる営業マン、責任の大きいリーダーなんかは、ついつい限界を超えて無理をしてしまいじゃな。

また、心因性嘔吐症やうつ病は、軽微な体調不良とは違い、れっきとした「病気」です。

治らない限り、延々とあなたの足かせになります。

最悪の場合、仕事を続けたくてもやめざるを得ない状況になるかもしれません。

頑張らなきゃいけない時こそ、仕事について立ち止まって考えよう|辞めたい気持ちを我慢しないで!

時には、少し無理をして頑張らなきゃいけないこともあるかもしれませんが、そういう状況の時こそ休暇を取り、病院へ行ったり転職や部署異動について考えるべきです。

慢性的に吐き気や下痢、頭痛などの症状が出て「仕事を辞めたい」と少しでも感じているなら、立ち止まって「自分自身にとって、今の仕事・職場環境は合っているのか」を考える必要があります。

あなたは真面目に仕事に向き合える性格だからこそ、

仕事を辞めて、自分の身体をストレスから守ることを最優先すべきです。

 仕事に行きたくないと思った段階で、以下の転職エージェントに今の状況を相談してみましょう。

転職エージェントは「転職のプロ」です。

現状を打破したいと思って相談をすることは、決して逃げの選択肢にはなりません。

無料だし、使わない手はないじゃろ?同期や先輩にも意外と登録している者は多いもんじゃ。

◻ 【おすすめ転職エージェント】 ◻

    特に『リクルートエージェント』はコロナウイルス感染拡大を防ぐため、電話面談を実施しているのでオススメです。

    ■『リクルートエージェント』
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com
    ■『マイナビエージェント』
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp
    ■『パソナキャリア』
    ・手厚いサポート体制が業界No.1!
    【公式】https://www.pasonacareer.jp
    ■『リクナビNEXT』※転職サイト
    ・圧倒的No1の求人数!
    【公式】https://next.rikunabi.com

    ※もし、迷ってしまったら…?
    どのエージェントに相談するか迷った場合、最低でも下記の2社に相談すれば間違いありません。

    ①『リクルートエージェント』
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com
    ②『マイナビエージェント』
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp

関連記事「仕事行きたくない家にいたい」は甘えじゃない!涙出るのは異常|仕事を変えよう!

吐き気で気持ち悪いほど仕事に行きたくないなら、今すぐ辞める準備をしよう

気持ち悪いほどに吐き気を催している状態なら、緊急度が高いのですぐに退職して環境を移すことが重要です。

ただ、いくら頭では「心身のSOS」を感じ取っていても、なかなか退職/転職に踏み切れない方も多いかと思います。

ストレスで吐き気を催すほど仕事に行きたくないのに、退職/転職に踏み切れない理由は、主に2つです。

  • 周囲の目が気になるから

  • 退職や転職について「よく知らない」から

周囲の目が気になるから

仕事によるストレスを受けて体調不良になると、身体だけでなく心にも影響が出るケースが多いです。

うつ病寸前の状態になると、ネガティブな選択をする傾向が強くなります。

そのため、自分に自信が持てなくなり、本当に思っていること、やりたいことを諦めてしまうんです。

転職してもまた同じことになってしまう気がしているわ。 悩みやストレスを抱え込んでいる人ほど、自分のことを過少評価しがちです。 だからこそ、気づかぬうちに正常な判断ができなくなり、泥沼にハマってしまいます。 泥沼にハマってしまっている方、ハマりそうな方こそ、他人を頼りましょう。

退職や転職について「良く知らないから」

人間は知らないことに関して恐怖や嫌悪、不安といったマイナスの感情を抱きます。

嫌い・ダメだ・怪しいと感じると、それ以上の行動を起こそうとしないのが通常の心理です。

「もう仕事に行きたくない・辞めたい」

と思っても、どうすればいいかわからないので、行動を諦めてしまいます。

転職や退職について、事前にどのような方法を取るべきかが分かれば、何もハードルが高いことではありません。

一人で悩まず他人の力を借りてでも、今の仕事を辞めることによるメリット・デメリットを一つずつ冷静に洗い出してみましょう。

そうすれば、実際に転職すべきかどうかがすぐにわかるはずです。

朝から吐き気に襲われて仕事を辞めたいと思っているのなら、迷わず周りにサポートしてもらいましょう。

「頼る」ことも、仕事を進めていく上では重要なスキルです。もし、自力で辞めることが難しい場合は、退職の手続きを代行してくれる『EXIT』を利用するのも一つの手段です。

吐き気を催す前に、行動したいですね。

頼るのも重要なスキルじゃ!

朝、仕事前から吐き気を催す仕事を辞めて給料もUPさせよう

先ほどの体験談に登場したN.Sさんが心因性嘔吐症と診断され、次にとった行動は「転職」でした。

医師から

「朝の出勤前から吐き気を催すなんて、相当な無理をしている」

「毎朝気持ち悪いなんて、このままでは働けない」

という脅しにも似た助言を貰い、今の状況から脱却する道を選択しました。

転職エージェントに悩みを相談したN.Sさんは、結果的に以前から憧れていた仕事に就けることができたそうです。

 むしろ、現状にしがみつかず、早いうちに転職を選択肢に入れられたN.Sさんは非常に賢い方です。

環境が変われば、スキルや意欲が向上することはよくありますし、年収が上がればプライベートも充実しやすくなります。

つまり、「環境」を変えるだけで、それに連なって様々な要素の運気が上向いてくる可能性が高いのです。

※決して、占いの話ではありません

あなたの人生に最も影響を及ぼす要素である「環境」を変えることで、自分自身を「上昇気流」に乗せて上げましょう。

転職は1日でも若い方が有利です。

現状にしがみつくか、転職するか、あなたにとってどちらが安泰かは自明のことでしょう。転職活動は下記で解説するポイント「だけ」を忠実に行うことで、満足のいく結果を得ることができます。

失敗しない転職活動に、転職エージェントの利用は必須

転職活動は人生の中で何度も経験するようなことではありません。

だからこそ、転職のプロに相談をすることで、限りなく失敗する確率を上げていくことが重要です。

 転職エージェントとは、「転職活動の際に必要になる作業の大部分を代行してくれる」サービスです。

具体的に、転職エージェントに相談することで、以下のサポートを無料で受けることができます。

  • 転職相談
  • 求人案件の紹介
  • 応募書類・履歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接日程(スケジュール)の調整
  • 年収交渉

自分で転職サイトを利用するだけではたどり着けない情報を提供してもらえたり、志望する企業の傾向に合わせた対策を無料で行うことができます。

そのため、一人で転職活動をするよりも、圧倒的に自分に合う会社に出会える確率・転職成功率が高くなります。

転職エージェントに登録すると大量のメールが届くので、転職活動用にメールアドレスを作成しておきましょう。

また、稀に自身の成果を上げるために、強引に転職を迫ってくるキャリアアドバイザーがいますが、その場合はメールで連絡して担当を変更してもらうことが可能です。

初めての転職が不安な人はもちろん、キャリアについて悩んでいることがある人は、相談しない理由がありません。

転職エージェントを選択する時のポイント

失敗しない転職活動を実現するために、転職エージェントを利用する際は、以下の2つのポイントを守りましょう。

  • 転職エージェントを3社以上利用する
  • 「総合型」「業界・年齢特化型」の両方の転職エージェントを利用する

上記のポイントさえ気にしていれば、OKです。

①転職エージェントを3社以上利用する

転職エージェントは必ず、

3社以上を併用

してください。

 実際に、人材大手リクルートによる調査でも、転職エージェントを複数利用している求職者の方が、転職活動の成功率が高いことが実証されています。

転職決定者の平均転職エージェント利用社数は4.2社です。

転職エージェントの3社以上登録することによるメリットは以下です。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

1社の転職エージェントから紹介してもらえる求人案件は3社前後です。

幅広く求人を検討するためにも、3社以上に登録することをおすすめします。

②「総合型」「業界・年齢特化型」の両方の転職エージェントを利用する

また、転職エージェントには、幅広い求人案件を保有する「総合型」と、求人案件は少ないものの、特定の業界に特化してサポートをしてくれる「業界・年齢特化型」の2種類が存在しています。

総合型の転職エージェントだけを利用すると、あなたの希望する業界で「目立たない優良求人」に出会えない可能性があります。

また、希望している条件に合致した求人なのに、年齢やこれまでの経歴から応募できないケースもよくあるのです。

逆に、業界・年齢特化型の転職エージェントだけを利用すると、特定領域の求人ばかりを紹介され、自身の可能性を限定してしまうことに繋がってしまうのです。そのため、総合型を2社以上、業界・年齢特化型を1社以上利用して、幅広く自身の可能性を模索しましょう。

転職エージェントに相談する前に最低限把握しておくこと

最低限、以下の項目を事前に把握しておけば、キャリアアドバイザーの方とスムーズなやり取りを行うことができます。

【相談前に最低限必要な自己分析】

  • 1

    自分の好きなこと・嫌いなこと

  • 2

    自分の得意なこと・苦手なこと

  • 3

    今後やってみたい仕事・やりたくない仕事

  • 4

    仕事将来の理想の生活・キャリア(3年・5年・10年)

上記の項目を事前にまとめておくことで、キャリアアドバイザーがあなたの描くキャリアや生活を実現できる企業を紹介しやすくなります。

「ただ転職したいだけ」

の人よりも、

「〜〜が好きで、◯◯という仕事に挑戦してみたい」

という希望がある人の方が熱意が伝わり、キャリアアドバイザーにとっても優先的に対応してあげたくなる心理が働きます。

吐き気を催している・仕事には行きたくないという事実もきちんと伝えるのじゃ。

勇気を出して一歩踏み出そう。もう仕事のせいで吐き気がするのはこりごりです!

吐き気や頭痛・下痢で仕事に行きたくない時の救世主|辞めたい気持ちに正直に

「朝の出勤前から、吐き気がして気持ち悪い」

吐き気の症状が出てしまった場合でも、諦めてはいけません。

スラ○ダンクの安○先生が言っていたように、

諦めたら、人生という試合が終了

してしまいます。

人に頼って良いので、人生を好転させるために全力を尽くしましょう。

ここでポイントなのは、「思い立ったらすぐに行動すべき」ということです。

心理学者のピアーズ・スティール教授の40年間に渡る調査によると、

95%の人が「自分に甘く、仕事や作業で先延ばしをしてしまう」

ことが明らかになっています。

そのため、現状を少しでもポジティブにしたい場合、多少の不安があってもすぐに行動するのがポイントです。

最後に、転職賢者が本気でおすすめしている、絶対に登録すべき転職エージェントについてご紹介します。

◆転職エージェントの利用が不安な方へ◆

    決して、背伸びをして自分をよく見せようとする必要はありません。
    パートナーとなる相手に、自分をよく見せようとすると、かえって転職活動の失敗を招きかねません。
    最初に登録した情報でいきなり求人を紹介されることはありませんし、職務経歴書は一緒に作成すればいいのです。

    土・日でも利用可能ですよ!
    まずは登録して、転職エージェントの指示を待ちましょう!

    ※登録の際、在職中の方は備考欄に「●時以降なら電話対応」 と記載しておけば、仕事中に連絡が来て現職にバレることはありません。

まず、絶対に登録すべき総合型転職エージェントをご紹介します。

現職(前職)での雇用形態に関わらず、登録が可能です。

いずれも5分程度で登録が完了します。

登録しておかないと…

◻ 【おすすめ転職エージェント】 ◻

    特に『リクルートエージェント』はコロナウイルス感染拡大を防ぐため、電話面談を実施しているのでオススメです。

    ■『リクルートエージェント
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com
    ■『マイナビエージェント
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp
    ■『パソナキャリア
    ・手厚いサポート体制が業界No.1!
    【公式】https://www.pasonacareer.jp
    ■『リクナビNEXT』※転職サイト
    ・圧倒的No1の求人数!
    【公式】https://next.rikunabi.com

    ※もし、迷ってしまったら…?
    どのエージェントに相談するか迷った場合、最低でも下記の2社に相談すれば間違いありません。

    ①『リクルートエージェント
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com
    ②『マイナビエージェント
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp

行きたくない仕事を辞めて、吐き気・頭痛・腹痛の気持ち悪さとお別れしよう

転職は「逃げ」ではありません。

もし、あなたが仕事前の吐き気や頭痛・下痢の気持ち悪さを我慢して、仕事を続けていることに価値があると思っているのであれば、

今すぐ考えを改めてください。

転職は、逃げや負けではないぞ!

上記で解説したおすすめサービスについておさらいします。

◻ 【おすすめ転職エージェント】 ◻

やりたい仕事がない人向け

『TECH::EXPERT(テック・エキスパート)』
※ホリエモン絶賛!の実績No.1スクール

上記から30秒で無料カウンセリング申込可能!
»手に職をつけたいなら、TECH::EXPERT(テック・エキスパート)に通うべき!

()最近は格安の退職代行サービスを名乗る悪質な業者が急増しています。

もし利用する場合は、会社としての知名度・実績共に断トツの『EXIT』がおすすめです。

退職代行を利用するならEXIT!

『EXIT』
抜群の知名度!LINEで気軽に相談!

【公式】https://www.taishokudaikou.com/

責任感が強いからこそ苦しんでいるあなたは、もっと自分のパフォーマンスを発揮できる仕事を見つけることができるはずです。

転職してみて、あの常態化した吐き気が治まるようになった時に、わかるようになるでしょう。

健康な心身あっての仕事であるという「当たり前の価値観」を早く取り戻すことこそが、解決のきっかけになる筈です。

吐き気のせいで仕事を辞めたいと思う前に、健全な社会人生活を歩む方法を見つけましょう。

下記では、転職エージェントを「使い倒す」ためのマル秘テクニックについて、記載しています。

「朝仕事に行きたくない」時に合わせて読みたい

【緊急】仕事に行きたくないと朝も夜も泣くのは「心のSOS」

仕事に行きたくない感じて夜や朝に涙が出るときは限界のサインかもしれません。そんな状況の時のときに役に立つ情報を紹介しています。

行きたくない仕事のストレスで、吐き気を催している人のための関連・参考記事

「仕事 行きたくない 吐き気」の関連・参考記事

「仕事行きたくない 吐き気 下痢」の関連・参考記事

吐き気に加えて下痢の症状まで出てしまったら…

「仕事 吐き気」の関連・参考記事

「仕事 吐き気 辞めたい」の関連・参考記事

辞めたい気持ちを我慢する必要はありません。

「朝 吐き気」の関連・参考記事

朝、出勤前に吐き気を催したら、その日は無理に仕事に行かない方がいいです。

page top