著者:マネたま転職研究所 2022年12月8日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

ワークポートのやばい評判の真偽を徹底調査!サービスやおすすめの人を解説します

アップロード日2022/11/29

マネたま転職編集部

ワークポートは、IT・WEB・ゲーム業界を中心に、若者に人気のクリエイティブ職や安定しているメーカー企業の求人を扱っている転ワークポートの利用方法エージェントです。

人気のある業種・職種を扱っていることから、特に若い世代に支持されています。

良い評判が多いワークポートですが、「やばい」という評判もあるようです。

この記事では、ワークポートのやばい評判の原因、そして、独自サービスやワークポートがおすすめな人の特徴をまとめました。

ワークポートのやばい評判の原因と対処方法

今注目の転職エージェントであるワークポートは転職決定数1位を獲得しており、実績も十分にありますが、口コミを調べてみるとやばいという評判がいくつか見られました。

ここでは、ワークポートの利用者がどんなところに「やばい」と感じたのかを探ります。

参考ワークポートの評判はやばい?口コミから分かるメリット・デメリットを徹底解説!

エリアによっては求人数が少ない

人気の業種・職種を扱っているワークポートを利用したいと思う方は全国にいます。

せっかく登録したのに求人が無ければ、やばいと感じるのも当然です。

しかし、近年ではUターン・Iターン・Jターンに最適な地方求人にも力を入れています。

以下は、2022年5月現在の公開求人数をエリアごとにまとめたものです。

求人エリア 公開求人数
北海道・東北エリア 2,922件
関東エリア 28,089件
甲信越・北陸エリア 1,442件
東海エリア 4,401件
関西エリア 8,961件
中国・四国エリア 3,652件
九州・沖縄エリア 4,869件
海外 23件
(2022年5月21日現在)

関東エリアが大多数ですが、国内外の求人を幅広く扱っていることが分かります。

地方エリアの場合、タイミングもあるので公開求人を検索してから登録するのが確実です。

参考ワークポートは対応が最悪?悪い口コミ・評判の真相を運営会社に取材して検証

未経験可能な求人があると謳っているのに断られた

ワークポートでは業界・職種未経験からの転職をサポートしてもらえることがサービスの特徴の1つです。

しかし、やばい口コミの中には「未経験から紹介できる求人はないと言われてしまった」という口コミが散見されました。

未経験者を歓迎する求人のボリュームは時代や職種によってばらつきがあり、コロナウィルス流行下においては即戦力採用を行う企業が増えました。

そのため、2020年以降はワークポートでも未経験者への求人紹介を行うことが現実的に容易でなかったことがうかがえます。

未経験業界・職種への転職を希望する場合は例え転職エージェントを利用したとしても、転職エージェントや採用側に交渉できるよう、自分でスキルや知識の習得を積極的に行っている段階でアピールすることが大切です。

「転職エージェントに任していれば大丈夫」という他力本願な姿勢では、例え求人を紹介したもらえたとしても選考に通過することは厳しいと言えます。

転職コンシェルジュの質にバラつきがある

転職エージェントは担当者の質で評判の良し悪しが分かれます

レベルの低い担当者に当たると転職活動がスムーズにいかず、「この転職エージェントはやばい」と感じて利用を辞めてしまうケースが多いです。

ワークポートでは、キャリアアドバイザーを転職コンシェルジュと呼んでいます。

もし、担当となる転職コンシェルジュに疑問を感じたり、失礼な言動をされたりしたときは、担当者の変更を申請するのが懸命です。

ワークポートが提供するサービスや求人の質は評判が良いので、担当者1人に対して「やばい」と思ったからといって、ワークポートの利用自体を辞めるのは非常にもったいないことだと言えます。

担当者の変更はメールにて申請可能です。

全体的に求人数が伸びた要因として、前月に引き続き、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が行き渡ったあとの景気回復を見据えた採用活動を開始する企業が増えたことが考えられます。
出典:ワークポート|利用規約

担当者の変更は、本人に直接変更を伝えなければならない転職エージェントが大半ですが、ワークポートではメールで申請できるよう配慮されています。

担当者との相性は転職の成果を左右するので非常に大切です。

参考ワークポートの評判・口コミは良い悪い?登録前の全注意点も解説

メールがたくさん来る

転職エージェントや求人サイトは、メールをたくさん送信しています。

スカウトメールやお知らせなど、種類も多く、目を通すだけで大変です。

やばい量のメールが毎日来ると、煩わしくなり大事なメールを見落としてしまいます。

ワークポートでも、メール量の多さで評判を落としているようです。

ワークポートからのメールは、基本的に職務経歴に基づいたオファーメールです。

これを停止するためには、担当者にメール配信停止の要望を伝える必要があります。

参考ワークポートは利用すべき?700人の口コミ評判からわかる特徴と全注意点

希望と異なる求人を紹介された

希望と異なる求人を担当者から紹介されることもしばしばあります。

それは他社転職エージェントでも同様です。

こういった問題は、コミュニケーションによって改善されます。

マッチング制度をアップするには、紹介された求人に対して「どこが希望と異なるのか」、「もっと〇〇な求人が良い」などを担当者に伝えることが大切です。

面談の内容が全く反映されていない求人を紹介されると、ひどい評判が付くのも頷けます。

紹介される求人がひどいのは、担当者のサポートレベルが低いという証です。

サービスや保有している求人の質に魅力を少しでも感じているのであれば、担当者変更を申請することをおすすめします。

参考【騙されないで】ワークポートの評判が最悪という嘘|調査で分かった真実

勝手に求人に応募された

ワークポートのやばい評判の中でも心配なのが、勝手に求人に応募されたというものです。

履歴書や職務経歴書を許可なく企業に渡されることに不安を感じるのも頷けます。

勝手に応募という内容のやばい評判は、ワークポートに限らず見られるものです。

これは担当者が自身の営業成績を作るためという見方が広まっています。

通常、求職者に許可無く勝手に求人に応募することはないです。

個人情報保護の観点からも、その点は厳守されています。

もし、勝手に求人に応募された場合は、クレームを付けて担当者を変更してもらうか、他社転職エージェントを利用するのが懸命です。

参考ワークポートの評判はやばい?口コミから分かる特徴を徹底解説

求人を紹介してもらえなかった / 利用を断られた

「ひどい」という評判の中には、「求人を紹介してもらえなかった」「利用を断られた」というものもいくつかあります。

転職エージェントは、ターゲットを設けていることが一般的です。

サポートする求職者の条件や得意とする業種・職種を限定することで他社との差別化を図り、より良いサービスを提供するという意図があります。

例外はありますが、ワークポートの主なターゲットは以下の通りです。

  • IT、WEB、ゲーム業界、クリエイター、メーカー企業への転職を目指している人
  • 20代~30代の社会人経験者
  • ITエンジニアにキャリアチェンジしたい人
  • 経験を活かしてキャリアアップしたい人

未経験者歓迎~ハイクラスまで幅広く求人を取り扱っていますが、就職・再就職活動中の方や40代以降の方、30代の方であっても、年齢に見合う経歴・実績が無い方も利用を断られてしまうことがあります。

上記の他、希望条件が厳しい、または、条件が多すぎる人も断られやすいです。

例えば、未経験でITエンジニアにキャリアチェンジしたい人が、前職と同等の年収を希望しても、それが叶う求人が見つかる可能性は低いことが容易に分かります。

ターゲットを理解し、希望を明確にした上で優先順位を決めることが大切です。

参考ワークポートの評判は最悪?転職者の本音口コミから悪評の真偽を検証

良い意味でやばい!ワークポートが人気の理由

転職サイトタイプ 転職エージェント
エリア 全国・海外
おすすめポイント ・20代~30代のITエンジニア未経験者を支援
・ITエンジニア完全未経験者向け無料スクールに通える
・スマートフォンアプリを提供している
・提出書類が作れるWEBサービス『レジュメ』を提供
公開求人情報 54,360件
非公開求人情報 非公開
サポート期間 無期限
(2022年5月22日現在)

ワークポートにはやばい評判がありますが、その原因は解消方法が用意されている、もしくは、改善の傾向が見られるので安心して利用できます。

転職者決定数1位を獲得しており、注目度も高いです。

ここでは、ワークポートの特徴や人気を後押ししている独自のサービスを紹介します

参考IT系の転職に強いワークポートの評判!やばい?しつこい?悪い

IT・Web、ゲーム業界の求人に強い

ワークポートは業界や職種を問わず幅広い求人を保有していますが、とりわけ「IT・Web業界」「ゲーム業界」の転職に強く、求人割合も多いことが特徴としてあげられます。

他転職エージェントでは保有していない独占求人も多数含まれているため、IT分野で転職を考えている人は特に注目すべき転職エージェントの1つです。

転職需要の高いIT分野の転職支援に力を入れていることもあり、未経験者向けの求人も多くサポート体制も整っていることから、キャリアチェンジを視野に入れている人にもおすすめできます。

「転職相談サービス」の充実

ワークポートでは転職するかどうか悩んでいる人も含め、利用者個々に転職コンシェルジュが寄り添い転職における相談にのってくれます。

具体的に紹介を受けた求人に応募するとなった場合には、選考への対策をマンツーマンで行ってくれたりと、転職活動が充実したものとなるよう手厚くサポートしてくれる頼もしい存在です。

業界や職種に精通した転職コンシェルジュの実績にもとづく転職ノウハウとワークポート独自のマッチングシステムにより、企業と転職者とのマッチングにとことんこだわったサービスを手がけています。

参考ワークポートの評判・口コミ~IT転職におすすめのエージェント?

スマートフォンアプリ「eコンシェル」で転職活動がスムーズに!

出典:ワークポート|無料転職活動支援アプリ「eコンシェル」

eコンシェル」は、ワークポートが無料で提供しているスマートフォンアプリです。

ワークポートのサービスの大半はアプリひとつで利用できます。

「eコンシェル」でできること

・面接スケジュールの表示
・選考中企業の最新情報の表示
・紹介された求人の一覧
・紹介された求人への応募、辞退通知
・選考状況の確認
・企業WEBサイトへのリンク
・求人票の閲覧
・求人検索
・求人のブックマーク
・条件に合致した求人の紹介
・転職コンシェルジュとのチャット

やばい評判にもあった転職コンシェルジュからの連絡の多さも、eコンシェルを利用すれば煩わしさが軽減します。

オンラインツール「レジュメ」と合わせて利用すれば、転職活動がスムーズに進むはずです。

オンラインツール「レジュメ」で書類作成が簡単

出典:ワークポート| 履歴書・職務経歴書かんたん作成「レジュメ」

「レジュメ」の特徴まとめ

・履歴書の作成
・職務経歴書の作成
・履歴書と職務経歴書のPDF出力、印刷
・履歴書と職務経歴書のメール添付
・ワークポートの転職相談サービスとの連携

レジュメ」は、履歴書や職務経歴書といった企業への提出書類をスマートフォンやタブレットから作れる無料のオンラインツールです。

書き方が分からず「やばい!」と焦ってしまう人もサクサクと作成できます。

転職コンシェルジュからのアドバイスや書類添削サービスとの併用がおすすめです。

ITエンジニア完全未経験者が対象の無料スクール「みんスク」

出典:みんスク

ITエンジニアは将来性があると今人気の職種です。

しかし、専門性が高いことから完全未経験者にはハードルが高い職種と言えます。

趣味でもプログラミングをしたことが無い」は、完全未経験者で、ITエンジニアにキャリアチェンジしたいという方におすすめなのが「みんスク」です。

ITエンジニアの学習と転職活動の両立が叶います

オリジナルカリキュラムを用いた独習スタイルが基本です。

全国15ヶ所の教室には講師が常駐しているので、独習に不安がある方も安心してITエンジニアとしてのスキルと知識が身に付きます。

「すぐに転職講座」で転職ノウハウを気軽に習得!

「すぐに転職講座」とは、これから転職活動を行う人に向けた下準備に役立つ転職ノウハウを学べる無料講座です。

出典:ワークポート | 転職ノウハウが身につく!すぐに転職講座

ワークポートの転職相談サービス申込者を対象とし、全11つの講座で構成されています。

」は、講座の1つである「面接基礎講座」については受講必須となっており、残り10つの講座については自由に受講する講座を選択することが可能です。

受講方法は「講師による直接講義(対面・オンライン・電話)」または「動画による講義」のいずれかから選べるため、リモートで空き時間に受講することもできます。

応募書類の書き方や退職手続き、社会情勢についてなど転職するうえで必要なノウハウや気になる情報を気軽に習得することができるので、まずは利用してみることをおすすめします。

ワークポートは転職決定数No.1!

出典:ワークポート

人気業種・職種の未経験者向け求人〜ハイクラス案件までを扱っているワークポートはサポート力に優れており、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING ~2021年度上半期~』で転職者決定数1位を獲得しています。

良い意味で「やばい」ワークポートの特徴や人気の独自サービス良い意味で「やばい」ワークポートの特徴や人気の独自サービス

  • IT・Web、ゲーム業界の求人に強い

  • 「転職相談サービス」が充実している

  • スマートフォンアプリ「eコンシェル」で転職活動がスムーズ

  • オンラインツール「レジュメ」で書類作成が簡単

  • ITエンジニア完全未経験者が対象の無料スクール「みんスク」

  • 「すぐに転職講座」で転職ノウハウを気軽に習得できる

  • ワークポートは転職決定数No.1


参考ワークポートの評判はやばい?悪い口コミ・おすすめな人など!

ワークポートがおすすめな人はどんな人?

ワークポートのやばい評判やサービスの特徴を踏まえて、利用をおすすめする人は下記の通りです。

ワークポートがおすすめな人はこんな人!

  • 20代〜30代前半の転職者におすすめ

  • ITやWeb、ゲーム業界を目指す人(未経験者対象求人も)

  • 関東圏での転職を考えている人

  • 早く効率的に転職したい人

  • より多くの求人の中から相性の良い求人とマッチしたい人

参考【体験談】ワークポートの評判を確かめに、面談してきた感想【口コミあり】

20代〜30代前半の転職者におすすめ

ワークポートは利用者の年齢制限を特にもうけてはいませんが、求人の内容からすると20代〜30代前半を対象とした求人割合が多く、ワークポートの公式webサイト「よくある質問」にも20歳〜35歳を対象とした求人情報が豊富であることが記載されています。

大手企業にこだわらずあらゆる求人の中から自分に合った転職先を見つけたいという人は、他転職エージェントと併用した使い方を特におすすめします。

Q

必ず適職を紹介していただけますか?

A

求人情報の量や内容は常に変化し続けておりますので、ご希望に沿えないこともございます。 またワークポートで取扱う求人情報は「23~35歳」を対象にしたものが大変多くなっております。 そのため、上記年齢以外の方の場合、適切なコンサルティングが出来ない場合がございますのであらかじめご了承ください。


出典:ワークポート|よくあるご質問

ITやWeb、ゲーム業界を目指す人(未経験者対象求人も)

ワークポートでは様々な業界や職種求人の取り扱いがありながらも、特にITやWeb、ゲーム業界の求人に強く、業界特有の職種についても一通り網羅されているという特徴があります。

また、業界・職種未経験でも応募できる求人を多数取り扱っていることから、業界・職種未経験者にとって利用必須の転職エージェントの1つです。

関東圏での転職を考えている人

ワークポートの求人エリアは全国各地であるものの、割合としては圧倒的に関東近郊の求人が多いのが特徴です。

関東圏以外のエリアで求人をお探しの方は、ワークポート以外の転職エージェントと併用して自分と相性の良い求人と出会える確率を上げていくことをおすすめします。

早く効率的に転職したい人

ワークポートを利用することで、独自で転職活動を進めていくよりも効率的かつ着実に転職を成功させられることに期待できます。

求人紹介を受けられるだけでなく、転職に役立つトレンド情報の入手や選考への通過率をアップさせるための実践的なサポートを受けることが可能です。

業界や職種に精通したキャリアアドバイザーと共に、メリハリのある転職活動を行っていけるため、早く効率的に内定をゲットしたいという人はまずは登録してみてください。

ワークポートの求人内容に興味がある方はこちらをチェック!

より多くの求人の中から相性の良い求人とマッチしたい人

ワークポートは大手転職エージェントと比較すると求人数は劣るものの、IT・Web業界で活躍する各職種や営業職を中心とし、社会人経験の浅い第二新卒含めた若手転職者層にも求人紹介を積極的に行ってくれます。

よって、できるだけ多くのタイプの求人を比較したうえで自分と相性抜群の求人に応募したい人におすすめです。

求人母数が多い大手総合型の転職エージェントと併用することでより効果的な使い方ができることに期待できます。

参考ワークポートの評判はやばい?利用者の口コミから特徴や注意点を徹底解説

参考ワークポートはしつこいって本当?利用者の口コミと直近の傾向を元に真相を分析してみた

ワークポートの利用方法

ワークポートの利用手順は以下の通りです。

ワークポートの利用方法

  • 転職相談サービスに申込み(登録)

  • 個別面談の実施

  • 求人情報の紹介

  • 求人への応募・面接&対策

  • 内定・入社条件の確認

転職エージェントサービスであるワークポートの利用料は無料です。

ワークポートの評判や特徴を知り相性が良さそうだと感じた場合は、まずは試しに利用してみてください。

参考ワークポートの評判・口コミは本当?徹底調査による賢い利用方法も解説

転職相談サービスに申込み(登録)

まずはワークポートの「転職相談サービス」(無料)に登録します。

登録内容は下記の通り、2分もあれば完了する内容です。

・氏名
・生年月日
・メールアドレス
・電話番号
・お住まいの都道府県
・希望勤務地
・希望職種
・直近の経験職種
・電話番号
・電話可能時間帯(任意)
・履歴書(任意)
・職務経歴書(任意)

他の転職エージェントよりも登録内容がシンプルなので、隙間時間でも申し込みやすいことでしょう。

各項目を入力したらページ下部にある「利用規約に同意し、登録する」のボタンを押すのみです。

出典:ワークポート

後はワークポート側からの連絡を待ちましょう。

個別面談の実施

個別面談はオフィス(2022年9月時点では国内全20箇所)もしくは電話で開催されます。

申込み時の入力情報をもとに選任された担当者とマンツーマンで行われ、主に下記内容をヒアリング・相談する流れとなります。

  • 経歴や保有スキル
  • 転職理由や目的
  • 転職条件

面接ではないため、ありのままの思いをリラックスして伝えることができれば問題ありません。

面談でヒアリングした内容をもとに求人紹介を受けることになるため、正直な思いをしっかりと伝える有意義な時間としてください。

求人情報の紹介

個別面談でのヒアリング内容をもとに、希望やキャリアに沿った求人を紹介してくれます。

個別面談の際に相性の良さそうな求人があればその場で応募求人の提案を受ける、または日を改めてメールや電話で求人情報の案内を受ける流れとなると認識しておきましょう。

求人案件を提案してくれるだけでなく、求人企業のいろはや一般的には後悔されていないリアルな情報を併せて提供してくれます。

意に沿わない求人案件を紹介された場合に、丁重に断る判断をすることは何ら問題ありません

求人への応募・面接&対策

応募を希望する求人案件が決まり次第、まずは書類選考に向けた応募書類の作成です。

ワークポート では転職コンシェルジュが応募企業の特性を踏まえた上で、応募書類に記入する内容についてアドバイスや添削をしてくれます。

数ある応募の中から採用担当者の目に止まりやすい書き方のコツも伝授してくれたりと、客観的な視点をもち転職者の良さを引き出してもらうことが可能です。

また、無事に書類選考に通過したら面接による選考に向けた対策が行われます。

企業が面接で重視しているポイントや言葉の選び方など実践に役立つアドバイスをもらうことができるため、非常に心強いと感じることでしょう。

内定・入社条件の確認

選考を乗り越え内定を獲得したら、入社日や契約などの入社条件の確認を行います。

独自で交渉するとなるとハードルが高い給与・年収についても担当のキャリアコンサルタントが代行して調整役を担ってくれます。

加えて、スムーズに退職するためのアドバイスもしてくれるため安心です。

入社後のアフターフォローも行ってくれるため、相談ごとがあれば遠慮なく頼れる環境が整っています。

参考​​ ワークポート(みんスク)の評判。やばい、しつこいなど悪い口コミはない?

ワークポートと併用したい転職エージェント

こちらではワークポートをすでに利用している人・利用を検討している人向けに、併用をおすすめする転職エージェントをご紹介します。

やばい評判にもあったように、ワークポートのサービスは充実していても担当者によっては対応が不十分であったり、相性が悪かったりとすることはなきにしもあらずです。

転職エージェントを複数利用することで、スムーズに乗り換えられたり、比較対象があることで各エージェントの特徴を把握できると共により有効的に活用しやすくなることでしょう。

以降でご紹介する転職エージェントにもぜひ注目してみてください。

参考やばい?ワークポートのリアルな評判を元転職エージェントが徹底解説

マイナビITエージェント|エンジニア経験者は必見!

出典:マイナビITエージェント

「マイナビITエージェント」は人材サービス業界大手である株式会社マイナビ運営のIT・Web業界の転職支援に強い転職エージェントです。

首都圏・東海圏・関西圏・北海道・福岡をメインとし、とりわけ転職支援に力を入れているエンジニア職の求人が豊富で、業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが手厚くサポートしてくれます。

未経験者向け求人の割合が少なく、どちらかと言えば経験者向きの転職エージェントです。

未経験での転職を目指す20代〜30代の人は、運営元が同じである「マイナビエージェント」と「ワークポート」との併用をおすすめします。

「マイナビエージェントの口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

マイナビエージェントのひどい評判を検証!口コミから分かるホントの評判とサービスの特徴

マイナビエージェントの評判を見てみると、ひどい評判もあるようですが、その真相や、マイナビエージェントのリアルな口コミや特徴的なサービスも合わせてご紹介しています。

レバテックキャリア|エンジニア・デザイナー経験者向け!

レバテックキャリア

「レバテックキャリア」は、人材紹介やシステムエンジニア事業を展開するレバテック株式会社運営のIT・Web業界のエンジニア・デザイナーの転職を専門とする転職エージェントです。

変化が目まぐるしいIT・Web業界で活躍するエンジニア事情に詳しいキャリアアドバイザーが転職者に最適な求人を選び抜き、内定獲得に向けてマンツーマンで手厚くサポートしてくれます。

未経験者も歓迎する求人を多く保有するワークポートと違い、都心部を中心とした経験者向け求人を豊富に揃えているため、エンジニア経験者の新たなステップとして活用することがおすすめです。

「レバテックの口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

レバテックはやばい?悪い評判の真相やサービスの特徴を含めて徹底検証します!

「レバテックはやばい」と悪い評判が一部ありますが、レバテックの特徴を紹介するとともに、口コミを交え、「やばい」という評判の真偽を検証し、レバテックのメリット・デメリットなどを解説しています。

Geekly

出典:Geekly

一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)と求人対象エリアが限られてはしまうものの、業界・職種特化型ならではの専門性の高さと求人案件力を強みとし、各専門職種ごとに専門のコンサルトがプロの視点で細やかにサポートしてくれます。

専門職に就く転職者個々の強みやキャリア棚卸しをし、転職を機に市場価値を高める後押しを積極的に行ってくれることもGeeklyを利用し心強いポイントの1つです。

利用者の76%が転職と同時に年収アップをはかっている実績があり、転職者がより活躍するフィールドとして最適な求人とのご縁に期待できます。

業界・職種未経験者が利用対象外のサービスではありませんが、説得力ある転職動機や熱意を伝える覚悟と下準備が必要です。

DYM就職

出典:DYM就職

「DYM就職」は、第二新卒・既卒・フリーターを中心とした若手転職者の個別転職支援を手がける転職エージェントです。

大手企業〜中小企業、ベンチャー企業と幅広く求人を取り扱う中でもとりわけ中小企業の求人割合が多く、実力よりも人柄重視の採用を行う企業ばかりを保有しています。

需要の高いエンジニアやマーケターなどIT・Web関連の求人や、事務職、営業職、販売職の求人に強く、未経験者をも対象とした求人も珍しくありません。

学歴や職歴に自信のない方、初めての正社員就職の方、キャリアチェンジをする方におすすめの転職エージェントです。

「dym就職の口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

【口コミ掲載】dym就職のやばい評判を徹底調査!サービスやおすすめの人を解説します!

dym就職は、第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職と転職を支援しているエージェントとして20代を中心に支持されています。dym就職のサービス内容の解説とやばい評判の検証をしています。

マイナビジョブ20’s

出典:マイナビジョブ20’s

「マイナビジョブ20’s」は、第二新卒・既卒・フリーターを含む、キャリアの浅い20代の転職支援に特化した転職エージェントです。

関東・東海・関西エリアの求人を中心に優良な中小企業やベンチャー企業を豊富に保有しており、業界・職種未経験者を歓迎する求人が半数以上を占めています。

実績としても、入社3ヶ月後の定着率が93.6%(※2020/10/1~2021/9/30に入社した転職利用者の3か月の定着率)と転職者との企業とのミスマッチを極力防ぐ取り組み姿勢がうかがえます。

経験の浅い自分にマッチする企業がわからない方や経歴やスキルに自信がない20代の方におすすめです。

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は業界最大手である株式会社リクルートが手がける転職エージェントです。

年齢や業界、職種、エリア問わず、様々なタイプの求人を保有しており、その数は約45万(※2022年6月時点)。

人気が殺到するであろう好条件の求人や、独占求人などが多く含まれているとされる非公開求人はそのうち約25万件(※)もあり、転職者個々の条件にぴったりの求人と出会える確率がアップします。

加えて、業界トップを走り続けるリクルート独自の転職ノウハウを活かして利用者の多くの方がキャリアアップ・年収アップをはかっていることも魅力の1つです。

関東以外での転職を希望しており、保有求人が関東エリアに集中しているワークポートの利用だけでは対象求人が実質少ないという方は、リクルートエージェントとの併用をおすすめします。

「リクルートエージェントの口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

【やばい?】リクルートエージェントの口コミ・評判は悪い?メリットとデメリット徹底解説

リクルートエージェントの良い評判・口コミや悪い評判や口コミが生まれる原因から、メリットやデメリットまで徹底解説しています。

doda

出典:doda

「doda」はパーソルキャリア株式会社が運営する総合型の転職エージェントです。

リクルートに次ぐ業界トップクラスの求人数(※公開求人:約14万件/2022年6月時点)を保有しており、業種問わず幅広い転職者層に向けて大手企業から中小企業、ベンチャー企業まで様々なタイプの企業の求人を保有しています。

dodaでは各業界に精通したキャリアアドバイザーが個別に転職サポートをしてくれる他、転職求人サイトとしても役立てることができることも特徴の1つです。

スカウト機能もあることから、転職するかどうか迷っている方が様々な求人を手にしながら、自分の市場価値をはかるために利用することをおすすめします。

転職活動において実践に役立つWebサービスやツールも充実しているため、転職が頭に浮かんでいる方にまずは登録をおすすめしたい転職エージェントです。

「dodaエージェントの口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

dodaエージェントの評判はひどい?ホントの評判を徹底検証します!

dodaエージェントのサービスや特徴の紹介と合わせて、口コミを交えながらひどい評判の原因を探っていき、dodaエージェントのメリット・デメリットの解説をしています。

マイナビエージェント

出典:マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は、人材派遣・人材紹介などを中心に事業を展開する株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

大手転職エージェントながら社会人経験が浅い20代を中心とした若手転職者層の転職支援に力を入れていることが特徴としてあげられます。

マイナビエージェントは質の高い中小企業の求人に強く、独占求人も豊富であり、大手企業の求人を中心に保有している他大手総合型転職エージェントと差別化をはかっています。

第二新卒など、社会人経験が浅く転職する自信がないけれど将来に向けていち早く次のステップに進みたいと考えている人は、まずはお試しに利用してみてください。

20代向けの求人だけでなく、30代をも対象とした求人も保有しています。

パソナキャリア

出典:パソナキャリア

パソナキャリアは人材派遣領域で名高い、株式会社パソナが運営するハイクラス向け転職エージェントです。

人材ビジネスにより長年培ってきたノウハウやネットワークを活かして、28,000社超の取引社数を持っており、全体の保有求人の内年収800万超の求人が半数以上を占めています。

独自基準による在籍キャリアアドバイザーの評価制度を取り入れたりと、転職者の立場にたった創意工夫がなされている点も魅力。

実際、転職者への手厚いサポートが評価されオリコン顧客満足度4年連続堂々1位を誇っています。

大手転職エージェントの中では求人数は劣ってしまう方だが、手厚いサポート体制により期待できる転職エージェントです。

万が一ワークポートを退会する場合の退会方法

ワークポートを利用してはいたけれど、

  • 「担当者の対応が「やばい!」と感じた」
  • 「すでに他の転職エージェントを通して内定を獲得した」
  • 「転職活動を休止することにした」
  • 「ワークポートとの相性が悪い(思っていたのと違った)」

などが理由で退会を希望する場合の退会方法について、念のためご紹介しておきたいと思います

参考ワークポートの評判は悪い?利用者のリアルな口コミをもとに 解説!

マイページ上で退会手続きできる

ワークポートの退会手続きはマイページ上で行うことができます。

手順としては下記の通りです。

  • 【1】マイページにログインする
  • 【2】マイページ下部の「登録情報管理」欄を『退会する』にを選択変更する
  • 【3】パスワードと退会理由を入力のうえ、『退会手続きをする』のボタンをクリック《完了》

万が一ワークポートを登録・利用するも退会せざるえない場合には、ご対応ください。

担当者に直接連絡する

ワークポートを退会するもう1つの方法は「担当者に直接メールまたは電話で伝える」方法です。

【例】内定を獲得したことが退会理由のケース
・「この度他社の転職エージェントを介して内定をいただき、転職活動を終えることとなりました。」

【例】転職活動も中断が退会理由のケース
・「この度、諸事情により転職活動を中断することとなりました。お世話になったにも関わらず申し訳なく思います。」

などと、互いに気持ち良いやりとりができるよう簡単に退会理由を伝え、例えわずかな期間であったとしてもお世話になったことへの感謝の気持ちを言葉にして示すようにしてください。

担当者との相性が悪いなど、直接伝えにくい退会理由の場合はWeb上もしくはeコンシェルジュにて手続きをするようにしましょう。

「eコンシェル」経由での退会

登録後に担当者とのやりとりを行うツールである「eコンシェル」経由で退会手続きを完了させることもできます。

    「eコンシェル」のトップページの『設定』→『退会依頼』→『退会・個人情報削除』

ただし、選考途中の応募案件がある場合にはeコンシェル経由での退会はできません。

【Q&A】ワークポートに関するよくある質問

参考ワークポートの評判が異常に悪い理由とは?実際に利用した感想

これまでワークポートのやばい評判や良い評判を探りつつ、特徴や真相について言及してきましたが、実際利用してみないことにはイメージがつきずらい部分もあることでしょう。

最後にワークポート に関連したよくある疑問・質問についてご紹介するので、必要に応じてひとつ参考にしていただければと思います。

【Q1】ワークポート の利用にあたり費用は発生しますか?

ワークポートの利用料は無料です。

ワークポートから紹介した求人に利用者が内定を獲得した場合に、企業から紹介手数料を受け取る仕組みで成り立っているためです。

よって、利用者側は一切無料でサービスを受けることができます。

無料なので、サービスとの相性の良し・悪しをはかるために、まずは気軽に利用してみてください。

【Q2】ワークポート に登録したら必ず求人を紹介してもらえますか?

キャリア面談でヒアリングした内容をもとに、登録者に合った求人を探してくれますが、必ず求人紹介を受けられるとは限りません。

保有求人の内容は日々変化があり、利用のタイミングによっては希望に沿えない可能性も無きにしもあらずです。

ワークポート では20代〜30代前半の転職者を主な利用者層としていることを認識のうえで登録することをおすすめします。

【Q3】ワークポートの転職相談は仕事終わりや休日でも可能でしょうか?

はい、可能です。

コンシェルジュによる転職相談は平日は「10:00〜20:30」、休日は土曜日であればご希望次第で相談対応可能です。

お仕事終わりや休日のご都合が良い日時に面接を受けられるので、転職活動と今の仕事を同時進行で行っている人でも安心です。

【Q4】転職するタイミングが未定の段階で相談することは可能ですか?

はい、可能です。

転職するかどうか迷いがある方や転職活動をはじめる時期が未定の段階でも、相談を受けつけています。

転職への不安や悩みに関する相談ごとはもちろん、お役立ち情報を提供してくれるため、遠慮なく相談してみてください。

コンシェルジュと一緒にキャリアの棚卸しをすることにより、自分の可能性や転職の選択肢を把握することができ、前に進む良い機会となるかもしれません。

【Q5】地方在住でもキャリ面談や求人紹介を受けることは可能ですか?

ワークポートのキャリア面談は基本的に自社の拠点に訪問できる方を対象としています。状況次第では、電話面談も実施中ですのであらかじめご希望の旨をお伝えください。

ただし、求人情報は首都圏に集中しているため地方エリアの求人をご希望の方のお役に立てない可能性が高いことをあらかじめ認識しておく必要があります。

【Q6】ワークポートの利用を断られることはありますか?

ワークポートの利用を断られるケースは稀にあるようですが、理由としては「年齢が高い」「転職に対してやる気を感じられない」などの稀なケースです。

キャリアやスキルに自信がなく、断られることを心配して登録することを躊躇する必要はないため、まずは気軽に登録して試しに利用してみてください。

まとめ|ワークポートはやばい評判は改善されている

ワークポートは、注目度が高いことから利用者が多く、やばい評判と良い評判の両方があり、利用しようかどうするか悩んでしまいますが、やばい評判の原因の大半はスマートフォンアプリやメールで改善することができます。

転職者決定数No.1を獲得している実績から信頼性も抜群です。

転職活動が円滑に進む独自のサービスや無料のスクールもあります。

ワークポートのやばい評判を気にせず、まずは登録してみるのがおすすめです。

参考ワークポートの評判がひどいのはなぜ?しつこい・最悪と噂?大崎で面談して検証

参考ワークポートの口コミ評判はやばい?メリット・デメリットから賢い活用方法を徹底解説

【Q3】転職するタイミングが未定の段階で相談することは可能ですか?

はい、可能です。

転職するかどうか迷いがある方や転職活動をはじめる時期が未定の段階でも、相談を受けつけています。

転職への不安や悩みはもちろん、お役立ち情報を提供してくれるため、遠慮なく相談してみてください。

コンシェルジュと一緒にキャリアの棚卸しをすることにより、自分の可能性や転職の選択肢を把握することができ、前に進む良い機会となるかもしれません。

page top