著者:マネたま転職研究所 2022年12月8日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

営業辞めたいは甘え?向いてないだけかも原因と対処方法を解説【新卒必見】

アップロード日2022/12/08

マネたま転職編集部

「営業として働いているけど、辞めたい…」

という悩みを持っている営業職の方は多いと思います。

たとえ30代でベテランの営業の方でも、新卒で営業に配属された人でも、感じている人はいると思います。

社外とのやり取りも多く、会社とクライアントとの調整役になる場合もあるはずです。

また、毎月ノルマなどに追われ「耐えられない…辞めたい」と感じてもおかしくはありません。

そこで、今回は営業の仕事を辞めたいと感じているあなたに、営業を辞めたいと感じる理由とその対処法について解説していきます。

関連記事【体験談】営業を辞めてよかった。営業を辞めた結果、人生変わった【営業辞めたい人必見】

「営業辞めたい」は甘えではありません

まず、最初にお伝えしておきたいのは「営業辞めたい」と感じていることは、「甘え」なんかではありません。

営業辛い、辞めたい」という気持ちを抱くと、自分が甘えているような気がしてしまうかもしれません。

もしかしたら、上司や同僚などに相談したとしても「それはただの甘えだよ」と言われた経験がある人もいるでしょう。

しかし、営業職は労働集約的な働き方で、体力的にも精神的にも厳しいと感じる人も多いと思います。

アポイントを取り、クライアントと商談をして、その後もフォローなどの打ち合わせをする。

そんな仕事内容を何社ともやりとりする。

そんな中、「営業辞めたい!、、、でも甘えかな、、、」と感じて、無理やり自分を納得させている人も多いと思います。

しかし、自分だけが感じていると悩み、さらには甘えなのではないか?と考える必要はありません。

また、「営業に行きたくない!」と感じている人ほど、むしろチャンスなのではないか!?とすら思うのです。

それは、なぜか?

「営業辞めたい!」と感じたことがきっかけで、

営業職の20代男性

男性

「自分が営業には向いていない。むしろ違う職種にも目を向けてみよう」

となり、視野が広がる可能性もあるからです。

つまり今こそ、「なぜ、営業辞めたいと感じているのか?」の原因を明確にするタイミングです。

現状、営業辞めたいと感じていることは、甘えなんかではなく、何かしらの拒否反応であり、自分に合った働き方を明確にするタイミングかもしれません。

だからこそ、営業辞めたいと思うってしまうことが甘えなのか?ということで悩むのではなく、これからの人生を豊かにしていくために、考える時間にするべきという、あなたの心と身体からのサインだと捉えましょう。

では、実際に営業辞めたいと感じる原因は何なのか?

営業辞めたいと感じる主な理由

前述の通り、営業辞めたいと感じたのであれば、その理由を考えてみる良いきっかけになるはずです。

営業を辞めたいと感じる理由はいくつかありますが、大きく下記5つのパターンに分けられます。

営業職を辞めたくなるパターン

  • ノルマへのストレス
  • 給与・待遇へのストレス
  • 上司からのパワハラ
  • 営業職ならではの職業病
  • キャリアへの不安

まずは、あなたが営業職を辞めたい具体的な理由がいずれの原因にあてはまるか?を知ることが大切です。

どれか1つに当てはまる人もいれば、複数当てはまる人もいると思います。

原因がわかれば、あとはその原因に対して、適切な対処方法を実行するだけです。

上記に挙げた営業辞めたいと感じる理由の5つのパターンについて具体的に解説していきたいと思います。

参考【甘えじゃない】営業が向いてないから辞めたい?不向きの仕事を続けるほど不毛な時間はない

営業職あるある①:ノルマへのストレス

営業職が仕事を辞めたくなる理由として最も声があがるとされるのが、ノルマが課せられることによるストレスです。

怖いもの知らずで営業職に就いてみたけれど、営業に課せられるノルマを達成することへのプレッシャーは想像以上であり、下記理由によりいつのまにか会社を辞めたいと思う日々を送っている人も少なくないでしょう。

  • 電話でのアポ取りや飛び込み営業が辛い
  • ノルマに追われ精神的に辛い
  • 成果がなかなか出ない
  • 謝罪することが多くストレスが溜まる

会社に利益をもたらす営業職は、会社を存続させること、会社に属する者の給与や賞与を生み出す働きをする点で非常に重要な役割を担っています。

よって、会社としても一定のノルマを掲げて戦力を全体として高めていく必要があることは致し方ありません。

ある程度プレッシャーを糧とし自身の戦闘力を上げていき、営業目標をクリアしていくことでやりがいを感じる人でなければ、ノルマの厳しい環境での営業職は務まらないことがあっても無理はないと言えます。

営業成績の良い人が周りにいると、自分の不甲斐なさに嫌気がさしてしまったり、辞めたいとまで考えている自分の考えは甘えなのかもしれないと自分を責めてはいませんか?

これは営業は特に向き・不向きがはっきりと分かれやすい仕事であり、たまたま挑戦した営業職が向いていないからといって仕事ができないと決めつける必要はありません。

営業職として経験したことはどんな企業や職種においても役立てることができるため、自信を持ってあなたらしく活躍できる業界や職種に転職するとよいでしょう。

営業職あるある②:給与・待遇へのストレス

営業職が仕事を辞めたくなる理由の2つ目としては、下記の通り給与や待遇への不満があげられます。

  • 給与が安定しない(インセンティブやボーナスの影響が大きい)
  • サービス残業が多い割に給与が少ないため費用対効果が悪い

よほどのブラック企業ではない限り、基本給はありながらも年収を左右するのがインセンティブやボーナスの額であるという待遇におかれている人が営業職には多いことでしょう。

よって営業が向いている人は入社した時からは想定外の大きな収入を叩き出すこともできれば、年次を重ねてもさほど収入に伸びが見られず同時期に入社した同期との格差を感じて憂鬱な気持ちが募り、仕事を辞めたい考えるまでにいたってしまう

のです。

特に男性の場合は給与が安定しないことには中々家庭を持つ勇気が持てなかったり、女性の場合は残業が多くワークライフバランスが保てない状況が一生続くことは現実的ではないと考えてしまう傾向にあります。

待遇面が気にならないほどに営業成績を上げており、天職だと感じられる人にとってはさほど気になるところではないかと思います。

給与・待遇へのストレスで、「営業を辞めたい」とまでに思う人は働く環境や業界、職種を変えてキャリアアップすることも方法の1つです。

参考営業を辞めて後悔する人・後悔しない人の違いとは?【営業を辞めたい】

営業職あるある③:上司からのパワハラ

上司からのパワハラが原因で営業を辞めることは自分の身を守るためのひとつの手段であるため、決して甘えと捉える必要はありません。

部下の出来の良し悪しが上司の評価に繋がることが組織の中では一般的です。

特に営業職の場合は、目に見えて成果の有無がわかりやすく、会社の利益に直結する職種であるため、責任者である上司も知らず知らずのうちにプレッシャーを超えてパワハラとも受け取られる言動をとってしまいがち

パワハラが原因で心身に大きなストレスを与え、精神的に病んでしまうことは珍しありません。

ただでさえノルマのある営業の仕事はプレッシャーがある上に、上司との関係性がおもわしくないのであれば、非常に苦しいと感じて当然です。

営業職あるある④:営業職ならではの職業病

営業職の人が仕事を辞めたくなる理由の3つめとしては、営業職ならではの職業病に駆られることがあげられます。

営業職ならではの職業病としてよく現われる事象としては下記の通りです。

  • 人が歩くお金に見えてくることがある
  • 売っている製品に自信がなく、騙しているような気持ちになる

上記いずれのケースもノルマが原因との話に通ずるところがあります。

数字を負うことに必死で人が歩くお金かのように見えてしまい潜在的に損得感情で人と接してしまうようなことはありませんか?

また、自分が売っている自社製品やサービスを心の底から勧めたいと思えない状態でお客様に提案している自分をふと客観的に見た時に心が痛むような経験をしたこともあるでしょう。

そんな出来事の繰り返しで営業職に嫌気がさしてしまうような人もいることは事実です。

人それぞれに価値観があり、仕事であると割り切ることにも限界があるため、仕事を辞めたいと思う人は甘えではなく転職に最適なタイミングかもしれません。

参考 営業を辞めてよかったこと10個[東証一部の営業マンが、辞めて後悔しなかった理由]

営業職あるある⑤:キャリアへの不安

営業職はどんな会社にも必要とされるマルチな職業である一方で、目に見えるスキルがないことからキャリアに不安を覚え、手に職をつけたいと考える人も中にはいることでしょう

  • このまま営業スキルだけで良いのか?と不安

営業職と一括に言っても、業界や業種によって活躍のする領域や専門性は異なります。

決して営業職に苦手意識がない場合には、営業職を辞めてしまうのではなく、これまでの営業経験を活かしてキャリアアップ・収入アップしていける転職先を見つけることも方法の1つです。

辞めたくても辞められない?営業マンのリアルな本音をご紹介!|営業を辞めたいのは甘え?

こちらではネット上に散見される営業マンのリアルな本音をいくつかご紹介していきたいと思います。

営業の仕事を辞めたいと思っている人の理由や真意を知ることで、「営業を辞めることが甘えなのかどうか」自分を客観視しやすくなるかもしれません。

自分自身の本音を確かめるためにも、参考までに一緒に確認していきましょう。

参考 営業に向いてない人とは?ストレスを感じて辞めたい時に転職するコツも解説

営業の仕事が向いていないが、入社して間もないため辞めるに辞められないケース

「女です。営業がつらいです。 まだ営業歴2ヶ月目なのですが、昔から初対面の方と話すのが苦手で、自分自身営業も向いてないと思っています。 転職活動中に新しい仕事が見つかるまでの間でいいからと言われ入社しました 。 飛び込み営業なので、相手の求めていないサービスを売りに行くのでお客様側からしたら迷惑な話です… もともと接客業をしていて、その時はお客様との会話は困りませんでした。 お客様自身がサービスを求めてやってくるので…… 断られることを気にしなければいいのはわかっているのですが、どうしてもつらく、そっけなく断られてしまうと訪問が終わった後耐えきれず泣いてしまいます… 最近は訪問するのが怖く、サボってしまいます… インターホンが押せません… 転職するのが良いとは思っていますが、せっかく入社させてもらったので最低でも1年は続けるべきだと思っています。

引用:Yahoo!知恵袋(抜粋)

営業の仕事をしてみて、向いていないことに気づいていながらも入社間もないことから転職できずに現状維持を貫いているケースです。

経験が浅いことを考慮し、もうひと踏ん張り仕事のやり方を工夫し前向きに結果を出すための努力をする余地がある可能性はあります。

しかし、苦手意識を植え付けてしまうと伸びるスキルも伸びにくくなってしまううえに、上記の口コミのケースのゆに飛び込み営業のつらさを割り切ることができずに精神的に追い込まれてしまうといった悪循環を辿ります。

メンタルが弱っている状況をほったらかしにしていることで、精神的に病んでしまい仕事への復帰が難しくなってしまうようなことは他人事ではありません。

営業職そのものが向いておらず苦手意識を克服できない状態や精神的に病んでいる状況が続くようであれば、入社してからの年数問わず早めにキャリアチャンジに向けた一歩を踏み出しましょう。

営業ノルマがきつくて辞めたいケース

「私は大卒で営業職をしてるのですが、正直きついです。 もともと深く考えすぎる性格で毎日のノルマがきつくて死にたいです。 その月を乗り越えてもまた次の日からノルマノルマ、、 朝の9時から夜の9時まで働いてます。 法人営業なのでアポとれないとずっと電話です。 休みの日も仕事の事ばかり考えてしまって、鬱病です。 正直死にたいです。転職しても営業職しかないですし、勤務数が長くて昇進しても結果出し続けないと昇格しますし、毎朝朝礼で目標を言わないといけないのですが言う気にもなれません。」

引用:Yahoo!知恵袋(抜粋)

営業のノルマがきつすぎて、精神的に追い込まれて死にたいとまで考える程に弱ってしまっている危険なケースです。

ノルマ達成に向けて最初は無理をして頑張っていても、次々に与えられる終わりのないノルマに気持ちがついていけなくなります。

そして、しまいには身体にまで不調が出てきて病んでしまい、物事の判断能力を失ってしまうことでしょう。

仕事が原因とは言え、メンタルの不調を侮ってはいけません。甘えか甘えじゃないかに結論を出すのではなく、今の状況を改善するためにとるべき選択をすることが重要です!

今の営業職を辞めたところで他に転職できる自信がないケース

今の営業の仕事に誇りをもてない状況だが、会社を辞めたところで他の会社に転職できる自信がないというケースです。

営業職の仕事は技術・専門職とは異なり、形として証明できるスキルを示しにくいことを転職のデメリットとして考えてしまう人は少なくないことでしょう。

ただし、営業の仕事をしている人は、どんな仕事にも求められるコミュニケーション能力に長けている可能性があるため、あなたが思う以上に市場価値を見込めるケースも十分考えられます。

本気で転職が頭によぎるという人は、今の仕事と同時進行で転職活動を始めて転職市場価値を把握するところから始めてみてください。

参考営業職を今すぐ辞めたほうがいい人

30代ベテランだけじゃない、新卒・2年目でも営業を辞めたい

あなたが30代の営業ベテランでも、新卒や社会人2年目でも営業を辞めたいと感じる人はいると思います。

営業辞めたいは甘えではありません!

参考営業職のストレス解消法は?耐性をつけるには?限界がきたら転職も考えよう

営業辞めたい新卒に多い理由

もしあなたが新卒で営業に配属され、すでに営業辞めたいと感じているなら、こういう経験が合ったのではないでしょうか?

新卒の場合、入社後すぐに行われる新規の飛び込み営業やアポ取りの営業電話などが理由な場合が多いです。

まだ右も左もわからないままに、いきなり放り出され、飛び込んでみたらきついお叱りを受ける。

また、なかなか毎日何十件も電話しても、話は聞いてもらえないし、アポもなかなか取れない。ときにはお叱りを受ける。

全く関係値のない人間に対して、いきなり営業をすることには、多くの方が抵抗を受けます。

最初の段階で心が折れてしまった方は、1ヶ月程度で辞めたいと思ってしまうかもしれません。

新卒の1年間は営業を続けてみるのは1つの選択肢

もしあなたが新卒で就職したばかりで、まだ1年も営業をやっていないなら、もう少し続けてみても良いかもしれません。

なぜなら、営業はビジネスの基礎が詰まっています。

提案内容を考えるうえで、クライアントのビジネス領域を調査したり、ビジネスとしての対人コミュニケーション能力が鍛えられたりします。

また、いまや転職は普通の選択肢ですが、1年以内の早期離職はマイナスのイメージが強いのは否めません

1年間社会人の基礎能力を身につけるという意味でも、もう少し頑張ってみることをおすすめします。

それでもすぐに営業を辞めたいと感じるなら転職活動をしてみても良いと思います。

いわゆるブラック企業に入社してしまったと感じているなら、そのまま耐え忍んだとしても精神や身体を崩しかねないので、その場合は、転職活動をしたほうがむしろ良いでしょう。

参考20代で営業を辞めたいのは甘えなのか【対策方法

甘えではない!営業を辞めたい女性の本音とは?

営業職は仕事のリズムが日々異なる働き方となるため、結婚や育児などのライフイベントを迎える女性にとって時間を読みづらい点で営業職として仕事を続けていくことが厳しいと感じる人は多いことでしょう。

例えすぐにライフイベントを迎える予定がなくとも、営業職としてあくせく働く中で将来を踏まえると年齢が若いうちに転職しておこうと考える女性がいても何らおかしくありません。

実際に女性がライフイベントを迎えた際にはせっかく積み上げてきた営業職としてのキャリアを一時的に中断したり、復帰してみたものの家庭との両立に悩んだ末、職種転換や退職という選択をとらざるえないのが現実です。

よってライフステージの変化により営業職をリタイアする女性は甘えではなく、辞める選択を取らざるえない状況にある人ばかりと言っても過言ではありません。

営業職と家庭との両立を試みた場合にぶちあたる問題としてよくあがるケースは下記の通りです。

・仕事のタイムテーブルが日々異なるため時間が読めない
・出張に行きたくても行けない
・子供の都合でとりたい休みがとりずらい
・気持ちの余裕がなく、プライベートの時間を心から楽しめない
・自分の時間がなく、なんのために仕事をしているかわからなくなる

実情として育児による時短勤務の対象は男性ではなく女性のみであったりと、子どものお迎えは旦那ではなく女性である自分がせざるえない世の中に疑問を感じつつも、母として子どものお迎えに間に合わすために必死に仕事に勤しむのです。

家庭と仕事との両立を上手にこなしている営業職の同僚や上司がいれば手本とするところだが、営業職としてキャリアアップし続けている女性はみな独身という現実をつきつけられる職場で仕事をしているという人は少なくないのではないでしょうか。

国として女性活躍の推進などの働き方の変革が掲げられて徐々に浸透しつつある時代とはいえ、女性の仕事内容によっては何かしらの妥協が必要となるのが実態です。

コメント マネたま転職博士からのひと言

「最近では女性だけでなく、男性も育児休暇の取得が徐々に浸透しつつあるようじゃ。
とはいえ、仕事に復帰した際に女性だけが働き方に制限がかかってしまうようでは女性営業職の離職を止めることは難しいのが現実というところだろう。」

参考営業を辞めたい女性は意外と多い!辞めた女性の体験談を元に女性営業の辞め方について調査

そもそも営業に向いている?向いてない?

営業を辞めたいと感じている人の中には、そもそも営業に向いていない人もいるかもしれません。

だから、成果に繋がらないし、辞めいたいと感じている状況になってしまっているのでしょう。

では、そもそも営業に向いていない人とはどんな人なのでしょうか?

営業職に向いている人と向いていない人の特徴を以下で確認していきたいと思います。

参考営業辞めたい甘え|向いてないという思い込み

営業職に向いている人

営業職に向いていないとされる人に共通する特徴は下記の通りです。

  • 人当たりが良い、共感力が高い
  • スケジュール管理や自己管理が得意
  • 自分の限界を決めない
  • 好奇心旺盛でフットワークが軽い
  • 影で緻密な努力ができる

これは主体性がなければ仕事にならないのが営業職であり、商品やサービスを売り込む背景には仕事に直結する知識だけではなく、世の中の情勢や取引先の関心事に興味を持ち、肥やしとしていかなければなりません。です。

一定のノルマがあることを前提とし、仕事の裁量を自分でコントロールしながら仕事を遂行するスタイルが一般的であり、自由度が高いという見方ができる一方で結果を残さなければいけない厳しさがあります。

自分の頑張りが営業成績や給料として見える化されることでモチベーションになる人は、営業が苦ではないであろう。

上記にあげた特徴を持ち合わせた営業に向いている人は、ビジネスのどのポジションや職種においても役立てることができる要素を兼ね揃えていると言っても過言ではありません。

営業職に向いていない人

営業職に向いていないとされる人に共通する特徴は下記の通りです。

  • 新しい人とコミュニケーションをするのが苦手
  • 競争するのが苦手
  • 相手の立場に立って行動ができない
  • スケジュール調整が苦手

なぜなら、営業活動においてどんどん新しい人とコミュニケーションを取る必要がありますし、競合他社との競争が否が応でも起きてしまいます。

また、クライアントの立場に立って、行動できないと顧客とのやり取りがスムーズに進まないですし、スケジュール調整が苦手だと仕事の進捗がどんどん遅れていきます。

このようにそもそも営業に向いていないなら、営業を辞めたいと感じるのは不思議なことではありません。

そのため、そもそも自分が営業に向いていないと感じたら、自分に合った職種は何なのか?を考える時間を取ってみて下さい。

また、これは一人だけで考えるのではなく、色んな人に自分が客観的に何が強みになっているのか?を知ることをおすすめします。

営業向いていないと感じる人におすすめの適職診断方法

関連記事向いてる仕事がわからない?20代のための適職探し・おすすめ転職エージェントを解説!

参考【営業向いてない・辞めたい】甘えではない理由とおすすめ職種・転職の注意点

営業を辞めて後悔する可能性があることとは?

営業の仕事は向き・不向きが別れやすく、向いている人にとっては天職と感じる人も多いことでしょう。

例え営業職が向いていないと感じ、他職種へ転職した人であっても他職種の経験をしたからこその営業職の良さを感じるところがあるのではないでしょうか。

営業職を辞めた人が後悔しやすいポイントや営業職の良さについて、ご紹介しておきたいと思います。

ポイント

  • 仕事の自由度がなくなった
  • モチベーション維持が難しい
  • 自己啓発の機会が減った

仕事の自由度がなくなった

営業職の仕事は1日のスケジュールを自分で決めることができます。

もちろん、顧客都合で明確な始業・終業時間の定めのないスケジュールをこなさなければならない日もありますが、やることをやって入ればメリハリをつけた働き方ができることが営業として働くメリットの一つ。

よって、営業職を辞めてデスクワークが主体の職種に転職した場合、働き方について窮屈に感じてしまうことは珍しくありません。

転職前から想像できることではあるものの、実際に仕事をして見ると営業職ならではの良さを痛感するかもしれません。

向いていない営業を無理して続けるべきではない理由とは

営業が向いていない人、苦手とする人が営業職を辞めることが甘えではないかと自問自答し無理して続ける必要はありません。

理由としては、主に下記が懸念されるためです。

向いていない営業を無理して続けるべきではない理由

  • 身につくスキルもつきにくい
  • 続けていても理想の年収を得にくい
  • モチベーションが下がる一方
  • 精神衛生状態が悪化する
  • 自分の可能性を狭めてしまう

向いているか・向いていないかはある程度、苦手意識を持たずにまずは経験してみなければわからないことである一方で、ある程度経験を積めば向き不向きが結果(数字)として出やすいのが営業職の特徴でもあります。

参考営業辞めたいのは甘え?営業を辞めてよかったと思えることは沢山ある!

身につくスキルもつきにくい

苦手意識を抱いて半ば諦めの感情を持っていたり、精神面が不安定な状態で仕事をすると、本来不向きであったとしても身についていたはずのスキルが身につきにくいということが起こりえます。

モチベーションが低下・欠落していてはできる仕事も疎かになってしまう上に、新しいことへの習得意欲が沸かず成長できません。

「好きこそものの上手なれ」という言葉は仕事に置き換えても同じです。

特に成果が数字として明確に示される営業職の場合には、モチベーションの低下が結果として見える化されやすく、負の連鎖を辿る可能性が高まります。

続けていても理想の年収を得にくい

日本の企業の多くはまだまだ年功序列の企業風土があるとはいえ、時代を問わず営業職は結果を重視した評価がされることが一般的です。

営業職に向いていないと感じる人のほとんどの人が、思うように営業成績を上げることができていないのが現状というところでしょう。

向いていないという意識のもと、このまま営業職としての今の仕事を続けていても成長は見込みにくく、今後の出世や将来的な年収を見込みにくいことが懸念されます。

参考27歳の男性・女性の平均年収と手取り額

モチベーションが下がる一方

成果や評価がされないことには仕事のモチベーションを維持し続けることは難しいものです。

特に過程より結果重視の評価をされてしまう営業職の場合は、結果が出なかったり自分の成長を感じられないことにはモチベーションを維持するどころか下がってしまう一方であることはごく自然なことと言えます。

よって営業職として仕事に取り組むモチベーションをどうしても上げられない状態に陥っており、営業職に向いていないことが根本的な原因であると自覚している人は早いうちにキャリアを見つめ直し行動に移すべきです。

精神衛生状態が悪化する

向いていない営業を無理して続けることで何よりも心配なことが「精神衛生状態が悪化する」ということです。

常に数字を追って結果を求められる仕事内容なだけに、見える化しずらい他職種よりも仕事との相性が悪ければストレスを抱えやすい仕事とも言えます。

体調不良やメンタル面での不調が悪化する前に営業を辞めて他の道を歩むことは決して甘えではありません

身体と心を第一優先に前向きに新たなキャリアを築いていきましょう

参考営業を辞めたいのは甘え?3つの判断基準と転職しやすい業界・職種

自分の可能性を狭めてしまう

向いていない営業を無理に続けることで「営業が不向き=仕事ができない」と決めつけてしまい、自分の強みを認識することなく自己肯定感が低いままやり過ごすことになります。

向いていないという理由で今の営業職を辞めることは甘えではないかという根拠のない責任感を持ってしまうと、居場所や立場が変わることで自分の強みを活かせる仕事につける余地が十分にあることにきづくことなく自分の可能性を狭めてしまうのです。

自分の弱みを認めるだけでなく強みを認識したうえで活かせる仕事に就くことで、自己肯定感がアップし仕事のモチベショーンを上げていけるよう、今いる場所にこだわらず決断することも大切です。

甘えではない!営業を辞めた方が良いケース

営業を辞めたい気持ちが甘えかどうかの線引きは難しいものですが、以下にあてはまるケースの場合には甘えと捉える必要はなく辞めた方がよいケースです。

甘えではない!営業を辞めた方が良いケース

  • 精神的に参る
  • 体調が優れない状態が続く
  • 結果が出せず評価されない
  • プライベートの犠牲が日常化
  • パワハラを受けている
  • 他にやりたいことがある

参考営業を辞めたいのは甘えじゃない!向いていなければ辞めてもOK

精神的に参る

ノルマに対する仕事へのプレッシャーがストレスとなり精神的に追い込まれる状態が改善されない場合には、

身体を優先して今の営業職以外の道を考えるべきです。

  • 夜眠れない
  • 朝起きれない
  • 突然涙が溢れる
  • 食欲不振
  • 無気力

などの症状に心当たりのある人は、心が病んでいる可能性が非常に高いため要注意です。

体調が優れない状態が続く

精神的に不安定な状態を見て見ぬふりしていると、いつの間にやら肉体面にも異常をきたしてしまうことも珍しくありません。

いわゆる風邪などの病気とは違い、精神疾患や頭痛、腹痛などと、心で感じるプレッシャーやストレスに耐えきれずに身体が拒否反応を示している状態です。

身体に異常が現れている状態は非常に危険な状況と捉えるべきであり、営業の仕事を休んだり辞めることは決して甘えではありません。

身体を第一に考え、一刻も早く体調の改善をはかることに専念しましょう。

結果が出せず評価されない

頑張っても営業成績が上がらず結果を出せないため、上司や会社からの評価がなかなか上がらないという人は、今後のキャリアについて見直しましょう。

営業職の給与は歩合制が多いことから、年次関係なく給与やボーナスに成績の良し悪しが金額として反映することが一般的であり、昇格にも大きく関わってくることから評価をされずに仕事を続けるのは辛くて当然です。

人間誰しも、向いていないことへの改善に注力するよりも、向いていることを伸ばす方がストレスがないうえに成長の伸び幅を得られるもの。

営業職そのものが向いていなかったのか、今の業界や営業のポジションが合わないのか、今の会社の社風が合わないのかなどを見極めたうえで転職することをおすすめします。

プライベートの犠牲が日常化

ノルマを達成するために長時間労働や休日出勤をしたりと、プライベートの時間が奪われることが日常茶飯事という人は、今の営業の仕事を辞めたいと考えることも無理ありません。

仕事のやり方を改めるか、改善が難しい場合にはメリハリのある生活を送るために転職への一歩を踏み出しましょう。

営業職に限らずプライベートとのメリハリは長く働き続けるうえで非常に大切なこと。
仕事を頑張る中で一時的に無理をすることはあったとしても、日常化してしまうとなると話は別です。

参考営業を辞めたい!辛いと感じるのは営業に向いていない証拠かも

パワハラを受けている

営業職にはノルマはつきものですが、ノルマを建前とした上司や先輩からの度を超えたパワーハラスメントを受けている場合は仕事環境を変える方が実力を発揮し、健康的な日々を送れる可能性が高いと考えられます。

パワハラを受けているのは自分だけではなく、同僚も同じ状況である場合には退職することが甘えであるかのような後ろめたさを感じてしまうことでしょう。

しかし、自分の身を守れるのは自分だけです。

転職をするなら早いことに越したことがないため、勇気を出して行動に移していきましょう。

他にやりたいことがある

営業職に就いた後に他にやりたいことが見つかった場合は、営業職を辞めることを甘えと捉えることなく前向きに目的に向かって行動していくとよいでしょう。

どんな仕事を始めるにしても、コミュニケーション能力やスケジュール管理能力などが求められる営業職で培った経験は自然と役立てることができるはずです。

本気で新しいことを始めるのであれば、目的意識を持って1日でも早く行動に移すべきです。

参考【表彰歴有の20代が語る】営業を辞めてよかった・後悔したコトを暴露!

「営業が辛くて辞めたい」と感じてしまいやすい業界とは?

営業職と一括りにいっても、業界や取り扱う商材は様々です。

営業職が向いていないのではなく、扱う商材や業界特性は不向きなだけかもしれません。

こちらでは営業職の中でも激務であったり、競争力が激しく、人材の入れ替えが激しい業界についてご紹介しておきたいと思います。

参考【必見】営業を辞めたいのは甘え?辞めるべき人と続けるべき人の違い

「人材業界」

仕事に悩むお客様や人材不足の企業様に寄り添い人材を斡旋する立場となる、人材業界の営業職ですが、下記の理由から辞めたいと思う人も少なくありません。

    ・目標設定(KPI)が高すぎる
    ・労働量に給与が見合っていない
    ・土日が休めない
    ・顧客とのトラブル
    ・独立

人の助けになる仕事をするといった思いで入社したものの、現実とのギャップに苦しむケースが珍しくないようです。

ビジネスとして成立させるために、ノルマが課せられることは致し方ありませんが、「KPI(重要業績評価指標)」が高すぎてなかなか成果に結びつかないといった声もあります。

「不動産業界」

不動産業は歩合制の企業が多く、向いている人は高年収を狙える一方で、ノルマがストレスとなり退職をする人も珍しくありません。

加えて、土日や祝日が休みでないうえに、激務であったりと、ワークライフバランスを保ちにくいことも退職の要因となりやすい業界です。

独立を前提として、不動産業界に就職する人も珍しくありません。

    ・ノルマが厳しい
    ・営業成績が給与に反映される
    ・土日が休めない
    ・独立

企業によってもカラーが異なるため、ブラック企業かどうかの見極めが大切です。

「生命保険業界」

個人顧客に対する営業を行うケースが多い生命保険業界。

新規契約や更新などといった月々のノルマが重くのしかかり、そのうえ顧客からのクレーム対応を行うなどストレスが多い仕事と感じてしまう人も少なくありません。

給与が歩合制であるケースが多く、営業成績が思わしくないとまともな収入を得られない不安定さも離職率を高めてしまう要因です。

    ・ノルマが厳しい
    ・歩合制であることが多い
    ・顧客都合で土日が休めない
    ・クレーム対応に疲弊

「製薬業界」

製薬業界における広報・営業職の役割をを担うMR(医療情報担当者)。

医師や薬剤師を相手に自社の製品のセールスを行うMRの仕事は、コミュニケーション能力の他、医薬品の専門知識を要し、正しい医療情報の提供に務める専門性の高い職務です。

加えて、営業先の医師や薬剤師が忙しく日々の仕事に従事する合間に面会を取り付ける必要があるため、アポの時間帯も相手都合で柔軟性と体力を要します。

プライベートの時間の確保が厳しく、医療のプロである医療従事者との関係構築のハードルが高いため、仕事へのストレスが大きい営業職の一つです。

営業を辞めたい人が取るべき対処方法

これまで営業を辞めたいと感じる理由や原因について説明してきましたが、営業を辞めたいときにはどんな対処法があるのか?についてこれから解説していきます。

営業の仕事を辞めたい人が取るべき対象方法は、大きく分けて「部署異動」「転職」という選択肢があります。

参考営業を辞めてよかった?辞めたいのは甘え?やめたほうがいい人の特徴

まずは辞めない方向で努力してみる

営業成績がおもわしくなく、営業職の仕事が向いていないと感じたとしてもまずは「どうやったら営業成績を上げられるのか」「営業ができる人が持っていて自分に足りていないものはなにか」を分析し、不足点を補う努力をしてみてください。

良くも悪くも営業の仕事はお客様との関係性や給与などすべてが会社の看板を背負った自分次第であることが醍醐味でもあります。

試行錯誤し行動してはみたものの結果を残せなかったり、会社が評価してくれないということであれば前向きに新しい道に進むことを視野に入れてみてください。

社内での部署異動を希望する

現在、在籍している会社に不満があるわけではなく、むしろ会社の社風や職場の人たちが好きだけど、営業を続けるのは厳しいと感じているならば、部署異動を希望してみましょう。

まずは上司に相談してみるのが良いです。もし上司に伝えづらいのであれば、人事部などに相談してみるも良いです。

ただ、社内での部署異動ができるかどうかは、その時の会社の状況に大きく左右されるので、希望が通る可能性は低いかもしれません。

また仮に異動ができるとなっても、職種が変わることで、給与が下がる可能性もあるので、そのへんは慎重に進めていくべきです。

別の会社に転職する

もし営業辞めたいと悩んでいるなら、転職するという選択肢をおすすめします。

転職する中での選択肢としては下記の通り大きく2パターンです。

別の会社の営業職に転職する

営業職が転職をする中での選択肢として、営業職を辞めたいと思いつつ、環境を変えて他の会社で営業として再スタートをきることも1つです。

業界や、商材の特徴が変われば営業手法なども変化する可能性があり、あなたの営業スキルが活かせるかもしれません。

「商材に自信がない」「給与に不満がある」などで、今の会社の体質との相性が悪く営業職としての仕事を辛いと感じてしまったケースでは、営業職としてのキャリアを諦めることは非常にもったいため、新たな舞台で営業として活躍することを視野にいれると良いでしょう。

参考【ガチ説教】営業を辞めたいのは甘えなのか!?向いてない仕事は手を打つべき

◼別の会社の他職種に転職する

営業職が転職をする中でのその他の選択肢として、そもそも営業が向いていないのであれば、別の職種に転職できないかを検討したほうが良いです。

先の長いキャリアを充実させるためには、不向きなことよりも向いていることを仕事に「する方が、ストレスなく成長スピードを見込むことができます。

未経験職種への転職は勇気がいることですが、どんな仕事に就くにしても営業職で培ったビジネススキルは柔軟に活かすことができるので過度に不安に思う必要はありません。

コメント マネたま転職博士の「営業辞めたい」という人向けの一言

営業辞めたいと感じる背景としては、現在の職場の環境自体が合っていない可能性も高いです。そのため、転職を検討することをおすすめします。ただし、「営業辞めたいから…。」と伝えると「甘えだろ!?」のような言葉をかけてくる人も多いので、転職活動をする理由としては周りには言わなくて良いことだと思います。

参考営業職がつらい。甘えでしょうか。 – Yahoo!知恵袋

営業辞めたいとき、転職活動をしてみるのがおすすめ?

前述の通り、営業を辞めたいと感じているのであれば、この機会に転職活動を経験してみることをおすすめします。

これは、「転職を一切考えていない方にも」です。

その理由は、

  • 自分の市場価値が把握できる

  • 今後のキャリアが明確になる

  • 業界のトレンドに詳しくなる

  • (転職を検討していなくても、)好条件の求人が見つかればそのまま転職できる

上記のようなメリットがあるためです。

自己分析の手段として、転職活動を行う方が非常に多くなってきています。

もし、現職よりも好条件の企業が見つかれば、そのまま転職してしまうのも良いでしょう。

ポイント

新卒、20代、20代後半で営業辞めたいとなっているなら、早めに行動することをおすすめします!

30代以降になってしまうと、転職の際に求められるのが「実績」や「スキル」になります。つまり、30代で営業を辞めたいとなっても、30代以降から未経験職種に転職をするのは少しハードルが高くなってしまう可能性があります。

そのため、営業辞めたいとなっているならば、現時点で転職できる可能性はどのくらいあるのか?を知るという意味でも早めに転職活動をすることをおすすめします。

20代で営業辞めたいと思ったならできるだけ早く転職活動に向けて動きましょう!

転職活動をするなら転職エージェントの活用したほうが良い

実際に転職活動をするなら、転職エージェントを活用したほうが良いです。

というのも転職エージェントに相談することで、客観的に自分を見つめ直す機会を作ることができるのが最大のメリットです。

具体的に転職エージェントの活用をおすすめする理由を転職エージェントならではのサービスと共に4点お伝えしておきたいと思います。

転職エージェントをおすすめする理由

  • キャリア相談ができる
  • 豊富な求人の中から自分に合った求人を紹介してもらえる
  • 転職活動のあらゆる場面で転職のプロが個別サポートしてくれる
  • 独自で入手しづらい転職先業界や職種のトレンドや、求人詳細情報を入手できる

キャリア相談ができる

転職エージェントでは、転職するかどうかも含めて個別にキャリアを相談することができます。

  • 本当に営業職が向いていないのか?
  • 営業職が向いていないと思ったきっかけは何なのか?
  • 営業職ではない職種へ転職すべきか?

など、客観的にプロのアドバイスを得ながら自分が転職すべきかどうか、転職先として視野にいれる業界や職種を一緒に考えてくれます。

担当者のサポートを受ける中で、視野を広げつつ客観的に自分を見つめ直す機会を作れるのは転職エージェントサービスならではの活用メリットの1つです。

◼豊富な求人の中から自分に合った求人を紹介してもらえる

転職エージェントでは非公開求人や独占求人含めた数多くの求人を保有しています。

自分の転職条件を満たした求人を独自で探してくるのは手間がかかりますが、転職エージェントでは転職者個々に合った求人を紹介してくれるためスムーズに転職活動を進めることができます。

また求人サイトには掲載がない求人も転職エージェントでは多数扱っていることから、質の高い求人を紹介してもらうことができる確率がアップします。

特に非公開求人や独占求人には好条件の求人が多く含まれている可能性があるため、営業辞めたいとなり転職を検討しているなら転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

◼転職活動のあらゆる場面で転職のプロが個別サポートしてくれる

転職エージェントでは、転職者の転職活動のあらゆる場面で転職者を個別にサポートしてくれます。

求人紹介やキャリア相談にのること以外にも、実際求人に応募する際の推薦状の作成や応募書類の添削、面接対策、面接日程の調整、年収交渉、内定後のフォローなどサポート内容は多岐にわたります。

マネたま転職博士見習いのコメント マネたま転職博士見習いのコメント

例えば、営業職に向いていないと判断した場合にも、他未経験職種への転職を成功させるための対策を一緒に考えてくれて転職成功へと導いてくれることに期待できます。

◼独自で入手しづらい転職先業界や職種のトレンドや、求人詳細情報を入手できる

転職エージェントでは各社ネットワークを活かして転職に役立つトレンド情報を都度入手しています。

ネットで調べたり、書籍を購入したりと独自で情報を入手できないことはありませんが、中々の労力がかかるうえに、調べあげられる情報には限界が生じることでしょう。

転職エージェントを活用し転職先業界や職種の転職事情や転職ノウハウを伝授してもらうことがおすすめです。

また、転職エージェントでは保有求人の内容を細かく取材しているため転職者が気になる待遇面や企業風土にもつっこんだ情報を得られる可能性がアップします。

転職先とのミスマッチを最小限に抑えるためにも、常に情報にはアンテナを立てておき自らも取得する姿勢で活用しましょう。

転職エージェントは複数併用することがおすすめ

また、転職エージェントを活用する場合、2〜3社以上の転職エージェントを併用することがおすすめです。

なぜ2〜3社以上を併用することがおすすめなのか?

2〜3社以上を併用利用することの主なメリットは、主に下記の2点です。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

実際に以下に引用している調査でも、転職成功者の利用エージェント数が4.2社と高い傾向が出ています。

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

そのため、転職活動をしてみようと考えている方は、2〜3社の転職エージェントを併用し、転職活動をしてみて下さい。

営業辞めたいと思ったら、登録すべき転職エージェント8選

営業を辞めたいと感じている場合、「他業界への転職」「他職種への転職」を検討することも多いでしょう。

その場合は、求人数が多い転職エージェントの活用がおすすめです。

そこで、求人数や実績が多いおすすめの転職エージェントを厳選して7つ紹介します。

ポイント

営業を辞めたいと考えている場合は、求人数の多い総合系の転職エージェントがおすすめです!

求人数が多ければ、未経験OKの求人なども多い可能性があります。一方で求人数が少ないと、これまで培ってきた営業スキルを活かせない可能性があります。

しかし、求人数が多いということは活躍できる職種や業界はたくさんあるかもしれません。そのため、営業辞めたいと感じている場合は求人数が多い転職エージェントがおすすめです。

営業職しんどい、辞めたい…けどこれは甘え?」と悩んでいる場合は、これから紹介する転職エージェントに登録してみて、営業職以外の可能性を探すのがおすすめです。

参考【朗報】営業を辞めたいのは甘えじゃない【辞めて何するかも解説】

営業辞めたい人におすすめの転職エージェントは「リクルートエージェント」|転職支援実績No1の転職エージェント

出典元:「リクルートエージェント

リクルートエージェントは、公式サイトに記載の通り、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)で、転職支援実績No1のおすすめ転職エージェントです。

また、好条件を含む非公開求人を10万件以上持っているのが特徴です。

つまり、実績もあり、圧倒的な求人数を持っている転職エージェントであり、営業辞めたいと考えている人がまず登録すべき転職エージェントです。

各業界に精通したキャリアアドバイザーの担当と相談しながら転職活動をしていくことで、転職成功に向けて履歴書や職務経歴書などの提出書類の添削、面接対策などのサポートをしてくれます。

さらに独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートがとても充実しています。

マネたま転職博士見習いのコメント マネたま転職博士見習いのコメント

そのため、営業辞めたいと考えているのであれば、リクルートエージェントに登録してみることをおすすめします。

「マイナビエージェント」も営業辞めたい人におすすめの転職エージェント!|キャリアアドバイザーの対応や品質に定評あり

出典元「マイナビエージェント

マイナビエージェントは、対象エリアが全国であり、求人数が多いのに加えて、20代の転職支援に強い転職エージェントです。

営業辞めたいと考えている20代には特におすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントのすべてのキャリアアドバイザーは、様々な業界の転職市場にも詳しく、20代で他業界・業種への転職を考えている場合も対応してくれます。

またキャリアアドバイザーの対応や品質には定評があり、求⼈票だけでは知りえない情報を共有してもらえたり、求職者の都合に合わせて夜間や⼟曜(9:30〜17:30)の相談も受け付けてくれます。

「doda」も営業辞めたい人におすすめの転職エージェント!|キャリアアドバイザーの手厚さ以外に、独自サービスの充実度にも注目

出典元「doda

dodaは、リクルートエージェントに匹敵するほどの豊富な求人を保有しており、専門性の高いキャリアアドバイザーのサポート力が定評の転職エージェントです。

個別転職サポートの他、転職者の実践に役立つWebコンテンツやdoda独自の転職フェアやセミナーが充実していることも他競合転職エージェントと差別化をはかるポイントの1つ。

すぐに個別サポートを受けることを希望しなくとも、セミナーやイベントへの参加をしてみて転職情報を仕入れるという使い方もできます。

転職求人サイトの機能も持ち合わせているため、まずはdodaで様々な種類の求人を目にしてみることからはじめることもおすすめです。

幅広い求人を保有していることから、営業を辞めたいと転職を視野に入れている方にとっても視野と自分の可能性を広げていけることに期待できます。

パソナキャリア

出典:パソナキャリア

パソナキャリアは人材派遣事業大手のパソナグループが手がける転職エージェントです。

転職者層を絞らず広く転職支援を行う中でも、働きざかりな20代半ば〜30代前半の需要が高く、公開求人は約39,000件(2022年6月10日時点)と大企業からベンチャー企業まで様々な企業の求人を豊富に取り揃えています。

パソナキャリアのサポートは手厚いことが高評を得ており、「オリコン顧客満足度 転職エージェント部門」で4年連続1位を獲得するほど。

東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・名古屋を中心に未経験者を対象とした求人や管理職求人など様々な役職・条件の求人を保有しているため、今の営業職から異業種への転職をするかどうか迷っている人は1度相談していることをおすすめします。

ワークポート

出典:ワークポート

ワークポートは、人材紹介サービス事業を手がける株式会社ワークポートが運営する20代〜30代向けの転職エージェントです。

需要が高いIT・Web業界をはじめとし、エンジニアなどの専門職や営業職の求人が特に強いワークポートでは未経験者歓迎求人も多数取り揃えています。

今の営業職をどうしても辞めたいという人でも、新しい分野に挑戦するも良し、営業の種類や業界を変えるのも良し、転職先を迷う人にも最適な転職エージェントです。

転職者と企業とのミスマッチがないよう転職者に寄り添うサービスにこだわり続け、ワークポートを利用した転職者の入社決定数の多寡で選ばれる「転職決定人数部門 第1位(リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING ~2021年度下半期~』(2021年10月~2022年3月)」を受賞の実績を誇っています。

20代のエンジニア未経験者向けのスクール(みんスク)を運営していたりと、若手転職者に向けたサービスも充実しているため、その点にも注目してみてください。

type転職エージェント

出典:type転職エージェント

type転職エージェントは、社会人経験のある20代〜30代を主な利用者層とした転職エージェントで、1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)にエリアを絞っています。

地域に密着して首都圏の質の高い求人に的を絞って保有しており、type転職エージェントならではの独占求人が豊富であることも特徴の1つです。

様々な業界や職種の求人を取り扱う中でも、特にIT・Web業界やものづくり業界の求人が豊富であり、エンジニアや営業職、サービス職からマネジメント職などのエグゼクティブ求人など幅広く取り揃えています。

未経験者向けの求人も多いことから、未経験職種への転職をも視野に入れている人にもおすすめです。


女性転職者の方は女性に特化した転職支援サービス「type女性の転職エージェント」もチェックしてみてください。

ハタラクティブ

出典:ハタラクティブ

ハタラクティブは、第二新卒・既卒・フリーター含めた10代〜20代若手転職者支援を専門とする転職エージェントです。

転職者ひとりひとりに寄り添い、保有スキルや経歴よりも個性を尊重し適正を把握したうえで人柄重視の採用を行う求人企業を紹介してくれるため、学歴や職歴に自信がない人にとってもチャンスを掴みやすい環境が整っています。

また、未経験者歓迎の求人を多数保有しているため、10代・20代で営業職から他職種への転職を目指す人は特に注目すべき転職エージェントと言えます。

DYM就職

出典:DYM就職

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーター含む20代の転職支援に特化した転職エージェントです。

利用者層を限定していることもあり、大手転職エージェントほどの求人数はありませんが、大手企業からベンチャー企業まで幅広い企業との繋がりがあり、地方の中小企業求人も保有しています。

営業・事務・販売・ITエンジニア・マーケッターを中心とした未経験者歓迎の求人も多数取扱いがあるため、スキル・実績に自信がなくてもキャリアチェンジを希望する20代転職者におすすめです。

営業職からまったく異なる分野の仕事への転職を希望する人は是非チェックしてみてください。

「営業を辞めたい気持ちが甘えであった…」と転職を後悔しないためのポイント!

今の営業職を辞めたいがゆえに転職することが甘えかどうかを吟味することも大切ですが、いざ転職活動を始めると決めたからには「甘えではなく自分の決断が正しかったと思える転職を果たすこと」が最も重要です。

営業職を辞めたい気持ちが甘えではなかったと思えるような転職をするためには、下記つ5のポイントが鍵となります。

ポイント

  • 今一度どのように人生を送っていきたいかを考える
  • 中長期的なキャリアイメージをつける
  • なぜ営業を辞めたいのかを深堀りする
  • 未経験分野への転職が少しでも有利になるように準備しておく
  • 甘えか甘えじゃないかはその後の行動がすべて

参考営業を辞めたいのは甘え?営業職が向いてないと感じた時は辞めるべき!

今一度どのように人生を送っていきたいかを考える

営業職を辞めたいとの思いの中には、このまま今の営業の仕事を続けていては自分が理想とする人生を歩むことが気持ちや体力、金銭面などにおいて厳しいことを心のどこかで悟っているからではないでしょうか。

多くの人にとって仕事は人生の大部分を占めるうえに、仕事によってその他のあらゆる生活の場面が左右されるものです。

自分の理想の人生に少しでも近づきたい、叶えたい一心で転職することは決して甘えではありません。

「ワークライフバランスを重視したい」「組織ではなく自分のペースで黙々と仕事をしていきたい」「今より生活レベルを上げていきたい」などの自分の気持ちに正直になって自己実現のための転職を果たしてください。

中長期的なキャリアイメージをつける

営業職としての現職を辞めたい一心で転職をすることは危険であり、長い目で見て後悔することがないようにキャリアイメージをつけたうえで転職活動を進めていかなければなりません。

前述したように理想の人生を具体的にイメージすることができたら、まだまだ先の長いキャリアイメージをつけやすくなります。

自分が描くキャリアを実現していくためにはどういった企業や職種へ転職するべきか、またどういった働き方や職場環境を選ぶべきかが見えてくることでしょう。

ただし気をつけておきたいのが、そもそも今の営業職を辞めたいと思うまでに至った原因を解決または回避できる転職先を選ぶべきであるということです。

なぜ営業を辞めたいのかを深堀りする

今の営業職としての仕事を辞めてしまいたいと思うに至るには必ず理由があるはずです。

心身共に疲弊してしまっておりストレス過多な状況下では感情任せになってしまうのも無理はありません。

しかし、辛い経験を活かしてこそ転職したことが甘えではなく成功へと繋げることができます。

なぜ営業を辞めたいと思うのかを自分自身に問いかけ、論理的に深堀りするようにしてください。

営業を辞めたい原因を明確にすることで

  • 営業職自体が向いていなかったのか
  • 実は業界が不向きであったのか
  • 企業風土や同僚との相性が悪かったのか

などの真相を認識することができ、自己分析にも繋がるうえに、転職先として視野に入れるべき求人を探す際に重視すべき条件を絞りやすくなります。

営業を辞めたいとなってしまった根本的な原因を回避または解決できる職場や職種であることが、営業を辞めたことが甘えではなかったと後悔せずに済む転職を果たす大きな鍵となることをしっかり認識し、実践していきましょう。

未経験分野への転職が少しでも有利になるように準備しておく

何らかの理由で今の営業職を辞めて未経験分野への転職を視野に入れている人は、転職希望先への転職が有利に働くような資格を取得したりと、あらかじめスキルの習得に努め備えておくことも大切です。

前向きな姿勢や取り組みは採用の場でも印象を良くすることにも繋がり、今後のキャリアにも役立つため一石二鳥です。

一般的に営業職を経験していると、未経験職種や他業界への転職が他職種歴のある人よりも有利となる傾向があるとされていますが、営業職である本人は見える化しにくい営業職のスキルに自信を持つことができない人も少なくないことでしょう。

営業職から未経験分野への転職を成功させ、決して甘えではなかったと思えるようにできることは先手を打っておくことをおすすめします。

参考営業が「辛い」「辞めたい」と思うその理由とは?対処方法や転職成功のコツを解説

甘えか甘えじゃないかはその後の行動がすべて

営業を辞めたいという気持ちで転職することが甘えか甘えじゃないかは、その後の結果がすべてと考え行動あるのみです。

例え、数字を達成できず上司に叱咤激励されることが耐えられずに営業職から転職したとしても、新たな環境で自分らしく生き生きと仕事をすることができていれば営業を辞めたい気持ちが例え甘えからくるものであっても転職する決断をとったことは正しかったということになります。

営業を辞めることが甘えかどうかに頭を悩ますよりも、今の辛い状態から目を背けずに自分自身と向き合い行動できるかどうかが最も重要です。

営業を辞めたいという自分の気持ちが甘えか甘えじゃないかは
その後の行動次第です!

参考営業を辞めたいのは甘え?ストレスの理由と転職すべきかを解説

営業を辞めたことが甘えではなかったと思える仕事の選び方

営業を辞めたい人が甘えかどうかを考えるよりも、辞めたいと思った自分が今後どのような姿になっていたいかを具体的に思い描き実現させることに注力すべきです。

とはいえ、営業職を辞めたい人の多くが、転職先での仕事内容について悩むところだと思います。

以降では営業を辞めたい人が甘えではなかったと思える仕事選びのコツをお伝えするので、転職先での仕事内容に迷う際には以下の内容を参考にしてみてください。

営業を辞めたことが甘えではなかったと思える仕事の選び方

  • 向いている仕事を探す

  • 手に職をつけて着実にキャリアアップ

  • 「未経験」OK求人の見極めが大事

向いている仕事を探す

「やりたいこともないのに営業が向いていなくて辞めたいと思うことは甘えなのか。」と自問自答し、転職するべきかどうか躊躇している人も少なくないでしょう。

はっきり言って悩んでいる暇があったら、自己分析のうえで向いていそうな仕事を探す行動をとるべきです

やりたい仕事がある人は限られているうえに、やりたい仕事を仕事にできている人は更に絞られます。

向いている仕事であれば、やりたい仕事、つきつめていきたい仕事に変わっていく可能性が高まるため、やりたいことを見つけるよりも向いている仕事を探すことに注力するべきです。

誰しもにある得手・不得手は、仕事において顕著に現れます。

不得意を得意にするよりも、得意をブラッシュアップする方が仕事の精度も意欲も高まることからも向いている仕事を転職先として視野にいれるべきです。

手に職をつけて着実にキャリアアップ

「営業職を辞めたいけれど甘えではないか。」と後ろめたく思う人は、手に職をつけることで着実にステップアップしている実感を得ていくことも一つです。

営業職から未経験分野へ転職する場合には、同業種へ転職する場合よりも一時的に年収が下がってしまう可能性はあります。

しかし、目に見えるスキルや資格がないことを後ろめたく思うからこそ、未知の分野で手に職をつけてキャリアを積むことで意欲的に年収アップをはかる楽しさを覚えることでしょう。

新たな分野への挑戦を楽しむことができれば、
転職したことは甘えではなかったと思えることでしょう。

営業職経験のある人は、どんな業種にいても活躍できる仕事への姿勢やコミュニケーション能力をすでに培っている傾向にあります。

知識や経験の面では浅くとも、営業経験を活かして転職先で飛躍を遂げることを目指していくことができれば何よりです。

参考営業辞めたい…。営業職から転職するための全知識|辞めてよかった成功例

「未経験」OK求人の見極めが大事

求人を探しているとちらほらと散見される「未経験歓迎」と記載された求人がありますが、未経験を歓迎する旨が書かれている求人案件の中には長時間労働や安月給などのブラックな労働環境であったり、これといったスキルが身につかない仕事内容であったりするリスクも含まれていることを忘れてはいけません。

特に、営業職から職種変更しての転職となる場合には「未経験歓迎」の求人に飛びつきたくなるほど必死な状況であることが見込まれるため、応募する求人の選別を慎重にする必要があります。

「なぜ未経験者をOKとしているのか」を考え、企業情報や口コミをしっかりと調べ上げるようにしてください。

その点、転職エージェントを活用することで求人企業にまつわる情報収集をしやすく、そもそも求人紹介を受けることがサービスの1つであることから紹介した意図を担当者に尋ねることもできます。

営業を辞めたことが甘えではなかったと思える転職のコツ

今の営業の仕事を辞めて転職したことが甘えかどうかは、転職してよかったと思える転職を果たせるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。

以降では、転職という選択をしたことを後悔しないためにおさえておくべき転職のコツについて解説していきたいと思います。

  • まずは自己分析を徹底する
  • 本音はどうであれ転職理由や志望動機は前向きに
  • 営業職を遂行する中で工夫していた点や心に残るエピソードを振り返る
  • 転職における条件は妥協も必要

参考https://career-picks.com/job-change/eigyokaratenshoku/

まずは自己分析を徹底する

営業を辞めたい気持ちが甘えではないかと悩む前に、まずはしっかり自己分析をするところからはじめてみるべきです。

転職するかどうかについての決断は後回しで、自分と正面からぶつかり、また客観的視点をも持ち合わせることで、これからどういう道に進んでいくべきかヒントを得ることに繋がります。

単に自己分析は選考に受かって内定をもらうための道のりの1つのように捉えられがちですが、根本的には転職先とのミスマッチを極力防ぐために行うべきものとして徹底して行いましょう。

転職するから自己分析するのではなく、転職を視野に入れている時点で自己分析を徹底的に行うことがポイントです!

参考営業を辞めてよかった 嬉しくて嬉しくて言葉にできない【厳選8】

本音はどうであれ転職理由や志望動機は前向きに

今の営業の仕事から転職することになった理由については、前向きな内容を伝えるようにする必要があります。

例え営業が向いていないと感じたことが転職のきっかけであったとしても、採用の場であなたの評価をわざわざ下げてしまう直接的な理由を伝える必要はありません。

「メリハリをつけて生産性が上がる仕事をしたい」「長期的な視点でキャリアアップできる環境で仕事をしたい」などと、前向きな姿勢を感じ取れる転職理由に置き換えるように工夫してください。

転職先でどんな自分になっていたいのかを具体的にイメージすることで、ポジティブな言葉選びに繋がりますよ。

営業職を遂行する中で工夫していた点や心に残るエピソードを振り返る

採用の場では、転職者の前職(現職)での仕事への取り組み姿勢を把握するための質問が投げかけられることが一般的です。

転職先として希望する職種が営業職かどうかを問わず、前職または現職である営業職としての仕事への向き合い方を知ることで転職者の人となりを知ることを主な目的としています。

例え営業職として実績が誇れない場合でも、仕事をするうえで工夫した点や、困難に立ち向かった経験、営業職としての任務以外の社内的な役割などポジティブな内容として話せることは意外とあるものです。

今一度反省点含めたこれまでの自分の仕事ぶりを振り返ってみてください。

決して良い格好をする必要はありません。
転職先が求める人物像を頭に思い浮かべながら、あなたの人となりがイメージしやすいポジティブな言葉選びでエピソードとして話せる状態に準備しておきましょう。

転職における条件は妥協も必要

自分が転職するうえでの譲れない希望を超えて理想を転職条件としてしまうと、転職できるものもできない可能性が高まります。

ましてや、営業職から他職種への転職を目指す場合は未経験での転職となるため、条件が高すぎるといつまでたっても転職先が見つからないという事態になりかねません。

そもそもの転職した原因・理由を明確にし、今の状況を脱するための方法が転職であることが大前提です。

転職の軸を定めたうえで、その他譲れない条件をピックアップのうえ優先順位をつけて絞っていきましょう。

また転職活動を進める中で自分の転職市場価値を認識し、条件を絞る、緩和する方法をとることをおすすめします。

営業職を辞めてよかったと思えるポイント

営業を辞めることが甘えかどうかは一概に誰も指摘できるものではなく、いずれの選択をしたとしても「これでよかった」と思えるその後次第で決まると言っても過言ではありません。

こちらでは「営業職を辞めたケースにおいてよかったと想定できるポイント」についてご紹介していきたいと思います。

物事は表裏一体であり、人それぞれ価値観が異なります。

あなたが仕事やライフスタイルにおいて重要視しているポイントを思い浮かべながらひとつ参考にしてみてください。

参考営業を辞めてよかったこと10個[東証一部の営業マンが、辞めて後悔しなかった理由]

営業ノルマからの解放

営業職が向いていなかった人の多くが、営業を辞めてよかったと思えるポイントとしてあがるのが「ノルマからの解放」です。

終わりのないノルマ達成に向けて、常に数字を意識して顧客に頭を下げたり、お願いしたりといった繰り返しの日々にくたびれてしまったという人は多いはず。

どんな仕事も決して楽ではありませんが、営業ノルマがあることにより精神的な苦痛を抱えていた人にとっては、苦しみから解放された実感を得られることでしょう。

まとめ

営業を辞めたいと少しでも感じてるなら、まずはその理由を明確にすべきです。

そもそも営業という働き方が嫌なのか?それとも、現在在籍している会社での働き方が嫌なのか?

これは似て異なります。

ただし、取るべき対処法としては、まずは転職活動をしてみることで自分の今後のキャリアを考えてみたり、現在の市場価値などを客観的に知ることができます。

そのため、少しでも営業辞めたいという悩みを持っているならば、ぜひこの機会に転職活動をしてみて下さい。

「営業辞めたい」時に合わせて読みたい

住友生命の営業を辞めたい方は必見|辞めたい理由と退社方法を紹介します

住友生命の営業を辞めたいと感じている人向けの記事です。生命保険の営業などを辞めたいと感じている人にも参考になるかもしれません。

参考営業辞めたいは甘えではない! 営業職がストレスを感じる理由

「営業を辞めたい」と思う人のための関連・参考記事

「営業辞めたい20代」 の関連・参考記事

営業を辞めたい20代は必見じゃ。

「営業辞めたい 新卒」 の関連・参考記事

「新卒で営業を辞めたい」ってなった人は確認するのがおすすめ。

「コミュ障 営業辞めたい」 の関連・参考記事

「コミュ障だから営業を辞めたい」と悩む人におすすめ記事です。

page top