著者:マネたま転職研究所 2023年2月3日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

29歳の平均年収はいくら?三十路目前!収入アップを諦めなくて良い理由や実現のコツもご紹介!

アップロード日2023/01/19

マネたま転職編集部

目の前に迫った30代を意識するであろう29歳は、結婚や出産などのライフステージの変化や今後のキャリアや自分自身の生き方について見つめ直すタイミングを迎える人も多い年齢です。

中長期的な視点で将来を考えた際に、経済的に今の会社で働き続けることへの漠然とした不安や周囲との収入格差に悩む人も少なくないでしょう。

「そもそも29歳相応の年収とはいくらなのか?」

誰もが気になるところだと思います。

そこで、こちらの記事では29歳の平均年収をはじめとした収入事情や29歳が収入アップを実現するための具体的な方法について言及していきたいと思います。

現時点での自分自身の収入が一般的に多いか少ないかを確認するだけでなく、29歳という年齢にとらわれすぎることなく収入アップの実現に向けて前向きに行動するためにも是非ひとつ参考にしてみてください。

2023年1月の最新情報:転職活動は今から始めておくべき?

4月に転職を実現するためには最高のタイミングです。
なぜなら、新年度を迎える4月に企業が社内体制を整備するためです。

そのため、採用活動が活発化し、優良の求人が増加するのが1〜3月。

優良求人が増えるタイミングに合わせて準備を開始すれば、満足度の高い転職活動を実現できます。
今が、まさに「チャンス」です。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、早めに相談してください。

リクルートエージェント」は求人数も多いので、希望の求人に出会える可能性が高いです。

29歳の平均年収は?

まずは気になる29歳の平均年収に加えて、学歴別平均年収をあわせて確認していきたいと思います。

参考​​29歳の平均年収を徹底解説!【男性女性別】など幅広いデータを紹介

29歳の平均年収は398万円

転職エージェントdodaの2021年度(最新)の調査によると、29歳の平均年収は398万円で、男女別平均年収は男性が423万円で女性が362万です。

全体「398万円」
・男性:423万円 ・女性:362万円

つづいて、20代の年齢別にみた平均年収の推移については下記をご確認ください。

【20代年齢別✕男女別平均年収】

          
男性 女性 全体
20歳 294万 254万 271万
21歳 290万 258万 272万
22歳 289万 264万 276万
23歳 305万 279万 291万
24歳 334万 303万 319万
25歳 358万 323万 341万
26歳 379万 338万 360万
27歳 400万 347万 376万
28歳 413万 354万 388万
29歳 423万 362万 398万

出典:doda|20代年齢別平均年収【最新版】

20代の前半までは男女間にて年収額にさほど大きな開きはありませんが、30代に近づくにつれて男女間の年収格差が開いていき、29歳時点では約60万円程の差が見られます。

29歳は働き盛りである一方で、ライフステージの変化が重なることで女性の収入に全体として伸び幅が少なく、人によって収入格差が開いていきやすいタイミングであることがうかがえます。

学歴別平均年収

次に学歴別で見る平均年収の推移を年代別で確認していきましょう。

【学歴別平均年収】

          
大学院卒 大卒 高卒
20~24歳 男性:252.3万円
女性:243.3万円
男性:229.1万円
女性:226.5万円
男性:204.3万円
女性:189.6万円
25~29歳 男性:282.0万円
女性:274.4万円
男性:266.2万円
女性:249.4万円
男性:233.1万円
女性:201.5万円
30~34歳 男性:337.8万円
女性:336.4万円
男性:313.9万円
女性:275.3万円
男性:258.7万円
女性:206.6万円
35~39歳 男性:435.9万円
女性:364.7万円
男性:365.2万円
女性:298.2万円
男性:285.2万円
女性:216.1万円

参考:厚生労働省|令和2年賃金構造基本統計調査

上記を見てわかる通り、学歴社会が今でも根強いとされる日本では学歴によって賃金格差が生じていることが顕著にわかります。

25歳〜29歳時点では、大卒と高卒とでは平均年収の差が男性の場合は約33万円、女性の場合は約48万円も大卒が上回っており、年齢を重ねていけばいくほど年収額に大きな差が生じているのが現実です。

学歴別平均年収のポイント

学歴別平均年収のポイント

特に女性においては大学院卒であれば男性との収入格差が大卒・高卒と比較すると少ない一方で、子育て世代である35歳〜39歳時点では男性との収入に差が見られます。

参考​​29歳の平均年収と給料|住民税、所得税、手取りはいくら?【2022年版】

世代別平均年収(20代・30代・40代・50代)は?

以降では世代別で見た平均年収の推移を下記の順でご紹介します。

  • 男女別の平均年収
  • 業界別の平均年収
  • 職種別の平均年収

29歳である今の平均年収に注目するだけでなく、長期的な視点をもって今後の年収推移についてもあわせて確認しておきましょう。

収入アップをはかる方法のひとつとして転職という手段がありますが、転職により収入アップを目指す人は今のキャリアを活かせる限りで年収の水準が高い業界や職種に注目することも方法のひとつです。

以降でご紹介するデータについても将来の収入について考える際の参考にしてみてください。

参考もうすぐ三十路突入!29歳ビジネスパーソンの平均年収を徹底調査

世代別平均年収

業界や職種、学歴などの区別なく、世代別(20代・30代・40代・50代以降)で見た平均年収推移は下記の通りです。

【世代別平均年収】

          
男性 女性 全体
20代 363万 317万 341万
30代 474万 378万 437万
40代 563万 402万 502万
50代〜 664万 435万 613万

参考:doda|平均年収ランキング(世代別の年収情報) 【最新版】

上記各世代の平均年収をもとに、以降でご紹介する世代ごとの業界別平均年収と職種別平均年収を確認していきたいと思います。

「20代の平均年収」に関する合わせて読みたい記事

【2022年最新】20代の平均年収はいくら?性別・職種・業種別データ|年収UPの方法も紹介

20代の平均年収について全体・性別・職種・業種別で平均年収のデータと特徴を紹介しています。また、平均年収より高い年収にするためのポイントや具体的な方法についても解説しています。

業界別平均年収

業種別で見た世代ごとの平均年収は下記の通りです。

【業界別平均年収】

          
業界 20代 30代 40代 50代
金融 373万円 530万円 599万円 735万円
メーカー 369万円 473万円 548万円 719万円
建設・プラント・不動産 366万円 456万円 495万円 565万円
IT・通信 361万円 492万円 592万円 722万円
総合商社 353万円 477万円 535万円 832万円
インターネット・広告・メディア 347万円 442万円 525万円 612万円
専門商社 346万円 439万円 519万円 640万円
メディカル 338万円 430万円 514万円 693万円
サービス 319万円 404万円 452万円 506万円
小売・外食 304万円 382万円 444万円 508万円

参考:doda|平均年収ランキング(世代別・職種別の年収情報) 【最新版】

「金融」については、各世代共安定して平均年収を大きく上回る結果となっています。

「IT・通信」(361万円)と「総合商社」(353万円)については、20代の平均年収341万円を上回ってはいるものの、「金融」(373万円)「メーカー」(369万円)「建設・プラント・不動産」(366万円)の平均年収に劣っていますが、年齢を重ねていくことで年収の伸び幅が高いことがわかります。

参考東京都の平均年収は620万円!23区や男性・女性別、20代などの年代別、大卒初任給も紹介

職種別平均年収

職種別で見た世代ごとの平均年収は下記の通りです。

【職種別平均年収】

          
職種 20代 30代 40代 50代
専門職 (コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人) 472万円 627万円 688万円 794万円
企画/管理系 390万円 524万円 641万円 738万円
営業系 371万円 494万円 577万円 675万円
技術系(電気・電子・機械) 368万円 470万円 539万円 656万円
技術系(IT・通信) 361万円 502万円 603万円 685万円
技術系(建築・土木) 361万円 449万円 489万円 558万円
金融系専門職 356万円 504万円 565万円 695万円
技術系(メディカル・化学・食品) 339万円 420万円 464万円 577万円
クリエイティブ系 313万円 396万円 473万円 543万円
事務・アシスタント系 303万円 346万円 371万円 425万円
販売・サービス系 293万円 359万円 400万円 413万円

参考:doda|平均年収ランキング(年代別・職種別の年収情報) 【最新版】

「専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)」「企画/管理系」については、各世代共群を抜いて平均年収を大きく上回る結果となっています。

参考29歳の気になる平均年収と手取り額

29歳で転職する人が多い理由とは

29歳というタイミングで今の仕事を続けるのかどうかを悩みに悩む人は多いことでしょう。

ポテンシャルよりも実力を求められるようになる30代目前の29歳で転職を考える人はなぜ多いのでしょうか。

こちらでは29歳で転職を考える人が多い理由について言及していきたいと思います。

参考29歳の平均年収と年収中央値はいくら?【男女別・業種別・学歴別】

異業種への転職が最後のチャンスとなるため

20代前半とは違い、20代後半から30代に近づくにつれて未経験分野への転職のハードルが高くなって行きます。

年齢の区切りとして30代目前の29歳では「新しいことを始めるなら最後の機会になるかもしれない」というおもいのもと、転職に踏み切る人も珍しくありません。

とはいえ、人生単位で見ると29歳という年齢はまだまだ若く吸収力があり、企業風土に染まりきっていない柔軟性を評価してもらえる可能性はあります。

未経験転職は入社してから既存の社員との実力の差を埋めていく心意気と行動力がある人は諦めずにチャレンジしてみることもひとつです。

ライフステージの変化に差しかかっている人が多い

結婚や出産、育児などのライフステージの変化がきっかけで働き方やキャリアを見直すことは自然な流れ。

29歳というタイミングでライフステージの変化を迎える人が多い影響もあり、男女共に転職希望者が多い層です。

最近では男性にも育児休暇が課せられたりする企業が増えているとはいえ、仕事と家庭の両立を目指した転職をはかりたいと考える女性が多い傾向にあります。

また男性も家庭を持つにあたって一家の主人として、現在の収入やキャリアを見直す人も少なくありません。

正社員を目指す人が多い

30歳を目前とした29歳で将来への不安や年齢を踏まえて、正社員を目指して転職活動を行う人は少なくありません。

親が高齢であることや、将来への不安を感じ「このままではいけない」と自分自身を奮い立たせて行動すべき最後のチャンスと捉える人が多いことでしょう。

参考手取り・平均年収の中央値はいくら?30代は25~30万円、40代は35~40万円。15~20万円は少ない…

29歳で転職するメリットは?

29歳は社会人して経験値を積み油がのってきた年齢とも捉えられますが、30代を目前とし転職するべきかどうか迷いが生じる人も多いことでしょう。

年齢がすべてではありませんが、世代や年齢によって転職にあたって強みを認識し転職活動に活かすことも転職を成功させるためには大切です。

こちらでは実際、29歳で転職するメリットはあるのかどうかを確認していきたいと思います。

29歳で転職するメリット

  • 伸びしろもありながら、即戦力としての転職を果たせる可能性が高い
  • 年収アップ実現の可能性も高い
  • 未経験業界や職種への転職も狙える
  • Uターン転職しやすいタイミング
  • 転職先とのミスマッチを抑えられる可能性が高い
  • モチベーションアップにも期待

参考29歳【男性女性】の平均年収・年収中央値を調べて-東京

伸びしろもありながら、即戦力としての転職を果たせる可能性が高い

30代を目前とした29歳で転職する場合は、20代で積み上げてきたキャリアや転職先によっては即戦力として転職を果たせる可能性が高いです。

20代の転職は全体としてポテンシャルに期待した人柄・伸びしろ重視の採用傾向にありますが、20代前半ではなく後半になればなるほど徐々に即戦力人材の需要の比重が高まります

よって、これまでのキャリアやスキルを存分に活かした転職をする場合には、転職先によっては待遇が良く年収アップを実現しやすいタイミングとの見方ができるのです。

自分の市場価値をはかるために転職活動をまずはやってみるというのもおすすめである。

参考30代の平均年収はどのくらい?男性・女性の中央値も解説!

年収アップ実現の可能性も高い

29歳ともなると、20代前半とは違い同世代の中でもキャリアに大きく差が生じてくるため、転職により年収アップを実現できる人とできない人がはっきりと枝分かれしてくるタイミングと言えます。

中でも積極的にスキルを習得したり、実績をあげてきた人は転職することで年収アップを実現できる可能性は非常に高い年齢です。

特に手に職であり転職需要の高いエンジニアをはじめとしたIT・web関連の専門職や実力が給与に反映する実力勝負の営業職の場合、企業によって年収格差が激しいため転職先企業によって年収が左右されることは珍しくありません。

今の会社以上に切磋琢磨できる環境でスキルと収入を上げていきたい29歳は前向きに転職活動を進めて行くことをおすすめします。

個の時代」と呼ばれる今、ひとつの会社に留まることがよしとされる時代は過ぎ去りました。実力のある人はどんどん力を発揮できる環境に身をおき、経験としても金銭面においても豊かになるべきですね。

未経験業界や職種への転職も狙える

アラサーであることを過剰に意識しすぎてしまう傾向にある29歳でも、未経験業や職種への転職を叶えられる可能性はあります。

もちろん、ポテンシャルに期待される第二新卒や既卒などの20代前半で未経験転職を果たすよりはハードルは高いことは事実です。

ただし20代前半とは違った社会人として働くスキルを身に着けていたり、仕事との相性を実体験を持って把握できている点においては強みととらえることができます。

今の仕事よりも収入が一時的に下がってしまったり、目指す仕事によっては先にスキルの習得や実績を重ねる方が近道の場合もありますが、本当に挑戦したい仕事であるならば計画的に行動するのみです。

29歳で未経験転職をするなら、最後のキャリアチェンジとなる覚悟で後悔のない転職を果たしましょう!!

参考【将来有望!】20代で年収500万円稼げる職業/仕事一覧| 割合,高年収の業界/企業も

Uターン転職しやすいタイミング

Uターン転職とは都会に出てきた人が地元に帰って仕事をすることを言います。

一昔前までは老後に地元に戻って生活するというパターンが主流でしたが、働き方が多様化する今、20代・30代の時点で早くも地元に帰ってワークライフバランスを保ちながら自分の理想とする生活を送る人が増えている時代です。

ローカルに転職するとなると求人数が限られるため仕事探しのハードルが上がってしまいますが、キャリアを積み上げつつも、まだまだ新しい環境に馴染む柔軟性とエネルギーを兼ね備えた29歳であれば活躍の場を探し出せる可能性は多いにあります。

最近ではリモートワークも普及しているため、都心部に本社がある企業に転職しても地元で仕事をさせてもらえる環境を選ぶことも方法のひとつです。

都心部に本社がありながらも地元で仕事をさせてもらえる環境が整っている企業にも注目してみてください!

参考年収の平均金額はいくら?年齢別、職業別のデータも見ながら解説 /

転職先とのミスマッチを抑えられる可能性が高い

社会人として脂が乗っている29歳は、会社の中ではまだまだ若手ポジションであったとしても社会に揉まれて仕事を通して様々な価値観に触れてきたことでしょう。

そんな中、自分の価値観や向き・不向きを経験をもって認識できているとされる29歳での転職では、新卒や第二新卒での転職以上に自分と仕事のことをよく知った上で転職先を視野に入れていけるため、転職先とのミスマッチを抑えられる可能性が高いことも強みと言えます。

29歳での転職は人生の分岐ととらえてプレッシャーに感じるかもしれませんが、これまでの経験を糧とし、より堅実により確信をもって転職活動に挑めることを前向きにとらえてベストを尽くしましょう。

転職エージェントを活用することで、企業情報や転職のトレンド情報など様々な情報とノウハウを入手できますよ。

モチベーションアップにも期待

今後を見据えて目標感を持って新たな環境に転職した場合、新たな人間関係を築いたり、仕事への可能性を感じることができ、一層仕事へのモチベーションがアップすることが期待できます。

社会人となり公私ともに経験を積んできた29歳での転職は人生の分岐点と捉えるべきタイミングです。

前の会社と比較し互いに良し悪しを感じることはあっても、自分の決断に責任をもち新たな環境で邁進していくことができればより自己成長をはかれることでしょう。

参考29歳の平均年収や中央値は?男性・女性別の平均や手取りアップの方法を解説

29歳で転職するデメリットは?

29歳で転職するメリットについて前述しましたが、一方でリスクとなりうるデメリットがあることも事実です。

ただし、デメリットがあるから転職を辞めるべきというわけではなく、デメリットを認識しておくことでリスク回避に繋げる転職対策を行うことが重要です。

こちらでは、メリットと並行し、デメリットについて以降で確認しておきたいと思います。

参考29歳の平均年収や中央値は?男性・女性別の平均や手取りアップの方法を解説

29歳で転職するデメリット

  • 年収が下がる可能性もある
  • キャリア実績がないと転職するハードルが高い
  • 採用側にすぐ離職してしまうことを疑われやすい
  • 求人倍率が高い

年収が下がる可能性もある

転職先での仕事の経験値によっては、29歳で転職することで年収が下がる可能性はあります。

特に未経験職種への転職となると、即戦力とはならないため入社時点での年収は前職よりも低いところからスタートする可能性は極めて高いと言えます。

特に未経験職種への転職となると、即戦力とはならないため入社時点での年収は前職よりも低いところからスタートする可能性は極めて高いと言えます。

入社時点での年収が高いことに越したことはありませんが、年次が上がるにつれて想定される年収推移によっては、スタート地点での年収が低くとも許容範囲と捉えるべきです。

転職において年収アップの優先順位が高くなかったとしても、お金はやはり働くうえでのモチベーションを左右する要素のひとつです。

想定していた収入を得られないということがないように、正確に情報収集するリサーチ力と交渉力が鍵となります。

参考29歳の平均年収や中央値は?男性・女性別の平均や手取りアップの方法を解説

キャリア実績がないと転職するハードルが高い

29歳での転職は伸びしろに期待してもらえる20代前半とは違い、即戦力人材と体力の両方を求められる段階と認識すべきです。

よって、キャリアや実績が浅いと転職するハードルが高くなるという点がデメリットまたは転職するうえでのリスクと捉えられます。

特に未経験分野への転職はハードルが高まります。

ただし、29歳であれば新しい業界や職種へのキャリアチェンジがまったくもって厳しいというわけではありません。

明確な目的意識と知識やスキルを補う行動力があれば転職成功を実現できることでしょう。

参考【男女別】29歳で年収500万はどんなイメージ?全体の割合や平均年収、生活レベルもご紹介!

採用側にすぐ離職してしまうことを疑われやすい

一概に言えることではありませんが、一般的に29歳ともなると結婚や出産といったライフステージの変化を迎えるタイミングの人が多いとされる年代です。

一方で、企業は長きに渡って会社に貢献してくれる人材を求めており、求人対象が20代・30代の若手人材であればあるほどその思いは強い傾向にあります。

特に女性の場合はライフステージの変化が仕事に直接影響してしまうことから、適齢期の転職は採用側も慎重になってしまうものです。

よって、29歳の転職では転職希望先の企業には仕事を継続していく熱意を伝えることが転職成功のためには必要不可欠となるポイントです。

求人倍率が高い

29歳で転職する際に避けられないデメリットとなるのが「求人倍率が高い」こと。

よって誰がみても好条件の求人ばかりに目をつけていると、転職先がいつまでたっても決まらないという事態が起こりえる可能性が高いと認識しておくべきです。

参考29歳の平均年収は?中央値や男女別・学歴別の収入の違いを徹底解説

29歳で転職を成功させる人の特徴とは

こちらでは、29歳の転職で成功しやすい人の特徴をご紹介します。

29歳ともなると、実力重視の採用となるケースが圧倒的に多く、PRすべきポイントが20代前半とは異なります。

どういった人が転職に有利になるのかという視点を持って目を通してみてください。

参考29歳【男性女性】の平均年収・年収中央値

マネジメント力に期待できる人

29歳ともなると、会社の中でも役職が上がったりと部下を持つ立場の人が増えてきます。

どんな業界でも仕事の知識や経験プラスアルファでマネジメントスキルを求められるタイミングであることから、転職先でもマネジメント力に期待できる人材は重宝される可能性が高いと言えます。

すでにこれまでのキャリアの中で、組織の規模問わず組織・チームのまとめ役となりリーダーシップを発揮した経験がある人は、選考の場でリーダーシップ性をアピールすることが大切です。

専門性が高く、即戦力として期待できる人

30代を目前とした29歳の転職では即戦力人材が転職において有利となります。

転職先として希望する業界・職種における実績・経験値が高いことに越したことはなく、業界や企業の課題点を根拠をもって語れる人、またどのように貢献したいかを自分の言葉で伝えられると尚良い評価へと繋がることでしょう。

参考29歳の平均年収は?男性女性の手取りはどのくらい?

転職に説得力がある人

29歳の転職では転職する理由や目的が明確であり、キャリア・経験を積んできたからこその説得力を感じさせることが必要です。

新卒や第二新卒同様に熱意や人柄を評価されるだけでなく、実力や経験値、仕事をするうえでの価値観をも評価されることを踏まえて、選考の際にはより説得力のある受け答えが求められると認識し備えておきましょう。

参考​​25歳~29歳の平均年収【男女、大卒短大卒高卒、企業規模別】

29歳で年収アップを目指す人におすすめの方法

29歳ともなると男女共々、今を生きることだけでなく将来設計を現実的に考え始める人も多いタイミングとも言えます。

今の収入で家庭を持つことへの不安や老後に対する不安など、「将来を踏まえて収入をアップしたいけれどどうしたらいいものか…」などと思い悩んでいる人も少なくないでしょう。

そんな29歳大人の社会人が年収アップをするための現実的な方法としては、大きく下記の5つがあげられます。

年収アップの方法

  • 昇進昇格
  • 職種転換
  • 転職
  • 副業
  • 資産運用

参考20代で手取り15万~20万円って普通?平均年収と今より収入を上げるコツ!

参考20代で1000万稼ぐ若手社員の意外と知らない姿

昇進昇格で年収アップ

29歳社会人が今の働き方を大きく変えることなくコツコツと収入を上げていく方法としては、「早く昇進昇格する」ことが最も現実的です。

日頃から成果を上げることを常に考え、社内におけるキャリアの擦り合せを上司ともしっかり共有し、今後のステップについて目標感を持って日々仕事に取り組むようにしてください。

会社で必要とされている特定の資格の取得によって基本給が上がるケースもあるため、会社の制度を上手に利用し社内での自分の価値を高めていくこともおすすめです。

職種転換で年収アップ

昇進昇格を実現するためには、実力の他に組織風土やタイミング、上司の裁量など様々な要素が絡んでくることもまた現実です。

あなたの今の職種によっては、「社内において現職よりも収入が高い職種への転換をはかること」も今の会社を手放さずに年収をあげる方法のひとつともなりえるため、職種転換をする覚悟がある人は前向きに上司に相談してみてください。

参考29歳の平均年収や中央値は?男性・女性別の平均や手取りアップの方法を解説

転職で年収アップ

29歳で年収アップを目指す人は、今いる会社だけにこだわらず「今よりも年収が高い企業へ転職する」という選択を視野に入れることもひとつです。

勤め先にもよりますが、日本では成果報酬型の風土が強い会社よりも年功序列型の風土が残っている会社がまだまだ一般的であり、年次を重ねて行く中で堅実に収入が少しずつ上向きになることから給与の上げ幅がさほど大きく感じられないという人も少なくないことでしょう。

今の給与だけでなく、今後についてもさほど収入アップが期待できないようであれば勇気を出して環境を変えることをおすすめします。

参考【将来有望!】20代で年収500万円稼げる職業/仕事一覧| 割合,高年収の業界/企業も

副業で年収アップ

本業における収入アップに期待できない人に共通しておすすめするのが「副業」です。

ひと昔前は怪しいイメージを持たれがちな副業ですが、働き方の改革のひとつで副業が解禁されたことにより、かつては副業を禁止していた企業も認める風潮が高まっているほどです。

副業と一括りに言っても、副業としての仕事の種類や稼げる額は非常に幅広くあります。

すぐに大きな収入を生み出せるほど甘くはありませんが、継続することで金銭的余裕を生むことができるかも知れません。

勤務先が副業禁止ではない限り、まずは関心が高い分野や得意なことを副業としてコツコツ始めてみるとよいでしょう。

長い目で見て、副業に役立てることができる資格を取得することもおすすめです。

資産運用で年収アップ

資産を増やすためには、収入を増やすだけでなく「お金に働いてもらうこと(=資産運用)」も方法のひとつです。

資産運用初心者からすると、「資産運用」や「投資」という文字を目にするだけで、小難しいイメージを漠然と持ってしまいがちですが、資産運用方法によって投資・運用の難易度やリスクの大小は異なります。

資産運用は必ずしも運用がプラスに働くとも限らないため、運用する元手に余裕がなければ博打行為ともなりかねない結果に終わってしまうリスクもあります。

よって、資産運用は資金整理を行ったうえで、日々の生活費とは別に余剰金がある人にのみおすすめする方法です。

参考29歳の平均年収は400万以上or以下?29歳からの転職で年収が上がる可能性は?

29歳が転職で年収アップを実現するためのコツとは?

30代を目前とした29歳の転職は、20代前半ほどのポテンシャル重視の採用を行ってもらえる可能性は低くなってきますが、「伸びしろだけでなく経験値をも活かせること」が転職において武器となるタイミングです。

よって一般的に転職を諦めるほどハードルは高くないという見方もできますが、転職を先延ばしにすることはおすすめできないタイミングでもあります。

そんな29歳が転職を実現するだけでなく、転職と同時に収入アップを実現させるとなるとより一層転職に対する入念な準備が必要です。

以降では『29歳が転職によって年収アップを実現するために抑えておくべきポイント』を6つご紹介しておきたいと思います。

ポイント6つ

  • 徹底した自己分析
  • 自分の市場価値を客観的に把握する
  • キャリア&スキルを活かせる業界・職種に転職する
  • 業界・企業研究を入念に行う
  • 転職口コミサイトで情報収集する
  • 転職エージェントを活用する

参考29歳の平均年収は?中央値や男女別・学歴別の収入の違いを徹底解説

徹底した自己分析

29歳という年齢を問わずいずれの世代の転職者に共通して必要不可欠なのが「自己分析」です。

自己分析をすることであなたが転職するうえで譲れない条件を絞りこむことができ、また自己分析をする過程の中で論理的な転職理由を整理することができます。

更には、選考の場でのあらゆる角度からくる面接官の問いかけにも柔軟に受け答えができたり、思慮深い人間として好印象にも繋がります。

本音では年収アップが最も優先度の高い転職目的であったとしても、収入を直接的な志望動機とすることはネガティブな印象をもたらしてしまうため、自己分析を行うことでキャリアを活かした転職を希望していることを第三者に伝えられるように準備しておきましょう。

参考​​20代後半・30台で年収500万、負け組?勝ち組?男性/女性や地方/都心別で紹介

自分の市場価値を客観的に把握する

年収アップ実現のために転職をしたい29歳が自己分析と同様に大切なのが「自分の市場価値を把握しておくこと」です。

市場価値を把握しておかないことには、29歳時点でのキャリアやスキルが他社でどこまで通用するのかを定めることができず、眼中にいれるべき求人を絞ることができません。

また、厳しいようですがあなたの現時点でのキャリアやスキルで転職をすることにより収入アップを果たすことが現実的かどうかを見定める必要があるケースもなきにしもあらずです。

年収アップを目指す人は明確に今の年収からどの程度の上げ幅を目指すべきか、また転職によって理想の収入アップを果たすためにはどんなスキルが必要かどうかを明確にしていく必要があります。

現時点のスキルが不足している場合には、スキルを身に着けたうえで計画性をもって転職することも方法のひとつです。

キャリア&スキルを活かせる業界・職種に転職する

29歳で年収アップを譲れない条件のひとつとした転職を目標とする場合には、これまでに積み上げたキャリアやスキルを活かせる業界や同職種で転職する方法がおすすめです。

29歳であれば未経験職種での転職を叶えられる可能性はありますが、20代前半と比べると対象となる求人は少なくなってしまう傾向にあるうえに、未経験で転職してすぐに前職よりも収入アップを実現することは現実的ではありません。

未経験職種ではなく、未経験でも給与水準の高い業界を同職種として転職するという方法が、現実的かつ目標を叶えられる可能性が高い方法と言えます。

また、今の会社が業界の給与水準を下回っている場合には、同じ業界で給与水準が高い企業を狙うことももちろんおすすめです。

参考20代で手取り20万円は低い?平均年収や給与アップの方法をFPが解説!

業界・企業研究を入念に行う

29歳で年収アップを実現することを目標に転職する人は、自己分析や市場価値の把握を行ったうえで、転職先として視野に入れるべき求人を絞れるように目指す業界や企業を洗い出す必要があります。

単に年収アップが実現できそうかどうかをはかるだけでなく、あなた自身との相性を見定めるべく働く環境や職場の風土、転職先でのキャリアイメージなども可能な限り情報収集しておくことで、転職したことを後悔するリスクを極力抑えるべきです。

転職口コミサイトで情報収集する

29歳で年収アップを見据えて転職を成功させるためには、希望する企業の年収推移含めた内情をあらかじめ知ることが非常に大切です。

ネット上に転がっている情報や口コミ、転職エージェントを利用し情報収集をする他に、リアルな声を吸い上げている「転職口コミサイト」の利用がおすすめです。

将来を今一度考える節目となる30代を目前とした29歳での転職を成功させるためには、希望条件のもと、とにかく相性の良い企業とマッチするための下準備を細やかに行いましょう。

参考20代大卒の平均年収はいくら?年齢別、業種・職種別の給与をチェック!

転職エージェントを活用する

年収アップにこだわって転職を行う人は「転職エージェントを活用する」ことをおすすめします。

そもそも、転職エージェントとは基本的に転職利用者が個別かつ無料で転職のプロから転職活動のサポートを受けることができるサービスです。

具体的に転職エージェントがてがける一般的なサービス内容は下記の通りであり、プロの視点でサポートを受けられるため独自で転職活動を進めるよりも転職の精度を高めることに期待できます。

【転職エージェントのサービス内容】

  • キャリア面談
  • 求人紹介
  • 企業への推薦状の作成
  • 応募書類の添削
  • 模擬面接練習
  • 面接日程の調整
  • 雇用上の交渉事
  • 内定後フォロー

キャリア面談でキャリアの棚卸しや希望の転職条件をヒアリングのうえ、適宜相性が良いと思われる求人を転職エージェントに紹介してくれます。

紹介された求人に応募した場合には、応募後にも引き続き実践的なサポートを一環して行ってくれたりと、慣れない転職活動を効率よく進めていけることでしょう。

手厚いサポートを受けられる転職エージェントを年収アップを目指す29歳が活用すべき理由としてまずおさえておきたいポイントは下記の通りです。

◼相性の良い求人と出会える確率をアップさせる

転職エージェントでは求人サイトや他社の転職エージェントでは取り扱っていない独占求人や登録者のみが紹介対象となる非公開求人を多数取り揃えていることも利用するメリットのひとつです。

求人サイトで様々な求人をチェックすることも大切ですが、豊富な求人を保有している転職エージェントを利用することで転職者個々とより相性の良い求人とマッチする可能性が高まります。

◼企業との交渉事を代行してくれる

特に年収アップを目指す29歳転職者にとって特に心強いのが、適宜「企業との雇用上の交渉事を転職者本人に代わって転職エージェントの担当者が行ってくれること」です。

慣れない年収交渉はタイミングや伝え方によっては企業にネガティブな印象をもたらしてしまうリスクがあるため、転職エージェントを介して行う環境が整っていることもまた転職を有利に進めて行くことに繋がります。

◼トレンド情報を入手しやすい

転職エージェントでは取引企業にインタビューをしたり、エージェント独自のネットワークを介してトレンド情報を入手しているため、業界・企業研究を独自で行うよりも明確かつ知りたい情報をピンポイントで入手できることにも期待できます。

◼第三者の視点で自身の市場価値を把握できる

キャリア面談を通じて自分の市場価値を第三者の視点ではかってもらうこともできるため、働き盛りである29歳のこれまで積み上げてきたキャリアや実績が今の年収にふさわしいのかどうかを一定はかることも可能です。

合わせて読みたい

【最新2022年】20代におすすめ転職エージェント厳選15選

年収をアップさせたい場合、転職をするのは一つの選択肢です。現在勤めている会社より高く評価してもらえる可能性があるからです。そこで20代におすすめの転職エージェントを紹介しています。

参考29歳の平均年収・月収は?20代のうちに年収をアップさせる方法とは

29歳で年収アップを目指す人におすすめの転職エージェント

29歳の転職でキャリアアップと共に年収アップを目指すなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

以降では社会人として実力が備わりつつある29歳に利用をおすすめする転職エージェントを厳選してご紹介します。

転職エージェントは2〜3社を併用し、希望条件に近しい求人や相性の良い求人と出会える確率を高める使い方がおすすめです。

まずは試しに利用してみて相性の良し悪しを確かめることからはじめてみてください。

参考29歳の平均年収は約400万円|中央値や手取り額、東京との地域差を完全紹介!

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは人材業界を牽引する株式会社リクルート運営の業界最大級の転職エージェントです。

知名度の高さはもちろん、転職支援実績No.1を誇るリクルートエージェントでは、リクルートグループならではのネットワークや実績と共に培った転職ノウハウを個別転職支援の実践として活かしており、転職利用者の多くが転職に伴ないキャリアアップ・年収アップを実現しています。

あらゆる転職者層に向けて、公開求人・非公開求人合わせた約50万件超(2022年9月時点)もの求人を保有しており、転職者個々の転職目的に沿って相性の良い求人とマッチする確率を高めることに期待できる転職エージェントです。

doda

出典:doda

dodaは、リクルートエージェントに次ぐ業界トップクラスの求人数を保有する大手転職エージェントです。

非公開求人数は非公開であるものの、公開求人だけでも15万件超(2022年9月時点)の豊富さに加えて、個別転職エージェントサービスと転職求人サイトサービスとスカウト制サービスの3つの機能を兼ね備えていることも魅力のひとつ。

転職者個々のタイミングや求める転職活動方法に寄り添って柔軟なサービスを展開しています。

年収にこだわり転職する人は個別転職サポートを受けることをおすすめしますが、まずはdodaで幅広く求人や転職情報をチェックしたり転職市場価値をはかることからはじめてみることもおすすめです。

マイナビエージェント

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代〜30代前半を中心とした若手転職者の転職サポートを得意とする転職エージェントです。

幅広い世代や業種の転職者層をサポートする総合型の転職エージェントほどの求人数はないものの、利用者層にピンポイントの求人を厳選している点が特徴のひとつ。

大手企業にこだわらず、優良な中小企業やスタートアップ企業の求人に力を入れており、他社との差別化をはかっている転職エージェントです。

各業界に精通するキャリアアドバイザーが若手転職者の底上げをはかり、企業とのミスマッチがないよう親身にサポートしてくれます。

求人数は非公開ですが、独占求人も豊富にあるためぜひチェックしてみてください。

Spring転職

出典:Spring転職

Spring転職エージェントは、大手企業求人の他、グローバル企業の転職に強いハイキャリアな転職者におすすめの転職エージェントです。

世界60ヵ国で事業展開しているアデコグループのネットワーク力を活かして、各業界・職種における専門性の高いキャリアアドバイザーがハイクラス転職を手厚くサポートしてくれます。


スキルがマッチすること以上に、転職者と企業との相性を見極めることにより注視してくれることも魅力のひとつ。

転職需要の高いITエンジニア・クリエイティブの求人が充実していることもポイントです。

年収アップを目指す実力ある29歳の転職者にとっても、後悔のない転職を果たせることに期待ができます。

ビズリーチ

出典:ビズリーチ

「ビズリーチ」はハイクラス転職に特化したスカウト制の転職エージェントです。

国内・海外で活躍する管理職や専門職など、これまでのキャリアを活かし更に活躍できるフィールドを求める転職者は必見。登録にあたっては審査があります。

求人の3分の1以上が年収1,000万超であり、専門性高き優秀なヘッドハンターからオファーをもらう仕組みであるため、転職における自分の市場価値を把握するためにまずは試しに利用してみる使い方もおすすめです。

ビズリーチのサービスを本格的に転職活動に役立てていきたい人は、有料会員となることで、より密接なサービスを受けると効率よく相性の良い求人と出会い内定獲得に繋がることに期待できます。

JACリクルートメント

出典:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、エキスパートを中心としたハイキャリア向けの転職エージェントです。

マネジメント職や技術・専門職として活躍する日系・外資系企業の求人が豊富であり、海外転職にも強いことが特徴。ハイクラス転職のプロである約1,200名ものコンサルトが手厚くサポートしてくれます。

実際に、オリコン顧客満足度調査「ハイクラス・ミドルクラス転職部門」で4年連続1位を獲得し続けている実績からも、利用者満足度の高さがうかがえます。

利用に際した年齢制限はなく、27歳という若さで早くもキャリア・実績を積み上げている方にとって年収アップに結びつく転職を果たすためにおすすめです。

ランスタッド

出典:ランスタッド

オランダに本社を置くランスタッドは、世界中に人材サービスを展開する外資系企業や海外求人に強い転職エージェントです。

グローバル求人を中心に、年収600万以上のエグゼクティブ求人を保有しています。

長年培ってきたコネクションとノウハウを武器とし、世界中で名高いグローバル企業との繋がりを持っていることが魅力のひとつ。

専門性の高いキャリアアドバイザーが、転職者のキャリアプランを一緒に考え転職成功へと導いてくれることに期待できます。

語学力や実績を強みとし、年収アップを目指す実力の高い29歳にもおすすめです。

参考20代、30代前半で年収500万は勝ち組?稼ぐのはすごい難しい?どんな企業や職業の割合が高いの?

29歳で転職エージェントを有効的に活用するためのコツ

年収アップを実現するためには転職エージェントの利用をおすすめしますが、転職エージェントサービスの特性上、あらかじめおくべき活用のポイントをご紹介します。

転職エージェント活用のコツ

  • 複数社を併用する
  • 同じ求人には応募しない
  • キャリアアドバイザーとはこまめに連絡をとる
  • 転職までの期間の目安は3ヶ月と伝える
  • 転職口コミサイトでも情報収集する

参考平均月収は何歳でいくら? サラリーマンの給与と手取りとは

複数社を併用する

転職エージェントの活用ポイント1つめは「複数の転職エージェントを併用する」こと。

転職エージェントは基本的に紹介された求人のみが応募する対象となる仕組みであるため、応募できる求人の数がそもそも限られてしまいます。

また、転職エージェントごとに利用ターゲット層が異なり、サービスや取り扱う求人の種類や幅もそれぞれです。

よって、転職エージェントを複数利用することで比較対象があるため、より相性のよい転職エージェントや個別サポートをしてくれるキャリアアドバイザーの存在に気づきやすいというメリットがあります。

転職エージェントは幅広い求人の種類がある「総合型」と特定の求人を取り扱う「特化型」の2つのタイプに分けられるため、それぞれのタイプの転職エージェントを利用する使い方がおすすめです。

同じ求人には応募しない

転職エージェントの活用ポイント2つめは「同じ求人に応募しない」こと。

転職エージェントでは独占求人を保有する一方で、競合する他社と同じ求人を取り扱うケースも珍しくありません。

転職エージェントサービスは複数併用することはおすすめですが、複数の転職サービスから同一求人に重複して応募することはルール違反と認識しておきましょう。

誤って同じ求人に応募してしまうと、企業と転職エージェント側の双方に混乱を招き、あなた自身の信用を失ってしまうため、自己管理を徹底するようにしてください。

キャリアアドバイザーとはこまめに連絡をとる

転職エージェントを有効的に活用するための鍵となるのがキャリアアドバイザーとのコミュニケーションであり、定期的に連絡をとり意思疎通をはかることで転職への意欲を示すことが大切です。

転職エージェントは求人を紹介した求職者が内定を獲得した場合に、内定先企業から人材紹介報酬を受け取ることで利用者無料のサービスが成り立っています。

キャリアアドバイザーには各者内定獲得ノルマが課せられており、同時にサポートを担当する求職者は複数名いるため、サポートする求職者に優先順位をつけられるということを認識のうえで連絡を疎かにしないようにしましょう。

平均年収と転職に関するよくある質問

最後に、平均年収にまつわるよくある質問についてQ&A形式でご紹介します。

参考20代で年収500万円(残業代込み)は勝ち組?割合や職業を解説!

(Q)29歳の平均年収はいくら?

29歳の平均年収は398万円です。

男女別の平均年収は、男性423万円・女性362万円となっており、30代を目前に男女間の年収で約70万円もの差が見られます。

年収額の大小は学歴や勤務先エリア、業界・職種などといったあらゆる要素が関係しているうえに、ライフステージの変化によりキャリアや年収に変化を迎える人が多い世代です。

(Q)29歳で転職は遅いですか?

29歳での転職は決して遅くはありません。

30代を目前とし、若さとキャリアのどちらもアピールすることができるタイミングであり、未経験分野への転職成功への可能性もあります。

年齢を不安要素にして転職を諦める必要はなく、今後のキャリアや転職活動そのものについて不安がある人は転職エージェントを活用してみてください。

(Q)29歳で年収1,000万は可能でしょうか?

「不可能ではない」というお答えになります。

年齢を問わず、年収1,000万以上稼いでいる人は全国のわずか4%です。

中でも20代で1000万以上稼いでいる人はわずか0.1%。

さらに、30代でも1000万以上稼いでいる人は0.9%のみです。(※doda調べ

よって、29歳という早さで年収1,000万以上を得るハードルは極めて高いというのが現実です。

しかし、時代の変化と共に働き方が多様化している今では、稼ぐ方法や環境の選択肢が増えつつあります。

(Q)30歳の平均年収はいくらでしょうか?

dodaの最新調査によると、30歳の平均年収は407万円(男性:435万 女性:365万)です。

70万円の男女差が見られています。

女性のライフステージの変化に伴い、20代後半〜30代にかけて、男女間での年収が開いてることが見てとれます。

まとめ

こちらの記事では29歳の平均年収事情や、年収アップを実現するための方法、転職する場合のポイントについて言及しました。

29歳の平均年収は「398万」(男性:423万 女性:362万)とおおよそ400万円が平均値となっていますが、人それぞれ平均年収の数字に対する率直な感想は様々でしょう。

平均値と比較して今の年収が高いか低いかを比較して満足・不満足を感じるよりも、将来ありたい自分の姿をイメージしたうえで自己実現の方法として年収アップをはかるために具体的に行動に移すことが大切です。

働き方が多様化する現代では、働き方を選んだり、収入を得る引き出しを増やしたりと生きるうえでの選択肢が増えつつあるため学歴や職歴だけが高収入を得るための全てではありません。

30代の一歩手前である29歳とはいえど、まだまだ社会人人生は長いため、この機会に是非将来や仕事について見直すことができれば何よりです。

「20代の平均年収」に関する合わせて読みたい記事

27歳の平均年収や手取り年収はいくら?学歴の差や年収アップのポイントも解説!

27歳はビジネスパーソンとしての自覚が芽生え、会社の中堅社員として期待される年齢です。そんな27歳の平均年収に関する解説を交え、年収アップのためのポイントを紹介しています。

page top