著者:マネたま転職研究所 2022年10月3日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

仕事したくない/仕事が辛いHSPの現実的な適職の探し方|HSPのための転職ガイド

アップロード日2022/08/09

マネたま転職編集部

些細なことで心が大きく動いてしまう。

相手の顔色を伺いすぎて人と接するのが辛い。

そういった悩みを抱えている方は、HSPという気質を持っているかもしれません。

HSPかもしれない、と感じている方の中には、毎日仕事をするのが辛い・仕事したくないと思っている方も多くいらっしゃるかと思います。

ですが現在ではHSPが働きやすい仕事を見つけやすくなっています。

今回の記事では、そもそもHSPとは?という疑問から、仕事したくないと感じているHSPの人の仕事の探し方まで、HSPの人の仕事に関する問題を解決します。

HSPで仕事したくない・仕事が辛いと感じている方はぜひ参考にしてみてください。

HSPに向いてる仕事の探し方に関するおすすめ参考記事

HSPとは?

「HSP」はHighly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略で、「高度な感覚処理感受性」といわれる気質を持つ人を表す言葉です。

このHSPは現在5人に1人の確率で、生まれつき持っていると言われている気質です。

HSPの主な特徴としては

  • 深く考えて処理する
  • 神経が高ぶりやすい
  • 共感力・感情反応が強い
  • 些細なことに気がつく

といったものが挙げられます。

そのため、「外部からの刺激に反応しやすく、疲れやすい」「人間関係やコミュニケーションが苦手」といった特徴があります。

HSPの人は仕事が辛いと感じやすい傾向にある

外部からの刺激や他者とのコミュニケーションが苦手なHSPの人にとって、一般的な会社勤めは辛く感じてしまいがちです。

最もわかりやすい例として、通勤電車が挙げられます。

出勤に伴う満員電車での出勤は、HSPの人にとって多大なストレスとなります。

それ以外にも、職場での人付き合いや長時間のデスクワークによる疲労など、仕事はHSPの人にとってストレスを感じやすい傾向にあります。

そのため、HSPの人は「仕事したくない」と感じる事が多いのです。

HSPは決して仕事ができないわけではない

HSPでない人と比べて外部の刺激に影響されやすいHSPの人にとって、仕事が辛い、仕事したくないと感じるのはある意味当然のことと言えます。

ですが、決して「仕事に向いていない」わけではありません。

HSPの人はあくまで刺激に敏感という特徴があるだけで、決して社会に馴染めないということはありません。

もしHSPで仕事したくないと感じているなら、それは職場の環境がHSPの人と相性が悪いのかもしれません。

家と職場が遠いので満員電車に乗らなければいけない、仕事のノルマが厳しいなど、職場がHSPの人にとって厳しい環境だと、仕事したくないと感じてしまいがちです。

仕事したくないと感じているHSPの人は、思い切って転職してみるのもいいかもしれません。

HSPの人が仕事をしたくないとなってしまう主な原因とは

HSPの人が「仕事をしたくない」「仕事を辞めてしまいたい」とネガティブな気持ちになってしまう主な原因としては下記があげられます。

  • 人間関係が良好に保てない
  • 職場環境や企業風土が合わない
  • 仕事内容との相性が悪い
  • 人混みや通勤がつらい

上記にあげた原因はHSPの人に限らず誰もが退職理由となりうるものがほとんどです。

しかし、人一倍繊細でストレスを受けてしまい、疲れやすい傾向にあるHSPの人は、そうではない人と比べるとストレス耐性が低い言えます。

人間関係が良好に保てない

HSPの人は下記の特性により人一倍人間関係に疲れてしまったり、器用に振る舞えないことから職場における人間関係が良好に保ちにくく、「仕事をしたくない」となるまでに大きなストレスを抱えてしまいやすい傾向にあります。

  • 大勢人が集まる場所が苦手
  • 浅い人間関係を良く思わない
  • 相手の本音に敏感
  • 共感力が高く、気を使いすぎる など…

HSPに限らず退職や転職の原因の多くは人間関係によるものであり、中々状況の改善を見込みにくい原因であるがゆえに気づいたころには精神的な病みを抱えているということも珍しくありません。

会社の人間関係については実際のところ入社してみないとわからない難しさがありますが、HSPの人は上記のような特性があることを考慮のうえで、転職する際は自分の性質に合った職場環境選びをするように心がけてください

職場環境や企業風土が合わない

HSPの人と相性の良い職場環境のストライクゾーンはHSPではない人と比較するとどうしても狭い傾向にあります。

HSPの人はイレギュラーな対応や同調圧力を苦手としており、体育会系の組織や過酷な労働環境での仕事は人一倍ストレスを溜めやすいのです。

よってHSPの人が仕事をしたくなくなる原因が働き方や企業風土などの職場環境との相性が悪いことであるのは珍しくありません。

HSPの人にとっては働く人の個性に理解を示してくれる職場風土が最も理想と言っても過言ではありません。

仕事がしたくないとなりやすいHSPに向いてる職場・向いていない職場

もしHSPが原因で仕事したくない、仕事を辞めたいと考えているのであれば、転職をするのも方法の1つです。

ここからは仕事したくない、仕事が辛いと感じているHSPに向いている職場と向いていない職場の特徴をお伝えします。

転職をする前に、今の職場の何が仕事をしたくないとなる自分に影響を与えているのか考えてみましょう。

コメント マネたま転職博士のコメント

その上で、HSPの人に向いている職場のポイントを参考にどんな仕事が自分に向いているのか検討しましょう。

仕事したくないとなりやすいHSPの人に向いていない職場

  • 同調圧力が強い
  • 飲み会や社員旅行への強制参加
  • 上司からのパワハラ
  • 同僚や上司の仲が悪く気を使わなければいけない
  • 遅刻や休暇に厳しく、残業を強制される

基本的に、自由にのびのびと仕事ができない職場はHSPの人にとって非常に働きにくい傾向にあります。

のびのびと仕事ができない環境が苦手なうえに、必要以上に人の顔色をうかがったり、自己主張が苦手なHSPにとって上記に上げた職場は地獄と化していくでしょう。

誰しもが転職する際に優先条件を洗い出しますが、HSPの人は「職場環境」を最優先にあなたにとって居心地の良い仕事を見つけることが大切です。

転職は繰り返せば繰り返す程、仕事を辞めることにどんどん抵抗がなくなっていくことでしょう。

また転職回数が多いと、あなたが転職する上で不利に働く可能性が非常に高くなっていきます。

とにかく今の職場から逃れたい、仕事をしたくない一心で転職することがゴールかのような転職をしないように注意してください。

HSPで仕事したくないとなったときの注意ポイント

HSPで仕事したくないとなったときの注意ポイント

とにかく今の職場から逃れたい、仕事をしたくない一心で転職することがゴールかのような転職をしないように注意してください。

仕事したくないとなりやすいHSPの人に向いている職場

  • 包容力があり、人格的に優れたリーダーがいる
  • 会社の方針として一人ひとりの働き方・個性を重視する
  • 社内の人間関係が良好、または無理に仲良くなる必要が薄い

HSPの人に向いている職場は、ノルマや社内の規範に拘束されない・個人の生活を大切にしてくれるという特徴があります。

最近では、コロナ禍の影響もありリモートワークが中心の会社も増えています。

ですので、通勤電車や社内の人間関係などHSPの人にとって刺激となる要素がない職場は昔と比べて探しやすいでしょう。

また、HSPの人はそうでない人と比べて疲れが溜まりやすい傾向にあるので、気軽に休暇が取れる・自分のペースで仕事ができる職場がおすすめです。

HSPの理解のある会社や、人間的に頼れる上司や同僚がいる職場かどうかを転職前に見抜ききることは多くの場合難しいでしょう。

仮にこれから転職する人は、リモートワークなどの人との接触が少なかったり、フレックスタイム制を取り入れた働き方に柔軟性のある仕事を選ぶことをおすすめします。

HSPへの理解のある職場や職場環境の細かい情報を得るために「転職エージェント」を活用することも視野に入れてみてください。

仕事したくないHSPの人が今からでもできる対策

今の仕事をしたくないという境地に陥ってしまった人は転職することも方法の1つですが、何の策もなしに転職してもまた同じ状況になることを繰り返してしまう可能性が高いと言えます。

以降では転職しても、しなくても、HSPの人が「どうしようもなく仕事をしたくないという気持ちを和らげる、防止する策」を簡単にご紹介するので一度目を通してみてください。

参考【HSP】仕事をしたくないあなたへ【ゆるく生きていこう】

参考HSPでもう仕事したくない人の対処法20選

HSPには強みがたくさん!自分を責めない

HSPの人は自分の短所ばかりに目を向けてしまい激しく落ち込んでしまう傾向にあります。

人一倍コミュニケーションをとることが苦手、仕事が遅い、考えすぎてしまうなどという特性が仕事で裏目に出てしまうことはあるかもしれません。

コメント マネたま転職博士の一言

しかし、HSPかどうかに関わらず人には一人ひとり長所と短所があり、長所は短所の裏返しであったりするものです。

人一倍思慮深くて、洞察力に優れ、素直な傾向にあるHSPの強みを活かせる仕事や役回りはたくさんあります。

周りと比べて極度に落ち込んでしまったり、できなかった自分を過度に責めるのではなく、まずは自分の良いところを認識し強みを仕事に活かすことができれば気持ちの負担を和らげることができるでしょう。

HSPの人は向いている仕事を探すことも重要ですが、前提として自分の強みを認識し自己肯定感をあげるように心がけることが最も大切と言っても過言ではありません。

したくない仕事以外にやりがいを見つける

仕事をしたくない、辞めてしまいたいという思考に陥りやすいHSPの人は、責任感の強さや繊細さ故に少しの失敗や他人の言動を過度に気にしていまったりとストレスを溜め込みやすいと言われています。

よって今の仕事の他にやりがいを見つけることで、職場への依存度を下げ全神経を仕事に集中させることくストレスを軽減することに期待できます。

仕事以外にやりがいを見いだせることが趣味や興味のある習い事であれば、就業後や休日にストレス発散をし精神衛生状態を整えることができるでしょう。

職場以外の趣味の繋がりなどで他に居心地の良い相手とだけコミュニティーを築ける可能性も高まります。

コメント マネたま転職博士の一言

趣味や習い事の他におすすめなのが副業です。

趣味や習い事の他におすすめなのが副業です。

得意なことや興味のあること、向いていることを副業とすることで、やりがいを見いだせるだけでなく副収入を得られることで心の余裕を持つことができます。

持ち前の集中力を活かして副業を極めた先には、独立して自由な働き方を手に入れられるかもしれません。

弱音をはける相手を見つける努力をする

なにかとストレスを抱えやすいHSPの人こそ、自分の弱音をはける相手を1人でも職場内で見つけることが仕事をするうえで非常に大切です。

コミュニケーションが苦手であるため、気を許せる相手ができないという思い込みで相手との壁を自分で作ってしまうことはもったないことです。

苦手な人と交流を含める必要はなく、この人ならと頼りたい相手との接触機会を少しずつ増やしてみることを心がけてください。

HSPへの理解者を1人でも多く増やすこと、自分の弱音をはける相手を見つけることで、仕事も円滑に遂行しやすくなっていきます。

例え、仕事をしたくないという衝動にかられても一時的なものとして判断を急ぐこともなくなることでしょう。

これからあなたに向いているであろう仕事とのご縁があった場合にも、HSPであるあなたへの良き理解者を見つけるように心がけてみてください。

つらい時、疲れている時には会社を休む勇気を持つ

HSPの人は人一倍ストレスや疲れを受けやすい傾向にある一方で、責任感が強いためここぞという時に仕事を休む判断ができない人も少なくありません。

仕事をしていると心身共に疲弊してしまうようなことは誰しもに起こりうると言えますが、HSPの人は人一倍疲労を抱えやすいということを自分自身がしっかり認識しておく必要があります。

精神や肉体を害してからでは遅いのです。

自分の心と身体の健康を優先して休養をとることは甘えではなく、あなた自身の責任のとり方でもあります。

休養をとることで、結果業務の生産性を上げられる可能性を高められることにも繋がるでしょう。

HSPに向いてる仕事を探すことも大切ですが、向き・不向きに関わらず自分を気遣う・労ることを心がけてみてください。

苦手な人と無理に関わる必要はなし

仕事である以上周囲の人との関わりを拒否することはできませんが、苦手な人とは必要最低限のコミュニケーションをとることで十分と考えましょう。

同僚の中には、誰にでも別け隔てないコミュニケーション力で社交的に振る舞う人もいるかもしれませんが、無理して同じように振る舞う必要はありません。

社会人の基本ともなる挨拶はしっかり行い、相手からの問いかけに対して笑顔で反応するだけでも周囲からのあなたに対する印象は大きく変わります。

HSPの人は向いている仕事を探すことも大切ですが、自分自身を理解したうえで居心地の良い環境や仕事のスタイルを自分で築いていく心がけも大切です。

居心地の良い職場環境を求めることも一定大切ですが、自分のために居心地の良い環境をつくる姿勢も大切です。

今いる会社がすべてではないと気づくために行動する

HSPの人は今の仕事がつらくて、心の底から今仕事がしたくない精神状態であっても責任感から無理をしてしまいがち。

「自分はだしHSP転職できるはずがない」「転職したところでまた同じことの繰り返しであろう」などと諦めの境地で現状を変えることなく我慢している人も少なくないでしょう。

しかし今いる会社が生きていくためのすべてではありません。

同じようにHSPで苦しんだ経験がありながらも、自分が生きていきやすい働き方を見つけて成功体験を積んでいる人はたくさんいます。

あなたとこれまで辿ってきたルーツが違う人や、今は共通点が見当たらないほど異なる生き方の人に積極的に出会い話しをきくことで、仕事や人生そのものに対する味方が180度変えられることもあります。

また情報社会である今、他人の生きる知恵を模倣したり、同じ悩みを共有しやすい時代とも言えます。

新しいことをはじめることは勇気のいることですが、石橋を叩きながらでもいいので自分が生きていきやすい働きやすい選択肢を知ること、そして行動するに限るという考えのもと仕事を辞めることへの抵抗感をなくしていきましょう。

知らないことほど恐ろしいものはない。 そして、知っただけでも知らないのと同じ。
HSPの人こそ常識にとらわれていては自分を苦しめてしまうことでしょう。

参考HSPで仕事をしたくない方へ!繊細な方におすすめの仕事5選

仕事をしたくないHSPの人が相性の良い仕事を見つけるコツ

どんなに仕事がしたくないという気持ちが強くとも、生きていくためには仕事をしない選択を取ることは通常できるものではありません。

仕事をしたくないという感情を抱いてしまうほどに仕事がストレスとなってしまっているHSPの人が適職を見つけるためのコツは下記の通りです。

参考HSPが仕事に行きたくない原因19選と実践的な解決方法

自分の強みを明確に把握する

仕事をしたくないとなってしまうほどに辛い状況に追い込まれているHSPの人ほど、自分は仕事ができない人であると決めつけてしまいがちです。

自己肯定感が低い傾向にあるHSPの人は、そもそも自分の長所や得意とすることに目を向けず、短所にばかり意識が向いてしまいがちです。

個人差はありながらも、一般的にHSPの人には人一倍下記のような強みを持つ傾向にあるとされています。

  • 慎重で危機管理能力が高い
  • 調整性・共感力が高い
  • 物事を多角的にとらえられる
  • 思慮深い
  • 想像力が豊か など

HSPであることもあなたの個性の1つと捉えて長所を活かしやすい職場を見つける工夫をしてみてください。

苦手な仕事や職場環境を極力避ける

仕事をしたくない心境になっているHSPの人の多くは、職場環境や人間関係とのミスマッチが原因による過度なストレスを抱えていることでしょう。

物事に敏感であるがゆえに下記のような弱みを持つ傾向にあるとされるHSPの人が自分らしく快適に仕事をしていける環境を探し求めることは非常に重要です。

  • 人一倍疲れやすい
  • 繊細で傷つきやすい
  • 自己肯定感が低い
  • 憶測で物事をとらえやすい

転職は仕事に就くことがゴールではなく、仕事を前向きに継続していくことができるかどうかについてこだわり抜く必要があります。

「ノルマや競争力が激しくプレッシャーを感じやすい仕事」「同調圧力が強い風土」「残業や過酷な労働を強いられる環境」など、自分の特性が仕事上においてマイナスに働きやすい職場環境や仕事内容を排除し仕事を探すことが、仕事をしたくないという気持ちになってしまうHSPの人にとっては特に大切です。

休みやすい、就業時間帯に柔軟性のある仕事を選ぶ

人一倍疲れやすい傾向にあるHSPの人は急に休みたい状況になりやすいにも関わらず、周囲の目を気にしてしまい休むことができない人が少なくないことでしょう。

無理をしてどんどん疲労やストレスが蓄積してしまうという事態を招きやすいことから、臨機応変に休みがとりやすかったり、始業時間を調整できる働き方ができる仕事を探すことがおすすめです。

最近ではコアタイムを定めたフレックスタイム制を取り入れる企業も増えてきていることから、以前よりもHSPの人が働きやすい社会になっているという見方もできます。

自分に合った社風の会社を見つけることよりも、働き方が制度として確率されている職場を探す方がハードルが低くミスマッチが生じにくそうですね。

その他には、福利厚生の活用実態が良好な企業を探すことや、必ずしも会社員や正社員に拘らずに仕事を探すことも方法の1つです。

参考HSPの観点から見た仕事が見つからないとは?

副業に挑戦する

仕事のプレッシャーや仕事内容との不一致により、もう仕事をしたくないなどととつらい思いをしているHSPの人には、副業を始めてみて自分と相性の良い仕事を実体験をもとに探すことも方法の1つです。

得意なことを副業として始めることで副収入に繋がるだけでなく、今の辞めたい程につらい仕事に神経を全集中させることなく気分転換となることでしょう。

興味のある仕事を副業としてコツコツ続けていくことで、手に職となり転職先としての選択肢の幅を広げられたり、正社員にこだわった働き方を強いられずに済む可能性を高めることができます。

仕事を辞めたいとなっては転職を繰り返してしまう傾向にある人ほど、手に職をつけておくことで自分の身を守ることができることから副業はです。

例え今の仕事を辞めてしまっても生きていける手段を身につけておくことこそが、HSPの人が社会人生活を苦しまずに済む方法になるということですね。

参考​​繊細さん(HSP)が仕事をしんどくて辛いと感じた時の対処法3つ【心が楽になる生き方】

転職エージェントを活用し求人紹介を受ける

「仕事をしたくない」「仕事が辛い」と悩んでいるHSPの人のほとんどが、適職に出会えていないことでしょう。

自己肯定感が低く敏感であるがゆえにストレスを受けてしまいやすいHSPの人は、自分に合った求人を探し出すことが人一倍困難であることが想定されます。

転職エージェントでは転職者のキャリアやスキルはもちろん、向き・不向きといった個性を踏まえたうえで転職者個々に適切な求人を紹介してくれます。

仕事が辛くて、どうしても今の仕事をしたくないという窮地に追いやられているHSPの人でも、自分に合った求人とのご縁に恵まれる確率がアップするため転職エージェントの活用がおすすめです。

参考【逃げるが勝ち】HSPの人は仕事したくないなら逃げましょう。

今の職場では仕事をしたくないという気持ちが止まない場合には、「転職エージェント」を活用して転職しよう!

今の職場で仕事をしたくない気持ちをどうすることもできず、心身へのストレスが過多になっている場合には環境を変えるために転職することが最終手段と考えましょう。

HSPの人が転職するうえで何よりも優先すべき条件となるのが「自分に合った職場を探す」こと。

しかし数ある求人情報の中からキャリアを踏まえたうえで自分に合った職場を独自で探し当てることは厳しいのが現実です。

求人サイトに掲載されている求人情報だけではHSPの人が知りたい細やかな職場環境や企業風土の情報を得ることが難しいでしょう。

そこでHSPで仕事したくないと悩んでいる人におすすめするのが「転職エージェント」の活用です。

そこでHSPの人におすすめするのが「転職エージェント」の活用です。

転職エージェントでは、転職者の転職活動をあらゆる場面で手助けしてくれ、下記の通りキャリアカウンセリングにはじまり内定後までも個別サポートを受ける中で転職に役立つノウハウや情報を提供してくれるため使わないと損です。

サポート内容

・キャリア相談
・求人紹介
・推薦状の作成
・応募書類の添削
・面接練習
・面接日程の調整
・年収などの雇用条件の交渉
・企業との雇用契約

転職エージェントでは、求人サイトには掲載のない非公開求人やエージェントならではの独占求人を保有しているため、適性を判断したうえで質の高い求人を紹介してもらえる確率をアップできるでしょう。

また、転職エージェントでは保有求人企業への取材を密接にはかっているため、HSPの人が最も重要視する職場環境や企業風土などの知りたい情報を入手しやすい環境が整っているます。

人とのコミュニケーションに苦手意識があり、自分のことを過小評価してしまいがちなHSPの人にとって転職はハードルが高いように感じるかもしれませんが、書類の書き方や面接練習を転職のプロであるキャリアアドバイザーがしっかり行ってくれるので安心です。

コメント マネたま転職博士のコメント

一般的に転職エージェントサービスは無料であるため、費用について心配する必要はありません。

今の仕事をしたくないと限界を感じているHSPの人におすすめの転職エージェント

仕事したくないと感じてしまうHSPの人が転職をするときは、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

HSPの人にとって、職場の雰囲気や離職率などの情報がわからないまま転職するのは非常にリスクが高いです。

何も知らずに入社してしまうのは、休みが取りにくい・職場の雰囲気があまり良くないといった理由でまた仕事したくないと感じてしまう、といった事態に陥ってしまう可能性があります。

コメント マネたま転職博士のコメント

その点転職エージェントは業界の事情や、離職率や職場の雰囲気といった企業の内部事情などに詳しく求職者の要望に合わせて転職先を提案してくれるので、スムーズに転職活動を進めることができるでしょう。

ここからは、HSPの人が転職活動をする上でおすすめな転職エージェントをご紹介します。

参考仕事をしたくないHSPの方へ|無理せず生きる方法を3つ紹介します

就職Shop

出典:就職Shop

就職Shopは大手人材会社リクルートが運営する「未経験から正社員」に特化した転職エージェントです。

書類選考なしで面接を受けられる求人を多く持っており、未経験・フリーター向けの職種が豊富という点が就職Shopの特徴です。

そのため、HSPが理由で就職活動がうまくいかなかった人や未経験の職種でもいいから働きやすい職場を探したいという人におすすめです。

就職Shopの対象年齢は18~30歳となっているので、仕事したくないと感じている30歳以下のHSPの人はぜひ利用してみましょう。

DYM就職

出典:DYM就職

DYM就職は、第2新卒・フリーター・未経験の就職に特化した転職エージェントです。

2,000社以上の求人情報の中から、ユーザーに最適な求人を紹介してくれることで人気を集めている転職エージェントです。

DYM就職から応募すると、書類選考なしで面接に進むことが可能なので、転職の成功率を高めることができます。

またDYM就職は「ブラック企業」の徹底排除を宣言しており、HSPの人にとって働きにくいブラック企業を紹介されるリスクがないこともあり、確実に働きやすい職場を探したい方におすすめです。

JAIC

出典:JAIC

JAICは、フリーター・既卒の正社員就職に非常に強いことで人気を集めている転職エージェントです。

無料で就活講座を受けられる上に、約20社の選考を書類選考なしで受けることができるので未経験の職種への転職に非常におすすめです。

転職活動中のサポートはもちろん、転職が成功してからも1年間のサポートを受けられるのもJAICの大きな魅力です。

20代の就職内定率は80.3%と非常に高い成功率を誇る転職応援サービスですので、HSPが理由で早期退職してしまったけれど、もう一度仕事に就きたいと考えている方はぜひ登録してみましょう。

ウズキャリ(UZUZ)

出典:ウズキャリ(UZUZ)

ウズキャリ既卒は、若年層の転職・就職に特化した転職エージェントです。

2時間の個別カウンセリングから、求人票の紹介、面接練習に至るまでの選考のプロセスを全てサポートしてくれるので、フリーターでも安心して転職活動を進めることができます。

カウンセリングにおいて嬉しいのが、ウズキャリ既卒のカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒であるという点です。

同じ立場から、親身になって転職についての相談に乗ってくれるのでよりHSPの人に合った職場を探しやすいでしょう。

【仕事の探し方のヒント】HSPにおすすめの仕事ってどんな仕事?具体的な仕事を紹介!

こちらでは、HSPの人の特性を踏まえたおすすめの仕事をご紹介します。

HSPの人におすすめの仕事の探し方は、「苦手なことを極力排除し、強みを活かせる仕事に就くこと」です。

あなたが就職・転職先として希望する業界・職種によっては、選ぶべき転職エージェントが変わってくる可能性もあります。

ご参考までに、まずはHSPの人に向いているとされている仕事とその理由について注目してみてください。

【HSPの人に向いている仕事 | タイプ別】

  • ダイレクトに生き物(人・動物・植物)の役に立てる仕事

  • 正確さが求められる仕事や単純作業

  • 感性を活かせるクリエイティブな仕事

  • リモートワークで黙々と仕事がしやすいWeb関連の仕事

ダイレクトに生き物(人・動物・植物)の役に立てる仕事

HSPの人におすすめの仕事の探し方1つめとしては、物事に敏感で人一倍の洞察力を活かせる仕事を見つけること。

HSPの強みである共感力の高さや人や生き物に心から寄り添う力を活かせるだけでなく、ストレスを抱えてしまいやすいHSPの人にとって自分の心を癒しながら仕事に携われることにも期待できます。

ポイントHSPの人におすすめの仕事例 | ダイレクトに生き物(人・動物・植物)の役に立てる仕事

    【対 人】
    整体師 ・鍼灸師 ・マッサージ師・エステティシャン ・セラピスト ・臨床心理士・カウンセラー ・介護福祉 ・コーチング

    【対 動物・植物】
    獣医 ・動物看護師 ・飼育員 ・トリマー ・ペットショップ ・ペットシッター・花屋 ・植物園 ・動物園・フラワーコーディネーター ・農業 ・水産業 ・林業 ・造園業

正確さが求められる仕事や単純作業

HSPの人におすすめの仕事の探し方2つめとしては、物事の細部まで気を配ることができるHSPの繊細さや気づき力を活かせる仕事を見つけること。

下記にあげている仕事内容はHSPの繊細さを活かせるだけでなく、比較的他者との関わりに苦手意識をもつHSPの人にとって苦手を避けやすい仕事内容に絞っています。

ポイントHSPの人におすすめの仕事例 | 正確さが求められる仕事や単純作業

    事務職(データ入力や書類作成など) ・経理職 ・研究職 ・工場の検品やライン作業 ・整備士 ・図書館司書 ・新聞配達員 ・宅配員 ・運転手・学芸員・家事代行

感性を活かせるクリエイティブな仕事

HSPの人におすすめの仕事の探し方3つめとしては、ハマればとことん突き詰めていく没頭する力や豊かな感性を活かせるクリエイティブな仕事を見つけること。

クリエイティブな仕事は1人で黙々と仕事をし、働き方にも柔軟性を持たせることができるうえに、他社との関わりが少ないというメリットもあります。

ポイントHSPの人におすすめの仕事例 | 感性を活かせるクリエイティブな仕事

    ITエンジニア ・動画編集クリエイター ・フォトグラファー ・イラストレイター ・ゲームクリエイター ・ミュージシャン ・小説家 ・漫画家 ・画家 ・絵本作家

リモートワークで黙々と仕事がしやすいWeb関連の仕事

HSPの人におすすめの仕事の探し方4つめとしては、繊細で思慮深く、職人肌気質の傾向があるHSPの特性を活かしやすく、需要の高さから比較的転職しやすいWeb関連の仕事を見つけること。

下記のようにWeb関連の職種は、極めた先に独立しやすく独自の働き方を築いていきやすい業界・職種でもあり、自分のペースを乱されることが苦手な傾向にあるHSPの人にとっても適職となる可能性が高い職種です。

ポイントHSPの人におすすめの仕事例 | リモートワークで黙々と仕事がしやすいWeb関連の仕事

    エンジニア(システムエンジニア・プログラマー・インフラエンジニア・ソフトウェア開発など)・Webライター ・Webデザイナー ・Webマーケッター

仕事がしたくないとなりやすいHSPの人は働き方を見直すことも方法の1つ!

仕事をしたくないとなってしまいがちなHSPの人は、仕事内容にこだわるだけでなく、働き方を見直すことも方法の1つです。

ココに注目

注目ポイント

身体を第一に、給料の高さよりも働きやすさを重視する

例えば、現在正社員として企業に属している場合には、就業時間に制限をかけられる派遣社員やパート・アルバイトなどの雇用形態に変更してみるのもよいでしょう。

得意なことや興味の対象となることを仕事にするとなると、職歴や転職希望先によっては正社員での転職のハードルが高いケースもありますが、雇用形態を変えることでやりたい仕事を実現しやすくなる可能性も高まります。

しかし正社員ではなく非正規雇用となることで収入面の低下や将来への不安が募るというHSPの人も少なくないことでしょう。

健康状態によっては正社員として仕事をする方が良いという見方もできますが、仕事が手につかないほどつらい状況にある人はそうも言ってられません。

生活レベルを下げることにはなりますが、あなた自身の身体を優先して決断をすることも時には大切です。

コロナウィルスの流行もあって、最近では業界や職種によってはリモートワークがかなり定着しつつある企業も多くあります。

特に職場の人間関係や風土に悩まされることにより仕事がしたくない状態にまで追い込まれてしまうというHSPの人は、慣れればリモートワークができる環境が整った企業かどうかという視点で転職先を考えることもおすすめです。

HSPの人が仕事を考える際に持つべき視点

  • 正社員にこだわらない
  • リモートワークができる仕事を選ぶ

参考HSPに向いてる仕事は?現実的な適職・相性の良い仕事や探し方も解説【185人アンケート】

【重要】仕事をしたくなるほど頑張りすぎないコツとは?

HSPの人は自分の特性を理解し、向いていることを活かせる仕事に就くことも大切ですが、どんな仕事をするにしても共通して無理をしないという姿勢を忘れないようにしてください。

「仕事をしたくない」「仕事をするのが辛いし、辞めてしまいたい」などと思いながらも、責任感が強く、周囲の目を気にしてただただ耐えることでその日その日を凌いでストレスが蓄積している人も少なくないでしょう。

「仕事をしたくない状態になる前に、仕事をしたくなくなるほど頑張らない!」そんな割り切りも必要です。

仕事に向かう前に下記を思い出し、少しでもリラックスした状態で仕事をするようにしてみてください。

  • 周りと比べるよりも自分の個性に目を向ける
  • 「仕事を辞める=悪」ではない
  • 仕事は心と身体が資本!頑張りすぎない

参考【HSS型HSP】仕事を辞めたいけど我慢←無駄すぎでした【理由を解説】

周りと比べるよりも自分の個性に目を向ける

HSPの人は仕事ができないと思い込みがちですが、実際には個性を活かせる仕事や環境に出会えていないだけであって仕事ができないわけではありません。

会社という組織に属していると、周囲とのコミュニケーションを無くすことは基本的にできないことであり、一緒に仕事をする同僚がテキパキと仕事をこなしている姿をみて劣等感を感じてしまうこともあることでしょう。

他人の良いところを吸収するという姿勢でいれば問題ないのですが、他人と比べて自分を評価するという姿勢が当たり前でいては余計にストレスを溜めてしまって当然です。

自分が得意とすること、打ち込めることを経験しながら自分で自分を認めて自己肯定感を上げていきましょう。

比べるのは他人ではなく、過去の自分です。
仕事をしたくないと思っている今の現状から今後に向けた前向きな選択ができれば何よりです。

参考HSPの天職は必ず見つかります【当事者の経験談あり】

「仕事を辞める=悪」ではない

人一倍責任感が強い傾向にあることからHSPの人は「仕事を辞める=悪いこと」と考えてしまいがちです。

よって仕事によるストレスを過度に感じていても我慢して無理をし続けてしまいストレスがどんどん大きくなってしまう傾向にあります。

自己管理をすることこそ責任と捉え、相手の立場になること同様に自分を守ることも大切であることを忘れないようにしてください。

HSPに限らず、組織に属するひとりである場合には代わりはたくさんいるものです。

あなたひとりが退職したところで会社はびくともしません。

精神衛生状態を良好に保てる環境を選び直すことを前向きに検討しましょう。

仕事は心と身体が資本!頑張りすぎない

仕事は心と身体が資本でありながらも、高い責任感のもと人一倍頑張りすぎてキャパシティーを超えてしまう傾向が強いのがHSPの人の特徴でもあります。

自分の限界は赤の他人ではなく自分にしかわからないものです。

心と身体の管理をすることも仕事をする上での責任と捉えて、時には肩の荷を下ろして自分を労りましょう。

体調不良や極度にメンタルを害する仕事内容や仕事環境では、仕事を続けていくことは現実的ではなく、休養を取ったり転職をすることで状況の改善をはかる必要があります。

まとめ

外部からの刺激を受けやすいHSPの人にとって、仕事が辛い・仕事したくないと感じてしまうのは当然のことと言えます。ですが、それは決して社会不適合者というわけではありません。

HSPが理由で仕事したくないと感じた場合は、単純に現在の職場が自分に合っていないのかもしれません。その場合は、働きやすい職場に転職することで解決できる可能性があります。

HSPの人が仕事をする上で何より大事なのは「無理をしない」ことです。

職場が息苦しいのを我慢して気を遣ったり、職場の雰囲気に合わせたりしてストレスを溜めてしまうのは、体調を崩してしまうリスクがあります。

少しでも疲れた・仕事したくないと感じたときは無理せず休んだり、転職を考えることをおすすめします。

参考仕事をしたくないHSPの生き方|10の質問で適職を知ろう

page top