著者:マネたま転職研究所 2022年10月3日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

仕事を辞めたいけど言えない状況とは今日でおさらば!【速攻退職】

アップロード日2022/08/26

マネたま転職編集部

「仕事辞めたいけど、言えないよ」「辞めるなんて言うと人手不足だし怒られそうだから怖いし」

「もし、仕事も辞められないし、評価も上がらないなんてことになったら、、、」

仕事を辞めたいと思っていても、様々なことを気にするとなかなか辞める決断に至るまでに足踏みをしてしまいまうことってありますよね。

辞めたいと思っていても、上司や同僚の顔が浮かんできてしまったり、今後の生活が不安になったり…

勇気が出なくて辞めたいと言えない、なんてこともあるでしょう。

ただ、この記事を読んで、しっかりと準備をすれば、辞めたいという勇気が自然と湧き出てくるはずです。

今、動くことができないと、あなたの社会人生活は

現職で定年を迎える

でしょう。

この記事では、そんな方に勇気を与えるべく

  • 仕事辞めたい理由を整理して、今すぐ退職を実現させる方法

を解説していきます。

この記事を読み終えたら、ちょっと勇気を出してすぐに行動しましょう。

まあ、もっと言うのであれば、記事を読み始める前に行動を起こすことじゃな。

仕事辞めたいけど…言えない…

アメリカ人は、18歳から46歳の間に平均して11.3もの仕事を経験すると言われており、日本人よりも転職をすることに慣れています。

それ対して、日本人の20代は76%が「転職経験なし」と回答しています。

参考:NUMBER OF JOBS, LABOR MARKET EXPERIENCE, AND EARNINGS GROWTH AMONG AMERICANS
参考:年代別の転職回数と採用実態

実は、

「転職したくない人が多い」のではなく「転職したいから仕事辞めたいけど言えない・できない人が多い」

のが現状なんです。

日本人は転職に慣れていないので、仕事を辞めたいと思っていてもなかなか言えない人が数多くいるのです。

特に、前向きな理由で仕事を辞めたいと思っているのに、それが言えない環境とはあまりよろしくないのう。

仕事辞めたいが言えない言えない理由は
人が足りないおばさんのやっかみがひどい辞めようと言おうと思ってたら、違う人が辞めるらしくて 余計言いにくくなりました辞めたい理由は
8年目もう職場の環境に耐えられない
婚活もっと見合い会っていきたい
家の近くに転職したいですが、
もし婚活とか理由ならおばさんの間で、噂が広がるからいえれません
近場に転職、環境が嫌も言えないおばさんみんなに知られたら、またいろいろ言われるからです。
上司には正直に言って、おばさんたちには家庭の事情ってことにしといて下さい、、とかは通用しないでしょうか…
上司が許さないでしょうか…
あやふやに家庭の事情にしたら、またおばさん集団で理由聞きにこられるから どのみち嫌なんですがどうしたらいいかわかりません。
本当に集団で噂はなすおばさんばかりだからどうしたらよいのでしょうか。
ただでさえ人数少なくてみんな仕事分担して苦労してますし、違う人が辞めるから
今辞めるなんて言ったら空気読めないとかいわれそうで
どうしたらよいのでしょうか

引用:Yahoo!知恵袋

誰かに相談しようにも、親や周囲の人も転職経験が少ないので、なかなか身近に感じられず、悶々と一人で悩んでしまいます。

最近ではこういった状況を受けて「退職代行サービス」と呼ばれる「会社辞めるために必要な一切の手続きを代行してくれる業者」まで登場してきているのです。

仕事を辞めたいけど、なかなか言えない理由

では、具体的にはどのような状況や事情があって退職を切り出せないのでしょうか?

実際には色々な事情が複雑に絡まって言えないことが多いですが、今回は特に多い6つの理由を紹介します。

退職を切り出せない理由

  • 人手不足だから
  • 引き止められそうだから
  • 家族に反対されそうだから
  • 上司が怖いから
  • 現状を変えるのがなんとなく怖いから
  • 新卒で入社したばかりだから

人手不足だから

「自分がいなくなったら現場が回らなさそう、、、」そんな理由から、退職を言い出せない場合もあります。

パートさんや部下を抱えている方はそう簡単に辞めたいと言える状況でない方がほとんどです。

しかし、人手不足になっているのはあなたの責任ではなく経営者の責任。

最低限の引き継ぎを行うなどの責任さえ果たして、辞めたいという意思を伝えましょう。

うちの会社は人が少なくて、、、言いたいけど言えないの。

引き止められそうだから

今までお世話になった上司に引き止められたら、なかなか辞めづらいですよね。

「あと1年だけいてくれ」「今いる後輩の面倒だけ見てくれ」などと慰留を打診し、組織の都合を伝えてくるかもしれません。

気の小さい人や頼まれたら断れない性格の人は、引き止められた際に上手く切り抜けられるような準備をあらかじめする必要があります。

僕のことを気に入ってくれている先輩がいて、、、
辞めたいとは言えないんだよな〜

家族(親)に反対されそうから

パートナーや親など家族に退職を反対されそうという理由から、なかなか言い出せない人もいます。

しかし、相談もせずに強引に仕事を辞めてしまうのは禁物

最悪の場合、関係性が崩れて仕事も家庭も失う最悪の事態に陥ってしまう可能性もあるからです。

僕の就職に喜んだ家族を裏切ることになりそうで、、、
でも辞めたいんです。

上司が怖いから

普段から怒られている上司に対しては「仕事を辞めたい」とは言い出しづらいですよね。

「会社への恩義を忘れたのか」「お前はどこに行っても通用しない」などと高圧的な態度で引き止めをされるかもしれません。

「そんなことじゃどこに行っても通用しないぞ!」
なんて怒鳴られることを想像したら、辞めたいなんて言えない。

「仕事を辞めたい」時に合わせて読みたい

仕事を辞めたいほど人間関係に悩む必要はない|心を軽くする方法

仕事を辞めたい理由が職場の人間関係である人も多いと思います。人間関係に悩んで仕事を辞めたい時にどういう対応をするべきかを詳しく解説しています。

現状を変えるのがなんとなく怖いから

「とにかく今の仕事は嫌だ。逃げ出したい。」

と思っていても、現状を変えるのが怖くて退職を言い出せないというケースもあります。

辞めたい気持ちと現状を変えるのが怖いという気持ちが混在しているということは、まだ辞める覚悟ができていない状況と言えます。

転職活動を進めてみる中で「新しい環境に進みたい」という気持ちが強くなっていくこともありますので、まず行動を起こしてみるというのも1つの手です。

なんとなく心がモヤモヤしている時は、この場合が多いな。

新卒で入社したばかりだから

新卒で入社して、数ヶ月、、、

周りは先輩や上司など目上の方ばかり。

勇気を出して伝えても、

「まだ数ヶ月だろ。本気で頑張ってみろ!」

などと言われることを想像するとなかなか言いづらいですよね。

ですが、若い時こそ時間は貴重です。

「なんのために仕事をしているのか」

改めて考える時間をとってみましょう。

入社してまだ半年しか経っていないし、あの上司に辞めたいなんて言えないよ。

「仕事辞めたい!」けど言えない場合の対処法

「仕事を辞めたいけど言えない、、、」とがんじがらめの状態になっている時は、悶々と一人で悩んでいるのではなく、対処法を1つ1つ試してみましょう。

5つの対処法を紹介しますので、参考にしてみてください。
※下記の対処法は同時に行うと、より効果がある場合もあります

仕事を辞めたいと言えない場合の対処法

  • 仕事を辞めた場合のメリットとデメリットを書き出す
  • 客観的な意見をくれる人に相談する
  • 退職願を書いてしまう
  • 退職代行サービスを利用する
  • 転職活動を始める

【対処法1】仕事を辞めた場合のメリットとデメリットを書き出す

「もし自分が今の仕事を辞めたら」ということを想像してメリットとデメリットを書き出してみましょう。

辞めた後の状態が漠然としたままだと、今後がイメージできずに不安が残り続けます。

自分にはどんな変化が起きるか?会社には?家族には?と具体的に想像することで、「意外と大丈夫そうだな」と思えてくることもありますし、「意外とこんなデメリットがある」という気づきにも繋がります。

そうですね〜。辞めたいことは辞めたいけど、まだそこハッキリしていなかったかも。

【対処法2】客観的な意見をくれる人に相談する

仕事を辞めることについて相談してみるというのも解決策の1つです。

この際、直属の上司・同僚などよりは、社外の友人やキャリアカウンセラー、転職エージェントに相談した方がより客観的な意見が得られて良いでしょう。

また、上司が怖くて退職が言い出しづらいという場合は人事部や労働基準監督署など第三者に相談するという方法もあります。

人事部と転職エージェントに相談してみようかな!

【対処法3】退職願を書いてしまう

気の小さい性格の人や、頼まれたら断れない性格の人は、先に退職願を書いてしまうという方法もあります。

口頭で伝えるのが苦手だったり、その場で言いくるめられてしまいそうな場合は、自分の意思を先に言葉にしてしまいましょう。

行動で思考や決意を固めるのもアリかもしれんのう。

【対処法4】退職代行サービスを利用する

「仕事を辞めたいけど言えない」人にとっては救世主のようなサービスです。

退職代行サービスとは、退職に関する手続きや残りの有休消化の交渉など、退職に関する手続きや交渉について、あなたの代わりに行ってくれるサービスです。

あなた依頼をした場合、上司や先輩に一切顔を合わせることなく退職することができます。

退職代行サービスを利用する主なメリットは以下です。

  • 事前の無料相談が可能
  • 金額が安い(3~5万円程度)
  • 会社の人と顔を合わせずに退職できる
  • 有休消化についても交渉してくれる
  • 辞められなかったら全額返金保証つき
  • 即日退職が可能
  • 親にバレない
  • 退職成功率が95%以上
  • 会社から訴えられたり、損害賠償請求される心配がない

特に、現在の会社に仲が良い先輩や同僚がいない方にとっては、間違いなくおすすめのサービスです。


※記事の後半で詳しく解説します

利用するのであれば、知名度・実績共に断トツの『EXIT』がおすすめです。

こんなサービスがあるんだね。
仕事は辞めたいけどどうせ言えないだろうし、電話やLINEで相談できるなら…。

【対処法5】転職活動を始めてしまう

すでに次の転職先が決まっている場合には、上司も引き止めにくいです。

また、「辞めたいけど現状を変えるのが不安」という慎重な人は、転職先を決めて次の環境がはっきりした状態だと退職も切り出しやすくなるでしょう。

転職エージェントのサポートを受けつつ、活動を始めれば、あっという間に転職できる場合もあります。

現代において、転職という選択肢を持てないなら、今後さらに苦しい社会人生活を送ることになるでしょう。

転職活動をすることで、新しい選択肢も出てきそうです!

不安な方こそ、失敗しないために転職のプロである転職エージェントに相談することが、最も確実かつ早い方法です。

◻ 【おすすめ転職エージェント】◻

    ■『リクルートエージェント』・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com/
    ■『DYM就職』・第二新卒(20代)/フリーター/ニート向き
    【公式】https://www.dshu.jp/
    ■『JACリクルートメント』・年収600万円以上のハイクラス人材向き
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
    ■『マイナビエージェント』・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp

    ※もし、迷ってしまったら…?
    どのエージェントに相談するか迷った場合、最低でも下記の2社に相談すれば間違いありません。

    ①『リクルートエージェント』・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com/
    ②『マイナビエージェント』・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

仕事辞めたいけど言えない時に気をつけたいこと

「仕事を辞めたいけど言えない」状態であれば、上司に仕事を辞めること伝えればいいので、次の挑戦まではあと一歩の状態です。

仕事を辞めようと決意した時には、現職と次の仕事について、それぞれ準備を進めておく必要があります。

まず、今やっている仕事では引き継ぎの準備をしておきましょう。

後任に向いている人や引き継ぎマニュアルを用意しておくことができれば、退職交渉も有利に進めることができたり、円満に退社できる確率が高くなります。

そして、仕事を辞めた後のことについても準備が必要です。

勢いで仕事を辞めて、日に日に蓄えが無くなっていく中で仕事探しをするのは、想像以上の精神的負担となります。

「とりあえず」で不本意な仕事に就くことを避けるためにも、以下のいずれかの準備をしておきましょう。

  • 転職先を見つけてから辞める
  • 仕事を辞めても生活できる蓄えを作る

特に20代の方は、まだまだ蓄えも少ないでしょうし、事前に内定をゲットしてからの退職が良さそう!

仕事辞めたいと言えないワケ

ただ、いくら頭では「心のSOS」を感じ取っていても、なかなか退職/転職に踏み切れない方も多いかと思います。

仕事を辞めたいのに言えない理由は、主に2つです。

仕事を辞めたいのに言えない理由

  • 周囲の目が気になるから
  • 退職や転職を「よく知らない」から/li>

周囲の目が気になるから

仕事によるストレスを受けて体調不良になると、身体だけでなく心にも影響が出るケースが多いです。

うつ病寸前の状態になると、ネガティブな選択をする傾向が強くなります。

そのため、自分に自信が持てなくなり、本当に思っていること、やりたいことを諦めてしまうんです。

悩みやストレスを抱え込んでいる人ほど、自分のことを過少評価しがちです。

だからこそ、気づかぬうちに正常な判断ができなくなり、泥沼にハマってしまいます。

泥沼にハマってしまっている方、ハマりそうな方こそ、他人を頼りましょう。

退職や転職を「よく知らないから」

人間は、知らないことに関して恐怖や嫌悪、不安といったマイナスの感情を抱きます。

嫌い・ダメだ・怪しいと感じると、それ以上の行動を起こそうとしないのが通常の心理です。

転職や退職について、事前にどのような方法を取るべきかが分かれば、何もハードルが高いことではありません。

一人で悩まず他人の力を借りてでも、今の仕事を辞めることによるメリット・デメリットを一つずつ冷静に洗い出してみましょう。

そうすれば、実際に転職すべきかどうかがすぐにわかるはずです。

仕事を辞めたいのに退職/転職したいこと言えない方は、周りにサポートしてもらいましょう。

「頼る」ことも、仕事を進めていく上では重要なスキルです。

仕事を体調不良で休みすぎている、心身にストレスがかかり休みがちだという場合、

会社とは関係のない第三者に頼る

のが鉄則です。

人事や上司、同僚に頼った場合、無理やり引き止めにあってしまい、余計に会社から抜け出せなくなる可能性が高いため、避けるべきです。

仕事辞めたいけど言えない状況は退職代行サービスで解決!

「仕事辞めたい」気持ちが固まっているのに言い出せないのは非常に辛い状況でもあります。

ストレスがたまり続ける状態は心身に大きな影響を及ぼします。

いち早く仕事を辞めたい方は退職代行サービスを利用しましょう。

もちろん、自力で辞められる方はわざわざ退職代行サービスを利用する必要はありません。

しかし、朝出勤前に泣くほど追い込まれても仕事を辞めていないのは、様々な不安から自分で辞めたいと言えないからではないでしょうか?

退職代行サービスを利用するメリット

仕事を辞めたいけど言えない方が、退職代行サービスを利用することには以下のメリットがあります。


※以下、サービスによって若干内容が異なる場合もあります

  • 事前の無料相談が可能
  • 金額が安い(3~5万円程度)
  • 会社の人と顔を合わせずに退職できる
  • 有休消化についても交渉してくれる
  • 辞められなかったら全額返金保証つき
  • 即日退職が可能
  • 親にバレない
  • 退職成功率が95%以上
  • 会社から訴えられたり、損害賠償請求される心配がない

自分で退職する意思を会社に伝えることなく退職できるので、上司や同僚の顔色を伺う必要もなく、辞めたいと思ったら即日退職も可能です。

残った有給休暇を消化する交渉も行ってくれるので、有給休暇が残っている場合、金額以上の価値を取り戻せる可能性があります。

さらには、取り戻した有給休暇を利用して転職ができれば、給料がもらえない「空白の期間」が生まれません。

現在の転職市場は売り手市場の傾向が強いので、転職で年収UPできる可能性が高く、元を取るどころかプラスが生むことができるサービスです。

数万円で新たなチャレンジができるなら…!

会社の人に合わずに辞められるなら、それがいいわ。
辞めたいし行きたくないし。

ココに注意

(注)最近は格安の退職代行サービスを名乗る悪質な業者が急増しています。
その中でも、今回ご紹介するのは、会社としての知名度・実績共に自信を持っておすすめできるサービスです。

退職代行サービスなら知名度・実績ダントツのEXIT!

出典:EXIT

EXIT』は、メディアに何度も取り上げられている非常に知名度が高いサービスです。

NHKの『クローズアップ現代』で特集が組まれたり、名称が同じ、人気お笑い芸人のEXITともコラボしています。

また、2020年2月より代表の新野俊幸氏が某恋愛リアリティ番組に出演していることで、さらに知名度が上がっています。

EXITの特徴は、LINEで相談ができ、思った時に気軽に相談可能な点です。

LINEで「会社を辞めたい」「もう二度と上司と顔を合わせたくない」など、要望を伝えるだけで、会社への連絡は EXIT が代行してくれます。

相談は全て無料ですし、実際に依頼する場合は、退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOKです。

基本的に退職に関わる一切の行為を代行してくれます。

さらに、EXITは転職エージェント『ワークポート』と提携をしているため、EXIT経由でワークポートに登録し、転職が成功すると、退職代行費用が無料になります。

退職代行を利用するならEXIT!

『EXIT』
抜群の知名度!LINEで気軽に相談!
【公式】https://www.taishokudaikou.com/

先ほど体験談に登場したKさんもEXITを利用していましたね。

仕事辞めたいけど言えないなら、先に転職を決めるのもおすすめ

仕事を辞めたいけど言えない方は、転職先を決めてしまい、辞めざるを得ない状況を作ってしまうのもおすすめです。

以下に記載するポイントを守るだけで、必ず失敗しない転職活動を実現することができます。

失敗しない転職活動には、転職エージェントの利用が必須

転職活動では、必ず転職エージェントを利用してください。

転職エージェントへの相談は、客観的にあなたがどんな人かを判断できる良い機会となります。

具体的に、転職エージェントを利用することのメリットは以下の通りです。

  • 非公開求人の紹介がある
  • 企業や業界に合わせた面接対策ができる
  • 面倒な手続きを代行してもらえる
  • 企業と待遇面の交渉を行ってくれる
  • (場合によっては)退職サポートを行ってくれる

自分で転職サイトを利用するだけではたどり着けない情報を提供してもらえたり、志望する企業の傾向に合わせた対策を無料で行うことができます。

そのため、一人で転職活動をするよりも、圧倒的に自分に合う会社に出会える確率・転職成功率が高くなります。

転職エージェントに登録すると大量のメールが届くので、転職活動用にメールアドレスを作成しておきましょう。

また、稀に自身の成果を上げるために、強引に転職を迫ってくるキャリアアドバイザーがいますが、その場合はメールで連絡して担当を変更してもらうことが可能です。

初めての転職が不安な人はもちろん、キャリアについて悩んでいることがある人は、相談しない理由がありません。

初めての転職活動だからこそ、一人で悩むのは危険ですよね。

また、転職活動を始める前に、以下のポイントだけを事前にまとめた上で相談をすれば、スムーズなやり取りを行うことができます。

【相談前に最低限必要な自己分析】

  • 1

    自分の好きなこと・嫌いなこと

  • 2

    自分の得意なこと・苦手なこと

  • 3

    今後やってみたい仕事・やりたくない仕事

  • 4

    将来の理想の生活・キャリア(3年・5年・10年)

上記の項目を事前にまとめておくことで、キャリアアドバイザーがあなたの描くキャリアや生活を実現できる企業を紹介しやすくなります。

「ただ転職したいだけ」

の人よりも、

「〜〜が好きで、◯◯という仕事に挑戦してみたい」

という希望がある人の方が熱意が伝わり、キャリアアドバイザーにとっても優先的に対応してあげたくなる心理が働きます。

転職エージェントの効果を最大限引き出すポイント

転職エージェントの効果を最大限引き出すポイントは、以下の2点です。

  • 転職エージェントを3社以上利用する
  • 「総合型」「業界・年齢特化型」の両方の転職エージェントを利用する

上記のポイントさえ気にしていれば、OKです。

◇転職エージェントを3社以上利用する

転職エージェントは必ず、

3社以上を併用

してください。

実際に、人材大手リクルートによる調査でも、転職エージェントを複数利用している求職者の方が、転職活動の成功率が高いことが実証されています。

転職決定者の平均転職エージェント利用社数は4.2社です。

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

転職エージェントの3社以上登録することによるメリットは以下です。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

1社の転職エージェントから紹介してもらえる求人案件は3社前後です。

幅広く求人を検討するためにも、3社以上に登録することをおすすめします。

◇「総合型」「業界・年齢特化型」の両方の転職エージェントを利用する

また、転職エージェントには、幅広い求人案件を保有する「総合型」と、求人案件は少ないものの、特定の業界に特化してサポートをしてくれる「業界・年齢特化型」の2種類が存在しています。

3社以上を併用利用するうえで、

総合型:2社以上

業界・年齢特化型:1社以上

を利用してください。

総合型の転職エージェントだけを利用すると、あなたの希望する業界で「目立たない優良求人」に出会えない可能性があります。

また、希望している条件に合致した求人なのに、年齢やこれまでの経歴から応募できないケースもよくあるのです。

逆に、業界・年齢特化型の転職エージェントだけを利用すると、特定領域の求人ばかりを紹介され、自身の可能性を限定してしまうことに繋がってしまうのです。

そのため、総合型を2社以上、業界・年齢特化型を1社以上利用して、幅広く自身の可能性を模索しましょう。

以下では、絶対に登録すべき総合型転職エージェント、おすすめの業界・年齢特化型転職エージェントをご紹介します。

仕事辞めたいけど言えない人が利用すべき転職エージェント

「仕事を辞めたいけど言えない」

そんなあなたの背中を押す、おすすめの転職エージェントをご紹介します。

下記のエージェントは登録必須です!

そして、ここでのポイントは、「思い立ったらすぐに行動すべき」ということです。

心理学者のピアーズ・スティール教授の40年間に渡る調査によると、95%の人が「自分に甘く、仕事や作業で先延ばしをしてしまう」ことが明らかになっています。

多少の不安があっても、すぐに行動に移すことが人生を変える第一歩となります。

◆転職エージェントの利用が不安な方へ◆

    決して、背伸びをして自分をよく見せようとする必要はありません。
    パートナーとなる相手に、自分をよく見せようとすると、かえって転職活動の失敗を招きかねません。
    最初に登録した情報でいきなり求人を紹介されることはありませんし、職務経歴書は一緒に作成すればいいのです。

    土・日でも利用可能ですよ!
    まずは登録して、転職エージェントの指示を待ちましょう!

    ※登録の際、在職中の方は備考欄に「●時以降なら電話対応」 と記載しておけば、仕事中に連絡が来て現職にバレることはありません。

下記の転職エージェントは、

現職(前職)での雇用形態に関わらず、登録が可能です。

この転職エージェントだけは絶対に登録しておくんじゃ!

仕事辞めたいけど言えない状況に必要なのは「少しの勇気」

満足度の高いキャリアを歩むためには、自己選択をすることがが重要だと言われています。

上司や家族の意向ではなく、自分自身でキャリアを選択しないと、現職に留まったとしても、転職したとしても、「あの時○○に言われたから・・・。」と、後悔することになりかねません。

しっかりと自分自身の気持ちと向き合ったり、整理したりする時間を必ず設けましょう。

向き合った結果、やっぱり辞めたいと思ったので退職代行サービスを使います!

私は先に転職エージェントに相談して内定を獲ってから退職に動こうと思うわ。

また、自分の意思を伝えるのが得意な人もいますし、苦手な人もいて、それはあなた自身の個性です。

自分の意思をはっきりと伝えるのが苦手な場合は、先ほど紹介した方法を参考にして、最も自分自身の選択を伝えられる方法を模索してください。

「仕事を辞めたいけど言えない」

そんな歯がゆい状況とは今日でお別れしましょう。

状況は人によってそれぞれじゃ。
いつ辞めたいかによって行動の順番を変えると良いぞ!

退職代行を利用するならEXIT!

『EXIT』
抜群の知名度!LINEで気軽に相談!
【公式】https://www.taishokudaikou.com/

◻ 【おすすめ転職エージェント】◻

    ■『リクルートエージェント』・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com/
    ■『DYM就職』・第二新卒(20代)/フリーター/ニート向き
    【公式】https://www.dshu.jp/
    ■『JACリクルートメント』・年収600万円以上のハイクラス人材向き
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
    ■『マイナビエージェント』・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp

    ※もし、迷ってしまったら…?
    どのエージェントに相談するか迷った場合、最低でも下記の2社に相談すれば間違いありません。

    ①『リクルートエージェント』・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com/
    ②『マイナビエージェント』・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

参考・関連記事

「仕事 辞めたい 言えない」参考・関連記事

仕事を辞めたいけど言えないと悩んでいるなら、下記の記事も参考にするとよいぞ!

「退職なかなか言えない」参考・関連記事

退職なかなか言えないときも参考にすると良い記事を紹介しておくぞよ。
だいたいこの記事でも紹介した内容と類似した内容だと思うが、共通点がわかるぞぃ。

「仕事 辞めたい 言えない 人手不足」参考・関連記事

会社の人手不足だからという理由で、仕事を辞めたいけど言えないと悩んでいるなら、下記の記事も参考にするとよいぞ!

page top