著者:マネたま転職研究所 2022年10月3日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

「転職が怖い、動けない」は普通の感覚|原因と失敗しないための方法とは

アップロード日2022/09/29

マネたま転職編集部

    転職したいと思っているけど怖いので行動できていない…
  • 転職したいけど、怖いと感じているなら、そもそもしない方が良い…?

転職が怖いと感じるときがあると思います。

特に初めての転職だったり、2回目以降でも転職する期間が空いているときは怖いと少なからず恐怖心があると思います。

また、過去に転職で失敗したという経験がある場合も、転職が怖いと感じることがあるのではないでしょうか?

「転職したい!」と思ってもいても、実際に行動に移していくとなると不安や怖さから行動に移せない方は多いと思います。

そこで、この記事では、転職が怖いと感じてしまう原因や、転職が怖くて動けないときの解決策についてご紹介していきます。

参考転職が怖いから動けない!その理由と成功するためのポイントを解説!

転職が怖いと感じるのは普通の感覚|安心して下さい。

まず、最初にお伝えしておきたいのは、「転職が怖い」というのは「普通の感覚」です。

初めての転職なのであれば、何事も初めて挑戦することに対して不安感や恐怖を感じるのは当たり前だと思います。

また、たとえ2回目以降の転職になったとしても、全く違う環境に飛び込むことになるので、怖いという感情が生まれてきても不思議ではありません。

誰しも新たなチャレンジ、新たな環境へ飛び込むといった行動は怖いものです。

そのため、

「転職が怖いと感じている自分はおかしいのかな?」

など考えてしまっている人は、まずその考えを捨てて下さい。

そして行動できない自分を攻めるのもやめて下さい。

転職が怖いと感じる原因をしっかり明確にして、適切な対策を打てば、全く怖いと感じることはなくなるでしょう。

それでは早速、転職が怖いと感じてしまうメカニズム、原因について解説していきます。

転職が怖いと感じて動けない状態になってしまう原因とは?

転職が怖いと感じているときには、いくつか原因が考えられます。

  • 1

    転職先の人間関係がうまくいくか?が不安で怖い

  • 2

    そもそも転職先が見つかるのか?自信がなくて怖い

  • 3

    失敗して無職なるかもしれないと不安で怖い

  • 4

    自分のスキルが通用しないかもしれないと不安で怖い

  • 5

    給料が下がるかもしれないと不安で怖い

  • 6

    未経験分野への転職であるがゆえの不安

  • 7

    転職を繰り返しているがゆえの不安

  • 8

    年齢からくる転職への不安

  • 9

    今の仕事と転職活動を併行してこなせる自信がない

  • 10

    スムーズに退職できるかどうか不安

  • 11

    既婚者だから転職するのが怖い

というような主に10つの原因が考えられます。

これから、各原因の詳細について解説していきますので、自分がどれに当てはまっているのか?を感じながら読んでみて下さい。

(1)転職先の人間関係がうまくいくか?が不安で怖い

転職するとなると、今まで気づいてきた人間関係をゼロから作る必要があります。

また、中途での転職の場合は、新卒入社と違って、頼れる同期などの存在などもいないかもしれません。

そう考えると、人間関係が上手くいかなかったらどうしよう?と不安になるのは誰しもあることです。

しかし、新しい人間関係ができ、人脈の幅が広げていける!とポジティブに捉えることもできます。

コメント マネたま転職博士のコメント

そして、現在の転職検討の原因が、職場の人間関係の悩みならば、なおさら新しく人間関係を築けるのはむしろプラスです。

(2)そもそも転職先が見つかるのか?自信がなくて怖い

「転職しようと考えているけど、自分が転職できるのだろうか?」

と自信が持てずに、不安になるのもわかります。

しかし、もしあなたがまだ実際に転職活動をしていないのであれば、実際に行動してみることから始めて下さい。

なぜなら、転職活動をしてみないと転職先が見つかるか?などはわからないからです。

また、期待値を上げずに、良い転職先が見つかったらラッキー!程度で、まずは転職活動をスタートしてみて下さい。

あなたを求めている企業は多いかもしれません。その出会いのチャンスを逃すほうがもったいないです。

※参考:【転職が怖い】不安で動けない人でも勇気が出る6つの方法や成功ポイントを解説

(3)失敗して無職なるかもしれないと不安で怖い

「転職を失敗すると無職なった」という例は、たしかにあるかもしれません。

そして、「無職になる」というのは怖いです。

しかし、それは単純に順番を間違えなければ防げることです。

というのは、多くの転職成功者は、転職先が決まってから現在の会社を退職することが多いです。

つまり、転職先が既に決まっているので、「無職になる」ことはありません。

(4)自分のスキルが通用しないかもしれないと不安で怖い

もし自分の今のスキルが通用しなかったことを考えると不安で、怖いと感じることもあるでしょう。

ただし、自分のスキルがどのくらい市場で評価されるのか?なども転職活動をしてみないとわからないことです。

もしかしたら、あなたのスキルを求めている企業はたくさんいるかもしれません。

まずは転職活動をしてみて、自分のスキルを求めている企業がどのくらいいるのか?など肌で感じてみることをおすすめします。

また仮に自分のスキルが求められているレベルより低いと分かったら、その差分を埋めるように現職で努力をして、再チャレンジすると良いです。

(5)給料が下がるかもしれないと不安で怖い

転職によって「給料が下がるかもしれない」というのは誰しも感じる不安の一つです。

しかし、給料が下がるのであれば転職をしないという選択肢は、あなたが持っているはずです。

つまり、給料が下がっても転職したいと思えるのか?そうじゃないのか?を冷静に考えてみれば大丈夫です。

(6)未経験分野への転職であるがゆえの不安

未経験分野への転職となると、自分の意思とはいえ転職することが怖いと感じてしまいやすいことでしょう。

確かに未経験分野への転職は簡単ではなく、年齢が上がるにつれて転職のハードルは高まります。

しかし、未経験分野でも挑戦したいと思った理由があなたにはあるはずであり、理由を深堀りしていくことで転職した目的・目標を明確にできるはずです。

未経験ながらも転職先業界・職種への理解を深め、応募企業が求める人物像とあなたが転職したことにより

実現したいキャリアがマッチしているかどうかをしっかり見極めるリサーチ力(情報力)と自己分析力が問われます。

※参考:転職が怖い人の不安を解決!前向きにチャレンジするための4つのポイント

(7)転職を繰り返しているがゆえの不安

転職したいけれど怖くて動けない人の中には、すでに転職を繰り返していることによるトラウマや転職回数が多いことによる不安が原因である人もいることでしょう。

ただし、確かに転職回数が多いと採用側も採用するか否かの判断をより慎重に行うことは必然です。

なぜ転職したのかを1つ1つ返答できるようにこれまでを振り返らなければならないため、初めて転職をする人よりもハードルが高まってしまいます。

そもそも意図的ではなく転職回数が多い原因としては

  • やりたいことが明確ではなく転職することが目的となっていた
  • 妥協して入社してしまった
  • 転職先企業や業界のリサーチ不足

などがあげられます。

過去には戻れないため、今回限りで転職することは最後にするつもりで万全に下準備をしたうえで選考に挑むようにしてください。

(8)年齢からくる転職への不安

年齢を気にしすぎて転職したくても怖くて動けないという人は多いことでしょう。

実際に年齢が上がるにつれて、実力や実績が求められる点で転職先によっては転職するハードルは高まることは確かです。

あなたの年齢に応じた転職のコツを心得たうえで、今後の社会人生活をより豊かにするための選択ができれば何よりです。

以降でお伝えする「【年代別】転職が怖くて動けない際の対策」をひとつ参考にしてみてください。

(9)今の仕事と転職活動を併行してこなせる自信がない

現業と転職活動を併行して行うべきとわかっていながらも、今の仕事やメンタルの状況次第では転職活動を同時に進めていくことがハードで、どちらも疎かになってしまうことを不安視しているがゆえに転職活動をするのが怖いという方もいることでしょう。

確かに現業と転職活動の両立は簡単ではなく、一時的にプライベートの時間を削りメリハリをつけた時間の過ごし方を行わなければならない状況となるのは必然です。

独自で転職活動を進めていくとなるとマイペースに行える反面で非効率であり、視野が狭まってしまうことも考えられます。

忙しかったり、気持ちの余裕がない人は相談ができ、スケジューリングの代行までも行ってくれる転職エージェントの力を借りることも方法の1つです。

精神的なストレスにより身体に異常をきたしている人は、身体を優先し状況に応じて転職するタイミングを考えましょう。

(10)スムーズに退職できるかどうか不安

転職が怖くて動けない人の中には、転職できたとしても希望のタイミングで円満退職できるかどうか不安に思っている人も少なくないことでしょう。

業務の逼迫程度や上司の人柄次第ではスムーズな退職をイメージできない人がいるのも無理はありません。

しかし、会社はあなたの退職を先延ばしにする権利や拒否する権利はないため、退職を申し出たのに退職できないということは本来ありえないのです。

これは退職には退職者本人の固い意志が必要です。

いち社会人として正しい手順で円満退職をはかれるように、以降でご紹介する「退職のポイント」についても是非参考にしてみてください。

(11)既婚者だから転職するのが怖い

男性・女性を問わず、結婚を機にリスクを背負うことを億劫に感じてしまい、新しい挑戦をしづらくなってしまう人も多いことでしょう。

男性の多くは家庭を持つことへの責任、女性の多くはライフスタイルの変化が訪れることをリスクと捉えてしまうのではないでしょうか。

ひと昔前は年功序列の風土が当たり前の企業が多く、1つの会社で細く長く働き続けることが重視されていましたが、人生100年時代と呼ばれる今は刻一刻と変わってきています。

また、男女の共働きが当たり前になりつつある時代です。

ご家族と相談しながらも自分の価値観を大切にし、転職という手段で人生を豊かにしていくことは前向きに捉えましょう。

「転職が怖い、動けない、円満退職したい」と考えている時に合わせて読みたい

確実に退職できる理由7選|円満退職をするためのコツとは?

確実に退職できる理由7選と会社を確実に退職できる4つのポイント、最終的には円満退職より自分の意思をしっかり優先すべき理由について解説しています。

【年代別】転職が怖くて動けない際の対策

転職したい気持ちがありながらも、転職が怖くて動けない状態になっている具体的な不安要素は、傾向として年代ごとに異なっています。

できない理由ばかりをあげていては行動に移せなくて当然です。

行動に移せない不安要素に対する対策を確認していきましょう。

参考20代が初めての転職で失敗しがちなこと【注意】

転職が怖くて動けない「20代」によくある理由

転職したい気持ちがありながらも、転職が怖くて動けないという20代が抱く不安は主に下記があげられます。

20代が転職に対して怖いと思うこと

  • 初めての転職で不安
  • スキルがないのに転職できるか不安
  • 入社してわずか数年で転職してよいものか不安

キャリアが浅い20代で初めての転職を迎えることに不安を感じる気持ちはわかりますが、あなたが転職活動に挑むフィールドで同じようにチャレンジしている転職者の多くはあなたと同じように転職が初めての人が割合多くいるものです。

また、スキルや社歴がなくとも転職先として視野に入れるべき範囲が広いのが、20代ならではの転職するうえでの強みでもあります。

年齢が上がるにつれて転職において希望を叶えるハードルが高くなってしまうため、若さを武器として早め早めに行動し転職を果たすことがおすすめです。

転職活動を不安に感じる人こそ、転職エージェントを活用しプロからアドバイスをもらいながら着実に転職活動を進めていくとよいでしょう。

社歴やキャリアが浅くとも転職しやすいのが20代の強みだということを忘れてはならない。

20代女性の転職でよくある疑問についてはこちら をチェック!

参考転職に迷う20代が考えるべきこと【挑戦か留まるかの選択】

転職が怖くて動けない「30代」によくある理由

一般的に30代では、20代とは異なる理由で転職が怖くて動けないという事情が下記の通りあるようです。

30代が転職に対して怖いと思うよくある理由

  • 30代というだけで転職が厳しいと決めつけている
  • 転職したいが年収は下げたくないがゆえの迷い
  • 転職先とのミスマッチが不安

30代というだけで20代とは違い転職するハードルが高いというイメージがあり、漠然と転職することが怖いと感じてしまう人は少なくありません。

たしかに転職市場において、20代から30代へと近づくにつれてポテンシャルよりも実力重視の採用傾向へと移り変わっていくという傾向があることは確かであり、異業種への転職の可能性は狭まってしまうことは事実です。

また慣れ親しんだ今の会社から転職できたとしても、人間関係をゼロから構築することや現職よりも年収が下がってしまうことに不安を感じる人もいます。

そして何より、20代と違ってやり直しが簡単にきかないと考える30代での転職で転職先とのミスマッチを恐れてしまうことから、転職を身構えてしまうのです。

30代ともなると、キャリア・実績を積み上げてきている人は多いことでしょう。

自分の市場価値を適切に把握し、過小評価することなく転職先としての候補をあげる必要があります。

よって、転職するかどうかを悩む前に、ひとまず転職活動を始めてみて自身の市場価値を客観的に把握することからはじめてみてください。

転職エージェントを活用することで、キャリアアドバイザーによりキャリアや実績に基づく求人を紹介してもらうことができ、選考が進む中で必要に応じて企業との年収交渉をも代行してくれます。

年齢が上がるにつれて挑戦することが怖くて動けなくなってしまう気持ちはわかるが、まだまだ先の長い社会人生活を現状維持や諦めで終わらせることはもったいないとも感じますね。

参考30代の転職で感じる怖い気持ち【目標を持ち恐怖に打ち勝つ】

転職が怖くて動けない「40代」「50代」によくある理由

転職の二文字が頭をよぎるも、転職することが怖くて動けない40代・50代の人が抱く転職への不安は主に下記があげられます。

40代・50代が転職に対して怖いと思うよくある理由

  • 求人が少なく、希望の条件に沿った転職先が見つかるか不安
  • 今更年収が下がったらどうしようという不安
  • 転職したことにより、家庭や家計への影響を不安視

確かに40代・50代ともなると、求人母数はがっくりと減ってしまうというのは事実です。

しかし、そもそも40代・50代で転職する人の割合は20代・30代と比較すると少ないため、求人の数が少なくなることを過度に気にする必要はありません。

大切なことはこれまでのキャリアを最大限に活かして、残りの社会人生活をどのように送っていきたいのかということであり、実現するための1つの手段として転職をするという考えを持つことです。

一般的に社内で役職を与えられ、管理職として仕事をする人が多い年代でもある40代・50代ミドル層向けの転職エージェントもあるため、転職したことによる年収や今更職場を変えることへの不安がある人は転職エージェントを利用してみてください。

一般的に社内で役職を与えられ、管理職として仕事をする人が多い年代でもある40代・50代ミドル層向けの転職エージェントもあるため、転職したことによる年収や今更職場を変えることへの不安がある人は転職エージェントを利用してみてください。

人生100年時代と言われ、定年退職年齢が60歳ではなく65歳へと高年齢化する今、40代・50代で転職をすることが珍しくない時代に差しかかっています。

退職するまでに10年〜20年あると考えると、まだまだ先が長いですね。

転職するべきかどうかをしっかり見極め、ご家族ともよく話し合いのうえで、人生の後半戦を豊かにするため転職を果たすことができれば何よりです。

参考転職を迷う40代。辞めるか残るべきかは3つの視点で見極めよう

転職が怖いなら、まずは転職活動をしてみる一歩を|動けないと感じているときこそ動くのが大切!

転職が怖いと感じるのは、普通の感覚です。

しかし、転職が怖いと感じるのは「行動をしていない」ことが原因だったりします

そんなときは、まず転職活動をしてみることをおすすめします。

転職活動をしてみることで、良い転職先が見つかって転職成功したり、自分の市場価値が客観的に分かったりします。

また、仮に転職先がなかなか決まらなかったとしても、落ち込む必要はありません。

なぜなら、足りない分を埋める努力をすれば良いだけになるからです。

行動をしてみないと何が足りないのか?がわからず、ただただ時間だけが過ぎていくという状況になります。

そのほうが人生の時間を、ただ無駄にしてしまっていることになります。

そのため、実際に転職活動をしてみることがおすすめです。

転職が怖いと感じて行動に移せない(動けない)人の末路は?

  • マネたま転職博士見習い
    マネたま転職博士見習い

    これまで転職が怖いと感じる原因について解説してきましたが、その原因に共通するのは、「行動する前の不安」に対して恐怖を感じているこということです。

もし転職が怖いと感じて、しばらく行動に移せず全く動けない人の末路はどうなるのでしょうか?

答えはとてもシンプルです。

「転職することができない」

という結果になってしまいます。

なぜなら、転職活動をしない限り、転職することはできません。

あなたが転職意欲が高いことを発信するなど、行動をしない限り「ぜひうちの社員になってほしい」という声がかかる可能性も低いです。

つまり、転職が怖いので行動ができないという場合、その末路は「現状維持」になってしまいます。

そして、転職が怖くて現状維持を貫いた先には、

  • 怖くて転職しなかったことへの後悔

  • 充実した日々を送っている人に対する劣等感

  • 不満を抱えたまま社会人生活を送り続けることになる

  • 現状維持では真の安定は得られない

  • 常にリスクが隣り合わせな時代!今の会社に依存することこそがリスク

を感じて生きていくことになることでしょう。

怖くて転職しなかったことへの後 悔

転職するなら年齢が若いに越したことがありません。

ライフスタイルの変化がキャリアに影響を与えてしまいやすい女性だけではなく、男性についても言えることです。

「転職したいけれど怖くて中々動けない」という気持ちが邪魔してしまうケースは誰にでも起こりうることであり、一歩踏み出すかどうかで未来は大きく変わっていくことでしょう。

もっと早くに転職しておけばよかった」「あの時転職しておけばよかった」などとタラレバを語っていても時すでに遅しという状態にならないように、今だけの感情ではなく先を見据えて後悔しないための行動をとることが大切です。

充実した日々を送っている人に対する劣等感

転職したいけれど怖くて動けなかったという人の中には、後悔とまではいかずに結果的に転職しない選択をとった先の現状に満足しているという人もいるかもしれません。

しかし、生き生きとした社会人生活を送っている他人の姿を羨むような人生を送ることになる可能性が高くなってしまいます。

転職に限った話ではなく、新しいことに挑戦する選択をとれなかった人はこれといった成功体験を得られないままであることから、物事を決断する際にネガティブな感情で判断してしまう傾向にあるのです。

「これから先なにかにつけて挑戦が怖くて動けないような人生はつまらない!という想いがわずかでもある人は勇気を出して一歩踏み出してみてください。

不満を抱えたまま社会人生活を送り続けることになる

転職が怖いという理由で転職したい気持ちに蓋をして動けなかった人は、転職を考えるきっかけが仕事をするうえでの不満や惰性と化して今後も社会人生活を送り続けることとなってしまう可能性が高まります。

いっときの迷いや飽きが生じてしまったが故に転職が頭によぎったのではなく明確な転職動機がある場合には、例え転職が怖くても転職目的を叶えるために一歩踏み出しましょう。

今後の人生の大半の時間を仕事に費やすとするならば、不満を持ち続けて日々を過ごすことは非常にもったいないと言えます。

現状維持では真の安定は得られない

転職したいけれど怖くて動けない人の中には、手に職がないことから転職する自信がない反面、手に職をつけて仕事に成長意欲を持ちたいという思いを見て見ぬ振りし続けている人もいることでしょう。

実際、給与や福利厚生が整っ大手企業に勤めており、生活することだけを糧に仕事をしている人は少なくありません。

淡々と送る日々に嫌気がさしたり、一步会社の外に出た時にどこにも通用しないかもしれない自分にため息をつくような経験はありませんか?

外の世界はあなたが思っている以上に広く、自分の当たり前が覆されるものです。

現状維持が安定という考え方を否定するわけではありませんが、実は現状維持という選択は人生の選択肢を狭めてしまっている点で本当の意味での安定ではないことを今一度認識しておくとよいでしょう。

  • 今は大手企業であっても、必ずしも安定とは限らない時代です。です。

会社の外を出た際にもどこでも通用する人間力と仕事力を持っていることが本来は安定であることを忘れないようにしてください。

常にリスクが隣り合わせな時代!今の会社に依存することこそがリスク

今の時代は大手企業だからと言って、安心できる時代ではありません。

刻一刻と変わる時代背景のもと、会社の看板を頼りに仕事をしていると業績ががっくりと下がってしまったり、コロナウィルスの流行など予測できない出来事が生じた場合に自分の身が安全とは限りません。

少子高齢化社会に伴う海外人材の積極起用やAIの進出など、自分の代わりになるものやそれ以上のものがどんどん同じ土俵に進出していきても太刀打ちできますか。

キャリアに自信がなくて転職が怖くて動けないという人こそ、他社でも活躍できる人材となるべく転職でステップアップすることもキャリアアップに向けた前向きな方法だととらえるべきです。

コメント マネたま転職博士のコメント

「やらない後悔」より「やった後悔」のほうが次に繋がる可能性が高まるので、勇気を持って行動してみましょう。

参考転職の不安の解消法を経験者が解説【初めての転職、1回目はみんな怖い】

転職が怖いなら、まずは転職活動をしてみる一歩を|動けないと感じているときこそ動くのが大切!

転職が怖いと感じるのは、普通の感覚です。

しかし、転職が怖いと感じるのは「行動をしていない」ことが原因だったりします。

そんなときは、まず転職活動をしてみることをおすすめします。

転職活動をしてみることで、良い転職先が見つかって転職成功したり、自分の市場価値が客観的に分かったりします。

また、仮に転職先がなかなか決まらなかったとしても、落ち込む必要はありません。

なぜなら、足りない分を埋める努力をすれば良いだけになるからです。

行動をしてみないと何が足りないのか?がわからず、ただただ時間だけが過ぎていくという状況になります。

そのほうが人生の時間を、ただ無駄にしてしまっていることになります。

そのため、実際に転職活動をしてみることがおすすめです。

怖くても動けなくても転職すべき人はこんな人!

転職できるかどうか、転職して後悔しないかが怖くて、実際に中々動き出すことができないという状況の方は非常に多いことでしょう。

しかし下記に該当する人は、先の見えない転職が怖くても転職活動への一歩を踏み出すべきです。

しかし下記に該当する人は、先の見えない転職が怖くても転職活動への一歩を踏み出すべきです。

怖くても転職すべき人の特徴

  • やりたいことが明確である人
  • 今の職場で肉体的・精神的なストレスを抱えている人
  • 劣悪な労働環境で働いている人
  • 成長が見込めない企業で働いている人
  • 職場にロールモデルとなる人がいない
  • 転職することで現職よりも給与が上がる可能性が高い人

やりたいことが明確である人

やりたいことが明確である人は、転職するのが怖くて動けないなどと言ってられません。

未経験の分野への挑戦の場合は若ければ若い程チャンスが多いこともあり、計画性をもって1日でも早く行動するべきです。

転職という形でやりたいことができる環境を希望する人は、即戦力とはならなくとも企業にとって自分を採用するメリットとなる魅力をアピールすることが大切です。

今の職場で肉体的・精神的なストレスを抱えている

今の職場で肉体的・精神的に過度なストレスを抱えている人は、何かしらの手を打たなければなりません。

まずは身体を第一に優先し、今の職場にい続けても肉体的・精神的ストレスが解消される兆しがない場合には、今後について考える必要があります。

職場に相談できる上司がいるのであれば、相談してみることも1つですがそのような環境ではないという方が多いことでしょう。

コメント マネたま転職博士のコメント

転職を1つの改善策とし、次の転職先では同じストレスを抱えることがないように転職エージェントを活用したりと転職活動を工夫して進めていきましょう。

劣悪な労働環境で働いている人

長時間の残業や休日出勤が強いられているブラックな労働環境で仕事をしている人は、そう長くはもたないことでしょう。

心身に異常をきたす前に転職することも視野に入れて近い将来アクションを起こすことを視野に入れて動きだすべきです。

  • 転職が怖い、動けない」という場合でも、転職エージェントでは例え転職する決意が固まっていなくとも、相談に乗ってもらうことができます。

過酷な労働を強いられたあなたのキャリアを活かせる労働環境の良い求人を紹介してもらえる可能性も高いためまずは利用してみてはいかがでしょうか。

成長が見込めない企業で働いている人

今勤めている企業に将来性を感じられなかったり、自分の成長が見込めない環境である場合には、勇気を出して転職しキャリアアップ・年収アップを果たすことも視野に入れることをおすすめします。

転職する決意が固まっていなくとも、相談に乗ってもらう次の転職先では同じような事態に陥らないためにも、求人選びは慎重に行うことが大切です。

転職エージェントでは、あなたのキャリアや転職条件を考慮した最適な求人を紹介してくれます。

紹介求人企業の待遇面や職場環境についても細かく取材しているため、独自で転職活動を進めるよりも転職後に起きるミスマッチが起こりにくい点でもおすすめです。

職場にロールモデルになる人がいない

今の会社に、ロールモデルとなる人がおらず会社にい続けることで希望を見出しにくいと感じている人は、転職が怖くても早く行動に移すべきと言えます。

自分次第で転職せずとも理想を叶えることが不可能でなくとも、尊敬できる上司や先輩、仕事だけでなく一人一人のワークライフバランスなど現実的な部分で見習いたいと思う人材がいないということであればあなたも同じような道を辿る可能性は極めて高いでしょう。

理想を現実にするための道のりは簡単ではありませんが、転職をひとつの手段とし1つ1つクリアにしていくとよいでしょう。

転職することで現職よりも給与が上がる可能性が高い人

転職が怖い、面倒くさくて中々動けないという人は数多くいますが、行動に移したことがない人は転職することで現職よりも給与アップを目指せる可能性があるという観点があまり頭にないようです

もちろん転職することで現職よりも給与が下がってしまう可能性もありますが、転職への熱意ややり方次第では給与アップを狙うことは十分に可能です。

また転職したての給与に大差がなくとも現職で年次を重ねるよりも、給与の上げ幅や賞与が高いことが見込めるケースもあります。

今の給与に満足していない一方で転職することが怖くて動けないという人は、転職求人サイトだけでなく、転職エージェントをも活用し自分の転職市場価値をはかることから始めてみてください。

参考転職が怖い…動けない…と悩むあなたへ贈る3つの克服方法

転職することが怖くて動けない人が行動するために試すべきこと(7つ)

「転職するかどうかは置いておいてまずは行動あるのみ!」と頭でわかっていながらも、不安が勝り中々具体的な行動に移せないという方も多いことでしょう。

そんな時には、以降でご紹介する下記7つをまずは試してみてください。

転職が怖くて動けない人が行動するために試すべきポイント

  • 転職が怖いと感じるのは普通の感覚と認める
  • 転職しなかった場合の自分の未来を想像してみる
  • 考えたところで誰にもわからない心配事については考えない
  • 転職したいと考える本質的な理由を考えてみる
  • 周囲の転職経験者や転職エージェントに相談してみる
  • 現職と併行して転職活動をしてみる
  • 気になる企業については口コミサイトを活用し情報収集する
  • 業界のトレンドや市場の動向に注目する
  • 転職する前に副業を安定させる
  • 転職回数を気にするよりもまずは行動

参考「転職が怖い」と動けない方へ!不安やうつを乗り越える3つの方法と転職成功ノウハウ

転職が怖いと感じるのは普通の感覚と認める

まず前提として、「転職が怖いことは当たり前」であると認識しておきましょう。

多くの人は転職することに何らかの不安があるものですが、行動するかしないか、経験するかしないかだけの違いです。

転職経験者が転職を繰り返す傾向にあるのは、経験したからこそ転職に対する漠然としたハードルが下がっており、良くも悪くも原動力となっていることが転職を繰り返す原因のひとつとして考えられます。

よく考え下準備を入念に行ったうえでの転職であれば、自分の気持ちに背くことなくまずは経験してみるという前向きな姿勢を持つことが必要です。

転職しなかった場合の自分の未来を想像してみる

転職が怖いと不安が襲いどうにもこうにも動けないとなった時には、まずは冷静に自分がこのまま転職しなかった先の未来を想像してみてください。

先のことはわからないとは言えど転職した方がマシと言わんばかりに、想像しただけで行動に移さなかったことを後悔することが目に見えているのであればやるしかありません。

コメント マネたま転職博士のコメント

想像した気持ちを原動力として、「転職怖い。動けない。」という状況を打破し、1歩踏み出す勇気に変えてください。

想像した気持ちを原動力とし、1歩踏み出す勇気に変えてください。

考えたところで誰にもわからない心配事については考えない

転職が怖くて動けない人の多くは、転職活動した先のことがわからないことへの不安です。

しかし転職活動をした結果や転職先との相性は行動した人にしかわからないことであり、できることは起こりうるリスクを回避するために工夫することのみです。

先がわからないことを「あ〜でもない」「こ〜でもない」などと考えたところで労力の無駄ではないでしょうか。

転職を成功させるために必要とされることを1つ1つまずはやってみるという姿勢で臨んでみてください。

転職したいと考える本質的な理由を考えてみる

転職することに怖さを感じながらも、転職したいと思うのはなぜでしょうか。

転職したいと考える本質的な理由を自分自身に問いかけることで、自ずと解決策が見えてくるものです。

転職したい理由によっては転職以外にも他の方法で解決できるかもしれません。

転職活動はいきあたりばったりで上手くいくものではなく、転職理由がボジティブな内容であってもネガティブな内容であっても、今の自分の社会人生活をより豊かにするために試行錯誤し目標感をもって行うものです。

コメント マネたま転職博士のコメント

転職がよぎる本質的な理由を転職することで解決できる可能性がある場合は、まずは転職活動をやってみるしかありません。

周囲の転職経験者や転職エージェントに相談してみる

転職することが怖くて動けないという人に多くあるのが、1人で悩みを抱えこんでしまうこと。

これまでの自分の経験値だけで思考を巡らせていても、転職が怖いと不安に思う気持ちを前向きに立て直すことができなくて当然です。

身近に転職経験のある周囲の知人・友人がいるのであれば、転職を不安に思う気持ちを話してみたり、転職活動をどのように進めたのかを相談してみるのもおすすめです。

しかし、転職理由によっては身近な人にも相談したくないようなケースもあることでしょう。

第三者である転職のプロが転職活動を個別サポートしてくれる転職エージェントにまずは登録し、転職相談や情報収集をすることから始めることもおすすめです。

現職と併行して転職活動をしてみる

転職が怖いと思うことはごく自然なことです。

転職経験がない未知であるが故の不安があらゆる負の想像を膨らませている可能性があります。

そんなあなたこそ、まずは転職するかどうかは置いておいて転職活動を体験してみることから始めてみることをおすすめします。

現職と併行して転職活動を行うとなると、一定期間は時間的にも肉体的にもハードな状況とはなります。

だらだらと転職活動を続けていても非効率であるため期間を自分の中で一定設けて始めるとよいでしょう。

実際に転職活動を進める中で、本当に転職するかどうかの意思を固めていくことで、後悔のない選択へと繋がります。

たしかに転職することは怖いけれど、やらない後悔だけはしたくないものです。

参考​​初めての転職が不安で怖い人の対処法4選|職種や成功のポイントも解説

気になる企業については口コミサイトを活用し情報収集する

転職を繰り返しているトラウマや転職して後悔することが怖くて動けない人こそ、いざ転職活動をする中で気になる求人が見つかったら、求人企業についての口コミを確認できる「openwork」や「en Lighthouse」などの社員口コミサイトにて社内の雰囲気や人間関係、給与などの気になるリアルな社内事情をリサーチしておきましょう。

退職者の書き込みは会社に不満があった可能性もあり、すべてを鵜呑みにする必要はありませんが、給与や制度の活用実態など社員にしかわからない貴重な情報についてはひとつ参考にすることをおすすめします。

確かに一般的に掲載されている求人の内容だけでは社内で働くイメージが湧きづらいと感じるこいとが多々ありますね!

参考転職で一番怖いのは人間関係。不安を感じて応募できない人は読んで

業界のトレンドや市場の動向に注目する

転職への不安は先のことがわからないことへの不安や、知らない(知識・情報がない)がゆえの不安などさまざまです。

先のことがわからないことはどうしようもなくとも、知らないことからくる不安は知れば和らぐものです。

転職が怖くて動けない気持ちが大きい人こそ、転職先として関心のある業界のトレンドや市場の動向に注目し、情報を徹底的に得て自分自身に安心感を与えると共に転職活動に活かすしかありません。

最終的には自己分析をしたうえで入手した情報を元に、求人企業との相性をはかり見極めることが大切です。

業界や市場のトレンドや傾向について自分である程度情報を得ることができたうえで、業界の事情に詳しい転職エージェントを利用すると情報の精度が上がりますよ!

参考転職が怖くなる理由とは?その原因と解消方法

転職する前に副業を安定させる

「転職できるかどうかが怖い」「転職先でうまく行くかが怖い」という人は、転職する前に副業で安定的な副収入を得られる状態にしておくこともおすすめです。

「副業で副収入を得られる状態=収入を生む何かしらのスキルを身につける」ことになるため、スキルがないことへの劣等感や自信のなさを補うことができ、収入源を複数持つことで本業で少々のストレスがあっても心の余裕が生まれます。

ただし、副業で安定的に収入を得られるスキルを習得するためには行動力と時間のやりくり、根気が必要です。

生きるための引き出しを複数作ることで転職時のみだけでなく長い目で見ても人生における選択肢が増えると考え、実践に移していきましょう。

転職回数を気にするよりもまずは行動

転職回数が多ければ多いほど転職するハードルが高いとはお伝えしましたが、厳密には採用側は転職回数よりも転職理由を重視しています。

転職回数が多いほど転職理由に説得力をもたすことが難しいという点をクリアにすることができれば、転職l回数だけを気にして転職を恐れる必要はありません。

大切なことは転職回数を気にすることよりも、行動としてまずは下準備をしっかりし転職活動を着実に進めて行くことです。

転職が怖くて動けない人が注意すべきこと

転職が怖くて動けない人は、「不安を誰かに共有したい、相談したい」「転職できるかどうか、また後悔しないかどうか不安」という思いが一層強い状態であることでしょう。

そんな不安が不安のままの状態である人がやってしまいがちなことが下記の通りです。

転職が怖くて動けない人が注意すべきポイント

  • 第三者の意見を鵜呑みにする
  • 自分を過小評価してしまう
  • 内定獲得をゴールとしてしまう
  • 早く転職しなかったことを後悔する

参考転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】

第三者の意見を鵜呑みにする

転職が怖くて動けず悩んでおり、第三者に相談する場合に注意したいのが「第三者の意見を鵜呑みにしない」ということです。

まず話す相手としてはあなたと利害関係のない信頼のおける相手を選び、あくまでも自分の考えを整理し前に進むための手段として相談するようにしてください。

例え信頼できる相手でもいち意見として聞き入れ、自分の考え方に柔軟性やポジティブさを取り入れる程度で参考にすることをおすすめします。

自分を過小評価してしまう

転職が怖くて動けないという人は仕事において自分を過小評価してしまい、転職を決断できたとしても選択肢や可能性を自ら狭めてしまいがちです。

客観的に見たあなたの市場価値は自分が思っているよりも高いかもしれません。

近くにいる人や自分の経験値や価値観だけで仕事における自分の価値を過小評価してしまうことは非常にもったいないことです。

心当たりある人は転職エージェントサービスなどを活用し、第三者から客観的に分析してもらうことをおすすめします。

内定獲得をゴールとしてしまう

転職が怖くて動けない人に最も懸念されるポイントでもあるのが、「内定獲得が目標になってしまう」ということ。

キャリアやスキルがなく、転職する自信がなくて転職が怖いという人は特に要注意です。

本来あなたが転職する決断をとった背景には何かしら目的があるはずであり、目的を叶えたり状況をより良くするためのひとつの手段が転職であることを忘れてはいけません。

内定獲得をゴールとしてしまうと、予期せぬ転職を繰り返し結果的に自分を追い詰めることになるため、マインドセットを間違わないようにしてください。

早く転職しなかったことを後悔する

転職したいけれどスキルがなく転職できる自信がないことが理由で転職に踏み切れないまま時間だけが過ぎてしまっているという人は少なくないでしょう。

しかし先送りにすればするほど、転職するハードルは年齢と共に高くなってしまう点には要注意です。

スキルがないという劣等感はあなた自身の行動でなくしていけるところもあれば、今いる仕事環境では成長スピードが遅いため環境や仕事内容そのものを変えるべきとも考えられます。

早く転職しなかったことを後悔することが目に見えているのであれば、転職が怖くても一歩踏み出す行動力をもつべきです。

転職活動するなら|おすすめは転職エージェントの活用

前述の通り、転職が怖いと感じていたとしても、まず転職活動を経験してみることがおすすめです。

その理由は、

  • 自分の市場価値が把握できる
  • 今後のキャリア設計を明確にできる
  • 成長産業など業界のトレンドに詳しくなる
  • (転職を検討していなくても、)好条件の求人が見つかればそのまま転職できる

上記のようなメリットがあるためです。

自己分析の手段として、転職活動を行う方が非常に多くなってきています。

その際におすすめなのが、転職エージェントを活用することです。

転職エージェントに相談することによって、客観的に自分を見つめ直す機会を作ることができるのが最大のメリットです。

ポイント

スキルに自信がなくて転職が怖いという人も転職エージェントに一度相談してみましょう!

スキルがあるorないを判断するのは、あくまで転職市場です。つまり、転職活動をしてみないと市場価値があるのか?ないのか?は判断できません。

いきなり、求人に応募するのはハードルが高いかもしれませんが、転職エージェントに登録することで、自分の転職できる可能性を測ることができるでしょう!

転職が怖いと感じている場合こそ、転職エージェントに登録して相談してみることをおすすめします!

また、転職エージェントを活用する場合、2〜3社以上の転職エージェントを併用することがおすすめです。

なぜ2〜3社以上を併用することがおすすめなのか?

2〜3社以上を併用利用することの主なメリットは、主に下記の2点です。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

実際に以下に引用している調査でも、転職成功者の利用エージェント数が4.2社と高い傾向が出ています。

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

そのため、転職エージェントを2〜3社、併用して転職活動をしてみることがおすすめです。

転職が怖い原因「失敗したら…」は、転職エージェントを活用して解決!

何度もお伝えしますが、転職が怖いと感じる原因は「もし失敗したら」という不安感が原因です。

例えば、「人間関係」「労働環境」「待遇」などに関する不安があるならば、1つ質問をしてみましょう。

「その企業の入社定着率はどのくらいですか?」

という質問で解決できます。

なぜなら、入社定着率が高いならば、転職者や就職者が長く働くような環境であることがわかります。

逆に入社定着率が低いなら、環境として本当に自分に合うか?を慎重に見極める必要があるでしょう。

このように「転職が怖い、動けない」原因を解消していくためにも転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職が怖くて動けないと感じている人におすすめの転職エージェント

おすすめ転職エージェント3選

  • リクルートエージェント
    リクルートエージェントは、転職支援実績No1を誇り、求人数も10万件を超えるおすすめの転職エージェントです。

    業界最大手のリクルートグループならではの転職ノウハウと交渉力を武器に、「転職支援実績No.1(※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点)」を誇っています。

    業界最大級の非公開求人を保有しており、実績豊富なキャリアアドバイザーが転職者の不安を取り除きつつ、手厚くサポートしてくれます。 転職できるかどうかが怖くて中々一歩踏み出せない方にまずは登録だけでもおすすめしたい転職エージェントです。

  • マイナビエージェント
    マイナビエージェントは、業界最大級の求人数や実績を誇るおすすめの転職エージェントです。

    総合型転職エージェントでありながらも、とりわけ20代〜30代前半の若手転職者支援に力を入れており競合他社との差別化をはかっています。
    大手企業にこだわらず中小企業やベンチャー企業含めた質を重視した幅広い企業規模の求人を取り扱っていることも特徴の1つ。

    社会人経験やキャリアが浅いことから転職するのが怖いという20代・30代の人にはもってこいの転職エージェントです。
    サポート期間も無期限であるため、デッドラインを決めず満足行くまで慎重に転職活動を行いたい方にもおすすめします。

  • doda
    dodaは、リクルートエージェントに次ぐ業界最大級規模のおすすめの転職エージェントです。

    各業界に精通したキャリアアドバイザーからの手厚いサポートを受けられることはもちろん、こだわりのdoda独自のWeb上のコンテンツやセミナーやイベントが充実していることも転職者にとって大いに利用するメリットを感じられることでしょう。

    大手総合型転職エージェントの中でも、とりわけIT業界やエンジニア職の求人に強く専門性の高いサポートに期待できる点でもおすすめです。

    豊富な求人数を保有しており、dodaのサービス1つで転職求人サイトやスカウト制サービスの機能も果たすことから、転職するのが怖くて一歩踏み出せない人もまずは登録してみることをおすすめします。

参考転職が怖いと感じて動けない、でももっと怖いことは別にある

ポイント

「転職怖い、動けない」と感じている人は、総合型の転職エージェントがおすすめ!

転職が怖くて動けない場合、求人数が多い、そして実績が多い総合型の転職エージェントを利用するのがおすすめです。

総合型の転職エージェントの持つ情報量や転職ノウハウは非常にレベルが高いです。そのため、「転職怖い、動けない」となっている人には上記で紹介した総合型の転職エージェントがおすすめです。

まずは転職エージェントに登録して、自分の強みや可能性を探りましょう!

怖くても転職すべき理由

以降では例え怖くとも転職すべき理由を具体的にお伝えしていきます。

怖くても転職すべき理由

  • 若ければ若いほど転職しやすい
  • 希望のキャリアを実現しやすい
  • 新しい人間関係を築いていくことができる
  • 年収アップの可能性も
  • 手に職をつけることも可能

転職することが怖いという理由で転職を諦めてしまうのは非常にもったいないことです。

あなたが社会で活躍する可能性や現状を改善する余地を狭めてしまうことがないよう、1度目を通してみてください。

若ければ若いほど転職しやすい

転職は年齢が若ければ若いほど有利に働くため、転職することが怖くても早め早めに行動に移すべきと言えます。

理由としては、経験が浅く即戦力にならなくとも伸びしろや熱意を評価し今後の活躍に期待してもらいやすい傾向にあり、転職における可能性が広いためです。

一方で年齢が上がるにつれて、転職時点での実力やキャリアを評価する採用傾向に移り変わっていくため、転職条件も細かく厳しくなっていき、間口が狭まってしまいます。

転職することが怖いと感じるのは当然のことであり、大切なのは転職が頭によぎる原因を前向きに解決するための実行力です。

転職が怖くて迷っている人は、転職活動を進めていきながら実際に転職するかどうかについて自分の意思を固めていくことをおすすめします。

一歩踏み出すか踏み出さないかで、あなたの未来は大きく変わっていくことでしょう。

希望のキャリアを実現しやすい

転職することで現職に留まる以上に希望のキャリアを実現していきやすく、目的が明確である以上は転職が怖いと感じていても行動に移すべきと言えます。

希望のキャリアを実現するために今の会社で異動や職種転換を希望したり、スキルや資格の習得に努めることも1つですが、希望通りの人事があなたが望むタイミングで訪れるとも限らないのが現実です。

社会人経験の中で自分の向き・不向きを実体験をもとに認識することができているため、理想のキャリアや極めていきたい職種や職務内容をより明確に抱いている人も少なくないことでしょう。

新しい環境に身を置くことは勇気がいることであり、転職が怖いと感じるのは当然です。

まだまだ長い社会人生活を後悔することがないように自分の気持ちに正直に自己実現への一歩を踏み出してみてください。

新しい人間関係を築いていくことができる

転職し、新しい環境に身を置くことで人間関係をいちから築いていくことができます。

転職が怖い気持ちはありながらも、今の会社の人間関係で悩んでいる人は転職して自分が働きやすい職場で仕事をすることも方法の1つです。

もちろん転職先での人間関係は転職してみないとわからないことですが、経験を踏まえてどういった企業体質や職場環境が自分に合っているのかどうかを認識できていることでしょう。

転職先ではこれまでよりも人間関係が悪化するリスクを軽減できる可能性が高まります。

最近ではリモートワークやフレックスタイム制を取り入れたりと、働き方が日々変化しています。

あなたの精神衛生状態を良好に保つための手段として、怖くても転職という手段をとることは早いに越したことがありません。

勇気を出して自分のための一歩を踏み出してみてください。

参考転職|初めての転職、怖い・不安…人事の私も怖いです…

年収アップの可能性も

転職することで年収アップを実現できる可能性も十分にあります。

転職により年収アップをはかるためには、自分の転職市場価値を正しく把握しておくことが前提として必要であり、第三者である採用側にあなたの価値をプレゼンテーションできるまでに自己分析とキャリアの棚卸しを行わなければなりません

その点転職エージェントではプロの視点で分析してもらうことができ、必要に応じて転職者に代わって企業との年収交渉にも応じてくれることから心強い存在となることでしょう。

転職することで年収が下がることを恐れている人こそ、転職エージェントを味方につけて年収アップ実現に向けたノウハウを得るとよいでしょう。

参考転職が怖い人必見!不安で動けない状態を解消し成功する方法!

手に職をつけることも可能

経験値やスキルに自信がなく、転職することが怖くて動けないという人こそ転職という機会に手に職をつけるとよいでしょう。

手に職をつけることで今後仮に転職したり、働き方、働く場所を変えざるえない状況になったとしても、働く上での選択肢や武器が増えることで新たな一步を踏み出しやすくなります。

需要が高く、今後も伸びていきそうな業界や職種に注目して、関心を持つことができる自分の強みを活かせそうな仕事を選ぶことをおすすめします。

【怖くても転職する人・転職した人必見】退職のポイントまとめ

転職に対する漠然とした不安があるうえに、上司に退職を申し出ることや退職の引き止めに合うことが怖いと感じている方も少なくないでしょう。

以降ではあなたがスムーズに退職するためのポイントを順にお伝えしていきやいと思います。

スムーズな退職にあたっては退職を申し出るタイミングも重要であるため、これから転職活動を始める方も必見です。

  • 退職する意思を固く持つことが何より大切

  • 直接上司に申し出る

  • なるべく早く申し出る(内定後すぐ)

  • 退職理由は前向きな内容にする

  • 退職をする前提で引き継ぎと退職日の相談する

  • 転職先は伝えない方が無難

参考転職するのが怖い…将来後悔しないために今知っておくべき全知識

退職する意思を固く持つことが何より大切

いざ退職すると決めて上司に伝える際には伝える内容を下準備しておくことはもちろん大切ですが、それ以上に退職する意思が揺るぎない状態である必要があります。

伝える上司の人柄やあなたとの関係性によっては転職先が決まっていようが引き止めに合う可能性もなきしにもあらずです。

あなた自身が引き止めに合っても押し切る自信がないというならば、それはまだ決意が固まっていない可能性があります。

直接上司に申し出る

退職する意志が固まったら社内の誰よりも先に上司に申し出る必要があります。

退職申し出にあたっては、話しを聞いてもらうタイミングを逃さないことも大切です。

退職を申し出た際の上司の反応が怖くて中々動けないことが想定される人ほど早めに申し出るよう準備を進めてください。

退職を希望するタイミングから余裕をもったタイミングで申し出ができるよう、事前に上司のアポを取り、失礼のない対応で臨みましょう。

誰かからの噂で先に上司の耳に入るようなことがないよう、くれぐれも注意してください。

なるべく早く申し出る(内定後すぐ)

退職をする意志が固いならば、例え上司に退職を申し出るのが怖くともなるべく早く伝えておくことに越したことがありません。

雇用期間のない定めの働き方として雇用契約を結んでいることを前提とし、退職を申し出るタイミングは「従業員は、退職の2週間前までに通知すればよい」(民法第627条第1項)と民法にて定めがありますが、一社会人として少なからずお世話になった会社への配慮として退職までにゆとりをもって申し出ることはマナーとも言えます。

よって転職と同時に退職を目指す人は内定獲得に向けて余裕をもった転職活動を始めておくことがベストであり、転職理由として「転職先が決まっている」と会社側に伝えることでより退職する意志に説得力を持たせることができるでしょう。

退職を申し出るべきタイミングについては各社就業規則に定めがあることが一般的であり、引き止めや揉め事に合わないためにも就業規則の定めにのっとって申し出ることが適切です。

退職理由は前向きな内容にする

基本的に退職理由は前向きな内容に置き換えて伝えることがポイントになります。

転職が怖くて動けない人の中には、今の会社への不満や不安が原因により転職したいと考えている人も多くいることでしょう。

今の会社に本心を退職理由として伝えることがはばかれるとはいえ、本来であればネガティブな要素が原因による退職・転職理由をどのように伝えるべきかがわからず、不安を感じる原因となってはいませんか。

例えネガティブな要素が原因で退職を希望する場合でも、不安や不満を感じる根底には「こうありたい」「こうあるべき」といった理想が込められているものです。

よって、一見ネガティブな内容に思える原因もさらに深堀りしていけば大抵のことは前向きな内容へと置き換えることができます。

退職をする前提で引き継ぎと退職日の相談する

転職の意思を伝える流れのまま、引き継ぎや退職日などの今後について相談を持ちかけることが理想です。

ただ「退職したい」とだけ伝えては引き止めや、退職理由を深堀りされたりと中々前に話しが進まないことが考えられますが、自ら会社をおもって今後について話しをする姿勢を見せることで退職希望が本気であることが一層伝わりやすくなります。

転職先は伝えない方が無難

上司に退職を申し出る際には、例え転職先がすでに決まっていたとしても企業名までを伝える必要はなく、伝えない方が無難です。

理由としては、転職できるかどうか怖いと感じながらも勇気を出して行動し内定を獲得したにも関わらず、上司によっては今の会社との比較や転職先企業の批判など何かとネガティブな口出しをされる可能性があるためです。

転職先が同業他社や競合であるならばより慎重に、「具体的な企業名は出さずに抽象的な表現で留めておく」ことで空気を読んでもらう、もしくは「会社名を出すことは控えさせていただきたい」と丁重に断ることをおすすめします。

合わせて読みたい「退職理由」関連記事

確実に退職できる理由7選|円満退職をするためのコツとは?

転職したいけど、まずは退職理由を明確にしたいという方向けに、確実に退職理由を具体的に紹介しています。

まとめ

転職が怖い原因は、行動する前の「もし〇〇だったら、どうしよう」という不安感の強さです。

たしかに見えない未来は誰しも怖いです。

しかし、そんなときだからこそ行動に移してみて下さい。

実際に行動をすることで、たとえその結果が良くても悪くても、次に繋がり、人生がより良くなる可能性も高いです。

「転職が怖い、動けない」と感じている人が取るべき行動転職が怖い、動けない」と感じている人が取るべき行動

  • 転職が怖いと感じている原因を考えて明確にする

  • 転職が怖いなら、転職しなかった場合の自分の未来を想像してみる(思ったより転職したほうが明るい未来かもしれないです。)

  • 周囲の転職経験者や転職エージェントに相談してみる|まずは転職エージェントに登録してみることがおすすめ!

参考【転職するのが怖くて動けない人へ】本当に怖いのは何もしないこと

「転職怖い、動けない」という状況に読みたい関連・参考記事

「転職 怖い 20代」の関連・参考記事

20代の場合、初めての転職になる人も多く、怖いと感じることはあると思います。

「転職 決断 怖い」の関連・参考記事

転職を決断するのが怖い人におすすめの記事です。

「初めての転職 怖い」の関連・参考記事

初めての転職では、誰もが怖いと感じるものです。

「転職 怖い 人間関係」の関連・参考記事

転職先で人間関係がうまくいくか?が怖い人も多いと思います。

page top