著者:マネたま転職研究所 2022年1月17日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

「転職が怖い、動けない」は普通の感覚|原因と失敗しないための方法とは

アップロード日2022/01/15

マネたま転職編集部

・転職したいと思っているけど怖いので行動できていない…
・転職したいけど、怖いと感じているなら、そもそもしない方が良い…?

転職が怖いと感じるときがあると思います。

特に初めての転職だったり、2回目以降でも転職する期間が空いているときは怖いと少なからず恐怖心があると思います。

また、過去に転職で失敗したという経験がある場合も、転職が怖いと感じることがあるのではないでしょうか?

「転職したい!」と思ってもいても、実際に行動に移していくとなると不安や怖さから行動に移せない方は多いと思います。

そこで、この記事では、転職が怖いと感じてしまう原因や、その解決策についてご紹介していきます。

転職が怖いと感じるのは普通の感覚|安心して下さい。

まず、最初にお伝えしておきたいのは、「転職が怖い」というのは「普通の感覚」です。

初めての転職なのであれば、何事も初めて挑戦することに対して不安感や恐怖を感じるのは当たり前だと思います。

また、たとえ2回目以降の転職になったとしても、全く違う環境に飛び込むことになるので、怖いという感情が生まれてきても不思議ではありません。

誰しも新たなチャレンジ、新たな環境へ飛び込むといった行動は怖いものです。

そのため、

「転職が怖いと感じている自分はおかしいのかな?」

など考えてしまっている人は、まずその考えを捨てて下さい。

そして行動できない自分を攻めるのもやめて下さい。

転職が怖いと感じる原因をしっかり明確にして、適切な対策を打てば、全く怖いと感じることはなくなるでしょう。

それでは早速、転職が怖いと感じてしまうメカニズム、原因について解説していきます。

転職が怖いと感じてしまう原因とは?

転職が怖いと感じているときには、いくつか原因が考えられます。

①転職先の人間関係がうまくいくか?が不安で怖い
②そもそも転職先が見つかるのか?自信がなくて怖い
③失敗して無職なるかもしれないと不安で怖い
④自分のスキルが通用しないかもしれないと不安で怖い
⑤給料が下がるかもしれないと不安で怖い

というような主に5つの原因が考えられます。

これから、各原因の詳細について解説していきますので、自分がどれに当てはまっているのか?を感じながら読んでみて下さい。

①転職先の人間関係がうまくいくか?が不安で怖い

転職するとなると、今まで気づいてきた人間関係をゼロから作る必要があります。

また、中途での転職の場合は、新卒入社と違って、頼れる同期などの存在などもいないかもしれません。

そう考えると、人間関係が上手くいかなかったらどうしよう?と不安になるのは誰しもあることです。

しかし、新しい人間関係ができ、人脈の幅が広げていける!とポジティブに捉えることもできます。

そして、現在の転職検討の原因が、職場の人間関係の悩みならば、なおさら新しく人間関係を築けるのはむしろプラスです。

②そもそも転職先が見つかるのか?自信がなくて怖い

「転職しようと考えているけど、自分が転職できるのだろうか?」

と自信が持てずに、不安になるのもわかります。

しかし、もしあなたがまだ実際に転職活動をしていないのであれば、実際に行動してみることから始めて下さい。

なぜなら、転職活動をしてみないと転職先が見つかるか?などはわからないからです。

また、期待値を上げずに、良い転職先が見つかったらラッキー!程度で、まずは転職活動をスタートしてみて下さい。

あなたを求めている企業は多いかもしれません。その出会いのチャンスを逃すほうがもったいないです。

③失敗して無職なるかもしれないと不安で怖い

「転職を失敗すると無職なった」という例は、たしかにあるかもしれません。

そして、「無職になる」というのは怖いです。

しかし、それは単純に順番を間違えなければ防げることです。

というのは、多くの転職成功者は、転職先が決まってから現在の会社を退職することが多いです。

つまり、転職先が既に決まっているので、「無職になる」ことはありません。

④自分のスキルが通用しないかもしれないと不安で怖い

もし自分の今のスキルが通用しなかったことを考えると不安で、怖いと感じることもあるでしょう。

ただし、自分のスキルがどのくらい市場で評価されるのか?なども転職活動をしてみないとわからないことです。

もしかしたら、あなたのスキルを求めている企業はたくさんいるかもしれません。

まずは転職活動をしてみて、自分のスキルを求めている企業がどのくらいいるのか?など肌で感じてみることをおすすめします。

また、仮に自分のスキルが求められているレベルより低いと分かったら、その差分を埋めるように現職で努力をして、再チャレンジすると良いです。

⑤給料が下がるかもしれないと不安で怖い

転職によって「給料が下がるかもしれない」というのは誰しも感じる不安の一つです。

しかし、給料が下がるのであれば転職をしないという選択肢は、あなたが持っているはずです。

つまり、給料が下がっても転職したいと思えるのか?そうじゃないのか?を冷静に考えてみれば大丈夫です。

転職が怖いと感じて行動に移せない人の末路は?

これまで転職が怖いと感じる原因について解説してきましたが、その原因に共通するのは、「行動する前の不安」に対して恐怖を感じているこということです。

もし転職が怖いと感じて、しばらく行動に移せない人の末路はどうなるのでしょうか?

答えはとてもシンプルです。

「転職することができない」

という結果になってしまいます。

なぜなら、転職活動をしない限り、転職することはできません。

あなたが転職意欲が高いことを発信するなど、行動をしない限り「ぜひうちの社員になってほしい」という声がかかる可能性も低いです。

つまり、転職が怖いので行動ができないという場合、その末路は「現状維持」になってしまいます。

ここで重要なのは、あなたが本当に転職をしたいと考えているのであれば、行動に移すことが大切です。

「やらない後悔」より「やった後悔」のほうが次に繋がる可能性が高まるので、勇気を持って行動してみましょう。

転職が怖いなら、まずは転職活動をしてみる一歩を

転職が怖いと感じるのは、普通の感覚です。

しかし、転職が怖いと感じるのは「行動をしていない」ことが原因だったりします。

そんなときは、まず転職活動をしてみることをおすすめします。

転職活動をしてみることで、良い転職先が見つかって転職成功したり、自分の市場価値が客観的に分かったりします。

また、仮に転職先がなかなか決まらなかったとしても、落ち込む必要はありません。

なぜなら、足りない分を埋める努力をすれば良いだけになるからです。

行動をしてみないと何が足りないのか?がわからず、ただただ時間だけが過ぎていくという状況になります。

そのほうが人生の時間を、ただ無駄にしてしまっていることになります。

そのため、実際に転職活動をしてみることがおすすめです。

転職活動するなら|おすすめは転職エージェントの活用

前述の通り、転職が怖いと感じていたとしても、まず転職活動を経験してみることをおすすめします。

その理由は、

・自分の市場価値が把握できる
・今後のキャリアが明確になる
・業界のトレンドに詳しくなる
・(転職を検討していなくても、)好条件の求人が見つかればそのまま転職できる

上記のようなメリットがあるためです。

自己分析の手段として、転職活動を行う方が非常に多くなってきています。

その際におすすめなのが、転職エージェントを活用することです。

転職エージェントに相談することによって、客観的に自分を見つめ直す機会を作ることができるのが最大のメリットです。

また、転職エージェントを活用する場合、2〜3社以上の転職エージェントを併用することがおすすめです。

なぜ2〜3社以上を併用することがおすすめなのか?

2〜3社以上を併用利用することの主なメリットは、主に下記の2点です。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

実際に以下に引用している調査でも、転職成功者の利用エージェント数が4.2社と高い傾向が出ています。

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

そのため、転職エージェントを2〜3社、併用して転職活動をしてみることがおすすめです。

転職が怖い原因「失敗したら…」は、転職エージェントを活用して解決!

何度もお伝えしますが、転職が怖いと感じる原因は「もし失敗したら」という不安感が原因です。

例えば、「人間関係」「労働環境」「待遇」などに関する不安があるならば、1つ質問をしてみましょう。

「その企業の入社定着率はどのくらいですか?」

という質問で解決できます。

なぜなら、入社定着率が高いならば、転職者や就職者が長く働くような環境であることがわかります。

逆に入社定着率が低いなら、環境として本当に自分に合うか?を慎重に見極める必要があるでしょう。

このように、転職が怖い原因を解消していくためにも転職エージェントを活用するのがおすすめです。

まとめ

転職が怖い原因は、行動する前の「もし〇〇だったら、どうしよう」という不安感の強さです。

たしかに見えない未来は誰しも怖いです。

しかし、そんなときだからこそ行動に移してみて下さい。

実際に行動をすることで、たとえその結果が良くても悪くても、次に繋がり、人生がより良くなる可能性も高いです。

page top