著者:マネたま転職研究所 2022年10月3日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

20代で仕事辞めたい、疲れたは甘え?30代なら危険?判断基準と解決法を解説。

アップロード日2022/10/03

マネたま転職編集部

理由はどうあれ「仕事を辞めたい」と思ったことは誰しも一度はあるのではないでしょうか。

特に20代は「仕事を辞めたい」と思う機会が多く、今すぐにでも仕事を辞めて転職したいと考えている方は多いかと思います。

しかし、「仕事を辞めたい」と思っていても「20代や30代で仕事を辞めたいだなんて甘えじゃないのか」と考えてしまい、なかなか一歩が踏み出せないと悩んでいる方がほとんどです。

  • マネたま|おすすめ転職エージェント編集部

    今回は、「仕事を辞めたい」と考えているけれど自分が甘えているだけじゃないのかと悩んでいる20代の方のためのさまざまな情報をご紹介していきます。

20代・30代で「仕事を辞めたい、疲れた」と感じるのは当然のこと?

まず大前提として、「仕事を辞めたい」と思うことは甘えではありません。特に20代においては、仕事内容や待遇に不満を抱いて「仕事を辞めたい」と感じることは至極当然のことと言えます。

実際、厚生労働省の調査によると、新卒で就職した人のうち約3割が入社してから3年以内に退職してしまうというデータがあります。ですので、20代で「仕事を辞めたい」と感じるのは当然のことなのです。

また、30代になると、改めて今後のキャリア形成などを考える機会が増えてくるため、30代で仕事辞めたいと感じるのも当然です。

  • マネたま転職博士見習い
    マネたま転職博士見習い

    仕事辞めたいは甘え?と悩む20代・30代も多いですが、自分を追い詰めることはしないことをおすすめします。

参考【最新】仕事辞めたいは甘え?30代だけど仕事向いてないと悩んでるあなたへ

甘え?甘えじゃない?仕事を辞めたい理由ごとの判断の方法

しかし、「仕事を辞めたい」と思う理由によっては「甘え」と考えてしまっても仕方のないケースがあります。

ここでは、「仕事を辞めたい」と思う理由の中でもよくあるケースについてそれが「甘え」なのかそうでないのか判断する方法を解説していきます。

参考【仕事辞めたいは甘え? 】甘えかどうかの判断基準と辞めるべき場合の対処法

今の仕事が自分に合っていないと感じる

今の仕事は自分の能力を発揮できていないのではないか、自分に合っている仕事は他にあるんじゃないのか、と感じている20代は多いのではないでしょうか。

年配の人の中には「仕事を選ぶなんて甘えだ、与えられた仕事を全うしてこそ社会人」という考えを持っている人も少なくないため、「仕事が合っていないのではなく、自分が合わせるべきではないのか」と考えてしまっている20代の方もいるのではないでしょうか。

ですが、自分の能力を発揮できない仕事をいつまでも続けていても、会社のためにも自分のためにもなりません。

むしろ「自分に合っていないのではないか」「仕事を辞めたい」と悩みながら我慢して仕事を続けることはストレスになってしまい、心身に影響が出てしまうリスクも発生してしまいます。

これらの理由から、今の仕事が自分に合っていないと感じるのは「甘え」ではありません。

ただし注意したいのは必ずしも「仕事が合っていない=仕事を辞めるべき」ということにはならないという点です。

今の仕事内容が自分の能力を発揮できないと感じているのであれば、自分に適していると思われる部署への配置転換を上司に相談したり、どうにか自分の能力を今の仕事に応用できないか模索するのが最優先です。

仕事上の人間関係で悩んでいる

仕事をしていく上で、職場や取引先での人間関係で悩むことは多いかと思います。

特に20代をはじめとした若い層にこの悩みを抱えている人は多く、実際に退職した理由として挙げられることも多い傾向にあります。

ですが、「人間関係を良好に保つのも仕事のスキルのひとつ」と捉えている人も多く、そういった人からすると人間関係が原因で仕事を辞めたいと考えるのは「甘え」と思われてしまいます。

確かに、単純に「嫌いな人がいる」というだけで「仕事を辞めたい」と思うのは甘えであると言わざるを得ません。

仕事は気が合う人だけで成立することはまずありえないからです。

公私混同せず、あくまで「仕事上の関係」と割り切って付き合うことを考えましょう。

ただし、上司からのハラスメントや社内の派閥争いなど、自分の心構えではどうにもならない悩みを抱えている場合は、外部に助けを求める必要があります。

まずは人事や更に立場が上の上司などに相談するなど、改善に向けて行動しましょう。

それでも改善されない、または配置転換を待てないほどに心身がボロボロになってしまっているという場合は、辞めるのが最善策でしょう。

仕事で疲れていてやる気が出ない

「日々の仕事に疲れた」「残業や休日出勤が多く休む暇がない」といった理由で体力が持たず、仕事を辞めたいと思っている人は特に20代や30代に多くみられます。

もし一過性の疲労が溜まっているのであれば、マッサージや整体、日々の運動などでメンテナンスを行なうことで改善できる可能性があります。

ただし、精神にまで作用してしまうほどに疲れている場合や疲労が慢性的なものである場合は、一度上司に相談して休職するなどの対応を考えましょう。

また、就業規則にない長時間の残業や休日出勤などが続いているのであれば、労働局に訴えるなどの対応を考えるべきです。

なおも改善されないのであれば転職を考えましょう。

重要なのは仕事での疲労を「仕事に慣れていないから」「甘えている」と片付けずに根本的な改善を試みることです。

給料や待遇に不満を感じている

20代とはいえ、仕事の量・内容と給料などの待遇がギャップを感じるといった理由で「仕事を辞めたい」と感じるケースもあります。

「まだ若いんだからとにかく経験を積むべき、給料が安いから辞めたいだなんて甘えだ」と年配の社員が言ってくる可能性もあります。

ただ、それは20代~30代の間を耐えれば確実に給料や待遇が向上する年功序列制度が主流だった時代の人間の感覚です。

現代ではスキル・経験さえあればそれに見合った給料・地位が与えられる制度を取っている企業が増えています。

もし明らかに自分のスキルや仕事内容に対して給料が安いのであれば、上司に相談してみましょう。

上司に相談しても取り合ってくれない、そもそも企業全体に「20代はとにかく下積み、甘えるな」という風潮がある場合は転職を考えましょう

スキルに自信があるならば、きっと現在の職場以上の待遇であなたを受け入れてくれる企業があるはずです。

ネたま転職博士「仕事辞めたいは甘え」に関するコメント マネたま転職博士「仕事辞めたいは甘え」に関するコメント

「仕事辞めたい」は甘え?甘えじゃない理由|妊娠したなどの状況ならなおさら』という記事でも書いたとおり、事情は人それぞれであるため、一方的に「仕事辞めたい、なんて甘えだよ」という意見は聞く必要はないでしょう。

20代・30代で「仕事を辞めたい、疲れた」となった時にやるべきこと

まず「仕事を辞めたい」となった時には、

  • 1

    仕事が辞めたいと感じた理由を明確にする

  • 1

    今の仕事におけるメリットとデメリットを比較してみる

  • 2

    仲の良い人に相談してみる

  • 3

    副業を始めてみる

  • 3

    転職活動をしてみる

というような対処法があります。

仕事が辞めたいと感じた理由を明確にする

まずは仕事を辞めたいと感じる理由を深堀りしていきましょう。

そして、深堀りした仕事を辞めたい理由を改善または回避するために今の職場を離れる以外の方法がないかを洗いざらい考えてみてください

20代や30代で仕事を辞めたいと思うタイミングがくること自体は何らおかしくはなく、社会人としてイメージしていた理想と現実のギャップ仕事内容への飽きやマンネリ化人間関係における悩み将来への不安職場環境への不満など原因としては様々考えられます。

20代や30代で仕事を辞めたいと思うタイミングがくること自体は何らおかしくはなく、社会人としてイメージしていた理想と現実のギャップ、仕事内容への飽きやマンネリ化人間関係における悩み、>将来への不安、職場環境への不満など原因としては様々考えられます。

仕事を辞めたい原因やあなたの状況によって対処方法も変わってくることから、まずは原因を明確にし深堀りすることからはじめてみてください。

今の仕事におけるメリットとデメリットを比較してみる

仕事を辞めたい理由(デメリット)がある一方で、今の仕事において少なからずメリットがあることでしょう。

どんな仕事においてもメリット・デメリットの両方があげられ、いわばないものねだりなところがあって当然と言えますが、あなたが仕事で重きを置く価値観からみてデメリットが勝るようであれば仕事を辞めることを甘えと捉える必要はないと言えます。

仕事を辞めるかどうか迷う場合にはメリットとデメリットをリストアップし、仕事を続けた場合に中長期的に見てどちらの方が勝るかどうかという視点をもち、仕事を辞めるか辞めないかの判断材料としてみてください。

仕事を辞めたいと感情的になっているうちはデメリットしか思い浮かばないなんてこともあるでしょう。
メリット・デメリットをあげることで、冷静に自分の置かれている状況を整理していければいいですね。

参考仕事を辞めたいは甘え?判断ポイントと仕事を辞める際の円満退職ガイド

仲の良い人に相談してみる

現在の職場の上司や同期などに相談すると「それは甘えだよ」などと言われてしまう可能性が高いので、本当に信頼できる人以外には相談せず、できれば社外の人などに相談することがおすすめです。

ポイント

仕事を辞めたいというのが、現在勤めている会社の「人間関係」や「仕事内容」などが原因となっている場合には、転職活動をしてみることがおすすめです。

会社の人間関係や仕事内容が原因で仕事が辞めたい状況になっている場合は、環境を変えることで解決できるケースが多いです。そのため、もしそうならばすぐに転職活動をするのがおすすめです。

転職活動をすることで、今後のキャリアについて考える機会になったり、働きやすい環境が見つかるチャンスにつながる可能性が上がるため、おすすめです。

「仕事を辞めたいけど、それって甘えなのかな?」と悩む20代も多いですが、そんなときは転職活動をすると視野が広がり、選択肢も増えるのでおすすめです。

副業を始めてみる

仕事を辞めたいという気持ちがある場合、副業を始めることも方法の1つです。

得意なことや関心が高いことを副業をすることで手に職がつき、人生における選択肢を増やせる可能性があることはもちろん、お金の余裕が心の余裕へと繋がっていくというメリットがあります。

ただし、辞めることを大前提としていない場合には今の勤務先で副業が禁止されているかどうかを事前に確認したうえで始めなければなりません。

新しいことを始めることはエネルギーがいることですが、熱中できるものを副業にすることができれば今の仕事に全神経が集中することがなくなるため気持ちの面での負担が軽減されることでしょう。

仕事を辞めたいことが甘えかどうかは置いておいて、まだまだ社会人としてこれからである20代が仕事を辞めたいとなった場合には、この機会にに生きていくための引き出しをコツコツと備えていくことができれば甘えではなくなります。

仕事を辞めたいとなった経験からでも得るものはたくさんあるはずということですね。
副業を許可している会社も増えているため、新しいことに挑戦してみるのも確かに良いのかも。

参考20代で仕事辞めたい疲れたと思ったら。具体的な対処法と解消方法

転職活動をしてみる

先にご紹介した「仕事が辞めたいと感じた理由を明確にする」「仲の良い人に相談する」という方法をとったうえで、仕事を辞めたいあなたとって最善の策が転職であると判断した場合、または転職を視野に入れると判断した場合には、転職活動を行いましょう。

20代では若さを武器としたキャリアアップやキャリアチェンジへの可能性がたくさんあります。また、30代はスキルや経験を生かしたキャリア形成を考えることが可能です。

将来を見据えた計画性ある転職であれば、今よりも好条件で相性の良い職場やキャリアアップできる職場とのご縁に恵まれることにも大いに期待できます。

新しい分野にチャレンジしたいことが仕事を辞めたい理由の場合は、伸びしろに期待してもらえる20代でできるだけ早く行動あるのみです。

参考『20代・30代で仕事を辞めたい』は甘えじゃない!ただしスキルは必要!

◼仕事を辞めたいけど悩んでいる人にも転職エージェントはおすすめ

仕事を辞める選択をとった20代や30代はもちろん、仕事を辞める選択をとりきれない状況にある20代・30代の人にも「転職エージェント」を活用することがおすすめです。

転職エージェントではキャリア相談に応じてもらうことができ、あなたのこれまでのキャリアや保有スキルをヒアリングのうえでキャリアの棚卸しを一緒に行っていきます。

今の仕事を辞めて転職したい理由や転職するか迷っている理由を伝えることでプロの視点でアドバイスをもらうことができ、希望すれば求人紹介を受ける流れとなります。

転職するか迷っている人の多くは、「転職できるどうかが不安」「今よりも給与が年収が下がってしまうことへの不安」「今の職場を手放してしてしまってよいのか煮え切らない」などという心理状況であることでしょう。

現職と転職活動の同時進行は簡単ではありませんが、収入を途絶えさせることなく転職エージェントを活用して転職活動を進めてみることで仕事を辞める判断に迷う人も煮え切らない状況から脱出できるかもしれません

転職エージェントでは転職者の転職活動をあらゆる場面で個別サポートし、選考への対策や面接の日程調整、年収交渉などもキャリアアドバイザーが率先して行ってくれるので非常に心強いと感じることでしょう。

転職のプロのアドバイスや転職エージェントならではの求人情報力を活かして精度の高い転職活動を行っていくことで転職を成功させられる確率をアップさせましょう。

20代で「仕事を辞めたい、疲れた」ときにおすすめの転職エージェント

年功序列の風潮が強かった昔と比べて、スキルや経験をアピールできれば20代でも転職はしやすい時代になりました。

20代で仕事を辞めたい・転職したいと考えているなら、転職エージェントに相談してみましょう。現在の職場への不満、そして転職先への希望をきちんと伝えることができればきっと自分らしく働ける仕事を見つけることができるでしょう。

ここからは「仕事を辞めたい、疲れた」と考えている20代におすすめな転職エージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは人材業界最大手のリクルートグループが運営する転職エージェントです。

業界最大手が運営しているだけあって求人数は国内でもトップクラスを誇り、転職を考えるすべての方におすすめの転職エージェントとなっています。

未経験歓迎の求人情報も2万件以上掲載しており、向いてる仕事を探す前にまずは幅広い業種の求人に触れてみたいという方におすすめです。

doda

出典:doda

dodaは、リクルートエージェントに次いで規模の大きい転職エージェントです。

リクルートエージェントには劣りますが、未経験歓迎の求人情報は4,000件以上保有しており、こちらも未経験の業種/職種への転職を考えている方には非常におすすめの転職エージェントとなっています。

また、コンサルタントのサポートの質が非常に高く、面接対策や応募書類の添削など、転職が初めての第二新卒やフリーターでも安心して転職活動を進めることができます。

登録後アドバイザーからかかってくる電話で希望の条件やキャリアについての相談などを伝えることができるので、自分に向いてる仕事を見つけやすいサポートが充実しているのが強みです。

パソナキャリア

出典:パソナキャリア

パソナキャリアは人材派遣会社として有名なパーソナルキャリアが運営している転職エージェントです。

人材派遣会社が運営していることもあり幅広い企業とのネットワークを持ち、求人の数・種類も充実しています。

未経験歓迎の求人も6,000件近く保有しており、未経験転職にも強いことが特徴です。

また、親身なサポートも特徴としており、アドバイザーとの相談の中で向いてる仕事を見つけたいという方におすすめです。

マイナビジョブ20’s

出典:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、すべての求人が20代限定の既卒・第二新卒に特化した転職エージェントです。

運営が大手人材会社マイナビであることから、書類添削や面接対策、適性診断など豊富なサービスが魅力のひとつです。

自分に向いてる仕事を見つける前に、まずは自分の能力・特徴を把握したいと考えている方におすすめの転職エージェントとなっています。

ハタラクティブ

出典:ハタラクティブ

ハタラクティブはマイナビジョブ20’sと同様に第二新卒に特化した転職エージェントです。

ハタラクティブの最大の魅力は充実した転職サポートです。

キャリア相談・書類添削など充実したサポートで、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%と非常に優れた実績を誇っています。

リクルートエージェントやdodaエージェントなどの大手サービスと比較すると未経験歓迎の求人数は多くありませんが、アドバイザーからのアドバイスを基に向いてる仕事を探したい方に非常におすすめな転職エージェントです。

ワークポート

出典:ワークポート

ワークポートは主に20代〜30代転職者を利用者層とした転職エージェントです。

業界や職種を絞ることなく幅広い種類の求人を保有しており、需要の高いIT・Web業界をはじめとしてメーカー、ゲーム、建築業界や、職種としてはエンジニア職や営業職の求人を得意としています。

未経験転職にも強いため新しい分野に挑戦したい20代転職者には特におすすめです。

20代のエンジニア未経験者を対象とした無料エンジニアスクール「みんスク」も運営しているため、手に職をつけたい思いが強い人や未経験からエンジニアになりたい人は是非チェックしてみてください。

マイナビエージェント

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代〜30代の転職サポートに強い大手転職エージェントです。

あらゆる転職者層をターゲットとした大手総合型の転職エージェントと差別化をはかり、若手社会人のキャリアの底上げに力を入れています。

大手企業にこだわらず優良な中小企業やベンチャー企業の求人を多数取り扱っており、独占求人も豊富。

転職者と企業との相性の良い転職が果たせるように尽力してくれます。

先にご紹介した「マイナビジョブ20’s」とは違い、正社員経験のあることを前提とした求人紹介となるため、これまでのキャリアを活かしてミスマッチのない転職を成功させたい方におすすめです。

仕事を辞めたいハイキャリア向けにおすすめの転職エージェント

年功序列の風潮が強かった昔と比べて、スキルや経験をアピールすることで30代でキャリアアップ転職はしやすい時代になりました。

『ビズリーチ』|ハイキャリアな30代におすすめ

出典元:「ビズリーチ

「ビズリーチ」は、国内最大手のハイクラス転職者層向けのスカウト制転職エージェントです。

ビズリーチの取り扱い求人の6割が年収800万以上となっており、世代の垣根なく、すでに高い実績を持つハイキャリアな人材を求める国内・海外の優良企業求人を多数取り揃えています。

主な求人職種としては、管理職や専門職向けの求人が多いですが、キャリアにもとづく実力重視採用であるため、高いキャリアを積み上げてきた方であれば30代でも十分に活用できることでしょう。

経歴年数の少ない30代が、自分の実力がどこまで他社で通用するのか把握するためにも、スカウト制であるビズリーチをお試し利用し、自分の転職市場価値をはかることもおすすめです。

『JACリクルートメント』|ハイキャリアな30代におすすめ

出典元:「JACリクルートメント』」

「JACリクルートメント」は、外資系企業や日系企業の海外転職を強みとした高年収転職者に特化した転職エージェントです。

利用者層の年齢は幅広く、特に経験値の高い専門職や管理職経験者である30代〜50代向けの大手企業求人を多数保有しています。

また、JACリクルートメントには、各業界・職種に精通した専門性の高いキャリアアドバイザーが多数在籍しています。

グローバルに活躍することも視野に入れたハイキャリアを目指す30代の転職におすすめです。

『ランスタッド』|ハイキャリアな30代におすすめ

出典元:「ランスタッド

「ランスタッド」は、本社オランダに拠点を持ち、世界39の国と地域に4700以上の拠点を持つネットワークを活かした世界最大級規模の転職エージェントです。

世代や業界問わず、ハイクラス転職者向けの外資系企業求人を多数保有しているため、今の仕事を辞めてビジネス英語を生かしながらグローバルに活躍したいと考えるハイキャリアな30代におすすめです。

スカウト制を好まず、求人紹介制を主とした転職エージェントを好むハイキャリアな30代は是非活用することをおすすめします。

転職先で仕事を辞めたことを甘えと捉えられる心配をさほどしなくてもいい理由

転職活動をし、選考に臨む中で採用側に転職する事が甘えと捉えられないだろうかと心配する人は非常に多いことでしょう。

特に20代で社会人3年未満にあたる人は経験・スキルがないが故に転職することに後ろめたさを感じる人も少なくないのでは?

転職活動のやり方次第で「仕事を辞めることが甘えと捉えられるか問題」はほぼ解決すると言っても過言ではありません。

理由としては、下記の通りです。

  • 20代ならではの転職需要があるため
  • 転職理由や志望動機次第で甘えではないことを説得できるため
  • 退職理由はありのまますべてを語る必要がないため

参考仕事を辞めたいは”甘え”ではない5つの理由と4つの対処法を解説【新卒でも関係ない】

20代ならではの転職需要があるため

若手社会人として位置する20代は、社会人年数によってはスキルや実績が浅いことは致し方ありません。

実力がない状態で仕事を辞めることが必ずしも甘えと捉えられて転職できないというわけはなく、20代には20代ならではの転職需要があるのです。

20代の転職事情

実力 < ポテンシャルや熱意重視
未経験分野への転職の可能性が広い

20代の転職では経験値よりもポテンシャルや仕事への考え方・姿勢を評価してもらえる比重が大きい傾向にあることから、社会人経験が浅い段階での転職=甘えと捉えられて転職ができないような市場ではありません

ただし、同じ20代でも20代前半から後半になるにつれて保有スキルや実績への評価比重が少しずつ大きくなってくることは確かです。

よって未経験分野への転職を考えている人は、年齢が若ければ若いほど転職先としての選択肢が多いことから、決断が早いに越したことがありません。

実績や保有スキルで個人を評価し難い若さである分、転職に臨む姿勢はしっかり採用側に見られているという意識を持つと共に、下準備をしたうえで20代で転職をするメリットを活かした転職を果たしましょう。

転職理由や志望動機次第で甘えではないことを説得できるため

転職に臨む姿勢や選考で伝える内容によっては、転職することが甘えだと捉えられてしまう可能性はもちろんあります。

しかし、採用側に転職が甘えからくるものであると捉えられてしまう根本的な理由は社会人経験が浅いことではなく、転職への真剣度や説得力がないことが原因です。

仕事を辞めたことを甘えと捉えれないために

仕事を辞めたことを甘えと捉えれないために

20代で早くも転職する多くの人が気にする「転職するタイミングが早いことから甘えと捉えられてしまうのでは?」問題は、転職理由や志望動機をしっかり固めたうえで、採用側にいかに説得力と熱意を感じてもらうことができればさほど怖がることではありません。

そこで、20代で転職するうえで難しい点としては、社会人経験をより積んできた人と比べると、経験が少ないがゆえに説得力をもたせることのハードルが高まることは確かです。

これまでの経験の中から念入りに自己分析をして、今後ありたい自分を具体的にイメージできる思考力と情報力が鍵となります。

退職・転職理由はありのまますべてを語る必要がないため

退職・転職するきっかけとなった出来事をありのまま話してしまうと、転職に不利に働いてしまうのではないかと不安を感じている人もいることでしょう。

しかし、転職をすることになった原因が、例え人間関係の悪化や仕事内容との不一致などのネガティブな内容であったとしても、選考の場ではありのままをさらけ出す必要はありません。

前向きな転職理由へと置き換えることができれば転職先に仕事を辞めたことや転職することを甘えと捉えられずに済むためです。

決して経歴を偽わったり、ありもない話しをするというのではなく、ネガティブな出来事をポジティブな未来に変えるために転職すると考えると自ずと転職したことによって果たしたい目標や目的が見えてきます。

「仕事を辞めたい」時に合わせて読みたい

仕事を辞めたいけど言えない状況とは今日でおさらば!【速攻退職】

仕事を辞めたいけど言えないという人も多いかもしれません。なぜ仕事を辞めたいのか?仕事を辞める理由を整理し、今後の対策について明確になるように解説しています。

【注意】20代・30代で仕事を辞めることを甘えと捉えるべきではない危ないケース

社会人経験が浅い20代や社会人経験をある程度積んでいる30代が、仕事を辞めることを甘えと捉えるべきではないよくあるケースを以降でご紹介します。

仕事を辞めることは場合によっては自分への甘えによるものであることも考えられますが、仕事を辞めたいとなる状況が深刻であり、直ちにでも解決すべきであるという判断が必要なこともあります。

自分を過信しすぎたり、無理をすることが当たり前になっている人こそ、自分の心と身体の悲鳴や本音を見過ごさないように気をつけてください。

他にやりたいことが明確であるケース

今の仕事以外にやりたいことが明確である場合には、実現するために次のアクションを起こすことは早いに越したことがありません。

ただし、今の仕事にマンネリが生じており、他のことに目移りしてしまった状況の場合は思いつきで行動を起こすことは危険です。

大切なのは「あの時〜していれば良かった」と後悔しない未来を築く行動力です。

大切なのは「あの時〜していれば良かった」と後悔しない未来を築く行動力です。

やりたいことを実現するための新たな挑戦に踏み出すことは決して甘えだと捉えるべきではありません。

特にやりたいことの実現方法が転職の場合には、若ければ若いほどチャンスに恵まれる傾向にあるため計画性をもって1日でも早く行動に移すことが大切です。

20代ならではの若さという武器を活かして、キャリアチェンジを成功させ後悔のない社会人生活を送りましょう。

ブラックな労働環境で働いているケース

労働環境が整備されつつある今の時代とはいえ、異常なまでの残業や休日返上をしたりと、ブラックな環境で仕事をしている人はまだまだいることでしょう。

ブラックな労働環境で仕事をしている人は、過酷な状況が当たり前かのように感覚が麻痺してしまうことも珍しくありません。

20代は若手社員という位置づけであるがゆえに、ブラックな労働環境に抗えないという状況に陥りやすい傾向にあります。

同僚が自分と同じように残業を強いられている状況で自分だけ帰りづらい風土に染まってしまってしまったり、上司からのパワハラともとらえられる言動を浴びせられることが日常化してしまっているようなことはありませんか?

ブラックな労働環境で仕事をし続けることは心も身体も長続きしないため、できることなら早いこと見切りをつけて新しい職場環境に身をおくべきです。

ブラックな環境下で仕事をすることが辛くて辞めたいとなることは決して甘いことではなく、自分の身は自分で守るべきととらえて次の策をとるようにしてください。

心身に異常をきたすほど精神的ストレスを抱えているケース

職場の人間関係や仕事内容との相性がおもわしくなく、精神的に追い詰められている人も少なくないことでしょう。

「仕事を辞める自分の考えは甘いのか?」「まだ社会人を数年しかしていない20代で転職することができるのか?」「30代以降のキャリアはこのままでよいのか?」などと自問自答しながら、日々をやり過ごしてはいませんか?

こんな状態は危ない!

・朝が起きれなくなった

・吐き気がする

・なんのために生きているのかがわからない

・次の日を迎えるのがこわい

・仕事に集中できない

・職場でのコミュニケーションをとらなくなっている

精神的なストレスはやがて身体にも異常をきたす恐れがあり、自分の異変に気づいた頃には仕事に行けないコンディションになっているなんてことも決して他人事ではありませんです。

精神的なストレスが続き改善の兆しがないと感じ始めたら、今後の自分の身の振り方を考えはじめ、転職を視野にいれながら金銭面も含めた計画を立て実行していきましょう。

今の仕事では自己成長が見込めないケース

勤め先企業の将来性を感じられなかったり、今の会社やポジションでは自分が思い描くキャリアを辿ること、自己成長が見込めないと判断した場合は、転職することをおすすめします。

仕事を辞めることは決して甘えではなく、自分の将来を考えたうえでの自分のための決断であることから、辞めることを後ろめたく思う必要はありません。

転職してキャリアアップ・キャリアチェンジを果たすなら行動は早いに越したことがないため、可能性の広い20代のうちに計画性をもって行動に移していきましょう。

参考仕事辞めたいって甘えなの?

結果を残しているのに会社が評価してくれないケース

成果をあげた分だけの評価を上司・会社が適切に行なってくれず、モチベーションが上がらない状況が続くケースです。

誰がみても成果に対する対価が見合っていない場合は駄目元で1度上司にかけあってみるとよいでしょう。

会社側に相談しても状況が変わらない場合は、甘えと捉えることなく活躍できる新しいフィールドを探すことをおすすめします。

甘えではないが、少なくとも今の仕事で成果をあげているのであれば、相性は良いはずなので転職を即決するのはもったいない。見極めが難しいケースですね。

参考あなたの「仕事辞めたい」を斬る!専門家3人の診断&アドバイスで徹底チェック

「仕事に疲れた」「仕事を辞めたい」が甘えと捉えられてしまうケース

社会人生活を送る中で誰もが1度や2度「仕事を辞めてしまいたい」「転職したい」などと弱音を吐いたり、真剣に今後について考えるタイミングがあるものです。

無理が生じるほど頑張りすぎている人も多いかと思いますが、下記に心当たりがある人は仕事を辞めることが甘えの可能性が高いと言えます。

  • 疲れていてやる気が出ない

  • 仕事に飽きが生じた、だるい

  • 仕事の責任から逃れたい

  • 好き嫌いで仕事の良し悪しを判断している

  • 上司や先輩が怖い

一時の感情で退職・転職することは後々後悔する可能性を高めてしまうため、冷静な見極めが必要です。

参考仕事で疲れきって辞めたくなっているあなたに|まずは試して欲しい対処法をご紹介

疲れていてやる気が出ない

疲れの原因はいったいなんなのでしょうか。

プライベートの時間も含めて単に自己管理が甘く、疲れが蓄積しているということであれば甘え捉えられてしまうことでしょう。

休日の時間を有効活用し、リラックスしたり、体のメンテナンスを行うことができれば理想的です。

とはいえ、「仕事が激務で疲れがとれない」「人間関係による精神的な疲れがとれない」「接待など仕事関係の付き合いが多く、疲弊している」「プライベートの時間と切り替えができておらず、疲れが残っている」などと人それぞれ疲れには原因があるはずです。

身体の疲労も蓄積すれば、精神的ダメージに繋がってしまいます。

またすでに精神的疲れを感じている人は無理をせず原因と向き合い、改善に向けて行動することが大切です。

仕事に飽きが生じた、だるい

仕事のマンネリ化により飽きが生じて日々だるく感じる状態が続くと、ふと「今の仕事がつまらなくて辞めたい」と感じてしまうこともあるでしょう。

マンネリ化への対処は他人任せが原因であることが考えられるため、まずは自分自身で仕事の取り組み姿勢を改めたり、人によっては社内での異動や職種変更、昇進によって解消される可能性があります。

よって一時的な感情で転職する目的が確かでないまま今の仕事を辞めることはあなたの姿勢次第では甘えと捉えるべきケースに該当してしまうことでしょう。

仕事の責任から逃れたい

今の仕事で背負う責任やプレッシャーから解放されたい気持ちが強く、仕事を辞めたいというケースの場合、同じ立場で仕事をする人や同僚からすると甘えと捉えられてしまっても仕方ありません。

同じ会社でもポジションや仕事内容によって人それぞれ責任の所在や大きさは異なるという事情はありますが、どんな仕事に就くにしても責任はつきものです。

大切なことは責任やプレッシャーの大小ではなく、仕事が向いているか向いていないかという視点をもつこと。

仕事のプレッシャーによるストレスが過多となり、体調不良を繰り返すようであれば向いている仕事とは言い難く、体を第一に1日でも早く状況の改善をはかる必要があります。

好き嫌いで仕事の良し悪しを判断している

仕事を辞めたい理由が「今の仕事が好きではないため」「漠然と好きなことを仕事にしたいため」というように、好きか嫌いかを基準に仕事を選んでいるようであれば甘えが生じていると捉えられても仕方ありません。

基本的に仕事は好きか嫌いかではなく向いているか向いていないかで選別すべきです。

向いていない仕事を継続することで仕事が嫌いになってしまったという状況や、本気で取り組みたいことが他にあるという場合を除いては、まずは状況の改善をはかる姿勢を持つことが大切です。

上司や先輩が怖い

上司や先輩が怖くて会社に行くことが億劫になるという状況は社会人生活を送っていれば誰もが1度や2度直面することでしょう。

特に社歴も経験も浅い20代の内は目上の方が多い環境に身を置くことが一般的であるため、指導の一貫として厳しい言葉を浴びせられることも珍しくありません。

しかし上司や先輩が厳しく指導されることを恐怖に感じたことが理由で仕事を辞めるというのは、多くの人から甘えやゆとりと捉えられてしまいます。

理由としては、多くの人が怒られたり激励を受けた経験を時に辛いと感じる出来事があっても乗り越えてきている成功体験があるためです。

ただし、モラハラやパワハラともとれる言動を浴びせられた場合はすぐさま会社の相談窓口に相談したり、どうにもならない状況の場合は転職する決断をとるといった臨機応変が必要なケースもあります。

20代・30代が仕事辞めたいけど甘え?と躊躇してしまうケース

「仕事を辞めたいけれど甘えなのか」と自問自答し、躊躇してしまうことがあって当然です。

仕事を辞めることを躊躇するよくあるケースについて、以降では少しアドバイスを添えてお伝えします。

参考20代にありがちな仕事を辞めたい11の理由と対処法

家族から猛反対を受ける

20代や30代で仕事を辞める方向で考えているとき、いざ家族に自分が退職する意志を伝えると猛反対をされるケースは、社会人とはいえよくあるケースです。

家族が仕事を辞めることに反対するよくある理由としては、「一般的に優良企業に就職したのにもったいない」「無職となることで子どもの将来が不安」などがあげられます。

家族に仕事を辞めることを伝える際には、下記を実行するだけで反応が大きく変わってくるでしょう。

  • 仕事を辞める選択をした理由を詳しく伝える
  • 転職先のめどをつけてから辞める意志を伝える

自分がもし居なくなったとしてもそれなりの企業に勤めていれば安心という気持ちを大切な子どもに向ける親御心から、家族としては仕事を辞めることを安易に背中を押すことができないのも無理ありません。

ただし、親の人生ではなくあなたの人生です。

20代で仕事を辞めたいとなった時に、最善をつくしたけれど仕事を辞めることが甘えかのように親に反対されてしまった場合は多いです。30代の場合も家族のことを考えると難しい状況かもしれません。

しかし、最終的には自分で判断し辞める選択をしたことを後悔しないようにこの先行動あるのみです。

上司に退職を申し出にくい

退職を申し出る時には、誰しも勇気がいることです。

「どのタイミングで上司に伝えるか」「誰から伝えていくべきか」「引き止めに合ったらどうしよう」「退職を申し出た後の仕事がしづらい」などと、あらゆる不安が押し寄せてくることでしょう。

上司からの引き止めはよくあることであり、退職申し出時に大切なのは「自分の意志が揺らぐことがないため、今お伝えしている」という主旨を伝えること。

また引き止めに合ったとしても、「上司は自分の社内評価を気にしている」「上司としていったん引き止めるのが義務だと思っている」と捉えて伝えるべきことを割り切って伝える強い気持ちが必要です。

退職を申し出た経験のある人の多くが共感することだと思いますが、退職は申し出てしまえばかなり気持ちとして楽になります。

「退職を申し出た後の仕事がしづらいのでは?」と不安視する気持ちはよくわかりますが、辞めたい気持ちがしっかり固まっていると退職する意志を伝えられた達成感の方が不思議と勝るものです。

20代や30代で仕事を辞めたいとなった場合、退職を申し出るタイミングとしては、会社の就業規則に定める期間に反することがないことが理想的ですが、民法に定める退職より2週間前であれば法律的には退職すること事態は可能です。

退職意志が固いのであれば、社会人として会社に迷惑をかけないゆとりあるタイミングで勇気を出して伝えてみてください。

辞めたら会社に迷惑がかかることを申し訳なく感じる

仕事を辞め自分が穴をあけることで、会社やチームに迷惑をかけてしまうことが申し訳なくて退職を申し出にくいという人もいます。

たしかに一時的に同僚に負担をかけることになるかもしれませんが、あなたの代わりにまた新たな人材が補充されるだけの話です。

会社にいる限り給与を支給してもらえますが、あなたの人生を助けてくれたり責任をとってくれることはありません。

仕事を辞めることを申し訳なく思う気持ちはあっても、自分の代わりはいくらでもいると割り切り自分の人生を優先するようにしてください。

会社のための決断ではなく、自分のための決断を心がけましょう。

参考向いていない仕事を続けるべき? 向き不向きの判断方法や転職時の注意点を専門家が伝授 /

退職したことにより生活資金に余裕がなくなるケース

転職したいけれど怖くて動けない人の中には、心の余裕がなかったり精神的に病んでいる人も少なくないことでしょう。

仕事を辞める際は転職先を決めたうえで離職期間なく転職することが理想ではありますが、1度退職せざるえない状況にある人にのしかかるのが退職後の生活資金問題です。

退職することは想定外の出来事であり、生活防衛費が少なく不安な場合に結局は会社に寄生しなければ生きていけないという情けなさから、辞めることは甘えに相当するものと思いこんでしまうケースもあることでしょう。

自己都合退職の場合、退職して約2ヶ月経過後に失業給付金が支給されることから、生活レベルを下げたり実家に帰るなどの対処方法でなんとかやりくりしていけるものです。

心療内科で診断書証明をいただくことができれば、特定理由離職者として退職してすぐに失業手当給付金を受給することができます。

できない理由を探すよりできる理由を探して、生きるための知恵と知識を持ち合わせて一生懸命生活していけばなんとかなるものです。

失業手当給付金受給中は、アルバイトはできても一定時間以上働くと給付金が減額されてしまったりと制限がありますが、稼げるだけでも収入を得るために行動していきましょう。

参考今の仕事を辞めたいけど、辞めるのも面倒くさい…… 産業医が教える、仕事に「漠然とした不安」を感じた時の対処法

周囲に転職をしている友人・知人がいない

特に20代前半でのタイミングでの転職となると、周期を見渡した時に転職をしている友人・知人がいない可能性も高い年次です。

「やはり自分は甘えているのではないか?」「まだ転職するの早いのではないか?」と周りと比べてしまい決断を遅らせてしまう人もいることでしょう。

自分と前職とのミスマッチにいち早く築き行動して良かったと思える転職ができれば問題ないため、周囲と歩調を合わせる必要はまったくもって不要です。

  • 仕事辞めたい…疲れた20代30代へ!もう働きたくないなら辞めろ!
  • 転職できる自信がないというケース

    20代は社会人経験が浅くスキルがないことから、転職できる自信がないと躊躇してしまう方も少なくありません。

    しかし転職市場においては、30代・40代よりも伸びしろに期待してもらえる20代の方が転職難易度は低く、未経験分野への転職も現実的に実現可能な年代です。

    実際に会社にフレッシュな風をもたらすべく、まだまだ若手である20代を積極採用する企業が多くあります。

    なんとなく現職が飽きたから転職するなどと、転職理由が明確ではなくマンネリ化していることが原因である場合には一種の甘えとも捉えられます。

    一方で、採用側を納得させられる転職理由や志望動機を事実に基づいて練ったりと選考への下準備を万全に行いさえすれば、転職できるかどうかを過度に心配する必要はありません。

    すでにご紹介した転職エージェントサービスを積極的に活用しながら、仕事を辞めたい気持ちは決して甘えではなかったと思える転職を果たしましょう。

    参考30代中堅「仕事辞めたい」は甘えなのか?辛い気持ちの解決方法

    まとめ

    冒頭でもご紹介したように、「仕事を辞めたい」と感じている20代や30代は非常に多く実際に仕事を辞めている人は数多く存在します。

    ですが、理由によっては「20代なのにその程度で辞めたいだなんて甘えだ」と言われたり自分で考えてしまう人も少なくありません。

    20代で仕事辞めたいと感じたときのポイント

    20代で仕事辞めたいと感じたときのポイント

    仕事を辞めたいのは「甘え」なの?」という記事がありますが、20代で仕事を辞めたいと思ったときに、まず考えるべきなのは「その理由は甘えか甘えじゃないか」ではありません。

    20代で仕事を辞めたいと思ったときに、まず考えるべきなのは「その理由は甘えか甘えじゃないか」ではありません。

    大切なのは「自分は仕事を辞めて何がしたいのか」という疑問を自分に投げかけることです。その問いにはっきりと答えるためには、きちんとした将来へのビジョンが必要になります。

    ただ何となく辛いから、疲れたからという理由で逃げるように仕事を辞めても、次のビジョンが明確でなければ次の職場でも同じように「仕事を辞めたい」と考えてしまうでしょう。それは「甘え」であると言わざるを得ません。

    もし本気で仕事を辞めたい・新しい職場でやりたいことがあると考えているのであれば、転職エージェントに相談しましょう。

    転職エージェントは転職のプロですので、きちんと将来へのビジョンを伝えることができればきっと理想の仕事と出会えるでしょう。

    参考「仕事辞めたい」は甘えではない!辞めたいと感じる8つの原因とうつ症状とは

    参考仕事を辞めたいのは『甘えor甘えじゃない?』どっちか判断する18の方法

    「仕事辞めたいけど甘え?」と悩んでいる20代・30代が読んでおきたい関連・参考記事

    「仕事辞めたい 疲れた 20代」の関連・参考記事

    仕事を辞めたい…疲れたと感じている20代もたくさんいると思います。

    「仕事辞めたい しか考えられない」の関連・参考記事

    仕事辞めたいしか考えられない20代は今すぐ転職を検討したほうが良いかもしれません!

    「仕事辞めたい 疲れた 30代」の関連・参考記事

    仕事を辞めたい…疲れたと感じている30代も多いと思います。

    page top