著者:マネたま転職研究所 2022年10月3日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

転職したいけどスキルがない20代なら転職できる?厳しい?

アップロード日2022/09/29

マネたま転職編集部

「転職したけどスキルがないから転職できなそう…」

と悩んでいる人は多いと思います。

たしかにスキルがあるに越したことはないですが、あなたにスキルがあるかないかは客観的な視点で判断することが重要です。

特に20代は、特にスキルがなくても転職できる可能性が高いです。

今回は、そんな「転職したいけどスキルがない」と悩んでいる人向けに、実際に転職できる可能性があるのか?

20代、30代、40代など年代に関わらず、転職の可能性や今後のキャリア戦略についてご紹介していきます。

【20代の転職事情】「転職したいけどスキルがない」で悩む必要はない?

まず、あなたが20代なのであれば「転職したいけどスキルがない…」と悩む必要がありません。

スキルがないことで転職を怖がる必要がない主な理由としては、下記の通り20代ならではの転職するメリットがあるためです。

20代が転職したいけどスキルがないことで悩む必要がない理由

  • 現時点でのスキルや実績より熱意やポテンシャルを重視
  • 未経験業界/職種に転職するハードルが低め
  • 年収が大きく下がる可能性が低い
  • 手に職をつけやすい
  • 社会人未経験のフリーターでも転職できる可能性も

手に職をつけやすい

転職したいけれどスキルがないと悩む20代こそ、手に職がつく業界・職種への転職をすることが悩みを自信に変える良いきっかけとなることでしょう。

前述した通り20代の場合は未経験分野への転職需要も高いことから、転職した先でスキルや実績をつけることが十分に可能なタイミングと言えます。

手に職があることで働き方の選択肢が増え、人生がより豊かに感じられます。

社会人未経験のフリーターでも転職できる可能性も

20代であれば社会人未経験のフリーターでも行動力次第で正社員として転職できる可能性は高いと言えます。

ただしフリーターの転職として懸念されるのが、目的が正社員としての転職を実現することになってしまいがちであることです。

未経験者を歓迎する求人は、スキルがなく未経験での転職を希望する者からすると飛びつきたくなるところだと思いますが、悪質な求人である可能性もなきにしもあらずなため求人の見極めを慎重に行うことが大切です。

しかし、社会人経験のないフリーターが求人の見極めを行うことは至難の業とも言えます。

フリーター向けの転職エージェントなどの転職支援サービスや国の求職者支援制度を活用し、転職先とのミスマッチが極力ない転職を果たしましょう。

そもそもスキルがないのに20代が転職したいのはなぜ?

もう少しキャリアを積んでから転職しようかと考える人がいる一方で、社会経験が浅くスキルがなくても転職が頭によぎるのはそれなりの理由あってのことでしょう。

具体的にスキルがないけれど転職したい理由について確認していきたいと思います

スキルがないのに20代が転職したい理由

  • 仕事内容との相性が悪い
  • 思い描くキャリアを歩めそうにない
  • 他にやりたいことができた
  • 給与が少ない
  • 激務でワークライフバランスが保てない
  • 職場の人間関係が良好ではない
  • 仕事に張り合いがない、飽きが生じている

参考転職したいけど勇気がない人に!実際の転職経験者の声を紹介

仕事内容との相性が悪い

スキルがなくとも転職したい理由に、仕事内容との相性の悪さがあげられます。

初めての社会人を経験して、就職が決まった際といざ働いてみた時のギャップは良くも悪くも誰もが1度は感じたことでしょう。

実際に仕事をしてみて気づいた人も多いかと思いますが、仕事をしていると嫌でも自分の長所と短所が浮き彫りになってきます。

また、向いてないことを仕事にすることがこんなにも辛いものなのかと痛感している20代の人も少なくないことでしょう。

まだまだ長い社会人生活を有意義なものとするために長所や興味を伸ばせる仕事に就くことが理想です。

仕事を好き嫌いで判断しているうちは転職に適したタイミングとは言えませんが、向き・不向きの観点で仕事内容との相性が悪いと感じる場合には、転職するのが早いに越したことはありません。

短所を知ることは大切ですが、仕事で成長するためには長所を伸ばす・活かすことに注力する方が成長速度が早く、楽しむことができる気がします。

参考20代で手に職をつけるには?おすすめの職種と手に職をつけるべき理由!

思い描くキャリアを歩めそうにない

今の会社や配属部署にいては、中長期的に見て理想のキャリアを実現できる可能性が極めて低いという理由で早いこと転職を視野に入れている20代も少なくありません。

ただし、転職する目標が明確であるならば、選択肢が多いという点で転職をするタイミングが早い方がよいと言えますが、見切り発車で転職活動を始めてしまわないように注意してください。

スキルがないこと以前に経験値が浅い段階で将来的なキャリアの実現のための転職をするとなると、転職先として視野に入れるべき企業を選定することやや選考を突破するための企業対策を行うハードルが高まります。

転職エージェントを活用し積極的な情報収集に努めることがおすすめです。

他にやりたいことができた

今の仕事を辞めてでも他にやりたい仕事が見つかった場合でも、いざ転職・退職を目の前にすると、スキルも経験もないがゆえの不安と葛藤が生まれることでしょう。

しかし、新しいことに本気で挑むのなら、早いに越したことはありません。

例えスキルがなくとも、今スキルがある人を追い越すくらいの気持ちで臨めば、転職したことを後悔せずに済むことでしょう。

まだ20代でよかったと前向きにとらえて、1日でも早く行動に移すべきです。

参考転職した方がいいと思いつつ勇気が出ません。どうすれば良いですか?【転職相談室】

給与が少ない

給与が少ないことへの不安・不満から転職したい気持ちはありながらも、スキルがないがゆえに希望通りの転職を果たせる自信がないという20代も少なくないでしょう。

若手社員という位置づけであるがゆえに給与が少ないのではなく、同じ会社でキャリアを積んでも給与の上げ幅があまり見込めないようであれば将来を考えると不安になるのも無理はありません。

また単に給与の大小だけでなく、給与が仕事内容の割にあっていないという不満がある人もいることでしょう。

たしかにキャリアが浅い段階で転職により年収アップを目指すハードルは高くはありますが、20代に対して人柄やポテンシャルに期待して採用したいと考える企業は多数あります。

転職する際は企業とのミスマッチを極力抑えるために、収入以外に自分自身と求人企業との相性の良し悪しを考慮することが疎かにならないように注意してください

年収アップを実現するためには転職エージェントを活用することがおすすめです。
必要に応じて企業との給与交渉を代行してくれるケースもありますよ。

激務でワークライフバランスが保てない

今の仕事が激務でワークライフバランスが保てないという理由で転職を考える一方で、社会人経験が浅くスキルがないと悩んでいる20代もいることでしょう。

プライベートと仕事のメリハリがない状態が続くようであれば、仕事を続けていくことは年々厳しくなっていくものです。

20代の内は若さもあり、しんどさをごまかしながらでも何とか仕事を続けていくことはできるかもしれません。

しかし、この先も今の労働環境で働き続けるイメージが持てないのであれば、スキルの有無問わず早いうちに環境を変えるために転職するという手段をとるべきと言えます。

企業との給与交渉を代行してくれるケースもあります

過酷な労働環境へ耐性は人それぞれ異なります。
周囲と比べるのではなく、将来を見据えて自分にとって転職が必要かどうかを考えてみてください。

 

参考【転職したいけどスキルがない20代】今すぐやるべきこと・おすすめ転職サービス9選

職場の人間関係が良好ではない

職場の人間関係が悪いことによる過度なストレスから脱するために、スキルがなくても転職したいと考える20代は珍しくありません。

人間関係が改善されればいいのですが、現実は1度悪化した人間関係を良くするハードルは非常に高くなってしまいます。

人間関係以外に仕事への不安や不満があるかないか、ストレスの程度によっては人間関係については割り切って今の仕事を続けることも1つです。

しかし、転職が頭によぎる人の多くは精神的に追い込まれている状況であることがうかがえます。

精神状態に異変がある場合はスキルの有無に関わらず、精神衛生状態を考慮して勇気を出して転職活動を始めてみてください。

仕事に張り合いがない、飽きが生じている

転職したいけれどスキルがない20代の中には、今の仕事のマンネリ化により「飽きが生じている」「張り合いがない」とモチベーションの低下により、転職願望を抱いている人もいることでしょう。

社会人になりたての頃のような新鮮さがなくなりはじめて日々同じことの繰り返しで変化がない毎日と仕事内容に刺激がなく、物足りなさを感じてしまうことも時にあって当然です。

しかし、一時的なマンネリ化によるモチベーションの低下である場合には、自分が仕事に臨む姿勢を改善したり、日々の生活をひと工夫することによって今の滞った状況を打破することができる可能性は多いにあることでしょう

変化を求めるがあまりの一時の迷いによる転職であるならば、今一度自分の考えやキャリアの方向性をじっくり考えたうえで「早まって転職してしまった…」と後悔がないようにしてください。

参考転職したいけど勇気が出ない20代へ!よくある悩み6つを解決!

スキルがない人が転職活動で苦労するポイント

20代なら、スキルがない人でも転職できる可能性が高いということをお伝えしましたが、もちろんスキルがないというのはマイナスポイントであることに変わりはありません。

転職活動中に苦労をして、結果的に転職失敗という状態になる可能性ももちろんあります。

そんなスキルがない人が転職活動で苦労するポイントを簡単にまとめると、

  • 求める条件が高すぎる
  • 人気の高い求人ばかりに応募している
  • そもそもスキルを向上させる意欲がない
  • しっかり準備をせずになんとなく転職活動をしている
  • 今後どうなりたいか?が明確でない

このような4点があります。

これから一つ一つ詳しく説明していきます。

求める条件が高すぎる

スキルがないと自覚しているものの、

「現在勤めている会社より、給与面や待遇が良くないと嫌だ」

「楽しそうな仕事を任されたい」

など、転職する際に求める条件が高すぎると、転職できる可能性は低いでしょう。

人気の高い求人ばかりに応募している

転職先における希望の条件が高いことに付随してよくあるのが、スキルがないと言いながら人気が殺到することが見込まれる求人にばかり応募しているというケースです。

転職において譲れない条件や目的に沿った内容の求人であるなら人気があっても応募するべきですがただただ給与や働く環境など自分にとっての都合が良いという理由で求人に応募することはおすすめできません。

転職は納得がいくまで時間をかけることはあっても、基本的にはモチベーションを維持し効率良く動くことで良い結果を生みやすいと考えられます。

選考に進めないとモチベーションは下がる一方なので、自分に合った求人を厳選し対策することが大切です。

そもそもスキルを向上させる意欲がない

現状スキルがない状態でも、転職できる人は今後の頑張りでスキルを向上させていくという強い意志を持っている人が多いです。

仮にあなたが採用担当者だったら、同じスキルがない人でも成長意欲がない人より、意欲が強い人を採用したいと思うのではないでしょうか?

つまり、今はスキルがないけど、転職してスキルを向上させる意欲を持った状態で転職活動をすることが望ましいです。

しっかり準備をせずになんとなく転職活動をしている

少し厳しいかもしれませんが、スキルがないのであれば、準備をしっかりしない限り、転職成功する確率は低いでしょう。

また、準備をしていない人、している人の差は、採用面接の短い時間でもすぐに分かってしまいます。

なぜなら採用担当者側はできるだけ活躍してくれる人を採用したいわけなので、そういう点を見抜く対策になる質問を用意していたりします。

コメント マネたま転職博士見習いのコメント

そのため、スキルがないと感じている20代は、しっかり準備をするのが必要になります。

今後どうなりたいか?が明確でない

採用担当者は、今スキルがないとしても今後のポテンシャルや仕事へ対する取り組み方の姿勢を見ています。

そこで「今後どうなりたいのか?」を納得のいくような話ができないと、活躍するイメージが沸かないと判断されてしまうこともあるでしょう。

しっかり今後どうなりたいか?自分の考えを話せるようにするのは、大切な準備の1つです。

関連おすすめ記事転職したいけど何がしたいかわからない人が適職を見つける方法を解説

30代・40代で「転職したいけどスキルがない」厳しい?

これまで20代の場合は、スキルがない状態でも転職できる可能性が高いと説明してきました。

しかし、30代・40代と年齢を重ねれば重ねるほど、現実は厳しくなっていきます。

それは、なぜなのか?

  • 求める条件が必然的に高くなってしまう
  • 企業側はスキルがないなら若くポテンシャルの高い20代を選ぶ

という2点が大きな理由です。

家族がいたり、既に勤続年数が高くある程度給与がエレベーター式で上がっている場合、ある程度年収が高くないと厳しいという状況の人が多いと思います。

つまり、求める条件などが必然的に高くなってしまいます。

また、スキルがないという30代・40代よりは、20代という若い人材を企業は好むのが実情です。

そのため、30代・40代で転職したいけどスキルがない場合は、転職することが厳しいかもしれません。

ただし、「プログラミング」や「マーケティング」などのスキルをスクールなどに通って身につけたら話は変わってくるでしょう。

ポイント

転職したいけどスキルがないと悩んでいる20代なら、早めに行動することをおすすめします!

説明した通り、30代以降になってしまうと、転職の際に求められるのが「実績」や「スキル」になります。つまり、転職したいけどスキルがないと悩み、転職活動への一歩を出すのが遅くなれば遅くなるほど状況は不利になってしまいます。

そのため、スキルがないと悩んで行動できない状態ならば、今すぐ転職活動してみて、転職できる可能性はどのくらいあるのか?を知るというのも重要です。

20代で「転職したいけどスキルがない」と悩んでいるときに、最も大切なのは、すぐに行動に移すということです!

転職したいけどスキルがない30代以降は慎重に

転職したいけどスキルがない30代は転職が難しい?」の記事で詳しく説明しています。

参考転職したいけどスキルがない30代がやるべきこととは?転職を成功させるコツ

参考20代後半スキルなしでも転職できる?

転職したいけどスキルがない人が転職成功を掴むためには?

スキルがない人が転職活動をする中で、抑えておくべきコツがあります。

まず、転職活動を行う際のコツは、

  • 1

    自己分析のうえ、自分が求める条件や環境を明確にする

  • 2

    自分が求める条件や環境に一致する企業を探す

  • 3

    スキルが身につく仕事を選ぶ

  • 企業の求人に応募して面接に臨む

  • 転職先の求める人物像や企業理念を把握する

  • スキル以外でPR!自己プロデュース力を磨く

です。

そして、重要になるのは①に付随する「客観性のある自己分析」、②に付随して「企業の見極め」というポイントです。

以降では上記3つのステップごとに抑えておくべき転職のコツについて詳しくお伝えしていきます。

自己分析のうえ、自分が求める条件や環境を明確にする

まず、あなたはスキルがないけれど転職したいという思いを抱いているのでしょうか?

転職したい理由や転職せざる原因を深堀りすることで、ぶれない転職の軸を作るための条件を定めることができます。

実際の選考の場面では前向きな転職理由に加えて、今後どうなりたいのか?という仕事へのスタンスなどを明確に話せるようになっておくことが重要です。

また社会人経験が浅いとはいえこれまでの仕事を通して少なくとも自分の向き・不向きを経験をもって認識できていることでしょう。

例え目に見えるスキルや資格がないといえど、何かしらあなたには強みがあるはずです。

その強みを客観的な視点でしっかり明確にしてアピールできるようにしておく必要があります。

スキルがない20代だからこそ、あなたのことをまだよく知らない第三者にあなたの人となりが伝わるように自分自身をプレゼンできる状態にまで分析しておくことが重要です。

【ポイント】

  • 転職するきっかけとなった原因・理由を深堀りする
  • 自己分析や他己分析により自分の向き・不向き(強み・弱み)を把握する
  • 仕事を通して将来なりたい自分をイメージする

自分が求める条件や環境に一致する企業を探す

自己分析により転職条件を定めることができたら、条件を極力満たす求人を探しましょう。

「企業の見極め」に関して。は、おそらく初めてでも、経験がある人でも転職活動で1番苦戦するのはこの部分です。

転職サイトに掲載されている求人情報だけでは自分が掲げる転職条件に一致する企業を探し当てることは難しいのが現実でしょう。

キャリアカウンセラーに相談しながら進める転職エージェントを利用することで、転職条件やキャリアに相応する求人を紹介してもらうことができるため、ミスマッチを最小限に抑えることに繋がります。

キャリアカウンセラーに相談しながら進める転職エージェントを利用することで、転職条件やキャリアに相応する求人を紹介してもらうことができるため、ミスマッチを最小限に抑えることに繋がります

スキルが身につく仕事を選ぶ

転職は内定がゴールではなくスタートです。

スキルがなくて転職する自信がないという人こそ転職条件として優先すべきなのが「スキルが身につく仕事・環境かどうか」という視点を持つこと。

多くの人は給与やワークライフバランスなどの目先の条件に目が眩んでしまいがちですが、楽をしたいという気持ちから仕事を選んでしまうと期待していた条件と現実にギャップが生じた際に大きなストレスとなってしまいます。

転職先でスキルを積極的に身につけることができれば、計画的な転職により給与や働き方を見直すことができる可能性は高まります。

企業の求人に応募して面接に臨む

転職を希望する求人候補を見つけ次第、応募に必要な書類を提出し着実に選考を進めていきましょう。

キャリアカウンセラーに相談しながら転職活動を進める転職エージェントでは、応募書類の添削や面接練習などの実践に役立つサポートを個別で受けることができますが、自分のペースで転職を進めたい人には合わない人もいるかもしれません。

よって、転職のプロによる個別サポート付きの転職エージェントと自分で求人を探して進める転職サイトの両方を併用していくことがおすすめです。

おすすめなのは転職エージェントも転職サイトも併用して転職活動を進めていくということですね!

参考転職したいけどスキルがない20代でも希望はある?

転職先の求める人物像や企業理念を把握する

転職先が求める人物像や企業理念を把握しておくことで、採用面接に通過するための対策がしやすくなります。

例えば、採用面接時に数ある企業の中から弊社を選んだ理由を聞かれた際に、求める人物像や企業理念を把握しておくことで答えにより説得力を持たせることができるうえに、企業に関心がありリサーチをしてきたことに対して好印象に繋がります。

どんな会社にも企業風土というものがあり、スキルが合っても会社と個人の気質が合わないと長く勤める事は厳しい状況になってしまうのが現実です。

自分にとっても会社にとってもウィンウィンの関係を築いていけるかどうかも、長い目で見ると重要であるため、応募する企業に関心をもつことは疎かにしてはいけません。

スキル以外でPR!自己プロデュース力を磨く

スキルがなくとも転職活動のやり方次第で転職を成功させられるのが20代の特権と言っても過言ではない一方で、即戦力として期待できずとも企業が求めるべき人物であることを初対面の相手に汲み取ってもらうには一定のアピール戦略「自己プロデュース力」が必要となります。

自己プロデュース力をブラッシュアップするためにまず必要なことは「自分の市場価値を正しく把握すること」と「自分の強みと弱みを洗い出し、弱みをカバーするために取り組んでいることを補える状態にまで言語化できること」がポイントです。

転職目的によって譲れない条件を定めることも大切ですが、自己分析と企業分析の結果自分を売り込みやすい企業に注目し、アプローチすることで相性としてのミスマッチを最小限にし、転職活動としての効率を上げることに結びつきます。

スキルや資格がなくともポータブルスキルをアピールする

転職したいけどスキルがない20代は「自己プロデュース力を磨くべき」とお伝えした内容の延長線上にもなりますが、「スキルや資格がなくともポータブルスキルをアピールする」ことが実践に結びつけるためのポイントのひとつ。

ポータブルスキルとは大きく3つ「対人スキル(コミュニケーション力)」「課題力」「問題解決力」のスキルがが該当します。

業界や職種、企業問わず汎用的に活かせるオールマイティーなスキルのことであり、どんな仕事に就くにしても成果をあげ会社に貢献するための根幹となるスキルです。

よってポータブルスキルのアピール戦略が固まれば、スキルや資格でアピールしずらくとも一定どの企業の選考でも通用する自己PRとして活用することができます。

転職したいけどスキルがない20代が転職しやすい業界や職種

20代前半であればスキルがないからといって業界や職種にこだわらなくとも、間口が広く未経験分野へ挑戦する機会が多く与えられることは確かです。

しかし、年齢が上がるにつれて、ポテンシャルを重視した採用ではなく即戦力・実力をも加味した採用になっていく傾向にあるため、業界や職種によっては未経験での転職が難関となる場合もあります。

そんな20代特有の転職事情がある中でも比較的年齢を問わず、20代が未経験でも転職しやすい業界や職種としては、下記の3つがあげられます。

IT・Web業界(エンジニアやプログラマーなど)

IT・Web業界はIT技術の進化やインターネットの普及により進化を遂げ続けていますが、技術の進化や普及に人手が追いついていない状況が今もなお続いています。

慢性的な人材不足によりエンジニアやプログラマーを中心とした技術専門職において、未経験者を積極的に採用する企業も少なくありません。

エンジニアやプログラマーを支援するスクールなどの若手支援サービスも充実しています。

コメント マネたま転職博士のコメント

スキルがないからこそ手に職をつけたいと考える20代の人は、転職先としてIT・Web業界で活躍するエンジニアなどの専門職への転職を視野に入れてみることをおすすめします。

営業職

向き・不向きはありながらも社会人の基礎が身についていれば特別な資格や知識がなくとも今後の活躍が十分に見込めるのが営業職です。

コミュニケーションをとること、人付き合いが得意でフットワークが軽い20代の人には営業職が向いている可能性があります。

コメント マネたま転職博士のコメント

ハマれば、営業成績を伸ばし年齢に関わらず収入アップを実現しやすい職種であり、モチベーション高く一定のプレッシャーの元仕事をしたいという人には最適です。

営業経験があれば万が一転職するとなった場合でも、転職先として視野に入れるべき求人の幅が広いこともメリットとなってくることが期待できます。

転職したいけれどスキルがないと不安に思う20代で営業職未経験の方は1つ視野に入れてみてください。

介護職

高齢社会により慢性的な人材不足となっている介護業界では、老人が老人を介護するような状況ともなりつつあるのが現状です。

無資格や未経験でも採用したいほど人材が不足しており、資格取得支援も充実しています。

資格取得者の方が給与がいいため、今は資格がなくとも早期に資格を取得し実務として役立てていくことがおすすめです。

今はスキルがなくとも転職しやすいとはいえ、介護職は肉体労働であることから、収入を得るためとはいえど自分自身の身体を気づかうことを疎かにしないようにしてください。

事務職

事務職は比較的、知識やスキルレベルにおいて転職のハードルが低いという点で、転職したいけれどスキルがない20代におすすめです。

とはいえ、いつの時代も事務職は女性人気が高く、倍率が高いことは承知のうえで応募する必要があります。

更にはITの進化に伴うAIの普及により事務職の仕事はどんどん機会化されてきており、事務だけを主業務とする正社員求人の母数は年々減ってきている状況にあります。

事務職と一括に言っても、一般事務をはじめとし仕事内容や種類は様々です。

EXCELやWord、パワーポイントを使った資料作成ができることで即戦力となる仕事もあれば、経理や貿易関係などの専門性の高い事務職もありますが、単純作業や文書作成などの業務は今後さらに機会化が加速していくことでしょう。

よってこれからの時代に事務職へ転職する場合は、事務職スキルに加えてプラスアルファのスキルが身につくであろう手に職をつけやすい求人を探すことをおすすめします。

コメント マネたま転職博士からのひと言

ITやWeb業界などの転職需要が高い業界に注目し、事務職として働けるポジションの正社員求人に注目することも方法の1つだ。
「事務職=単純作業」という考えは古く、いかに付加価値をつけた仕事ができるかがますます重要となる時代に差しかかっている。

参考資格がなくても大丈夫!20代の転職で資格より大切なポイントを解説

スキルがないけど転職したいなら、今すぐ転職活動をしてみるのがおすすめ

「スキルがないから不安…でも転職したい」と悩んでいるなら、この機会に転職活動を経験してみることをおすすめします。

なぜなら、重要なのは最初の一歩を踏み出す勇気です。

まず転職活動という一歩を踏み出してみることで、その悩みは解消されるかもしれません。

また、転職活動をしてみることは「転職を一切考えていない方にも」おすすめです。

自己分析の手段として、転職活動を行う方が非常に多くなってきています。

もし、現職よりも好条件の企業が見つかれば、そのまま転職してしまうのも良いでしょう。

参考20代スキルなしでも転職は可能?20代が転職に成功するアピール方法

転職したいけどスキルがないと不安に思う人こそ、「転職エージェント」を活用すべき!

実際に転職活動をするなら、転職エージェントを活用したほうが良いです。

◼転職エージェントを活用するメリット

転職エージェントでは、転職のプロである担当キャリアアドバイザーが転職者の転職活動を一環して個別サポートしてくれます。

サポート内容としては下記の通りです。

    ・キャリア面談
    ・求人紹介
    ・応募書類の添削
    ・面接練習
    ・企業との交渉事(面接日程調整・年収交渉など)

転職エージェントに相談し上記サポートを受ける中で、客観的に自分を見つめ直す機会を作ることができるのが最大のメリットです。

転職したいけれどスキルがないと自信を持てない人は、独自で転職活動を進めてしまうとどうしても視野が狭まってしまい本来の自分の可能性を引き出せないまま転職活動を守りの姿勢で進めてしまうことが懸念されます。

しかし転職エージェントではキャリアやスキルの棚卸しをキャリアアドバイザーと一緒に行ってくれるため、自分だけでは気づくことのなかった強みや弱み、転職に活かせるスキルなどに気づける機会となることでしょう。

コメント マネたま転職博士の一言

また、長い将来を見据えたうえでキャリアアップ・キャリアチェンジできるあなたに合った求人を豊富な保有求人の中から紹介してもらうことができることもまたおすすめする理由の1つです。

また、長い将来を見据えたうえでキャリアアップ・キャリアチェンジできるあなたに合った求人を豊富な保有求人の中から紹介してもらうことができることもまたおすすめする理由の1つです。

キャリアが浅いがゆえに転職したいけれどスキルがないとは言え、伸びしろや人柄重視の採用を行う20代向けの求人は数多くあります。

一方で、独自で求人企業の待遇面なども含めた質の良い求人を探し出すことは中々大変ですが転職エージェントではあなたのキャリアや転職条件を含んだうえであなたに最適な求人を紹介してくれます。

転職求人サイトには記載のない細やかな求人企業情報や業界・職種のトレンドを入手することができるので転職活動を有利に進めていくことに期待できます。

  • 第三者目線を取り入れることで、客観的に自分を見つめなおすことができ、可能性をも広げていける

  • スキルがない、キャリアが浅いと悩む人にも将来を見据えた最適な求人を紹介してもらえる

  • 求人情報詳細や転職のトレンド情報を入手できる

◼転職エージェントを利用する場合は、複数社併用することがおすすめ

また、転職エージェントを活用する場合、2〜3社以上の転職エージェントを併用することがおすすめです。

なぜ2〜3社以上を併用することがおすすめなのか?

2〜3社以上を併用利用することの主なメリットは、主に下記の2点です。

  • 希望の求人に出会える確率UP

  • 担当と相性が合わなくても安心

転職エージェントでは好条件の求人や重役ポストの求人などを多く含む独占求人や非公開求人を各社多数保有しているため、複数社利用する方が質の高い求人と出会える確率もそれだけアップすることから併用することがおすすめです。

また、転職エージェントの利用にあたってはキャリアアドバイザーとの相性が最も大切であると言っても過言ではありません。

仮にA社のキャリアアドバイザーとの相性が良くなくとも、はじめから複数社併用しておくことでB社の利用を主として転職活動を滞りなく進めていけることができます。

実際に以下に引用している調査でも、転職成功者の利用エージェント数が4.2社と高い傾向が出ています。

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

そのため、転職活動をしてみようと考えている方は、2〜3社の転職エージェントを併用し、転職活動をしてみて下さい。

転職したいけどスキルがないと悩む20代におすすめ転職エージェント8選

「転職したいけれど社会経験が浅くスキルがないことから、転職する一歩を踏み出せない…」という20代におすすめの転職エージェントを下記の通り5つ厳選してご紹介していきたいと思います。

20代の転職においてスキルがあることに越したことはありませんが、転職活動への臨み方次第で転職を成功させられるかどうかを左右すると言っても過言ではありません。

あなた自身が想像もしていなかった企業や業界・職種への転職も夢ではないため、転職エージェントを活用し自分の可能性を広げて妥協のない転職を果たすことができれば何よりです。

就職Shop|書類選考なしで面接に進める!

出典元:「就職shop

就職Shopは第二新卒・既卒・フリーター含めた20代若者向けのリクルートグループが運営する転職エージェントです。

正社員や業界・職種未経験者向けの求人も多数あるため、20代で転職したいけどスキルがないと思い悩んでいる方におすすめの転職エージェントです。

求人数は非公開であるものの、取引企業数は多く、優良企業からベンチャー企業まで幅広い求人を扱っており、各企業の職場の仕事内容だけでなく、社風や待遇面など細やかな取材をしています。

初めての転職やスキルや経歴に自信がなく転職後のミスマッチを不安に思う20代でも安心して利用できます。

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、第二新卒・既卒を主な利用者層とした20代若手社会人の転職支援を専門とする転職エージェントです。

以降でご紹介するマイナビエージェントとの大きな違いは、正社員未経験者でも求人紹介を受けられる可能性があること。

関東・東海・関西エリアの求人を中心に業界・職種未経験者の転職を歓迎する求人を豊富に取り揃えています。

社会人になるも早くも就職先とのミスマッチを感じている20代や、キャリアチェンジを目指す20代に特におすすめの転職エージェントです。

ハタラクティブ

出典:ハタラクティブ

ハタラクティブは第二新卒・既卒・フリーターを主な対象とした社会人経験の浅い10代・20代へのサポートを専門とした転職エージェントです。

人柄やポテンシャルを重視した求人が豊富であり、未経験者歓迎求人や他転職エージェントでは取り扱いのない独占求人も多数含まれています。

キャリアやスキルに自信がなくとも転職者の熱意や適性を考慮したうえで相性の良い求人を紹介してくれることに期待できるため、転職したいけれどスキルもキャリアもなくて不安という人にはぴったりの転職支援サービスです。

ワークポート

出典:ワークポート

ワークポートは20代〜30代を主な利用者層とした転職エージェントです。

幅広い業界や職種の求人を保有していながらも、IT・Webやゲーム、メーカー、建築業界の求人に強い傾向にあり、専門性の高い密なサポートにより他転職者と差をつけられる可能性も。

エンジニアなどの特定専門職や営業職向け求人が多数あり、未経験者を歓迎する求人も豊富であるため、転職したいけれど実務スキルがなくて不安に思っている人にもおすすめの転職エージェントです。
20代でエンジニア未経験者からの転職を希望する人はワークポートが運営するエンジニアスクール「みんスク」も是非チェックしてみてください。

DYM就職

出典:DYM就職

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーター含む20代の転職支援を専門とした転職エージェントで、大手企業からベンチャー企業まで幅広い企業との繋がりがあり、地方の中小企業求人も取り扱いがあります。

営業・事務・販売・ITエンジニア・マーケッターを中心とした未経験者歓迎の求人も多数保有しているため、スキルや実績がなくてもキャリアチェンジを希望する20代転職者にもおすすめです。

転職者と企業との相性の良し悪しに重きをおいた求人紹介をしてくれるため、学歴やキャリアに自信がない人は是非注目してみてください。

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内最大手のおすすめ転職エージェントです。

転職支援の実績は国内No.1という知名度だけではなく、実績もしっかり持っている転職エージェントになります。

転職したいけどスキルがないと悩んでいる場合、「未経験OK」などの条件の求人を探している人も多いと思います。

リクルートエージェントは「非公開求人」を含めて、2022年1月時点で約43万件以上の求人を保有しているため、あらゆる条件や業界・職種を希望していたとしても、希望の求人に出会える可能性があります。

また、リクルートエージェントには、WEBサイトの機能やサポート体制も充実しており、

  • 職務経歴書エディタ:職務経歴書を自動で作成できる
  • 面接力向上セミナー:無料で参加可能

など、キャリアアドバイザーのサポート以外にも転職活動を進める上で必要なサービス体制が整っています。

マネたま転職博士見習いの補足 マネたま転職博士見習いの補足

転職したいと思ったらまず登録すべきはリクルートエージェントと言っても過言ではない20代におすすめの転職エージェントです。「リクルートエージェントの口コミ・評判」を確認してみるのも良いかもしれないです。

マイナビエージェント

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントもリクルートエージェントと同様に業界大手のおすすめ転職エージェントです。

マイナビエージェントは20代などの若手の転職支援に強いため、転職したいけどスキルがないと転職活動を諦めかけている20代にとって味方になってくれるおすすめの転職エージェントです。

またマイナビは、マイナビジョブ20’sという20代・第二新卒に特化した転職エージェントも展開しているため、「未経験OK」などの求人を求めている場合、マイナビジョブ20’sの登録がおすすめです。

マネたま転職博士見習いの補足 マネたま転職博士見習いの補足

マイナビエージェントとマイナビジョブ20’sは両方登録しておいても良いかもしれないです!紹介された求人が合っている方に絞ることもおすすめです。

dodaエージェント

出典:dodaエージェント

doda(デューダ)エージェントは、「求人数の多さ」「サポートの質の高さ」に定評があるおすすめ転職エージェントです。

求人に関しては、約80%がdodaにのみ掲載されている「独自非公開求人」なので、他の転職エージェントと併用して登録することをおすすめします。

また、転職のプロであるキャリアアドバイザーの対応も早く、「志望動機」「職務経歴書」など応募書類の添削はもちろん、「模擬面接」による面接練習など充実したサポート体制である点が特徴です。

丁寧なサポートの中で「スキルがないと思い込んでいる」だけで、本当は市場で評価される強みが見つかるかもしれません。

転職したい20代は、必須で登録することをおすすめします。

マネたま転職博士見習いの補足 マネたま転職博士見習いの補足

dodaエージェントの独自求人の多さは併用するとさらに転職成功の確率があがりそうです!

転職したいけれどスキルがないと不安視する20代は在職中に転職活動をすべし!

転職したいけれどスキルがないことから転職に踏み切ることを不安視する20代は多いことでしょう。

転職サイトのみでなく、転職エージェントをもまずは活用してみることをおすすめしましたが、いずれの方法での転職活動であっても可能な限り在職中に転職活動を行うことをおすすめします。

理由としては、下記の通りです。

  • 内定をもらうことがゴールとなりにくい

  • 収入が途絶える心配がない

  • 社会人としてのブランク期間がない方が転職が有利に働くことも

内定をもらうことがゴールとなりにくい

転職できるかどうか不安に思う人ほど、内定に対する執着が強く転職することがゴールかのような転職活動を知らず知らずのうちに行ってしまいがちです。

よって、スキルがないがゆえに転職が決まらない可能性を不安視している20代こそ、次の仕事が決まる前に今の仕事を手放すことはせず同時進行で転職活動を行っていくことをおすすめします。

「転職できなかったらどうしよう…」というプレッシャーが転職活動そのものにネガティブに作用することは容易に想像がつきます…。

収入が途絶える心配がない

「スキルがないが故に転職できなかったらどうしよう…」と不安に思う20代の多くは、仕事が決まらない=収入が途絶えてしまうリスクを恐れていることでしょう。

転職先が決まらず収入が途絶えてしまうリスクを恐れている人こそ、今の仕事と転職活動を同時進行で行うべきです。

例え収入が途絶えたとしても一定の条件を満たせば、失業手当給付金の受給対象となるため一時的に最低限の生活費は得ることができるとはいえ、生活水準が下がってしまうことは誰もが避けたいところでしょう。

危ない橋をわたりたくなければ、内定を獲得してから退職するようにしてください。

社会人としてのブランク期間がない方が転職が有利に働くことも

退職から転職までの期間があいていると、応募先企業からは「なぜ?」という疑問を抱かれます。

「資格取得のため」などと明確な理由づけができるのであればさほど気にする必要はありませんが、「なんとなく一旦休みたかった」「前職が原因で病んでいた」などと正直とは言えあなたの印象を下げてしまうような理由をダイレクトに伝えるわけにはいきません。

よって、一般的に明確に堂々と言える理由づけができない状況の人は、転職までにブランク期間を作らない方が転職活動をスムーズに進めていきやすいとされています。

社会人経験が浅くスキルがない20代であるからこそ、採用側を納得させる程の理由がない限りはブランク期間がない方が印象が良く映りやすいと捉えておくべきです。

ポイント

現職を退職した後に転職活動を行うとなると、時間がたてばたつほど仕事がないことへの焦りや収入が途絶えることへの不安が生じる可能性が高まります。
後悔のない前向きな転職ではなく、転職することがゴールかのような転職になってしまう懸念があるため、可能な限り在職中に転職活動に取り組むことがおすすめです。
転職活動と現職を同時進行で進めていくことは決して容易なことではありませんが、転職したいけれど自分自身にスキルがないことを不安視する人であればなおさら不安要素を作らないように心がけましょう

20代でスキルがなくても転職しない方がリスク?多くの人が後悔するポイント

20代でスキルがないことから転職したい気持ちに蓋をしてしまった場合、今後下記のような後悔が残る可能性が高まります。

20代がスキルがなくて転職しないリスク

  • キャリアチェンジしやすいタイミングを逃す
  • 年々変化に柔軟でなくなる
  • 成長スピードが遅く、キャリアの限界を感じる
  • 年収アップを見込めない

転職できるかどうかの目先のリスクを不安視するよりも、長期的な視野をもって今転職するべきかどうかを見極めることが大切です。

迷いが生じている人は以降の内容にぜひ1度目を通してみてください。

参考転職するか迷う方必見!転職のメリットや迷ったときの対処法を解説します

キャリアチェンジしやすいタイミングを逃す

20代でキャリアチェンジをするなら早いことに越したことはなく、若ければ若いほどチャンスと選択肢が多いというのが現実です。

よって、スキルがないことを理由に転職をいったん諦めて先送りにすればするほど、転職する自信がいつまでたってもつかないまま、キャリアチェンジをするタイミングを逃してしまうことでしょう。

20代の若さは武器!有利なときに転職しよう

もし、あなたが20代で転職したいけどスキルがないと悩んでいるならば、30代になる前に転職してみましょう。

なぜなら、年齢が上がるほど転職難易度が高くなっていくからです。

20代の若さは、たとえスキルがなくてもポテンシャルなどで判断してくれる可能性が高いです。

またスキルがない場合、20代後半よりも20代前半の方が転職しやすい傾向があります。

少しでも転職したいと悩んでいるなら、早めに転職活動をしてみて下さい。

20代で転職したいけどスキルがないと諦めている方が利用すべき転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内最大手のおすすめ転職エージェントです。転職支援で国内No.1の実績を誇る転職エージェントのため転職したいけどスキルがないという方も転職サポートしてもらえると思います。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代などの若手の転職支援に強い転職エージェントです。そのため、転職したいけどスキルがないと転職活動を諦めかけている20代にとって強い味方になってくれるおすすめの転職エージェントです。

dodaエージェント

doda(デューダ)エージェントは、「求人数の多さ」と「サポートの質の高さ」に定評があるおすすめ転職エージェントです。充実したサポートが特徴なので、スキルがないと考えている人も一度転職活動にチャレンジしてみてください。

コメント マネたま転職博士のおすすめ記事

20代におすすめの転職エージェントを探しているなら「【最新】20代におすすめ転職エージェント厳選15選」の記事を確認してみて下さい。

転職したいけどスキルがない20代が読みたい関連・参考記事

「転職したいけど何がしたいかわからない」の関連・参考記事

転職したいけどスキルがないし、何がしたいかわからない20代も多いかもしれません。

「転職したいけど勇気がない」の関連・参考記事

転職したいけど勇気がないだけの20代も多いかもしれません。勇気を出して一歩踏み出してみましょう!

page top