著者:マネたま転職研究所 2022年12月8日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

27歳の平均年収や手取り年収はいくら?学歴の差や年収アップのポイントも解説!

アップロード日2022/12/07

マネたま転職編集部

27歳はビジネスパーソンとしての自覚が芽生え、会社の中堅社員として期待される年齢です。

昇進する人や転職する人も増え、年収の差も生まれます。

27歳という年齢は、キャリアプランを真剣に考えるのにも良いタイミングです。

本記事では、そんな27歳の平均年収に関する解説を交え、年収アップのためのポイントを紹介します。

27歳の平均年収はいくら?

20代後半の平均年収は400万円を下回っている

国税庁「令和2年分民間給与実態統計調査」によると、25歳〜29歳の平均年収は男性が393万円、女性が319万円、全体で362万円となっています。

以下に、20代前半〜30代後半までの男女の平均年収をまとめました。

男性 女性 全体
20~24歳 277万円 242万円 260万円
25~29歳 393万円 319万円 362万円
30~34歳 458万円 309万円 400万円
35~39歳 518万円 311万円 437万円
出典:国税庁|令和2年分民間給与実態統計調査

20代後半の平均年収は、男性と女性のどちらも400万円を下回っています。

少ないように思うかもしれませんが、実は令和2年分民間給与実態統計調査の調査対象者の全体の平均年収は433万円でした。

給与所得者数は、5,245万人(対前年比0.2%減、10万人の減少)で、その平均給与は433万円(同0.8%減、33千円の減少)となっている。
男女別にみると、給与所得者数は男性3,077万人(同1.5%増、44万人の増加)、女性2,168万人(同2.5%減、55万人の減少)で、平均給与は男性532万円(同1.4%減、75千円の減少)、女性293万円(同1.0%減、29千円の減少)となっている。

出典:国税庁|令和2年分 民間給与実態統計調査

調査対象者の平均年収ごとの構成比が以下になります。

400万円以上の年収を得ているのは44.9%です。

400〜500万円に絞ると、調査対象者全体の僅か14.6%となっています。

区分 全体 男性 女性
400万円超~500万円以下 14.6% 17.3% 10.7%
500万円超~600万円以下 10.2% 13.4% 5.7%
600万円超~700万円以下 6.5% 9.2% 2.6%
700万円超~800万円以下 4.4% 6.5% 1.5%
800万円超~900万円以下 2.8% 4.1% 0.8%
900万円超~1,000万円以下 1.8% 2.8% 0.4%
1,000万円超~ 4.6% 7.1% 1.1%
出典:国税庁|令和2年分民間給与実態統計調査

27歳時点で年収400万円以上を得ている人は、待遇が良い会社に勤めていると考えても良さそうです。

参考27歳の平均年収・月収は?年収アップの方法から目指すべき業界まで解説

27歳の平均年収は376万円

転職エージェント大手の「doda」では、自社サービス利用者のデータに基づいて、年齢別に平均年収を集計した結果を公開しています。

2021年に公開された最新の資料によると、27歳の平均年収は男性が400万円、女性が347万円、全体で376万円(20代全体では341万円)となっていますが、職種別に見てみると、27歳で平均年収を超えているのは『専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)』と『企画/管理系』の2つのみだったようです。

20代の平均年収上位5つの職種 20代の平均年収
専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人) 472万円
企画/管理系 390万円
営業系 371万円
技術系(電気/電子/機械) 368万円
技術系(IT/通信) 361万円
出典:doda|平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報) 【最新版】

参考27歳の平均年収や手取りは?中央値や男女・学歴・大企業などの平均を紹介

学歴で平均年収はどのくらい違う?

大まかな平均年収はあくまでも目安です。

学歴や業種・職種など、さまざまな要因で年収が決まります。

自分の社会での立ち位置を知るためには、より細かく分析することが重要です。

ここでは、厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」に基に、学歴ごとの平均年収をまとめます。

参考【大卒平均年収】年齢別、業種・職種別、業界別の平均年収比較、高卒との比較を徹底解説

大卒と高卒の賃金の差は年齢が上がるにつれ広がる

大学院卒・男性 大卒・男性 高卒・男性 大学院卒・女性 大卒・女性 高卒・女性
20~24歳 252,300円 229,100円 204,300円 243,300円 226,500円 189,600円
25~29歳 282,000円 266,200円 233,100円 274,400円 249,400円 201,500円
30~34歳 337,800円 313,900円 258,700円 336,400円 275,300円 206,600円
35~39歳 435,900円 365,200円 285,200円 364,700円 298,200円 216,100円
出典:厚生労働省|令和2年賃金構造基本統計調査

学歴は賃金に大きな影響を与えています。

一般的に比較される大卒と高卒の平均賃金を比較してみると、25,000~80,000円程の差があります。

女性に至っては、20代前半時点で大卒と高卒で約40,000円と、平均賃金の差が大きいです。

27歳が入る「25~29歳」に絞ると、男性で33,100円、女性で47,900円の違いがあります。

高専・短大卒と専門学校卒の27歳は同程度の賃金を得ている

高専、短大卒・男性 専門学校卒・男性 高専、短大卒・女性 専門学校卒・女性
20~24歳 213,700円 213,400円 204,700円 216,400円
25~29歳 249,100円 241,200円 224,600円 236,100円
30~34歳 281,600円 274,200円 236,500円 247,800円
35~39歳 325,700円 299,800円 249,500円 256,800円
出典:厚生労働省|令和2年賃金構造基本統計調査

男性は高専・短大卒、女性は専門学校卒の方が平均賃金が高いという違いはあるものの、高専・短大卒と専門学校卒の平均賃金を見てみると、両者とも20代後半までは同程度の賃金を得ているようです。

学歴ごとの賃金を順番に並べると以下になります。

男性 大学院卒>大学卒>高専、短大卒>専門学校卒>高卒
女性 大学院卒>大学卒>専門学校卒>高専、短大卒>高卒

27歳の平均年収以上の額を得られるかどうかは、業種や会社でのポジション、勤続年数で見方が変わりますが、ビジネスパーソンとしてのスタート時点においては、学歴の要素が最も大きいようです。

参考27歳の平均年収はいくら?中央値や手取り額は?年収アップの方法も解説

27歳の手取り年収はいくら?

先にも紹介した通り、27歳の平均年収は376万円です。

年収は、1年間で会社から支給された総支給額を指しています。

源泉徴収票の「支払金額欄」に記載されている額面です。

手取り年収は、総支給額から社会保険料などを差し引いた額のことを言います。

手取り年収の計算方法

(基本給+手当+残業代)-(社会保険料+税金+年金)=手取金額

年収376万円の場合、手取り年収は300〜310万円程です。

参考27歳の平均年収は?中央値や男女別・学歴別の収入の違いを徹底解説

参考東京都の平均年収は?年代別・業種別、全国平均との比較もまとめてご紹介!

27歳の平均年収を決める5つの要素

年収はさまざまな要因で決まります。

例え高卒であっても、勤続年数が長かったり、会社で良いポジションに就いていたりする人材ならば、大卒以上の年収を手にすることも可能です。

ここでは、年収が決まる主な5つの要素を解説します。

参考27歳の平均年収や手取りは?中央値や男女・学歴・大企業などの平均を紹介

性別|女性はライフスタイルの変化でキャリアを継続しにくくなる

男性は年齢に比例して年収が上がりやすいですが、女性は年齢ごとの年収に大きな変化はないです。

これは、出産や結婚といったライフイベントをきっかけに、正社員から非正規雇用になる女性が多いことが影響していると考えられています。

総務省統計局「令和2年労働力調査年報」が調査した”非正規の職員・従業員についた主な理由”を見てみると、「家事・育児・介護等と両立しやすいから」と回答したのは、男性が1.1%なのに対し、女性は16.9%でした。

女性はライフスタイルの変化によってキャリアを継続するのが難しくなりやすいということが伺えます。

学歴|学歴によって基本給が大きく異なる

学歴に自信が無い方であっても、ビジネスパーソンとしてのスキルや経験を積むことで平均年収以上の年収を得ることができますが、基本的には学歴によって額面に差が付けられています

最も平均賃金が高く設定されているのは、大学院卒であるケースが多いです。

勤続年数|勤続年数が長い程、平均年収が上がりやすい

男女ともに、勤続年数によって平均給与が上がる傾向にあります。

国税庁「令和2年分民間給与実態統計調査」によれば、男性では勤続年数35年未満、女性では勤続年数30年未満までは平均給与が高くなるようです。

勤続年数 / 性別 男性 女性 全体
1年~4年 385万円 244万円 315万円
5年~9年 456万円 270万円 371万円
10年~14年 538万円 316万円 446万円
15年~19年 607万円 342万円 508万円
20年~24年 664万円 386万円 575万円
25年~29年 725万円 432万円 646万円
30年~34年 743万円 431万円 662万円
35年以上 651万円 334万円 573万円
出典:国税庁|令和2年分民間給与実態統計調査

参考27歳の平均年収・月収は?年収アップの方法から目指すべき業界まで解説

資格|資格手当が支給される資格を取得する

企業によっては、業務に活かせる資格を取得した社員に資格手当を支給しています。

不動産業における「宅地建物取引主任者」 建設業における「第一種・第二種電気工事士」などです。

月に数千円~数万円の手当が支給されます。

資格手当を支給している企業であれば、資格を取得することで年収をアップすることが可能です。

参考27歳の平均年収・月収は?年収アップの方法から目指すべき業界まで解説

都道府県|勤務エリアで平均年収が大きく異なる

dodaでは、2020年9月~2021年8月にエージェントサービスに登録した約45万人のデータを基にした平均年収に関する資料を公開しています。

平均年収が高い都道府県の1位は東京都で438万円です。

2位神奈川県の422万円に対して16万円、また、最下位の沖縄県336万円に対して102万円と額面に大きな差があります。

【平均年収 | 勤務エリア別】

順位 都道府県 全体 男性 女性
1位 東京都 438万円 490万円 383万円
2位 神奈川県 422万円 477万円 352万円
3位 千葉県 408万円 457万円 340万円
4位 茨城県 399万円 434万円 336万円
5位 栃木県 398万円 435万円 320万円










43位 鹿児島県 355万円 387万円 300万円
44位 宮崎県 355万円 379万円 308万円
45位 高知県 354万円 387万円 310万円
46位 山形県 350万円 376万円 300万円
47位 沖縄県 336万円 363万円 297万円
出典:doda|平均年収ランキング(47都道府県・地方別の年収情報)【最新版】

全国展開している企業の支店や業績の良い地域密着企業に勤めている場合、勤務先が地方であっても東京都と年収が大きく変わらないケースが多いです。

参考27歳の平均年収と年収中央値はいくら?【男女別・業種別・学歴別】

27歳で転職するならどんな仕事がおすすめ?特徴をご紹介!

こちらでは、転職先として検討すべき業界や企業の特徴についてご紹介します。

27歳での転職は今後のキャリアを考えるにふさわしいタイミングと言えます。

20代前半ほどではなくともまだまだポテンシャルに期待してもらえる採用傾向にある年齢なので、未経験領域への転職を検討している人でも転職成功の可能性は十分にあります。

年収アップを目指して転職する人、どうせ転職するならできる限り収入をアップしたい人は参考にしてみてください。

参考【年齢別比較・検証】25歳、26歳、27歳、28歳、29歳の平均年収事情!

IT・Web業界

IT・Web業界は技術の進化に対して人手不足といった労働需要があります。

歴史は浅くとも成長中の企業が多く、新卒採用だけでなく中途採用を積極的に行なっている会社が多い傾向にあります。

27歳で未経験で転職するケースにおいても他業界よりも比較的チャンスが多い業界です。

また専門スキルを習得しやすいことから、手に職をつけやすく、頑張り次第で収入アップに繋げて行きやすい点でもおすすめする仕事のひとつです。

ITエンジニア職

インターネットやAIなどのIT技術の進化が加速している一方で、ITエンジニアが不足しており需要が高止まりしているのが現状です。

20代であればエンジニア経験がない未経験者を歓迎する求人や、エンジニア転職に向けた無料スクールなど、若手人材が優秀なエンジニアになれるよう育成する環境が整備・充実しています。

手に職をつけたい思いがある人は注目すべき職種のひとつです。

webマーケティング職

27歳での未経験転職としておすすめの職種のひとつに、webマーケティング職があげられます。

昨今、インターネット広告事業の伸びやSNSの普及によりwebマーケティング業界は拡大し続けている一方で人手不足の状態です。

マーケティングを極めた先にはキャリアアップや年収アップを見込めるため、目標感をもって自己成長をはかっていけることでしょう。

営業職

業界問わず営業職は中途採用でも需要が高く、未経験から営業職に就く人が多い職種です。

特定のスキルや資格がマストな職種ではなく、社会人としてのマナー・対応力やコミュニケーション力が必要となります。

向き・不向きが分かれやすい仕事ですが、向いていれば結果を出した分だけ高い収入を得られる環境が多いため、モチベーションに繋げていけるでしょう。

参考年収はボーナスを含むのか|平均的な支給額もご紹介します【知っておきたい基礎知識】

27歳で平均年収以上の収入を得られる可能性がある業種

27歳の平均年収376万円以上を稼げる可能性が高い業種は限られています。

以下に、国税庁の令和2年分民間給与実態統計調査に掲載されている「業種別の平均給与」の中から、27歳の平均年収に近いものをピックアップしました。

業種 平均年収
建設業 468万円
製造業 461万円
金融業・保険業 580万円
不動産業・物品賃貸業 389万円
運輸業・郵便業 408万円
電気・ガス・熱供給・水道業 658万円
情報通信業 562万円
学術研究・専門・技術サービス業 教育・学習支援業 463万円
医療・福祉 365万円
複合サービス事業 416万円
出典:国税庁|令和2年分民間給与実態統計調査

年収の高い業界へ転職することは、年収アップの近道です。

27歳であれば、キャリアチェンジ成功の可能性が高く、あらゆる選択肢の中からキャリアプランを立てられます。

「年収」関連で合わせて読みたい

年収500万は勝ち組?割合・職業・手取りを男性と女性に分けて紹介します!

年収500万円に到達できる職業や性別別の割合を紹介するとともに、年収500万円貰っている人は勝ち組と呼べるのかどうかを検証しています。

参考​​27歳の手取り/平均年収は?27歳の転職の選択肢

27歳は将来のキャリアプランを決めるのにベストなタイミング

新卒で入社したなら社会人として5年目となる27歳は、「新人」「若手」といった扱われ方から中堅社員として見られるようになり、新人研修担当をはじめ、責任のある仕事を任される機会が増えます。

業務を通じて培ったスキルや経験が自信に繋がり、昇給・昇進を視野に仕事に取り組んだり、キャリアアップを目指して転職活動に励んだりするのも良いです。

また、20代だからこその伸びしろを活かしてキャリアチェンジもできます。

「社風が肌に合わない」「給与に不満がある」「違う仕事をしてみたい」など、企業や仕事内容、待遇にミスマッチを感じている方は、年収の高い業界に足を踏み入れてみるのにも最適な年齢です。

30代になると転職のハードルは高くなります。

これは、30代の人材に企業が求めるものが多いためです。

20代であれば、いろいろな選択肢から将来のキャリアを選べます。

30歳手前の27歳は、真剣にキャリアプランを考えるベストタイミングです。

参考27歳の平均年収を徹底解説!男女・企業規模・学歴など幅広いデータを紹介

27歳が年収をアップさせる方法は?

27歳で年収アップを図るための基本的な方法を4つご紹介します。

参考東証一部上場の大企業4年目(27歳)の年収は454万円。年収1000万には遠いが福利厚生が熱い。

社内で昇進・昇給を目指す

勤続年数に応じて基本給が上がる『年功序列型賃金制度』を採用している企業が多いのが日本の特徴ですが、近年では個人の実力や成果で給与を決める『成果型賃金制度』を採用する企業も増えてきました。

普通に仕事に取り組んでいるだけでは、『年功序列型賃金制度』と『成果型賃金制度』のどちらも大幅な年収アップは望み薄です。

27歳で年収をアップするのなら昇給・昇進を目指して仕事をするのが確実です。

役職につけば、基本給アップと役職手当の支給が望めます。

昇給制度は企業によって異なるので、就業規則をチェックすると良いです。

参考 【2020年版】あなたはどのレベル? 20代の平均年収を徹底解剖

資格手当が支給される資格を取得する

資格手当を支給する企業に勤めているのなら、取得のために動くのが吉です。

数千円~数万円の手当がもらえるので、年収アップに直結します。

仕事と勉強の両立を目指し、計画を立てて取り組むのがポイントです。

副業をする

会社が副業を許可しているのなら、副業を始めるのも良いかと思います。

年収アップまでのスピードは断トツです。

ただし、本業をおろそかにしないよう気を付ける必要があります

年収を上げるために副業をするときの注意

年収を上げるために副業をするときの注意

とくに昇給・昇進を目指している人は、副業で疲れてしまいパフォーマンスが落ちてしまうと査定に悪影響です。

独立する

27歳という若さで高年収を実現する方法としては、「フリーランス(個人事業主)」や「企業」も方法のひとつです。

ただし、独立して成功する方法は大きなリスクを背負うことにはなります。

また、これまで人一倍の経験やスキルをつけ、下積みをしなければ現実的な方法ではないでしょう。

まず転身を視野に入れて、本業をこなしながら段階を踏んでステップアップしていく必要があります。

参考「年収1000万超えの20代」って本当にいるの?実際に会って格差を見せつけられてきた

年収の高い企業に転職をする

より理想の条件で働くためには、転職は有効的な手段です。

実力や成果を給与に反映してほしい」「業界平均よりも年収が低い」などの不満がある方は、転職をすることで解決できる可能性が高まります。

ただし、待遇だけで転職先を選ぶのは避けた方が無難です。

求人に応募する前に、しっかりと企業の情報を調べておくことで、ミスマッチのリスクを軽減することができます。

転職したいけれど忙しいという方は、転職エージェントの利用がおすすめです。

無料で転職活動をサポートしてくれます。

参考ITエンジニアの平均年収はいくら?給料アップを目指す方法や転職事例も解説

コツコツ投資する

仕事ではなくお金に働いてもらうといった「投資」を行うことで、労働を無くして、収入が増加する可能性があります。

もちろん投資にはリスクがつきものですが、低リスクの「つみたてNISAをはじめとし、生活余剰金で投資信託をしたりとお金や経済の勉強をしてみましょう。

銀行に貯金をしていても取るに足らない金額しか増えないため、将来的な蓄えを増やせルように運用することもおすすめです。

参考 【2022年】27歳の平均年収はどれくらい?男女別や中央値も紹介

合わせて読みたい

【最新2022年】20代におすすめ転職エージェント厳選15選

年収をアップさせたい場合、転職をするのは一つの選択肢です。現在勤めている会社より高く評価してもらえる可能性があるからです。そこで20代におすすめの転職エージェントを紹介しています。

年収アップを目指して27歳で転職するなら「転職エージェント」がおすすめ!

年収アップの実現に向けて転職という手段をとる27歳転職者におすすめするのが「転職エージェント」の活用です。

転職エージェントとは、転職者の転職活動を一環して個別サポートする転職支援サービスのことを言います。

転職エージェントが保有する求人に利用者(転職者)を内定させることで、求人企業から報酬をもらう仕組みであるため、転職者は基本的には無料でサポートを受けることが可能です。

一般的に転職エージェントの利用者が受けられる主なサービス内容は下記の通りであり、転職ノウハウをや転職のトレンド情報を熟知したプロから転職サポートを受けられるため、精度の高い転職活動で転職の成功率を高めることに期待できます。

転職エージェントのサービス内容

個別面談
求人紹介
企業宛推薦状の作成
応募書類の添削
模擬面接練習
面接日程の調整
給与などの雇用上の交渉事

以降では、上記サービスを手がける転職エージェントを年収アップを目指す27歳転職者が活用するメリットをご紹介するため、ひとつ参考にしてみてください。

参考27歳の平均年収・月収は?年収アップの方法から目指すべき業界まで解説

希望の条件に合った求人と出会える確率アップ

転職エージェントでは各社登録利用者のみが紹介対象となる非公開求人や他転職サイトでは取り扱いのない独占求人を保有していることが一般的であり、保有求人数が豊富です。

非公開求人や独占求人の中には人気が見込まれる条件の良い求人や企業側が公にはしたくないポジションの求人など訳ありの求人が多数含まれています。

よって求人転職サイトから自分で求人を探し出すよりも効率的かつ希望条件に合った求人と出会える確率をアップさせることができるでしょう。

まずは自分と相性の良い求人と出会える確率を高める環境を整えたうえで、年収アップの実現をはかることが大切ですね!

参考20代で手取り15万~20万円って普通?平均年収と今より収入を上げるコツ!

応募書類の添削や面接対策を個別に行ってくれる

転職エージェントでは自分ひとりで取り組んで行くと行き詰まってしまいがちな職務経歴書や履歴書の作成や面接対策をサポートしてくれます。

応募企業の特性や求める人物像などを把握しているため、書類選考通過の確率を上げるためのポイントを抑えた書類の内容へと添削してくれたり、模擬面接を実施してくれるため本番に役立てることができる点は非常に心強いはずです。

本番の面接に対するフィードバックも行ってくれるために、選考落ちしてしまった場合には次の面接に活かすことができます。

転職エージェントを活用することで、選考に落とされた理由がわからないことによるモヤモヤによりモチベーションが下がってしまうことを回避できそうですね。

参考【2022年】27歳の平均年収はどれくらい?男女別や中央値も紹介 /

応募企業との交渉事を代行してくれる

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが応募企業との交渉事を転職者の代理で行ってくれる点もおすすめする理由のひとつです。

具体的には、面接の日程調整や年収交渉、入社日の相談などがあげられます。

応募企業の担当者とのやりとりひとつで悪い印象へと繋がってしまうことも懸念されるため、誰もが不慣れで不安を感じる対応を転職エージェントが代行してくれるのは非常に心強いことでしょう。

年収アップの実現に向けて転職ノウハウを熟知した担当者の力を借りて、必要に応じて雇用上の交渉事を担ってもらえる環境は27歳で年収アップを目指す人が求めるべきと言えます。

年収交渉まで代行してくれるとは驚きです!

転職に関するトレンド情報や企業情報を入手できる

転職を成功させるためには、目指す業界や職種における動向や企業が求める人物像などの情報収集力も必要です。

27歳で着実に年収アップを目指すのであれば、業界や職種の動向や企業実態を把握しておくことはマストとなってきます。

しかし、転職を独自で進める中では入手できる情報の質・量共に限られてしまうのが現実であり、情報社会であるからこそどの情報を信じるべきかがわからないという状況に陥ってしまうことも。

転職エージェントでは企業訪問のうえ職場環境や採用に込められた思いなどをヒアリングしているため、転職求人サイトには記載のない知りたかったリアルな情報に触れることに期待できます。

また、転職サポートを主軸とする転職エージェントならではのアンテナやネットワークにより転職にまつわるトレンド情報をも入手しやすい環境が整っていることも転職者にとって活用するメリットです。

転職者にとって有益な情報を入手できる環境が身近にあるなら、活用しない選択肢がないような気がしてきました!

参考【2022年最新】IT業界の年収を職種別&企業別に紹介!

27歳で年収アップを目指す人におすすめの転職エージェント

27歳の転職で着実に年収アップを実現するためには転職エージェントの活用をおすすめします。

数ある転職エージェントの中から、具体的におすすめする転職エージェントサービスをいくつか厳選してご紹介するため、転職エージェント選びの参考にしてみてください。

転職エージェントは1つに絞る必要はなく、複数併用し相性の良い求人とマッチできる確率をアップさせる使い方がおすすめです。

下記でご紹介する転職エージェントの中で「興味がある」「相性が良さそうだ」と感じたサービスをまずは試しに利用してみましょう。

参考【年収の中央値は約399万円】年代・業種・地域別の10項目で徹底調査

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大級規模の大手総合型転職エージェントです。

知名度だけでなく転職支援実績No.1を誇るリクルートエージェントでは、リクルートグループのネットワーク力や実績と共に培った転職ノウハウを個別転職支援に役立ており、転職利用者の多くが転職に伴ない年収アップを実現しています。

様々なタイプの転職者に向けて、公開求人・非公開求人合わせて約50万件超(2022年9月時点)の求人を保有しているため、個々の転職目的に沿って相性の良い求人とのマッチング率を高めることに期待できる点でも、おすすめです。

doda

出典:doda

dodaは業界No.2規模の大手総合型転職エージェントでもあり、求人サイトやスカウト制サービスの機能をも兼ね揃えた万能型の転職サービスです。

大手企業から中小・スタートアップ企業まで様々なタイプの求人を取り扱っており、転職需要の高いIT・web業界の求人にも強いことも特徴のひとつ。

特定の業界や職種に精通したキャリアアドバイザーが手厚くサポートしてくれるため、転職目的の擦り合わせを行い実現に向けたアドバイスを活かすことができます。

webサービスとしてのコンテンツも充実しているため、年収アップや転職成功のヒントを得られることでしょう。

マイナビエージェント

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代〜30代の転職支援を得意とする大手転職エージェントです。

世代を問わず、あらゆる転職者層をターゲットとした大手総合型の転職エージェントとは違い、若手転職者のキャリアの底上げに力を入れています。

大手企業だけでなく、中小企業やベンチャー企業など幅広い優良企業求人を取り扱っており、マイナビエージェントだけが保有する独占求人が多数あることもポイントです。

ハイキャリア向けの求人をメインに取り扱っている求人ではありませんが、希望条件によっては年収アップを目指すこともできます。

将来的に年収アップを見込める企業への転職を希望している方は、転職への思いを相談してみてください。

ワークポート

出典:ワークポート

ワークポート は20代〜30代転職者を対象とした転職エージェントです。

若手社会人をはじめとした個別転職支援に特化し、業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれます。

大手総合型転職エージェントほどの求人ボリュームはありませんが、求人取り扱い業界や職種を限定せず転職者個々のキャリアや希望に応じた求人を紹介してくれます。

特にIT・Webやゲーム、ものづくり、ゲーム業界、若手需要の高い営業職やエンジニア職の求人が豊富です。

未経験者を積極採用する求人も多数取り扱っているため、キャリアチェンジを希望している人にもおすすめします。

20代を対象とした、エンジニア未経験者向けのスクール「みんスク」も運営しているため、エンジニアに転身希望の人はぜひチェックしてみてください。

出典:みんスク

パソナキャリア

出典:パソナキャリア

人材派遣事業で名高い株式会社パソナが運営するハイキャリアを目指す方向けの転職エージェントです。

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・名古屋エリアを中心に業界・職種問わず社会人経験者に向けた求人を幅広く取り扱っており、特にハイクラス転職やキャリアに前向きな女性の転職に力を入れています。

実績としても年収アップ率67%超で、オリコン顧客満足度調査で4年連続No.1に位置する手厚いサポート力が魅力。

着実に年収アップの実現を目指す27歳の転職者におすすめの転職エージェントです。

ビズリーチ

出典:ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス人材を対象とした国内大手のスカウト制転職エージェントです。

国内・海外問わずベンチャー企業や大手・中小企業など幅広い企業を取り扱っており、これまでのキャリアを活かしてさらなる活躍の場を探し求める転職者に向けた求人を豊富に取り扱っており、年収1,000万以上クラスの求人が3分の1以上と高い求人割合を占めていることも魅力のひとつ。

年齢や業界、職種は問わないため、27歳という若さでも実力があればキャリアアップと共に年収アップを実現できる求人と出会えることに期待できます。

優秀なヘッドハンターによるスカウト制を取り入れているため、転職における自身の転職市場価値を把握するために利用する使い方もおすすめです。

JACリクルートメント

出典:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、プロフェッショナルを極めるハイクラス向けの転職エージェントです。

日系・外資系企業の管理職や専門職・技術職の求人に強く、グローバル転職に強いことも特徴。

在籍しているハイクラス転職のエキスパートである約1,200名ものコンサルタントが、ハイクラス転職を丁寧にサポートしてくれます。

オリコン顧客満足度調査「ハイクラス・ミドルクラス転職部門」で4年連続1位を獲得し続けていることからもJACリクルートメントのサポートの手厚さがうかがえます。

年齢制限はなく、即戦力として活躍できることを前提としたキャリア・実績重視の採用となる求人がほとんどなので、実力ある29歳であれば十分に活用できる可能性は高いでしょう。

Spring転職

出典:Spring転職

Spring転職エージェントは、大手企業求人やグローバル転職に強いハイキャリア向けの転職エージェントです。

世界最大級規模の総合人材サービス事業を展開するアデコグループのネットワーク力とノウハウを活かして、各業界・職種におけるプロフェッショナル性の高いキャリアアドバイザーが細やかにサポートしてくれます。

ハイクラス転職を成功へと導くと共に、転職者と企業との相互マッチングに力を入れていることも強みのひとつです。

業界・職種に特化はしていない中でも、転職需要の高いITエンジニア・クリエイティブの求人が充実していることもポイント。

年齢制限はないため、「積極的にキャリアを築きたい」「グローバルに活躍したい」「年収アップを目指したい」27歳転職者にもおすすめです。

リクルートダイレクトスカウト

出典:リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトはハイクラス向けのスカウト制転職サービスです。

リクルートエージェントと同じく株式会社リクルートが運営しています。

利用料無料で求人案件が掲載されている転職サイトのような使い方ができるうえに、登録したレジュメに魅力を感じたヘッドハンターから好条件のスカウトをSpring転職ことが可能です。

年収800万〜2000万円の求人を豊富に取り揃えているため、27歳の若さでキャリアに自信がある人は是非活用してみてください。

参考27歳の平均年収・月収は?年収アップの方法から目指すべき業界まで解説

27歳で年収アップを目指す人におすすめの転職口コミサービス

キャリアアップと同時に年収アップの実現するために転職エージェントの活用をおすすめしますが、転職先とのミスマッチが生じるリスクへの対策は独自でも行っておく必要があります。

転職エージェントならではのネットワークを介して選考に役立つ貴重な情報を入手することはできますが、労働環境や給与におけるネガティブな現場の声まで吸い上げることは難しいと認識しておくべきです。

そこでこちらでは、おすすめの転職口コミサイトをご紹介しておきたいと思います。

転職先として視野に入れている企業を中心にリサーチしてみてください。

参考 【2022年】27歳の平均年収はどれくらい?男女別や中央値も紹介

OpenWork

出典:OpenWork

「OpenWork」は、社員・元社員による約1300万件もの口コミを掲載する他、年収や残業実態、社風、業績などといった就職や転職先を検討する上で気になる情報をデータ化したものを情報提供しているサービスサイトです。

各企業のバランスや特性を知ることで就職・転職した際のビジョンをイメージしやすく、企業との相性の良し悪しをはかることに繋がります。

就職・転職先とのミスマッチを防ぐために、ぜひチェックしてみてください。

一般的な転職求人サイトと同じように、求人掲載も手がけていますが、社員の評価が高い順番に求人情報が掲載される仕組みをとっているため情報の信頼性が高いという味方ができることもポイントです。

en Lighthouse(エン ライトハウス)

出典:en Lighthouse

「en Lighthouse」は、日本最大級規模の企業口コミサイト「カイシャの評判」を一新し、より使いやすくした就職・転職口コミサイトです。

企業に属する社員や元社員の口コミをはじめとし、あらゆる角度からの企業情報を収集・データ化しているため、仕事選びで気になるポイントを現場のリアルな声をもって相対的に把握することができます。

断片的な情報だけでなく、各企業についての情報を可視化することで、入社後のキャリアをよりイメージしやすくなり、企業とのミスマッチを抑制することに繋げていける転職情報サービスです。

ミイダス

出典:ミイダス

「ミイダス」は数百万人の年収や転職実績情報をデータ化し、転職利用者の市場価値を簡単に測ることができるサービスです。

転職エージェント「doda」を運営するパーソルグループが運営しています。

利用者個々の行動特性(=コンピテンシー)を分析し、他己分析ができるうえに自分の仕事における可能性を探ることも可能です。

また、分析結果にもとづきスカウト連絡を受けることもできるため、相性の良い求人企業とのご縁に繋がる可能性があります。

働き盛りでキャリアを積み上げつつも、まだまだ伸びしろのある27歳が現時点で転職による年収アップの可能性を測るためにも、ミイダスを活用しスムーズに自己分析・他己分析を行う使い方がおすすめです。

キャリコネ

出典:キャリコネ

キャリコネは今注目度の高い人材ビジネスベンチャー企業が展開する転職情報サービスです。

60万社超の企業の口コミ情報の他、転職エージェントや転職求人サイトの利用者の声をもとにサービス内容を比較できる情報を提供しています。

利用者視点で転職先とのミスマッチを抑制するための情報共有がなされています。

また、キャリコネに登録することで複数の転職サービスに一括して登録できる点も魅力。

転職サービスに一つ一つ登録する手間が省くことができます。

とある企業の年収推移が気になる人や、転職するかどうか迷っている人にとっても、有効的な情報を得られることに期待できるサービスです。

参考27歳の男性・女性の平均年収と手取り額

27歳の平均年収に関するよくある質問

【Q】 27歳の平均年収を正確に知る方法はありますか?

政府が公開している資料の中に、27歳に限定した平均年収を知るものはありませんが、20代後半の平均年収から目星を付けることはできます。

国税庁「令和2年分民間給与実態統計調査」によると、25~29歳の平均年収は全体362万円(男性:393万円、女性:319万円)です。

上記を参考に、350万円~380万円程を見ておくと良いかと思います。

転職エージェント『doda』が公開している利用者のデータに基づいた資料では、27歳の平均年収は376万円です。

「20代の平均年収」に関する合わせて読みたい記事

【2022年最新】20代の平均年収はいくら?性別・職種・業種別データ|年収UPの方法も紹介

20代の平均年収について全体・性別・職種・業種別で平均年収のデータと特徴を紹介しています。また、平均年収より高い年収にするためのポイントや具体的な方法についても解説しています。

【Q】月給と月収の違いはなに?

「月給」は月ごとに定められた固定賃金のことを意味しており、基本給と固定の諸手当を合算した月の固定給になります。(残業手当などの変動手当については月給に含まれません。)

一方で「月収」とは年収を12で割った収入額を意味します。

【Q】面接の際に前職または現職の年収を聞かれるのはなぜ?

自社が想定する年収と応募者の年収が釣り合っているかどうかを確認するための質問です。

年収の差があまりにも大きいと、給与への不安が原因で退社されてしまう可能性があることから、雇用側としてもできる限りマイナスなギャップは避けたいと考えるのは当然のこと。

また、求職者自身の市場価値をはかるいち材料にもなります。

未経験転職で転職前と転職先企業がまったく異なる業界や職種の場合か、関連性があるかどうかによっても年収が高いか低いかの判断基準が異なることは求職者が察するべきポイントでもあります。

【Q】 年収を上げるために必要なことはなんですか?

仕事の成果を上げて昇給・昇進を目指したり、資格を取得して資格手当を支給してもらったりなど、年収を上げる方法はたくさんあります。

平均年収の高い業界への転職も方法のひとつです。

【Q】 27歳で年収1000万超は可能なの?

答えるならば、「不可能ではない」ということは確かです。

そもそも世代問わず年収1000万以上稼いでいる人は全体の4%であり、中でも20代で年収1000万以上稼いでいる人はわずか0.1%です。要するに確率で言えば、20代では1000人に2人という極めて少数派であるというのが現実です。

日本の企業ではまだまだ年功序列の組織風土が根付いているとは言え、時代は徐々に変わりつつあります。

「個の時代」と言われる今、社会的価値の高い人材は年齢に関わらず稼ぐ方法や環境が潤ってきていることは前向きに受け止めるべき社会的背景の一部です。

【Q】面接で希望年収を聞かれたらどのように返答すべきでしょうか?

希望年収はあなたにとって理想の年収ではなく、妥当な年収と置き換えて考えることがポイントです。

求人票には年収目安として幅をもたせて記載していることが一般的であり、「求人票に記載された年収」と「業界水準の年収」を考慮し、現実的な数字を伝えるようにしましょう。

また伝える際は、「基本的には会社の意志に従うつもり」といった前置きをしたうえで、希望の年収を伝える流れが好印象に繋がりやすくなります。

【Q】企業間との給与・年収交渉はどうすれば?

選考途中段階で、給与・年収に関する交渉を行うことは難易度が高く、悪い印象を与えてしまうリスクも大きいためおすすめできません。

タイミングとしては、内定が出ると順次金額の掲示がされることが一般的です。掲示された金額について高いか低いかを客観的視点で考え、自分の市場価値を考慮し給与交渉の余地があると判断した場合については交渉を試みましょう。

どうしても内定前に給与・年収交渉を進めて行きたいという人は、「雇用条件についてはいつ頃ご掲示いただけるのか」と金額の掲示を差し迫るのではなく、あくまでも交渉すべき時期を遠回しに聞くことがポイントです。

いずれのタイミングにしても給与・年収交渉を独自行うことはハードルが高いことから、転職エージェントを活用し転職のプロである担当者に企業間との交渉事を任せる方法をとってはいかがでしょうか。

参考 退職理由はしんどい、精神的に限界でも大丈夫?精神的に疲れた時の辞め方

まとめ

今回は27歳の平均年収についてご紹介しました。

27歳の平均年収は376万円です。

しかし、業種や学歴、スキルなど、さまざまな要因で年収が決まっているため、資料は参考程度に捉えておくのが良いかと思います。

自分の属性と近いデータを参考にし、平均年収が低いようであれば転職を視野に動いてみるのもひとつの手です。

27歳はキャリアプランを立てるのにベストな年齢です。

「平均年収」関連の合わせて読みたい記事

29歳の平均年収はいくら?三十路目前!収入アップを諦めなくて良い理由や実現のコツもご紹介!

29歳の平均年収をはじめとした収入事情や29歳が収入アップを実現するための具体的な方法について言及しています。

参考【2022年】27歳の平均年収はどれくらい?男女別や中央値も紹介

参考27歳の年収推移・都道府県別・男女別・学歴別の平均年収を完全算出

page top