著者:マネたま転職研究所 2022年12月8日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

リクルートの年収はいくら?新卒初任給や職種別の年収を徹底解説!

アップロード日2022/10/12

マネたま転職編集部

出典:リクルート

この記事では、リクルートの年収について解説します。

エンジニアや総合職をはじめとする職種別の平均年収や新卒初任給を交え、リクルートがどのような企業なのかをまとめました。

リクルートへの転職におすすめの転職エージェントと合わせてご紹介します。

リクルートってどんな会社?

リクルートは、紙媒体の広告事業を行う企業として1960年に創業しました。

インターネットが普及しはじめると、WEB広告や予約サイトの運営を本格化させ、企業の販路拡大や認知度向上をアシストするサービスの提供を開始し、現在に至ります。

出典:リクルート新卒採用2023|サービス

デジタルシフトしたリクルートは、現在60カ国以上でサービス展開をしています。

売上収益2兆円を超えており、そのうちの45%以上が海外での売上です。

リクルートは、日本を代表する企業として、また、グローバルな活躍が望める企業として求職者からも人気があります。

キャリアプランに合わせて、多彩なキャリアパスが用意されているのも魅力です。

リクルートの平均年収|職種別に平均年収を公開!

平均年収は872万円!|30代で年収1,000万円を狙えるキャリアパスが用意されている

リクルートが提出した有価証券報告書によると、平均年収は872万円となっています。

これは、国税庁が『民間給与実態統計調査』で公表している民間の平均年収433万円を大きく上回っている金額です。

給与所得者数は、5,245万人(対前年比0.2%減、10万人の減少)で、その平均給与は433万円(同0.8%減、33千円の減少)となっている。
男女別にみると、給与所得者数は男性3,077万人(同1.5%増、44万人の増加)、女性2,168万人(同2.5%減、55万人の減少)で、平均給与は男性532万円(同1.4%減、75千円の減少)、女性293万円(同1.0%減、29千円の減少)となっている。

出典:国税庁|令和2年分 民間給与実態統計調査

doda|平均年収ランキング(96業種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】によると、”インターネット/広告/メディア”業界における平均年収は全体で405万円なので、リクルートは、業界内においても平均年収が高い水準であることも分かります。

社員の口コミでも、年収が高いことを評価しているものが多いです。

世間の平均年収よりベースは高い。
人事評価、給与制度が成果と紐付いている。入社したての育成の時期からある程度の年収はもらうことができます。

出典:en Lighthouse|株式会社リクルートの年収・給与(給料)

基本的には、仕事に対して報酬が支払われるので(ポジションではない)、仕事の難易度のレベルを上げても問題ないという点を、上司たちが認識すれば飛び級含めてトントン拍子にUpしていくこともある。

出典:openwork|株式会社リクルートホールディングス

年収・給与に関しては、職種によって、ポジションよりも成果の方に重きを置いています。

実力主義、かつ、社員の平均年齢が34.8歳と若いリクルートでは、成果やキャリアパスによって、若いうちから昇進・昇給のチャンスがあるのが特徴です。

職種別の平均年収

営業系(営業、MR、営業企画 他) 578.1 万円 (平均年齢 31.2歳)
企画・事務・管理系(経営企画、広報、人事、事務 他) 769.3 万円 (平均年齢 34.3歳)
IT系エンジニア(アプリ開発、ITコンサル 他) 817.1 万円 (平均年齢 34.5歳)

出典:en Lighthouse|株式会社リクルートの年収・給与(給料)

en Lighthouseに口コミを投稿している社員の平均年収は621万円です。

職種に関しては、ITエンジニアが最も平均年収が高い結果となりました。

反対に平均年収が低いのが営業系です。

口コミ投稿者から算出した平均年収なので、タイミングによって結果は異なります。

参考程度に見ておくのがおすすめです。

参考【リクルート年収】給料ランキングは安い?平均年収と転職成功率を上げる方法を解説【高卒・大卒・院卒】

残業代は35時間超過した分が支払われる

リクルートエージェントに掲載されている株式会社リクルートの求人では、月給320,722円〜390,887円に、35時間相当の残業代として72,422円〜88,265円が含まれています。

固定残業代を時給換算すると2,069円〜2,521円です。

ボーナスは年に2回支給される

リクルートのボーナスは、毎年6月と12月に支給されます。

ボーナスは年間平均で4〜5ヶ月分相当です。

変動制のため、業績によっては少なくなる可能性もあります。

新卒の初任給・年収はいくら?

リクルートでは、2023年の新卒採用のエントリーを開始しています。

エントリーを募集しているのは、大きく分けて『ビジネス総合職』・『IT総合職』・『エキスパート』の3つのコースです。

ビジネス総合職
・ビジネス総合
IT総合職
・プロダクトグロース
エキスパート
・エンジニア・データスペシャリスト・デザイン・ファイナンス

求人を見てみると、コース・職種を問わず、月給:32万6551円(基準給:25万2813円+グレード手当:7万3738円)+賞与、年収例は470万円と掲載されており、新卒として非常に高い給与と年収になっています。

グレード手当とは、固定残業代のことです。

リクルートでは、35時間相当分の超過勤務手当(=残業代)が給与に含まれています。

企業によっては、超過勤務手当に休日出勤が含まれるケースも多いです。

一方、リクルートでは休日出勤手当が支給される他、年間の休日が145日(休日140日+指定休5日)もあるので、ワークライフバランスが取りやすい企業と言えます。

参考

リクルート社員の平均年齢と勤続年数

平均年齢は34.8歳で若手が活躍している企業

IT業界に特化している転職エージェント『Geekly』によると、IT業界の平均年齢は38歳となっており、WEB業界に関しては、『type転職エージェント』が平均年齢を33.5歳としています。

リクルートの有価証券報告書によると、社員の平均年齢は34.8歳です。

事業が多岐に渡るリクルートを、IT業界として見ると平均年齢が低く、WEB業界として見ると平均年齢が若干高いと言えます。

若い世代が活躍しているのは、IT・WEB業界どちらも同様です。

リクルートは、キャリアプランに応じて多彩なキャリアパスが用意されています。

20代〜30代で企業の要となれるのがメリットです。

平均勤続年数は6.2年

リクルートの新卒採用情報によると、社員の平均勤続年数は6.2年です。

IT・WEB業界は、企業で3年~5年程の経験を積んでから独立したり、早期のキャリアアップを目指して転職したりする人が多いため、業界における平均勤続年数は短く、WEB業界における平均勤続年数が5年程、IT業界全体では約10年程とされています。

リクルート社員の平均勤続年数も平均年齢と同様、IT業界としては短く、WEB業界としては長めです。

参考リクルートの年収に興味がある方のための基礎知識

リクルートの福利厚生は充実しているのか?

年収が高いか低いかを総合的に判断する要素のひとつとなるのが福利厚生の充実度合と活用実態です。

そこで、こちらではリクルートの福利厚生の内容について確認していきたいと思います。

業界を牽引するリクルートでは時代に即して多様性を尊重し、個人個人に合った働き方を築けるように福利厚生制度の工夫がなされている点にも注目してみてください。

参考リクルートホールディングスへ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

制限なくリモートワークを推奨

リクルートでは、一部の職種を除いては、理由や回数を問わないリモートワークの働き方を積極的に推奨しています。

リーディングカンパニーとして、個人個人のライフスタイルに応じて働く場所や時間を自由に選択できるように時代に即した制度設計を行っているというのが現状です。

リモートワークの推奨に伴い、これまでは定額支給していた交通費を基本的に実費支給へと変更されました。

柔軟性の高さはリクルートで働く社員にとっても大きなメリットとして感じられることでしょう。

就職・転職なら転職エージェントの利用がおすすめ

転職を機に、リクルートのような年収が高い水準にある企業への転職を目指したいのであれば、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

ここでは、転職エージェントのメリットをご紹介します。

キャリアアドバイザーが担当者となってサポートしてくれる

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーが担当者として付いてくれます。

キャリアアドバイザーは、転職サポートのプロです。

希望条件をもとに求人をピックアップしたり、提出書類を添削したりといったことから、面接練習や企業との面接日程調整まで行い、転職成功に向けてサポートしてくれます。

ポイント転職エージェントの主なサポート内容

  • キャリアアドバイザーへの相談ができる
  • 希望に合った求人の案内
  • 非公開求人情報の提案
  • WEBサービス、オンラインツールの提供
  • 各種セミナー
  • 企業への「推薦状」の送付
  • 面接対策
  • 必要書類の添削
  • 面接の日程調整や書類の送付
  • 企業との条件交渉

転職エージェントによっては、業種、もしくは、職種ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍していたり、特定の条件や業界に特化していたりするところがあります。

目的に合わせて、利用する転職エージェントを選ぶことが大切です。

非公開求人が得られるのは転職エージェントだけ

転職エージェントには、一般的に公開されている求人(=公開求人)に加え、キャリアアドバイザーからの紹介でのみ知ることができる非公開求人も保有しています。

非公開求人とは

事業戦略に関連している、効率良く求める人材を採用したいといった理由から、企業が転職エージェントに非公開で人材紹介を依頼している求人です。

公開求人とは異なり、非公開求人は募集するポジションや求める経験・スキルが明確です。

即戦力人材を求める求人であることが多いですが、その分、労働条件等は公開求人よりも非公開求人の方が優れている傾向にあります。

高年収やレベルの高い仕事を求める方にとって、非公開求人は非常に大きなメリットです。

転職エージェントは無料で利用できる!

転職エージェントは、人材紹介することで企業から報酬を得ているため、利用者は無料で利用することができます。

転職エージェントの利用は、効率的に転職活動を進めたい方、仕事や家庭と両立して転職活動をしたい方に最適です。

参考株式会社リクルートの役職・年齢別年収を大公開!実際の転職実績も紹介

リクルートへの転職を視野に入れている方におすすめの転職エージェント

「リクルートエージェント」

出典:リクルートエージェント
転職サイトタイプ 転職エージェント
エリア 全国・海外
おすすめポイント ・業界最多の求人保有数
・業界ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍
・オンラインツール『職務経歴書エディター』が便利
・一部の条件、業界に関しては専用サービスを設置
公開求人情報 175,321件(リクルート関連の求人:6,409件)
非公開求人情報 225,370件
サポート期間 3ヶ月

(2022年3月20日現在)

リクルートが運営している転職エージェント『リクルートエージェント』は、業界最多の求人を保有している他、業界ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍しており、求職者のニーズに合わせて適切なサポートを提供しています。

株式会社リクルートの求人は、その関連会社の求人と合わせて約6,400件です。

グループ会社であるリクルートエージェントなら、他社よりも多くの求人が見つかります。

出典:リクルートエージェント¥|職務経歴書エディター

リクルートエージェントが提供している『職務経歴書エディター』は、パソコンやスマートフォンから職務経歴書が簡単に作成できるオンラインツールです。

一般公開されているため、誰でも利用することができます。

しかし、リクルートエージェント登録者であれば途中保存が可能です。

隙間時間を活かして職務経歴書を作成できます。

doda( デューダ )

出典:doda
転職サイトタイプ 転職エージェント・求人サイト
エリア 全国・海外
おすすめポイント ・求人情報の更新曜日が決まっている
・IT業界に強い
・オンラインツールやコンテンツが充実
・国内最大級の転職フェアを開催
公開求人情報 127,647件(リクルート関連の求人:1,045件)
非公開求人情報 39,203件
サポート期間 3ヶ月

(2022年3月20日現在)

『doda』は、転職者満足度1位を獲得したメディアでもおなじみの転職エージェントです。

IT業界の優良求人が豊富に揃っています。

dodaの人気を支えているのは、充実したオンラインコンテンツや国内最大級の転職フェア、国家資格『キャリアコンサルタント』を取得したキャリアアドバイザー(はたらくサポーター)によるオンラインセミナーです。

オンラインコンテンツは、転職活動を効率化できるものが揃っています。

サービス 内容
「レジュメビルダー」 職務経歴書が簡単に作成できるサービス。作成後にキャリアアドバイザーに添削をしてもらうことも可能。
「doda年収査定」 186万人のデータを元に、自身の市場価値を客観的に調べられるシミュレーター。
「キャリアタイプ診断」 「性格」「能力」「行動基準」「仕事スタイル」「向いている企業風土」を分析してくれる。
「転職タイプ診断」 所要時間約7分。3STEPで現状の満足度ややりがいを感じる事柄を分析できる。
「「自己PR」発掘診断」 16問の設問に回答するだけで企業へのアピールポイントを提案してくれる。
「合格診断」 転職人気企業ランキング2021の上位300社の中から転職成功の可能性が高い企業を診断し、メールで知らせてくれる。
「はたらく女性のためのモヤモヤ解消診断」 女性向けのWEB診断サービスで、20問の設問に回答するだけで、自己分析やモヤモヤ解消のヒント、キャリア形成のアドバイスを提案してくれる。

独自のサービスが魅力のdodaは、転職エージェントの併用にもおすすめです。

パソナキャリア

出典:パソナキャリア
転職サイトタイプ 転職エージェント
エリア 全国・海外
おすすめポイント ・4年連続で顧客満足度調査「転職エージェント」1位を獲得
・女性転職専門チームがある
・20代~40代のキャリアアップ求人が豊富
・利用者の67.1%が年収アップを実現
公開求人情報 38,918件(リクルート関連の求人:372件)
非公開求人情報 非公開
サポート期間 6ヶ月

(2022年10月3日現在)

パソナキャリアは人材派遣サービスで名高い株式会社パソナが展開するハイクラス向け転職エージェントです。

オリコン顧客満足度4年連続堂々1位を誇るパソナキャリアは、転職者により沿った手厚いサポート力が高く評価されていることがうかがえます。

独自の基準でキャリアアドバイザーにおける評価制度を取り入れたり、女性の転職にも力を入れている点も注目すべきポイントです。

長きにわたって培った人材ビジネスによる信頼とノウハウを武器とし、取引社数28,000社超え。保有求人の半分以上が年収800万超えと、ハイクラス転職に強いことも魅力です。

以下の通り、業種・職種や経験に基づいた求人は少ないことを公表しているため参考にしてください。

・ 新卒者等、ご就業経験がない方を対象とする求人
・ 長い就業経験をお持ちで上級管理職経験がない方を対象とする求人
・ パート、アルバイト等の雇用形態の求人
・ 経験に一貫性がない方を対象とした求人
・ 自営業の経験を生かせる求人
・ 企業が求める経験に対して、直近継続しての経験が短い方を対象とする求人
・ 経験社数が多い方を対象とする求人
・ その他、下記分野の求人- ドライバー
・車掌・郵便配達・船員

- 警備員・ビル管理人・清掃員
- 建設・港湾運送関連業務
- 調理師・美容師・理容師・エステティシャン
- 芸能関連
- 公務員、非営利団体、公益法人、学校関係

出典:パソナキャリア

マイナビジョブ20’s|未経験での就職・転職におすすめ

出典:マイナビジョブ20’s
転職サイトタイプ 転職エージェント・求人サイト
エリア 全国(都市部がメイン)
おすすめポイント ・20代専門の転職サイト
・保有求人の50%以上が未経験者向け
・キャリアチェンジにおすすめ
公開求人情報 2,588件(リクルート関連の求人:61件)
非公開求人情報 非公開
サポート期間 無期限

(2022年3月20日現在)

『マイナビジョブ20’s』は、はじめての就職やキャリアチェンジを目指す20代の就職・転職サポートに特化している転職エージェントです。

保有求人の約半数が未経験歓迎求人となっています。

日本企業の多くが利用するマイナビが運営する20代の専門サービスということもあり、有名な企業の求人が豊富です。

保有しているリクルートの求人は、関連企業を中心に61件と少ないものの、未経験でも応募ができます。

転職エージェントや求人サイトに掲載されているリクルートの求人は、大学・大学院卒が条件となっていますが、マイナビジョブ20’sの求人は、正社員登用ありの契約社員契約で、短大・専門学校・高専・高校卒業のものも多いです。

独自サービスのひとつに、『常用目的紹介』という魅力的なサービスがあります。

常用目的紹介とは

期間の定めのない雇用契約(常用雇用契約)での採用を前提として、 一定期間(最長6ヶ月)は「有期契約」の雇用形態で働き、その期間が終了した時点でお互いの合意のもと、正社員など期間の定めのない雇用形態へ切り替えることができるシステムです。
出典:マイナビジョブ20’s

企業で実際に~6ヶ月働いてから入社を決められます。

求人情報やキャリアアドバイザーからの話だけでは知ることが

できない、職場の雰囲気や教育制度などを働きながら知ることができるのが、常用目的紹介のメリットです。

まとめ

リクルートの平均年収の解説と合わせて、企業情報や転職エージェントをご紹介しました。

リクルートの平均年収は、民間全体やIT・WEB業界における平均年収を大きく上回っており、また、年間休日145日とワークライフバランスも取りやすい企業です。

事業も多岐に渡るため、さまざまな業種・職種の求人があります。

若手〜ミドルまで非常に人気がある企業なので、リクルートへの就職・転職に挑戦したい方は転職エージェントの利用がおすすめです。

page top