著者:マネたま転職研究所 2022年12月8日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

仕事を辞めたいほど人間関係に悩む必要はない|心を軽くする方法

アップロード日2022/11/18

マネたま転職編集部

「人間関係がごちゃごちゃしていて、もうこの仕事辞めたい、、、」

業界や業種、若手や幹部、どこでもこの問題は付き物ですよね。

しかし、この記事を読んでくださっているということは、そんな人間関係やきついノルマに悩み、仕事を辞めたいと考えている方の一人でしょうか?

「辞めたい!」と思った時に辞める行動ができないことは、結果的に自分の首を締めることになります。

この記事では

  • 仕事を辞めたいと悩む人の現状
  • 辛い人間関係を抜け出す方法
  • 一度でも仕事を辞めたいと思ったら取るべき行動

について、解説しています。

悩んでいる時間がもったないぞ。

20代なら「第二新卒エージェント」に登録して転職可能性を探ろう!

「人間関係で仕事辞めたい」と感じている場合は、まず転職活動をすることをおすすめします。
なぜなら、人間関係は転職することでリセットすることができ、根本的な解決になることが多いです。また、転職活動をすることで、実際に転職できるのか?を知ることができます。

20代の転職支援に強いおすすめ転職エージェント「第二新卒エージェント」はすべて無料でサポートしてくれます。

今すぐ第二新卒エージェントに無料登録して転職相談をしてみることをおすすめします。

第二新卒エージェントでは、オンラインでもキャリア面談を実施しているので予定も調整しやすいです。

関連記事「仕事行きたくない家にいたい」は甘えじゃない!涙出るのは異常|仕事を変えよう!

仕事を辞めたいと悩んでいる人は多い?|人間関係・給与・仕事内容…

仕事を辞めたいと考えている人の中には、それぞれ様々な悩みを抱えています。

人間関係や給与の悩み、仕事内容など他人からしたら些細なことであっても、本人からすると、非常に大きな悩みであることもあり、多くの人が誰にも相談できずに一人で抱え込んでいます。

参考職場での人間関係でストレスが溜まっている人に!改善するおすすめの方法3つ

社会人の7割が仕事を辞めたいけど、辞められていない

仕事を辞めたいと悩む人は多く、社会人を対象にしたアンケートでは、回答者の7割以上の人が「辞めたいけど、辞められていない」状況であることがわかっています。

仕事を辞めたい人の割合

引用:退職の前に読むサイト

また、辞めたい理由は様々で、特に多いのは以下のような理由です。

  • 人間関係が悪い
  • 給与が低い
  • 仕事内容が合わない
  • 労働時間が長すぎる
  • 社風が合わない
  • 評価に納得がいかない …etc

上記の中でも、特に難しいのが「人間関係」に関する悩みです。

人間関係で仕事を辞めたいと悩む人が多い理由

人間関係で悩む人が多い理由には、

「仕事の内容や場所、会社の規模に関わらず、絶対に起こり得る問題」

であることが原因となっています。

仕事の内容や給与などは、部署異動や転職によって解決することが可能です。

しかし、人間関係については、実際に働いてみないとわからないことも多く、自分の意見だけで働く人を完全に決めることが難しいためなんです。

では、実際に人間関係で悩む人には、共通した特徴があるのでしょうか?

人間関係で仕事辞めたいと悩んでしまう人の特徴

大手転職サイトの調査によると、転職理由(ホンネ)でトップだったのは「報酬を上げたい」。

次いで「上司と合わない」「職場の人間関係が合わない」「評価に納得できない」が同率となっており、職場の人間関係で悩んでいる人は多いということが分かります。

職場の人間関係に悩んでしまう人には次のような特徴があります。

関連:転職理由(退職理由)のホンネとタテマエ

相談ができない

小さな悩みを他の人に相談できない人」は人間関係で悩みやすいです。

なぜなら、相談をしてアウトプットをすると自分自身の考えや感情をその都度整理することができます。

しかし、一人で悩んでいるだけだと、小さな悩みが積み重なっていってしまうからです。

また、相談をすることで自分では思いつかなかった視点を持つこともできますが、相談ができない人は自分一人の視点からしか物事を捉えられず、悩みへの解決策が広がりません。

参考【会社・仕事】辞めたい・疲れた。身体・精神安定の5つのポイント

周囲と比べてしまう

職場で同期や後輩などと自分を比べてしまう」というのも人間関係の悩みの一つです。

ビジネスをしている以上、より良い結果を出すために努力し、結果を出した者に多くの報酬が支払われるというのは当然のことです。

しかし、そのことを過度に比べてしまう人は周囲との人間関係で悩んでしまうでしょう。

気を遣い過ぎてしまう

周囲に気を遣える人」は、人間関係を円満に進められると思われがちですが、本心で話すのが苦手なため、相手も本心で話すことができません。

人には感謝されることも多いですが、周囲の知らないところで、一人だけ疲れてしまうことも多いようです。

その結果、相手の些細な言動や態度の裏を勘ぐってしまい気疲れしてしまいます。

「気を遣えること」は本来非常に良いことです。しかし仕事においてはスキル以上にコミュニケーションが円滑であることが大切な場面も数多くあるため、一方的ではなく相互理解を深めることが大切です。

責任感が強い

責任感が強い人」も人間関係によるストレスを溜めてしまいやすい人の特徴です。

仕事に対して責任感を持つことは本来非常に誇れることですが、周囲の人の力を借りず自分で対処する気持ちが強いと、周囲から孤立してしまうようなことがあります。

頑張って仕事をしているはずなのに、周囲がついてこないことには苛立ちや不安を覚えてしまうのも無理ありませんが、客観的に同僚とのコミュニケーションを大切にできているかを見つめ直してみてください。

参考人間関係で仕事辞めたい! 対処法や円滑にする秘訣を紹介

人間関係で仕事辞めたい人が、辛い人間関係を抜け出すための方法

辛い人間関係を抜け出すために「ストレスコーピングの理論」を活用するという方法があります。

ストレスコーピングとは、ストレスを感じた際に、そのストレスとうまく付き合うための技術のことです。

中でも、人間関係に悩むあなたに役立つ、以下の3つのストレスコーピングを紹介していきます。

参考すぐに仕事を辞めたくなるのを辞めたい!仕事を続けるための改善方法を紹介

ストレスコーピングの理論(3つ)

  • 社会的支援探索型
  • 認知的再評価型
  • 問題焦点型

誰かに相談する(社会的支援探索型)

人間関係の問題を解消する際に、一番取り組みやすいのが誰かに相談することです。

愚痴のような内容であれば家族・友人・恋人など親しい人に相談してみましょう。

また、もう少し仕事の内容を把握している人に話を聞いてもらいたければ同僚・先輩・上司など社内の人に相談するのも良いですね。

いつも一緒に働いている人に聞かれたくない内容であれば、人事部など直接の利害関係がない場所に相談する方法もあります。

このようなストレスへの対処法を社会的支援探索型ストレスコーピングと呼びます。

自分の中で捉え方を変える(認知的再評価型)

認知的再評価型のストレスコーピングとはストレスの原因を取り除くのではなく、ストレスの原因となっている人や事柄を自分の中で捉え直すという対策方法です。

例えば

  • 同期と比較されて怒られるのが嫌い → 上司から期待されている
  • いつもガミガミ注意してくる先輩が苦手 → 他人は変えられないので自分ができることに集中する

といった具合です。

「ストレス原因となる人や事柄」の良いところを探したり、いまは見えていない価値を再発見するといったイメージで取り組むと良いでしょう。

転職する(問題焦点型)

先ほど紹介した、社会的支援探索型と認知的再評価型のストレスコーピングは目の前に起きていることに対処していますが、根本的な解決にはなっていません。

それに対して、問題焦点型のストレスコーピングは問題そのものを取り除いてしまうという方法になります。

職場の人間関係に悩み、仕事を辞めたいと考える人の場合は、『転職』が問題焦点型のストレスコーピングになります。

休職や部署異動も問題焦点型のストレスコーピングと言えないこともありません。

しかし、休職・部署異動の場合は、人間関係を完全に断ち切ることができないため、また悩みの種となっている人と同じ仕事・プロジェクトに入る可能性を残してしまいます。

そのため、人間関係で仕事辞めたい場合は、より根本位的な解決を目指すなら転職を検討してください。

20代なら「第二新卒エージェント」に登録して転職可能性を探ろう!

「人間関係で仕事辞めたい」と感じている場合は、まず転職活動をすることをおすすめします。
なぜなら、まずは転職活動をして、実際に転職できるのか?を知ることが大切です。

20代の転職支援に強いおすすめ転職エージェント「第二新卒エージェント」はすべて無料でサポートしてくれます。

今すぐ第二新卒エージェントに無料登録して転職相談をしてみることをおすすめします。

第二新卒エージェントでは、オンラインでもキャリア面談を実施しているので予定も調整しやすいです。
「転職が怖い、動けない」時に合わせて読みたい

「転職が怖い、動けない」は普通の感覚|原因と失敗しないための方法とは

退職理由が明確になっても、実際に転職するのが怖いと感じている人も多いかもしれません。転職が怖いと感じる原因や解決方法について詳しく解説します。

人間関係に耐えきれず仕事を辞めてしまい!そんな時に注意したいこと

人間関係が原因で「仕事を辞めてしまいたい」という状況に至っている人は、精神的にかなり疲弊していることだと思います。

物事をネガティブで捉えてしまったり、通常の判断能力を失い自分を客観視することが難しくなってしまうことも考えられます。

そこで、仕事を辞めることが頭をよぎる際に注意しておきたいポイントをお伝えしておきたいと思います。

参考人間関係が辛くて仕事を辞めたいあなたへ。退職理由が「人間関係」では転職でマイナス評価になるの?

耐え続けることは策ではない

人間関係が原因で仕事を辞めたいと悩んでいる人のほとんどが、本来であれば望まなかった退職をするべきかどうか、そしてこの先の不安を抱いていることでしょう。

社内の人間関係の悩みを社内に相談することは現実的に非常にハードルが高く、思いつめてしまうのも無理ありません。

しかし、同じ環境にいる限り人間関係によるストレスに耐えつづける現状維持という方法ではそのうち力尽きてしまいます。

メンタルを病んでしまう前に、今後について考え現状を改善するためにどうするべきかを冷静に考え行動していきましょう。

人間関係ばかりは相手ありきなので、自分次第でどうにもならないことが多く立て直すことが難しい。精神的に不安定だと、実務においても悪影響をもたらしてしまうであろう。

見切り発車で仕事を辞めない

精神的な不安定さから感情的になって見切り発車で仕事を辞めてしまうのはリスクです。

人間関係による退職・転職は本来予想外の出来事のはず。

今の仕事を辞める決断をとるなら、計画的に行動しなければいけません。

仕事を辞めた先はどうするのか、退職するまでのスケジュール感をどうするのかなど具体的にイメージし、行動に移していきましょう。

身体が許す限り、仕事を辞めたことを後悔しないように行動するしかありません。

参考人間関係で仕事を辞めたいとき、まずは知っておきたい対処法やその後の計画

退職すると決めても正式に上司に報告するまでは周囲には伝えない

退職の決意が固まったら、真っ先に上司に伝えるまでは周囲に漏らすことがないように注意しましょう。

退職の意向が先に上司の耳に入ってしまうことで上司自身もよい気はしません。

また、退職の原因が社内の人間関係であることを知られると改善・提案を持ちかけられ、退職の引き止めに合う可能性を高めてしまいます。

円満退職を目指すなら、気をつけたいところじゃの。

人間関係で仕事辞めたい人が、人間関係に悩み過ぎた人の実例

人間関係に悩み、仕事を辞めたいと考えていてもなかなか辞めることができないと実際にどうなってしまうのか?

皆、友人や知人といった近い関係の人にはなかなか悩みを打ち明けられないことが多いため、ネット上の口コミサイトなどにも多く悲鳴の声が見受けられます。

以下は、Yahoo!知恵袋で見られた悩みの一例です。

仕事辞めたい、人間関係苦しすぎる(長文です)個人経営のクリニックで正社員として働き始めて5か月が経ちます。
未だにミスが減らず、閉院後に院長に2時間怒鳴られ続けることもしばしば…

頭悪い、どこかおかしいんじゃないか、期待してたのにがっかりだ、社会人失格、等々結構心に突き刺さること言われます。
先日は3か月過ぎれば新人じゃないんだからいい加減にしろと怒られました。
診療中に怒られることもよくある話です(私だけでなく他のスタッフを怒鳴ることも日常茶飯事です)

そして最近は社員の1人に無視されるようになりました。
おそらく仕事が出来なさすぎる私に愛想を尽かしたんだと思います。
完璧な無視ではなく、最低限の業務的な会話はあります。
今までは彼氏の相談事とか、ちょっとしたことでも「聞いて聞いて!」って話しかけてくれてたのに、今は全くありません。
タメ口だったのが敬語になって、すごくよそよそしいです。目も合わせてもらえません。
業務的にその人とコンビで動くことが多いので今かなり辛いです。

まだ働き始めて5か月だし、こんな簡単に仕事を辞めてしまってはどこに行っても同じことを繰り返すから頑張らなければと自分に言い聞かせてますが、最近限界に近づいているようで部屋で1人で泣いてしまいます。
働き始めて不眠症と不正出血と生理不順に陥っています甘い考えですが、気持ちは辞める方向へ向いています。

ただ、
・辞表を提出しても3か月は働かないといけないこと
・辞めると言った途端スタッフ全員から干されること
この2点が気になり辞めると言いにくい状態です。

もうどうしていいか分かりません。
何かご意見よろしくお願いします。

引用:Yahoo!知恵袋

正直なところ、この状態にまでなるとかなり厳しい状態です。

仮に今の人間関係を断ち切れたとしても、復帰までにはかなりの時間がかかるでしょう。

上記のようにならないためにも、いますぐ行動を起こしてください。

辞めたいのに辞めれない場合は退職代行サービスを利用しよう

そもそも、人間関係が原因で辞めたいのに、退職を言い出すのはなかなか裕樹が必要なことだと思います。

そんな時、「退職代行サービス」があなたの強い味方となってくれます。

退職代行サービスとは、「あなたの退職に関わる事務手続きを代行してくれるサービス」のことを指します。

()最近は格安の退職代行サービスを名乗る悪質な業者が急増しているので注意してください

その中でも、今回ご紹介する『EXIT』は、会社としての知名度・実績共に自信を持っておすすめできるサービスです。

EXIT』は、メディアに何度も取り上げられている非常に知名度が高いサービスです。

NHKの『クローズアップ現代』で特集が組まれたり、名称が同じ、人気お笑い芸人のEXITともコラボしています。

また、最近では代表の新野俊幸氏が某恋愛リアリティ番組に出演していることでさらに知名度が上がっています。

EXITの特徴は、LINEで相談ができ、思った時に気軽に相談可能な点です。

LINEで「会社を辞めたい」「もう二度と上司と顔を合わせたくない」など、辞めたいという気持ちを伝えるだけで、会社への連絡は EXIT が代行してくれます。

相談は全て無料ですし、実際に依頼する場合は、退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOKです。

基本的に退職に関わる一切の行為を代行してくれます。

あなたがやる必要があるのは、「相談」と「支払い」の2つのみでOKです。

利用料金 正社員・派遣:5万円
アルバイト・パート:3万円
追加料金 一切なし
対応地域 全国
対応日時 24時間365日
連絡方法 電話・メール・LINE
対応期間 退職完了まで
公式サイト EXIT

さらに、EXITは転職エージェント『ワークポート』と提携をしているため、EXIT経由でワークポートに登録し、転職が成功すると、退職代行費用が無料になります。

自力で辞めることができそうにない方は、一度無料で相談してみることをおすすめします。

退職代行を利用するならEXIT!

『EXIT』
抜群の知名度!LINEで気軽に相談!
【公式】https://www.taishokudaikou.com/

人間関係で仕事辞めたいと思ったら①転職の準備

もし、自力で辞める場合は、根本的な解決のため仕事を辞めて転職をしようと決意した場合でも、すぐに転職ができるわけではありません。

事前の準備が何もない状態からだと少なくとも1〜2ヶ月は時間がかかります。

以下、転職の準備に必要なステップを解説していきます。

参考​​仕事行きたくない、家にいたい!避けるべきNG行動と対処法は?

転職の目的をはっきりさせる

とにかく今の逃げ出したいという気持ちが強くても、まずは「転職をすることで何を実現したいのか?」をはっきりさせておきましょう。

現職の人間関係をリセットするという目的以外にも給与・仕事内容・勤務地・福利厚生など検討する項目は多岐に渡ります。

全て理想通りの姿を獲得するのは難しいですが、転職する目的をいくつか挙げて優先順位をつけておくと良いでしょう。

例えば、今回の場合は人間関係の問題で仕事を辞めたいと考えているので、以下のような理由でも構いません。

  • アットホームな職場で、上下関係なく仕事がしたい
  • 人に鑑賞されることが苦手なので、結果さえ出せればリモートワークOKな職場で働きたい

参考【仕事を辞めたい】人間関係で悩んでいる人は多い…そんな時どうしてる?

転職で獲得したい将来像を明確にする

また、目的を達成するために、「自分が将来どのようになっているのか?」という将来像を明確にしておく必要もあります。

前述したように、今の職場の人間関係を解消したい場合でも理由は様々です。

  • 少人数の会社に転職して関わる人を限定する
  • なるべく人と関わらなくても良い仕事にする
  • プライベート重視の職場に転職する

など、人間関係の作り方にも様々な方法があります。

将来像は転職活動をしながらより明確になっていきますが、転職活動を続けていくと新しい情報が入って来て当初の理想像が見えづらくなって来ますので、しっかりと準備しておきましょう。

転職・退職・引き継ぎのスケジュールを立てる

法的には、2週間前に退職意思を伝えれば問題ありません。

しかし、後任や引き継ぎの事を考えると1〜3ヶ月前には退職の意向を伝えておくのが無難です。

また、転職には大きく2通りの方法があります。

  • 在職中に次の仕事を探すパターン
  • 退職してから次の仕事を探すパターン

あなたの状況によって、どちらがいいかは異なりますが、可能であれば在職中から転職エージェントに相談を進めておけば、退職から次の仕事にスムーズに移ることができるでしょう。

また、多くの場合は、仕事の引き継ぎが発生するため、事前にどのようなスケジュールで進めるのかを考えておきましょう。

初めての転職活動の方は、転職エージェントに登録だけしておけば、その後の転職活動がスムーズに進みます。
※後半に「失敗しない転職活動法」を解説しています

◻ 【転職エージェントを選ぶ Point】 ◻

    業界最大手の『リクルートエージェント』も決して悪くはありませんが、

    ◎登録者が多いために対応を後回しにされる
    ◎優秀なアドバイザーに言いくるめられる
    可能性があります。

    また、転職エージェントは完全無料で利用可能ですが、あなたが転職することで、企業側から報酬(提示年収の約30%)を受け取れるので、言葉巧みに転職へ誘導してくる場合もあります。

    同エージェントでもアドバイザーごとに異なるため、一概には言えませんが、念頭に置いておきましょう。

    以上を踏まえて、初めての転職活動であるならば、下記の転職エージェントがおすすめです。

    ■『DYM就職』※最もオススメ!・20代で転職活動に自信がない方向き
    【公式】https://www.dshu.jp/
    ■『パソナキャリア』・手厚いサポートを受けたい方向き
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
    ■『マイナビエージェント』・30代の方、中小企業を検討したい方向き
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    ■『ビズリーチ』※スカウトサービス・年収600万以上の方向き
    【公式】https://www.bizreach.jp/

    ※複数登録してはいけない決まりはないので、気になるエージェントに登録して、
    相性の良さそうなエージェントだけ利用するのがおすすめです。

参考【人間関係が辛くて仕事を辞めたい】良いケース・悪いケースと対処法

人間関係で仕事辞めたいと思ったら②転職の実行

「もう、こんな人間関係に悩むのは嫌だ!」

下記で解説するポイント「だけ」、忠実に行うことで、満足のいく結果を得ることができます。

オリジナリティな転職活動は必要ありません。

徹底的に真似をしましょう。

転職エージェントを選択する時のポイント

失敗しない転職活動を実現するために、転職エージェントを利用する際は、

転職エージェントは必ず、

3社以上を併用

してください。

実際に、人材大手リクルートによる調査でも、転職エージェントを複数利用している求職者の方が、転職活動の成功率が高いことが実証されています。

転職決定者の平均転職エージェント利用社数は4.2社です。

転職エージェントの3社以上登録することによるメリットは以下です。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

1社の転職エージェントから紹介してもらえる求人案件は3社前後です。

幅広く求人を検討するためにも、3社以上に登録することをおすすめします。

おすすめの転職エージェント

転職賢者が本気でおすすめしている転職エージェントについてご紹介します。

前述の通り、3社以上のエージェントに相談して、幅広く業種・業界を検討しましょう。

◆転職エージェントの利用が不安な方へ◆

    決して、背伸びをして自分をよく見せようとする必要はありません。
    パートナーとなる相手に、自分をよく見せようとすると、かえって転職活動の失敗を招きかねません。
    最初に登録した情報でいきなり求人を紹介されることはありませんし、職務経歴書は一緒に作成すればいいのです。

    土・日でも利用可能ですよ!
    まずは登録して、転職エージェントの指示を待ちましょう!

    ※登録の際、在職中の方は備考欄に「●時以降なら電話対応」 と記載しておけば、仕事中に連絡が来て現職にバレることはありません。

まず、絶対に登録すべき総合型転職エージェントをご紹介します。

現職(前職)での雇用形態に関わらず、登録が可能です。

いずれも3分程度で登録が完了します。

◻ 【転職エージェントを選ぶ Point】 ◻

    業界最大手の『リクルートエージェント』も決して悪くはありませんが、

    ◎登録者が多いために対応を後回しにされる
    ◎優秀なアドバイザーに言いくるめられる
    可能性があります。

    また、転職エージェントは完全無料で利用可能ですが、あなたが転職することで、企業側から報酬(提示年収の約30%)を受け取れるので、言葉巧みに転職へ誘導してくる場合もあります。

    同エージェントでもアドバイザーごとに異なるため、一概には言えませんが、念頭に置いておきましょう。

    以上を踏まえて、初めての転職活動であるならば、下記の転職エージェントがおすすめです。

    ■『DYM就職』※最もオススメ!・20代で転職活動に自信がない方向き
    【公式】https://www.dshu.jp/
    ■『パソナキャリア』・手厚いサポートを受けたい方向き
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
    ■『マイナビエージェント』・30代の方、中小企業を検討したい方向き
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    ■『ビズリーチ』※スカウトサービス・年収600万以上の方向き
    【公式】https://www.bizreach.jp/

    ※複数登録してはいけない決まりはありません。
「20代におすすめの転職エージェント」に関する合わせて読みたい記事

【最新2022年】20代におすすめ転職エージェント厳選15選

20代の転職を成功させるためには、転職エージェントの活用がおすすめです。転職を考えている20代向けに転職成功のためのおすすめ転職エージェントから活用ポイントまで総合的に解説しています。

「30代におすすめの転職エージェント」に関する合わせて読みたい記事

30代におすすめ転職エージェント10選|キャリアアップ目指すなら転職エージェントの活用がおすすめ?

30代の転職に転職エージェントの活用をおすすめする具体的な理由や、更なるキャリアアップを目指す30代におすすめの転職エージェントを厳選してご紹介しています。

仕事を辞めたいと悩んでいる人におすすめの転職エージェント

こちらでは人間関係などを理由に仕事を辞めたいと考えている人・転職したい人に向けて、おすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントは基本的に無料で利用することができ、マンツーマンで転職サポートを受けられるサービスです。

転職できる自信がなくて、仕事を辞める決断を仕切れないという人もまずはキャリア面談を受けてみて自分を知ることから始めてみてください。

参考「職場の人間関係に疲れた……」会社を辞めたいと思ったら、まず最初にやるべきこと

「doda」

出典:doda

dodaは業界トップクラスの求人数を取り扱う総合型の転職エージェントです。

転職者の年齢や業界・職種を限定することなく、各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが個別サポートしてくれます。

また個別転職支援サービスの他にも求人応募型転職サービスやスカウト制サービスの機能も持ち合わせていることがdodaならではの特徴です。

転職診断ツールやコラムなどサイト内のコンテンツが充実しており、定期的に転職セミナーも実施しています。

転職者の転職活動状況に応じてサービスの使い分けができるため、仕事を辞めたいと悩んでいる人にとっても参考となる情報を入手しやすい利便性があるためおすすめです。

「リクルートエージェント」

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界No. 1の求人数を保有する大手総合型転職エージェントです。

世代や業界・職種、地域を絞らず、幅広いジャンルやエリアの求人案件を取り扱っています。

公開求人・非公開求人については各25万件超(2022年11月時点)。求人バリエーションと共に、これまでに多数の利用者実績がある「転職支援実績No.1」の転職エージェントです。

実績高きリクルートエージェントならではの転職ノウハウやネットワーク力を活かして、安定感のある個別サポートを受けられることに期待できます。

まとめ|仕事の人間関係に悩み過ぎる必要はない!

仕事を辞めたいと思うほど人間関係に悩んでいる場合には、まず、誰かに相談する(社会的支援探索型)・自分の中で捉え方を変える(認知的再評価型)といった対処をしてみましょう。

それでも解決しない場合には、すぐに転職(問題焦点型)してくだい。

また、もし「職場の人に会うのが嫌すぎて、明日会社に行きたくない・・・。」という段階まで来てしまっている場合には、退職代行というサービスを利用するという方法もあります。

退職代行サービスを利用すれば、当日から会社に行かず、会社と全くコミュニケーションを取らずに退職をすることも可能。

自分が体調を崩したりと、手遅れになる前に先回りして対策をしていくことが大切です。

    ※『コロナウイルス』によって、経済が冷え込み、必ず転職/就職が難しくなります。
      早めの相談をおすすめします。

    ■『DYM就職』※最もおすすめ!・経歴に自信のない20〜30代前半の方向き
    【公式】https://www.dshu.jp/
    ■『パソナキャリア』・手厚いサポートを受けたい方向き
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
    ■『マイナビエージェント』・20/30代で隠れ優良企業も見たい方向き
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    ■『ビズリーチ』※スカウトサービス・年収600万以上の方向き
    【公式】https://www.bizreach.jp/

    ※複数登録してはいけない決まりは一切ありません。
「仕事を辞めたい」時に合わせて読みたい

仕事を辞めたいけど言えない状況とは今日でおさらば!【速攻退職】

仕事を辞めたいけど言えないという人も多いかもしれません。なぜ仕事を辞めたいのか?仕事を辞める理由を整理し、今後の対策について明確になるように解説しています。

関連記事会社を休む理由に家庭の事情を使うのは、心の「サイン」かもしれない

page top