著者:マネたま転職研究所 2022年10月3日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

HSPで仕事が続かない?転職を繰り返す理由と対策とは|HSPにおすすめ転職エージェントも紹介

アップロード日2022/08/16

マネたま転職編集部

HSPの人の中には、仕事が続かない・長続きせずすぐに辞めてしまうといった悩みを抱えている方もいらっしゃるかと思います。

外部からの刺激を受けやすいHSPの人は、職場の環境や人間関係などが原因で、「働きたいのに仕事が続かない」という状況に陥ってしまうことが少なくありません。

今回の記事では、HSPの人が仕事が続かない理由とその対策、そしてHSPの人の転職に強い転職エージェントを詳しく解説します。

仕事が続かないとお悩みのHSPの人は是非参考にしてください。

仕事が続かないと悩むHSPの人のよくある特徴

仕事が続かないと悩み、自分の居場所を中々見つけられず肩身の狭い、つらい思いをしているHSPの人は珍しくありません。

そんなHSPの人は下記の通り共通する特性を持っている傾向にあります。

ポイントHSPの人にありがちな特性

  • 共感力が高い ⇔ 影響を受けやすい
  • 物事を熟考する ⇔ 考えすぎる
  • 洞察力に優れている ⇔ 繊細すぎる
  • 優しい、相手を責めない ⇔ 自己肯定感が低い

上記にあげた特性を持っている傾向にあることから、HSPの人は仕事をするうえで総じて疲れやすい傾向にあるとされており、ひとつの仕事を続けるハードルが人並み以上に高くなってしまうのです。

HSPの人に限らず、誰しもが長所と短所は表裏一体にある。
HSPの人の特性を活かしやすい仕事につくことができれば本来は苦しまずに済む問題なのです。

参考​​HSPで仕事がつらいのは自然なこと!心がラクになる対処法

HSPが仕事が続かない理由

感受性が高く、外部からの刺激に敏感なHSPの人にとって、仕事が続かないという悩みはよくあるものです。

まずは、HSPが原因で仕事が続かない具体的な理由をご紹介します。

HSPが原因で仕事が続かない理由とは?

  • 人間関係に悩んでしまう

  • 仕事内容が合っていない

  • 労働環境が悪い

  • 仕事でのストレスを抱えやすい

参考【HSP】仕事が続かないと思ったときのポイント

人間関係に悩んでしまう

HSPで仕事が続かない理由の中でも、特に多いものがこの人間関係です。

HSPの人は、他者の感情に影響されやすく、自分のこと以上に考えてしまう傾向があります。

そのため、上司や同僚から嫌がらせを受けたり、逆に仲良くしないといけない風潮が強かったりすると、必要以上に悩んでしまうことがあります。

コメント マネたま転職博士のコメント

このように、人間関係が原因となって「仕事がしたいのに、続かない・続けられない」状態に追い込まれてしまうのです。

仕事内容が合っていない

HSPの人は、向いている仕事と向いていない仕事が大きく分かれています。

そのため、向いていない仕事をずっと続けるのはHSPの人にとって強いストレスを感じてしまうのです。

具体的に、対人のコミュニケーションが多い仕事・自分の興味のない仕事はHSPの人にとって苦痛を感じやすいと言われています。

労働環境が悪い

HSP人はHSPではない人に比べて疲れやすく、長時間労働や過度な残業を強いられるブラックな労働環境での仕事は人一倍不向きとされています。


よって仕事が続かない状態に陥るリスクが高い労働環境での仕事を選ぶことは極力避け、心身ともに健康的に仕事を継続していけることに重きをおいて仕事を選ぶべきです。


中でも仕事が続かないと転職を繰り返してしまうHSPの人は、自分の特性を踏まえずその場しのぎの転職活動を行ってしまっている可能性も考えられます。


極力労働時間にイレギュラーが生じることなく自分の生活リズムを乱すことがない労働環境が整った職場に出会えるよう、転職先のリサーチをしっかり行うことが大切です

参考仕事が続かないHSS型HSPに、仕事を辞める前に考えてほしいこと

仕事でのストレスを抱えやすい

HSPの人は五感や神経の鋭さから、そうでない人と比べてストレスを感じやすいと言われています。

そのため、仕事上での些細なミスや人間関係の不和などで生じるストレスは相当なものとなってしまいます。

ストレスをうまく発散する方法を持っていないと、職場が新しくなるたびにストレスを抱えてしまい仕事が続かない、という状況になってしまいます。

  • マネたま転職博士見習い
    マネたま転職博士見習い

    HSPで仕事が続かない場合には、まずは原因を明確にすることから始めることをおすすめします。

参考HSP気質の人は仕事が1年も続かないのか?

仕事が続かないHSPにありがちな仕事上の負のマインドとは?

1つの仕事が続かず転職の頻度を繰り返しがちなHSPの人には、仕事をする上での考え方や姿勢に共通点があり、その考え方や姿勢に偏りがあることによって仕事がつらくて続かないという状況に追いやっている可能性が高いです。

こちらでは仕事が続かず転職を繰り返す傾向があるHSPの人にありがちな、仕事上の負のマインドについて3つご紹介します。

仕事をする上での考え方や姿勢を改める意識づけをするだけでも、肩の荷が少し降りて仕事に対する精神的負担が軽減できる可能性があるため、以降の内容について是非1度目を通してみてください。

仕事が続かないHSPにありがちな仕事上の負のマインド

  • 自分を過小評価してしまい自分で自分を責める

  • 他人の顔色を過度にうかがってしまい、自分の首を絞める

  • 仕事と自分を切り離せないでいる

参考なぜHSPは転職や短期離職を繰り返してしまうのか?【原因と対処法を紹介】

自分を過小評価してしまい自分で自分を責める

HSP人は職場でテキパキと仕事をこなす同僚の姿を見ると、仕事をすぐに辞めたいと思ってしまい、1つの仕事が長続きしない自分が浅はかで責任感に乏しい人間であると落ち込みます。

HSPの人にも仕事で活かせる強みはたくさんあるにも関わらず、自分で自分のことを仕事ができない人と認定してしまい、1度ネガティブな思考を巡らせてしまうと中々その負のループから抜け出すことができません。

自分を過小評価してしまったり、自分は駄目だと決めつけるマインドが仕事が続かない1つの要因となっているでしょう。

他人の顔色を過度にうかがってしまい、自分の首を絞める

HSPの人は洞察力に優れる一方で、過度に他人の顔色を伺ってしまいます。

言葉を交わして確認することなく相手の些細な言動だけで想像を膨らませてしまい、気を使うべきでないところで気を使ってしまいがちです。

争い事・競争事が苦手であり自分より他人を優先する優しい心の持ち主であるがゆえに、損してしまう場面も多々あるようです。

コメント マネたま転職博士のコメント

「人からどう思われるか?」と気にしすぎるマインドが結果的に自分を苦しめてしまい、HSP気質の人が仕事が続かない要因の1つになっているでしょう。

「人からどう思われるか?」と気にしすぎるマインドが結果的に自分を苦しめてしまい、仕事が続かない要因の1つになっているでしょう。

仕事と自分を切り離せないでいる

HSPの人は仕事のある日だけではなく、休日も仕事のことを常に考えては身も心も休まらない状態が続いている人が多い傾向にあります。

特に仕事でミスをしてしまった時や自分の中で解決できない煮え切らない出来事があった時には、自分を責め続けたり、答えを出さなければいけないという気持ちが高まってしまうのです。

「起きてしまったことを気にしすぎてしまい、仕事と自分とを切り離してはいけない」というマインドが結果的に自分を苦しめてしまい、仕事が続かない要因の1つになっているでしょう。

仕事が続かないと悩むHSPの人が向いていない職場と向いている職場

HSPの特性を理解し柔軟に応じてくれる職場を見つけることが難しくとも、自らがHSPが向いていないであろう職場を選ばないように選別することも大切です。

以降では仕事が続かないHSPの人が向いている職場と向いていない職場の特徴をご紹介します。

HSPの人にとって理想の職場を向いている職場としてあげているためその点にも注目してみてください。

参考20代で仕事続かないのはなぜ?新卒早期離職の理由と仕事が続かない20代の特徴とは

仕事が続かないHSPの人が向いていない職場の特徴

仕事が続かないと悩むHSPの人が向いていない職場の特徴は下記の通りです。

仕事が続かないHSPの人が向いていない職場

  • ノルマや競争力が厳しい
  • スピード感が重視される
  • 同調圧力が強め
  • 体育会系の風土がある
  • 飲み会や社員旅行、社内イベントが多い
  • 体育会系の風土がある
  • パワハラがひどい
  • 同僚や上司の仲が悪く、周りが気を使わざるえない
  • 遅刻や休暇に厳しい
  • 残業を強いられる

自己主張が苦手なHSPにとって物事を強いられることは非常にストレスとなります。

また共感力が高く、他人のことを自分ごとのように受け止めてしまう傾向にあるため人間関係においても気を使いすぎて疲れがたまりやすいことも特徴の1つです。

仮に転職をする場合には、転職条件として職場環境を第一優先としHSPの人が働きやすい職場に転職する工夫が鍵となります。

仕事が続かないHSPの人が向いている職場の特徴

一方で仕事が続かないHSPの人が向いているであろう職場の特徴は下記の通りです。

仕事が続かないHSPの人が向いている職場

  • 包容力のあるリーダーがいる
  • 個性を尊重した柔軟性のある
  • 人間関係が良好
  • 適度な距離感がある

上記にあげた職場かどうかの多くは転職前に中々見抜けることではないため、やはり向いていないであろう職場を避けることが最も重要であると言えます。

最近ではリモートワークの対応が可能となる仕事が続々と増えているため、働き方に注目して仕事を探すこともおすすめです。

参考HSPで仕事が続かない?HSPだからこそ活躍する仕事9選

HSPで仕事が続かない人におすすめの仕事の選び方や工夫

ここまでご紹介したように、HSPの人の仕事が続かない理由はさまざまです。

ですが、ほんの些細な心がけや仕事選びの工夫ができれば仕事をするのが楽になります。

コメント マネたま転職博士のコメント

働きやすい環境を自分から作る・選ぶように心がければ、HSPで仕事が続かないという悩みも解決できるかもしれません。

ここからは、HSPで仕事が続かないと悩んでいる人の仕事の選び方や工夫をご紹介します。

参考【HSP】仕事が続かない・転職を繰り返す場合の対策方法|まずは自分を知ることが大切

得意なこと・好きな仕事に関わるようにする

自分にとって得意なこと・好きなことに関われる仕事に就くことで、仕事に関するストレスを抑えることができます。

もし現在仕事に就いているのであれば、できるだけ自分の得意な方面の仕事を任せてもらえるようにすれば、結果も出やすくなり自由に仕事ができるようになるでしょう。

仕事が続かないと思ったら、自分の得意なこと・好きなことを伸ばして資格を取るなどの努力をしてみるのもいいかもしれません。

資格があれば企業に対して能力の証明ができるので、より好きな仕事に関わりやすくなるでしょう。

自分の強みと弱みをしっかり理解したうえで強みを活かしやすい職場を選ぶ

HSPの人は自分の短所ばかりに目を向けてしまい、長所を認識できていないことが仕事が続かない根本的な原因の1つとなっている可能性があります。

下記にあげる強みや弱みはあくまでも一般的にあげられるHSPの人の傾向であるため、自分自身に置き換えて強みと弱みを今一度認識し、自己理解を深めてください。

HSPの人の強みHSPの人の強み

  • 慎重で危機管理能力が高い
  • 調整性・共感力が高い
  • 物事を多角的にとらえられる、思慮深い
  • 想像力が豊か

HSPの人の弱みHSPの人の弱み

  • 人一倍疲れやすい
  • 繊細で傷つきやすい
  • 自己肯定感が低い
  • 憶測で物事をとらえやすい

HSPの人は他人と自分を比べてしまい極度に落ち込んだり劣等感を感じてしまいやすい傾向にありますが、実は本来であれば対人関係や仕事に活かせすことができる強みはたくさんあります。

自分に合った環境を選ぶことや、HSPへの理解を周囲に深めてもらうためにはまずはあなた自身が自分の特性を十分に理解しておく事が大切です。

弱みにばかり目を向けずたくさんある強みを活かせる職場選びや工夫ができるといいですね。

参考HSPで仕事が続かない時の対策まとめ

日常生活でストレスとなりやすいことをリストアップしてみる

仕事を含めてあなた自身が日頃ストレスを感じやすい場面はどんなことでしょうか?

おそらくストレスを感じやすいケースには共通点や傾向があるはずです。

ストレスとなりうるケース|例

・満員電車が苦手
・組織・上司などによる無理知恵に拒絶反応が出る
・同僚や友人との薄っぺらい会話や中身のない愚痴が退屈で苦手と感じる
・無駄な業務や残業 など

ストレスを感じやすい原因を今の職場で回避・改善することが難しい場合には、無理し続けることなく転職をするというのも方法の1つですが転職先となる職場選びには人一倍慎重になるべきです。

仕事が続かないHSPの人は転職を繰り返していることも珍しくなく、現状を回避するためだけの転職をしてしまっていることも仕事が続かない原因となっている可能性があります。

自分がストレスを感じにくい職場環境選びを転職における第一優先条件とし、人一倍自分がストレスと感じやすい企業風土や職場環境であることが想定される転職先は極力避けるようにしましょう。

深い人間関係を持たないようにする

先程ご紹介したようにHSPの人は、人間関係の悩みを抱えやすい傾向にあります。

逆に、人間関係が良好ならばある程度仕事内容に不満があっても仕事が続くことがあります。

上司や同僚と密に人間関係を結ばなければいけない職場ではなく、他者とのコミュニケーションが少なくて済む職場・立場の仕事の方がHSPの人には働きやすいでしょう。

収入は最低限!稼ぐハードルを下げる

HSPの人の中でも仕事が続かない理由が長時間労働や、自分の生活リズムを乱されることが原因である場合には、仕事において稼ぐハードルを下げることも続けるための仕事を探す方法の1つです。

生活していくうえで必要な収入を最低限得るために仕事をするというスタンスで、まずはあなたがストレスなく仕事を続けていくことを目標に仕事を探してみるとよいでしょう。

例えばリモートワークや、フレックスタイム制を取り入れている仕事や、必ずしも正社員にこだわらず契約社員や派遣社員で残業が強いられない働き方をすることも選択肢として取り入れてみてください。

今の仕事よりも収入が下がってしまう場合には生活レベルを少し落とすことにはなりますが、心身を害したり再び転職することを天秤にかけると、ひとまずは仕事を健康的に続けることを優先すべきという見方もできます。

  • マネたま転職博士見習い
    マネたま転職博士見習い

    成功体験を重ねていくことで、周りと比べることなく自分にとってベストな働き方を築いていけるといいですね。

参考仕事をしたくないHSPの生き方|10の質問で適職を知ろう

HSPに理解のある職場を探す

ここまでご紹介した対策を実行しても、そもそも職場がHSPへの理解がないと自分らしく働くことは難しいかもしれません。

ですので、仕事が続かないと悩んでいるのであれば、HSPに理解がある職場への転職を考えてみましょう。

独自で転職活動を進めると職場の色を判断することは至難の技であるため、「転職エージェント」で自分の相性が良いと思われる企業風土や職場環境の求人を紹介してもらうことがおすすめです。

HSPで仕事が続かないのは問題なし!無理なく働くための7つの行動とは?という記事にもある通り、無理なく働ける環境を探すのが一番です。

HSPで仕事が続かず転職を繰り返している人がとるべき対策

すでに職場を転々としており、仕事が続かず自分に合った職場に出会えずいつまでたっても状況が改善されないと悩んではいませんか。

以降では、何度も転職をしては辞めてを繰り返している方におすすめの方法をご紹介します。

仕事以外にやりがいを見つける

仕事が続かないと悩んでいるHSPの人におすすめしたいのが、自分の居場所ややりがいを他に見つけること。

やりがいを他に見つけることで、職場への依存度を下げ精神的な負担を和らげることができる他、ストレス発散となることにも期待できます。

  • 仕事への依存度を下げ、精神的負担を和らげる

  • ストレス発散にも繋がる

特に、「仕事が続かない」「すぐに仕事を辞めたくなる」という人は、仕事に対する責任の重さや職場の人間関係にストレスを感じてしまい耐えられなくなってしまうという事態に陥りやすい傾向にあります。

仕事が続かないと悩んでいる人は環境を変えることも方法の1つですが、何度も何度も職場を転々とすることは転職するにしても年々不利な状況となり、その度に新い環境に慣れなければならないことがストレスになっていきます。

仕事を辞めてしまいたいと思う原因を排除する方法以外に、エネルギーの行き場を仕事以外に集中させることで、仕事を辞めてしまいたいという精神状態に陥ることを防ぐ工夫をすることも大切です。

◼副業

やりがいを感じる何かは人それぞれですが、特におすすめなのが副業です。

本職以外に副業をすることで本職以外にやりがいを感じられる可能性があるだけでなく、副収入を得ることで気持ちの面でも余裕を持てることに期待できます。

今の仕事や職場に馴染めなかったり、好きになれなかったとしても、収入の余裕は自ずと心の余裕に繋がっていくものです。

自分の職務を疎かにしてはいけませんが、一方で副業を本気で取り組むことで脱サラして自由度の高い働き方を実現できる可能性もあります。

◼趣味や習い事

副業よりも、始めるハードルが低いのが趣味や習い事です。

興味の対象である趣味や習い事はやりがいを感じやすく、ストレス発散に最適です。

HSPの人は苦手なことをやると人一倍心身ともに疲れやすい傾向にある一方で、探求心や興味の対象への集中力が高い特性を持つため、好きなことや関心のあることであれば能力を発揮しやすくやりがいをより感じられることでしょう。

仕事以外の新しいことをきっかけに居心地の良いコミュニティーを築ける可能性もあります。

何か1つでもやりがいを感じられるものを見つけて、HSPの持ち前の集中力を活かしてみてください。

何か1つでもやりがいを感じられるものを見つけて、持ち前の集中力を活かしてみてください。

信頼できる第三者に相談する

誰にも相談する勇気がないままその場しのぎで転職を繰り返している人は、今度こそは信頼できる第三者に相談して頭と心の整理をすることをおすすめします。

他人に自分の心情を明かすことは確かに勇気のいることですが、相手はあなたが心配するほど迷惑だなんて思わないものです。

自分の殻に閉じこもっていると感情任せに物事を判断してしまいがちであるため、一呼吸置いて相談という手段で今後の対策を練るきっかけづくりができれば何よりです。

感情に従うことも一部大切ですが、自分が持つ感情の原因を把握し後先考えて行動することで仕事が続かないことを阻止できるかもしれません。

相談する場合は、退職を無闇に引き止めたり、妬んだりする可能性がある利害関係のないお相手を選ぶようにしてください。

参考HSPが悩む、仕事がつらい理由、仕事が続かない理由とは?

転職エージェントを活用し、次こそは転職を成功させる

HSPで仕事が続かない人は仕事選びの工夫が人一倍必要になってくるため、転職のハードルが高くなってしまいます。

仕事が続かないと思い悩んでいるHSPの人はすでに転職を繰り返しており、次こそは転職を成功させたいと思いながらも中々上手くいかずに嫌気がさしていませんか。

独自で自分の特性にあった職場を探し出すハードルは高く、求人情報だけでは実際のところの職場環境や待遇を判断することは難しいのが現実です。

そこで、転職者個々に寄り添って転職活動を個別にサポートしてくれる転職エージェントを活用することをおすすめします。

実際に転職するかどうかの意思が固まっていなくとも、転職を考える動機を伝え今後のキャリアについて相談することができるのでまずは登録することから始めてみてください。

仕事が続かないHSPの人こそ転職エージェントをおすすめ!まずは複数社登録してみよう!

人間関係や仕事内容との相性に悩み転職を視野に入れているHSPの人、これまでも何度も転職を繰り返しており仕事が続かないと悩むHSPの人こそ転職エージェントの活用がおすすめです。

以降ではHSPの人が転職エージェントを活用すべき理由や活用方法を転職エージェントの特徴と共に具体的にご紹介します。

転職のプロが転職者に寄り添い個別サポートしてくれる

転職エージェントではキャリア相談をはじめとし、実際の転職活動においてあらゆる場面で担当のキャリアアドバイザーが個別にサポートしてくれます。

  • キャリア面談
  • 求人紹介
  • 推薦状の作成
  • 応募書類の添削
  • 面接練習
  • 企業との交渉事

初回のキャリア面談時にはキャリアやスキルを伝えるだけでなく、HSPならではの転職における悩み事や転職先の相談をすることも可能です。

転職する意思が固まっていなくともキャリア相談を受けることができます。

これまで仕事が続かず転職を繰り返してきたHSPの人が自分の適性を踏まえて相性の良い職場を独自で探し出すハードルは人一倍高い中で、転職エージェントではあなたに合った転職先を豊富な求人の中から紹介してもらえることが大きなメリットの1つです。

また、応募書類の添削や面接練習をマンツーマンで行ってもらうことができ、志望動機や転職理由に頭を悩ませては自信を失くしてしまいがちなHSPの人でも万全の体制で選考に臨むことができます。

加えて現職と並行しての転職活動は簡単なことではありませんが、面接日程の調整や給与・年収などの企業間との交渉事をも代行してくれるため妥協のない転職を果たせる確率もアップします。

このように転職エージェントではHSPの人でも安心して転職活動をスムーズに進めていきやすい環境が整っており、転職先とのミスマッチによりHSPの人が仕事が続かないと悩む可能性を極めて低くすることができるためおすすめです。

転職エージェントはまずは2〜3社以上利用してみるのがおすすめ

転職エージェントはまずは2〜3社会以上登録することをおすすめします。

複数社の利用をおすすめする理由としては、下記の通りです。

  • 希望の求人に出会える確率アップ
  • 担当キャリアアドバイザーと相性が合わなくても安心

各転職エージェントごとにこだわりを持ち、質の高い求人を豊富に保有しています。

登録者のみに公開され紹介対象となる非公開求人や、競合他社が保有していない独占求人なども多数取り扱っており、仕事が続かないと悩むHSPの人にとっても最適な求人に出会える確率がアップします。

また転職エージェントの利用満足度を左右するであろうキャリアアドバイザーとの相性が悪くとも、複数社利用していることで転職活動を滞らせることなくスムーズに行っていきやすいためおすすめです。

参考【HSPで仕事が続かない理由】次の就職先をすぐに探せない理由

HSPの人におすすめの転職エージェント

仕事が続かない・すぐに辞めてしまうことを悩んでいるHSPの方は、一度転職エージェントを利用してみましょう。

そういった方は、そもそも自分に合った仕事が分からない・自分にとって働きやすい職場に出会う方法を知らない可能性があります。

転職エージェントなら、業界の事情や企業ごとの職場の雰囲気に詳しいアドバイザーに相談をして、自分に合った求人を紹介してくれます。

今回は、仕事が続かず何度も転職を繰り返しているHSPの方にもおすすめの転職エージェントを4つご紹介します。それぞれ特徴がありますので、自分に合った転職エージェントを利用してください。

就職Shop|未経験から正社員を目指すHSPにおすすめの転職エージェント

出典:就職Shop

就職Shopは大手人材会社リクルートが運営する「未経験から正社員」に特化した転職エージェントです。

書類選考なしで面接を受けられる求人を多く持っており、未経験・フリーター向けの職種が豊富という点が就職Shopの特徴です。

そのため、HSPが理由で就職活動がうまくいかなかった人や未経験の職種でもいいから働きやすい職場を探したいという人におすすめです。

就職Shopの対象年齢は18~30歳となっているので、仕事したくないと感じている30歳以下のHSPの人はぜひ利用してみましょう。

ハタラクティブ|最短2週間で内定獲得!人柄・適正重視の積極採用求人が多数!/h3>
出典:ハタラクティブ

ハタラクティブは、10代・20代の転職支援を専門とした転職エージェントです。

第二新卒や既卒、フリーター含めた社会人経験の浅い転職者向けの求人を豊富に保有しており、未経験者を対象とした求人も多数取り扱っています。

適正を見込んだうえで学歴や仕事の経歴よりも人柄を重視の積極採用を行っている求人を紹介、応募企業ごとの選考対策を個別に行ってもらうことはできるため、仕事が続かないと悩むhspの人にも相性の良い職場とマッチできることに期待できます。

DYM就職|ブラック企業を避けたいHSPにおすすめの転職エージェント

出典:DYM就職

DYM就職は、第二新卒・フリーター・未経験の就職に特化した転職エージェントです。

2,000社以上の求人情報の中から、ユーザーに最適な求人を紹介してくれることで人気を集めている転職エージェントです。

DYM就職から応募すると、書類選考なしで面接に進むことが可能なので、転職の成功率を高めることができます。

またDYM就職は「ブラック企業」の徹底排除を宣言しており、HSPの人にとって働きにくいブラック企業を紹介されるリスクがないこともあり、確実に働きやすい職場を探したい方におすすめです。

JAIC|早期内定を取りたいHSPにおすすめの転職エージェント

出典:JAIC

JAICは、フリーター・既卒の正社員就職に非常に強いことで人気を集めている転職エージェントです。

無料で就活講座を受けられる上に、約20社の選考を書類選考なしで受けることができるので未経験の職種への転職に非常におすすめです。

転職活動中のサポートはもちろん、転職が成功してからも1年間のサポートを受けられるのもJAICの大きな魅力です。

20代の就職内定率は80.3%と非常に高い成功率を誇る転職応援サービスですので、HSPが理由で早期退職してしまったけれど、もう一度仕事に就きたいと考えている方はぜひ登録してみましょう。

ウズキャリ(UZUZ)|丁寧なカウンセリングを求めているHSPにおすすめの転職エージェント

出典:ウズキャリ(UZUZ)

ウズキャリ既卒は、若年層の転職・就職に特化した転職エージェントです。

2時間の個別カウンセリングから、求人票の紹介、面接練習に至るまでの選考のプロセスを全てサポートしてくれるので、フリーターでも安心して転職活動を進めることができます。

カウンセリングにおいて嬉しいのが、ウズキャリ既卒のカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒であるという点です。

同じ立場から、親身になって転職についての相談に乗ってくれるのでよりHSPの人に合った職場を探しやすいでしょう。

doda

出典:doda

dodaは業界トップクラスの求人数を誇る総合型転職エージェントです。

非公開求人だけでも約14万件(2022年6月13日時点)とあらゆる転職者層に向けた求人を豊富に保有していることから、自分と相性の良い求人とマッチできる確率を高めることに期待できます。

また、dodaは個別に求人を紹介し転職のサポートをする転職エージェントとしての機能の他に、転職求人サイトやスカウト制機能もあることから、hspの人が自分に合った使い方で具体的な仕事を探すための参考とすることもおすすめです。

サイト内のコンテンツの充実もdodaならではの強みであり、転職のヒントを得られるかもしれません。

参考【厳選】HSPにおすすめできる転職エージェントはこれ!ランキングや選び方を解説

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手である株式会社リクルートが運営する総合型の転職エージェントです。

世代や業界・職種、実績問わず幅広い転職者層への転職支援を行っており、公開求人・非公開求人が各々20万件超(2022年6月13日時点)と、業界No.1の求人数です。

求人数が多い分だけ自分と相性の良い求人と出会える確率がアップするため、転職条件が細かくなりがちなhspの人にもぴったりの求人とのご縁に期待できます。

転職エージェントを利用する場合は複数社の利用をおすすめするため、どのサービスを利用するか迷ったらまずは1つ登録をおすすめする転職エージェントです。

仕事が続かないHSPの人が向いている職業をご紹介

仕事が続かずに、転職しては辞めてを繰り返しているHSPの人は多いことでしょう。

会社員(正社員)として大きな組織の中で仕事をしている人も多いかと思います。

しかし、雇用形態や働き方、会社員という肩書きに拘ることがHSPの人が向いている仕事に出会う機会を減らしてしまっている可能性があります。

以降ではHSPの特性・傾向を考慮したうえでおすすめの仕事(職種)について、5つのタイプに分けてご紹介します。

仕事が続かないと悩んでいる人は自分に合った職業を見つけるということも可能な限り視野に入れてみることもおすすめです。

HSPの特性 HSPでも続けていきやすい職業タイプ
・繊細で傷つきやすい、疲れやすい 【1】人との関わりが少ない仕事
・慎重で危機管理能力が高い 【2】正確さが求められる仕事
・洞察力に優れ、共感力が高い 【3】生き物の心や体をケアする仕事
・想像力や感性が豊か 【4】クリエイティブな仕事
・思慮深く、探究心がある 【5】専門性が高い仕事

参考HSPの転職に使って欲しいサービスまとめ

【1】人との関わりが少ない職業

他人の言動に敏感であるがゆえに繊細で傷つきやすいHSPの人は、組織やチームの中で切磋琢磨する環境が負担となってしまうことでしょう。

人との関わりを遮断して収入を得られる仕事は限られていますが、人付き合いが濃すぎることなく必要最低限となるであろう職業を選ぶことも方法の1つです。

仕事が続かないHSPにおすすめの職業 【1】|人との関わりが少ない仕事

・図書館司書
・学芸員
・Webライター
・Webデザイナー
・新聞配達員
・警備員
・新聞配達員
・家事代行

【2】正確さが求められる職業

慎重で細かいところにも気がつくHSPの特性を活かしやすい、正確性が求められる仕事に向いているとされています。

人付き合いが苦手ともされるHSPですが、向いている仕事であれば、共感力が高く思いやりのある良い面を活かせるかもしれません。

仕事が続かないHSPにおすすめの職業 【2】|正確さが求められる仕事

・事務職
・経理職
・研究職
・検査や検品
・整備士
・宅配員
・運転手

【3】人・生き物の心や身体をケアする職業

洞察力に優れ、共感力が高いHSPの特性を活かせるであろう、人や動植物の心身をケアをする職業もおすすめです。

他人の役に立てる喜びをダイレクトに感じやすい職業であれば、モチベーションを維持しやすいことでしょう。

仕事が続かないHSPにおすすめの職業 【3】|人・生き物の心や身体をケアする職業

・介護福祉
・整体師
・マッサージ師
・鍼灸師
・エステティシャン
・セラピスト
・カウンセラー
・獣医
・動物看護師
・飼育員
・トリマー
・トレーナー
・ペットショップの店員
・花屋
・フラワーコーディネーター
・造園業
・林業
・農業
・水産業 ・家事代行

【4】クリエイティブな職業

感性が豊かなHSPの人はクリエイティブな職業に向いているとされてます。

相性が良い場合には、持ち前の探求心や集中力を活かして飛躍できることにも期待できます。

職業によっては副業からコツコツとはじめていき、ゆくゆくは専業にしていくことができれば自分好みの働き方を手にいれることができるでしょう。

仕事が続かないHSPにおすすめの職業 【4】|クリエイティブな職業

・Webデザイナー
・動画クリエイター
・フォトグラファー
・イラストレイター
・コピーライター
・ゲームクリエイター
・ミュージシャン
・小説家
・漫画家
・画家
・絵本作家

【5】専門性の高い職業

持ち前の探求心とハマった物事に発揮する集中力を活かせる、専門性の高い職業がHSPにはおすすめです。

特に昨今需要が高止まりしているIT・Web関連の専門職は、働き方を柔軟に選びやすい環境が整ってきました。

専門性が高いだけに知識の習得と実務経験を積むハードルはありますが、リモートワークやフリーランスという道も念頭に根気強く始めてみるとよいでしょう。

仕事が続かないHSPにおすすめの職業 【5】|専門性の高い職業

・Webマーケッター
・Webディレクター
・Webデザイナー
・ITエンジニア
・プログラマー
・システム開発
・システムアナリスト
・コンサルタント

仕事が続かないHSPの人は働き方を変えることも方法の1つ

仕事が続かないHSPの人の中には、正社員として転職を繰り返している人も多いことでしょう。

仕事が続かないHSPの人の中には、正社員として転職を繰り返している人も多いことでしょう。

正社員であってもHSPへの理解のある職場に恵まれさえすれば仕事を続けていくハードルがぐっと下がることが期待できますが、中々そうもいかないのが現実というところではないでしょうか。

そこで、正社員として仕事が続かず悩んでいるHSPの人は働き方を見直すことも方法の1つです。

正社員として転職し、職場を変えて新たな一步を踏み出すことを決して否定するわけではなく、見方を変えると選択肢の幅と自分に合った居場所に出会える可能性がアップするということを1つ頭に入れて以降の内容に目を通していただければと思います。

参考【HSP】仕事が続かない人はどうしてる?現実的な適職を見つけるには

契約社員や派遣、アルバイトとして働く

HSPで仕事が続かないと悩んでいる方は、正社員として働くことにこだわらず、契約社員や派遣社員、アルバイトといった極力残業をする風潮やノルマに追われるプレッシャーのない雇用形態で働くことも方法の1つです。

たしかに、正社員は長く働くうえで福利厚生制度などの環境が整っている点においていつの時代も非常に魅力的ではあり、働き方が多様化する現代においても、安定した企業で勤めることに安心感を抱く日本人はやはり多いことは事実です。

しかし非正規雇用として働くことによる正社員にはないデメリットをしっかり認識したうえで、計画性をもって仕事をしていけば日々の生活を重荷に感じることなく、以前のように仕事が続かないと悩む日々をおくることもなくなることでしょう。

とはいえ、手に職がない状態で非正規雇用で働く生活をずっと続けるわけにはいかないと考える人も多いはずです。

次にご紹介するフリーランスとしての働き方や在宅ワークができる企業への転職を目指すべく、スキルアップする期間ととらえて雇用形態を変えてストレスなく健康第一に仕事をすることもおすすめです。

フリーランスとして働く

企業に雇われたりと、決められた時間にフルタイムで働くことが義務付けられた働き方は、疲労やストレスが人一倍溜まりやすいHSPの人にとって仕事が続かない要素の1つとなっていることでしょう。

一方で、フリーランス(個人事業主)の場合には、クライアントに迷惑をかけない限りでは自分の裁量でマイペースに仕事を進めていきやすく、満員電車に揺られるストレスなく自宅やカフェなどの好きな場所で仕事をすることも可能です。

会社勤めをしていると嫌でも周囲との歩調を合わせなければならないところがありますが、フリーランスの場合は実力次第では相性の良いクライアントを選ぶ立場になれる可能性もあるため、人間関係においてもストレスを感じにくい環境で仕事ができることに期待できます。

ただし、フリーランスは会社員のように仕事が振られるのではなく、自らが仕事を掴み行くスタイルが基本です。

毎月の給与が安定するまでは時間がかかると考え、地道にスキルアップし、実績を積み上げていく継続力が鍵となることでしょう。

最低限必要な生活費を稼ぐことを考えると、まずは副業から始めて二足のわらじで仕事をすることをおすすめします。

本業以外に自分で決めた目標があると、本業に全神経を集中させることもなくなるため、意外と仕事が続くようになったと状況が好転するかもしれません。

パラレルワーカーを目指す

仕事が続かないと悩むHSPの人こそパラレルワーカーとして働き方を築くべきです。

パラレルワーカーとは複数の仕事やキャリアを持つ人のことを指す言葉であり、収入源の引き出しが複数あることから複業という呼び方をすることもあります。

上記ではHSPで仕事が続かないと悩んでいる方は、正社員にこだわることなく非正規雇用やフリーランスとして仕事をすることも視野に入れるべきだとお伝えしましたが、そもそも仕事は1つに限る必要はありません。

仕事が続かないHSPの人が複数の収入源を持つことで仮に仕事や職場環境が合わなかった場合でも、心身を害するところに辿りつくまでに仕事を退職するという決断をとりやすくなるでしょう。

複数の仕事をすることで気分転換になるうえに、自分にとって向いている仕事の特性を経験をもって改めて認識することができ、自分が自分らしくいられるベストな仕事内容や環境に巡り会える確率を高めていくことができます。

HSPの人に限らず生きるうえで引き出しを複数持つことは、企業勤め=安定ではないこれからの時代に非常に大切です。

まとめ

HSPの人にとって、仕事が続かない・何度も転職を繰り返してしまうことはよくある悩みです。

ですが、それは決してHSPであるあなたが悪いのではなく、自分に合った仕事に出会えていないだけなのです。

仕事が続かないことを悩んでいるHSPの方は、今回ご紹介した対処法を参考にしつつ、自分に合った職場を探してみてください。きっとあなたの長所を活かせる職場が見つかるはずです。

参考HSPは会社勤めが辛い!仕事が続かない悩みを解決できる働き方とは

page top