著者:マネたま転職研究所 2022年10月3日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

【体験談】営業を辞めてよかった。営業を辞めた結果、人生変わった

アップロード日2022/08/17

マネたま転職編集部

「営業を辞めてよかったと思えるか?」

「営業を辞めた結果、本当に良い人生になるのか?」

「とにかく営業辞めたい!」

一人が複数の仕事を経験するのが当たり前と言われている時代。

総務省の労働力調査 (令和2年)によると、日本の転職者数は

  • 2010年:283万人
  • 2015年:299万人
  • 2018年:329万人
  • 2019年:351万人
  • 2020年:319万人

と年々増加傾向にあります。

そして、この記事を読んでいるほとんどの方が、「営業の仕事を続けるべきか?転職するべきか?」と悩んでいるのではないでしょうか?

実は…

悩んでいる時間だけ、

あなたは損をし続けています。

筆者は、広告業界で営業職を5年経験した後に転職した経験がありますが、

営業を辞めて良かった

と感じています。

営業を辞めた結果、ストレスから解放され、前向きに仕事に取り組めるようになりました。

現在は、企画職の仕事をしていますが、今思い返すと私は営業職に向いてないタイプだったのでしょう。

転職後は自分が自然体でいられて、「働く」ことの捉え方まで変わりました。

もちろん、誰もが営業を辞めればいいとは思っていませんが、営業の仕事が向いてない人もいますし、営業を辞めて良かったと思っている人がたくさんいるのは事実です。

この記事では、

  • 営業を辞めてよかった方の体験談

  • 営業を辞めてよかったと思うための退職/転職方法

を筆者の体験談を交えつつお伝えしていきます。

体験談を読む前に、まずは転職サービスを登録してすぐ動けるようにしておくのじゃ。

参考営業辞めてよかった5つのことを語ってみた【業界10年でも辞めたい】

営業を辞めてよかった人はこんなにいる

大手転職サイト『リクナビNEXT』の求人数を見てみると、

  • 営業職:10,228件
  • 事務・管理職:8,128件
  • 販売飲食:2,946件
  • ITエンジニア:11,886件

と営業職の求人数は他の職種と比べてかなり多いという事が分かります。(※2022年4月18日時点)

営業職の求人が多いということは、それだけニーズが高いともとれますが、離職が多いために恒常的に求人をしているともとれるでしょう。

「営業がつらいと思っているのは自分だけじゃない」

「自分の能力が足りないだけだ」

と思う人もいるかも知れませんが、実際に営業職を辞めて別の仕事をしている人はたくさんいます。

営業を辞めてよかったと思える人の共通点

営業を辞めてよかったと思えるかどうかは人それぞれですが、辞めてよかったと思えている人に共通しているのは明確な理由があって営業を辞めたいと思っていること。

例えば、以下のように辞めたい理由が明確になっている方は、退職後に「営業を辞めてよかった」とポジティブな気持ちを持っているようです。

  • プライベートを優先させたい
  • 所属している企業の名前だけが重要ではないことに気づいた
  • 社会人になって、初めて自分のやりたいことがわかった

理由は様々ですが、目的が明確になっていると、次の行動を起こしやすくなりますね。

参考15年間の営業を辞めてよかった!営業から逃げたい人の共通点と対処法

営業を辞めてよかったと思えている人の声

以下は、実際に営業を辞めてよかったと思っている方々の声です。

精神的な辛さから、新卒や女性の時に営業を辞めてよかったと思う方は非常に多いようです。

営業を辞めてよかったと思えるのは、実際に勇気を持って辞めることができた方のみの特権です。

少しの勇気が、あなたに充実した毎日をもたらします。

参考営業を辞めて良かったと感じる瞬間!【6年間営業をやった体験談】

一方で、営業に向いてないから辞めたいと悩む人も多い

営業を辞めてよかったと感じている方が大勢いる反面、

営業に向いてないから辞めたい(でも辞められない)。

「広告業界の営業つらいンゴ 右見ても左見ても体育会系しかいないンゴ ノリがクソ体育会系やねん 飲めん奴はクソやし飲み会仕切れん奴もクソや 飲み会苦手やと地獄や」

2ch

関連記事営業辞めたい…向いてないって甘え?|感じる理由と対処方法を解説

営業職の実態調査

民間企業における営業従事者の行動についての調査によると、営業職をやりたかった仕事ではない方が半数以上を占めるにも関わらず、実際に営業職を経験した約8割の方が営業職にやりがいを感じています。

営業職という仕事が全ての場合において、つまらない仕事・きつい仕事というわけではなく、人によって向き・不向きがあることを理解しておきましょう。

そうですよね、営業辞めてよかった人もいれば、そうでない人もいますよね。

出典:株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ 「日本の営業実態調査2019」

また、営業職の方に、現職での評価制度について質問したところ、評価制度が不満だと回答した方の理由トップ3は以下でした。

  • 1

    評価基準が曖昧

  • 2

    上司の好き嫌いが評価に関わる

  • 3

    結果しか評価されない

出典:株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ 「日本の営業実態調査2019」

営業は目標の達成・未達成が明確な職種であるにも関わらず、結果に対する公正な評価がされていない場合に、不満を感じる人が多いと言えるでしょう。

あなたが営業をやめたい理由は、上記に当てはまっていませんか?

営業を辞めたい、辞めてよかったと思う人の特徴とは?

前述では、営業辞めてよかったと思っている人は、世の中に沢山いることを紹介しました。また、営業辞めてよかったと思える人の共通点などに少し触れました。

そこで、営業辞めたい、辞めてよかったと思う人の特徴について、もう少し詳しく紹介していきます。

営業辞めたい、辞めてよかった人の特徴営業辞めたい、辞めてよかった人の特徴

  • ノルマに追われたりなど、営業ストレスから逃げたいと考えている人

  • 営業以外のスキルを付けたいと考えている人

  • 営業のような個人プレーの仕事ではなく、チームとして仕事をしたいと考えている人

  • 顧客対応のような対外的なコミュニケーションを避けたいと考えている人

上記に当てはまるような人は、営業を辞めてよかったと思えるかもしれません。

ただし、今まで積み上げてきた営業というスキルを捨ててよいのか?についてはしっかり考えましょう!

参考営業に疲れたなら逃げちゃいましょう。辞めてよかったという人はたくさんいます

【体験談】営業を辞めた結果、ポジティブなことがたくさんあった

続いて、筆者が実際に営業を辞めて良かったポイントを4つご紹介します。

筆者の場合は、営業を辞めた結果、ポジティブな影響が非常に多かったです。

今でも「営業をやめてよかった」と胸を張っていうことができるほどです。

職種によって求められる事や役割が違いますので、営業を辞めると、今までとは全く違った感覚で仕事が進んでいきます。

営業やめた結果「営業辞めてよかった」と感じたポイント営業やめた結果「営業辞めてよかった」と感じたポイント

  • 営業成績から解放される
  • 顧客に嘘をつかなくていい
  • 社内で競争するストレスから解放される
  • 穏やかな職場で働ける

参考「営業、辞めてよかった…」と思う7つのこと【徹底解説】

営業を辞めてよかったこと①営業成績から解放される

まず、一番大きいのが営業成績のプレッシャーから解放されること。

ほとんどの営業が目標を設定され、毎月追いかけることになると思います。

そういったプレッシャーの中で成果を出せる人なら良いですが、苦手な人にとって営業成績は苦痛以外の何者でもありません。

営業を辞めると「こういう評価軸の中で働く人たちもいるんだ!」と別世界のことのように感じられるでしょう。

営業じゃなくなっても、会社の利益に貢献することは求められますが、何より気持ちが軽くなったので、これが一番営業を辞めてよかったと言える理由ですね。

営業を辞めてよかったこと②顧客に嘘をつかなくていい

どうしても受注が欲しい時や上司の指示などで、本当は他社の商品をおすすめしたいけど、顧客に嘘をついた経験のある営業マンは多いのではないでしょうか?

そして、顧客に対して無理をさせず営業成績をキープできるのは一部のトップ営業マンのみです。

営業を辞めると、そんな道徳心に反するような事からも解放されます。

営業を辞めてよかったこと③社内で競争するストレスから解放される

営業が避けて通れないのが競争です。

ビジネスの世界にいる限り、競合や価格交渉は必ず発生しますし、それらを一手に引き受けるのが営業の役割。

もちろん、社内の営業間でも常に激しい競争を強いられる場合もあるでしょう。

営業として競争に勝てないと、「自分は価値のない人間なんだ・・・。」と思ってしまう人もいるかも知れませんね。

しかし、経営は分業で成り立っているので、営業以外の役割で貢献することもできるのです。

営業を辞めてよかったこと④穏やかな職場で働ける

これは、筆者の実体験なので場合によりますが、営業から企画の仕事に転職した際に職場の雰囲気の違いに驚きました。

営業職をしている時は個人で働いている感覚が強かったですが、企画の仕事では社内の人とチームを組んで働いている感覚が強いです。

全員で1つのプロジェクトを作り上げているので、一体感もありますし、職場の雰囲気が穏やかだなと感じました。

外の世界は、出てみないとわからないことが多いので、転職する気がなくても転職活動してみるのは面白いと思いますね。

確かに、転職活動は一度してみると面白いかもしれません。

転職のプロである転職エージェントに相談することが、最も確実かつ早い方法です。

登録してすぐに内定が出るわけじゃない。少なくとも転職したい月の3ヶ月前には登録しておくんじゃ!

◻ 【おすすめ転職エージェント】 ◻

    特に『リクルートエージェント』はコロナウイルス感染拡大を防ぐため、電話面談を実施しているのでオススメです。

    ■『リクルートエージェント
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com

    ■『マイナビエージェント
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp

    ■『パソナキャリア
    ・手厚いサポート体制が業界No.1!
    【公式】https://www.pasonacareer.jp

    ■『リクナビNEXT』※転職サイト
    ・圧倒的No1の求人数!
    【公式】https://next.rikunabi.com
    »今すぐ営業を辞めたい方はコチラ!

参考営業を辞めてよかった 嬉しくて嬉しくて言葉にできない【厳選8】

「営業辞めたい!」から「営業を辞めてよかった」を実現するために

一口に「営業」といっても、その中には様々な業務が含まれす。

筆者は営業として働いていた際に、新規開拓営業・取材・営業企画など複数の業務に関わっていました。

営業の業務には、嫌いな仕事も多かったですが、もちろん好きな業務・自分に合っている業務もあったと感じています。

もし、「営業が嫌だ」「営業には向いてない」「営業を辞めたい」と思っているのなら、まずは「営業の何が嫌なのか」を分解して考えてみましょう。

日々、自分がやっている仕事をゆっくり見直すと、今の営業の仕事にも「楽しい」と感じる場面や、自分が得意なことが必ず見つかるかもしれません。

やっぱり営業が好きだ!って思うこともありますしね!

さらには、自己分析を行うことで、同じ営業職でも「新規開拓営業は向いてないけれど、ルート営業は好きだし自分に合っている」といったような新たな発見が見つかることもあります。

まずは、営業を辞めてよかったと思うために、自分の性格・特徴をよく理解し、視野広く様々な仕事に興味を持つことが重要です。

ポイント

違う業界・会社・商材の営業に転職することで、現時点での「営業辞めたい」を解決し、「あの営業辞めてよかった」となることもあります。

間違いなくこれまで積み上げてきた営業のスキルは、転職活動のときの強みになります。

そのため、安易に営業を辞めようと考えるのではなく、業界や会社、商材を変えるなどすれば、現時点での営業辞めたいと考えている原因を解消できるかもしれないという可能性はしっかり考えるべきです。

単純に「営業辞めてよかった」と思いたいから、これまでの営業スキルを捨ててよいのか?ということはしっかり考えましょう!

営業を辞めてよかったと思える転職方法|『営業辞めたい!』を実現しよう

転職活動は、今の職場から逃げ出すための手段ではありません。

キャリアチェンジ・働く環境を変えることで、昨日まで悩んでいたことが嘘の様に思える場合もあります。

あなたが思っているよりも、「営業をやめてよかった」と思える日は近いかもしれません。

  • 非公開求人の紹介がある
  • 企業や業界に合わせた面接対策ができる
  • 面倒な手続きを代行してもらえる
  • 企業と待遇面の交渉を行ってくれる
  • (場合によっては)退職サポートを行ってくれる
ポイント

営業辞めてよかったと思えるように転職エージェントを利用しよう!

転職エージェントに登録することで自分で転職サイトを利用するだけではたどり着けない情報を提供してもらえたり、志望する企業の傾向に合わせた対策を無料で行うことができます。

特に、転職エージェントの転職ノウハウを元に転職活動のクオリティを上げられるのは、転職エージェントの活用をおすすめする最大の理由です。

一人で転職活動をするよりも、圧倒的に自分に合う会社に出会える確率・転職成功率が高くなります。

営業を辞めたい方は、せっかく転職するのであれば、営業を辞めてよかったと言い切れる転職活動を行なってください。

営業を辞めたい方は、せっかく転職するのであれば、営業を辞めてよかったと言い切れる転職活動を行なってください。

転職エージェントに登録すると大量のメールが届くので、転職活動用にメールアドレスを作成しておきましょう。

また、稀に自身の成果を上げるために、強引に転職を迫ってくるキャリアアドバイザーがいますが、その場合はメールで連絡して担当を変更してもらうことが可能です。

初めての転職が不安な人はもちろん、キャリアについて悩んでいることがある人は、相談しない理由がありません。

初めての転職活動だからこそ、一人で悩むのは危険ですよね。

また、転職活動を始める前に、以下のポイントだけを事前にまとめた上で相談をすれば、スムーズなやり取りを行うことができます。

【相談前に最低限必要な自己分析】

  • 1

    自分の好きなこと・嫌いなこと

  • 2

    自分の得意なこと・苦手なこと

  • 3

    今後やってみたい仕事・やりたくない仕事

  • 4

    将来の理想の生活・キャリア(3年・5年・10年)

上記の項目を事前にまとめておくことで、キャリアアドバイザーがあなたの描くキャリアや生活を実現できる企業を紹介しやすくなります。

「ただ転職したいだけ」

の人よりも、

「〜〜が好きで、◯◯という仕事に挑戦してみたい」という希望がある人の方が熱意が伝わり、キャリアアドバイザーにとっても優先的に対応してあげたくなる心理が働きます。

転職エージェントの効果を最大限引き出すポイント

転職エージェントの効果を最大限引き出すために

転職エージェントは必ず、

3社以上を併用

してください。

 実際に、人材大手リクルートによる調査でも、転職エージェントを複数利用している求職者の方が、転職活動の成功率が高いことが実証されています。転職決定者の平均転職エージェント利用社数は4.2社です。

転職エージェントの3社以上登録することによるメリットは以下です。

  • 希望の求人に出会える確率UP

  • 担当と相性が合わなくても安心

1社の転職エージェントから紹介してもらえる求人案件は3社前後です。

幅広く求人を検討するためにも、3社以上に登録することをおすすめします。

総合型の転職エージェントだけを利用すると、あなたの希望する業界で「目立たない優良求人」に出会えない可能性があります。

また、希望している条件に合致した求人なのに、年齢やこれまでの経歴から応募できないケースもよくあるのです。

逆に、業界・年齢特化型の転職エージェントだけを利用すると、特定領域の求人ばかりを紹介され、自身の可能性を限定してしまうことに繋がってしまうのです。

そのため、総合型を2社以上、業界・年齢特化型を1社以上利用して、幅広く自身の可能性を模索しましょう。

「営業辞めたい!・営業を辞めてよかった」を実現できる転職エージェント

ここまでお伝えしてきた転職方法を実践すれば、

「営業を辞めてよかった!」

「営業辞めた結果、生活が楽しくなった」

と思えるはずです。

前述の通り、エージェントはバランスよく3社以上を利用して、幅広く業種・業界を検討しましょう。

◆転職エージェントの利用が不安な方へ◆

    決して、背伸びをして自分をよく見せようとする必要はありません。
    パートナーとなる相手に、自分をよく見せようとすると、かえって転職活動の失敗を招きかねません。
    最初に登録した情報でいきなり求人を紹介されることはありませんし、職務経歴書は一緒に作成すればいいのです。

    土・日でも利用可能ですよ!
    まずは登録して、転職エージェントの指示を待ちましょう!

    ※登録の際、在職中の方は備考欄に「●時以降なら電話対応」 と記載しておけば、仕事中に連絡が来て現職にバレることはありません。

下記の転職エージェントは、転職賢者が本気でおすすめしている、絶対に登録すべき転職エージェントです。

現職(前職)での雇用形態に関わらず、登録が可能です。

「恥ずかしい」なんて思うだけ損ですよね!一度、相談してみよっと。

◻ 【おすすめ転職エージェント】 ◻

営業を辞めた結果、よかったと胸を張れるように行動しよう

もし、転職を検討しているけど、自力での退職が難しい場合は、退職代行サービスを利用するのも一つの手段です。

()しかし、最近は格安の退職代行サービスを名乗る悪質な業者が急増しています。

利用するなら、会社としての知名度・実績共に断トツの『EXIT』がおすすめです。

退職代行を利用するならEXIT!

EXIT
抜群の知名度!LINEで気軽に相談!
【公式】https://www.taishokudaikou.com/

ここまで読み進めていただいて誤解しないでほしいのは、「営業」という仕事は決して悪い仕事ではありません。

コミュニケーション能力や交渉力、調整力など挙げればキリがないほどたくさんのスキルを身に付ける魅力的な仕事です。

スキルが高まれば、売るモノさえあれば、どこでだって生きていくことが可能です。

しかし、営業という仕事は合わない人が多いのも事実です。

営業職と同様に、世の中に魅力的な仕事はたくさんありますし、現在の職場よりも魅力的な職場は星の数ほどあるでしょう。

現状に満足のいく状況でなく、人生の大半を占める仕事だからこそ、サポートを受けつつ、外に視野を広げて

「営業辞めて本当によかった!」

と言える、営業を辞めた結果、人生が少しでも好転するような天職に出会いましょう。

下記では、

  • 転職エージェントを使い倒すためのマル秘テクニック
  • 初めての転職活動の方におすすめな転職エージェント3選

を解説しています。

営業職は世の中のビジネスマンの最も多くの方が就いている職業です。

そのため、必然的にキャリアアドバイザーの方も営業職の方とコミュニケーションを取る時間が長くなります。

そのため、営業職のあなたが自分の成果をあげることしか考えていないキャリアアドバイザーに当たってしまうと、あの手この手で無理やり転職させられてしまう可能性もゼロではありません。

営業を辞めてよかったと思うためには、むしろあなたの方が担当キャリアアドバイザーを使いこなせるよう、ぜひ参考にしてみてください。

やりたいこともスキルもない人は、手に職をつけるのもおすすめ!

もし、

  • 営業は辞めたい
  • 特にやりたい仕事がない
  • 特別な知識・スキルがない

という方は、エンジニアスクールに相談する・通ってみるのがおすすめです。

今後、さらにエンジニアの需要が高まっていくため、今から未経験で始めても遅くはありません。

スクールに通うなら、『TECH::EXPERT(テック・エキスパート)』というエンジニアスクールが最もおすすめです。

テック・エキスパートは受講者の転職成功率が97%でありながら、安心の返金保証制度が充実しています。

◆充実の返金保証制度◆

  • 『14日間無条件返金保証』
    学習開始14日以内なら、いかなる理由でも全額返金(辞退)可能

  • 『エンジニア転職保証』
    学習後、転職が成功しなければ全額返金

やりたい仕事がない人向け

『TECH::EXPERT(テック・エキスパート)』
※ホリエモン絶賛!の実績No.1スクール

上記から30秒で無料カウンセリング申込可能!

「住友生命の営業を辞めたい」と感じている時に合わせて読みたい

「生命保険営業を辞めてよかった」と思える瞬間と辞めたい理由|おすすめの転職先をご紹介します

生命保険営業を辞めたいと感じる理由や辞めてよかったと感じる人の特徴や状況、退職方法や転職する際のポイントなどを解説しています。

営業を辞めてよかったと思うための関連・参考記事

「営業 辞めたい」 の関連・参考記事

営業を辞めたいと感じている人は必見じゃ。

「営業に異動 辞めたい」 の関連・参考記事

営業を辞めてよかったと叫びたい気持ちになるのもわかる

「営業 辞めたい 女」 の関連・参考記事

体力的・精神的に厳しい営業手法もあるからのう。

「営業辞めたい ストレス 」の関連・参考記事

営業を辞めたいと悩み続けることによって、お主にかかるストレスは相当なものじゃろ。

「営業 辞めたい 30代」の関連・参考記事

30代でも必ず「営業を辞めてよかった」と思える日は来る!

参考営業辞めたい…から営業辞めてよかったと思える次のキャリアプランとは!?

page top