著者:マネたま転職研究所 2022年10月3日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

「生命保険営業を辞めてよかった」と思える瞬間と辞めたい理由|おすすめの転職先をご紹介します

アップロード日2022/09/08

マネたま転職編集部

生命保険営業は、離職率8割とも言われる過酷な仕事です。

転職をした人の多くは、「辞めてよかった」と思っています。

今現在、生命保険営業の仕事でストレスを抱えている人もいるはずです。

そこで本記事では、生命保険営業を辞めたいと思っている人たちに向けて、”生命保険営業を辞めたい主な理由”と”辞めてよかったと思える円満退職の方法”を解説します。

生命保険営業を辞めたい理由

生命保険営業を辞めたい主な理由は以下の7つが挙げられます。

生命保険営業を辞めたい理由

  • ノルマが厳しい
  • 収入が不安定すぎる
  • 経費を出してもらえない
  • 休日出勤をしなければならない
  • 定時で帰れない
  • 上司が退職を認めてくれない
  • 家族や知人に営業をさせられる

どれも精神的・身体的に大きなストレスが掛かります。

生命保険営業を辞めてすぐに「辞めてよかった!」と思えるのは、これらの大きなストレスから解放されるためです。

それぞれを詳しく解説します。

ノルマが厳しい

生命保険営業はノルマが非常に厳しいことで有名です。

事故・病気などを現実的に考えている人が少ないことから、生命保険は契約を取るのが難しい保険商品とされていますが、会社の売上を伸ばすためには契約を取る必要があります。

厳しいノルマを課すことで、社員に発破をかけているのが生命保険営業の実態です。

ノルマの厳しさが、さらなる問題点をいくつも生み出しています。

収入が不安定

厳しいノルマを課すだけでは、社員に仕事を努力してもらうことは困難です。

多くの生命保険会社では歩合や評価の面を強化し、モチベーションの向上を図っています。

契約を取り続ければ、1,000万円近くの年収を得ることも可能です。

しかし、歩合や評価面が給与における多くのウエイトを占めています。

そのため、生命保険営業職は仕事内容に対して満足の行く収入を得られていなかったり、毎月の給与の変動幅が大きかったりと、仕事とプライベートでストレスを抱えやすいです。

表面上は「ノルマ無し」を謳っている会社であっても、ノルマが取れなければ評価は上がらず、最低限の生活しかできない状態になります。

「ノルマを達成できないと生活ができない」「実家暮らしを卒業できない」といった声がたくさんあるのはこのためです。

生命保険営業を辞めて、安定した給与を得られる職に転職したら、「生命保険営業を辞めてよかった」という実感が湧いてきます。

経費を出してもらえない

意外と知られていませんが、生命保険営業職の人は営業活動費を自腹で払っています。

営業先への交通費や筆記用具、顧客に配るカレンダーなどは経費として認められないため、仕事をしているにも関わらず出費が多いです。

厳しいノルマに不安定な給与、そこに業務上での出費が加わります。

頑張っても契約が取れない月が続くと、経済的な不安が生まれ、精神的にダメージを受けてしまうリスクが高いです。

休日出勤をしなければならない

生命保険営業は顧客の都合に合わせて行動するため、休日出勤することがあります。

契約が取りにくい上に厳しいノルマが課せられている生命保険営業が成果を上げるためには、休日出勤をしてでも営業するしかないのです。

休日出勤が続くと、体力を回復する時間が作れず疲労ばかりが溜まります。

定時で帰れない

休日出勤で述べたように、顧客の都合に合わせて営業するのが基本のため、仕事終わりの時間以降を希望された場合は、定時で上がることは難しいです。

残業代が付くかどうかは会社に依ります。

基本給にみなし残業代が含まれていたり、少ない営業手当に含まれていたりといった理由で実質サービス残業を押し付けられるケースも少なくないです。

もちろん残業代をもらう権利はあります。

明らかに残業時間が長い場合は、請求するのが懸命です。

上司が退職を認めてくれない

毎月のように退職者が出る生命保険営業は、退職を申し出てもすぐに退職させてくれない、いわゆる「退職待ち」となるケースが多いです。

退職届けを受理してくれない理由は2つあります。

  • 人手不足への懸念
  • 上司の評価に悪影響を与える

離職率8割とも言われる生命保険営業は、会社によっては人手が足りていない状態です。

営業が回らなくなってしまう恐れから、タイミングを見計らっています。

場合によっては引き止められる可能性が高いです。

上記に加え、担当部署の人員の増減は管理者の評価に悪影響を与えます。

民法によれば、退職希望日の2週間前に退職届けを出せば退職が可能です。

ただし、就業規定に退職についての定めがある場合は、そちらに従った方が円満退職がしやすくなります。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

出典:民法第627条1項 | e-gov

辞めたい会社にい続けることはキャリアにとってマイナスです。

一刻も早く「生命保険営業を辞めてよかった」と思えるように、素早く行動するのが良いかと思います。

参考「生命保険営業、辞めてよかった」保険営業を辞めたい人に伝えたい4つの対処法

家族や知人に営業をさせられる

営業成績が悪かったり、ノルマが達成できなかったりすると、親類縁者や知人に営業をしてくるようにと上司から指示されます。

例え家族であっても、保険の営業に対して良い顔はしてくれないのが普通です。

友達であれば、勧誘されたことに嫌気が指して疎遠になることもあります。

家族や知人への営業は、少なくとも気持ち良く仕事ができるものではないです。

辞めてよかったと思える理由は?生命保険営業を辞めるメリット

辞めるだけで「辞めてよかった」と思えるほど、生命保険営業には常に大きなストレスが掛かっています。

ここでは、生命保険営業を辞めるメリットを解説します。

ノルマから解放される

生命保険営業のストレスの原因となるノルマから解放されます。

ノルマ達成の日々に追われていた人ほど、退職後に辞めてよかったと思えるはずです。

また、ノルマからの解放によって、生命保険営業のストレスの大半が無くなります。

安定した収入を得られるようになる

生命保険営業は、評価や歩合の影響が強く、毎月の収入を安定させにくいです。

成績が悪いと、10万円前半程度しか得られないこともあります。

経済面での不安を常に抱えながら仕事をしなければならない状況は精神的に苦痛です。

仕事を辞めることで、不安定な収入を安定させることができます。

固定給の会社であれば尚更です。

頑張りや運による大幅な給与アップは望めないものの、生活できるだけの給与をしっかりともらえれば精神的な余裕が生まれ、「生命保険営業を辞めてよかった」と思える生活を送れるようになります。

サービス残業や休日出勤の頻度が激減する

生命保険営業を辞めれば、しっかりと休日に休めるようになります。

休日や就業時間後に顧客に合わせて予定を空ける必要もなくなるため、ワークライフバランスが取りやすく、家族との外出や疲労回復、娯楽に充てる時間を作れます。

生命保険営業辞めてよかったと感じるポイント

生命保険営業辞めてよかったと感じるポイント

ONとOFFをしっかりと切り替えるのは、健康的な心身のために重要です。

参考生命保険営業を辞めてよかった!辞める方法4選と使い捨てなのか?について解説!

人間関係をリセットできる

どんな仕事でもそうですが、仕事を辞めることで人間関係をリセットできます。

実は人間関係に悩みを抱えている人は多いです。

退職理由のアンケートでも上位に必ずランクインしています。

生命保険営業の場合、「上司がパワハラ気味だった」「(ライバル視してしまい)同僚と上手く行かなかった」という話も耳にします。

人間関係に関する悩みが強ければ、開放感を感じられます。

【アンケート】仕事に行きたくない理由は?

ビジネスパーソン500人(女性329人/男性166人/未回答5人)を対象に、ビズヒッツは『仕事に行きたくない理由に関する意識調査』を実施しました。

以下は、回答数が多い順にランキング形式にしたものです。

          
ランキング 仕事行きたくない理由(複数回答可) 人数
1位 人間関係に悩みがある 155人
2位 やりたくない仕事がある 50人
同率2位 起きるのがつらい 50人
3位 仕事が忙しい 44人
4位 めんどう / やる気がおきない 34人
5位 疲れがとれない 32人
6位 体調が悪い 26人
7位 やりがいを感じない 23人
8位 仕事でミスをした 21人
9位 通勤が苦痛 20人
10位 家にいたい 12人
出典:ビズヒッツ|【仕事に行きたくないときの理由と対処法ランキング】男女500人アンケート調査

人間関係は業種・職種、雇用形態を問わず、多くの人が悩む問題です。

今現在、同じ悩みを持っているなら、人間関係をリセットすることでストレスが軽減し、「仕事を辞めてよかった」と実感することができます。

参考生命保険営業を辞めて良かった?辞めた人のリアルな声を調査

副業をはじめられる可能性も

生命保険業界では、働いている企業によっては副業が解禁されていない企業もまだまだ少なくありません。

生命保険の営業職として雇用されている企業や雇用形態によっては、今の会社を辞めることで副収入を得られる可能性が高まります。

ただし、最近では副業を推進する時代背景もあり大手生命保険会社をはじめとし、副業が認められる企業も徐々に増えつつあることにも注目すべきです。

仮に生命保険の営業職を辞めて転職する場合には、転職先企業の副業可否についても注目しておくことをおすすめする。

参考【元保険屋が語る】保険営業にノルマはない【生活できなくなるだけ】

生命保険営業を辞める方法

異動願いを出して別の部署に配属する

生命保険営業が辛いのであれば、別部署への異動を会社に依頼するのもおすすめです。

会社も適材適所の考えがあるため、対応してくれる可能性があります。

社内公募などをしっかりとチェックしておくのが秘訣です。

営業を離れるだけでも営業を辞めてよかったと思えます。

「会社は好きだけど営業はツライ」という方に異動願いはおすすめです。

転職をする

生命保険営業から離れるなら転職が一番の方法です。

全く違う業種の会社にキャリアチェンジ転職をすれば、生命保険営業に感じていたストレスの大半を軽減、解消することができます。

営業職であれば、経験を活かして転職がしやすいです。

生命保険営業の仕事と転職活動の両立は非常に難しいです。

転職エージェントなどの支援サービスを利用すると、効率良く進められます。

退職をする

とにかく辛いという限界の状態なら、退職してから後のことを考えるのが良いです。

生命保険営業は退職待ちとなるケースもあります。

そんなときは、退職代行を利用したり、一方的に退職届を内容証明郵便で送り、民法に従って2週間後に退職する形を取ることも可能です。

無理をしていると、うつ病を発症してしまうこともあります。

そうならないために、早めの対処が必要です。

◆「失業保険と再就職手当について」

転職先を決めずに退職することに対して不安を覚えると思います。

しかし、失業保険を受給できるので意外と生活はなんとかなるものです。

失業保険は、手続きをしてからおおよそ2ヶ月後に支給が開始されます。

自己都合退職のい場合
失業保険の給付開始 最短で2ヶ月7日後
失業保険の給付日数 90~150日
失業保険の給付制限 あり
退職金 減額されることがある
経歴の書き方 一身上の都合により退職と記載
出典:doda|【社労士監修】会社都合退職と自己都合退職は何が違う?転職活動や失業給付金にどう影響する?

退職してから給付されるまで間が空きます。

貯金をしたり、家族など頼れる人にサポートをお願いしたりすると安心です。

失業保険の給付日数を残した状態で再就職が決まれば、再就職手当を受給できます。

失業保険の計算方法

1.)退職した会社の直近6ヶ月分の給与 ÷ 180 = 賃金日額
2.)賃金日額 × 45%~80% = 基本手当日額
3.)基本手当日額 × 給付日数 = 失業保険支給額

再就職手当の計算方法

1.)失業保険の給付日数の2/3以上支給日数を残して就職:残日数の70%
2.)失業保険の給付日数の1/3以上支給日数を残して就職:残日数の60%

失業保険を全額もらうのも、仕事を決めて再就職手当をもらうのもありです。

生命保険営業を円満退職するためのポイント

生命保険の営業職をいざ退職すると決心した場合に心得ておくべき円満退職するためのコツについてご紹介しておきたいと思います。

退職を申し出る際の第一声は非常に勇気のいることですが、打ち明けてしまえば後はスムーズに退職することだけを考えて過ごすだけです。

下記ポイントをおさえて、ずるずる退職が先延ばしにならないようにしてください。

円満退職するためのポイント

  • 退職を伝えるのは希望日の1~3ヶ月前がおすすめ
  • 退職の意向は必ず直属の上司に最初に伝える
  • 退職理由は前向きな内容に置き換える
  • 転職意志が揺るがないものであることがわかるよう伝える

参考離職率8割?!生命保険会社を退職する人の理由4選

退職を伝えるのは希望日の1~3ヶ月前がおすすめ

生命保険の営業職に限らず、退職の意志を余裕をもって会社に伝えることは社会人としてのマナーです。

退職のきっかけが会社の否であった場合でも、自分自身が希望するタイミングで確実に退職するためにも最低でも1ヶ月前、理想は3ヶ月前には上司に伝えなければなりません。

一般的に、各社就業規則に退職を申し出るタイミングが定められているため、規則を満たしたタイミングでできる限り余裕をもって伝えられることがベストであることを前提に、万が一の際には法律の上では会社の承認がなくとも「(雇用期間の定めがない場合、)退職申出日から起算して原則14日を経過していれば退職すること自体は可能」であることは頭に入れておきましょう。

参考生命保険営業がきついので辞めたい。離職率やノルマに辛さに後悔…転職で失敗したくない人必見 /

「立つ鳥後を濁さず」という言葉の通り、退職する場合は周囲を配慮し余裕をもってスムーズな退職をしよう!

退職の意向は必ず直属の上司に最初に伝える

退職する意志が固まったら、余裕をもったタイミングでまずは真っ先に直属の上司に退職の意向を伝えることが社会人としてのマナーです。

生命保険の営業職が属する組織は一般的に規模が大きく人員も多数であり、一層縦社会が根付いていることが想定できます。

悪気はなくとも、相談も兼ねて同僚に退職することを伝えている場合は話しが漏れないようにくれぐれも注意してください。

退職の意向を伝える場合は、順序を守ってスムーズな退職へと繋げていきましょう。

参考【抜け出そう】保険営業が辛い理由5つと仕事を辞めたい時の対処法4つ

退職理由は前向きな内容に置き換える

激務なだけに、生命保険の営業を退職する理由がネガティブな内容である人は少なくありません。

しかしスムーズに退職するためには、退職理由は前向きな内容に置き換えて上司に伝えることが大切です。

例えば、実際は仕事との相性が悪いことが退職理由であったとしても、他にチャレンジしたいことがあると伝えるだけで引き止めに合わずに済むことでしょう。

退職を決めた場合、ー社会人として後腐れなく退職する工夫をすることを心がけることがポイントです。

参考生保営業のやめ時はいつ?経験者が教える円満退職の時期と理由4選!

転職意志が揺るがないものであることがわかるよう伝える

最後に確実に退職をするために最も大切なのが「自分自身の退職意思を固めたうえで、決意が揺るがないことをしっかりと伝えること」です。

すでに転職先が決まっていたりと、退職を後倒しにできない状況や理由を作ることで、スムーズな退職へと繋げることができます。

生命保険の営業は特に人の入れ替わりが激しい世界ではありますが、社会人としてのマナーを守り円満退職することであなた自身も次のステップスムーズかつ気持ちよく進めることでしょう。

退職する気持ちが揺らいでいるうちは退職すべきタイミングではないということですね。

参考保険営業を辞めたい?10のきつい理由、退職後におすすめの転職先を解説

生命保険営業を辞めてよかったと思える転職先

ここでは、生命保険営業を辞めてよかったと思える転職先をご紹介します。

不動産業界

不動産業界は、生命保険営業の経験がある人なら転職しやすい業界です。

宅地・建物の重要事項の説明や契約の際に必要なことから、「宅地建物取引主任者」の資格を取得すれば数千円~数万円の資格手当が支給されます。

不動産業界へ業種転換をするなら、資格取得に向けて学習に取り組むのがおすすめです。

WEBデザイナー

WEBデザイナーは初心者からはじめやすく、また、経験を積めばフリーランスという働き方も見えてくる人気の仕事で、在宅ワークを取り入れている企業や顧客も多く、ワークライフバランスが取りやすいです。

適度に自由な働き方ができます。

生命保険営業の仕事が詰まった働き方にストレスを感じていた人であれば、「辞めてよかった」「転職してよかった」と思える可能性が高いです。

WEBライター

WEBライターは知識なしではじめられる仕事です。

指定されたテーマに沿って文章を書いていきます。

副業として注目されていることからライバルが多いものの、WEBライターの仕事の需要は増しているので、クラウドソーシングや案件紹介サイトに登録すれば、全くの未経験者であっても仕事を見つけやすいです。

タイピングスキルにも依りますが、会社員以上に稼ぐこともできます。

ITエンジニア

ITエンジニアは、需要が増大する一方で慢性的な人手不足の問題を抱えています。

そのため、未経験者を歓迎している企業が多いほか、ITエンジニアとしてのスキルを無料で身に付けられる転職エージェントも登場しました。

技術やアイデアは日進月歩のため、常に最新の情報にアンテナを張っておかなければなりませんが、身に付けたスキルと知識は一生モノです。

事務職

ワークライフバランスを第一優先で考えるなら事務職がおすすめです。

休日出勤もほとんどなく、定時上がりが基本となります。

営業で自分の時間を持つ余裕が無かった人にとって理想的な仕事です。

事務職は女性を中心に人気の高い職種なので、転職活動が長期になることもあります。

金融業界の営業

仕事で身に付けたお金の知識と営業スキルを武器に、有利に転職をするのなら金融業界の営業職もおすすめの転職先のひとつです。

金融業界の営業も生命保険と同じ無形商材を扱っています。

即戦力として期待してもらえる可能性が高いです。

ただし、金融業界の営業もノルマが大変な仕事なので、金融業界の営業職に転職して「生命保険営業を辞めてよかった」と思える人は多くはないです。

「生命保険営業を辞めてよかった」思うための方法まとめ

本記事では、生命保険営業を辞めたい理由と退職後に辞めてよかったと思える理由、そして生命保険営業経験者におすすめの転職先を紹介しました。

辞めたい理由 辞めてよかったと思える理由
・ノルマが厳しすぎる
・毎月の収入が不安定
・ワークライフバランスが取りにくい
・業務上の出費はほとんどが自腹
・親族や知人に営業させられる
・ノルマから解放される
・転職をすれば安定した生活が送れる
・ワークライフバランスが取りやすい

生命保険営業に就いている方で、強いストレスを感じている方、不安定な収入に不安を感じている方は、退職や転職をして環境を変えるのがおすすめです。

「辞めてよかった」と思うためには、まずは何に一番ストレスを感じているのかを分析し、それを解消できる可能性が高い仕事にスポットを当てて探すのが良いかと思います。

「生命保険営業辞めてよかった」と感じている時に合わせて読みたい

住友生命の営業を辞めたい方は必見|辞めたい理由と退社方法を紹介します

住友生命の営業を辞めたいと感じる理由と退職方法や転職する際のポイントなどを解説しています。
page top