著者:マネたま転職研究所 2022年5月23日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

【SOS】朝になると仕事に行けないのは、心も身体も限界の証拠

アップロード日2022/05/16

マネたま転職編集部

「仕事に行きたくないから休む方法を考えてしまう」

 もう、あなたは既に限界を

超えている可能性があります。

現在の仕事を我慢して続けても、

あなたは、損をする可能性が高いです。

 そんなあなたのために、この記事では、

  • 仕事に行けない状況は異常だが、意外にも悩む人は多いこと

  • 休職でも部署移動でもなく今の会社を退職すべき理由

  • あなたに合った職場・仕事に就くための転職方法

について解説していきます。

正直、仕事を休む理由を考えていること自体、あまり良いことではない。 いつでも転職活動ができるように登録だけでもしておくべきじゃろう。「明日やろうはバカヤロウ」じゃ!

参考仕事に行きたくない憂鬱な理由・原因と対処法!休みがちな朝が続く際の乗り越え方とは

「朝になると仕事に行けない」状況は異常だが、まだ間に合う

冒頭にもお伝えした通り、

現在の状況は「異常」かもしれません。朝になると仕事に行けない」状況には、大抵の場合は下記の二つに分類することができます。

  • 朝になると、仕事に行けない状況
  • 朝になると、仕事に行きたくないから休みたい気分

上記は似ているようでまったく異なります。

「仕事に行けない」方は今すぐの行動が必要です。

「行かなきゃいけないとわかっていても仕事に行けない」

「身体が動かなくて仕事に行けない」

のは、明らかにあなたの心が出社を拒絶している状態です。

まずは「行けない」状況が異常な状態であることを認識するところから、新たな一歩が始まります。

そして仕事に行けない状態になることは、決してあなたが悪い訳ではないため、

一人で罪悪感を抱え込まないこと

が重要です。

昨晩までは何もなかったのに、朝になると仕事に行けないことがあります…

私はよく仕事に行きたくないと思ってどうやって休むかを考えています。

誰にも相談できず一人で悩みを抱え込んでしまうと、最悪の場合、会社に行けないだけでなく、重度のうつ病にかかってしまう可能性があります。

誰にでも起こり得るからこそ、まずは、

  • 現状の状態を把握し、自分自身で認めること

  • 認めた上で、次への一歩を踏み出すために誰かを頼る/相談すること

が重要です。

いずれにせよ、朝が来て自分の意思では仕事に行けない状況は普通ではないぞ!

そんな時こそ、転職のプロである転職エージェントに相談すべきです。

一人で悩んでいるだけでは何も前に進みません。

◻ 【おすすめ転職エージェント】 ◻

参考会社に行けないのは甘え?休職や退職もあり?出勤が怖い朝の連絡方法も解説

レベル別 | 朝になると仕事に行けない人の対処法

朝になると仕事に行けない、どうしようもなく仕事に行きたくないという人は意外と多いものです。

しかし、同じ朝になると仕事に行けない人、行きたくなくなる人の中でも程度や危険度は様々であり、朝になると仕事に行けない理由や程度によって適切な方法で対処しなければなりません。

体調を崩してしまう前に、下記の通りあなたに合った方法でいち早く対処していきましょう。

レベル別 | 朝になると仕事に行けない人の対処法

  • レベル1 | 少し早起きして、出勤前にリフレッシュする
  • レベル2 | 休む勇気を持つ(有給を取得する)
  • レベル3 | 休職する
  • レベル4 | 転職する

レベル1 | 少し早起きして、出勤前にリフレッシュする

日々の通勤行為が辛く会社に行く当日の朝ぎりぎりまで起きられないという人は、あえて出勤前にリフレッシュする時間を設けることをおすすめします。

「朝起きることが辛くて、布団から出られずぎりぎりまで仕事に行けない人が早起きなんてありえない!」と思うのも無理ありませんが、朝の使い方1つで気分が前向きになりリセットされることに期待できます。

半信半疑でもまずは1日試しにトライしてみてください。

1人だけだと腰が重く、出勤前の朝の時間の使い方を中々変えられないという人は他人を巻き込み朝活をすることもよいでしょう。

レベル2 | 休む勇気を持つ(有給を取得する)

いつもと違って体調が優れなかったり、心身の疲れが溜まっていることにより、今日は朝になると仕事に行けない、行きたくないという状態にある人は、休むという判断を自ら下すことも時には大切です。

会社に当日休む連絡をする際には、始業時間に余裕をもって連絡するようにしましょう。

報連相をしっかり行うことで、自分の穴は意外と組織が埋めてくれるものです。

レベル3 | 休職する

一時的に朝仕事に行けない・行きたくないというわけではなく、何らかの理由で心身の状態がおもわしくないない、余裕がない状態が続く場合には、休職という手段をとることも1つです。

ただし、休職は永久にできるものではありません。

朝仕事に行けない理由が職場環境や仕事内容によるストレスや過労などが原因であることも少なくないことでしょう。

朝になると仕事行けない場合、下記のような理由で行けない場合は、現在勤めている会社に原因があるかもしれません。

会社に原因があって「朝になると仕事行けない」状況の例会社に原因があって「朝になると仕事行けない」状況の例

  • 職場の人間関係が上手く言っていないから仕事にいきたくない

  • 残業などが多く労働環境が悪い

  • ノルマがきつく、プレッシャーがストレスになっていると感じている

  • 評価が上がらず、給料に不満がある

朝になると仕事に行けない理由が会社にあるなら「休職」はおすすめできません。

あなたの会社は、あなたを労働力としてしか考えていない可能性があるためです。

実際に、状況を改善するために、会社側からは休職を勧められることが多いでしょう。

これは、会社としては当然の判断です。

就職してから今まであなたに投資した金額は、仕事を遂行し価値を発揮してもらわない限り経営は成り立ちません。

特に、現代は採用が難しい時代とあり、企業は通常のメンバークラス一人を採用するのに、少なくとも数十万〜100万円、あるいはそれ以上の金額を出すことも当たり前の時代になってきています。

100万円かけて採用を行ったあなたが辞めるのは、会社にとって大きな損失なんです。

参考毎朝仕事に行きたくない!9つの対処法と朝の過ごし方を解説

レベル4 | 転職する

休職を勧められると、多くの方は「会社が自分のために一生懸命考えてくれたんだ」と思うかもしれません。

※もちろん、あなたのために休職を勧めてくれる会社もあると思います

しかし、あなたが休職をしたところで、仕事に行けない理由が会社にあり、状況が改善されなければ、根本的な課題解決には繋がりません。

ここで、もう一度考えてみましょう。

上記のような考えを持つ会社・上司がいた場合、追い込まれたのは本当に自分のせいですか?

「企業」は生き残ることがミッションです。

必ずしもあなたのために動いてくれるとは限りません。

考えてみれば、私一人のために会社が動くなんてコストだものね。

うん。そうは思いたくないけれど、僕が仕事に行けなくても代わりはいるもんね。

もちろん、従業員をとても大切にしてくれる会社もある。 じゃが、日本の会社は残念な会社が多いのも事実じゃ、、、

ポイント

朝になると仕事行けない状況なら、今すぐ転職活動をしてみることをおすすめします!

上記で説明したとおり、朝になると仕事行けない状況を作り出しているのは今勤めている会社が原因であることが大半です。

今すぐ退職することも大切ですが、退職する前にやっておく必要がるのが、転職活動です。なぜなら、転職先が決まっている状態で退職するのと、何も決まっていない状況で退職するのでは、大きな差が生まれるからです。

転職先が決まっていない状態で退職してしまうと、焦って転職活動をすることになり、結局次の会社が決まったとしても朝になると仕事行けない状況になってしまう可能性が高いです。

朝になると仕事に行けないという悩みがある場合は、まずは転職活動をしみてましょう!

参考【朝になると仕事に行けない人へ】3つの選択肢を紹介します。

朝になると仕事に行けない状況を解決するには今すぐの退職がベスト

とはいえ、いざ退職しようと思うと、あなたの心に葛藤が生まれるかもしれません。

「本当に退職して金銭的に困らない?」

「今までさんざん会社にお世話になってなかった?」

「すぐ転職出来るの?」

「転職ばかりで定職につけなかったら、結婚できない?」

株式会社キャリアデザインセンターが運営する20’s typeの『20代の将来の不安に関する調査』でも、上記に上がったような意見が挙げられています。

1位:お金のこと

・「何年会社で働いても年収が上がらない時代。今後子供ができたりしても、ゆとりのある暮らしができるイメージが持てない」
(26歳/男性/販売・サービススタッフ)

・「サラリーマンでもお金に困って生きていけない時がいつか来るのではないかと思う」
(29歳/男性/電子・電気技術者)

・「現在の年収が低過ぎる。残業20時間込みで手取り15万円。これじゃ一人で生きるのがやっと」
(25歳/男性/販売・サービススタッフ)

2位:仕事のこと

・「今の仕事を続けて、将来家族を養って幸せにできるか」
(26歳/男性/販売・サービススタッフ)

・「職場の人間関係が悪化し、人付き合いがどうなるかが不安」
(25歳/男性/メーカー)

・「今の職場を辞めても、転職できるかどうかが心配」
(28歳/女性/クリエイティブ)

3位:結婚のこと

・「生まれてから一度も、恋人がいたことがない」
(29歳/男性/情報)

・「仕事に追われるばかりで、婚活する気力もない」
(27歳/女性/販売)

・「周りの友だちはどんどん結婚していく。自分だけ取り残されているような気がする」
(28歳/女性/事務・管理部門)

ただ、朝になると行けないような仕事・職場に留まる方が、あなたのパフォーマンスを十分に発揮できずに、

「お金はたまらない」

「仕事は評価されない」

「結婚もできない」

可能性が高くありませんか?

健全な状態で仕事をする方が何倍も生産性が高まります。

仕事も会社も、世の中にはたくさんあるぞ。。

参考朝になると仕事に行きたくないと思ってしまい辞めてしまう癖 …

朝になると仕事に行けない状況を解決してくれる退職代行サービス

仕事に行けない状況は、「行けない」と悩んでいても何も変わりません。

一人で悩まず、他人の力を借りることも重要なスキルです。

退職手続きを自力で行えない場合、現在は退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行サービスとは、「退職に関する面倒な手続きや交渉を代行してくれる」サービスを指します。

近年、退職代行サービスが急速に増えています。

その背景には「退職に伴う人間関係の煩わしさ」あるいは、「今までの生活を多少なりとも支えてくれた会社への後ろめたさ」から辞められずに悩んでいる方が増えているためなんです。

退職代行サービスを利用するメリット

退職代行サービスを利用することには以下のメリットがあります。

※以下、サービスによって若干内容が異なる場合もあります 

  • 事前の無料相談が可能
  • 金額が安い(3~5万円程度)
  • 会社の人と顔を合わせずに退職できる
  • 有休消化についても交渉してくれる
  • 辞められなかったら全額返金保証つき
  • 即日退職が可能
  • 親にバレない
  • 退職成功率が95%以上
  • 会社から訴えられたり、損害賠償請求される心配がない

自分で退職する意思を会社に伝えることなく退職できるので、上司や同僚の顔色を伺う必要もなく、辞めたいと思ったら即日退職も可能です。

利用には5万円前後のお金がかかります。

ただ、よく考えてみると、退職代行サービスは残った有給休暇を消化する交渉も行ってくれるので、有給休暇が残っている場合、金額以上の価値を取り戻せる可能性があります。

さらには、取り戻した有給休暇を利用して転職ができれば、給料がもらえない「空白の期間」が生まれません。

現在の転職市場は売り手市場の傾向が強いので、転職で年収UPできる可能性が高く、元を取るどころかプラスが生むことができるのです。

現在の会社で「朝になると仕事に行けない」「仕事行きたくないから休む」と言っている方が、よほど損失が大きくなると思いませんか?

()最近は格安の退職代行サービスを名乗る悪質な業者が急増しています。

その中でも、EXITは会社としての知名度・実績共に自信を持っておすすめできるサービスです。

退職代行サービスなら知名度・実績ダントツのEXIT!

EXIT』は、メディアに何度も取り上げられている非常に知名度が高いサービスです。

NHKの『クローズアップ現代』で特集が組まれたり、人気芸人のEXITとともコラボしています。

利用方法は簡単!

なんと、LINEで相談するだけなんです。

LINEで「会社を辞めたい」「もう二度と上司と顔を合わせたくない」など、要望を伝えるだけで、会社への連絡は EXIT が代行してくれます。

相談は全て無料ですし、実際に依頼する場合は、退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOKです。

基本的に退職に関わる一切の行為を代行してくれます。

さらに、EXITは転職エージェント『ワークポート』と提携をしているため、EXIT経由でワークポートに登録し、転職が成功すると、退職代行費用が無料になります。

朝になると仕事にいけない状況を脱出するための転職活動

毎日、朝になると

仕事に行けない!

仕事行きたくないから休む!

これらの言葉が、あなたの口から二度と出ないようにする転職方法を紹介します。

そして、転職活動には、自分の居場所を移すだけでなく、様々なメリットがあります。

そもそも転職活動は社会人全員が行うべき!?

実は、転職活動は社会人全員が経験すべきなんです。

「仕事に行きたくはないけど、休むのもな〜」

「毎朝行きたくないだけで、辞めるほどでもないし」

と考えている方にこそ、この機会に転職活動を経験してみることをおすすめします。

もちろん、「転職を一切考えていない方にも」です。

今の時代、いつ会社が倒産したり、労働環境が悪化したりするかは予測がつかないですし、終身雇用制度はなくなり、転職が当たり前になっています。

転職活動は「転職を一切考えていない方にも」メリットのある活動なんです。

その理由は、

  • 自分の市場価値が把握できる
  • 今後のキャリアが明確になる
  • 業界のトレンドに詳しくなる
  • (転職を検討していなくても、)好条件の求人が見つかればそのまま転職できる

上記のようなメリットがあるためです。

そのため、自己分析の手段として、転職活動を行う方が非常に多くなってきています。

もし、現職よりも好条件の企業が見つかれば、そのまま転職してしまうことも可能です。

転職エージェントを活用すれば、より自己分析が深まる

転職活動では、必ず転職エージェントを利用してください。

転職エージェントへの相談は、客観的にあなたがどんな人かを判断できる良い機会となります。

具体的に、転職エージェントを利用することのメリットは以下の通りです。

  • 非公開求人の紹介がある
  • 企業や業界に合わせた面接対策ができる
  • 面倒な手続きを代行してもらえる
  • 企業と待遇面の交渉を行ってくれる
  • (場合によっては)退職サポートを行ってくれる

自分で転職サイトを利用するだけではたどり着けない情報を提供してもらえたり、志望する企業の傾向に合わせた対策を無料で行うことができます。

そのため、一人で転職活動をするよりも、圧倒的に自分に合う会社に出会える確率・転職成功率が高くなります。

転職エージェントに登録すると大量のメールが届くので、転職活動用にメールアドレスを作成しておきましょう。

また、稀に自身の成果を上げるために、強引に転職を迫ってくるキャリアアドバイザーがいますが、その場合はメールで連絡して担当を変更してもらうことが可能です。

初めての転職が不安な人はもちろん、キャリアについて悩んでいることがある人は、相談しない理由がありません。

初めての転職活動だからこそ、一人で悩むのは危険ですよね。

また、転職活動を始める前に、以下のポイントだけを事前にまとめた上で相談をすれば、スムーズなやり取りを行うことができます。

【相談前に最低限必要な自己分析】

  • 1

    自分の好きなこと・嫌いなこと

  • 2

    自分の得意なこと・苦手なこと

  • 3

    今後やってみたい仕事・やりたくない仕事

  • 4

    将来の理想の生活・キャリア(3年・5年・10年)

上記の項目を事前にまとめておくことで、キャリアアドバイザーがあなたの描くキャリアや生活を実現できる企業を紹介しやすくなります。

「ただ転職したいだけ」

の人よりも、

「〜〜が好きで、◯◯という仕事に挑戦してみたい」

という希望がある人の方が熱意が伝わり、キャリアアドバイザーにとっても優先的に対応してあげたくなる心理が働きます。

転職エージェントの効果を最大限引き出すポイント

本気で転職活動を行う場合、転職活動を成功させるポイントは、以下の2点です。

  • 転職エージェントを3社以上利用する
  • 「総合型」「業界・年齢特化型」の両方の転職エージェントを利用する

上記のポイントさえ気にしていれば、OKです。

①:転職エージェントを3社以上利用する

転職エージェントは必ず、

3社以上を併用

してください。

実際に、人材大手リクルートによる調査でも、転職エージェントを複数利用している求職者の方が、転職活動の成功率が高いことが実証されています。

転職決定者の平均転職エージェント利用社数は4.2社です。

転職エージェント利用調査

 転職エージェントの3社以上登録することによるメリットは以下です。

  • 希望の求人に出会える確率UP

  • 担当と相性が合わなくても安心

1社の転職エージェントから紹介してもらえる求人案件は3社前後です。

幅広く求人を検討するためにも、3社以上に登録することをおすすめします。

②:「総合型」「業界・年齢特化型」の両方の転職エージェントを利用する

また、転職エージェントには、幅広い求人案件を保有する「総合型」と、求人案件は少ないものの、特定の業界に特化してサポートをしてくれる「業界・年齢特化型」の2種類が存在しています。

3社以上を併用利用するうえで、

総合型:2社以上

業界・年齢特化型:1社以上

を利用してください。

総合型の転職エージェントだけを利用すると、あなたの希望する業界で「目立たない優良求人」に出会えない可能性があります。

また、希望している条件に合致した求人なのに、年齢やこれまでの経歴から応募できないケースもよくあるのです。

逆に、業界・年齢特化型の転職エージェントだけを利用すると、特定領域の求人ばかりを紹介され、自身の可能性を限定してしまうことに繋がってしまうのです。

そのため、総合型を2社以上、業界・年齢特化型を1社以上利用して、幅広く自身の可能性を模索しましょう。

以下では、絶対に登録すべき総合型転職エージェント、おすすめの業界・年齢特化型転職エージェントをご紹介します。

​​各エージェントによっても方針も違ったりするし、一度相談してみよう!

そうじゃな。複数のエージェントで同じ相談をするんじゃ。

朝になると仕事に行けない人におすすめの転職エージェント

朝になると仕事に行けない、身体が思うように動かないなら、前述の通り、バランスよく3社以上を利用してださい。

「思い立ったらすぐに行動すべき」です。

なぜなら、多くの人は先延ばしにしてしまうからです。

心理学者のピアーズ・スティール教授の40年間に渡る調査によると、

95%の人が「自分に甘く、仕事や作業で先延ばしをしてしまう」

ことが明らかになっています。

現状を少しでもポジティブにしたい場合、多少の不安があってもすぐに行動するのがポイントです。

◆転職エージェントの利用が不安な方へ◆

    決して、背伸びをして自分をよく見せようとする必要はありません。
    パートナーとなる相手に、自分をよく見せようとすると、かえって転職活動の失敗を招きかねません。
    最初に登録した情報でいきなり求人を紹介されることはありませんし、職務経歴書は一緒に作成すればいいのです。

    土・日でも利用可能ですよ!
    まずは登録して、転職エージェントの指示を待ちましょう!

    ※登録の際、在職中の方は備考欄に「●時以降なら電話対応」 と記載しておけば、仕事中に連絡が来て現職にバレることはありません。

下記の転職エージェントは、転職賢者が本気でおすすめしている、絶対に登録すべき総合型転職エージェントです。

現職(前職)での雇用形態に関わらず、登録が可能です。

この転職エージェントだけは絶対に登録しておくんじゃ!

◻ 【おすすめ転職エージェント】 ◻

自分のために、朝になると仕事に行けない状況は「今すぐ」改善すべき

朝になると仕事に行けない方は今すぐにでも転職エージェント・退職代行サービスを利用してください。

「◯◯になったら転職する」

「〜〜ができたら転職する」

このように言っているうちに、

取り戻しがつかない状況になります。

あなたにとっての仕事とは、仕事をするのは、金のため、生活のため、それとも無職だと世間体が悪いからですか?

おそらく、多くの人は金銭的理由で毎日の仕事をしています。

だからこそ、

人生の大半を費やす仕事は、

やりがいがあって楽しい環境で働くべきです。

毎週月曜日に出社するときに「月曜か~」と嘆くのではなく、「今日から月曜だ!仕事だ!」と胸を張って言える仕事を手に出来たらどんなに楽しい生活が待っているでしょうか?

仕事に行きたくないから休むなんて、人生を損してるわ!

朝になると仕事に行けないなんて状況は健全じゃないですもんね!

仕事は本来、楽しくてやりがいのあるものじゃ。人生を豊かにしてくれるものじゃぞ。

下記では、初めて転職活動を行う方でも、納得のいく転職活動を実現するために、転職エージェントを使い倒すマル秘テクニックをご紹介しています。

一度読むだけでも、転職エージェントとのやり取りのイメージとポイントが掴めるはずなので、ぜひ参考にしてみてください。

◻ 【おすすめ転職エージェント】 ◻

やりたい仕事がない人向け

『TECH::EXPERT(テック・エキスパート)』
※ホリエモン絶賛!の実績No.1スクール

上記から30秒で無料カウンセリング申込可能!

()最近は格安の退職代行サービスを名乗る悪質な業者が急増しています。

今回ご紹介した『EXIT』は、会社としての知名度・実績共に自信を持っておすすめできるサービスです。

退職代行を利用するならEXIT!

『EXIT』
抜群の地名度!LINEで気軽に相談!
【公式】https://www.taishokudaikou.com/

コメント マネたま転職博士のコメント

朝になると仕事にいけない状況を脱出するためにはまずは転職エージェントに登録することから始めましょう。そして、転職活動が進んで、なかなか会社を辞められない状況のときは、退職代行サービスの利用を検討しましょう。

参考朝起きて仕事に行きたくないと感じたらどうすればいい?うつ病の可能性も

関連・参考記事

「朝になると仕事にいけない」の関連・参考記事

page top