著者:マネたま転職研究所 2022年1月17日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

転職したいけどスキルがない…20代なら転職できる可能性が高い?

アップロード日2022/01/15

マネたま転職編集部

「転職したけどスキルがないから転職できなそう…」

と悩んでいる人は多いと思います。

たしかにスキルがあるに越したことはないですが、あなたにスキルがあるかないかは客観的な視点で判断することが重要です。

特に20代は、特にスキルがなくても転職できる可能性が高いです。

今回は、そんな「転職したいけどスキルがない」と悩んでいる人向けに、実際に転職できる可能性があるのか?

20代、30代、40代など年代に関わらず、転職の可能性や今後のキャリア戦略についてご紹介していきます。

20代は「転職したいけどスキルがない」で悩む必要はない?

まず、あなたが20代なのであれば「転職したいけどスキルがない…」と悩む必要がありません。

特にまだ20代前半で、社会人経験が薄いなら薄いほど悩まなくて大丈夫です。

なぜなら、社会人経験がまだ浅い20代は、まだまだ伸びしろが残されています。

体力的にも、精神的にも「若さ」で乗り越えられることは多いでしょう。

そして、たとえスキルがなくても、採用をしている企業側もそこまで高いスキルを20代に求めることは少ないです。

採用担当者が見ているのは

・ポテンシャルの高さ(伸びしろ)
・20代のフレッシュさ(行動力)
・前向きな姿勢

などという点なので、そこさえしっかりアピールできれば、たとえスキルがないので自信がないという状況でも転職できる可能性が高いです。

また、20代の場合、そこまで給与が高い人が少ないので、現状とそこまで変わらない給与のまま転職できる可能性が高いです。

そのため、20代ならそもそも「転職したいけどスキルがない…」と悩む必要はないので、明るい未来を掴み取るために前に進みましょう。

スキルがない人が転職活動で苦労するポイント

20代なら、スキルがない人でも転職できる可能性が高いということをお伝えしましたが、もちろんスキルがないというのはマイナスポイントであることに変わりはありません。

転職活動中に苦労をして、結果的に転職失敗という状態になる可能性ももちろんあります。

そんなスキルがない人が転職活動で苦労するポイントを簡単にまとめると、

  • 求める条件が高すぎる
  • そもそもスキルを向上させる意欲がない
  • しっかり準備をせずになんとなく転職活動をしている
  • 今後どうなりたいか?が明確でない

このような4点があります。

これから一つ一つ詳しく説明していきます。

求める条件が高すぎる

スキルがないと自覚しているものの、

「現在勤めている会社より、給与面や待遇が良くないと嫌だ」

「楽しそうな仕事を任されたい」

など、転職する際に求める条件が高すぎると、転職できる可能性は低いでしょう。

そもそもスキルを向上させる意欲がない

現状スキルがない状態でも、転職できる人は今後の頑張りでスキルを向上させていくという強い意志を持っている人が多いです。

仮にあなたが採用担当者だったら、同じスキルがない人でも成長意欲がない人より、意欲が強い人を採用したいと思うのではないでしょうか?

つまり、今はスキルがないけど、転職してスキルを向上させる意欲を持った状態で転職活動をすることが望ましいです。

しっかり準備をせずになんとなく転職活動をしている

少し厳しいかもしれませんが、スキルがないのであれば、準備をしっかりしない限り、転職成功する確率は低いでしょう。

また、準備をしていない人、している人の差は、採用面接の短い時間でもすぐに分かってしまいます。

なぜなら採用担当者側はできるだけ活躍してくれる人を採用したいわけなので、そういう点を見抜く対策になる質問を用意していたりします。

そのため、スキルがないと感じている人は、しっかり準備をするのが必要になります。

今後どうなりたいか?が明確でない

採用担当者は、今スキルがないとしても今後のポテンシャルや仕事へ対する取り組み方の姿勢を見ています。

そこで「今後どうなりたいのか?」を納得のいくような話ができないと、活躍するイメージが沸かないと判断されてしまうこともあるでしょう。

しっかり今後どうなりたいか?自分の考えを話せるようにするのは、大切な準備の1つです。

30代・40代で「転職したいけどスキルがない」厳しい?

これまで20代の場合は、スキルがない状態でも転職できる可能性が高いと説明してきました。

しかし、30代・40代と年齢を重ねれば重ねるほど、現実は厳しくなっていきます。

それは、なぜなのか?

・求める条件が必然的に高くなってしまう
・企業側はスキルがないなら若くポテンシャルの高い20代を選ぶ

という2点が大きな理由です。

家族がいたり、既に勤続年数が高くある程度給与がエレベーター式で上がっている場合、ある程度年収が高くないと厳しいという状況の人が多いと思います。

つまり、求める条件などが必然的に高くなってしまいます。

また、スキルがないという30代・40代よりは、20代という若い人材を企業は好むのが実情です。

そのため、30代・40代で転職したいけどスキルがない場合は、転職することが厳しいかもしれません。

ただし、「プログラミング」や「マーケティング」などのスキルをスクールなどに通って身につけたら話は変わってくるでしょう。

転職したいけどスキルがない人が転職成功を掴むためには?

スキルがない人が転職活動をする中で、抑えておくべきコツがあります。

まず、転職活動するときの流れは、

①自分が求める条件や環境を明確にする
②その環境に一致する企業を探す
③そして、企業の求人に応募して面接に臨む

です。

そして、重要になるのは①に付随する「客観性のある自己分析」、②に付随して「企業の見極め」というポイントです。

スキルがないといえど、何かしらあなたには強みがあるはずです。その強みを客観的な視点でしっかり明確にしてアピールできるようにしておく。

また、今後どうなりたいなのか?という仕事へのスタンスなどを明確に話せるようになっておくことが重要です。

そして、「企業の見極め」に関しては、おそらく初めてでも、経験がある人でも転職活動で1番苦戦するのはこの部分です。

キャリアカウンセラーに相談しながら進める転職エージェントと自分で求人を探して進める転職サイトは、人によっては好みがあると思います。

しかし、おすすめなのは転職エージェントも転職サイトも併用して転職活動を進めていくということです。

スキルがないけど転職したいなら、今すぐ転職活動をしてみるのがおすすめ

「スキルがないから不安…でも転職したい」と悩んでいるなら、この機会に転職活動を経験してみることをおすすめします。

なぜなら、重要なのは最初の一歩を踏み出す勇気です。

まず転職活動という一歩を踏み出してみることで、その悩みは解消されるかもしれません。

また、転職活動をしてみることは「転職を一切考えていない方にも」おすすめです。

その理由は、

・自分の市場価値が把握できる
・今後のキャリアが明確になる
・業界のトレンドに詳しくなる
・(転職を検討していなくても、)好条件の求人が見つかればそのまま転職できる

上記のようなメリットがあるためです。

自己分析の手段として、転職活動を行う方が非常に多くなってきています。

もし、現職よりも好条件の企業が見つかれば、そのまま転職してしまうのも良いでしょう。

転職活動をするなら転職エージェントの活用したほうが良い

実際に転職活動をするなら、転職エージェントを活用したほうが良いです。

というのも転職エージェントに相談することで、客観的に自分を見つめ直す機会を作ることができるのが最大のメリットです。

また、転職エージェントを活用する場合、2〜3社以上の転職エージェントを併用することがおすすめです。

なぜ2〜3社以上を併用することがおすすめなのか?

2〜3社以上を併用利用することの主なメリットは、主に下記の2点です。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

実際に以下に引用している調査でも、転職成功者の利用エージェント数が4.2社と高い傾向が出ています。

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

そのため、転職活動をしてみようと考えている方は、2〜3社の転職エージェントを併用し、転職活動をしてみて下さい。

20代の若さは武器!有利なときに転職しよう

もし、あなたが20代で転職したいけどスキルがないと悩んでいるならば、30代になる前に転職してみましょう。

なぜなら、年齢が上がるほど転職難易度が高くなっていくからです。

20代の若さは、たとえスキルがなくてもポテンシャルなどで判断してくれる可能性が高いです。

またスキルがない場合、20代後半よりも20代前半の方が転職しやすい傾向があります。

少しでも転職したいと悩んでいるなら、早めに転職活動をしてみて下さい。

page top