著者:マネたま転職研究所 2023年2月3日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

「職場の人が全員嫌い」な環境で仕事を続けるのがダメな理由とは?今すぐ取るべき行動も解説!

アップロード日2023/01/24

マネたま転職編集部

必ずしも、職場の人と相性が良い環境で働けるわけではないです。

「全員嫌い」「仕事だけの関係と割り切っている」という人もいるかと思います。

職場の人に対する不満や全員嫌いな理由はさまざまです。

当記事では、職場の人が全員嫌いな人が取るべき行動や、環境を変えないとダメな理由について解説していきます。

職場の人が全員嫌いという人はどれくらいいる?

厚生労働省が公開している「労働安全衛生調査(実態調査)の概況」によると、「ストレスになっていると感じる事柄がある」と回答した人のうち、27.0%が職場の人間関係に悩んでいるようです。

出典:厚生労働省|令和2年「労働安全衛生調査(実態調査)」の概況

職場の人間関係にストレスを抱えている人は多くいることがわかりました。

続いて、人間関係にストレスを抱えながら働いている人の実態を見ていきます。

職場は好きなのに職場の人は嫌い

職場の人は嫌いなだけで仕事は好き、という人は一定数います。

自分が必要とされている職場は自己肯定感に繋がるため、現状を変えたいと思っても、なかなか最初の一歩が踏み出せないものです。

プライベートでは会いたくない

仕事だと割り切っている人は、仕事とプライベートのON / OFFをしっかりとコントロール出来ている人に多い傾向があります。

ただし、知らず知らずにストレスが溜まっていることもあるので注意が必要です。

非常に嫌なことをされた

嫌なことをされると、当然その人のことが嫌いになります。

会社で嫌なことをされたときに、見て見ぬふりをされたり、同僚に訴えても聞く耳を持ってもらえなかったりすると、孤独を感じ、職場の人を全員嫌いになりやすいです。

職場の人は全員嫌いだけど嫌われるのはイヤだ

人を嫌っても嫌われたくないという考えは誰もが持っています。

嫌われないよう気を遣いながら仕事を続けていると、心身にストレスが溜まりやすいです。

パソナキャリア

職場の人が全員嫌いな状態で働いていれば、仕事自体が楽しくなくなるのも当然です。

そのままではキャリアにとってマイナスの状況が続きます。

  • マネたま|おすすめ転職エージェント編集部

    転職エージェントを利用して、仕事を続けながら転職活動を始めてみるのが懸命です。

◻ 【おすすめ転職エージェント】 ◻

    特に『リクルートエージェント』はコロナウイルス感染拡大を防ぐため、電話面談を実施しているのでオススメです。

    ■『<リクルートエージェント
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com

    ■『マイナビエージェント
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp

    ■『パソナキャリア
    ・手厚いサポート体制が業界No.1!
    【公式】https://www.pasonacareer.jp

    ■『リクナビNEXT』※転職サイト
    ・圧倒的No1の求人数!
    【公式】https://next.rikunabi.com

    ※もし、迷ってしまったら…?
    どのエージェントに相談するか迷った場合、最低でも下記の2社に相談すれば間違いありません。

    ①『リクルートエージェント
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com

    ②『マイナビエージェント
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp

職場の人が全員嫌いになってしまう理由

ここでは、職場の人を全員嫌いになってしまう主な理由を紹介します。

口コミから分かった主な理由は以下の通りです。

職場の人が全員嫌いになってしまう理由

  • 職場の人の性格が悪い
  • 価値観が合わない
  • 誰もが他人の悪口を言っている
  • 協力して仕事ができない人ばかりいる
  • 責任の擦り付けが起こる

どんな職場であっても、性格の不一致は起こります。

しかし、職場の人を全員嫌いになることは珍しく、責任感の無さや責任の擦り付けなどを目の当たりにし、嫌いになるケースが多いようです。

職場の人の性格が悪い

見下してきたり、マウントを取ってきたりと、自分が優位にあることを示したい人が多い会社は、職場全体の雰囲気も悪いことが多いです。

  • マネたま|おすすめ転職エージェント編集部

    同じ空間で働いていると自己嫌悪に陥ってしまう恐れがあります。

価値観が合わない

会社にはいろいろな人が働いています。

価値観が合わない人と一緒に仕事をすることは珍しいことではないです。

もし、価値観が合わない人ばかりの職場だと、自分の意見を理解してもらえなかったり、仕事の進め方が合わなかったりするため、非常に大きなストレスとなります。

仕事に対するモチベーションの維持・向上も困難です。

転職した方がキャリアにとってプラスになる可能性が高いと言えます。

誰もが他人の悪口を言っている

悪口は愚痴とは違うものです。

言うのも聞くのもストレスが溜まります。

また、「自分も同僚から悪口を言われているかもしれない」という不安を抱きがちです。

次第に同僚を信用できなくなります。

職場の人が全員嫌いになるのは時間の問題です。

  • マネたま|おすすめ転職エージェント編集部

    今すぐ転職することを考えるべきと言えます。

参考職場の人が全員嫌いは他責です|職場の人を全員嫌いになったときの対処法

協力して仕事ができない人ばかりいる

周囲が仕事に非協力的な人ばかりだと、ストレスや疲労が溜まりやすくなります。

同僚に対する信頼が無くなり、頼りたいときに頼れる人がいないという状況では、仕事を円滑に進めることも難しいです。

仕事に非協力な人は、以下のような特徴があります。

  • 自分だけの成果を挙げたい
  • 仕事に対するモチベーションが低い
  • 任された仕事を他人事だと思っている
  • 他人を見下している

非協力的な人は避けるに越したことはないです。

責任の擦り付けが起こる

上司や先輩のミスを押し付けられるなど、責任を擦り付けられたり、擦り付けられているのを目の当たりにしたりすると、まともな人であれば嫌悪感を抱きます。

責任を押し付けられる職場は、正当な評価はされず昇給・昇進も困難です。

  • マネたま|おすすめ転職エージェント編集部

    キャリアアップを目指している方は、転職を検討することをおすすめします。

参考職場の人が全員嫌い!合わない人ばかりでストレスが溜まる時の対処法について解説

「職場の人が全員嫌い」な環境で仕事を続けるのがダメな理由

職場の人が全員嫌いな会社に居続けるのがダメな理由は、以下の通りです。

職場の人が全員嫌いになってしまう理由

  • ストレスが溜まり続ける
  • 生活に楽しさを感じられなくなる
  • うつ病のリスクがある

それぞれ見ていきます。

ストレスが溜まり続ける

仕事をしている時間は、1日のウエイトの多くを占めます。

大きなストレスを感じた状態が続くと、心身にさまざまな影響を及ぼします。

例えば、自律神経失調症もストレスが原因となる症状のひとつです。

全身的症状としてだるい、眠れない、疲れがとれないなど、器官的症状として頭痛、動機や息切れ、めまい、のぼせ、立ちくらみ、下痢や便秘、冷えなど多岐にわたります。精神的症状として、情緒不安定、イライラや不安感、うつなどの症状が現れることもあります。出典:厚生労働省 e-ヘルスネット|自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)

以下の症状が現れた場合は、仕事を休んでリフレッシュすることをおすすめします。

  • 寝つきが悪い
  • 朝起きるのがつらい
  • 仕事に行こうとすると吐き気や腹痛が現れる
  • 蕁麻疹を発症する

仕事を休んでも改善しない、もしくは、症状が出てから我慢して働いている状態が続いているなら、すぐにでも転職活動を始めるのが良いです。

「仕事のストレスが限界でやばい」時に合わせて読みたい

【やばい?】仕事のストレスが限界になる前に心身のサインに気付いて!

「仕事のストレスが限界でやばいかも」と心身にも限界サインが出ている場合は、対策をしっかり取ることが大切。仕事のストレスへの対策など解説していきます。

生活に楽しさを感じられなくなる

職場の人が全員嫌いだと、仕事に対するモチベーションが下がります。

また、休日や仕事終わりに職場の人のことを思い出すと、気持ちのテンションも下がってしまい、プライベートを楽しめなくなる可能性が高いです。

生活に楽しさを感じられない状態が続くと、うつ病を発症するリスクも生じます。

うつ病のリスクがある

うつ病は、ストレスが最大になった場合に発症する心の病です。

初期症状として、抑うつ感や集中力・注意力の低下、頭痛、震えなどが挙げられます。

心からSOSが発せられているのに無理して働くことは、うつ病を発症する主な原因です。

しかし、自分がうつ病だと気付かずにいる人も多くいるとされています。

以下は、労働政策研究・研修機構が調査した「メンタルヘルスに問題を抱えている労働者(正社員、従業員規模別)」の調査結果です。

【メンタルヘルスに問題を抱えている労働者(正社員、従業員規模別)】

企業規模 メンタルヘルス不調者がいる メンタルヘルス不調者はいない 無回答
全体 56.7% 41.7% 1.6%
30人未満 52.3% 46.7% 1.1%
30~49人未満 49.7% 47.1% 3.3%
50~99人未満 52.1% 45.1% 2.8%
100~299人未満 56.4% 42.1% 1.5%
300~999人未満 52.7% 45.9% 1.4%
1,000人以上 72.6% 26.6% 0.9%

出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構|職場におけるメンタルヘルス対策に関する調査

調査によると、従業員数1,000人以上の大企業だけが7割を超えているようです。

また、同調査ではメンタルヘルスに問題を抱える理由についても調査しています。

それによると、「職場の人間関係」という回答が全体の二番目に高い回答率となっており、多くの労働者が職場の人間関係に悩んでいることが明らかになりました。

回答(回答者は3つを選択) 回答率
本人の性格の問題 67.7%
職場の人間関係 58.4%
仕事量・負荷の増加 38.2%
仕事の責任の増大 31.7%
家庭の問題 29.1%
上司・部下のコミュニケーション不足 29.1%
成果がより求められることによる競争過多 12.6%
長時間労働 9.2%
上司が部下を育成する余裕がない 5.6%
年休取得の難しさ 1.6%
専門家等に相談しづらい雰囲気 1.4%
無回答 3.4%

出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構|職場におけるメンタルヘルス対策に関する調査

  • マネたま|おすすめ転職エージェント編集部

    職場の人が全員嫌い」という環境で受けるストレスがうつ病を発症させることもあるので、精神的につらい状態が続くのであれば、転職をおすすめします。

職場の人が全員嫌いな環境で仕事を続けるためのポイント

ここでは、職場の人が全員嫌いな環境で仕事を続けるためのポイントを紹介します。

職場の人が全員嫌いな環境で仕事を続けるためのポイント

  • プライベートでは一切関わらない
  • 良好な関係を築くために歩み寄ってみる

それぞれ詳しく解説します。

プライベートでは一切関わらない

職場の人が全員嫌いなら、プライベートでは一切関わらないことが一番です。

会社とは違う繋がりがあれば、プライベートも充実させることができますし、嫌いな人とのコミュニケーションは仕事だと割り切れます。

仕事が終われば、それ以降の時間はすべてプライベートです。

飲み会に参加しない、プライベートの話題を避けるといった対策をすることで、仕事とプライベートを完全に分けることができます。

なるべくなら、業務時間外に連絡も控えると良いかと思います。

良好な関係を築くために歩み寄ってみる

反対に、自分から職場の人に歩み寄ってみるのも、ひとつの方法です。

「嫌い」「苦手」というマイナスなイメージを持っている人であっても、話してみたらイメージと違ったというケースは実にたくさんあります。

コミュニケーションを取ることで、嫌いではない人が見つかる可能性が高いです。

参考職場の人が全員嫌いと思うのはあなたのせいじゃない【嫌いをやり過ごすコツ】

転職をすれば職場の人間関係をリセットできる

職場の人が全員嫌いな人は、転職が環境を変える最善の方法です。

「人間関係」という大きなストレスから解放されます。

アドバンスフローによる20代~40代の転職経験者391名(男性186名、女性205名)へのアンケート調査によると、転職経験者の87.21%が「転職して良かった」と回答しており、その理由については「人間関係が良くなった」が全体の2番目に多い結果となりました。

以下はアンケート調査結果の上位10の理由を抜粋したものです。

【転職して良かった理由】

< 回答 > 人数 %
給与がUPした 74人 21.1%
人間関係が良くなった 50人 14.3%
残業や休日の条件が以前よりも良くなった 30人 8.6%
勤務日が良くなった(土日祝が完全に休めるなど) 21人 6.0%
その他 17人 4.9%
キャリアアップした 17人 4.9%
体調が良くなった 15人 4.3%
プレッシャーがなくなった 15人 4.3%
上司が良くなった 12人 3.4%

出典:マイナビニュース|転職経験者「転職してよかった」が87% – 理由は?

同アンケートでは、転職をした理由についてもアンケートを実施しています。

退職理由として最も多かったのが「人間関係」です。

年代ごとに訊かれたこのアンケートでは、20代後半以外の第二新卒(20代前半)、30代、40代の退職理由で1位となっています。

転職すれば、人間関係を一から構築可能です。

また、「年収をアップしたい」「リモートワークしたい」「福利厚生を充実させたい」など、人間関係をリセットする以外の目的も叶えられる可能性を秘めています。

とは言え、仕事を続けながらの転職活動は非常に難しいです。

仕事を辞めると転職活動に時間を充てられますが、転職活動期間が長期化した場合に経済的な理由から生活が苦しくなる恐れがあります。

そこでおすすめなのが「転職エージェント」です。

転職エージェントを利用することで、効率良く転職活動を進められます。

2023年1月の最新情報:転職活動は今から始めておくべき?

4月に転職を実現するためには最高のタイミングです。
なぜなら、新年度を迎える4月に企業が社内体制を整備するためです。

そのため、採用活動が活発化し、優良の求人が増加するのが1〜3月。

優良求人が増えるタイミングに合わせて準備を開始すれば、満足度の高い転職活動を実現できます。
今が、まさに「チャンス」です。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、早めに相談してください。

リクルートエージェント」は求人数も多いので、希望の求人に出会える可能性が高いです。

転職エージェントのサービス内容を解説

転職エージェントは、転職活動をサポートしてくれるサービスです。

求職者は無料で利用できます。

転職サイトとの違いは、キャリアアドバイザーの存在です。

サービス 転職エージェント 転職サイト
求人の紹介 キャリアアドバイザーが希望に近い求人を探してくれる
非公開求人 △(一部の転職サイトのみ保有)
応募書類の添削 ×
面接対策 ×
面接日程の調整 ×
条件交渉代行 ×
入社日の調整 ×
退職サポート ×
セミナーの実施 ×

転職支援のプロであるキャリアアドバイザーが、転職活動で必要な作業の大半をサポート、もしくは、代行してくれます。

担当のキャリアアドバイザーが、過去の実績をもとにして応募書類の添削や面接対策、模擬面接を行ってくれるので、一人で転職活動を進めるよりも、短期間で内定を獲得できる可能性が高いです。

仕事と転職活動の両立にも転職エージェントは適しています。

転職エージェントは、エリア・サポート対象者の属性・業種など、それぞれに得意不得意があるので、口コミや公式サイトを参考に、利用するサービスを決めるのがおすすめです。

複数社を併用すれば、希望に近い求人を多く得られます。

◻ 【おすすめ転職エージェント】 ◻

    特に『リクルートエージェント』はコロナウイルス感染拡大を防ぐため、電話面談を実施しているのでオススメです。

    ■『<リクルートエージェント
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com

    ■『マイナビエージェント
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp

    ■『パソナキャリア
    ・手厚いサポート体制が業界No.1!
    【公式】https://www.pasonacareer.jp

    ■『リクナビNEXT』※転職サイト
    ・圧倒的No1の求人数!
    【公式】https://next.rikunabi.com

    ※もし、迷ってしまったら…?
    どのエージェントに相談するか迷った場合、最低でも下記の2社に相談すれば間違いありません。

    ①『リクルートエージェント
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com

    ②『マイナビエージェント
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp

よくある質問

人間関係に悩んでいる人は多い?

人間関係に悩むビジネスパーソンは、年齢を問わずたくさんいます。

日本労働組合が全国20〜49歳の会社員520名を対象に実施したアンケート調査では、職場の人間関係が良好だと答えた人は全体の約3割です。

< 回答項目 > 20代 30代 40代
「良好」 38.6% 29.8% 27.7%
「特に気にしていない」 37.5% 38.6% 39.9%
「職場の人間関係に疲れて悩んでいる」 16.5% 18.1% 15.0%
「職場の人間関係にストレスを感じている」 7.4% 13.5% 17.3%

出典:日本労働調査組合|【日労公式】職場の人間関係を良好と感じているのは全体で約3割。職場の人間関係に関するアンケート調査

転職理由や職場への不満に関するアンケートは多くあります。

「人間関係」は、そのほとんどで上位に入る転職理由・不満の代表格です。

「人間関係で仕事を辞めたい」時に合わせて読みたい

仕事を辞めたいほど人間関係に悩む必要はない|心を軽くする方法

人間関係が原因で仕事辞めたいと考えている人向けに、仕事を辞めたいと悩む原因、抜け出す方法、仕事を辞めたい時に取るべき行動について解説します。

職場の人が全員嫌いな会社は転職した方がいい?

職場の人が全員嫌いになってしまった場合は、転職することをおすすめします。

ストレスが原因で心身に不調が出ている方は尚更です。

転職が不安な方は、転職エージェントを利用するのが良いかと思います。

転職エージェントを利用すれば、転職活動の効率化ができ仕事との両立がしやすいです。

また、退職せずに転職活動ができるので、内定を獲得できなかったり、転職活動が長期化したりした場合でも、今まで通りの生活を送れます。

転職活動をする際は、職場の人には相談しないのが無難です。

職場に居づらくなってしまう恐れがあります。

転職活動は働きながら進めた方がいい?

転職活動は、現職を続けながら進めるのが基本です。

退職すれば転職活動に時間を割けますが、生活が不安定になります。

一方、仕事しながらであれば生活の基盤を失わないので、転職活動が長期化した際でも不安になりにくく、また、「転職活動を辞める」という選択を取ることも可能です。

ストレスが原因で体調に何かしらの不調が出ている場合を除き、現職を続けながら転職活動を進めることをおすすめします。

参考職場の人が全員嫌いでも全然オッケー。でも上手にやり過ごす対処法は身に着けろ

まとめ|職場の人が全員嫌いなら転職して解決しよう!

職場の人が全員嫌いになるケースは稀です。

嫌いになると改善することに労力を使うのも億劫になります。

嫌いな人だけの職場は、ストレスが溜まるのはもちろんキャリアにとってもマイナスです。

心身が不調になるというリスクもあります。

「人間関係」は転職を検討するのに十分な理由です。

page top