著者:マネたま転職研究所 2022年12月8日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

【宣言】会社を辞める決断は、あなたが思っているよりも難しくない。

アップロード日2022/11/18

マネたま転職編集部

「いざとなると会社を辞める決断ができない」

「辞める意志がなかなか固まらない」

転職や退職を目の前にすると、なかなか会社を辞める決断をできない人が多いかと思います。

今回は、あなたの「辞める決断」が正しい決断なのかを判断してもらうための記事となります。

この記事を読み終えたタイミングで、あなたの決断が正しいと感じたら、即行動して新しい世界へと飛び出しましょう。

会社を辞める決断はそんなに難しいもんじゃない。
転職活動を始めてみると、途端に見えるものがあるかもしれん。
転職エージェントや転職サイトは、「転職をするつもりがなくとも利用できる」
ありがたいサービスであることを覚えておくのじゃ。

会社を辞める決断をして、勇気を持って辞めるのであれば、できれば転職しやすい時期に辞めたいと思いますよね?

結論からお伝えします。

ベストなタイミングは人それぞれ

です。

2018年5月の調査によれば、有効求人倍率は1.60倍と、なんと44年4カ月ぶりの高水準でした。数字だけを見れば、働きたい人は漏れなく働くことができる売り手市場です。

どの業界・企業でも人手不足感が蔓延しており、転職をしやすい状況と言えるの!

しかし、だからといって今現在がベストなタイミングなのか?と言われれば一概にそうとも言い切れないでしょう。

あなたのキャリアプランやライフプラン、現在のあなたを取り巻く状況から判断していくべきです。

思い立ったらすぐに行動することは良いことかもしれませんが、無理やり転職をして新しい会社とのミスマッチが起きる可能性が高くなってしまいます。

すぐに会社を辞めるのではなく、一度転職活動を経験して、自身の市場価値や転職市場について理解を深めることも重要です。

ここからは、あなたの会社を辞める・あるいは転職するという決断そのものについて深く考えていきます。会社を辞めるにしても辞めないにしても、この記事を読んで一つの踏ん切りをつけましょう。

転職する予定がなくても、転職サービスを見ておく必要がありそうだね。

そうね。会社を辞める決断はそれからでも遅くないわ。

仕事・会社を辞めるきっかけも人それぞれ

会社を辞めるきっかけ(理由)も人それぞれです。

「え、こんなことあるの!?」と思ってしまうほどのびっくりのきっかけもあったりします。

「社長が経営方針を占い師に決めてもらっていると知ったときと、毎日神棚に生卵を備えないと朝から昼まで延々と説教されたとき」

(20代女性、管理・事務職)

「上司から『社員は物言う消耗品。お前らの代わりはいくらでもいるんだ。俺が死んでこいと言ったら死んでくるんだよ』と言われたときですね」

(40代男性、営業職)

「残業150時間を半年続け、毎日のようにタクシー帰宅でお金がつきかけました。会社統合の影響で住宅手当がなくなり、実質的な給料減額となりました」

(20代男性、広告代理店)

「仕事が終わらず、忙しすぎて発狂しそうになったため」

(40代女性、技術職)

引用:キャリコネニュース

他人の会社を辞める理由を気にする必要は全くないぞ。

「3年以内に退職するのは根性なし」は間違い

よく家族や先輩、上司が「3年同じ場所に勤めることができないなら、どこにいっても通用しないし、長続きもしないぞ」と言う光景を目にします。

その言葉、全く気にしなくていいです。

せっかく、前向きに次のキャリアを考えて自身で決断をしたのに、周囲からの圧力によって辞めるタイミングを失うのは、あなたの人生にとって大きな機会損失です。

3年以内に離職すること≠根性がない・仕事ができない・ゆとり

なので、周りの意見に流されず自分がどうしたいのか、で決めることが重要です。

一度会社を辞める決断をしたら、ブレないことが重要じゃな。

「早期離職する若手を『根性なし』『ゆとり』などと批判するのはおかしい」と指摘するのが、中央大学 ビジネススクール 大学院戦略経営研究科の佐藤博樹教授だ。

  佐藤教授は「もしそうした欠点が若者にあるなら、早期離職した若手はどの会社からも拾われず失業してもおかしくないだろう。だが現実はそうではなく、ほとんどの人が転職できている。若手の資質や根気に問題があるわけではない」と強調する。

 佐藤教授の主張は、調査結果からも裏付けられている。同教授が座長を務める「若手の就職・転職の在り方に関する検討会」が近年の若手の離職理由を調査した結果、2018年に社会人3~6年目を迎えた若手の中で早期転職経験がある人の退職理由は「仕事内容への不満」(51.5%)、「人間関係への不満」(40.9%)、「賃金への不満」(25.5%)が上位を占めた。「社内ルール・常識」(51.0%)、「上司の能力・資質」(46.7%)、「会社の事業方針・ビジョン」(45.4%)などが入社前の予想を下回っていたと答える層もいた。

この結果を見ると、「やっぱり根気が足りないじゃないか」と思われた人も多いかもしれないが、実はそうではない。一連の理由で1社目を早期離職した若手に対し、2社目での状況を聞いた結果、70.7%が「転職先に満足している」と回答。新卒入社先から賃金が下がった人(45.6%)や、小規模な企業に転職した人(61.9%)も多数存在したが、こうした層の約6~7割が転職先に高い満足度を示していた。

これらの結果からは、仕事内容や人間関係などの環境さえ合えば、多少待遇が悪かったり勤務先の知名度が下がったりしても、若手は不満を持たず前向きに働けることがうかがえる。

引用:#SHIFT by ITmediaビジネス
『3年以内に辞める若手は根性なし』という批判が、時代遅れになった理由

3年以内に辞めた若手の7割が「転職先に満足」

これだけを見ると、

「やっぱり根気が足りないじゃないか」

と思われた人も多いかもしれないが、実はそうではありません。

年以内に1社目を早期離職した若手に対し、2社目での状況を聞いた結果、70.7%が「転職先に満足している」と回答しています。

新卒入社先から賃金が下がった人(45.6%)や、小規模な企業に転職した人(61.9%)も多数存在したが、こうした層の約6~7割が転職先に高い満足度を示しているのです。

これらの結果からは、仕事内容や人間関係などの環境さえ合えば、多少待遇が悪かったり勤務先の知名度が下がったりしても、若手は不満を持たず前向きに働く傾向にあることを示しています。

厚生労働省「新規学卒者の離職状況」が発表している「新規学卒者の離職状況」調査では、大卒者の3割が入社から3年以内に離職する「3年3割の法則」が約30年間ほとんど変わっていないことも示されており、佐藤教授は「『最近の若手はすぐ辞める』という批判も間違い」と指摘しています。

「こうした状況が続くのは、若手の根気うんぬんではなく、日本の就職活動の仕組みによるためだ」と考えているようです。

新卒で入社をした会社をすぐに辞めたからこそ、満足のいくキャリアを描いている者もたくさんおる。

会社を辞める決断をする際、動機に合理性があるか?

前述した通り、退職や転職を考え始めるきっかけは、人によってさまざまですが、TOP3は「収入不満」「人間関係不満」「会社の将来不安」です。

  • 「子育てや介護などの負担を考えると、現在の収入ではやっていけない」
  • 「上司との関係性が悪化して、これ以上続けるとメンタルを病んでしまう」
  • 「衰退期に入った事業の下降トレンドが止まらず先行きが見えない」

3種類のうち、どの理由も転職を検討せざるをえなくなった理由として当たり前のものばかりです。ただ、どんな会社でも100%満足できる状態はあり得ないというのも一方の事実です。

感情が先走って判断がひとりよがりになっていないか、「あの時、こうしていれば状況が改善していたかもしれない」と後悔することがないか、会社を辞める決断はできる限り冷静に判断しましょう。

同じ会社に勤めていても、辞めるべきかは人によって異なりますよね。

そうね。会社を辞める決断するタイミングは人それぞれよ。

会社を辞めるを決断する際の3つの判断基準

転職は、長い仕事人生をより楽しく、意義あるものにするための手段の一つです。

しかし、一歩判断を間違えると、あなた自身を大きく傷つけることにもなりかねません。逆に、手遅れになりすぎて、自分らしいキャリアを失ってしまう恐れもあります。

それだけに決断をするのが難しいのですが、どうしても迷ったときに、判断の物差しになる基準値はいくつかあります。

会社を辞める決断をするタイミングや基準はそれぞれじゃが、参考になるじゃろう。

会社を辞める決断をするタイミングや基準はそれぞれじゃが、参考になるじゃろう。

会社を辞めるかどうかの判断基準

  • 現在の会社は「自分らしさ」を損なう場所か?
  • 「働き続けて得られるもの」はないか?
  • 自分が変わることを諦めた「逃げ」の行動ではないのか?

参考「会社を辞める・辞めない」を決断するときの判断基準・見極め方と具体的な行動は?

① 現在の会社は「自分らしさ」を損なう場所か?

特に、それほど規模が大きくない会社や、社内異動が難しい職場などで人間関係がこじれてしまうと、会社に残ること自体が精神面でのストレスとなり、自分らしさを失ってしまう、という可能性があります。

そんな場合は、一刻も早く退職をして、心機一転できる場所を探す方法をおすすめしています。

働くことはは生活のために不可欠ですが、健康を損なってまで頑張るのは、本末転倒です。

自ら努力したうえで改善の可能性がなければ、速やかに退職して、離職後に転職先を探すという方法を考えるべきだと思います。

② 「働き続けて得られるもの」はないのか?

年収やポジションなどに不満がある場合、条件に魅力がある仕事と出会うと、どうしても心を動かされるのはやむを得ないことだと思います。

しかし、世の中に流通する求人情報の条件やポジションは、ほとんどの場合、「入社初年度」の情報です。

条件だけに振り回されるのではなく、今の仕事をこれ以上続けていった場合に、「自分のキャリアプラン」、特に実現したいことが成し遂げられるのか?それが難しいのか?

自らの付加価値をまだ高めていける余地が本当にないのかどうかを考えた上で判断をしましょう。

参考【該当注意】会社を辞める決断をしたい人は迷わず見てください

③ 自分が変わることを諦めた「逃げ」の行動ではないのか?

会社の将来が見えないから辞めたい、という方は沢山います。

業界や職種によっては、どれだけ戦略を磨き、努力を重ねても、時代の流れにあらがえず復活が難しい性質のものもあります。

逆に、工夫や戦略一つで、まだまだ世の中に必要とされる余地があるものもあります。

関わってきた経験が長い業界や仕事であればあるほど、実は辞めようと思っている本人が、会社のV字回復のカギを握っているということもあり得ます。

自分の裁量でできること、経営者に覚悟をもって提言すること、など、会社任せ・経営者任せではなく、少しでも自分自身に変えられる可能性があることがあれば、悔いの残らないように挑んでみてください。

会社を辞める決断をしたらすぐに退職の準備をしよう

上記で、前向きに退職/転職ができそうだと思ったら、いますぐに行動しましょう。

一度決断したら、その熱が冷める前に行動を始めてしまうのがおすすめです。

退職は、転職先が見つかった上で退職することがベストですが、あなたの気持ちや心身にかかっているストレスと相談しながら順番を前後させて構いません。

事前に退職をしても、最低限やっておくこと・準備しておけばよいことが分かれば、辞めた後にすぐ転職活動に集中することができます。

下記は、①退職後すぐに転職する(新しい職場にて働き出す)方と、②すぐには転職(入社)をしない方 がそれぞれ必要な手続きです。

全てを準備しておく必要はないかもしれんが、流れのイメージだけでも把握しておくと後々役に立つぞ。

全てを準備しておく必要はないかもしれんが、流れのイメージだけでも把握しておくと後々役に立つぞ。

①退職後すぐに転職する方

下記の必要書類を転職先の会社に提出してください。

必要書類

1. 雇用保険被保険者証
2. 年金手帳
3. 源泉徴収票(提出を求められたタイミングで提出)
4. 健康保険被扶養者異動届(扶養家族がいる場合のみ)
5. 健康保険資格喪失証明書

②すぐには転職をしない方

すぐには転職をしない方は、手続きごとに期限が定められています。

なるべく早めに手続きを行なってください。

  • 失業保険の申請→離職票が交付され次第すぐに

  • 年金の切替→退職後14日以内

  • 国民年金への加入→退職後14日以内

  • 健康保険への加入→退職後14日以内(任意継続の場合は20日以内)

とはいえ、強いストレスを感じている方は「辞めた後」のことよりも、いますぐ「辞める方法」について考えることが優先です。

会社を辞める決断をした人が利用すべき退職代行サービス

会社を辞める決断はしたものの、「上司が怖くて退職を申し出ることができない」「どうせ辞めると言っても引き止められる」方が多いかと思います。

先ほども少し紹介しましたが、上記のような状態の場合、退職代行サービスの利用をおすすめします。

退職代行サービスを利用することには、主に下記のようなメリットがあります。

  • ブラック企業でもほぼ100%退職できる
  • 上司に一切顔を合わせずに辞められる(※自ら申し出る必要なし)
  • 即日退職できる
  • 会社から訴えられたり、損害賠償請求される心配がない
  • 弁護士に依頼するより格安料金で退職できる

特に、現在の会社に仲が良い先輩や同僚がいない方にとっては、間違いなくおすすめのサービスです。

一般的に3~5万円ほどの料金がかかってきますが、たった数万円で辛い状況から抜け出せることが確証されるのであれば決して高い金額ではないでしょう。

下記は転職賢者が本気でおすすめする退職代行サービスです。

ここ最近、退職代行サービスを利用することも一般的になってきましたが、世間的にはまだまだ知名度の低いサービスではあります。下記で紹介するサービスはどちらも、電話やLINEにて気軽に無料相談が可能なので、気になる方はまず今の状況を相談してみましょう。

EXIT

出典:EXIT

EXIT』は、メディアに何度も取り上げられている非常に知名度が高いサービスです。

2020年に入ってから、某有名リアリティ番組に社長の新野氏が出演していることで、さらに知名度が上がっています。

LINEで「会社を辞めたい」「もう二度と上司と顔を合わせたくない」など、要望を全て伝えれば、会社への連絡は EXIT が代行してくれます。

相談は全て無料ですし、実際に依頼する場合は、退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOKです。基本的に退職に関わる一切の行為を代行してくれます。

さらに、EXITは転職エージェント『ワークポート』と提携をしているため、EXIT経由でワークポートに登録し、転職が成功すると、退職代行費用が無料になります。

EXIT 公式サイト

会社を辞める決断をした人のための失敗しない転職活動法

上記の問いを読んで、それでも会社を辞めるという意志が固い方は、このまま転職活動を始めてください。

繰り返しますが、会社を辞める決断をしたら、出来るだけ早急に行動をすることが、転職を実現へと近づけるために重要なポイントでもあります。

転職活動は自分を客観的に見直すことにも繋がる

また、「会社を辞める決断をしただけですぐに辞めるわけではない」と考えている方にも、この機会に転職活動を経験してみることをおすすめします。

もちろん、「転職を考えていない方にも」です。

その理由は、

  • 自分の市場価値が把握できる
  • 今後のキャリアが明確になる
  • 業界のトレンドに詳しくなる
  • (転職を検討していなくても、)好条件の求人が見つかればそのまま転職できる

上記のようなメリットがあるためです。

自己分析の手段として、転職活動を行う方が非常に多くなってきています。もし、現職よりも好条件の企業が見つかれば、そのまま転職してしまうのもアリですね。

転職エージェントに相談することによって、客観的に自分を見つめ直す機会を作ることができるのが最大のメリットです。

転職エージェントを活用すれば、より自己分析が深まる

転職活動では、必ず転職エージェントを利用してください。

転職エージェントへの相談は、客観的にあなたがどんな人かを判断できる良い機会となります。

具体的に、転職エージェントを利用することのメリットは以下の通りです。

  • 非公開求人の紹介がある
  • 企業や業界に合わせた面接対策ができる
  • 面倒な手続きを代行してもらえる
  • 企業と待遇面の交渉を行ってくれる
  • (場合によっては)退職サポートを行ってくれる

自分で転職サイトを利用するだけではたどり着けない情報を提供してもらえたり、志望する企業の傾向に合わせた対策を無料で行うことができます。

そのため、一人で転職活動をするよりも、圧倒的に自分に合う会社に出会える確率・転職成功率が高くなります。

転職エージェントに登録すると大量のメールが届くので、転職活動用にメールアドレスを作成しておきましょう。

また、稀に自身の成果を上げるために、強引に転職を迫ってくるキャリアアドバイザーがいますが、その場合はメールで連絡して担当を変更してもらうことが可能です。

初めての転職が不安な人はもちろん、キャリアについて悩んでいることがある人は、相談しない理由がありません。

初めての転職活動だからこそ、一人で悩むのは危険ですよね。

また、転職活動を始める前に、以下のポイントだけを事前にまとめた上で相談をすれば、スムーズなやり取りを行うことができます。

【相談前に最低限必要な自己分析】

  • 1

    自分の好きなこと・嫌いなこと

  • 2

    自分の得意なこと・苦手なこと

  • 3

    今後やってみたい仕事・やりたくない仕事

  • 99

    仕事将来の理想の生活・キャリア(3年・5年・10年)

上記の項目を事前にまとめておくことで、キャリアアドバイザーがあなたの描くキャリアや生活を実現できる企業を紹介しやすくなります。

「ただ転職したいだけ」

の人よりも、

「〜〜が好きで、◯◯という仕事に挑戦してみたい」

という希望がある人の方が熱意が伝わり、キャリアアドバイザーにとっても優先的に対応してあげたくなる心理が働きます。

転職エージェントの効果を最大限引き出すポイント

本気で転職活動を行う場合、転職活動を成功させるポイントは、転職エージェントを必ず、

3社以上を併用

することです。

実際に、人材大手リクルートによる調査でも、転職エージェントを複数利用している求職者の方が、転職活動の成功率が高いことが実証されています。

転職決定者の平均転職エージェント利用社数は4.2社です。

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド」

転職エージェントの3社以上登録することによるメリットは以下です。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

1社の転職エージェントから紹介してもらえる求人案件は3社前後です。

幅広く求人を検討するためにも、3社以上に登録することをおすすめします。

総合型の転職エージェントだけを利用すると、あなたの希望する業界で「目立たない優良求人」に出会えない可能性があります。

また、希望している条件に合致した求人なのに、年齢やこれまでの経歴から応募できないケースもよくあるのです。

逆に、業界・年齢特化型の転職エージェントだけを利用すると、特定領域の求人ばかりを紹介され、自身の可能性を限定してしまうことに繋がってしまうのです。

やりたいこともスキルもない人は、手に職をつけるのもおすすめ!

もし、

  • 特にやりたい仕事がない
  • 特別な知識・スキルがない

という方は、エンジニアスクールに相談する・通ってみるのがおすすめです。

今後、さらにエンジニアの需要が高まっていくため、今から未経験で始めても遅くはありません。

スクールに通うなら、『TECH::EXPERT(テック・エキスパート)』というエンジニアスクールが最もおすすめです。

テック・エキスパートは受講者の転職成功率が97%でありながら、安心の返金保証制度が充実しています。

やりたい仕事がない人向け

『TECH::EXPERT(テック・エキスパート)』
※ホリエモン絶賛!の実績No.1スクール
【公式】https://tech-camp.in/expert

上記から30秒で無料カウンセリング申込可能!

会社を辞める決断をしたら利用すべき転職エージェント

前述の通り、エージェントはバランスよく3社以上を利用して、幅広く業種・業界を検討しましょう。

「リクルートエージェント」

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界No. 1の求人数を保有する大手総合型転職エージェントです。

年齢や業界・職種・エリアを問わず幅広いジャンルの求人を取り扱っており、公開求人・非公開求人共に25万件超。計50万件以上もの求人を保有しています。(2022年11月時点)

No.1を誇る転職支援実績にもとづく転職ノウハウや業界を牽引する企業ならではのネットワーク力を活かして、多くの転職者を内定へと導く安定感も魅力的。

転職するかどうか迷いつつ、転職エージェント選びに悩んでいる人にまずはおすすめする転職エージェントのひとつです。

doda

出典:doda

dodaはリクルートエージェントに次ぎ、業界トップクラスの求人数を保有する大手総合型の転職エージェントです。

世代や業界・職種、地域問わず幅広いジャンルの求人を取り扱う中でも、IT・Web業界に関する求人に強いこともポイント。

大手企業から中小・ベンチャー企業とさまざまな規模の企業案件を保有しているため、自分にあった企業風土の会社と出会えることにも期待できます。

また、dodaは個別転職サービスだけでなく、希望に応じて求人応募型サービスやスカウト制サービスとして利用することも可能です。

会社をやめる決断ができた人も現時点では迷いがある人も自分の状況に応じたサービスを使い分けられることも魅力です。

この転職エージェントだけは絶対に登録しておくんじゃ!

◻ 【おすすめ転職エージェント】 ◻

    特に『リクルートエージェント』はコロナウイルス感染拡大を防ぐため、電話面談を実施しているのでオススメです。

    ■『リクルートエージェント』
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com
    ■『マイナビエージェント』
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp
    ■『パソナキャリア』
    ・手厚いサポート体制が業界No.1!
    【公式】https://www.pasonacareer.jp
    ■『リクナビNEXT』※転職サイト
    ・圧倒的No1の求人数!
    【公式】https://next.rikunabi.com

    ※もし、迷ってしまったら…?
    どのエージェントに相談するか迷った場合、最低でも下記の2社に相談すれば間違いありません。

    ①『リクルートエージェント』
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com
    ②『マイナビエージェント』
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp

そして、ここでのポイントは、「思い立ったらすぐに行動すべき」ということです。

なぜなら、多くの人は先延ばしにしてしまうからです。

カナダ・カルガリー大学ビジネススクールの教授であり、心理学者のピアーズ・スティール教授の40年間に渡る調査によると、95%の人が「自分に甘く、仕事や作業で先延ばしをしてしまう」ことが明らかになっています。

下記の転職エージェントは、絶対に登録すべき総合型転職エージェントです。

現職(前職)での雇用形態に関わらず、登録が可能です。

会社を辞める決断をしたら、早急に行動しよう

何度もお伝えした通り、会社を辞める決断をしたら早急に手を打ちましょう。

「即決断・即行動」

で人生を変えましょう。

下記では、転職エージェントをバッチリ使いこなすためのマル秘テクニックをご紹介していきます。

キャリアアドバイザーも人なので、うまく使うことが重要です。

まだ迷っているのなら、転職活動を一度経験してから決断するのが良いかもね。

会社を辞める決断をしたら、迷わないことがポイントよ。

◻ 【おすすめ転職エージェント】 ◻

    ■『リクルートエージェント』
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com
    ■『マイナビエージェント』
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp
    ■『パソナキャリア』
    ・手厚いサポート体制が業界No.1!
    【公式】https://www.pasonacareer.jp
    ■『リクナビNEXT』※転職サイト
    ・圧倒的No1の求人数!
    【公式】https://next.rikunabi.com

    ※もし、迷ってしまったら…?
    どのエージェントに相談するか迷った場合、最低でも下記の2社に相談すれば間違いありません。

    ①『リクルートエージェント』
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com
    ②『マイナビエージェント』
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp

『TECH::EXPERT(テック・エキスパート)』
※ホリエモン絶賛!の実績No.1スクール
【公式】https://tech-camp.in/expert

上記から30秒で無料カウンセリング申込可能!

()最近は格安の退職代行サービスを名乗る悪質な業者が急増しています。

今回ご紹介した『EXIT』は、会社としての知名度・実績共に自信を持っておすすめできるサービスです。

退職代行を利用するならEXIT!

『EXIT』
抜群の知名度!LINEで気軽に相談!
【公式】https://www.taishokudaikou.com/

会社を辞める決断をしたい人のための関連・参考記事

page top