著者:マネたま転職研究所 2022年10月3日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

仕事がつらい・しんどいは甘え?当たり前?辛い現状を脱却する方法を解説!

アップロード日2022/09/29

マネたま転職編集部

毎日仕事がつらい・朝起きるのが憂鬱と感じている方は特に若い人に多く、実際に転職を考えている方もいるのではないでしょうか。

ですが、つらいと感じる理由によっては「この程度で仕事がつらいと感じるなんて甘えだ」と言われてしまう、もしくは自分で決めつけて我慢してしまうことがあります。

今回の記事では、仕事がつらいと感じる理由から、仕事がつらいと感じた時の対処法など、仕事がつらいと言えない甘えの不安を取り除くためのさまざまな情報をご紹介します。

「仕事がつらいから辞めたいけれど、甘えと言われたらどうしよう…」と悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

仕事がつらいと感じる代表的な理由

では最初に、仕事がつらいと感じてしまう理由としてよくあるケースをいくつかご紹介します。

仕事でミスをしてしまった時

仕事をしていく中でミスをしてしまうことは誰にでもあることですが、立て続けにミスをしてしまったり重大なミスを犯してしまうと当然ですが「つらい」と感じてしまいます。

特にミスが原因で人に迷惑をかけたり怒られたりするとなおさら「つらい」と感じてしまいます。

ただ、「仕事でミスをしても経験を積めるのだから、その程度でつらいと感じるのは甘えだ」と言われてしまうことがあります。

コメント マネたま転職博士見習いのコメント

実際、仕事はミスをして反省して学んでいくという側面もあるのであながち間違いではありませんが、ミスをして自分を責めてしまったり上司に怒られたりしてつらいと感じてしまうのも仕方のないことです。

職場の人間関係に問題がある時

職場での人間関係に悩みを抱えていると、仕事をしているだけでつらいと感じてしまうことがあります。

ですが、「人間関係を良好に保つのも仕事のスキルのひとつ」と捉えている人も多く、そういった人からすると人間関係が原因で仕事がつらいと感じるのは「甘え」と思われてしまいます。

仕事内容に不満を感じた時

単純作業しか任せてもらえない、仕事の量が多すぎるなど、仕事内容に不満を感じたとき、仕事がつらいと感じてしまうことがあります。

しかし年配の人からすると「若いうちは文句を言わず与えられた仕事を全力でこなすべき」と考え、仕事に不満を感じるのは甘えだと言ってくる場合があります。

ただ、昔と比べて今は転職もしやすくなり働き方も自由に選べる時代です。

そんな現代において、明らかに自分の能力を発揮できない仕事を我慢して続けることは今後のキャリアのためにならない可能性があります。

給料・待遇に不満を感じた時

仕事量や労働時間に対して給料が低かったり、待遇の悪さに不満を感じた時、仕事がつらいと思うことがあります。

「若いうちに給料や待遇を求めるのは甘え、やりがいや経験が大事」と言われてしまうことがあります。

実際、つらい時期を乗り越えれば確実に出世や自信のスキルの向上が期待できるのであれば我慢できるのかもしれませんが、もしそういった見込みがないのであれば早めに転職を考えましょう。

参考「仕事がつらい」は甘えではない。主な原因と対処法

仕事がつらいと感じるのは甘え?

結論から申し上げると、仕事がつらいと感じるのは甘えではありません。

なぜなら、人がつらいと感じるストレスの許容量・ストレスの原因は人それぞれだからです。

他人からしたら甘えと言われてしまうような理由であっても、本人がつらいと感じることに代わりはないのです。

また、つらいと感じているのに「仕事がつらいと感じるのは甘えだ」と自分に言い聞かせ我慢し続けていると、最悪の場合心身に直接的な影響が及んでしまうリスクがあります。

ですので、仕事がつらい・辞めたいと感じたときは、「それは甘えだ」と考えずに「本当に自分は仕事を辞めたいのか?」「辞めてから自分は何をしたいのか?」と自分の気持ちに対して真摯に向き合いましょう。

コメント マネたま転職博士のコメント

仕事が辛い・辞めたいは甘えではない!過酷な環境を当たり前にせず心身を守る方法」という記事がありますが、まずは心身を守ることが大切です。

参考仕事がきついって感じるのは甘え?それで片付けてしまうのは実は危ない

仕事がつらいくて辞めたいのが甘えと言われても仕方がないケース

社会人をしていると、時には「仕事を辞めたい!」「転職したい!」という壁に誰しもがぶちあたります。

しかし、仕事がつらい、しんどいと感じる原因が自分のモチベーションや取り組み姿勢によって改善されることであったり、一時的な感情であった場合には、仕事を辞めることは甘えである可能性が高いです。

例えば、下記のようなケースが仕事を辞めたいという考えが甘えから生じている可能性が高いと言えます。

仕事がつらい!辞めたい!のが甘えと言われても仕方がないケース

  • 仕事がマンネリ化している、だるい
  • 仕事内容との相性を好き嫌いで判断している
  • 仕事の責任から逃げ出したくなった
  • 上司から怒られるのがとにかくつらい

仕事がマンネリ化している、だるい

仕事のマンネリ化により飽きが生じてしまっていることから、仕事に身がはいらずだるいと感じてしまったり、仕事を辞めたいと思ってしまうという経験は誰しもが1度や2度感じたことがあることでしょう。

一時的なマンネリ化は自分自身の仕事の取り組み姿勢を改めたり、社内での異動や職種変更などで解消する余地があり、時間が解決する可能性大いに考えられます。

一時の感情により目的が明確ではないまま仕事を辞めたり、転職することは一種の甘えと捉えられてしまうため、避けるべきと言えます。

とはいえ、仕事がつらくてしんどいと感じる理由が第三者にとっては甘えと捉えられてしまったとしても、しっかり転職活動を行い後悔のない転職を果たすことができれば結果として甘えではなかったことになります。

しかし、上記にあげたようなつらくとも自分自身で改善が見込める状況が動機となり転職活動をしても、転職活動の精度が上がらなかったり転職を後悔してしまう可能性が非常に高くなってしまうのです。

よって自分自身のモチベーションや取り組み姿勢を改善することで、職場での居心地が良くなる場合には転職という選択をとることは今適切な策ではないという見方ができることでしょう。

参考「仕事は辛くて当たり前、給料はガマン料」という文化をどうみるか

自分の行動次第で状況が改善すると言われても、具体的に何をどうすればいいのだろうか?

仕事内容との相性を好き嫌いで判断している

仕事内容との相性を向き・不向きではなく、好き・嫌いで判断してしまっている場合は甘えである可能性が高いです。

仕事は基本的に利益を出すことが目的であり、仕事に取り組む個人個人のパフォーマンスが高ければ高いほど良いとされます。

好きなことを仕事にできることに越したことはありませんが、好きなことが向いていなければ、より活躍できる向いているフィールドで力を発揮する方が結果ストレスも発生しにくくなるものです。

しかし、上記にあげたような今の仕事が不向きではないならば、与えられた仕事にいかにおもしろみを感じて仕事をできるかどうかについてよく考え工夫することが好きではない仕事を克服するうえでは鍵となってきます。

転職をするにしても好き・嫌いで仕事を選ぶのではなく、向き・不向きを重要視することは誰しもに共通して大切なことです。

仕事の責任から逃げ出したくなった

仕事で背負う責任から生じるプレッシャーや不安が原因で仕事がつらくて辞めたいというケースは、同じ立場で仕事をする同僚や経験者である上司からすると甘えと捉えられてしまう可能性は高いと言えます。

立場や仕事内容によって人それぞれ責任の所在や大小が客観的に異なるともとれますが、いずれの仕事に就くにしても少なからず責任はつきものです。

立場や仕事内容によって人それぞれ責任の所在や大小が客観的に異なるともとれますが、いずれの仕事に就くにしても少なからず責任はつきものです。

大切なのは「今の仕事があなたにとって向いているか向いていないか」であり、今の仕事のプレッシャーから心身の調子が優れない状況にある人は上司や信頼できる人へ相談したり、転職するなどの何らかの打開策が必要です。

上司から怒られるのがとにかくつらい

上司に怒られることがつらいケースには「理不尽に怒られるケース」「指導・アドバイスを受けているケース」の大きく2つのパターンに分けられますが、後者が理由で仕事を辞めたいと嘆いているのであれば、甘えととらえられても致し方ないと言えます。

理由は、 あなた自身に改善の余地があると考えられるためです です。

上司の人間性や人としての相性、仕事内容との相性などの要因があいまって仕事がつらいという状況にあるのかもしれませんが、上司に怒られた原因を改善する策を立てたり、行動に移していないのであればまずは実践あるのみです。

仕事がつらいと感じることを甘えと捉えず転職すべきケース

仕事をつらい、しんどいと感じることは社会人生活を送っていると幾度となく訪れるものであり、泣き言を発しながらも日々頑張り成長していくものです。

また、仕事がつらくて辞めたいと感じることが甘えかどうかを一概に判別することは誰にもできません

一方で、明らかに仕事を辞めたいほどつらいことが甘えと捉える必要がないと、客観的に見て取れるよくあるケースとして下記の通りがあげられます。

仕事がつらいことが甘えではないケース

  • 自分の強みよりも弱みが悪目立ちする仕事をしている
  • やりたいことが他にある
  • 今の会社にいては思い描くキャリアを実現できそうにない
  • 会社に未来がない
  • 労働環境が悪く、改善の見込みがない
  • 人間関係が悪く、再構築が不可
  • ハラスメントの被害にあっている

上記にあげたケースはすべて、今の会社にい続けていては仕事がつらいと感じる状況を改善・解決できないことから甘えと捉えるべきではなく、一步踏み出す勇気を持つべき事象と捉えることができます。

自分の強みよりも弱みが悪目立ちする仕事をしている

今の仕事内容との相性が悪く、苦手意識と共にストレスが蓄積してしまい、仕事がつらくなってはいませんか。

思うような成果が得られなかったりと、業務をこなす中で自分の短所が悪目立ちしている場合には、転職をして向いている仕事に就く方が長い目でみても後悔のない選択となる可能性が高いと言えます。

知識やスキルを身につけたり、仕事のやり方の工夫の余地なく、改善が見込めずに心身が疲弊している場合には方向転換をする良い機会だと捉えるべきです。

人間誰もが不向きを改善・修復するよりも、得意を伸ばしていく方が成長の幅を見込めるもの。

向いていない仕事に見切りをつけることは決して甘えではなく、自分自身と向き合った末の勇気ある決断と捉えましょう。

自分自身としっかり向き合い、向いている仕事を探すためには、「転職エージェント」を利用しプロの手を借りることもひとつである。

参考【仕事が辛い・泣きたい】職場が泣くほどしんどい時の対処法

​​

やりたいことが他にある

今の仕事を辞めてでもやりたいことがあるにも関わらず、周囲の目が気になったり、将来への不安を感じるなどが理由で現状を変えられずにストレスを溜めてはいませんか。

今の仕事を辞めてやりたいことに向かって行動した先については誰もわかりません。

先のわからないことは誰しもが少なからず不安に感じるものです。

しかし、誰もが本気でやりたいことに出会えるわけではなく、新しいことに挑戦するなら1日でも早いに越したことありません

本当にやりたいことがあるならばワクワクする方の選択肢をとるべきであり悩みつくして選んだあなたの選択は決して甘えではなく本気の証です。

強いて言うならば、甘えかどうかは新しいことに取り組むあなたの行動次第ではないでしょうか。

今の会社にいては思い描くキャリアを実現できそうにない

日頃よりキャリアビジョンを明確に掲げたうえで仕事をしているものの、今の会社にいては思い描くキャリアを実現できそうにないと判断した場合にはできるだけ早く転職するべきです。

明確な目的意識を持ったうえでの転職であるため、決して甘えと捉える必要はありません。

違和感を感じながら仕事を続けていくことはやめて、新たな一歩を踏み出しましょう。

上記にあげたケースに心当たりがある人は、なぜ甘えと自分自身に問いかけてしまうのか、その原因について探っていくとよいでしょう。

参考仕事から逃げたいは本当に甘え?対処法や逃げるべきではない状態と逃げるべき状態

ハラスメントの被害にあっている

下記のようなハラスメントの被害によるストレスのために退職する選択をすることは甘えではありません。

  • パワハラ
  • モラハラ
  • セクハラ
  •  など

とはいえ、加害者のせいで本来であれば辞めるつもりのなかった仕事を退職する決断をすることもハラスメントから耐えること同様につらいことでしょう。

相談室を設けている会社も最近では多いため、出来るだけのことをやっても状況の改善が見込めなければ自分の健康のために、時に辞める決断をとることも大切です。

仕事がつらいと感じる状況を脱却するための方法

先程ご紹介したように、仕事がつらいと感じたら「甘え」と頭ごなしに否定するのではなく、まずは「つらい」という気持ちを認める必要があります。

まずは「つらい」と感じることを認めた上で、どうすればこの状況を脱却できるのかを考える必要があります。

ここでは仕事がつらいと感じる状況を脱却するための方法をいくつかご紹介します。

仕事がつらいのは甘えかと感じる理由を明確にする

仕事がつらいと感じる状況を脱却するためには、まずは自分の心と頭の整理をする必要があります。

「仕事がつらいと感じることが甘えかどうか」で頭を悩ます前に、「なにがつらくて、なぜそのような状況にいたってしまっているのか」「本来自分はどうありたいのか」について自分自身に問いかけなければなりません。

頭で考えていることが堂々巡りになってしまっている場合には、文字にして書き出していくとよいでしょう。

仕事がつらい原因が会社にあるのかどうかで、あなた自身が今後取るべき行動も自ずと変わってくるものです。

今の仕事を続けている以上、自分の努力では仕事がつらくてしんどい状況が改善される見込みがない場合には、現状維持では何も解決せず状況が悪化を辿る可能性もあります。

「自分は自分」「他人は他人」と割り切り、あなたの人生が豊かになる道を探すことを優先してください。

仕事がつらいと感じることが甘えかどうかについて答えを出すことに力を注ぐよりも、自分の心のSOSの原因をまずは探るべきということですね。

参考仕事辞めたいのは甘え?甘えなのか判断する方法と退職時の対処方法を徹底解説!

まずは信頼できる相手に相談する

仕事を辞めたいほどつらいと感じる状況が続いている場合は、まずは信頼できる相手に相談し、客観的に見た第三者の視点による意見をもらうことも大切です。

実際に仕事がつらく、辞めてしまいたいと考えることが甘えなのかどうかについては、客観的に見て周囲から評価されてしまいます。

相談相手を選び、率直な意見やアドバイスを聞き入れる姿勢を持る余裕がある段階で溜め込みすぎず早め早めの段階で伝えることで自分の本当の気持ちや考えを整理できる機会ともなるでしょう。

もちろんあなた自身が仕事がつらいと嘆く自分が決して甘えではないことを胸を張って言える分には問題ありませんが、まず大抵の人は自分の考えが甘いのか甘くないのか自問自答を繰り返すものです。

相談する際の相手選びは非常に大切であり、家族やあなたに劣等感を抱いていそうな人に相談することは辞めておきましょう。

人事異動や職種転換をも視野に入れる

今の職場や職種との相性が悪く、仕事を辞めたいほどにまでいたってしまっている人は
、社内で環境を変えられる余地があるのであれば、転職するだけが道ではありません。

大企業であれば部署や課、チームが変わるだけでも人間関係や職場の雰囲気が一変します。

また向いている職種に転換することができれば、今よりも自分らしく伸び伸びと働いていけることに期待できます。

社会人経験が浅ければ浅いほど、こんなにも後ろ向きな考えを持っているのは自分だけで、甘えにあたるものかと自分を責めてしまう気持ちはわかりますが、ストレスにより心身の健康を害してはもともこもありません。

人事異動や職種転換を個人的に申し出ることは非常に勇気のいることですが、企業にとって会社員は所詮1つの駒ととらえて、利用できる環境は自分に有利なように利用して行くべきです。

ダメ元で上司に申し出る気持ちで悔いのないようにできることをやってみてから、転職するかどうかを判断することをおすすめします。

長期休暇を取って仕事から距離を置く

どうしても仕事がつらい時は、まずは長期休暇を取って身体を休めましょう。

仕事がつらいと感じている時は心身共に疲労していることが多く、正常な判断ができない可能性があります。

ですので、仕事がどうしてもつらい時は、まずは休暇を取って仕事のことを一切考えずにゆっくり心身を休めましょう。

ただし、めどや目標を定めずにあまりにも長く休暇をとりすぎると、次に仕事に復帰しずらくなってしまったり、また同じことを繰り返してしまう状況となることが見込まれます。

休暇期間中に心身を休めることはもろろん、今後について具体的にどのように行動していくか自分と向き合う有意義な時間を過ごすようにしてください。

思い切って転職する

休暇を取って身体の調子を整えた上で、仕事に戻るのがつらい・辞めたいと考えているのであれば、思い切って転職しましょう。

心身共に万全な状態でもなお今の仕事に不満やストレスを感じているのであれば、仕事もしくは職場に致命的な問題がある可能性が高いです。

今の会社に勤めていては状況が改善する見込みがないと判断した場合は、決して甘えととらえることなく次の一手を打つべきと言えます。

コメント マネたま転職博士見習いのコメント

その場合は、働きやすい職場へ転職することが改善の近道となります。

参考仕事がしんどいのは甘え? 仕事を辞めたいときの6つの対処法

仕事が辛い人は「転職エージェント」を活用して自分に合った職場への転職を成功させよう!

仕事が辛くてどうしようもない今の状態から脱却して、同じ状況に至らないために前向きに転職する決断をすることは決して甘えではありません。

とはいえ、仕事が辛くて転職した人は、目の前に立ちはだかる転職へ挑むことに対して人一倍不安を抱くことでしょう。

「仕事との相性が良くなかった、人間関係に悩んでいるなどのありのままの転職理由を選考の場で伝えてしまうわけにはいかないけど、どのように選考をクリアしていけばいいのか?」

「次の職場では同じように辛い思いをしたくない分だけ転職するのがこわい」

「こんな自分でも転職できるのか?」

などと転職を成功させられるかどうか自信を持てない方が多いことでしょう。

コメント マネたま転職博士のコメント

そんな転職活動を不安に感じているあなたにおすすめしたいのが「転職エージェント」の活用です。

転職エージェントでは転職者の転職活動を一環して個別サポートしてくれます。

転職エージェントの主なサポート内容

・キャリア相談
・求人紹介
・推薦状の作成
・応募書類の添削
・面接練習
・面接日程の調整
・給与や年収などの企業との交渉事
・企業との雇用契約

例え転職する意志が固まっていなくとも、キャリアカウンセリングを受けることができ、仕事が辛いと感じる原因や解決策を導き出せる良い機会になることでしょう。

また、転職エージェントでは求人サイトに掲載されていない非公開求人や独占求人を含めた豊富な求人を保有しているため自分に合った求人とのご縁に期待できます。

独自で行う転職活動では情報収集に限界がありますが、転職エージェントを活用することで応募企業が求める人材像・企業風土・職場環境などの気になる情報をよりリアルに知ることができるため仕事が辛くて転職した人にとって非常に心強いことでしょう。

仕事が辛いのは甘え?」と悩んでいる人に対して、業界や職種に精通したキャリアアドバイザーは、次こそは仕事が辛くて辞めたい状態にまで追い込まれることがないよう手厚くサポートしてくれます。

仕事を辞めることが甘えではないかと自分を責めている人も、まずは転職エージェントのカウンセリングを受けてみることがおすすめです。

今の仕事がどうしようもなく辛い人の転職活動におすすめの転職エージェント

仕事がつらいと感じており、自分の能力を活かせる・働きやすい仕事に転職したいのであれば、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは転職のプロですので、上司や友人に言えない悩みや不満も「それは甘えだ」と切り捨てずに受け止めてくれます。

また、現在の職場への不満・転職先の条件を伝えることができればおすすめの求人を紹介してくれるので、効率的に仕事を探すことができます。

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材業界最大手のリクルートグループが運営する転職エージェントです。

業界最大手なだけあって保有している求人数も転職エージェントの中ではトップクラスです。転職を考えている方は最初に登録すべきおすすめ転職エージェントと言えるでしょう。

第二新卒向けの求人も非常に多く、幅広い業種・役職の求人が揃っているので、その中から自分の理想の職場に近い求人を見つけることができます。

doda

出典」:doda

dodaは、リクルートエージェントに次いで規模の大きい転職エージェントです。

リクルートエージェントには劣りますが、未経験歓迎の求人情報は4,000件以上保有しており、こちらも未経験の業種/職種への転職を考えている方には非常におすすめの転職エージェントとなっています。

また、コンサルタントのサポートの質が非常に高く、面接対策や応募書類の添削など、転職が初めての第二新卒や20代でも安心して転職活動を進めることができます。

登録後アドバイザーからかかってくる電話で希望の条件やキャリアについての相談などを伝えることができるので、自分に向いてる仕事を見つけやすいサポートが充実しているのが強みです。

マイナビエージェント

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントは人材情報サービス事業を展開する業界大手、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

大手転職エージェントながらも社会人経験のある20代〜30代前半の若手転職者層への転職支援に強いことが特徴であり、優良な中小企業に目を向けて他社との差別化をはかっています。

各業界のトレンドや転職事情に詳しいキャリアアドバイザーがサポート期間の制限なくあなたの転職活動を一環してサポートしてくれるため、今の仕事がつらくてどうしようもない20代〜30代の方はまずは相談することからはじめてみてください。

パソナキャリア

出典:パソナキャリア

パソナキャリアは人材派遣サービスとして名の通った株式会社パソナが運営する総合型の転職エージェントです。

東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・名古屋などの都心部を中心に幅広い業界や職種の求人を取り扱う中でもハイキャリア転職に力を入れており、年収800万以上クラスの求人が約半数を占めていることも大きな特徴のひとつ。

年収アップ率が60%超の高実績であるうえに、長きにわたってサポート力の手厚さが高評を得ていることもパソナならではの魅力と言えます。

今の仕事がどうしようもなくつらい人でも、パソナキャリアのサポートを通じ、転職して良かったと思えるキャリアを築くこともひとつおすすめです。

ハタラクティブ

出典:ハタラクティブ

ハタラクティブは第二新卒に特化した転職エージェントです。

ハタラクティブの最大の魅力は充実した転職サポートです。

キャリア相談・書類添削など充実したサポートで、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%と非常に優れた実績を誇っています。

現在の仕事を辞めたい理由を相談することで、現在の職場より自分に合った仕事と出会いやすい上に転職成功率も高いので、非常におすすめな転職エージェントです。

ワークポート

出典:ワークポート

ワークポートは20代〜30代の転職者を主な利用者層とし、幅広い領域の求人を取り扱う転職エージェントです。

様々な業界や職種の求人を保有する中でも、特にIT・Webや機械メーカー、建築、ゲーム業界の求人が豊富で、経験の有無問わず、エンジニアなどの専門職や営業職を目指す人にもおすすめ。

業界・職種未経験者へのサポートも手厚く専門性も高いため、転職のこの機会にキャリアチェンジを視野に入れている人はぜひチェックしてみてください。

ワークポート は20代エンジニア未経験者を対象とした「みんスク」も運営しているため、エンジニア職や手に職をつけたいという人はスクールの利用を検討することもひとつおすすめです。

マイナビジョブ20’s

出典:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは既卒・第二新卒を中心とした20代若手転職者を主なターゲット層とする転職エージェントです。

社会人経験が浅く、スキルがない20代の底上げをはかるために、20代の転職事情に精通したプロのキャリアアドバイザーが手厚くサポートしてくれます。

保有求人は関東・東海・関西エリアの都心エリアを中心としており、未経験歓迎求人を豊富に取り扱っているため、初めての就職でミスマッチがあった人でもやり直せる環境が整っていると言えます。

今の仕事がつらく悩んでいる20代の人は是非チェックしてみてください。

今の仕事がつらくて辞める場合の円満退職のコツ

今の仕事がつらいことが理由で退職をする場合は、退職するまでの一連の流れを不安や苦に感じる人も多いことでしょう。

特に同僚や上司との関係性がそもそも退職にいたる原因であった場合には、退職理由の伝え方に頭を悩ませたり、中々退職することを切り出せないということがあっても不思議ではありません。

そんな背景がありながらも、これ以上あなたが苦しまないためにはスムーズな退職=円満退職を目指すべきです。

以降では円満退職するためのポイントを確認していきましょう。

参考仕事がしんどい…と感じた時の危険サインは?対処法も合わせて紹介

退職への揺るぎない意志が必要

まず、退職を希望する誰もが持つべきなのが「退職に対する揺るがない意思」です。

退職者自身の決意が固まっていない心理状態で、上司に退職を申し出ても引き止めに対処することが難しい状況に陥る可能性が高いためです。

退職する意思が固まっていて、社会人として適切な手順を踏めば退職できないということはありえません。

部下の退職は上司の評価にも繋がったり、一時的に業務の逼迫が想定されるため、転職者が退職せずに済む方法はないかと提案や質問を受ける可能性がありますが、断固として自分の意思を貫きましょう。

直接上司に申し出る

退職する意志が固まったら、まずは社内の誰よりも先に上司に申し出るようにしてください。

退職を希望するタイミングから、逆算し余裕を持ったタイミングで申し出ることもポイントです。

事前に上司のアポを取り、失礼がないように申し出当日を迎えましょう。

直接伝える前に、噂により先に上司の耳に退職を希望していることが入らないように細心の注意を払うことが大切です。

まとめ

人それぞれの理由はあれど、仕事がつらいと感じることは決して甘えなどではなく当然のことです。

上司など年配の人から「その程度でつらいだなんて甘えだ」と言われてしまうことがありますが、その時は「時代が違うんだからそう思われても仕方ない」と割り切って、自分がつらいと感じることを認め、その原因と向き合いましょう。

大事なのは「仕事がつらいと感じるのは甘え」と頭ごなしに否定して我慢するのではなく、「どうすればつらいと感じずに仕事ができるのか」と前向きに改善策を考えることです。

思い切って長期休暇を取って心身を休めたり、場合によっては転職を考えるなどして、状況の改善に向かって行動しましょう。

参考仕事から逃げたいのは甘えではない!正しい逃げ方

page top