著者:マネたま転職研究所 2024年2月26日更新

カテゴリー20代おすすめ転職エージェント

20代で2回目の転職は難しい?抑えておきたい注意点とコツを解説

アップロード日2024/01/16

マネたま転職編集部 [PR]

転職では「転職回数」が採用結果に影響する傾向にあり、回数によっては採用が見送られます。

特に、年齢が若いときは転職回数が採用結果に影響を与えやすいです。

その中で「20代で2回目の転職は難しい?」「20代で2回目の転職を成功させるには?」などと悩まれることがあるのではないでしょうか。

この記事では、20代で2回目の転職をすることについて詳しく解説します。

転職2回目の20代が抑えておきたい注意点や、転職を成功に導くコツなどをご紹介しているので、転職を考えている20代の方はぜひ参考にしてみてください。

2023年6月の最新情報:転職活動は今から始めておくべき?

転職を実現するためには最高のタイミングです。
なぜなら、新年度を迎えて企業が社内体制を整備するためです。

そのため、採用活動が活発化し、優良の求人が増加するのが5〜8月。

優良求人が増えるタイミングに合わせて準備を開始すれば、満足度の高い転職活動を実現できます。
今が、まさに「チャンス」です。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、早めに相談してください。

マイナビエージェント」は求人数も多いので、希望の求人に出会える可能性が高いです。

20代で2回目の転職は難しい?

20代で2回目の転職は難易度高め

20代で2回目の転職を成功させることは可能なのですが、決して簡単なことではありません。

新卒で就職するときや1回目の転職と比較すると、グンと難易度が高くなります。

第一にあげられる理由としては、『2回目の転職では社会人スキルと仕事スキルが求められるため』です。

実際に大手転職サイトであるdodaが「転職回数が選考に影響するのは何回目からと考えますか?」というアンケートを実施した結果、20代の場合は30%の方が「1回目・2回目」と回答しています。

つまり、30%の企業は「2回目」ということを懸念点としていて、転職することが難しいと考えられます。しかし、18%の方は「選考には影響しない」52%の方が「3回目以降」と回答しているため、20代で2回目の転職を成功させることは可能です。

20代で2回目の転職を検討している方は、「転職できるが、難易度は高い」と考えておくことをおすすめします。

「転職したいけどスキルがない20代」向け合わせて読みたい

転職したいけどスキルがない20代なら転職できる?厳しい?

「転職したけどスキルがないから転職できなそう…」と悩む20代は多いかもしれません。そこで、実際に転職できる可能性があるのか?転職成功させるポイントについて解説しています。

30代以降は転職回数が注目されない

20代で2回目の転職は難易度が高くなりますが、30代以降は転職回数があまり注目されないです。上記でお伝えした「転職回数が選考に影響するのは何回目からと考えますか?」というアンケートによると、

年齢が高くなるにつれて転職回数を気にしない企業が増えています。

30代の場合は20.3%の方が「選考には影響しない」40%の方が「4回目以降」と回答しているので、20代だけ転職回数が注目される傾向にあります。

転職難易度を低くしたい方は、30代になるまで我慢することも1つの方法です。

30代の転職回数にまつわる転職事情についてはこちらをご参考ください。

参考27歳で2回の転職は多い。不利になる基準と成功のポイント

20代で2回目の転職が難しい理由

20代で2回目の転職を成功させるには、「なぜ、転職難易度が高いのか」ということを把握することが大切です。20代で2回目の転職が難しい理由をいくつかご紹介します。

20代で2回目の転職が難しい理由20代で2回目の転職が難しい理由

  • 人間関係を築くのが苦手だと潜入感を持たれてしまうことも

  • 早期退職を懸念されてしまう

  • 即戦力で活躍できるほどの実績がない

  • 仕事に対する意欲が低いと判断される

参考20代で転職2回目は多い?採用担当者が懸念するポイントと回避のコツ /

人間関係を築くのが苦手だと潜入感を持たれてしまうことも

短期間での転職や転職回数が多くなるにつれて、人間関係を築いていくことが苦手なのではないかと憶測されてしまうこともなきにしもあらずです。

応募書類や面接での選考においては、人間的な魅力をPRできるように一層工夫していきましょう。

20代で2回目の転職というのは決して珍しいことではないため、さほど気にする必要はなく転職を諦める理由としてとらえる必要はありません。

早期退職を懸念されてしまう

20代で2回目の転職が難しい最大の理由は、早期退職を懸念されてしまうことです。

新卒で入社した会社と1回目の転職で入社した会社の計2回退職しているため、「採用してもすぐに辞めるのでは?」と思われる可能性があります。

特に、中途採用は人手不足を改善するために実施されているので、企業側は「少しでも長く働いて欲しい」という気持ちがあり、早期退職を懸念することが多いです。

また、短期間で転職している場合はより転職難易度が高くなります。

転職回数を気にしない企業でも「転職の期間」は気にすることがあるので、注意が必要です。

短期間で転職した動機に説得力が持てない場合は、最低1年は仕事を続けておいた方がよいであろう。

参考転職2回目は厳しい?タイミングや成功ポイントを解説【20代・30代・40代】

即戦力で活躍できるほどの実績がない

中途採用している企業は「即戦力で活躍して欲しい」と考えます。

しかし、20代で転職2回目の場合は即戦力で活躍できるほどの実績をアピールすることが難しく、転職難易度が高くなります。30代以降で転職回数が注目されない理由は、即戦力で活躍できるほどの実績がある可能性が高いからです。

また、20代で転職2回目の場合は身についているスキルもアピールしにくいです。

スキルをアピールしても、経験年数が短いことによって採用担当者からの信頼を得ることができず、転職難易度が高くなります。

仕事に対する意欲が低いと判断される

20代で2回目の転職が難しい最後の理由は、仕事に対する意欲が低いと判断されるところです。

20代のうちに2つの会社を退職していると、「仕事に対する意欲が低い」と判断されてしまう可能性が高いです。

もちろん、仕事に対する意欲が高いからこそ2回目の転職を検討する場合もありますが、初対面の採用担当者は「仕事に対する意欲が低い」と判断しやすくなります。

また、会社に勤めていない「ブランク期間」があると、より仕事に対する意欲が低いと判断されてしまい、転職することが難しいです。

20代のうちに複数回転職していることを肯定的に捉えてもらえるように、キャリアイメージを明確にし、採用の場でしっかり話しができるように準備しておかねばならない。

「転職が怖い、動けない」時に合わせて読みたい

「転職が怖い、動けない」は普通の感覚|原因と失敗しないための方法とは

退職理由が明確になっても、実際に転職するのが怖いと感じている人も多いかもしれません。転職が怖いと感じる原因や解決方法について詳しく解説します。

参考転職を繰り返すのは不利?何回までOK? 長く働ける職場を見つける方法

転職2回目の20代が抑えておきたい注意点

20代で2回目の転職をするときは、いくつか抑えておきたい注意点があります。

「2回目の転職をするのではなかった…」と後悔することがないように、下記の注意点を参考にしてみてください。

参考2回目の転職をする20代の注意点と成功を勝ち取る秘訣!

「本当に転職すべきか」考える

20代で2回目の転職をするときは、「本当に転職して良いのか」ということを考えるべきです。

20代で一度転職を経験していると、少しの不満やストレスで転職を考えてしまうことが多くなります。

勢いで転職してしまう方も多いのですが、1回目よりも難易度が高いです。

また、必ずしも優良企業に転職できるわけではありません

勤めている会社よりも職場環境が悪くなったり、やりがいを感じられなくなったりする可能性は十分に考えられるので、「本当に転職して良いのか」ということを考える必要があります。

3回目の転職は難易度が高くなる

20代で2回目の転職を成功させることは可能ですが、3回目になると難易度はグンと高くなります。

上記でお伝えした「転職回数が選考に影響するのは何回目からと考えますか?」というアンケートでは、約28.2%の方が「3回目から」と回答しています。「1回目・2回目」と回答した方は30%だったので、約2倍の採用担当者が転職回数を気にしていることになります。

つまり、20代で3回目の転職を成功させることはかなり難しいです。

2回目の転職をするときは「もう転職できない」と考えて、慎重に企業選びすることが大切になります。

参考転職2回目は20代にとって不利?内定をもらうための対策法を解説

年収が下がる可能性がある

20代で2回目の転職をするときは、年収が下がる可能性があります。

上記でお伝えした通り、20代で2回目の転職ではスキル・実績をアピールすることが難しく、転職前よりも高い年収を得られる可能性は低いです。

また、未経験の業界・職種にチャレンジする場合は年収が下がりやすくなります。

未経験の業界・職種への転職は難易度も高くなるため、「スムーズに転職したい」「あまり年収を下げたくない」という方は同じ業界・職種を希望すべきです。

参考転職したら年収が下がるのはなぜ?年収を下げない転職方法とは?

ブランク期間は作らない

転職市場では会社に勤めていない期間を「ブランク期間」と言います。

ブランク期間は企業側にとってマイナスイメージにつながり、転職することが難しくなります。

そのため20代で2回目の転職をするときは、ブランク期間を作らないように注意すべきです。

今の会社に勤めながら転職活動を行い、内定をもらうことができてから退職する流れだと、スムーズに転職を成功させやすくなります。

実際に多くの転職成功者が働きながら転職活動を行っています。

短期間で転職を繰り返さない

入社して数週間や数ヶ月といった短いスパンで退職することで、「忍耐力がない」「入社してもまた辞めるのではないか」などとネガティブな印象を採用側にもたらしてしまう可能性が高いです

できることなら1年は継続して同じ会社で仕事をすることが次の転職のことを考えると理想ですが、置かれた状況によっては早期退職をせざるえない人もいることでしょう。

短期間で転職をする人は、これまでを振り返り早期退職を防げなかった理由や改善点を洗い出し、分析することが大切です。

参考25歳で転職2回目って多い?成功に導く3つのポイント

20代で2回目の転職は厳しいとわかっていながらも転職する理由とは?

1度転職経験がありながらも、2回目の転職を考える原因・理由はいったいどんなことがあるのでしょうか。

一時的とはいえ体力的にも精神的にも負担がかかる転職活動を再び行うにはそれなりの理由があるはずです。

よくある原因・理由を下記の通り順に確認していきたいと思います。

主な転職理由主な転職理由

  • 人間関係の悩み

  • 会社の将来性への不安

  • 希望のキャリアが見込めない

  • 給与に対する不安

参考【25歳転職】遅い?2回目・3回目・異業種・高卒・資格なしOK?男性・女性別に解説!

人間関係の悩み

転職理由として最も多くの割合を占めるのが「人間関係」の悩みや悪化によるもの。

社内で異動する可能性があったり、信頼できる上司に相談できる環境が整っているのであれば、人間関係だけが理由でハードルが高まる2回目の転職を行うのは気が早いと言えるかもしれません。

しかし、人間関係に悩み転職を希望する人は精神的に追い詰められていたり、会社に残る道を考えたうえでも今の状況が苦しく悩んだ末の答えである人も少なくないでしょう。

2回目の転職活動を行う場合には、企業研究だけでなく転職口コミサイトを活用したりと、情報収集力を高めていきましょう。

会社の将来性への不安

良かれと思って転職したものの、「転職先企業の将来性」への不安を感じ2回目の転職を迎えてしまうケースです。

業績が悪かったり、人の入れい重要替えが激しかったり、減給されたりと会社の将来に希望を持てない状況に焦りを感じている場合に転職することは致し方ないことですが、次の転職活動の方法を改めるべきと言えます。

転職先の将来性の有無については、多くのケースでは下調べをすることで把握することが可能です。

また、会社の安定性は働き手にとって重要ですが、本来はどんな状況でも自分の市場価値を高めて働く先に困らないといった実力と自信をつけるために転職することが大切です。

参考転職回数が多い場合面接の自己紹介・自己PRはどんな内容にする?

希望のキャリアが見込めない

1度転職したものの希望のキャリアが見込めそうにないことが理由で、2回目の転職をしたいというケースです。

明確にキャリアイメージを持っていること自体は肯定すべきことですが、1回目の転職活動を振り返り改善していきましょう。

転職先での仕事とのミスマッチを防ぐためには情報収集が鍵となります。

また、希望のキャリアを実現するためには働く環境も大切ですが、希望のキャリアを描くための経験やスキルが足りているのかどうかについての分析も必須です。

給与に対する不安

「仕事内容や業務に対して給与が少ない」「結果を出しても給与額に結びつかない」といった不満から20代で2回目の転職を希望するというケースです。

給与は日々の仕事のモチベーションとなりやすい要素のひとつであり、将来的な安定を考えると給与が高いことに越したことはありません。

しかし、給与や昇給制については転職前に情報収集することが十分に可能であるため、給与に対するミスマッチは転職活動の方法に原因がある可能性が高いと言えます。

参考転職失敗を2回、3回と繰り返さないために大事なことは

20代での転職2回目を成功させるコツ

20代で2回目の転職を成功させることは、決して簡単ではありません。

ブランク期間があったり、勤続年数が短い場合はより転職することが難しくなります。

そこで20代での転職2回目を成功させるコツをいくつかご紹介します。

希望通りの転職を成功させるためにも、下記から参考にしてみてください。

参考20代で2回目の転職は不利になる?2回目の転職を不利にしないポイント

1年以上は会社に勤務する

20代で2回目の転職をするときは、「すぐに退職するのでは?」と不安視されてしまいます。

その企業側の不安を解消するためには、1年以上同じ会社に勤務することが大切です。

勤続年数が多くなればなるほど企業側の不安は解消でき、身についているスキル・実績についてもアピールしやすくなります。

ただし、「転職したい」という気持ちを我慢しながら働き続けることはおすすめしません。

我慢して働き続けることはプライベートにも影響を及ぼしますし、仕事に対するモチベーションが上がらないです。

1年以上同じ会社に勤務した方は無理に我慢するのでなく、転職活動を始めることをおすすめします。

ポジティブな退職理由を伝える

2回目の転職を成功させるには、採用担当者に良い印象を与えることが大切です。

そのためポジティブな退職理由を伝えるようにしてください。

例えば、「業務の幅を広げ、今まで以上に自分のスキルを発揮したい」という退職理由を伝えると、採用担当者は良い印象を抱きます。しかし、「今の仕事にやりがいを感じない」というネガティブな退職理由を伝えてしまうと、良い印象を抱きにくくなります。

また、ネガティブな退職理由であってもポジティブに伝わるように言い換えること大切です。

中長期的に理想とするキャリアビジョンを叶えるために、転職という手段を選んだことを自分の言葉で伝えられるようにしておきましょう。

参考転職2回目は不利?20代・30代が求職活動を成功させるコツ!

キャリアプランを慎重に見直す

転職活動の過程で欠かせないのが「キャリアビジョンを描く」ことですが、20代で初めて転職する人よりも20代で2回目の転職を目指す人の方がより緊張感をもってキャリアプランを見直す必要があります。

理由としては、キャリアの軌道修正や変更回数が多ければ多いほど、転職理由・志望動機など何かにつけて説得力が薄くなってしまうためです。

特に転職2回目で未経験領域へのキャリアチェンジをするケースは、もう方向転換はできない覚悟のもと転職活動を行ってください。

将来像から逆算したうえでの意図的な転職であることを伝える

20代で早くも2回目の転職を迎えていることは、長期的なキャリアを見据えて意図的であることが採用側に伝わるように将来像を言葉にできるようにしておかなければいけません。

キャリアプランを見直し、将来像から逆算して転職理由と志望動機にまとめあげることで、転職2回目となる今回の転職は前向きな選択であり、説得力があるがゆえに好印象をもたらすことに繋がります。

参考2回目の転職は選考で不利?失敗してしまう人の特徴や成功させるコツを解説

同じ業界・職種を希望する

上記でお伝えした通り、中途採用している企業は即戦力で活躍できる人材を求めています。

そのため同じ業界・職種を希望し、「経験者」として転職活動を行うことが大切です。

転職市場において経験者と未経験者には大きな差があり、経験者しか応募できない求人も多くあります。です。

20代で2回目の転職を成功させるポイント

20代で2回目の転職を成功させるポイント

同じ業界・職種であれば、転職先で役立つスキルを具体的にアピールすることができ、今までの実績が評価されやすいです。「今の業界(職種)に不満を感じている」という方以外は、同じ業界・職種への転職をおすすめします。

参考2回の異業種への転職が成功した実体験とポイント

応募する企業の情報を収集する

20代で3回目の転職はグンと難易度が高くなるので、2回目の転職で自分に合った優良企業に入社する必要があります。

応募の段階で「自分に合っているのか」「優良企業なのか」ということを見極めるには、企業に関する情報を収集することが大切です。

ただし、ホームページに記載されている従業員数や事業内容などの情報ではなく、働いている人・働いていた人のリアルな情報を収集すべきです。

リアルな情報を収集することで、自分に合った優良企業を見つけやすくなります。

身近での情報収集が難しければ、転職エージェントや転職口コミサイトからの情報収集を行いましょう。

参考20代で転職2回目は不利? 採用担当者が重視するポイントを解説

新卒での就職や1回目の転職を振り返る

20代で2回目の転職を目指す人が重要でありながらもうっかり忘れてしまいがちなのが、「新卒での就職や1回目の転職を振り返る」こと。

物事には過去を振り返らない方が良いとされるケースもありますが、転職においては過去を振り返り反省点や改善点を洗い出し次に活かすことは必要不可欠です。

物事には過去を振り返らない方が良いとされるケースもありますが、転職においては過去を振り返り反省点や改善点を洗い出し次に活かすことは必要不可欠です。

転職2回目ともなると、「ただご縁が悪かった」ということでは片付けようがありません

「なぜ20代にして転職2回目を迎える状況になっているのか?」原因を明確にしなければまた同じことを繰り返してしまう可能性は非常に高いと言えます。

長く勤めたいという熱意が伝わるように話す内容を工夫する

20代で2回目の転職となると、初めての転職以上に採用側から早期退職を懸念されてしまうため、応募書類の内容や面接の場で長く勤めあげたいことが伝わるよう話す内容を工夫する必要があります。

今回の退職理由だけでなく、前職の退職理由についても触れられる覚悟のもと、時系列とともに初対面の人にも納得感あるこれまでの退職理由と今回の志望動機を紐付けましょう。

転職を希望していることに説得力を持たせたうえで熱意をアピールすることに繋げることがポイントです。

これまで勤めていた企業と差別化した転職目的・理由を明確に伝えられるように準備しておきましょう!

参考【転職のプロが教える】第二新卒で2回目の転職は可能?転職成功させるポイントとは?

転職エージェントでサポートを受ける

20代で2回目の転職を成功させるには、転職エージェントでサポートを受けることが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関するサポートを受けられるサービスになります。

具体的に受けられるサービスは下記の通りです。

  • 希望に沿った求人紹介
  • 非公開求人の紹介
  • 企業を想定した面接対策
  • 提出書類の添削
  • 退職に関するアドバイス など

転職エージェントでは、転職者1人に対して転職のプロであるキャリアアドバイザーが担当者として付いてくれます。

そのため働きながらでもスムーズに転職活動を進めることができ、2回目の転職でも内定を獲得しやすくなります

◻ 【おすすめ転職エージェント】 ◻

    特に『リクルートエージェント』はコロナウイルス感染を防ぐため、
    電話面談を実施しているのでオススメです。
     
    ■『リクルートエージェント』
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com/
    ■『マイナビエージェント』
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp
    ■『パソナキャリア』
    ・手厚いサポート体制が業界No.1!
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
    ■『リクナビNEXT』※転職サイト
    ・圧倒的No1の求人数!
    【公式】https://next.rikunabi.com/

    ※もし、迷ってしまったら…?
    どのエージェントに相談するか迷った場合、最低でも下記の2社に相談すれば間違いありません。

    ①『リクルートエージェント』
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com/
    ②『マイナビエージェント』
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

参考【27歳転職】遅い?難しい?2回目・異業種・高卒・資格・スキルなしOK?男性・女性別に解説

20代で転職2回目を迎える人が転職すべきタイミングの判断基準とは?

20代で早くも2回目の転職を視野に入れている人の中には「本当に今転職するべきなのか?」「転職するのが早いのではないか?」などと不安や迷いが生じてしまっているひ人も少なくないでしょう。

2回目であっても転職すべきタイミングと言える判断基準は下記の通りです。

  • 現時点で転職するデメリットよりもメリットの方が大きいと判断できる場合
  • 今の仕事を続ける中で転職理由としてあげられる原因の改善が見込めない場合

参考Q. 転職回数が多いと転職に不利になる?

20代で転職2回目を迎える人が企業への応募書類を記入する際のポイント

20代で転職2回目を迎える人の最初の難関は応募書類による選考に通過することです。

面接のように言葉選びや、話し方、表情などでポジティブな印象を補うことができない履歴書や職務経歴書の選考においては書かれている内容と貼り付けた1枚の顔写真がすべてです。

こちらでは最初の難関を突破すべく、応募書類の記入のポイントをご紹介しておきたいいと思います。

応募書類の記入のポイント応募書類の記入のポイント

  • 嘘はバレる!正直に誠実に記入する

  • これまでのキャリアや経験を転職先でプラスに働くことが伝わるように記入する

  • 退職と転職のブランク期間は必要不可欠であったことをアピール

参考【20代・30代向け】転職2回目は難しい?成功するための必勝法とポイントを解説

嘘はバレる!正直に誠実に記入する

当たり前ではありますが、応募書類に記入する内容には嘘がないようにしてください。

特に、経歴やキャリアを偽っても面接などの対面の場や入社手続き、実務をする中でバレてしまいます。

また、内定することが最終的な目的ではなく、ミスマッチが極力ないように転職を果たすことで転職理由や志望動機を叶えていくことが本来の目的であることを忘れてはいけません

時に、転職理由や志望動機は話しを膨らませることが必要となりますが、ありもないスキルや経歴を記入し自分を大きく見せようとする姿勢は改めるべきです。

これまでのキャリアや経験を転職先でプラスに働くことが伝わるように記入する

  • 省略不要!すべての経歴・職歴を記入

  • 書き方を工夫し、PRしたい内容を明記

転職が2回目という人は、応募先が3社目になる可能性があるという状況でしょう。

転職を繰り返すほど、応募書類の内容は少々混みいったものになることは致し方ありません。

「転職回数が多いから不利」「経歴を全て記入すると長ったらしくなってしまう」などといった理由から、シンプルにしようと省略してしまうことで、PRすべき内容が減ってしまう可能性が高くなってしまうため、すべての経歴・職歴を明記することが大切です。

加えて、読み手が見やすいように書き方を工夫することも重要です。

単に経歴・職歴を並べて書くのではなく、仕事を通して工夫した点や身につけたことなどの気づきを散りばめることで人となりがイメージしやすくなり、採用側の興味をひくことができます。

数ある応募書類を目にする中で、いかに目に止めてもらえるのか、また読みやすく興味の引く内容にできるかが第一関門突破の鍵となります。

参考「転職失敗した」と思ったらどうすべき?入社して後悔したケース5選と再転職に向けて考えたいこと

退職と転職のブランク期間は必要不可欠であったことをアピール

退職から転職するまでの期間にブランクがある人は、ブランクの期間が必要不可欠であったということを書類上でアピールしておく工夫をしましょう。

理由としては、転職回数だけを見て書類選考を落とされてしまう可能性が非常に高いためです。

転職が2回目の20代の方に限った話しではありませんが、転職回数が多いという印象だけを与えてしまっては採用側にネガティブに捉えられてしまうリスクが高いと言えます。

転職回数が多い人こそ意識的に納得感ある理由を記入することが重要であり、応募書類の記入において力を入れるべきポイントのひとつです。

ブランクの期間に何をしていたのかを明記するようにしてください。

また、これからまずは一旦退職して期間をあけて転職をする予定である人は、ブランク期間の過ごし方が転職成功への鍵を握ることになることをあらかじめ認識し行動に移して行きましょう。

職歴に一貫性がない場合こそ強みをPR

1つ目の企業と2つ目の企業で、業界や職種、仕事内容などから一貫性を感じられない場合には、自分の強みをアピールすることが鍵となります。

例えば、チームで仕事をする上でのポジションや共通して工夫した点などを掘り下げていき、仕事を遂行するうえで得意なことを深掘りし、応募書類に反映していきましょう。

転職が2回目とは言え、20代では実力以上に人間性や伸び代に期待して採用してもらえるケースが珍しくないからこそ、使えるテクニックと言えます。

参考転職回数が多いと不利?2回目以降の転職活動のデメリットと内定を勝ち取るコツ【500人にアンケート調査】

20代で2回目の転職をむかえる人に転職エージェントをおすすめする理由

転職エージェントを活用することで「個別サポートによりスムーズに転職活動を進めることができ、2回目の転職でも内定を獲得しやすくなる」と前述しましたが、いったいなぜそう言えるのでしょうか。

以降では転職エージェントのサービス内容と共におすすめする理由を詳しくお伝えしていきます。

参考転職2回目の全知識|20代30代の転職事例と退職理由の好印象な伝え方

20代で2回目の転職が難しい理由20代で2回目の転職者に転職エージェントをおすすめする理由

  • 相性の良い求人と出会える確率アップ

  • 転職のトレンドや企業情報を入手できる

  • 市場価値をはかることができる

  • 企業との日程調整や雇用条件の交渉ごとも代行してくれる

  • 選考通過率・転職成功率アップ

相性の良い求人と出会える確率アップ

転職エージェントの利用をおすすめする理由の1つめに「相性の良い求人と出会える確率がアップ」することが挙げられます。

転職エージェントでは転職求人サイトには掲載のない求人を取り扱っているケースも珍しくなく、登録利用者のみに公開される非公開求人も多数保有しています。

非公開求人の中には人気の殺到が見込まれる質の高い求人や、企業戦略上公にはしたくない訳あり求人などがあるため、希望の求人や相性の良い求人と出会える確率を高めることに繋がります。

20代で2回目の転職をする人は自分自身と相性の良い企業を正しく把握できていない可能性が非常に高いため、転職エージェントの豊富な求人の中からプロの視点で紹介された求人に注目してみるとよいでしょう。

まずは「第二新卒エージェント」に登録して転職可能性を探ろう!

20代で転職2回目の場合、転職できる可能性が低いかもしれません。
しかし、まずは転職活動をすることで、実際に転職できるのか?を知ることができます。

20代の転職支援に強いおすすめ転職エージェント「第二新卒エージェント」はすべて無料でサポートしてくれます。

今すぐ第二新卒エージェントに無料登録して転職相談をしてみることをおすすめします。

第二新卒エージェントでは、オンラインでもキャリア面談を実施しているので予定も調整しやすいです。

転職のトレンドや企業情報を入手できる

転職エージェントでは求人取引企業に訪問のうえ現場の声をヒアリングしています。

よって、転職求人サイトには記載のない職場の雰囲気や労働環境など、気になる情報を入手しやすい環境が整っているため、独自で転職活動をしている中ではリサーチ困難な情報に触れることに期待できます。

また、これまでの転職実績や業界としてのネットワークを武器としてリアルタイムでの転職ノウハウや傾向を把握している点においても転職者にとって有利に働きます。

20代で2回目の転職を迎えるという人は、1回目の転職がリサーチ不足であったことが原因の1つかもしれません

転職エージェントを活用し、情報戦において1歩リードした形で転職l活動を進めることをおすすめします。

市場価値をはかることができる

転職エージェントでは個別面談にて担当者とスキルやキャリアの棚卸しを行ったり、希望条件や転職目的などを詳しくヒアリングした上で、転職者と相性の良いと思われる求人を紹介してもらうシステムであるため、転職者としての市場価値を把握できることもメリットのひとつです。

市場価値を把握することで、視野に入れるべき転職先を絞った効率的な動きをすることができたり、企業とのミスマッチ抑制に繋がることから予期せぬ3回目の転職をむかえるリスクを軽減できます

また、今後においても現状把握から不足点を明確にすることで仕事での目標を定めやすくなり、実践していきやすくなることでしょう。

参考2回目の転職が不利になる場合は?20代だとまずい?

企業との日程調整や雇用条件の交渉ごとも代行してくれる

転職エージェントでは個別サポートの一環として、利用者が応募した企業との面接日程や入社日の調整、内定時の年収交渉を代わりに行ってくれます。

特に、今の仕事と転職活動を同時に進めていき、日々余裕がない中では特に心強いと感じられる環境であると言えます。

ただ交渉を機械的に代行してくれるだけでなく、他社の選考状況など、転職者の活動状況を考慮した上でスケジュールを定めてくれることもポイントです。

選考通過率・転職成功率アップ

以上でお伝えした転職エージェントを活用するメリットとして主に「相性の良い求人を紹介してもらえる」「転職のトレンドや企業情報を入手できる」「市場価値をはかりやすい」ことをお伝えしてきました。

よって転職エージェントを活用することで、、独自で転職活動を行うよりも転職活動としての精度を高めることができ、選考通過率・転職成功率を高めることに繫がります。

後悔のない転職を実現すべく、20代で2回目の転職をすることが本来は望ましくなかったという人にとって3回目の転職を迎えざるえない状況を回避できる可能性をも高めることができるため、前向きに利用してみてください。

参考20代で2回以上も転職している人が大手企業から内定を貰うことは可能なのか?

転職後のアフターフォローもしてくれる

転職エージェントによっては内定後アフターフォローをしてくれるところもあります。

転職後から定期的に変わりがないか、困ったことはないかと連絡を受けたりとフォローをしてくれたり、当初の条件とは異なっている場合には改めて企業と交渉を代行してくれることもあります。

転職後、違和感を感じることがあれば遠慮せず相談してみてください。

20代におすすめの転職サービス

20代の転職希望者が利用すべき「転職エージェント」と「企業の口コミ・評判プラットフォーム」をご紹介します。転職エージェントでサポートを受けることと、応募する企業の情報を収集することは転職成功のコツになるので、ぜひ参考にしてみてください。

◻ 【おすすめ転職エージェント】 ◻

    特に『リクルートエージェント』はコロナウイルス感染を防ぐため、
    電話面談を実施しているのでオススメです。
     
    ■『リクルートエージェント』
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com/
    ■『マイナビエージェント』
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp
    ■『パソナキャリア』
    ・手厚いサポート体制が業界No.1!
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
    ■『リクナビNEXT』※転職サイト
    ・圧倒的No1の求人数!
    【公式】https://next.rikunabi.com/

    ※もし、迷ってしまったら…?
    どのエージェントに相談するか迷った場合、最低でも下記の2社に相談すれば間違いありません。

    ①『リクルートエージェント』
    ・求人数&実績 No.1!全員にオススメ
    【公式】https://www.r-agent.com/
    ②『マイナビエージェント』
    ・20代/30代のサポート体制が充実!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

「リクルートエージェント」 | 業界最多数の求人数と高い交渉力が魅力!【総合型】転職エージェント

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは20代に限らず幅広い世代や業界、職種出身者をターゲットとした業界No.1の求人数を保有する総合型の転職エージェントです。

公開求人・非公開求人共に25万件超(2022年8月5日時点)で業界大手であるリクルートならではのネットワーク力を活かして独占求人も豊富に取り揃えています。

転職支援実績No.1(※)を誇っており、積み上げた実績と共に培った転職ノウハウや高い交渉力を武器とし数々の転職者を排出しており、転職と同時に年収アップを実現させることにも期待できます。

転職エージェント選びに悩む人にまずは試しに利用をおすすめする転職エージェントの1つです。

(※)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点)

「リクルートエージェントの口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

【やばい?】リクルートエージェントの口コミ・評判は悪い?メリットとデメリット徹底解説

リクルートエージェントの良い評判・口コミや悪い評判や口コミが生まれる原因から、メリットやデメリットまで徹底解説しています。

「dodaエージェント」 | 業界トップクラスの求人数を保有! 【総合型】転職エージェント

出典:doda

dodaエージェントは業界最大級の転職エージェントです。

日本各地の求人を17万件以上取り扱っていて、大手企業から設立して間もないベンチャー企業まで紹介してもらえます。取り扱っている職種も幅広く「営業職・企画・ITエンジニア・コンサルタント・サービス職」などに対応しています。

また、dodaエージェントは転職に関するサポートが手厚いです。

希望に沿った求人紹介から面接対策はもちろん、職務経歴書の書き方や日程調整まで手厚くサポートしてくれます。コミュニケーションアプリの「LINE」で気軽にやり取りすることも可能で、働きながらでも転職活動を進めやすいです。

20代の転職にはサポートの手厚いdodaエージェントをおすすめします。

「dodaエージェントの口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

dodaエージェントの評判はひどい?ホントの評判を徹底検証します!

dodaエージェントのサービスや特徴の紹介と合わせて、口コミを交えながらひどい評判の原因を探っていき、dodaエージェントのメリット・デメリットの解説をしています。

「マイナビエージェント」| 社会人経験あり!20代〜30代向けの転職エージェント

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントは社会人経験のある20代〜30代向けの転職サポートに強い大手転職エージェントです。

人材業界大手の株式会社マイナビが運営しており、長年培ってきたネットワーク力と人材サービスを手がける中でのノウハウを活かして、大手企業にこだわらず優良な中小企業やベンチャー企業の求人紹介にも力を入れていることも特徴のひとつ。

利用者層は第二新卒をはじめとし20代〜30代の転職者が多く、各業界に精通したキャリアアドバイザーが転職が初めての方サポートはもちろん、2回目以降の転職者においても最後の転職となるように手厚くサポートしてくれます。

「マイナビエージェントの口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

マイナビエージェントのひどい評判を検証!口コミから分かるホントの評判とサービスの特徴

マイナビエージェントの評判を見てみると、ひどい評判もあるようですが、その真相や、マイナビエージェントのリアルな口コミや特徴的なサービスも合わせてご紹介しています。

「ハタラクティブ」| 最短2週間で内定!未経験者歓迎求人も多数!

出典:ハタラクティブ

ハタラクティブはフリーター・第二新卒・既卒含む10代〜20代を主な利用者層とした転職支援サービスです。

経歴や学歴よりも人柄重視の採用を積極的に行っている企業の求人が豊富で、転職者個人とのミスマッチを最小限に抑えることに注力しているため、転職が2回目の人にとっても次こそは満足のいく企業への就職を果たすことにも期待できます。

未経験者歓迎の求人を多数保有しているため、キャリアチェンジのための転職を目指す人にもおすすめです。

「ハタラクティブの口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

ハタラクティブはやばい?サポートは最悪?本当の評判を徹底調査しました!

手厚いサポートで20代をサポートしているハタラクティブですが、評判を見てみると、「やばい」「やばい」といった悪いものがあるようです。ハタラクティブが本当に「やばい」「最悪」なのかを探っていき、本当の評判やメリット・デメリットに関して解説しています。

「ワークポート」 | IT・Web業界に強い!キャリアチェンジを希望する20代必見!

出典:ワークポート

ワークポートは20代〜30代を主なターゲットとした転職エージェントです。

最も20代の割合が多く、社会人若手層向けに様々な業種の求人を保有する中でも、特にIT・ゲーム業界におけるエンジニアなどの専門職や営業職の求人に強いことも特徴のひとつ。

未経験業界や職種への転職を希望する転職者に対しても積極的に転職支援を行っているため、転職2回目でキャリアチャンジしたいおもいが強い人は相談してみることをおすすめします。

エンジニアに興味のある方はワークポートが運営するエンジニアスクール「みんスク」をチェックしてみてください。

「エンライトハウス」 | 転職先とのミスマッチを解消!【口コミ・評判のプラットフォーム】

出典:エンライトハウス

エンライトハウスは人材紹介サービスを手掛ける「エン・ジャパン」が運営している口コミ・評判のプラットフォームです。

全国50万社以上の口コミ・評判が掲載されていて、その数は1,400万件を超えています。

年間5000万のユーザーが利用する企業の口コミ・評判プラットフォームなので、掲載されている情報の信憑性は高いです。

また、エンライトハウスでは会社の評価が分かりやすく把握できるように、数字で見える化されています。5点満点で評価されていて、項目別の評価も数字で確認することが可能です。

エンライトハウスは無料で利用できるので、企業の情報収集におすすめのサービスになります。

「OpenWork」|口コミ1,300万件!働くイメージを持ちやすい情報が満載!

出典:OpenWork

OpenWorkは、約1300万件もの現社員・元社員の口コミを掲載している転職口コミサイトです。

あわせて、年収や労働環境実態、福利厚生、社風、業績などといった就職・転職者が転職先を検討する中で気になる情報をデータ化しています。

各企業の特性やバランスを把握することで、就職・転職先企業とのミスマッチを防ぐことに役立てることが可能です。

初めての就職で企業とのソリがあわず、2回目の転職先企業とのミスマッチは防ぎたいという思いが強い人に適した口コミサイトのひとつです。

サイト内では、求人応募型の転職サイト同様に求人掲載もしているため、気になる求人があれば口コミを確認のうえ、応募することもおすすめです。

転職エージェントを有効的に活用するためのコツ&注意点とは

20代で2回目の転職を迎える人が望まない3回目の転職を迎えることがないようにするためにも、転職エージェントの利用をおすすめしますが、有効的に活用するためには下記の通りコツ&注意点があります。

  • 転職エージェントは複数サービスを併用する
  • 転職口コミサイトでも情報収集する
  • キャリアアドバイザーとの連絡を疎かにしない
  • 同じ求人に応募しない
  • サポートの優先度を下げられないよう、転職までの期間目安は3ヶ月と伝える

ひとつひとつ詳しくお伝えしていきたいと思います。

参考2回目の転職は厳しい?20代・30代に対する採用担当者の本音とチェックポイントを解説

転職エージェントは複数サービスを併用する

転職エージェントを利用する際は複数サービスを併用する使い方がおすすめです。

転職エージェントを複数併用するメリットとしては主に下記の通りです。

  • 求人の幅とともに可能性が広がるため

  • 比較対象があることでサービスや担当者との相性を確かめやすいため

  • 多様な視点を転職活動に取り入れられるため

複数社を同時に利用し、良いとこどりな使い方をし続けることはもちろん、複数社併用して利用することから始めて、徐々に相性の良い転職エージェントへと利用を絞り込んでいくこともおすすめです。

転職口コミサイトでも情報収集する

転職エージェントでは企業宛に、求める人物像や労働条件、企業風土などの情報を細やかに収集しており、転職エージェントを利用する求職者は企業情報を入手しやすい環境にあります。

しかし、転職エージェントと取引企業はあくまでもビジネス関係であり、求職者にネガティブな印象をもたらすネガティブ要素のある情報は伏せている可能性がないとは言い切れません。

よって求職者自らが情報収集を行い、企業のメリット・デメリットに関する情報を多角的な視点で把握し、希望条件や適正を自分で判断することも大切です

転職エージェント頼みにせず、社員や元社員からの口コミを収集した転職口コミサイトを併用し、応募する企業選びに役立てるようにしましょう。

キャリアアドバイザーとの連絡を疎かにしない

転職エージェントを上手く活用するための鍵となるのがキャリアアドバイザーとのコミュニケーションです。

また、今後においても転職を希望しているにも関わらず、登録後のキャリアアドバイザーから来るメールや電話の対応を疎かにしていると、転職サポートの優先度を下げられてしまいます。

転職エージェントは求人を紹介した転職者が内定を獲得した場合に企業から人材紹介報酬を受け取ることで成り立つビジネスです。

キャリアアドバイザーには各者内定獲得ノルマが課せられており、同時にサポートを担当する求職者は複数名いるため、サポートする求職者に優先順位をつけることは致し方ありません。

よって、真剣に転職を成功させたい人はコンスタントに担当キャリアアドバイザーと連絡をとり転職への熱意が伝わるコミュニケーションを実践してください。

参考​​20代の2回目の転職は不利!不利にしない転職理由とポイント5つ

同じ求人に応募しない

転職エージェント含めた転職サイト全般の利用にあたり、共通して気をつけるべきであるのが「複数サービスから同じ求人に重複して応募しない」ということです。

例え故意でなくとも求人紹介を受けた転職エージェントや応募企業との信頼関係を損ねてしまったり、混乱を招く可能性があるため、くれぐれも注意してください。

応募した企業については、リスト化するなどで自己管理を工夫するようにしましょう

サポートの優先度を下げられないよう、転職までの期間目安は3ヶ月と伝える

多くの転職エージェントではサポート期間を3ヶ月と定めています。

転職を希望する時期が未定であったり、3ヶ月以上先である場合はサポートの優先度を下げられてしまう可能性が高いため、転職までの期間目安は3ヶ月と伝えておくことも転職活動を有効的に活用するためのポイント。

基本的に転職エージェントを利用するタイミングとしては転職希望のタイミングの約3ヶ月前がおすすめです。

20代で2回目の転職を迎えるにあたってこんな人は要注意!

20代で2回目の転職を考えている人の中で、下記に心当たりがある人は転職に苦戦を強いられる可能性があるため改善する必要があります。

  • 勢いで行動してしまうタイプの人
  • 仕事選びにおいてこだわり(軸)がない人
  • 仕事や会社に求めることが多すぎる人
  • 自分をよく知らない人・知ろうとしない人
  • 情報収集不足・勉強不足の人
  • 短期間で転職をしている人

参考20代で2回目の転職は不利になる?2回目の転職を不利にしないポイント

勢いで行動してしまうタイプの人

1度目の転職を勢いで行ってしまったことに心当たりがある人も中にはいることでしょう。

前回の転職にあたって、とにかく転職することをゴールとして転職先を決めてはいませんか?

勢いで行動してしまいやすいタイプであると自覚している人や、今すぐにも転職したいほど追い込まれている状況の人こそ、転職先を早く決めたい一心で過程を疎かにしてしまう可能性が高まります。

3回目の転職に臨むことがないように、物事を順序立て転職を重ねてしまう原因としっかり向き合ったうえで計画性をもって転職活動を進めるようにしてください。

仕事選びにおいてこだわり(軸)がない人

転職先を検討するにあたって明確な軸の定めなく、なんとなく感覚的に決めてしまっている人は転職回数が2回目どころか、3回目・4回目と繰り返してしまう可能性が非常に高い危険性があります。

加えて、仕事選びへのこだわりがなければ採用側にも見抜かれてしまい、選考を突破することも苦戦を強いられることでしょう。

転職先を決めるに際しては、転職目的と適性を踏まえたうえで譲れない条件を必ず定めるようにし、情報収集のうえで極力転職後のミスマッチを防ぐべきです。

参考23歳、27歳、32歳、合計3回の転職経験で得たもの、失ったものとは?

仕事や会社に求めることが多すぎる人

20代にして早くも2回目の転職を検討している方の中で勤務先に求める条件が多すぎたり、仕事内容へのこだわりが強すぎる人は要注意です。

2回目の転職は1回目の転職よりもただでさえハードルが上がるうえに、求めることが多すぎると転職できる可能性を狭めてしまったり、本来転職者自身と相性が良い求人を逃してしまうことが十分考えられます。

加えて、例え2回目でも転職先が決まったとしても理想と現実とのギャップによりまた転職を繰り返してしまう可能性を高めてしまうことでしょう。

転職先における希望の条件が多数ある場合には、必ず優先順位を付けたうえでこれまでの転職経験の中での反省点を活かして転職先を定めるようにしてください。

自分をよく知らない人・知ろうとしない人

転職活動において大切と言われていることの1つに「自己分析」があがりますが、自己分析は選考に通過することがただ目的なのではなく、自分自身を知ることで就職先・転職先とのミスマッチをなくすことが最もな目的です。

よって自分自身を良く知ろうとしなかったり、これまでを振り返ることなく転職することがただ目的となってしまっている人は例え20代で2回目の転職が決まったとしてもまた同じ繰り返しになってしまう可能性が高いと言えます。

20代が転職成功させるポイント「自己分析」

20代が転職成功させるポイント「自己分析」

「なぜ転職したいのか」「転職したい理由は次の職場で解決できそうかどうか」「自分と相性の良い仕事や職場環境とはなにか」など深堀りしていく中で自分の個性や仕事への考え方、向き・不向きについて向き合うことが大切です。

情報収集不足・勉強不足の人

業界研究や企業研究における爪が甘いと、選考であらゆる角度からの質問を受ける中で採用側に勉強不足であることを見抜かれてしまうものです。

知らないことが悪いのではなく、知ろうとしていない姿勢が評価を下げてしまいます。

ポテンシャルに期待してもらえる傾向にある20代だからこそ、本来は熱意をアピールすることが非常に大切です。

加えて、転職が2回目の転職者にとって転職先に関する情報を知ることは、望まない3回目の転職を予防することにも繋がります。

参考転職2回目の20代や30代必見!転職のコツを体験談を元にご紹介

短期間で転職をしている人

入社してからまもない期間で転職をしている人は、採用側にネガティブな印象を持たせてしまう可能性が高いことが懸念されます。

なぜ転職を繰り返しているのかについては選考の場でも触れられる可能性が高く、回答の方向性としては主に下記2パターンとなることでしょう。

  • 計画的かつ前向きな転職であることを伝える
  • 転職を失敗してしまったことを正直に伝える

短期間で転職を繰り返しているケースでは後者に当たる人が多いことでしょう。

よって、本気で転職をするのであれば就職や1回目の転職が思うようにいかなかった原因を考え、2回目の転職に活かす他ありません。

なぜ転職を繰り返しているのかについては選考の場でも触れられる可能性が高いです。

「なぜ」「失敗から得たもの・得るべきもの」について事前に分析したうえで、選考の場では自分を大きく見せることなく素直に伝えることが大切です。

不採用になる人の特徴

ポイント特徴

  • マナーが悪い
  • 表情が暗い
  • 準備不足

面接でのマナー不足、暗い表情、準備不足が不採用につながる理由は、これらが職場適応力やコミュニケーションスキルの不足を示唆し、採用担当者が信頼性や専念度に疑念を抱くからです。これらはプロフェッショナリズムや真剣度を示す要素であり、求められるスキルや態度との不一致があれば、候補者は不利な判断を受ける可能性が高まります。
以上の事から、良好な印象を与え、求められる資質と一致させることが面接採用成功の鍵となります。

参考転職2回目は20代にとって不利?内定をもらうための対策法を解説

まとめ

この記事では、20代で2回目の転職をすることについて詳しくお伝えしました。

2回目の転職であれば希望通りに転職することは可能ですが、新卒で入社するときや1回目の転職活動と比較すると、難易度が高くなります。20代で2回目の転職が難しい理由としては「早期退職・実績がない・仕事に対する意欲の低さ」が挙げられます。

ただし、「転職したい」という気持ちを無理に我慢することはおすすめしません。

「1年以上勤務する・同じ業界を希望する」などのコツを抑えれば、転職することが可能です。

この記事でお伝えした内容を参考にし、2回目の転職を成功させてください。

20代で転職2回目の場合は失敗しやすい?

20代で転職2回目の場合、失敗しやすい要因がいくつか考えられます。転職が多いこと自体は悪いことではないですが、2回目の転職は特に慎重に考える必要があります。まず、20代という比較的若い年齢での転職2回目は、慣れないうちは新しい職場や業界に適応するのが大変であることが挙げられます。新しい環境に慣れるまでに時間がかかり、また、転職した先で自分の才能や能力を発揮するまでにも時間がかかることがあります。

もうひとつの要因は、過去の転職経験から考えると、自分のキャリアに迷いを感じることが増えてしまう可能性があることです。2回の転職がうまくいかなかった経験から、次の職場選びに対して不安や疑念を抱くことがあります。このような心理的な影響が転機となり、2回目の転職が失敗するリスクを高める可能性があります。

さらに、20代で早期に転職を繰り返すと、キャリアの安定性を求める企業からの評価が下がる可能性も考えられます。企業側から見ると、2回目の転職の時点で候補者の安定性に疑念を持つこともあり、他の候補者より不利な立場になるかもしれません。

これらの要因から、20代での2回目の転職は失敗しやすいと言えるでしょう。しかし、それとともにこれまでの転職経験を活かし、失敗した点を振り返り、次の転職先の選択や職場での対応に生かすことが重要です。挫折から学ぶことを忘れず、前向きな姿勢を持つことが、2回目の転職を成功させる鍵となるでしょう。

注意

20代で転職2回目の場合、失敗しやすい理由を考える際には、個人の環境や経験によって異なることを忘れずにください。一般的な傾向を示すものであり、必ずしも当てはまるとは限りません。自分の状況に合わせて冷静に判断することが大切です。

参考: 2回目の転職は厳しい?20・30代が成功させるポイントや注意点を解説

page top