著者:マネたま転職研究所 2022年12月8日更新

カテゴリー20代おすすめ転職エージェント

20代で公務員を辞めたいと思う理由とは?民間企業に転職するメリットを解説

アップロード日2022/11/02

マネたま転職編集部

公務員は民間企業よりも安定している特徴があり、社会的な信用を得られます。新卒で公務員になることを目指して勉学に励んだ方は多いと思いますが、「公務員を辞めたい」「20代で公務員は辞めない方が良い?」などと悩まれることがあるのではないでしょうか。

この記事では、20代で公務員を辞めることについて詳しく解説します。

20代で公務員を辞めたいと思う理由や民間企業に転職するメリットなどをご紹介しているので、公務員を辞めたいと思っている方はぜひ最後までご覧ください。

参考公務員を辞める人の特徴は?退職はもったいない?転職活動のコツもご紹介

まずは「第二新卒エージェント」に登録して転職可能性を探ろう!

20代で公務員を辞めたいと感じている場合、まずは転職できる可能性を探ることが大切です。
転職活動をすることで、実際に転職できるのか?を知ることができます。

20代の転職支援に強いおすすめ転職エージェント「第二新卒エージェント」はすべて無料でサポートしてくれます。

今すぐ第二新卒エージェントに無料登録して転職相談をしてみることをおすすめします。

第二新卒エージェントでは、オンラインでもキャリア面談を実施しているので予定も調整しやすいです。

20代で公務員は辞めない方が良い?

20代で公務員を辞めたいと思っている方は、「辞めても良いのかな?」という悩みを抱えると思います。結論からお伝えすると、辞めたいと思いながら働き続けることはおすすめしないです。

仕事は生活するうえで多くの時間を占めるため、辞めたいと思いながら働き続けることはプライベートにも影響を及ぼし、精神的な負担も大きくなります。

また、30代以降になれば民間企業への転職難易度が高くなり、より公務員を辞めづらくなります。20代であれば「若い人材」として転職活動を行えるので、民間企業への転職難易度がそれほど高くなりません。20代で公務員を辞めることに悩んでいる方は、民間企業へ転職するメリット・デメリットから判断してみることをおすすめします。

20代で公務員を辞めたいと思う理由

公務員から民間企業へ転職する場合は、「なぜ、公務員を辞めたいと思ったのか」ということを把握することが大切です。

20代で公務員を辞めたいと思う理由をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

参考 公務員を辞める人の特徴【転職者のアドバイスあり】

仕事にやりがいを感じられない

基本的に公務員の仕事は変化がなく、毎日同じことの繰り返しが多くなります。

「変化のない安定した仕事」と考えることもできるのですが、仕事に対するやりがいは感じにくいです。

仕事に対するやりがいを感じられないと、高いモチベーションを維持することができず、公務員を辞めたいと思うようになります。

また、公務員になったばかりの20代では大きな仕事を任せられることはなく、誰でもできるデスクワークがメインです。

誰でもできるデスクワークにやりがいを感じることは難しく、仕事にやりがいを求めて公務員を辞める方は多いです。

仕事を続けるうえで、やりがいがあるかどうかはモチベーションに繋がるため非常に大事なことじゃ。

参考【経験者が語る】20代で公務員を辞めたいなら今すぐ行動すべき理由

想像していた働き方と現実とのギャップに苦しんだ

『公務員=定時退社、残業が少ない』ことをイメージする人も多いかもしれませんが、公務員も一般企業に勤めるサラリーマンと同じく職種や配属先によって仕事の忙しさや労働実態に大きく差があります

実態はともかく一般企業は労働基準法の適用対象となる一方で、国家公務員は原則労働基準法の対象外であり、地方公務員においても一部内容のみしか対象となりません。

よって残業代や休日出勤などの時間外手当については国や地方公共団体などの行政機関に請求したりと大がかりかつ柔軟性に乏しいこともあり、悪化している待遇の改善は、いち小さな組織の力のみでは難しいというのが現状です。

これはワークライフバランスを仕事をするうえで最優先としてしまうと現実とのギャップに苦しむ可能性があるため、他に公務員として仕事をする目的意識をもっておく方がベターと言えます。

他にやりたい仕事ができた

公務員を辞めたいと思う20代の中には、「本当にやりたいこと」「挑戦したいこと」ができたことが理由である人も珍しくないことでしょう。

社会にでてさまざまな人や物事との出会いにより様々な価値観に触れる中で、今の仕事以上にやりたいこと、夢や目標が出てくることがあることは肯定的に捉えるべき

新しいことを始めるなら若いことに越したことがないため、前向きに新しい道への一歩を踏み出すことができれば何よりと言えます。

本気でやりたいことがあるなら、
後々年齢を気にしてやらずに後悔するより1日も早く行動するべきです!

参考【若手〜中堅】公務員を辞める人は早い方がメリットあります

給料が低い

公務員の給料は安定していて、平均年収は600万円〜650万円と言われています。

民間企業の平均年収は400万円〜450万円と言われているので、公務員の平均年収は高いです。

しかし、20代の公務員の平均年収は300万円〜400万円で、それ以上になることはありません。

公務員は勤続年数によって給料が上がるため、20代のうちは「給料が低い」と感じることが多く、辞めたいと思うようになります。

給料の高い民間企業で働いている20代であれば、年収1,000万円以上を目指すことが可能です。

仕事をするうえで「給料」を重要視する方は、公務員よりも民間企業が向いています。

人間関係を築きにくい

公務員は年齢や勤続年数に応じて役職・給料が決まる「年功序列制度」が強く残っています。

令和3年国家公務員給与等実態調査の結果概要」によると、公務員の平均年齢は40歳以上になっていて、20代で良好な人間関係を築くことが難しいです。

職場での人間関係が上手くいかないことは、公務員を辞めたいと思う1つの理由として挙げられます。

また、年功序列制度以外にも「紙ベースでのやり取り」「ITを活用しない」などの古い習慣が残っています。古い習慣に嫌気が刺し、公務員を辞めたいと思う20代も多いです。

世間から冷たい目で見られる

公務員の給料は国や地方自治体から支払われているため、世間から冷たい目で見られることが多いです。

「税金で給料をもらっているくせに、楽な仕事だな」「税金分ぐらいはしっかりと働いてくれよ」など世間からバッシングを受けることが多く、公務員を辞めたいと思うことになります。

特に、20代のうちは周りからバッシングを受けることが多く、精神的な負担も大きいです。

古い組織風土との相性が悪い

公務員とひと括りに言っても、職業の種類はポジションは多岐にわたりますが行政組織であるからには法律を遵守した行動が仕事の遂行において基盤となっていることが共通してあげられます

実際、何かと仕事を遂行するうえでも、風習や形式にとらわれていて「なにかと古い」と感じている人は多いようです。

20代で公務員を辞めるメリット

20代で公務員を辞めたいと思っている方は、公務員を辞めるメリットを把握することが大切です。

20代で公務員を辞めるメリットが魅力的に感じた場合は、民間企業へ転職した方が生活が充実する可能性が高くなります。

では、20代で公務員を辞めるメリットをご紹介します。

 せっかく公務員試験に合格して就職した仕事を辞めて、得られるものはどんなことがあるのだろうか?

参考【経験談】20代で公務員を辞めたい←早めに決断すべき【やめてよかった】

20代で公務員を辞めるメリット

  • 結果に見合った給料が支給される
  • 将来的に高収入を見込める
  • 仕事に対するやりがいを感じやすくなる
  • 市場価値を高められる
  • 興味のある仕事に就ける
  • 働き方の選択肢を得られる
  • 副業規制からの解放

結果に見合った給料が支給される

20代で公務員を辞める最大のメリットは、結果に見合った給料が支払われることです。

上記でお伝えした通り、公務員は年功序列制度が強く残っているため、どれだけ結果を残しても給料が上がることはありません。

しかし、年功序列制度のない民間企業へ転職すると、結果に応じて給料や役職が決まり、20代で年収1,000万円以上を目指すことが可能です。

特に、結果が重要視される「営業職」などであれば、公務員よりも高い給料を得られます。

しかし、全ての民間企業が結果に見合った給料を支払っているわけではありません。

民間企業でも年功序列制度を設けている企業は日本ではまだまだ多い点には注意です。

将来的に高収入を見込める

公務員から民間企業への転職は簡単ではありませんが、転職することで将来的に高収入を見込めます。

先にお伝えした通り、民間企業の場合、スキルや結果に見合った給与やインセンティブが支給されるされるケースが珍しくないことも理由の一つ。

同じ会社員でも市場価値の高い人材になるためにブラッシュアップする行動力と計画性があれば、実力に見合った高い給与を得られる可能性は大いになります。

20代という若さを武器に転職して高年収を目指すのであれば、行動あるのみです。

また、企業選びを慎重に行うようにリサーチをしっかり行いましょう。

仕事に対するやりがいを感じやすくなる

民間企業は「利益」を追求して仕事をするため、やりがいを感じやすいです。

例えば、公務員から営業職に転職すると、自分の営業により数千万円の利益を生み出せるかもしれません。

自分の力で数千万円の利益を生み出せると、大きなやりがいを感じられます。

営業職に限らず、民間企業に転職すると公務員よりもやりがいを感じやすいです。

また、20代でもしっかりと活躍することができ、大きな仕事を任せられるケースも少なくありません。仕事に対するやりがいを感じられることは、20代で公務員を辞める大きなメリットです。

市場価値を高められる

公務員の仕事は専門性が低く誰でもできる内容の業務が多いため、市場価値が低いです。

そのため20代で公務員を辞めて民間企業へ転職することで、市場価値を高められます。

「市場価値を高めるメリットはある?」と思われるかもしれませんが、さまざまなメリットが生じます。市場価値を高めるメリットは下記の通りです。

  • 簡単に希望通り転職できる
  • 独立できる
  • 会社に欠かせない存在になる
  • 給料が高くなる など

公務員を辞めて市場価値を高めておくことで、万が一のことがあっても職を失うことはありません。

特に、20代から民間企業で経験を積んでいると、40代〜50代で周り以上の市場価値を得られている可能性が高いです。

興味のある仕事に就ける

20代で公務員を辞めることで、興味のある仕事に就くことができます。

このメリットは公務員を20代であるからこそ辞めることで得られるメリットになり、30代以降になってしまうと自由に転職先を選べるほど難易度が低くありません。

転職市場において「20代」は若い人材になり、未経験でも採用している企業が多いです。

また、興味のある仕事に就くことで仕事に対して高いモチベーションを維持できます

高いモチベーションを維持することで、仕事で結果を残しやすくなり、プライベートも充実しやすいです。20代で公務員を辞めるときは、興味のある仕事に転職することをおすすめします。

働き方の選択肢を得られる

公務員の仕事を遂行するためには、市区町村などの特定の行政に出勤せざるえないことが一般的ですが、転職することで働き方を重視し自ら選択することが可能です。

特に、最近ではフレックス制度を取り入れたり、リモートワークが浸透している会社も多く、働く人のライフスタイルに合った働き方が実現できる環境が整いつつある企業が増えています。

特に、最近ではフレックス制度を取り入れたり、リモートワークが浸透している会社も多く、働く人のライフスタイルに合った働き方が実現できる環境が整いつつある企業が増えています。

プライベートを充実させるためにはライフワークバランスも大切ですが、人それぞれの生活リズムやライフステージに沿った働き方ができることで一層気持ちの余裕に繋がることも転職することにより期待できるポイントです。

副業規制からの解放

公務員を辞めて勤めた先によっては副業を行うことが可能となります。

公務員は営利を目的とした副業が禁止されていることから、収入の補填やスキルアップのために副業を始めたくとも始められない立場にあるのです。

公務員の副業事情について詳しいことは「公務員は副業ができる?規定と解禁の動きについて」をご参考ください!

そんな時代に逆行した働き方が強いられる縛りがなくなることは大きなメリットと言えます。

まずは「第二新卒エージェント」に登録して転職可能性を探ろう!

20代で公務員を辞めたいと考えている場合、今すぐ転職活動をしてみることがおすすめです。
転職活動をすることで、実際にどのような条件で転職できるのか?を知ることができます。

20代の転職支援に強いおすすめ転職エージェント「第二新卒エージェント」はすべて無料でサポートしてくれます。

今すぐ第二新卒エージェントに無料登録して転職相談をしてみることをおすすめします。

第二新卒エージェントでは、オンラインでもキャリア面談を実施しているので予定も調整しやすいです。

20代で公務員を辞めるデメリット

20代で公務員を辞めるメリットをお伝えしましたが、デメリットもあります。

「公務員を続けていればよかった…」と後悔することがないように、上記でお伝えしたメリットと比較してデメリットを参考にしてみてください。

参考【経験者が語る】20代で公務員を辞めたいなら今すぐ行動すべき理由

20代で公務員を辞めるデメリット

  • リストラの可能性が考えられる
  • 社会的信用が低くなる
  • ワークライフバランスが保ちにくくなる
  • 転勤の可能性が高まる
  • 公務員をいったん辞めても公務員として戻ってこれる保証はない

リストラの可能性が考えられる

民間企業の人件費は会社の売り上げの中から捻出されているため、社員の給料や待遇はその年の売り上げによって左右されます。

大きく売り上げを落とした年は、人件費を削減しなくてはいけない状況になり、リストラされる可能性が考えられます。

このように会社の売り上げによって給料・待遇が決まることやリストラされる可能性があることは、公務員を辞めるデメリットです。

公務員でリストラされることはほとんどなく、給料においても安定しています。

働くうえでの「安定」を重要視する方は、公務員を辞めないことをおすすめします。

リストラを恐れる程度であれば、公務員を辞めるに値しないであろう。

参考20代で公務員を辞めたい→早く辞めよう【実体験】

社会的信用が低くなる

公務員は世間から冷たい目で見られることがありますが、社会的信用は高いです。

公務員の社会的信用が高い理由は下記の通りです。

  • 収入が安定している
  • 身分が保障されている
  • 良いイメージが定着している など

社会的信用が高い公務員を辞めることで、自ずと社会的信用は低くなります。民間企業の中でも社会的信用の高い職業はありますが、公務員と比較すると低くなる可能性が高いです。

20代で辞めることを検討している方は、公務員のうちに住宅ローンやクレジットカードの審査を受けておくことをおすすめします。

参考20代で公務員を辞めたい場合のその後のキャリアは?

ワークライフバランスが保ちにくくなる

基本的に公務員は週休二日で、土日祝が休日です。しかし、個人向けにサービスを提供している民間企業の場合は土日祝は働くことになり、ワークライフバランスが保ちにくくなります。

特に、家庭のある方は土日祝が休日の公務員の方がワークライフバランスを保ちやすいです。

また、公務員は民間企業よりも「福利厚生」が手厚くなっています。20代で公務員を辞めて民間企業に転職する場合は、事前に福利厚生が手薄くなることは把握しておくべきです。

たしかに、公務員ならではの恵まれた待遇が一般企業ではなくなることによる喪失感を感じてしまいそうだ。
ないものでだりだと割り切ることが大切ですね。

転勤の可能性が高まる

公務員の場合は特定のエリア内で勤務することが一般的ですが、全国・海外展開の民間企業へ転職となると、特定のエリア内で必ずしも勤務できる確率は低い点も人によってはデメリットと感じられることでしょう。

よって働くエリアなどの環境における条件よりも仕事への意欲を転職先で活かしたい気持ちが強い人の方が公務員から民間企業への転職が向いていると言えます。

参考20代だけど公務員を辞めたい!民間企業のメリットと転職のポイント

転職先での仕事が向いているとは限らない

公務員を辞めて民間企業に転職できたとしても、転職先企業での仕事が向いているとは限らないことが大きなリスクであり、結果デメリットとなってしまう可能性があります。

転職先企業との相性については、例え民間企業間での転職でも実際に入社してみないと見えてこないというところです。

しかし、民間企業から他社に転勤するケースとは違い、民間企業での仕事経験がないことから自分の向き・不向きを経験値にもとづき判断しづらいことが公務員から民間企業への転職ではハンディーとなってしまうと言えます。

公務員をいったん辞めても公務員として戻ってこれる保証はない

公務員をいったん辞めて転職しても、公務員に出戻りする事は組織の仕組み上は可能とされています。

しかし、一般企業とのように選考を通過し採用されるケースは希少であり、原則は再度公務員試験を受け合格しなければなりません。

1度退職した理由にもよりますが、1度退職した人が再採用されるハードルは非常に高いとされています。

実務や知識の面では経験者であるがゆえにリードしていても、出戻りすることになった理由に説得力と熱意を感じさせることができなければ良い結果には結びつかない確率が高いということを自覚して、再出発しましょう。

公務員試験に1度合格し実務経験があるからと言って出戻りを歓迎するほど甘くはないため、出戻りをも想定している状況下での転職することはおすすめできません。

参考20代で公務員を辞めたい→早く辞めよう【実体験】

民間企業や転職先との相性が良いかがわからない

公務員の風土や働き方に不満やミスマッチを感じており、20代で公務員を辞めて民間企業に転職したとしても、転職先や民間企業での働き方そのものとの相性が良いかはわかりません。

公務員の仕事以上に転職先での仕事が思っていた以上に合わないということもリスクとして覚悟のうえで、できることを十分に行った上で転職する気持ちが大切です。

公務員だけに限った話しではありませんが、1度民間企業で働いた経験がある人とない人とでは、経験の有無という点で感覚がどうしても違ってしまうのは致し方ありません。

よって転職先として視野に入れている業界・職種・企業については選考対策はもちろん、徹底的に情報収集する意気込みで臨むようにしてください。

公務員を辞めてしまいがちな人の特徴

公務員を辞めてしまう人の多くには下記のような共通点があります。

公務員を辞める人の共通点

・野心家
・周囲との競争意識が高い人
・好奇心が旺盛

「現状維持=安定」ではなく「現状維持≠不安定」という考え方をする人にとっては、公務員の仕事に物足りなさを感じてしまう人が多いようです。

以下では、公務員を辞めてしまう人によくある理由・原因について詳しくご紹介します。

20代で公務員を辞めたければ躊躇しなくてもよい理由

何かしらの理由で20代で早くも公務員を辞めたいとなった場合には、辞めることをさほど躊躇する必要はありません

むしろキャリアチェンジするなら早いに越したことがなく、早く辞めるべきとも言えます。

具体的に20代で公務員を辞めたければ辞めてもよいと言える理由は下記の通りです。

20代で公務員を辞めたければ辞めてもよい理由

  • 若ければ若いほど転職における選択肢が多く、実現性が高い
  • 年次が上がれば上がるほど環境の変化を好まなくなる 

参考【実体験あり】公務員を20代で辞めたい!あなたが辞めるべきか徹底検証【辞めたら毎日最高】

若ければ若いほど転職における選択肢が多く、実現性が高い

20代で公務員を辞めることを躊躇しなくても良いと考えるべき1つめの理由としては「若ければ若いほど仕事における選択肢は多い」ことがあげられます。

公務員を辞めたいというおもいが一時的なものでないのであればキャリアチェンジをするタイミングが早いことに越したことはありません。

特に20代で公務員を辞めて転職を希望する人の多くが一般企業で正社員として勤めた経験がないことでしょう。

何事も経験してみなければわからないため、公務員の仕事を退職する前に同時進行で転職活動に臨んでみてください。

仕事における向き・不向きは自分の特性を踏まえるだけでなく、実際に取り組んでみてはじめてわかることもあります。

20代であれば実力よりもポテンシャルに期待した採用を積極的に行ってくれる企業も多いため、転職するのでれば早めに行動に移していきましょう。

年次が上がれば上がるほど環境の変化を好まなくなる

20代で公務員を辞めることを躊躇しなくても良いと考えるべき2つめの理由としては、「年次が上がれば上がるほど変化を好まず、チャレンジをしなくなってしまう傾向にある」ことがあげられます。

20代には仕事においても数々の選択肢と可能性があると捉えるべきであり、個人差はありながらも人間は年齢と共に変化を恐れていく生き物です。

「あの時転職しておけばよかった…」「やりたいことをやっておけばよかった…」「今から新しい環境に飛び込む勇気がない…」などと後悔することがよぎるのであれば、20代のうちに公務員を辞めて新たな道に前向きに挑戦することをおすすめします。

公務員から希望する仕事に転職するコツ

公務員から希望する仕事に転職することは簡単なことではなく、いくつか抑えておきたいコツがあります。公務員からの転職を成功させるコツをいくつかご紹介します。

年齢が若いうちに転職活動を始める

20代で公務員を辞めたいと思っている方は、1日でも早く転職活動を始めるべきです。

一般的に転職市場において新卒から3年以内の人材は「第二新卒」という扱いになり、希望通りに転職しやすい特徴があります。

20代のうちは「第二新卒」という扱いをしている企業もあるため、1日でも早く転職活動を始めることが大切です。

しかし、公務員は辞めないように注意してください。人それぞれ転職先が決まるまでの期間が異なるため、内定をもらってから公務員を辞めることをおすすめします。

転職するなら早い方が良いということは公務員に限った話しではない。
できることなら、現職との同時併行で転職活動に挑戦してみてください。

参考公務員を辞めたい20代が今すぐ辞めるべき理由3選【辞めてOK】

具体的なスキル・実績をアピールする

中途採用している企業では、少しでも即戦力で働ける人材を好みます。

そのため20代での転職を成功させるには、具体的なスキル・実績をアピールすることが大切です。「どんなスキルをアピールすれば良い?」と悩まれるかもしれませんが、アピールする内容は転職先で通じるスキル・実績を考えてみてください。

例えば、事務職への転職を希望するのであれば、公務員の中で培ったパソコンスキルをアピールすることが効果的です。もし、アピールできるスキル・実績が思いつかない場合は、転職先で役立つ資格の取得をおすすめします。

利益を追求する姿勢を見せる

公民は業務を通して利益を追求しないケースが多く、その点を企業側は気にします。

そのため利益を追求する姿勢を見せることが大切です。

転職の面接時に「公務員と民間企業の違い」と「業務を通して利益を追求すること」を伝えられれば、企業側の懸念点は解決できます。

公務員から希望通りに転職するには「自社に有益な人材」と思わせることが大切です。

転職理由をネガティブに伝えない

公務員から民間企業への転職で気をつけたいことのひとつが転職理由の伝え方です。

転職理由として伝える内容は、公務員の仕事を否定するかのようなネガティブな言葉選びをせず、民間企業や応募した企業で実現したいことや将来ありたい姿など前向きな内容と結びつけて伝えるようにしましょう。

同じ選考の場に臨んでいる民間企業からの転職者と肩を並べて挑めるように、説得力かつ前向きな内容を自分の言葉で伝えられるよう準備をしたうえで臨んでください。

公共関連の求人に注目する

公務員から民間企業への転職は民間企業から民間企業への転職よりもハードルが高いとされています。

そんな中、民間企業への転職を成功させる近道としては、「公共関連の求人に注目すること」もひとつです。

現場の実態を把握している公務員を公共関連のサービスを手がける企業が雇うことは雇用側にとってメリットであり、前職と関連づけた退職理由や志望動機を伝えやすく、説得力をもたしやすいことが公務員経験のある転職者のメリットとしてあげられます。

公務員から一般企業に転職するなら「転職エージェント」を活用しよう!

公務員を辞めたいけれど、外で通用するスキルがなくて転職する自信がない20代におすすめなのが「転職エージェント」の活用です。

一度安定を手にした公務員から一般企業に転職するのは実際かなり勇気のいることだと思います。

「本当に転職できるのか」「転職して後悔しないか」などと様々な不安を覚えるのも無理ありません。

とはいえ、まだ20代でありキャリアの方向転換を行うことは決して無謀なことではなく前向きに行動に移していくべきです。

転職成功を実現できる確率をアップすべく、以降ではおすすめの転職エージェントをご紹介します

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界No. 1の求人数を保有する大手総合型の転職エージェントです。

世代や業種問わず幅広い利用者に向けた求人を保有しており、転職実績も圧倒的に豊富であることが魅力。

業界大手リクルートエージェントのネットワークを活かした情報力と長きに渡って培った転職ノウハウで転職者を力強くサポートしてくれます。

「リクルートエージェントの口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

【やばい?】リクルートエージェントの口コミ・評判は悪い?メリットとデメリット徹底解説

リクルートエージェントの良い評判・口コミや悪い評判や口コミが生まれる原因から、メリットやデメリットまで徹底解説しています。

doda

出典:doda

dodaはリクルートエージェントの次に求人規模の大きい大手総合型転職エージェントです。

あらゆるタイプの求人を幅広く取り扱う中でも、最近では特にIT・Web業界の求人に強いことも特徴のひとつ。

また、dodaでは個別転職支援を行う転職エージェントの役割の他、転職求人サイトやスカウト制サービスも兼ね備えているため、自分の転職活動スタイルやタイミングにに合った転職サービスを使い分ける柔軟性の高さも魅力です。

サイト上のツールやコラムなどのコンテンツも充実しており、無料転職セミナーを定期的に開催しているため一般企業で勤めた経験のない公務員の人が転職のヒントを得られる環境が整っています。

「dodaエージェントの口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

dodaエージェントの評判はひどい?ホントの評判を徹底検証します!

dodaエージェントのサービスや特徴の紹介と合わせて、口コミを交えながらひどい評判の原因を探っていき、dodaエージェントのメリット・デメリットの解説をしています。

マイナビエージェント

出典:マイナビジョブ20’s

マイナビエージェントは大手人材広告業界を代表する株式会社マイナビが手がける若手転職者層向けの転職エージェントです。

とりわけ第二新卒含む20代〜30代の転職支援に強く、大手企業に限らず優良な中小企業やスタートアップ企業などを広く取り扱っていることで他大手競合との差別化を測っています。

各業界に精通した専門性の高いキャリアアドバイザーが徹底的に個別サポートしてくれるため、初めての企業勤めとなる公務員にとっても心強いことでしょう。

ただし、マイナビエージェントではハイクラス向け求人は少なく、まずはこれからキャリアを積みあげていく人を主に利用者層としていることを認識しておく必要があります。

「マイナビエージェントの口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

マイナビエージェントのひどい評判を検証!口コミから分かるホントの評判とサービスの特徴

マイナビエージェントの評判を見てみると、ひどい評判もあるようですが、その真相や、マイナビエージェントのリアルな口コミや特徴的なサービスも合わせてご紹介しています。

まとめ

この記事では、20代で公務員を辞めることについてお伝えしました。

公務員を辞めたいと思いながら働き続けることは精神的な負担が大きくなるので、おすすめしないです。20代であれば未経験の仕事にも転職可能なので、無理に働き続け必要はありません。

また、公務員から民間企業に転職することでさまざまなメリットが生じます。ただし、デメリットも生じるため、メリットとデメリットを比較して公務員を辞めるのか検討することが大切です。

この記事でお伝えした内容を参考にし、20代で公務員を辞めのか考えてみてください。 

参考【公務員を辞めたい】早く辞めるべき理由と迷った時の解決法

page top