著者:マネたま転職研究所 2022年12月8日更新

カテゴリー20代おすすめ転職エージェント

20代の転職にピッタリ!未経験歓迎求人が多いおすすめ職種7選

アップロード日2022/10/05

マネたま転職編集部

20代は転職にさまざまな選択肢があります。

「憧れの仕事だったけど、実際に働いてみたらイメージと違った」、「違う職種に興味が湧いてきた」など、職種を変えて新たなキャリアをスタートさせるのも実現しやすいです。

この記事では、20代が異職種に転職するのに最適なおすすめ職種をご紹介します。

20代は転職においても視野を狭めることなく、前向きに新しい分野へ挑戦することが十分に可能な世代である!

参考20代の転職におすすめの業種・職種ランキング!転職先に迷ったら!

20代が未経験で転職しやすいおすすめ職種7選

ITエンジニア|平均年収が高く、将来性もある専門スキル

ITエンジニアがおすすめ職種な理由

  • 将来性がある
  • ITエンジニア不足のため未経験歓迎求人が多い
  • 平均年収が高い
  • 3~5年程の経験で独立やフリーランスという選択も選べる
  • 一生役立つ専門スキルが身に付く

ITエンジニアは将来性があり、社会にも貢献できるおすすめ職種です。

現代に欠かせないITエンジニアは、専門性が高く未経験には向かないイメージがあります。

しかし、需要の高さにITエンジニアの数が追いついていない状況です。

ITエンジニアの求人倍率は、厚生労働省が2022年3月に公表した『一般職業紹介状況[季節調整値(除パート)](令和4年1月分)』で3.2倍、転職エージェントの『DODA』が公開した有効求人倍率レポート(2021年7月期)では、『IT・通信』で6.82倍となっています。

人材不足と需要過多、この2つを背景に、未経験者を採用して自社で育てるという企業も増えてきており、若手の20代は特にキャリアチェンジ転職がしやすいです。

「手に職を付けたい」「平均年収の高い職種を探している」「将来的にフリーランスとしての働き方も検討したい」といった20代が転職するのに、ITエンジニアは最適なおすすめ職種と言えます。

エンジニアの働き方は多様化しており、実績を積み上げた先にはフリーランスとして仕事を請け負う道もある。

営業職|未経験歓迎求人No.1!会社の売上に直接関われる

営業職がおすすめ職種な理由

  • 求人数、企業の採用可能人数枠が多い
  • 年齢を問わず活躍できる
  • 営業スキルが身に付けばどの業界でも活かせる
  • 専門知識やスキルがあまり必要無い
  • 成果次第で年収が大幅にプラスになる

営業は、業界にも依りますが特別なスキルや知識よりも、コミュニケーション能力や行動力が求められる職種です。

利益の増減に直接的に関わる職種のため、企業は営業職に多くの人材を必要としています。

そのため、求人数はもちろん、企業は他職種に比べて採用予定人数を多く設けている傾向があり、20代に限らず、30代・40代での転職も可能です。

営業スキルが身に付けば、どの業界でも活躍できます。

未経験からはじめる人が多い、そして、インセンティブとして成果がしっかりと給与に反映されることも、営業をおすすめ職種に挙げる理由です。

営業は向き・不向きが分かれやすい職種です。
目に見える成果を好む人やチャレンジ精神のある人は向いているかもしれません。

参考20代転職でおすすめの職種は個人にスキルが付く仕事。おすすめの9職種を大公開

販売業・接客業|好きな商品を販売している小売店に転職しやすい

販売業・接客業がおすすめ職種な理由

  • 未経験ではじめる人が多い職種
  • シンプルな業務内容だからすぐに独り立ちできる
  • 好きな商品を扱っている小売店に転職しやすい
  • 自分の知識を活かして働ける

販売・接客は、営業と同様で未経験歓迎求人が多いです。

専門知識やスキルよりも、コミュニケーション能力が求められる点も似ています。

お客様に質問されたことを説明したり、おすすめの商品をご案内したり、お会計をしたりといったシンプルな業務内容のため、入社してすぐに独り立ちしやすいのが特徴です。

アルバイト経験を自己アピールに繋げられるのも、販売・接客ならではと言えます。

商品を好きになれるかどうかで成果が変わってくるので、好きな商品や興味のあるもの、趣味で使うアイテムを扱っている小売店や企業に転職するのがおすすめです。

介護職|需要が年々高まる将来性バツグンの職種

介護職がおすすめ職種な理由

  • 需要が年々高くなってきている
  • 人材不足で全国的に未経験歓迎求人がある
  • 介護の仕事で得た知識やスキルはプライベートにも活かせる
  • 国家資格を取得すれば活躍の場が広がる
  • さまざまな施設、さまざまな働き方が選べる

少子高齢化社会の日本において無くてはならない介護職は、年々需要が高まっています。

給料が安いというイメージがある介護職ですが、手当が入るため、給与で見れば生活するのに充分な収入が得られる施設が多いです。

施設によって働き方がさまざまあり、手当も異なるので給与に違いが出ます。

以下は、厚生労働省が公開した『令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果』に掲載されている施設ごとの平均給与をランキング形式にした表です。

施設名・事業所名 平均給与(常勤)
1位 介護老人福祉施設(特養) 350,430円
2位 介護老人保健施設(老健) 338,920円
3位 特定施設入居者生活介護事業所 322,020円
4位 介護医療院 312,600円
5位 訪問介護事業所 306,760円

出典:きらケア きらっこノート|介護職の施設別給料ランキング!一番高いのはどこ?

介護福祉士やケアマネージャーといった資格を取得すれば、年収アップだけでなく、活躍できる施設も増えるため、キャリアプランが立てやすいという特徴もあります。

将来性がある介護職は、人の役に立ちたい20代の転職におけるおすすめ職種です。

事務職|パソコンの基本操作ができればOK!縁の下の力持ち的な職種

事務職がおすすめ職種な理由

  • officeソフトの基本操作ができればOK
  • 他の部署をサポートするスキルが培われる
  • 前職の経験が活かせることもある
  • ライフワークバランスが取りやすい
  • コツコツ続けられる

事務職は、パソコンとofficeソフトの基本的なスキル・知識があれば働ける、未経験者が転職しやすいおすすめ職種です。

ルーティンワークが多く、また、縁の下の力持ち的役割のため、仕事内容で注目を集めることはあまり無いものの、どのような企業にいてもワークライフバランスが取りやすいことから、育児と仕事の両立を希望する女性から人気が高く、競争率は高い傾向にあります。

20代の若手やミドル、シニアまで求人があるのも事務職をおすすめするポイントです。

事務職は「コツコツと作業するのが好き」「サポート役が性格に合っている」「スケジュールを立てやすい仕事をしたい」という方に向いているであろう。

参考20代で未経験転職は可能? オススメの職種や注意点を解説

配達・運送サービス|運転免許があればすぐに転職できる

配達・運送サービスがおすすめ職種な理由

  • 運転免許があれば転職可能
  • 高収入を実現しやすい
  • 将来的に独立やフリーランスとして働くことも可能
  • 1人で仕事をする時間が長い
  • コツコツ続けられる

国内外にネットショップがあり、利便性の高さから利用者も増えました。

そうした背景から、運送業界は活発化しており、運転免許があれば転職できる未経験者歓迎求人が非常に多く見つかります。

また、ここ数年で置き配や宅配ボックスも一般的になりました。

お客さんと顔を合わせずに仕事が完結することもあります。

ネットショップの配達専門なら、ミニバンで仕事できるのもおすすめの理由です。

地元で1人気ままに仕事ができるイメージが定着していることもあり、20代の若手の配達ドライバーも増加しています。

需要の高さから、転職後すぐにフリーランスになる人も多いです。

クリエイティブ職|スキル重視で実績も積みやすい

クリエイティブ職がおすすめ職種な理由

  • スキル重視で採用を決める企業が多い
  • 個人で実績を積みやすい
  • 趣味を仕事にできる可能性がある
  • 1つのプロジェクトをコツコツ続けられる

WEBデザイナーや動画編集、ゲームクリエイターなど、今人気のクリエイティブ職は、スキルを重視しているのが特徴で、ポートフォリオが評価されれば採用を掴み取れます。

実力を評価されたい、趣味を仕事にしたい人にも最適です。

人気のクリエイティブ職は競争率が高い傾向にあります。

経験者と比べて未経験者は不利です。

しかし、クリエイティブ職は全体的に個人で実績を作れます。

クラウドソーシングなどで、個人的に依頼を受け実績を作れば、それがポートフォリオの代わりにもなり、また、商用経験の実績は転職で有利です。

実務経験が無い人は、実績作りからはじめてみるのが良いかと思います。

20代であれば未経験者歓迎のクリエイティブ職求人は多いため、隙間時間を使って独学からでもスキルや実績を身に着けておくと転職が有利に働く可能性が高くなります!

参考転職先でおすすめの職種・業界9選!未経験でもOKな職種を紹介

20代で未経験の職種へ転職するための秘訣

おすすめ職種として紹介したものは、20代が転職しやすい職種です。

しかし、20代で転職しやすいといっても、ポイントを押さえて転職活動に励まなければ、転職活動が長引いてしまう恐れがあります。

ここでは、20代が未経験の業種・職種への転職を実現するための秘訣をまとめました。

退職理由と転職理由を明確にする

転職では、前職の退職理由と転職理由を明確にすることが重要となります。

未経験の業種・職種への転職なら尚更です。

20代に限らず、一般的には経験を活かして転職をする方が年収や採用のされやすさから見て有利となり、キャリアアップ転職も可能となります。

そういったメリットを捨ててキャリアチェンジするのはリスクです。

面接のときに採用担当者を納得させられる理由を考えておくと印象が良くなります。

希望条件に優先順位を付ける

「年収」「福利厚生」「年間休日数」「転職の有無」など、転職活動を始めると、転職先に対していろいろな希望条件が出てきます。

すべての希望条件が叶う理想の企業に出会えるのは稀です。

闇雲に理想の企業を探せば、転職活動が長期化するリスクもあります。

ブランクが長くなると、焦って転職先を妥協してしまいがちです。

転職活動が不利にならないよう、一度すべての希望を書き出し、優先順位を付けることをおすすめします。

優先順位が決まれば、求人の絞り込みも容易になり、また、企業とのミスマッチを防ぐことも可能です。

転職先が決まる前に退職しない

退職してから転職活動をするのではなく、仕事と転職活動を両立するのが鉄則です。

20代であっても、転職活動が長期化する可能性があります。

転職活動活動が長期化した場合、仕事が無ければ経済的困窮に陥り、安定した生活を営めなくなるリスクが大きいです。

ちなみに、雇用保険に関しては、自己都合退社だと2ヶ月以上掛かります。

自己都合退職 会社都合退職
失業保険の給付開始 2ヶ月7日後 7日後
失業保険の給付日数 90~150日 90~330日
失業保険の給付制限 あり なし
退職金 減額されることがある 全額受け取れる
経歴の書き方 一身上の都合により退職 会社都合により退職

参考:doda|【社労士監修】会社都合退職と自己都合退職は何が違う?転職活動や失業給付金にどう影響する?

経済的な問題の他、正社員としての期間の空き=『ブランク』も注意すべきところです。

先に紹介したようなおすすめ職種への転職であっても、ブランク期間が長ければ長い程、転職では不利になります。

気持ちに余裕を持たせる意味でも、働きながら転職活動をするのがベストです。

求人への応募前に企業の口コミをチェックする

短期間で転職する人や何度も転職をする人は、企業に「採用してもすぐに辞めちゃいそう」と思われてしまい、面接や書類選考で非常に不利です。


そうした事態を回避するためにも、興味のある求人が見つかったら、求人を出している企業を『openwork』や『en Lighthouse』といった口コミサイトで調べ、その企業で働くメリット・デメリット、入社後のイメージをしてから応募するのが良いかと思います。

その他にも「転職エージェント」を活用することで、求人企業に 関するほしい情報を入手しやすく、ミスマッチが生じるリスクを極力減らすことができるでしょう。

企業が20代に期待している『ポテンシャル』をアピールする

20代の強みは『若さ』です。

仕事を覚えてからビジネスパーソンとして活躍できる期間が長いため、未来を担える人材として、企業は未経験者であっても20代の若手を積極的に採用しています。

ただし、すべての20代に対して門戸を開いているわけではないです。

企業は20代に『ポテンシャル』を期待しています。

面接での受け答えや筆記試験、思考などから総合的に判断しているので、職務経歴書の完成度をアップしたり、面接練習をしたりといった対策が必要です。

転職するなら転職エージェントの活用がおすすめ!

20代は人柄や熱意重視の採用傾向にあることから、即戦力とならずともあらゆる分野や職種に挑戦できる年代です。

キャリアが浅く、目に見えるスキルや手に職がないから転職できないのではなく、企業が求める人物像にマッチしているかどうかという視点を持ち、選考への準備を入念に行うことが鍵となります。

転職できるかどうか不安を抱く人や転職を後悔したくない人こそ、プロの視点で転職活動を個別サポートする転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントの活用をおすすめする理由

転職エージェントを利用する具体的なメリットは下記の通りです。

こんな方におすすめ転職エージェント活用のメリット

  • (基本的には)無料で転職活動を個別サポートしてもらえる

  • 非公開求人の紹介

  • 希望の業界や企業ごとに応じた選考対策ができる

  • 慣れない企業との手続きや交渉事を代行してもらえる

  • (場合によっては)退職サポートを行ってくれる

転職エージェントは求人掲載を主なサービスとする転職求人サイトとは違い、転職者一人一人と面談のうえで適切な求人を紹介し、相性の良い企業からの内定獲得に向けて転職活動を一環して個別サポートしてくれます。

登録者のみが紹介対象となる非公開求人には人気が殺到する好条件の求人や企業側の事情により公にしたくない重役ポスト、求人募集を急いでいるものなどの訳あり求人などが含まれていることが一般的です。

他転職エージェントや求人サイトでは掲載されていない独占求人も多数含まれているため登録しないと損と言えます。

各社ネットワークによるトレンド情報の収集とこれまでの転職支援の中で構築してきた転職ノウハウを伝授してもらうことで、的を得た質の高い転職活動を行うことができるのです。

応募企業への推薦状の作成や応募書類の添削、面接対策を行ってくれて、面接日の日程調整や給与交渉などの企業との交渉事も代行してくれます。

このように、転職に対して漠然とした不安を持つ20代や初めての転職で何をどうすればよいか困っている20代の人にとって転職エージェントは心強い味方となるでしょう。

また、転職するかどうかの意思が固まらずこの先のキャリアについて悩んでいる人でも利用できるため、まずは登録して試しに利用してみるという使い方でも問題ありません。

このように転職エージェントをうまく活用することで、独自で転職活動を進めていくよりも転職活動の精度を高めていけるため転職を成功させる確率がアップします。

参考20代は未経験・異業種への転職チャンス!成功の方法や人気の職種を解説

20代におすすめの転職エージェント5選

若い=将来の可能性が広いこともあり、20代転職者を利用者層とする転職エージェントは非常に豊富です。

以降では、中でも20代におすすめの転職エージェントを5つ厳選してご紹介します。

あなたのキャリアや希望する業界・職種に応じて相性が良さそうな転職エージェントをいくつか試しに利用してみてください。

「リクルートエージェント」

出典:リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は業界最大手である株式会社リクルートが手がける転職エージェントです。

20代に限らず幅広い転職者の転職サポートを行っており、業界を牽引するリクルートのネットワーク力を活かし公開求人・非公開求人共に各20万件超(2022年6月6日時点)と圧倒的多数の求人を取り揃えています。

交渉力を強みとし多くの転職者を転職と同時に年収アップへと導いていることも魅力の1つです。

転職を希望する業界や職種が定まっている20代の人も、定まっていない20代の人もまずは視野を広げるべく登録することをおすすめします。

「dodaエージェント」

出典:doda

「dodaエージェント」は大手人材紹介サービスを手がけるパーソルキャリア株式会社運営のリクルートに次ぐ規模の大手転職エージェントです。

非公開求人数は公にしていませんが、公開求人だけでも約13万件超(2022年6月6日時点)と豊富な求人を保有しており、20代だけでなく各世代や業界・職種への転職を目指す転職者それぞれにぴったりの求人とマッチできることに期待できます。

幅広い業界・職種を網羅している保有求人の中でもIT業界の求人に強く、職種の求人割合としてはエンジニア職が最も豊富です。

経験の有無問わず、20代でエンジニアとしての転職を視野に入れている人は、他職種をも視野にいれながら転職活動を進めていけるため登録しておくとよいでしょう。

その他、dodaには適職診断ツールなどの複数の診断ツールや、スマートフォンアプリ、業界最大規模の転職フェアの実施などあらゆるサービス面での充実をはかっている点にも注目してみてください。

スカウト制機能もあるため、自分の転職市場価値をまずははかることからはじめることもおすすめです。

「マイナビエージェント」

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントは人材業界大手の株式会社マイナビが運営する社会人若手層向けの転職エージェントです。

社会人経験はあるも即戦力とはなりにくい第二新卒を中心とし、初めての転職を不安を抱く20代〜30代前半の転職者の底上げをはかるべく、キャリアアドバイザーが手厚くサポートしてくれます。

大手転職エージェントでありながらも、リクルートエージェントやdodaと違って転職者層をしぼり、大手<中小企業をメインとした求人を取り扱っていることも特徴の1つ。

年収アップを大きく狙った転職ではなく、キャリアチェンジや就職先とのミスマッチを起こさないための転職を成功させることを目的とした20代転職者におすすめです。

「ワークポート」

出典:ワークポート

「ワークポート」は、株式会社ワークポートが手がける20代〜40代を対象とした比較的幅広い世代を対象とした転職エージェントです。

とりわけIT・Web、ゲーム業界求人に強く、職種としてはエンジニア職や営業職の求人が豊富であり、未経験者歓迎求人を多数保有しています。

求人エリアについては関東圏が圧倒的に多い割合を占めているため、関東エリアへの転職を希望する20代転職者は是非注目してみてください。

未経験職種への転職を視野に入れている20代転職者は必見の転職エージェントです。

エンジニア未経験者を対象とする無料スクール「みんスク」も手がけているため、手に職をつけたいと考えている20代にはうってつけと言えます。

「JAIC(ジェイック)」

出典:JAIC

「JAIC」は株式会社ジェイックが運営する、第二新卒・既卒・高卒・フリーターなどの社会人経験が無い、もしくは社会人経験が浅い20代〜30代を対象とた転職支援を行う転職エージェントです。

社会人の基本となるビジネスマナーや実践として役立つ営業スキルなどの各種研修が充実しており、社会人慣れしておらず転職する自信がない20代でも着実に転職を果たすことに期待できます。

求人紹介を受け内定までのサポートを受けるためには研修の受講は必須であり、受講期間を乗り越えると書類選考が不要の求人を紹介してもらうことができ一歩リードした形で選考に挑むことが可能です。

まとめ|おすすめ職種なら未経験でも転職成功しやすい

20代の未経験業種・職種への転職に最適なおすすめ職種を紹介しました。

おすすめ職種は未経験歓迎求人がたくさんあります。

特別なスキル・知識・実績は必要無いので、「どんな仕事がしたいのか分からないけれど転職したい」という20代にもおすすめです。

もちろん、今回紹介したおすすめ職種以外にも20代に最適な職種はあります。

意外なところで「やりたい!」と思える職種に出会えることも多いです。

転職そのものにもメリット・デメリット、そしてリスクがあります。

「転職して良かった」と思えるよう、デメリットやリスクを少しでも防ぐための準備と対策をして、余裕を持って転職活動をするのが最善の結果を生むはずです。

参考【厳選】20代の転職におすすめな4職種【おすすめしない17職種も解説】

page top