著者:マネたま転職研究所 2022年5月23日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

泣くほど仕事が辛い…うつ病になる前に取るべき対処法とは?おすすめ転職エージェントもご紹介

アップロード日2022/04/27

マネたま転職編集部

社会人になって働き始めたものの、「仕事が辛い」「毎日泣くほど仕事が辛い、辞めたい」と苦しんでいる人は少なくありません。

泣くほど辛いけれどまだ新人だから・環境に慣れていないからと我慢して続けていると、いつか大きな危険があなたの身に降り掛かってくる可能性があります。

今回の記事では、泣くほど辛い仕事を続けることによって生じるリスク、また仕事が泣くほど辛い時の対処法などをご紹介します。

仕事が辛い、毎日泣くほど仕事に行くのが嫌、と思いながら働いている人は是非参考にしてください。

仕事が泣くほど辛いのは異常な状態

結論から申し上げると、仕事が泣くほど辛いと感じているのはかなり異常な状態です。

確かに、仕事はストレスの連続であり、辛いと感じていない人の方が少ないことは確かです。ただ、度を越して仕事が辛い、泣くほど仕事をするのが嫌だと思っている状態はかなり異常です。

泣く=身体が拒否反応を示しているということですので、もし泣くほど仕事が辛いと感じているのであれば、職場もしくは仕事内容が明らかに自分と合っていないと考えられます。

なので、「みんな辛いけど我慢して仕事している」「だから自分も我慢しなくちゃ」と考えて泣くほど辛い状況を我慢して働くことは非常に危険です。

参考【仕事が辛い・泣きたい】職場が泣くほどしんどい時の対処法

泣くほど辛い仕事を続けるリスク

泣くほど辛い仕事を我慢して続けることは、さまざまなリスクが伴います。

ここでは、泣くほど辛い仕事を続けることで発生するリスクをご紹介します。

参考【仕事で泣く】不安やストレスで辛いときの理由・対処法を紹介

ストレスが原因で身体に悪影響を及ぼす

泣くほど仕事が辛いということは、仕事が非常に強いストレスを身体に与えているということでもあります。

そのストレスが原因で蕁麻疹・難聴などのストレス性の病気を発症する可能性があります。

つまり泣くほど辛い仕事を続けるということは、精神面だけでなく身体面においてもかなりのリスクが伴うということです。

うつ病にかかる可能性がある

泣くほど辛い仕事を続けることによって受けるストレスは、身体面だけでなく精神面にも大きな影響を与えるおそれがあります。

精神面に与える影響として最も分かりやすいのが、うつ病の発症リスクです。

特に新入社員は環境の変化も相まって、泣くほど仕事が辛い状況が原因でうつ病を発症するケースが数多くみられます。

不安や焦り、睡眠障害や疲労感などがうつ病のサインですので、もし泣くほど仕事がつらい状況が続いてしまっている人は一度チェックしましょう。

自由に働けず成長するチャンスを逃してしまう

泣くほど辛い仕事ということは、自由に発言したりスキルアップしたりすることが難しい職場である可能性が高いです。

そういった職場だと、上司や同僚の前で萎縮したり、自分のスキルを活かせる仕事であっても消極的になってしまったりと自由に働くことは非常に難しくなってしまいます。

その結果、社会人として成長する機会を失ってしまう可能性があります。

参考辞めたいと泣くこともあるほど居辛い職場で仕事が辛い時は

泣くほど仕事が辛いと感じる代表的な理由

ここまで、泣くほど辛い仕事を続けることによって発生するさまざまなリスクを解説してきました。

ここからは、泣くほど仕事が辛いと感じる代表的な理由を3つご紹介します。

泣くほど仕事が辛い理由を把握しておくことで、対処法も考えやすくなります。

参考【緊急】仕事に行きたくないと朝も夜も泣くのは「心のSOS」

人間関係が異常に悪い

い。さまざまな例はありますが、仕事上の人間関係があまりに悪いと、仕事に行くこと自体辛いと感じるようになってしまいます。

人間関係が異常に悪いと仕事のモチベーションが下がるだけでなく、職場にいるだけで強いストレスを感じてしまうので、最終的に泣くほど仕事が辛い・仕事に行きたくないと感じるようになってしまいます。

給料・待遇が異常に悪い

どれだけ仕事にやりがいを感じていても、あまりに給料が低かったり、成果に応じた評価が受けられないと、次第に仕事に対して強いストレスを感じるようになります。

特に長時間労働しているのに残業代がもらえないといった仕事を続けていると体力的にも精神的にも疲弊してしまい、最終的に泣くほど仕事が辛いと感じるようになってしまいます。

労働環境が異常に悪い

長時間の残業や休日出勤を強要される以外にも、職場の衛生環境が劣悪だったりワンオペを強要される仕事は強いストレスを感じる原因となります。

長時間の残業や劣悪な衛生環境といった労働環境で働き続けていると、もちろん精神的にも悪影響なだけでなく、身体面にも悪影響を及ぼすリスクがあります。

参考仕事に行きたくなくて朝や夜に泣いた経験がある方に伝えたい5つの事

泣くほど仕事が辛い時の対処法

ここまで、泣くほど仕事が辛いと感じる理由と、そのリスクを解説してきました。

では、泣くほど仕事が辛い状況を脱却するにはどうすればいいのでしょうか。

ここからは具体的な対処法をいくつかご紹介します。

休職・長期休暇で仕事から距離を置く

泣くほど仕事が辛い時、ほとんどの人が「仕事を辞めたい」と考えるはずです。

ただ、そういった状態ですぐに仕事を辞めることはあまりおすすめできません。

なぜなら、泣くほど仕事が辛い状況に身を置いていると、冷静な判断が非常に難しく、次の転職先でも同じような状況になってしまう可能性があります。

そのため、まずは休職もしくは長期休暇を会社に申請し、ゆっくりと心身を休める時間を取るのがおすすめです。

その上で、「現在の仕事の何が辛いのか」「次はどんな職場で働きたいか」を考えましょう。仕事を辞める前に今後のビジョンを明確にしておくことで、転職活動をスムーズに進めることができます。

思い切って転職する

どうしても今すぐに仕事を辞めたい、もう今後のビジョンは決まっているという人は、思い切って転職するのも手です。

ただ、転職活動は時間だけでなく、かなりの費用や精神力を必要とします。

特に泣くほど辛い仕事を続けて精神的に不安定になっている状態で転職活動を始めてしまうのは、あまりいい結果は期待できません。

なので、転職することを決意したら、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは転職のプロですので、あなたの希望の職種・業種、働き方を実現できる求人を紹介してくれるでしょう。

参考泣くほど仕事がつらい人へ。本当につらいときは耐えずに逃げてください。

泣くほど仕事が辛い人におすすめな転職エージェント

先程ご紹介したように、泣くほど辛い仕事を我慢して続けるよりも思い切って転職したほうが今後の人生のためになります。

ここからは、泣くほど仕事が辛い人におすすめ転職エージェントをいくつかご紹介します。

どれも転職活動に関するサポートが充実しており、仕事が原因で精神的に不安定な人でも理想の仕事を見つけることができるでしょう。

就職Shop

出典:就職Shop

就職Shopは大手人材会社リクルートが運営する「未経験から正社員」に特化した転職エージェントです。

書類選考なしで面接を受けられる求人を多く持っており、未経験・フリーター向けの職種が豊富という点が就職Shopの特徴です。

そのため、現在の泣くほど辛い仕事とは全く関係のない仕事に転職したいと考えている方にはぴったりの転職エージェントです。

DYM就職

出典:DYM就職

DYM就職は、第2新卒・フリーター・未経験の就職に特化した転職エージェントです。

2,000社以上の求人情報の中から、ユーザーに最適な求人を紹介してくれることで人気を集めている転職エージェントです。

DYM就職から応募すると、書類選考なしで面接に進むことが可能なので、転職の成功率を高めることができます。

またDYM就職は「ブラック企業」の徹底排除を宣言しており、労働環境が劣悪なブラック企業で泣くほど辛い思いをした方も安心して転職活動を進めることができるでしょう。

JAIC

出典:JAIC(ジェイック)

JAICは、フリーター・既卒の正社員就職に非常に強いことで人気を集めている転職エージェントです。

無料で就活講座を受けられる上に、約20社の選考を書類選考なしで受けることができるので未経験の職種への転職に非常におすすめです。

転職活動中のサポートはもちろん、転職が成功してからも1年間のサポートを受けられるのもJAICの大きな魅力です。

20代の就職内定率は80.3%と非常に高い成功率を誇る転職応援サービスですので、新卒で入社したけれど泣くほど辛いと感じて仕事を辞めた人でも安心して転職活動を進めることができます。

まとめ

「仕事が辛い」と感じている方は特に若い層に多く、仕事を辞めたいと考えている方は少なくありません。

ただ、泣くほど仕事が辛いと感じている人は、辞めたいと考えていても実際に辞めて転職活動を行なうほどの気力すら残っていない、もしくは上司から退職を許してもらえないといった状況に陥っているケースがあります。

もし泣くほど仕事が辛いのであれば、まずは休職もしくは休暇を申請してゆっくり心身を休めることに努めましょう。

泣くほど辛い仕事を無理して続けることは、今後のキャリア・心身の健康などに大きなマイナスとなるリスクがあります。

「みんな辛いから」と我慢せずに、本当に自分のために生きるにはどうすればいいのかを考えて、今後の行動を判断しましょう。

コメント マネたま転職博士のコメント

泣くほど仕事が辛い状態で、本当に心身がおかしくなりそうな場合は、「電話相談|厚生労働省」を活用しましょう!

page top