著者:マネたま転職研究所 2022年10月3日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

よくある転職失敗例と理由とは?|失敗しないコツ4選

アップロード日2022/01/22

マネたま転職編集部

「最近転職したいと考えているけど、失敗したくない…」

「転職の失敗例ってどんなパターンがあるの?自分は失敗したくない…」

と考えている人も多いと思います。

実は、転職の失敗例の中には、多くの人が陥る「よくある失敗」が存在します。

その失敗例を事前に知っておけば、転職で失敗するリスクを極限まで低くなります。

そこで、「失敗に学ぶ転職成功術(転職失敗事例集)」などの記事なども参考にしながら、転職失敗例から「よくある失敗」を紐解き、転職を失敗しないコツを紹介します。

最後まで読んでいただければ、転職活動で失敗パターンが明確になり、あなたが失敗するリスクを劇的に下げることができるでしょう。

転職直後に「失敗したかも」と後悔するのが「よくある失敗例」

まず初めにお伝えしておきたいことがあります。

それは、転職が成功したのにも関わらず、転職直後に「失敗したかも」と後悔することはよくある転職失敗例です。

つまり、「転職を失敗したかも」と感じるのは、実際に転職した後に気づくことがほとんどです。

転職失敗の多くの原因は「転職活動中」にある?

転職の失敗に気づくのが「転職後」になるということは、その失敗の原因は、「転職活動中」にあるということになります。

つまり、転職失敗したかもと感じる人のほとんどが、しっかり失敗理由を分析すべきなのは「転職活動」の行動です。

また転職の失敗は、「転職活動中」と「転職後入社」にギャップが生まれ、その歪に発生します。

そのため、改善すべきなのは「転職活動」になります。

では、実際にどんな転職活動をすると「失敗したかも」という転職失敗例に繋がるのか?

これから解説していきます。

よくある転職失敗例の原因が転職活動にある理由とは?

さきほど転職の失敗例は、転職活動に問題があることにより、失敗が生まれると解説してきました。

では、どのような転職活動が、転職の失敗例に繋がるのか?を紹介していきます。

認識していた仕事内容と実態が違った

もともと、やりたい仕事内容だったので転職を決意したというのに、実際働いてみたら、認識していた仕事内容とは大きくかけ離れていたという失敗例です。

例えば、転職面談中に「入社していただく際には、こういう仕事を任せようと考えています」と採用面接官から話をもらっていたとします。

しかし、急遽退職者が出て、その業務の優先度が高くなり、そちらをやる必要が出てきたりする例があったりします。

もしくは、仕事内容の詳細まで話を詰めていなかったため、思っていた仕事内容とは乖離があるという状況になることもあります。

内定時と就業時で条件が違うことに気づく

求人や採用担当者から、事前に聞いていた内定条件と、実際の就業条件が違うという失敗例があります。

これは、給与や待遇、福利厚生が良いと思い、入社の意思決定をしたものの、試用期間中の給与規定が合ったり、土日出勤があったりするという例です。

細かい条件は、入社の意思決定をする前に、しっかり確認する必要があります。

焦って判断をしてしまった

とにかく早く転職をしたいと考えて行動していたら、焦って判断を間違えた失敗例です。

焦った判断というのは、失敗しやすい典型例です。

気持ちはわかりますが、とにかく早く内定をもらって、転職活動を終わせて安心したいという考えは禁物です。

転職で失敗しないためには、時間的にも精神的にも余裕を持った状態で、転職活動をすることが大切です。

有給休暇などを上手く活用して、準備をすすめるのが一番です。

転職活動中に優先順位の基準が明確じゃなかった

転職活動をする上で、自分の価値観を反映させた優先順位を明確にしておくことは重要です。

・給与
・仕事内容
・会社の方針や文化(会社の雰囲気)
・労働環境(残業や勤務地など)
・一緒に働く人(人間関係)

など、転職先の企業を選ぶ際に、自分が何を一番大切にしたいのか?を考えずに転職活動を進めると、失敗だったと感じる例は多いです。

転職先が決まる前に焦って退職してしまった

転職活動は、在職中でも活動できます。

それにもかかわらず、転職活動に集中したいがために、転職先が決まる前に退職してしまうのは失敗に繋がりやすいです。

なぜなら、退職してしまったあとで、転職活動がうまく行かなかったり、金銭面で苦しくなったりすると、精神的に余裕がなくなり転職活動に焦りが出てくるからです。

その悪循環が転職失敗に繋がってしまいます。

転職してから将来のことを考え始めた

転職してから、将来のことを考え始めた結果、今の転職先が自分の理想の未来から離れていたというのも転職失敗例です。

そもそも将来の人生設計などは、転職活動をする中で実施するのがセオリーです。

なぜなら、その人生設計を成し遂げるための転職先を選ぶのが最適だからです。

しかし、「自分が転職できるか?も試したいし、とりあえず転職してから考えよう」という行動をしてしまいがちです。

後から後悔することがないように、しっかり転職活動の際に人生設計などは考えておくべきです。

転職に失敗しないためのコツ4選

転職に失敗しないためのコツとしては、

・仕事内容や就業条件は細かく確認する
・優先順位を明確にする
・将来の設計は転職する前に明確にする
・焦って判断しない

というポイントを抑えることです。

さらに、それらのポイントを抑えた上で、転職エージェントを活用することをおすすめします。

失敗しない転職活動には、転職エージェントの利用は必須

転職活動は人生の中で何度も経験するようなことではありません。

だからこそ、転職のプロに相談をすることで、限りなく失敗率を下げておくことが重要です。

そこで「転職活動の際に必要になる作業の大部分を代行してくれる」という側面を持つ転職エージェントの活用がおすすめです。

具体的に、転職エージェントに相談することで、以下のサポートを無料で受けることができます。

  • 転職相談
  • 求人案件の紹介
  • 応募書類・履歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接日程(スケジュール)の調整
  • 年収交渉

自分の力だけで、転職サイトなどを駆使して転職活動をしているときにはたどり着けない情報を提供してもらえたり、志望する企業の傾向に合わせた対策を無料で行うことができます。

そのため、一人で転職活動をするよりも、圧倒的に自分に合う会社に出会える確率・転職成功率が高くなります。

また、転職エージェントに相談する中で、将来のキャリア設計も明確になっていきます。

 初めての転職が不安な人はもちろん、キャリアについて悩んでいるなら、転職エージェントに相談しない理由がありません。

転職エージェントを活用するにもコツがある!?

転職エージェントを活用する際には、失敗しない転職活動を実現するためのコツがあります。

それは転職エージェントは必ず、

3社以上を併用

してください。

これには明確なデータが出ています。

実際に、人材大手リクルートによる調査でも、転職エージェントを複数利用している求職者の方が、転職活動の成功率が高いことが実証されています。

転職決定者の平均転職エージェント利用社数は4.2社です。

出典:リクナビNEXT「転職エージェントを使った転職ガイド

転職エージェントの3社以上登録することによるメリットは以下です。

  • 希望の求人に出会える確率UP
  • 担当と相性が合わなくても安心

転職エージェント1社あたりから紹介してもらえる求人案件数は3社前後です。

幅広く求人を検討するためにも、3社以上に登録して活用することをおすすめします。

「転職に失敗したかも」と感じたときの対策

仮にすでに転職したばかりで「転職に失敗したかも」と感じた場合の対策としては、3つが挙げられます。

・今の職場での頑張り方を工夫する
・転職活動中に検討していた会社に連絡してみる
・転職エージェントに相談してみる

今の職場での頑張り方を工夫する

もし転職に失敗したかもと感じていても、今の職場での頑張り方を工夫できないか?を考えてみましょう。

なぜなら、転職したばかりで時間があまり経っていない場合、転職できる可能性は低いかもしれません。

転職したばかりなのに転職活動をしてみても、すぐに退職する人なのではないか?という印象がどうしても残ってしまいます。

そのため、まずは今の職場で、得られるスキルはないか?など冷静に整理してみて、頑張り方を工夫するのがおすすめです。

そして、その半年〜1年後などに転職活動をしてみることをおすすめします。

転職活動中に検討していた会社に連絡してみる

もし転職してから3ヶ月〜半年以上、時間が経過しているならば、転職活動中に検討していた会社に連絡してみるのもおすすめです。

もちろん、企業側も前向きに検討してくれていた会社に限りますが、今でも同じ募集枠があった場合、受け入れてくれる可能性があります。

どうしてもすぐに転職したいと考えている状況なら、行動してみる価値はあると思います。

転職エージェントに相談してみる

どうしてもすぐにでも転職をしたいと考えているのであれば、転職エージェントに相談してみることもおすすめです。

なぜなら、今の状況を素直に話したうえで、それでも転職できる企業を探してもらえる可能性は残っているからです。

また、仮に転職できないと判断されても、次のキャリアを考えたときに、どのように現職で頑張ればプラスに働くか?などを相談しておくのも良いでしょう。

転職エージェントは年間何人もの転職者の相談にのっているわけなので、広い視野と客観的なアドバイスを貰える可能性があります。

もし転職エージェントを活用する場合は中小企業の転職エージェントではなく、無難に下記のような大手企業の転職エージェントを使うことを推奨します。

なぜなら、大手の転職エージェントは求人数も多く、経験も豊富だからです。

などがおすすめです。

まとめ

「転職に失敗したかも」とならないためには転職活動にコツがあります。

転職に失敗したくないと考えている方がいるなら、今回ご紹介した転職活動に失敗しないコツを実践してみて下さい。

また、もしすでに「転職に失敗した」と現在感じている人も、焦らず冷静に対応して同じ失敗を続けなかれば大丈夫です。

一つ一つポイントを抑えて、行動してみて下さい。

page top