著者:マネたま転職研究所 2022年12月8日更新

  • TOP
  • 20代おすすめ転職サイト
  • 【20代男性の転職におすすめ転職サイト18選】求人サイトだけでなく、転職エージェントをも利用して転職を成功させよう!

カテゴリー20代おすすめ転職サイト

【20代男性の転職におすすめ転職サイト18選】求人サイトだけでなく、転職エージェントをも利用して転職を成功させよう!

アップロード日2022/12/08

マネたま転職編集部

20代男性の転職には転職サイトの使い分けをして転職活動を計画的&戦略的に進めていくことが転職成功への鍵となるでしょう。

本記事では数ある転職サイトの選び方や違いについて解説したうえで、20代男性向けのおすすめ転職求人サイトや転職エージェントをご紹介します。

社会人としての可能性がまだまだ広いであろう20代男性で本気の転職を考える方はもちろん、すでに転職活動を進めている方も必見です!

20代男性の転職の進め方のコツ

転職を視野に入れた際に誰もがまずとる行動としては、転職サイトをチェックするところからではないでしょうか。

しかし転職サイトによってサービスに特徴があり、利用者層も様々です。

なんとなくで転職サイトを選んで利用してしまうと、必ずしも転職に活かすことができないことが懸念されます。

そこで、こちらでは具体的に転職サイトを活用して、転職を成功させるために必ずやっておくべきポイントについて解説するため是非実践してみてください。

参考20代|転職の進め方がわからない!準備~面接までの失敗しない6ステップ

まずは自己分析をする

まずは、転職サイトを利用し始める前に自己分析をしっかりと行っておくことがおすすめです。

そもそも20代の転職では「実力・実績よりも熱意・ポテンシャル重視の採用をしてもらえる傾向にある一方で、自己分析や思考力」選考の場で問われます。

いかに転職において下準備をしてきたかが転職成功の鍵となると認識しておかなければなりません。

また、転職サイトによっては特定の転職業界や職種、キャリアにおける転職サポートを専門としており、利用者層を絞っているところもあります。

よって自己分析により、ある程度転職の軸を固めていないことには自分に合った転職サイト選びに苦戦する可能性を高めてしまいます。

転職サイトによって保有している求人にも特徴や偏りがあるため、選ぶ転職サイトによって今後のキャリアを大きく左右することになるのです。

「エージェント型」の転職エージェントを利用する場合には、転職サイト登録後すぐにキャリアアドバイザーとの個別面談があり、転職動機や転職における希望条件についてもヒアリングされます。

悩んでいる点については進んで相談するべきですが、自己分析を怠っていることにより転職の軸は曖昧なまま臨んでしまうと次の段階として紹介してもらう求人が的を得ていなかったり、転職に対する熱意を感じてもらえない可能性をも高めてしまうのです。

参考【男性編】給料が高い仕事職業ランキング20

転職条件に優先順位をつける

転職活動をするうえで軸がぶれないために予め準備段階でしておくべきことのひとつが「転職で譲れない条件に優先順位をつけること」です。

20代男性に限らず転職者であれば誰もが通るべき過程とも言えますが、20代での転職は20代以上の各世代の転職よりも転職における選択肢が多い分だけ転職活動の軸がぶれてしまったり、転職する目的が迷子になってしまう可能性が高いと言えます。

転職における譲れない条件をピックアップし、複数ある条件に優先順位をつけることで最終的にあなたが注目すべき求人をピックアップし、効率的に転職活動を進める第一歩へと繋げていきましょう。

転職における譲れない条件を明確にしたり、条件に優先順位をつけることで転職求人サイトや転職エージェントを有効的に活用しやすくなりますよ。

参考20代男性向きの転職サイト・エージェントランキング10選!転職のコツも紹介

キャリアビジョンを練る

20代での転職は可能性が広い分、あらゆる選択肢があることでしょう。

そこで、将来に向けてベストな選択となるように、転職する目的と共にキャリアビジョンを明確に立てておくことが大切です。

将来ありたい自分像を描き、いくつまでにどんなスキルを身に着けておきたいか、会社でどのようなポジションを担い貢献していきたいか、そんな家庭を築きたいかなど中長期的な視点を持ってイメージしてみてください。

未来はわからないとはいえ、目標感が明確であればあるほど実現性は高まります。

選考に通過するためにキャリアビジョンを練るという発想ではなく、転職を後悔しないためにやるべきことのひとつだと捉えて実践してみましょう。

仕事や将来について改めて考えべき転職というこの機会を活かして、あの時行動して良かったと思える転職を果たしましょう!

参考20代向けおすすめ転職サイト比較ランキング!選び方も解説 説

自分の市場価値を把握する

転職先として視野に入れている企業の採用基準や求める人物像にあなた自身が見合っているかどうかをはかるべく、自分の市場価値を把握しておくことが大切です。

一般的に20代に共通する強みは、社会人経験が浅くとも人柄や伸びしろに期待して採用してもらえる可能性が高いという点です。

とはいえ、同じ20代でも年齢が上がるにつれてポテンシャルよりも実力に重きをおく採用へと比重が移り変わっていきます。

年齢や経歴、転職目的によって転職活動における具体的な強みは人それぞれであり、戦う土俵も異なります。

よって、自分に合った転職活動の戦い方ができるように自分の市場価値を把握してくことは誰しもに大切です。

20代で転職活動をすることの良さは選択肢の多さだけでなく、自分の市場価値を把握し、足りないものを整理する良い機会となることがあげられる。

参考【20代向け】おすすめ転職サイト比較ランキング10選|転職の専門家が徹底解説 説

「転職口コミサイト」で気になる企業について情報収集

転職サイトの中には、企業の口コミを収集しデータ化したものを提供する転職口コミサイトがあります。

現社員や元社員のリアルな声が集められているため、現場で働く人にしかわからない社内の雰囲気や福利厚生の活用実態、給与事情など、転職者なら誰もが気になる情報を得やすい便利なサービスです。

転職希望先企業とのミスマッチをあらかじめ防ぐことにも繋がるため、利用しないのはもったいないと言っても過言ではありません。

以降の章「​​20代男性が転職サイトとの併用をおすすめするその他転職サービス」でおすすめの転職口コミサイトをご紹介しているので、目を通してみてください。

参考20代・未経験の転職におすすめの業界・職種!おすすめの理由と転職先を選ぶポイント!

退職せずに転職活動を行う

一度退職してからじっくり転職活動を行いたいという考えの人もいるかもしれません。

しかし、退職後に転職活動をすることによって「長引けば長引くほど金銭的余裕がなくなる」「仕事が決まらないことにより焦りを感じる」といった状況に陥る可能性が高く、転職活動としての精度を高めることが難しくなってきます。

加えて、退職から転職までにブランク期間があることで採用側にネガティブな印象を与えてしまう可能性が大いにあるためできることなら今の仕事を辞めていない状態で転職活動を行うことがおすすめです。

参考20代男性が転職成功をするためには?経験から見る確実にいい企業に転職するコツ

「転職エージェント」を活用する

20代男性が転職を成功させるためには、個別転職支援サービスを手がける「転職エージェント」の活用がおすすめです。

おすすめする理由としては、、先に述べた成功させるためのコツすべてを実践として移しやすい環境が整っており、独自で転職活動を進めていくよりも転職を成功させる確率が高まることがあげられます。

「転職エージェント」を利用することで、プロからマンツーマンで転職のアドバイスを受けられるため、転職活動をスムーズに進めることができるのです。

転職となると、まず誰もがリサーチするのが求人サイトに掲載されている求人内容かと思いますが、『求人サイトと転職エージェントの違いはいったいなんなのか?』以降で解説していきたいと思います。

参考【経験談つき】20代後半の男性の転職は楽勝です【ただし失敗に注意】

参考20代男性の転職事情とは?転職の失敗例や成功させる方法を解説! /

20代男性転職者におすすめの転職サイト(転職エージェント含む)の選び方

転職サイトの2つのタイプとは

そもそも転職サイトのタイプは大きく下記2パターンに分けられます。

【転職サイトの種類(2つ)】

  • 「求人型」の転職サイト

  • 「エージェント型」の転職サイト(=転職エージェント)

上記各々の転職サイトの役割としては、下記の通りです。

「求人型」の転職サイト 「エージェント型」の転職サイト
(=転職エージェント)
・個別転職サポートなし
・自分で求人を探して応募する
・個別転職サポート付き
・求人を紹介してもらえる

いずれも利用は無料ですが、求人型の転職サイトは、求人掲載をし募集することを主たるサービスとしているます。

一方で、エージェント型の転職サイト(転職エージェント)は求人を紹介してくれる上に、転職活動を個別にサポートすることを主たるサービスとしています。

【エージェント型転職サイト(転職エージェント)の主なサポート内容】

エージェント型の転職サイトの具体的な転職サポート内容としては、主に下記の通りです。

エージェント型転職サイトのサポート内容エージェント型転職サイトのサポート内容

  • 個別にキャリアプランの相談を受け、プロ目線でアドバイスをする
  • 選考書類の添削や面接練習の実施、推薦状作成などをマンツーマンで行う
  • 求人票には記載のない細やかな企業情報を提供する
  • 面接の日程調整や雇用上の交渉ごとを行う
  • 多数の非公開求人含めた圧倒的求人数を保有しているおり、利用者に相応しい求人を紹介する

20代男性が転職活動にいたるまでの背景は様々であることが考えられますが、社会人としてまだまだ若手で可能性を秘めています。

よって、転職に対して偏った考えを持つのではなく、プロのキャリアアドバイザーからの第三者目線でのサポートを受けることで視野を広げていける点でも転職エージェントを活用することをおすすめします。

参考 20代男性に評判の転職サイト・エージェントは? おすすめ11選&上手な活用法

20代男性向け転職サイトの選び方 | 併用使いがおすすめ!

求人型・エージェント型のそれぞれのタイプの転職を併用し、使い分けることであなたの転職により有利に働くことに繋がるでしょう。

また同じタイプの転職サイトであっても、複数併用することもおすすめです。

とはいえ求人サイトは溢れかえっており、

「20代男性である自分の転職にあった転職サイトは実際どれなのか?」

と悩んでしまう方も少なくないことでしょう。

20代男性の転職サイトの選び方のポイントは大きく下記3点あります。

20代男性ならではの転職サイトの選び方20代男性ならではの転職サイトの選び方

  • 幅広い年代をターゲットとした、求人領域が豊富な転職サイトを選ぶ
  • 「20代」「男性」「経験」「未経験」といった自分の属性が主なターゲット層としている転職サイトを選ぶ
  • 転職先として視野に入れている業界・職種の求人が豊富な転職サイトを選ぶ

上記3つのポイントを踏まえたうえで、20代男性におすすめの転職サイトを以降にて厳選紹介するので、是非参考にしてみてください。

参考20代向け転職サイトおすすめランキング26社を徹底比較!選び方や成功のコツも解説

【20代男性転職者必見!】おすすめ転職サイト18選

数ある転職サイトの中から20代男性におすすめの転職サイト(「求人型」・「エージェント型」)を下記の通り厳選しました。

各転職サイトごとに特徴があるので、あなたに合った転職サイト探しにお役立ていただければ何よりです。

「求人型」の転職サイト 「エージェント型」転職サイト
・リクナビNEXT
・マイナビ転職
・エン転職
・キャリトレ
・リクルートダイレクトスカウト
・リクルートエージェント
・doda
・マイナビエージェント
・マイナビジョブ20’s
・Re就活
・DYM転職
・type転職エージェント
・ワークポート
・ハタラクティブ
・ウズキャリ(UZUZ)
・パソナキャリア
・ビズリーチ
・JACリクルートメント

参考20代のための転職サイトおすすめランキング|特徴・性別ごとに比較

参考20代の男性におすすめの転職サイト20選|選び方やコツも紹介

20代男性におすすめの「求人型」転職サイト

◼『リクナビNEXT

出典:リクナビNEXT

転職サイト「リクナビNEXT」は、業界最大手の株式会社リクルートが運営する求人型の転職サイトです。

転職者の約8割が利用している転職サイトであり、圧倒的な求人数・求人ジャンルを誇った幅広い方におすすめの転職サイトです。

まだまだ働き盛りで伸びしろのある20代男性の転職の可能性を広げるためにも、リクナビNEXTの求人に目を通して市場調査することも良いでしょう。

◼『マイナビ転職』

出典:マイナビ転職

マイナビ転職は、常時2万件近い求人を保有。マイナビ転職の独占求人が多く含まれています。

有名企業や公的機関など、企業規模・業種・職種を限定せず掲載していることが魅力のひとつ。営業・販売職や事務系職種の他、需要が高いIT・web関連職種などを取り扱っています。

マイナビ転職は求人検索〜応募を応募を目的とした転職サービスなので、個別転職サポートは受けられませんが、マイナビ転職フェアや転職活動に役立つコンテンツも充実しています。

マイペースに転職活動を進めていきたい20代〜30代前半の人はぜひチェックしてみてください。

◼『エン転職』

出典:エン転職

転職サイト「エン転職」は、エン・ジャパン株式会社が運営する幅広い年代の転職者が利用できる転職サイトです。

大手企業に限らず、とりわけ優良な中小企業の求人にも力を入れており、20代~30代前半を主なターゲット層とした転職サイトであることが特徴の1つです。

大手企業に限らず幅広い会社規模を転職先として視野に入れている20代男性には特におすすめです。

◼『キャリトレ』

出典:キャリトレ

キャリトレは、ハイキャリアな20代向けにビズリーチが運営している転職求人サイトです。

大手有名企業やベンチャー企業などの優良求人を取り扱っており、AI学習により利用者とのマッチングの精度を高める「レコメンド機能」を取り入れていることが強みです。

ハイクラス向けにスカウト制転職サービスを手がけるビズリーチ同様に、面談や面接が確約されたスカウト機能もあるため、自分の転職市場価値をはかりやすいことも活用するメリットとなります。

◼『リクルートダイレクトスカウト』

出典:リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス・エグゼクティブ向けのスカウト制転職サイトです。

利用者の年齢を限定するサービスではないため、20代でもキャリアに自信のある人は大いに活用できることが期待できます。

大手企業や優良企業を厳選し、年収800万〜2000万を多数取り扱っていることが魅力の一つです。

登録完了後はヘッドハンターや企業からのスカウトを待つだけ。

キャリアやスキルがある20代でも、経験年数が浅く自分の転職市場価値を把握しづらいという人に特におすすめの転職サービスです。

20代男性におすすめの「エージェント型」転職サイト

◼『リクルートエージェント』

出典:リクルートエージェント

エージェント型転職サイト「リクルートエージェント」は、業界最大手である株式会社リクルートが運営する総合型転職エージェントです。

圧倒的No1の求人数・求人ジャンルを誇り、安定的な転職支援サービスが特徴であり、20代男性はもちろん、幅広い世代や業種への転職者におすすめです。

実際、リクルートエージェントの転職利用者の多くが、転職後に年収アップをはかっているため、現状に満足せず更に飛躍していきたいと考える20代男性にはもってこいの転職エージェントと言えます。

前述てでご紹介した求人型転職サイト「リクナビNEXT」と併用使いすることもおすすめです。

「リクルートエージェントの口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

【やばい?】リクルートエージェントの口コミ・評判は悪い?メリットとデメリット徹底解説

リクルートエージェントの良い評判・口コミや悪い評判や口コミが生まれる原因から、メリットやデメリットまで徹底解説しています。

◼『doda』

出典:doda

エージェント型転職サイト「doda」は、パーソルキャリア株式会社が運営する業界2番目の総合型転職エージェントです。

求人型・エージェント型・スカウト制の3機能性を備えており、1つのサイトで転職ツールタイプを使い分けできることも魅力の1つです

保有求人は大手から中小、スタートアップ・ベンチャー企業と幅広いラインナップを揃えており、社会人経験がまだまだ浅い20代男性はより視野を広げて転職活動を進めていけることが期待できる点でもおすすめです。

参考20代におすすめの転職サイトランキング|未経験・第二新卒向けも紹介

「dodaエージェントの口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

dodaエージェントの評判はひどい?ホントの評判を徹底検証します!

dodaエージェントのサービスや特徴の紹介と合わせて、口コミを交えながらひどい評判の原因を探っていき、dodaエージェントのメリット・デメリットの解説をしています。

◼『マイナビエージェント』

出典:マイナビエージェント

エージェント型転職サイト「マイナビエージェント」は、20代を中心に若手転職サポートに力を入れている転職エージェントです。

先にご紹介した「リクルートエージェント」や「doda」と同じく大手転職エージェントでありながらも、20代・30代の転職に力を入れており大手企業にこだわらず、優良な中小企業やスタートアップ企業の求人を中心とし他社との差別化をはかっています。

独占求人も豊富であるため、自分とより相性の良い企業を探している20代男性はぜひ注目してみてください。

ただし、未経験転職を目指す20代の人には後述の「マイナビジョブ20’s」がおすすめです。

「マイナビエージェントの口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

マイナビエージェントのひどい評判を検証!口コミから分かるホントの評判とサービスの特徴

マイナビエージェントの評判を見てみると、ひどい評判もあるようですが、その真相や、マイナビエージェントのリアルな口コミや特徴的なサービスも合わせてご紹介しています。

◼『マイナビジョブ20’s』

出典:マイナビジョブ20’s

エージェント型転職サイト「マイナビジョブ20’s」は、株式会社マイナビワークス(マイナビグループ)が運営する第二新卒・既卒含む20代若手特化型の転職エージェントです。

登録者の約8割が社会人経験3年以内の20代であるという実態からも、とりわけ20代の転職を後押しすることに特化したエージェント型の転職サイトです。

20代向けの求人が圧倒的多数であることに加えて、業界・職種未経験者を歓迎する求人も多数あるため、正社員としての職歴が十分になく転職に自信のない20代男性にもおすすめです。

◼『就職Shop』

出典:就職Shop

リクルートグループが運営する第二新卒・既卒・フリーターの転職支援を専門とする20代若手向けの転職エージェントです。

リクルートグループのネットワーク力を活かして、関東圏と関西圏を中心とした優良企業やベンチャー企業の求人を幅広く取り揃えています。

スキルや資格の有無を問うことはなく20代のポテンシャルに期待し、先行時には適正と相性を重視していることがポイントです。

書類選考なしで面接に臨むことができるため、キャリアが浅かったり、学歴に自信がなかったりで就職や転職を踏みとどまっていた人は必見です。

参考20代におすすめの転職エージェント29選!女性・未経験・第二新卒・フリーター向け

◼『DYM就職』

出典:DYM就職

エージェント型転職サイト「DYM就職」は、株式会社DYMが運営する既卒・第二新卒含めた10代~30代の若手層向けの転職エージェントです。

書類選考なしで面接まで到達できる求人を多数揃えているため、学歴や職歴に自信がない方や、書類選考に通らず転職活動に苦戦している20代男性の方には特におすすめです。

また、取扱社数2,500社と会社規模が様々な幅広い企業との繋がりを持っており、とりわけ営業・販売・ITエンジニア・マーケッターを中心とした未経験者歓迎の求人も多数保有しているため、未経験業界や職種への転職を目指す20代男性の転職者にもおすすめです。

「dym就職の口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

【口コミ掲載】dym就職のやばい評判を徹底調査!サービスやおすすめの人を解説します!

dym就職は、第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職と転職を支援しているエージェントとして20代を中心に支持されています。dym就職のサービス内容の解説とやばい評判の検証をしています。

◾️『Re就活』

出典:Re就活

エージェント型転職サイト「Re就活」は、第二新卒や既卒を含む20代若手転職者支援に特化したサービスを手がけています。

希望に応じてキャリアアドバイザーからの個別サポートを受けることができ、独自で求人に応募したい場合は自ら求人一覧を探してマイペースに転職活動を進めることが可能です。

ポテンシャルに期待した若手の積極採用を行う優良企業を厳選していることもあり、大手総合型転職サービスと比較すると求人数は劣りますが、業界や職種を限定することなく20代のポテンシャルに期待したこだわりの求人を取り揃えています。

未経験者関係求人も多いため、20代で新たな分野に挑戦したい転職者にもおすすめです。

◼『type転職エージェント』

出典:type転職エージェント

エージェント型転職サイト「type転職エージェント」は、人材大手の株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職エージェントです。

1都3県の業種に絞った、20〜30代の転職者をターゲットとした特化型の転職エージェントであり、求人領域の幅が広い中でも、IT・WEB系、ものづくり業界の専門職や営業職に強いことが特徴の1つです。

未経験者を歓迎する求人も多数保有していることから、未経験業界や職種への転職を目指す20代男性の方には特におすすめです。

非公開求人が約8割を占めており、1都3県に特化していることから各求人企業の業界・職種に精通したアドバイザーから細やかな企業情報を入手できたり、ピンポイントで的確なアドバイスをもらえることにも期待できます。

◼『ワークポート 』

出典:ワークポート

ワークポート は主に20代〜30代転職者をターゲットとした転職エージェントです。

業界・職種を限定することなく幅広いタイプの求人を保有する中でも、とりわけ、IT・Webや機械メーカー、ゲーム、建築業界また、営業職やエンジニアなどの専門職の求人が強いことが特徴。

業界・職種未経験での転職者へも専門性の高いサポート力で転職成功へ導いてくれるため、未経験転職を目指す20代は必見です。


ワークポート は、20代のエンジニア未経験者を対象とした無料スクール「みんスク」も運営しているため、手に職をつけたい人やエンジニア職への転職を希望する人は合わせてチェックしてみてください。

「ワークポートの口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

ワークポートのやばい評判の真偽を徹底調査!サービスやおすすめの人を解説します

ワークポートのやばい評判の原因、そして、独自サービスやワークポートがおすすめな人の特徴をまとめました。ワークポートのメリットやデメリットを理解した上で、登録することをおすすめします。

◼『ハタラクティブ』

出典:ハタラクティブ

ハタラクティブはフリーター・第二新卒・既卒といった正社員としてのキャリアがない、またキャリアが浅い10代〜20代に向けた個別転職サポート専門の転職エージェントです。

学歴やキャリアを重視せず、人柄・適正を見極めた積極採用を行う企業の求人割合が多く、未経験者向けの求人も多数取り扱っています

大手転職エージェントと比較すると求人ボリュームは劣ってはいるものの、転職者層を絞って丁寧にサポートしてくれることも魅力のひとつ。

求人母数を求める人は大手転職エージェントとの併用使いをすることをおすすめします。

「ハタラクティブの口コミ・評判、メリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

ハタラクティブはやばい?サポートは最悪?本当の評判を徹底調査しました!

手厚いサポートで20代をサポートしているハタラクティブですが、評判を見てみると、「やばい」「やばい」といった悪いものがあるようです。ハタラクティブが本当に「やばい」「最悪」なのかを探っていき、本当の評判やメリット・デメリットに関して解説しています。

◼『ウズキャリ(UZUZ)

出典:UZUZ

今急成長を遂げているベンチャー企業「株式会社UZUZ」が運営する20代向けの転職エージェントです。

大手転職エージェントと比較すると、求人数が劣ってしまうものの、未経験でも転職需要が高いIT・Web業界をはじめとし、第二新卒・既卒・フリーターを対象とした求人を多数取り扱っています。

20代で初めて正社員へと転職する人や、早くもキャリアチェンジを目指す人は男女問わず注目すべき転職エージェントで、ITスクールやビジネス研修など、個別サポート以外のサービスも充実していることもポイントです。

まだまだ転職サービスとしての歴史が浅いながらも、「利用者の入社半年後の定着率が96.8%」(2021年度)と、高実績であることからも個別サポートに期待できます。

◼『パソナキャリア

出典:パソナキャリア

エージェント型転職サイト「パソナキャリア」は、人材派遣で名高いパソナグループ運営の総合型の転職エージェントでありながらも、特に東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・名古屋エリアの求人に強いことも特徴の1つです。

利用者のみに公開される非公開求人が約80%で、幅広い年代に向けた求人が多数ある中でも、特に20代~30代に向けた求人が多いため、まだまだ先の長い今後のキャリアを真剣に考える20代男性の転職者に寄り添った手厚いサポートを受けられることでしょう。

◼『ビズリーチ』

出典:ビズリーチ

転職サイト「ビズリーチ」は、国内最大級のハイキャリア向けスカウト制転職エージェントです。

国内外問わず、管理職や専門職のハイクラス向け求人を多数保有しています。

一流企業や優良企業、ヘッドハンターからスカウト連絡があることから、現状自身のキャリアがどこまで通用するのか判断つきずらいと考える若手20代男性の実力に見合った最適な求人に出会えることに大いに期待できる点でもおすすめです。

最低でも年収500万以上を見込める求人が豊富であるため、高年収を狙う若くしてハイキャリアな20代男性にはうってつけと言えます。

◼『JACリクルートメント』

出典:JACリクルートメント

転職サイト「JACリクルートメント」は、株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営する外資・海外転職に特化したハイキャリア向けの転職エージェントです。

30代〜50代の中堅層をターゲットとしたイメージが強くありますが、グローバルに活躍できる20代向けの求人も多数保有していることから、グローバルに活躍したいと考えるハイキャリアな20代男性にもおすすめです。

最低でも現職での年収目安は500万以上といった求人が多くを占めていることから、収入やキャリア共に実績のある方は必ず利用すべき転職エージェントと言えます。

「20代におすすめの転職エージェント」に関する合わせて読みたい記事

【最新2022年】20代におすすめ転職エージェント厳選15選

20代の転職を成功させるためには、転職エージェントの活用がおすすめです。転職を考えている20代向けに転職成功のためのおすすめ転職エージェントから活用ポイントまで総合的に解説しています。

参考20代におすすめの転職サイト27選!人気ランキング、性別・職種・特徴を徹底解説!

20代男性が転職サイトとの併用をおすすめするその他転職サービス

転職求人サイトや転職エージェントサービスの利用のみでは働く社員のリアルな声まで情報収集することは難しく、ポジティブな声は届いてもネガティブな情報を転職者に伝えることはないと考えるべきです。

福利厚生制度は充実していても活用実態がどの程度のものなのか、また労働環境や社風などの実情は転職を決める前には把握しておきたいところだと思います。

そこで利用をおすすめする転職情報サービスは下記の通りです。

おすすめの転職サービス

  • OpenWork
  • ミイダス
  • en Lighthouse(エン ライトハウス)
  • 転職会議
  • キャリコネ

企業で働く社員や退職者の声をリサーチすることができ、会社全体のイメージを掴みやすく自分自身との相性をはかるひとつのツールとして活用することができます。

以降では各サイトの特徴やおすすめポイントをお伝えしていくので是非参考にしてみてください。

参考【20代転職おすすめ職種】未経験でも採用されやすい人気の職業を男性・女性別に解説!

参考【転職サイト20代】おすすめランキング比較【2022年9月最新版】高収入を目指す20代前半・後半の男性・女性向け

OpenWork

出典:OpenWork

就職・転職情報サービス「OpenWork」では、社員による約1300万件もの口コミを掲載する他、年収や業績、残業実態、社風などをデータ化したものを情報提供しています。

各企業のバランスや就職・転職した際のビジョンをイメージしやすい情報を収集することで、企業との相性の良し悪しをはかったり、ミスマッチを防ぐことに役立てる使い方がおすすめです。

一般的な転職サイト同様に求人掲載もしていますが、社員の評価が高い順番に求人情報が掲載される仕組みをとっているため情報の信頼性が一層高いという味方ができる求人サービスという見方ができます。

ミイダス

出典:ミイダス

ミイダスは数百万人の年収データや転職実績情報のデータ化により、転職者の市場価値を簡単に測ることができるサービスです。

利用者個人の行動特性(コンピテンシー)や個性を分析してくれるため、客観的に見た自分を知ることができるうえに、分析結果にもとづきスカウト連絡を受けることができるため待っているだけでスムーズに求人企業とのご縁に恵まれる可能性があります。

働き盛りの20代男性と一括りに言っても、人それぞれ年次やキャリア、得手不得手は異なります。

「転職できるかどうか不安」「客観的に見た自分の社会人としての価値がよくわからない」という人は気軽に利用してみてください。

en Lighthouse(エン ライトハウス)

出典:en Lighthouse

en Lighthouse(エン ライトハウス)は、従来の日本最大級の企業クチコミサイト「カイシャの評判」をリニューアルし、使いやすくした就職・転職口コミサイトです。

口コミをはじめとし、あらゆる視点での企業情報をデータ化することで仕事選びで気になるポイントをリアルな情報をもって相対的に把握することができます。

入社後の姿をよりイメージしやすくなうよう時代に即した女性視点での評価項目を加えたり、各企業ならではの強みを可視化することで利用者とのミスマッチを防ぐよう利用者視点で様々な工夫がされています。

転職会議

出典:転職会議

転職会議は豊富な口コミをチェックできる掲示板としての役割だけなく、25万件超(2022年9月時点)の求人情報を掲載する転職求人サイトとしての機能を持つ転職サービスです。

20万を超える企業の口コミを取り扱っており、転職者が気になるリアルな声が収集されているため、募集求人を選ぶにあたって役立てるヒントを得ることができます。

また選考の面接内容についても投稿されているケースもあるので、選考対策を練る際のヒントを得る使い方も可能です。

大手求人サイトや転職エージェントにも匹敵する数の求人が掲載されているため、口コミチェックの際は求人にも注目してみてください。

キャリコネ

出典:キャリコネ

キャリコネは人材業界の中でも注目度の高いベンチャー企業が手がける転職情報サービスです。

60万社を超える企業の口コミ情報の他、転職エージェントや転職求人サイトの利用者の声をもとにサービス内容を比較できる情報を提供し、利用者視点で活用しがいのあるサービスを手がけていることが魅力のひとつ。

転職する決意が固まっておらずキャリアに悩んでいる人、自分のペースで転職活動を行う人も、転職エージェントサービスを利用し転職活動をする人など、様々な人が知りたいリアルな情報を入手できることに期待できます。

参考20代向け転職サイト・エージェントおすすめ33社を徹底比較|選び方と転職成功のコツ

参考20代の転職徹底解説|20代後半の転職は厳しい?転職にオススメの職種も!

20代男性の気になる転職事情

20代男性が将来を見据えた転職の際に気になる強みや年収事情など、気になる転職事情についてお伝えします。

20代の転職ではキャリアやスキルがあることに越したことはありませんが、20代といった若さと可能性を転職活動にいかに活かしていけるかが転職成功への鍵となります。

転職に対して漠然とした不安がある人こそ、転職事情を把握することで客観的に自分自身を分析し転職活動を有利に進めていきましょう。

参考【転職サイト】おすすめ比較ランキング【ハイクラス】

20代男性は前向きに転職できるタイミング

転職市場において吸収力があり将来に期待できる20代は需要が高く、20代での転職は前向きに考えるべきタイミングと言えます。

しかし、同じ20代でも20代前半と20代後半とでは転職市場に求められる要素が異なるため、転職活動のコツやPRすべきポイントが異なってきます

以下では20代前半と20代後半での転職による違いについてお伝えしておきたいと思います。

「20代前半」

20代前半の転職では、ポテンシャルや熱意を重視した採用傾向にあり、転職時点のスキルや実力を問わないケースが一般的です。

よって20代前半の男性転職者はスキルやキャリアが浅いことが理由で転職を諦める必要はありません。

新卒での就職にミスマッチのある第二新卒や未経験分野への転職を希望する20代前半の転職者は、若さを武器とし計画性をもって転職活動を進めていきましょう。

「20代後半」

参考20代転職でおすすめの職種とは?未経験でも採用されやすいスキルが付く仕事を大公開

【20代男性向けQ&A】転職サイト・転職エージェントに関するよくある質問

最後に転職を視野に入れる20代男性向けに、転職サイトや転職エージェントにまつわるよくある質問に対する回答をご紹介します。

サービスを利用するにあたり、最低限おさえておくべきポイントを絞って回答しているため、記事すべてに目を通す余裕がない人も是非参考にしてみてください。

参考【男性編】給料が高い仕事職業ランキング20

Q1)「転職サイト」はどれも無料でしょうか?

「求人応募型の転職サイト」も「エージェント型転職サイト(転職エージェント)」のいずれも基本的には利用料が無料です。

求人応募型の転職サイトは、求人企業より求人掲載したことによる広告料を、エージェント型転職サイトは内定者が出た場合に紹介した企業より紹介料を報酬して受け取るため、基本的には利用者には負担がありません。

ただし一部のサービスについては、会員ステータスに区別がありステータスによって有料のものもあります。(例「ビズリーチ 」)

Q2)「転職サイト」は登録しなくても利用できるのでは?

転職サイトは登録しなくとも利用自体は可能です。

ただし、求人応募型の転職サイトについては登録を完了させなければ応募できません。

また、登録利用者のみに公開される求人(※非公開求人)をチェックすることができないため、掲載求人すべてを把握できないという点で未登録で利用することはお得ではありません。

登録も利用も無料なので、求人をチェックするだけであっても登録しておくことがおすすめです。

Q3)転職するかどうか迷っていますが転職エージェントは利用できますか?

転職する意思や時期が定まっていなくても転職エージェントを利用することは可能です。

まずは相性の良さそうな転職エージェントを選び、キャリア面談の場で現状の悩みや転職に関して相談してみてください。

また、求人サイトに登録して求人の市場調査や転職情報を集めることを同時に行うこともおすすめです。

ただし、転職エージェントは転職する熱意やめどが立っている人を優先的にサポートしていくため、転職すると決めたらしっかりとやる気をアピールしていきましょう。

Q4)「求人型転職サイト」と「エージェント型の転職エージェント」の違いは何ですか?

「求人型転職サイト」と「エージェント型の転職エージェント」の違いをひとことで言うと、個別転職サポートを受けられるかどうかです。

求人案件への応募者を募り企業への橋渡しをするのが「求人型転職サイト」である一方で、企業と転職者の仲介役となり内定に向けて転職者を直接アシストするのが「エージェント型の転職エージェント」です。

詳細については本記事の「20代男性転職者におすすめの転職サイト(転職エージェント含む)の選び方」の章をご参考ください。

Q5)転職サイトはどうやって選べばよいでしょうか?

あなた自身の転職理由や転職条件を踏まえて、目指す業界や職種、年齢、勤務エリアの求人情報が豊富な転職サイトを選ぶことがポイントです。

転職サービスサイトによってターゲットとする利用者層に違いがあります。

複数利用が可能で、利用するサービスの数は限られていないため、興味を持ったサービスをまずは試しに利用してみてください。

転職活動を進める中でメインとして利用するサービスを徐々に絞っていくとよいでしょう。

Q6)転職するかどうか迷っています。誰かに相談すべきでしょうか?

人に相談するかどうかはあなた次第ですが、迷っているのであれば相談することで自分の本心や可能性に気づけるかもしれません。

知り合いの方に相談する場合は、転職経験のある元同僚や元先輩への相談がおすすめです。

どんなに信頼できる相手であっても今の会社に漏れるリスクがある人は相談相手として避ける方がよいでしょう。

プロのアドバイスを求めるのであれば、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職者の現状から今後のキャリアについて的確なアドバイスを受けられたり、個別に求人紹介や選考対策を行ってくれる頼もしいサービスです。

転職エージェントのサービス内容については当記事の「20代男性転職者におすすめの転職サイト(転職エージェント含む)の選び方」をご参考ください。

参考20代で未経験業界へ転職は可能?成功するコツやよくある失敗 を解説

Q7)転職エージェントの面談はスーツがマストでしょうか?

転職エージェントの面談に臨む服装に特に決まりはありません。

無難にスーツかオフィスカジュアルな服装で臨むことを推奨します。

今後お世話になる転職エージェントの担当者と初めて対面する機械であり、第一印象が良いことに越したことはないため、清潔感のある見た目を意識しつつ肩に力を入れすぎないようにしてください。

Q8)「転職エージェント(エージェント型転職サイト)」利用にあたって、簡単に流れを教えてください。

転職エージェントによって各社サービスに特徴はありますが、一般的な流れは下記の通りです。

    ・登録
    ・面談日時の設定
    ・キャリアアドバイザーとの面談
    ・選考対策(応募書類の添削や面接対策など)
    ・内定後フォロー

面接の日程調整や、給与などの雇用条件の交渉ごとも代行してくれるため、転職活動のステップをスムーズかつ効率的に進めていきやすい環境が整っています。

参考20代向けおすすめ転職サイトランキング!プロと利用者が30社以上を徹底比較

さいごに

20代男性のあなたの転職タイプによって、選ぶべき転職サイトは変わってきます。

20代での社会人経験は今後の人生を左右するほど貴重な時間であり、転職においても真剣に向き合えば向き合う程に満足度の高い転職を叶えることができるでしょう。

本記事で紹介した転職サイトをまだ利用されていない方は、まずは1つでも良いのでお試し利用してみてください。

参考20代向けおすすめ転職サイト34選比較ランキング│選び方も解説

参考​​20代後半の転職は厳しい?転職理由別にプロが回答する現実|失敗を避けるコツ

参考​​20代の転職におすすめの業種・職種ランキング!転職先に迷ったら!​

page top