著者:マネたま転職研究所 2022年10月3日更新

カテゴリー30代おすすめ転職エージェント

30代女性におすすめの転職エージェント【世に溢れるまとめのまとめ】

アップロード日2022/06/24

マネたま転職編集部

この記事は30代女性の転職に適した転職エージェントの情報をあらゆる角度からまとめているサイトの情報をさらにまとめた内容になっています。また、まだあまり知られていないもののとても有用な転職系、裏技系の転職サイトについても紹介していきます。

転職エージェントは今やインターネット上にたくさん存在し、ほとんどが無料で利用できます。中には会員登録をすることで非公開求人が閲覧できるものや、オンライン上だけではなく実際にエージェントに出向いて求人を紹介してもらえるサービスもあります。

そして転職者は、インターネット上に数ある転職エージェントの中から自分に適した転職エージェントを取捨選択して利用することになります。

一見するだけではどのエージェントも同じように見えるので、あらかじめどんな特徴を持っているのかがわかるととても便利で、転職活動も効率的に行えます。そんな時に役立つのがまとめサイトの存在です。

まとめサイトも世の中に転職エージェント以上に多くあり、ランキング化されたもの、比較したもの、独自、あるいはテーマに添って厳選されているもの、ノウハウ系など様々です。

例えば「30代 女性 転職」などのキーワードで検索するとこれらは出てきますが、情報が乱立しすぎていて結局どれを見れば良いの?、各サイトを精査している時間はない!という人もいることでしょう。そういった人はぜひこの記事を参考にしていただけると幸いです。

また30代におすすめの転職エージェントの中でも、特に女性におすすめの転職エージェントを紹介していきます。

マネたま転職博士見習いの補足 マネたま転職博士見習いの補足

なお30代での転職となると、第二新卒の時期も過ぎていて難しいのではと不安になっている人も多いのではないでしょうか。「30代前半の転職って、有利? 不利?」に30代での転職に関する実情について詳しくまとめられていたので、気になる際はぜひご覧ください。

各まとめサイトで分析されている30代女性の転職について

各サイトを見る中で30代女性の転職について解説されている内容を見ると大きく以下3点にまとめられました。それぞれ詳細を見ていきましょう。

「20代の時に比べると転職が難しくなる」

一般的に年齢を重ねるについて転職が難しくなると言われていますが、具体的には何が違ってくるのでしょうか。

大きな違いを挙げるとしたら、転職先の幅が狭くなるということに他ならないでしょう。

新卒や第二新卒の年齢である20代はまだ社会人経験が浅く、これから成長する可能性があるという期待を含めたポテンシャル採用を行う企業があります。20代の前半と後半で多少事情は異なってきますが、それでも20代という年齢においては未経験OKでの採用をしている求人が多く見受けられます。

対して30代となると、キャリア形成を見越した募集であるために募集対象外の年齢となっている場合があります。30代は同業種内での転職であればそれほど困難にはなりませんが、異業種への転職に関しては難しさが発生する年齢になるという状況です。

しかし30代でのキャリアチェンジが全く不可ということはなく、20代と同様に前半後半で事情が異なってくるため、検討している人は極力早く動き始めることをおすすめします。

「両立の難しいライフイベントが多く発生する」

30代の女性は結婚、妊娠・出産、子育てなど、仕事だけに打ち込める環境が整え辛くなる可能性が高い傾向にあります。

そのため出産や育児休暇に関する制度が充実していて、出勤に関して柔軟な対応が可能なところであればまだしも、定期的、長期的な勤務が見込めない場合だと採用が難しい企業があることも事実です。

特に長い歴史のある大手企業では臨機応変な対応が難しい場合があり、長く勤められる見通しが立たない状況での採用が困難となる可能性が高いです。

一方でベンチャーのような新しい企業においては、育児に関する休暇制度が充実していたり、社内に託児所を設けて子育て中の女性の仕事を支援していたりする企業もあります。柔軟に時短勤務や在宅ワークに対応しているところもあります。

上記に挙げたライフイベントの最中に30代女性が転職する場合は、

それら企業の特色を見極めて志望先を定めることが、効率的に転職活動を進め、自分に見合った企業に転職するための重要なポイントと言えます。

マネたま転職博士見習いの一言 マネたま転職博士見習いの一言

子育てなどで忙しく、転職活動に十分な時間を避けないという人も出てくるのが30代という年齢なので、ぜひポイントを抑えて望むことをおすすめします。

「これまでの経験を生かした転職ができる」

ここまでは主に30代女性の転職の難しさについて紹介してきましたが、30代で転職するメリットもあります。

20代ではどうやっても得ることのできない経験が強みとなる点です。

即戦力を求められている現場であれば、未経験の20代よりも経験やスキルを蓄えた30代の方が採用される可能性が高くなります。

転職回数に関してもかつては回数が多いことをマイナスと捉える企業が多くありましたが、最もな理由さえあれば以前ほど転職活動に支障が出ることが少なくなりました

特に様々なハラスメントが認識されるようになってから、女性にかかわらず男性もそれを理由とした退職・転職をすることも珍しくなくなってきたので、尚更転職回数が多いことを一概に問題視する傾向は薄くなってきたと言えます。

しかし逆にそれまで積み重ねてきた経験やスキルをアピールできないと即戦力とならないと判断され、採用されない可能性が高くなります。また30代ではマネジメント能力を求められる場合もあります

30代になるまでに社会人として働いて来たのであれば必ず何らかのスキルはついているものなので、まずは自分の持つ強みを自ら言語化できるようにしておきましょう。

30代の女性で異業種に転職を目指している場合も同様です。異業種における経験はなくても、仕事全般においてアピールできる経験やスキルがないかを自身で探り、言語化できるようにしておくことが重要です。

同時に異業種転職することで給料が下がること、また自分より年下の人に仕事を教えてもらう場面が20代の頃に比べて多く発生することはあらかじめ心得ておきましょう。逆にこれらが許容できないのであれば、転職は踏みとどまるべきです。

「30代女性が未経験で挑戦できる職種とは?」

今回の記事では女性に向けた内容で構成していますが、近年は各職種においても男性・女性という区別を設けず採用する世の中の動きがあり、女性だからできないという職種も少なくなってきました。

そのため30代での転職事情は男女似た状況にあります。30代の未経験で転職できる職種としてはスキルや資格が重要視されず、人柄、性格、コミュニケーション能力などの人間力を求められる仕事が挙げられます。

具体的には事務職、営業職、販売・接客業、介護・福祉業です。

◼事務職

事務職に関しては残業が少ない、時短で働ける、資格が不要などのメリットが幅広く知られているため長い間働いている人も多く、空きが少ないという人気の職種ではありますが、周りへの気配りやコミュニケーションスキルが欠かせない職種でもあります。

事務職としての経験があれば有効に働く要素の一つとなりますが、ない場合も転職を成功させる方法として、事務職に役立つ資格の取得を検討することをおすすめします。

メモメモ

該当する資格としては「マイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS)」「秘書技能検定」「日商簿記検定資格」などが挙げられます。

◼営業職

営業職はノルマを科されることが多い職種ではありますが、入れ替わりが激しいという特徴もあり、未経験での採用がされやすい職種です。経験や資格がなくてもコミュニケーションが得意であれば、30代からでも十分にその能力を生かして活躍できる可能性があります。

また営業職は商社、IT系、医療系など様々な業界で働ける可能性があり、契約獲得件数次第では高収入も見込める職種です。

◼販売・接客

販売・接客も給料が少ない、シフト勤務になるという点やサービス業への向き不向きを考慮する必要がありますが、未経験で転職しやすい職種の一つです。体力も使う仕事なので、30代前半であればあまり気にする必要はありませんが、後半での転職であれば自分の体力的に無理がないか検討してから応募することをおすすめします。

土日含めたシフト勤務が問題なく、コミュニケーションが得意、好きという人におすすめの職種です。また正社員にこだわらなければ週のうち数日、短時間での勤務ができる可能性が高いです。

◼介護・福祉

介護・福祉系は以上に挙げた3つと異なり、資格が必須となる職種もあります。それでも業界としては慢性的な人出不足が発生しているので、30代の女性でも転職はしやすいと言えます。

未経験で可能な業務もありますが、介護福祉士やレクリエーション介護士などの資格を取得しておくことで活躍できる幅が広がり、希望するキャリアチェンジが叶う可能性も出てきます。また転職後に業務経験を積むことで取得可能な資格もあります。

コメント マネたま転職博士のおすすめ記事

日刊ゲンダイ転職エージェントNAVI「30代の女性におすすめの転職エージェント3選」をチェックしておくのがおすすめですよ。

30代女性転職者に転職エージェントの利用をおすすめする理由

30代女性に転職エージェントの利用をおすすめする最もな理由としては、「転職への視野を狭めてしまいがちな30代女性の転職の可能性を広げることに繋がり、転職活動そのものの精度を高めていける」ためです。

転職エージェントを利用することで、転職のプロであるキャリアコンサルタントがマンツーマンで転職活動をサポートしてくれます。

具体的に主なサポート内容は下記の通りです。

  • キャリア面談
  • 求人紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 面接の日程調整
  • 年収交渉 など

上記にあげた転職サポートを行ってくれるため、独自で転職活動を行うと不安や迷いが生じて中々先に進めなかったり、効率良く転職活動ができないという事態を防ぐことができます。

時に現職や家庭との両立が厳しいケースも想定される30代女性にとって、転職エージェントの存在は心強いものとなることでしょう。

こちらでは転職エージェントを活用することで、『なぜ転職活動の精度を高めることはできるのか?』について深堀りをしてお伝えしていきたいと思います。

参考【徹底比較】30代女性におすすめの転職エージェント厳選10選|取るべき資格も紹介

非公開求人を紹介してもらえることも

転職エージェントでは転職者のキャリアやスキル、希望条件などをヒアリングしたうえで転職者に相応しいと思われる求人を随時紹介してくれます。

転職エージェントでは登録利用者のみに公開し、紹介対象とする求人を各社多数保有していることも特徴の1つです。

非公開求人の中には自社が独占している求人や好条件の求人などが含まれている可能性が高いことから、独自で転職活動を進めるよりも希望の条件にぴったりの求人や質の高い求人に出会える確率がアップします。

30代女性の転職は年齢を過剰に意識しシビアになってしまいがちです。

どうしてもこれまでのキャリアや培ってきた価値観の範囲内で転職先としての可能性を主観的に判断して狭めてしまう傾向にあります。

プロの視点からみたおすすめの求人紹介を受けることも、転職先としての可能性が広がりやるいという意味でもメリットとなることでしょう。

非公開求人とは?企業が求人を非公開にする4つの理由」で非公開求人事情について詳しく知ることができますよ。

まとめサイトでよく取り上げられている転職エージェントトップ3

それでは数ある転職系のまとめサイトをジャンルごとに分けて、良く取り上げられている注目の転職エージェントを探っていきましょう。

ランキング系

ランキング系に関しては、年齢に関係なく女性におすすめの転職エージェントが紹介されているサイト、30代におすすめの転職エージェントランキング、女性におすすめの転職エージェントの評判をランキング化したまとめサイトなどがありました。

そんなランキング系で共通して上位に紹介されている転職エージェントTOP3は以下です。

「ランキング系」

なお今回参考にしたランキング系のまとめサイトは以下です。

【女性の転職】転職エージェントおすすめ評判ランキング|職種年代別に比較して厳選

30代におすすめの転職エージェントランキング15選|活用術まで解説

【女性向け】転職エージェントランキング

比較系

比較系のまとめサイトは、年齢、職種、地域別での女性に向けた転職エージェントの紹介や各エージェントサービスの特色がまとめられていたり、各サービスの比較表を掲載したり、選び方が解説されたものなどがありました。

そんな比較系で共通して上位に紹介されている転職エージェントTOP3は以下です。

なお今回参考にした比較系のまとめサイトは以下です。

30代向け転職サイト・エージェントおすすめ16社を徹底比較|選び方と転職成功のポイント

【2021年最新】30代向けおすすめ転職サイト比較ランキング!

女性におすすめの転職エージェントを徹底比較!年齢別でも紹介

厳選系

厳選系のまとめサイトでは、30代での転職についてデータから分析した結果を裏付けとして転職エージェントを厳選して紹介したものや、総求人数、時短勤務希望の人向け、ブランクがある人向けというピンポイントなシチュエーションごとに厳選したエージェントの紹介、30代女性に向けて総合的に10社のエージェントを厳選した記事などがありました。

そんな厳選系で共通して上位に紹介されている転職エージェントTOP3は以下です。

「厳選系」

なお今回参考にした厳選系のまとめサイトは以下です。

【徹底比較】30代女性におすすめの転職エージェント厳選10選

【転職のプロが教える】女性におすすめの転職エージェントランキング

30代におすすめの転職エージェント17選|未経験やフリーター・キャリアアップまで丁寧に解説

ノウハウ系

ノウハウ系のまとめサイトでは、30代既婚・未婚それぞれの場合の転職への影響や、失敗しないための心得、30代女性の転職が厳しいという見られ方についての言及、そもそも転職エージェントをすすめる理由について解説されたうえで、それぞれの観点から転職エージェントが紹介されていました。

そんなノウハウ系で共通して上位に紹介されている転職エージェントTOP3は以下です。

「ノウハウ系」

なお今回参考にしたノウハウ系のまとめサイトは以下です。

30代の女性におすすめしたい転職エージェント

【30代女性向け】おすすめ転職サイト・エージェント|厳しいってホント?

30代女性の転職は厳しい?アラサーから30代後半までの失敗回避の心得

各まとめサイトで取り上げられている転職エージェントトップ3

各ジャンルのまとめサイトを総合して取り上げられていることの多かった転職エージェントTOP3は以下です。

「各まとめサイトで取り上げられている転職エージェントトップ3」

リクルートエージェントとdodaに関してはほとんどのまとめサイトのランキングでTOP3内に入っており、3位はジャンルごとに多少異なる結果が出ていました

3位、4位辺りに位置することが多かったマイナビAGENT、type、パソナキャリアはほぼ同程度の位置にある転職エージェントであったと言えます。

またTOP3に入らないものの次に続くエージェントとしては、30代〜50代に向けた求人を多く扱っている「JACリクルートメント」や、キャリアアップを望む人向けの「ビズリーチ」が頻繁に紹介されている状況がありました。

リクルートエージェントやdodaに関しては求人数が圧倒的に多いということもあり、30代女性含めた多くの人におすすめの転職エージェントサービスです。

今回のテーマとして扱っている30代女性の転職という部分に特化して強いと見られるエージェントの一つはマイナビAGENTです。マイナビAGENTは第二新卒〜30代の女性向け求人数が多いと言われています。

パソナキャリアも女性のキャリアプランを設計するのに向いているエージェントとの評判があり、typeは女性の転職を担当した実績豊富なコンサルタントが手厚いサポートをしてくれるエージェントとして評判です。

まだあまり知られてない穴場の転職系サイトとは!?

まとめサイトがたくさんある中、どこが運営しているかで信頼する情報を見極めている人もいることでしょう。ここでは日刊ゲンダイと株式会社光文社が運営している転職系情報サイトを紹介します。

「日刊ゲンダイ転職エージェントNAVI」とは?

株式会社日刊現代が運営するサイトで、ノウハウ系の情報を中心に転職エージェントの厳選やランキングでの紹介をする記事が豊富にあります。

初めて転職する人、転職に失敗した経験がある人、また20代女性、30代全般、フリーター、第二新卒と様々なターゲット向けの記事があり、更新も続けられているので、転職エージェントの情報を探している際は一旦このサイトを閲覧すれば自分の状況に適した情報を見つけられる可能性が高いです。

「SmartFLASHジャーナル」とは?

日刊ゲンダイのサイト同様に第二新卒、未経験、女性と各ターゲットに向けた記事の他、Web業界、IT業界といった業界ごとにおすすめの転職エージェントを紹介する記事も見受けられました

記事だけではなく「IT転職」「30代の転職」といったカテゴリーも別に存在しているため、各カテゴリーでさらに自分の状況に合った記事を発見できることでしょう。

ぜひ以上に挙げた2サイトも参考に転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。両サイトのリンクを以下に貼っておきます。

日刊ゲンダイ転職エージェントNAVI

30代の転職 転職エージェントSmartFLASHジャーナル

保育士の転職エージェントで保育士以外に転職できる!?

通常は保育士への転職を目指している人でない限りは、保育士向けの転職エージェントサイトを目にすることはないでしょう。それだけに自力でたどり着くのが難しいかもしれないものの、転職全般においてとても有用なサイトがあります。

それは「チアップ」というサービスで、トップページを見ると「保育士・転職を応援します!」と記載されています。

保育士求人検索、保育士コラムといったメニューが並んでいることからも、一見しただけだと保育士を希望していない人には関係ないサイトと結論付けてしまうところですが、実は通常の転職にも対応してくれる転職エージェントとなっています。

もちろん保育士への転職をメインとして扱っているため、保育士関連の情報が多く、保育士の転職に特化したコンサルタントが転職をサポートしてくれるサービスとなっていますが、通常の転職を希望していることを伝えた場合も、今回取り上げた転職エージェントや求人情報を独自に分析し、最適な案件を導き出したうえで転職の相談に乗ってくれるようです。

保育士への転職を目指しているのであればおすすめなサイトであると同時に、そうではない人も転職先を決めかねている場合はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

なお余談とはなりますが、保育士への転職の場合、コンサルタントが給料の交渉を行ってくれる他、正社員として転職先で働き始めて2か月経過した翌月から5か月間は、簡単なアンケートに答えることで毎月2万円の謝礼が受け取れるという特典も記載されていました。以下にチアップへのリンクを貼っておきます。

保育士求人・転職を応援します! チアップ

30代での転職は十分間に合う!様々な転職エージェントをフルに生かして転職しよう!

近年は転職関連にかかわらず様々なジャンルで無数のまとめサイトがネット上に乱立する状態となりました。

検索して上位に出てきたサイトはもちろん有用な情報が載っている可能性の高いサイトであり、多くの人に見られているという状況もありますが、必然的にインターネット上の仕組みであるSEOの理論に添ったサイトを多く目にするようになるという仕組みによって本来は自分にとって最適な情報であっても、必ずしもそのサイトへたどり着けるとは限らない状況です。

そのため今回は上位に表示されるまとめサイトの情報をさらにまとめて精査したうえで、まだ広く知られていないものの30代女性の転職時に役立つサイトを紹介させていただきました。

30代女性は転職に不利となるどころか、スキルや経験を積み上げて来ていて即戦力となりやすいため、かえって経験の浅い20代の時よりも転職しやすい時期とも言えます。その経験は専門性のあるものではなくても、社会人としての経験自体を買ってくれる職種もあるのでフリーターからの転職であっても諦める必要はありません。

30代での転職に迷っていた女性のみなさんも、ぜひこの記事を参考に「チアップ」のような裏技が使えるサイトなども利用しつつ、転職活動に踏み出してみてはいかがでしょうか。

最後に今回トップ3に挙げている転職エージェントで、30代女性の未経験での転職に絞った検索結果をリンクしておきます。未経験で異業種への転職も検討している人はぜひ参考にしてみてください。

リクナビNEXT

doda

マイナビ

リクナビNEXT

「リクナビNEXT」は、業界最大手のリクルートが運営する総合型の求人転職サイトです。

豊富な保有求人数(全50,000件超〉の内、女性向けの求人だけでも約1万件程を占めています。

よって、何かと条件をつけざるえない傾向にある30代女性にとっても、希望条件に見合った求人と出会えることに期待できるためおすすめです。

年間休日数や産休育休取得実績など、転職者個々のライフスタイルに見合った求人を探しやすいことでしょう。

また、幅広い求人ラインナップと求人数の他、レジュメNAVIという「職務経歴書作成ツール」や、自分の強みを把握するための「診断ツール」、転職に役立つ「女性向けコラム」など、実践として役立つツールが充実しています。

同じくリクルートが運営する転職エージェント「リクルートエージェント」との併用もおすすめです。

doda

業界No.2のパーソルキャリア株式会社が運営する総合型の転職サイト兼転職エージェントです。

doda転職エージェント経由の求人を含めると、約10万件の求人を保有しており、働き方が多様化する30代女性にとっても自分に合った求人と出会えることに期待できます。

また、転職エージェントとしての役割を持っているため、求人を探すだけでなく、転職のプロであるキャリアアドバイザーによる求人紹介や、キャリア相談を受けることもできます。

年齢が上がるにつれて視野を狭めすぎてしまう傾向にある女性の転職においても、第三者の視点を取り入れながら転職の可能性を広げていくことができる点でもおすすめです。

dodaでは数多くの転職希望者を動員している転職フェアにも力を入れており、優良企業担当者から直接話を聞ける機会を提供しています。

その他、女性向けコラムや自己分析ツールなどの役立つ機能も充実しているため、多機能で実用性の高い転職サイト兼転職エージェントです。

マイナビ転職

マイナビ転職は、幅広い転職者層向けに多数の求人を保有している総合型転職サイトの中でも、とりわけ20代・30代向けの求人に強い転職サイトです。

女性の転職に特化した転職サイト「マイナビ転職女性のお仕事」を提供しており、細かく転職条件をつけざるえない30代の女性にも希望条件に相応しい求人と出会えることに期待できます。

マイナビグループのネットワークを活かした独占求人にも注目してみてください。

企業の人事担当者から直接話しを聞ける機会となる「マイナビフェア」が好評である他、適職診断ツールなどの機能面での充実もはかっています。

同じくマイナビ運営の転職エージェント「マイナビエージェント」を利用し、個別に転職サポートを受けることもおすすめです。

page top