2016/11/16 公開

作業効率がアップする!ワード(Word)を使った表の作り方

マネジメントシーンで役立つワード術

Pocket

2010

ワード資料に表を組み込めば、より多くの情報を分かりやすく伝えられる

社内イベントや研修のタイムテーブルをワードで作成する場面を想定してみましょう。表を使わず文字のみで、以下のように列挙してみたとします。

<新入社員研修 日程表>
9:00 入所式
9:10 荷物を置く
9:30 オリエンテーション

上記のようにテキストオンリーで作成してもいいのですが、表にまとめれば分かりやすさは格段にアップします。表スタイルの大きな利点は、時系列や数値データを綺麗にまとめることができ、比較的省スペースで見せられることです。

w12-01

例として、新入社員研修の予定表をワードで作成しました。ワードでは表の作成がかなり自由に、しかも簡単にできます。情報の重要度に応じて罫線の種類や太さを変えたり、日程ごとにカラフルな色をつけたりすることも可能です。

このページでは、まずは表の挿入と文字の入力方法をご紹介します。

ワードで作成した資料に表を挿入する

1.表を挿入したい場所をクリックしてカーソルを点滅させ、画面左上の「挿入」タブをクリックします。
出てきたメニュー内の「表」ボタンをクリックしてみましょう。

w12-02

2.出てきたメニュー内の、四角が並んだ部分をカーソルでなぞり、上下に何行、左右に何列の表を作成するかを指示します。
(赤い矢印部分に「〇行×〇列」と出るので確認してください。)
そして右下端の四角(下図だと緑の矢印の先にある四角)をクリックします。

w12-03

3.そうすると、このような枠組みが表示されます。

w12-04

ワードで挿入した表の枠組みに文字を入れる

次に、表の中に文字を入れてゆきます。枠内のスペースは文字数に合わせて広がるため、まずは入れるべき文字を全て入れてしまいましょう。後でレイアウトなどの作業を行うと、効率よく表作成ができます。

1.文字を入れたいセルをクリックし、カーソルを点滅させます。

w12-05

後は普通にキーボードで文字を打てば、文字が入力されます。あらかじめ用意した文章をコピー&ペーストもできます。

1つのセルに入れる文字を打ち終わったら、「Tab」キーまたは矢印キー「→」を押す、またはマウスで右隣のセルをクリックすると、カーソルが右隣のセルに移動します。
「Tab」キーを押すと右隣のセルのみに移動します。左隣のセルに移動したいときは「Shift」キーを押したまま「Tab」キーを押しましょう。

w12-06

ちなみに、右端のセルにあるカーソルを、一行下の左端のセルに移動したい場合は「Tab」キーを1度押すだけで移動できます。

w12-07

このようにして、どんどん文字を入れてゆきましょう。
セルの結合や罫線の変更といった表のレイアウトを調整する方法は、別ページにてご紹介しています。以下の関連ページもぜひ参考にしてください。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.