2016/11/16 公開

ワード(Word)で作成した表に洗練された罫線を引こう

マネジメントシーンで役立つワード術

Pocket

2010

ワードで作成した表の罫線を変えれば、見栄えがよくなる&指示が伝わりやすくなる

表の罫線を変更することは、分かりやすい表を作成するための重要なテクニックです。たとえばこの例のように、外枠を少し太くすれば表の存在がはっきりし、見る人の視線を導きやすくなります。

w14-01

上の例では新入社員研修の日程表を作成しました。読みやすい、分かりやすい日程表を配ることで「持参物を忘れた」「開始時間が分かりにくくて遅れた」などのよくある失敗を防げるでしょう。

また、見栄えのいい洗練された表を作成すれば「ワードを使った表作成のお手本」として今後の資料作りの見本にしてもらえるかもしれませんね。

ワードで作成した表全体の罫線を変更する

では、表全体の罫線を変更する方法をご紹介します。罫線を一本一本変えるよりも、表全体を選択してから一括変換するほうが効率よくできるのでおすすめです。

1.まず表全体を選択します。
表のどこか1か所をクリックすると、左上に十字の矢印のようなマーク(下図赤丸内)が出てきます。さらにクリックすると表全体が選択されます。
この状態で、作業画面上部の「表ツール」内「デザイン」タブをクリックします。

w14-02

2.そうすると下図のようなメニューが表示されます。
まず右上端のボタンで罫線の種類を選択しましょう。
赤丸内の▼部分をクリックすると線の種類、緑丸内の▼部分をクリックすると線の太さ、青丸内の▼部分をクリックすると線の色がそれぞれ選べます。(ここでは分かりやすいように、緑の太い実線を選択します。)

そしてその左横の「罫線」横の▼部分をクリックすると、表全体にどのような線を引くかが選べます。ここでは「外枠(S)」を選択します。

w14-03

3.このように表全体の外枠のみが変更されました。

w14-04

ちなみに、表の選択箇所によって罫線の変更が適用される範囲が変わります。
たとえば下図のように、表の上3行のみを選択して、先ほどと同じように「外枠(S)」を選択してみましょう。

w14-05

そうすると、このように上3行のみの外側の罫線が変化しました。何度でもやり直しができるので、いろいろ試してみましょう。

w14-06

いじりすぎて混乱してしまったら、「デザイン」タブの下図赤枠内をクリックすると初期状態にリセットできます。

w14-07

ワードで作成した表の罫線を部分的に変更する

ワードで作成した表の罫線は、部分的に変更することもできます。

1.表のどこかをクリックすると作業画面上部に「表ツール」が出現するので、その中の「デザイン」タブをクリックします。
出てきたメニュー右端の「罫線を引く」ボタンをクリックするとカーソルの形がペン形になるので、その状態で変更したい部分の罫線をクリックします。

w14-08

2.クリックした部分の罫線だけが変わりました。
ここでは分かりやすく説明するため緑の太線になるよう設定しているので、ちょっとおかしな感じですが、使いこなせば資料作成がより思い通りにできるようになります。

w14-09

 
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.