2016/11/16 公開

ワード(Word)の表内のセルを思い通りに結合・分割しよう

マネジメントシーンで役立つワード術

Pocket

  • ????????????????????
2010

セルの結合や表の分割が自由自在にできれば、分かりやすい表の作成に「必ず」役立つ

ビジネスで用いる資料は、必要な情報が分かりやすく表示されていることが大切です。部下に指示をする際にも、分かりやすい資料を作成して渡すことで、こちらの意志を正確に伝え、伝達ミスを防止することができます。

表を作成する途中で「ここのセルは繋げて1つのセルにしたいな」と思うことは多いのではないでしょうか。また、ワードで表を作成する途中で「この表は分割した方が見やすいのでは?」と思うこともあるでしょう。セルの結合と表の分割、どちらもとても簡単にできるので、このページを参考にぜひトライしてください。

ワードの表の、隣り合う複数のセルを結合する

それでは、セルを結合する方法についてご説明します。
セルを結合する作業は、文字を全て入れた後がおすすめです。その方がどのセルを結合したらいいかが分かりやすくなるからです。セルの結合後も、入力した文字はそのまま残るので安心してください。

下図は、文字入力を全て済ませた状態です。赤枠内を全て結合してゆきたいと思いますが、まずは一番左の赤枠内を結合します。

w13-01

1.結合したいセルを全て選択します。
選択の方法はいろいろありますが、カーソルを縦の罫線上に置いたときに下図のような右斜め上向きの黒い矢印に変わったときにクリック&ドラッグすると簡単に選択できます。

w13-02

2.画面上部「表ツール」内の「レイアウト」タブをクリック、出てきたメニューの「セルの結合」ボタンをクリックします。

w13-03

3.以上で完了です。

w13-04

こうして縦に長くなったセルを見ると「セル内の文字の位置を変えたい」という気持ちになる方も多いと思いますが、その場合は文字列配置ボタンが便利です。下図の上部赤枠内をご覧ください。

ここでは、赤枠内の黄色くなっている、文字列を中央左揃えにするボタンをクリックしました。何度でも変更可能なので、いろいろクリックしてみてベストな配置を探しましょう。

w13-05

ワードの表を分割する

次は、表を途中で2つに分割する方法をご紹介します。

1.2つ目の表にしたい部分の左上端のセルをクリックし、カーソルを移動させます。下図の例では日程表の1日目と2日目を分割しようとしています。
そして「表ツール」内「レイアウト」タブの、「表の分割」ボタンをクリックします。

w13-06

2.そうすると下図のように分割され、表の間に1行入ります。以上で完了です。1つの表が何ページにも渡るほど長くなったときには、表を分割するとぐんと見やすくなります。

w13-07

Pocket

マネたま編集部
「現場視点から考えると、マネジメントがもっとオモシロクなる」をコンセプトに、マネジメントに関する情報を発信していきます。