2016/11/16 公開

ワード(Word)のテンプレートを使って企画書を量産!

マネジメントシーンで役立つワード術

Pocket

2013

ワードのテンプレートを使えば、たくさんの企画書をらくらく作成!

社外用の企画書はパワーポイントでしっかり作り込む必要がありますが、社内用の企画書はワードの簡単なもので十分な場合があります。たとえばデパートにおける販売促進の企画案を社内で共有する場合、シーズンごと、売り場ごと、ひいては商品ごとの企画書を作成する必要があります。

それをひとつずつ作っていくのは大変ですが、テンプレートがあればそれをベースに企画書の量産が可能。部内で共有しておくことで、部下もスムーズに必要事項を満たした企画書を作成することができます。それでは具体的に、ワードを使ったテンプレートの作り方をご紹介しましょう。

既存の企画書からテンプレート素材づくり

企画書をテンプレート化するには、まず素材=ベースとなる企画書が必要です。一からつくることもできますが、今回は既存のものから素材を作成してみましょう。

w23-01

まず初めに、テンプレート化するための第一歩として、すでに入っている情報を削除する必要があります。

w23-02

図のように、消したいセルをドラッグし、Deleteキーを押します。すると、項目ごと削除することができます。

w23-03

不要な項目を削除し、ロゴや必要な情報を加えたり全体を会社のテーマカラーに合わせたりしながら自社風に作り変えてみましょう。

w23-04

通常通りではNG!保存の仕方が鍵

テンプレートの素材ができたら保存しますが、ただ保存しただけではテンプレートにはなりません。では何をどのようにすれば良いのでしょうか?

1 ファイルから[名前をつけて保存]を選択します。
2 コンピューターを選択して、[参照ボタン]を選択します。

w23-05

3 通常の保存と同じダイアログボックスが表示されたら、[ファイルの種類]から[Wordテンプレート]を選択します。

w23-06

4 保存先のフォルダーが自動的にテンプレート用に切り替わったら、保存名にテンプレート用のわかりやすい名前を入れて保存ボタンを押します。

w23-07

テンプレートをさっそく使用してみましょう

テンプレートを使用するには、通常と同じプロセスで行います。

1 ワードを起動したら、[ファイル]を選択します。
2 新規を選択したら[検索の候補]、もしくは[お勧めのテンプレート]横にある[個人用]を選択します。
3 保存したテンプレートが表示されたら、クリックして選択します。

w23-08

あとは通常通りの使い方と同様です。

w23-09

新しく手を加えたものに関しては、テンプレート化する必要はないので、保存方法も通常通りで問題ありません。次々と社内用企画書を量産して、売り場を、そしてデパート全体を盛り上げていきましょう!

ワードの機能を使いこなせば、日常の煩雑な作業もよりシンプルに。ぜひテンプレート機能もご活用ください。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.