2016/11/18 公開

ワード(Word)の「インデント」で文章を美しくすっきり見せる方法と解除方法

マネジメントシーンで役立つワード術

Pocket

2016

社内外の案内文・通知文を読みやすく、見栄えよく作成するために

次期リーダー候補となっている部下のマネジメント教育の一環として、研修会や講習会を行う場合、案内状を作成する機会もあるでしょう。

またクライアントを招いての親睦会などでも案内状を作成しなくてはならないシーンもあります。しかし、文頭がうまく揃わないために見栄えが悪かったり、スペースキーで調整しても思った通りに文字が揃わずイライラしたり…。自分の名前で社内外に配布する文章だったらなおさらです。

ここは「インデント」の4つの機能をマスターして、ここは見栄えもカッコよく決めたいところ。ここではWord2016を例に説明していきます。

左インデントの使い方

左インデントは段落全体を字下げするための機能です。
1.実際に以下のような案内文があり、タイトル部分以外を字下げする時は、字下げ対象の行を全選択します。

w29-01

2.水平ルーラー部分に表示されているインデントマーカーの四角の部分が「左インデントマーカー」になります。

w29-02

左インデントマーカーを、Altキーを押しながら揃えたい位置に移動させます。

w29-03

右インデントの使い方

右側の段落の位置を設定します。ルーラーの右端に表示されている上向きの三角が「右インデントマーカー」です。

w29-04

下のような文章の場合、文の途中で次の段落になってしまい読みにくいので、右インデントを操作して、もっと読みやすくします。

w29-05

1.左インデントを移動させた時と同じように、Altキーを押しながら揃えたい位置に移動します。

w29-06

2.「活躍」という部分を次の段落に移すことで読みやすくなりました。
このように右インデントは段落の末尾を次の段落に移動させる時に使用します。

w29-07

「1行目のインデント」と「ぶら下げインデント」を使う方法

さらに「1行目のインデント」・「ぶら下げインデント」

<1行目のインデント>
先頭の文字だけを1字下げにする設定も可能です。この時は、ルーラー上に表示されえているインデントマークのうち、一番上の下向き三角「1行目のインデント」を使用します。

w29-08

1.1文字下げたい段落を選択します。

w29-09

2.「1行目のインデント」を右にドラッグします。
すると、選択した部分の先頭行を移動できます。

w29-10

<ぶら下げインデント>
「ぶら下げインデント」は水平ルーラー部分に表示されているインデントマークのうち、真ん中の上向きの三角です。ぶら下げインデントは、先頭行は変更せず、2行目以降を字下げする時に使います。

w29-11

1.ぶら下げインデントを右にドラッグします。
すると自動的に2行目以降の段落の先頭部分が移動します。

w29-12

インデントの解除について

インデントを設定したものの、もう一度最初からやり直しをしたいという場合もあるでしょう。その際の操作方法は以下の通りです。

1.「レイアウト」タブをクリック、段落の右下に表示されているアイコンをクリックします。

w29-13

2.表示されたウィンドウの「インデント」の左・右の文字数をともに「0文字」、最初の行は「なし」を選んで、画面右下のOKをクリックすれば、インデントが解除されます。

w29-14

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.