ワード(Word)のヘッダー・フッターの編集方法

マネジメントシーンで役立つワード術

2016/11/18
Pocket

2013

ヘッダーとフッターを使えば、信頼度の高い文書をワードで作成できる

部下が作成した資料を公式のものとして使用する場合に、それが公式として信頼される資料になっているか、上司として確認・指導する必要があります。

ワードで資料を作成する際には、社名や担当者名、日付やページ番号などの情報が文書内に含まれると資料の信頼度が上がります。

チーム内で使用する公式な資料を作成する際には必要不可欠です。ワードには、そのような情報を入力することができるヘッダーとフッターが用意されており、使用すれば入力した情報を各ページに表示させることができます。

ヘッダーとフッターの編集方法をマスターし、信頼度の高い資料を作成しましょう。

ワードでヘッダーを編集する方法

まずはヘッダーの編集方法を見ていきましょう。「挿入」タブの「ヘッダーとフッター」グループから「ヘッダー」を選択します。

w33-01

文書にヘッダー部分が表示され、編集できるようになります。

w33-02

文字の入力や改行を行うことができます。

w33-03

ヘッダー、フッターが編集できる状態になると、リボンに「ヘッダー/フッター ツール」が表示されます。「デザイン」タブの「挿入」グループから「日付と時刻」を選択すればヘッダー内に当日の日付を表示することができます。

w33-04

「ホーム」タブをクリックすれば、通常の文書内と同じようにフォントや段落を編集することもできます。以下の図では、入力した文章を「中央揃え」に変更しています。また、日付は右揃えに変更しました。

w33-05

「挿入」タブの「図」グループから「画像」を選択すれば、会社のロゴなどの画像をヘッダー内に挿入することもできます。

w33-06

ワードでフッターを編集する方法

ヘッダーの編集と一緒にフッターの編集も行う場合には、リボンに「ヘッダー/フッター ツール」が表示された状態で「デザイン」タブの「ナビゲーション」グループから「フッターに移動」を選択すると、スクロールしなくてもフッター編集部分に移動します

w33-07

リボンに「ヘッダー/フッター ツール」が表示されていない状態でフッターを編集する場合は、ヘッダーのときと同じ手順で、「挿入」タブの「ヘッダーとフッター」グループから、「フッター」を選択します。

w33-08

文書にフッター部分が表示され、編集できるようになります。

w33-09

フッターにページ番号を入力したい場合には、「デザイン」タブ内の「ヘッダーとフッター」から「ページ番号」を選択し、「ページの下部」をクリックするとメニューが表示されるのでお好みのデザインを選択しましょう。

w33-10

尚、ページ番号の挿入はヘッダー編集時でも行うことができます。

このようにヘッダーとフッターに社名や担当者名、日付やページ番号などの情報を入れると、信頼度の高い資料を作成することができます。部下が公式の資料を作成する際にはこの点について指導しておくと、資料作成がスムーズに進むでしょう。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!