2016/11/17 公開

ワード(Word)で均等割り付けを使って見栄えのいい文書を作成しよう

マネジメントシーンで役立つワード術

Pocket

2010

ワードの「文字の均等割り付け」をマスターすると、文書の信頼度が上がる

文字の均等割り付けとは、文字列を指定の幅に合わせて均等に並べることです。
たとえば、「部署別対抗 バトミントン大会のお知らせ」の作成をしているとしましょう。左が均等割り付け前の文書、右が均等割り付け後の文書です。赤枠内の、文字数の違う2行の文字列の幅が揃い、見栄えがよくなっています。

w25-01

見栄えがいい資料は、単に「恰好がいい」だけではありません。同じ社内とはいえ、全部署に配られる資料は、しっかりとした見栄えであることも大事な要素です。その資料の「信頼度」を増す効果があるのです。

あなたは大切な取引先に向かうときに、服装や髪形などをいつも以上に整えたりしませんか?紙に印刷された資料も同じことで、文字などを見栄よくレイアウトすることで相手に信頼感をもってもらうことができるのです。部下に資料作りを頼むときは、こうしたことの大切さも助言しましょう。

ワードで作成した文書内の、文字の均等割り付けを行う

それでは、均等割り付けの方法をご説明します。
1.均等割り付けをしたい文字列を選択し、作業画面上部の「ホーム」タブをクリックしてから「段落」という文字の上にある、矢印が「→ ←」このように向き合っている均等割り付けのボタンをクリックします。

ここで注意してほしいのが、均等割り付けをしたい文字列の選択のときに、改行のマークを一緒に選択してしまわないこと。操作が上手くいかずどうしても改行マークが一緒に選択されてしまうときは、文字列の最後と改行マークの間にスペースを1つ入れると上手くいきます。(下図では分かりやすいように「編集記号を表示する」設定にしているので、スペースは□で示されています。)

w25-02

もし改行マークを一緒に選択してから均等割り付けボタンを押してしまうと、以下のように文字が文書の幅いっぱいに広がるので気をつけましょう。

w25-03

2.文字の選択が改行マークを含まず上手くいっていると、下図右の「文字列の均等割り付け」ウインドウが表示されます。この「新しい文字列の幅(T)」の右部分に、幅を合わせたい文字列の文字数を入れます。例では12字なので、「12」と入れ、すぐ下の「OK」ボタンをクリックします。

w25-04

3.以上で完了です。
題字にも同じ手順で均等割り付けを設定し、このような仕上がりになりました。

w25-05

ワード文書で設定した文字の均等割り付けを解除する

次に、均等割り付けの解除の方法をご説明します。
均等割り付けを設定している文字列を選択し、「ホーム」タブの均等割り付けボタンをクリックします。出てきた「文字の均等割り付け」ウインドウ左下の「解除(R)」ボタンをクリックすると、均等割り付けは解除されます。

w25-06

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.