芸人・横澤夏子の人気を支える自己プロデュース力とマネージャーとの信頼関係

変わり種マネジメント その11

2018/10/24
Pocket

尊敬できる先輩芸人の共通点は「落ち込まないこと」

――芸人の世界は上司がいない分、先輩芸人が1つの指標になると思います。目標にしている方がいたら教えてください。

横澤:渡辺直美さんですね。もともと高校時代にクラスで直美さんのモノマネをしていたんですよ。そんなふうに憧れていた人と、今一緒に食事に行くことができているなんて、夢のようなことだと思っています。

直美さんは自己プロデュース力がすごくて、したいことがいつもハッキリしているんです。私は毎日ジタバタしていて、単独ライブで国内を4、5県回るツアーをするだけでも大きな仕事だと思っていたんですけど、直美さんは「あたし、ワールドツアーするんだ」って言うんですよ。ワールドツアーなんて、普通ボケワードだと思うじゃないですか。

yokozawasama_5

――確かに、規模が壮大過ぎますよね(笑)。

横澤:だから「すごい、いつかできたらいいですね!」くらいの感じで聞いていたら、「いや、来年からスタートすんだよ」って(笑)。それで2016年に本当にしちゃうんだから、すごいと思います。直美さんは会うたびに芸人として違うステージにいてキラキラしているので、会うだけで力がもらえるパワースポットみたいな存在ですね。

――そんなふうに尊敬できる先輩芸人に共通することって、何だと思われますか?

横澤:直美さんしかり、よく食べる人が多い気がします(笑)。あとは落ち込まないことですね。盛大にスベっても、「まぁいいや!」って言って流す人が多い気がします。私はその度に、「そこは忘れるんだ!」ってよく驚かされます。もちろんグチを言うこともありますけど、みなさんくよくよしないで先を見ている。かっこいいな、と思いますね。

――横澤さん自身は落ち込んだときにどう対処されているんですか?

横澤:私、NHKの朝ドラが大好きなんですけど、私が思うに朝ドラって木曜日に視聴者が落ち込む回を持ってきて、土曜日にいい雰囲気で終わるんですよ。それと同じで私自身落ち込んでも、「今日は朝ドラで言うところの木曜日なんだ」って思い込むようにしています。「絶対また土曜日が来るでしょ」って(笑)。

――なるほど、大好きな朝ドラの登場人物になるんですね(笑)。

横澤:あとはナレーションを入れることもあります。「夏子、落ち込むばかりではないのでした」とか、「また楽しいことがあるとも知らずに……」みたいに(笑)。そうすると、元気になれるんです。

yokozawasama_6

先輩にかわいがられる後輩、後輩にイジられる先輩でありたい

――芸人の世界は上下関係が大切だと思います。先輩芸人と接するうえで、気をつけていることがあれば教えてください。

横澤:先輩が食事に連れて行ってくださったら、美味しそうに食べるようにしています。あとは誘ってもらえるように、夜は時間を空けておくようにしていましたね。そのせいで当時していたアルバイトはクビになったんですけど(笑)。

――(笑)。でもそれくらい徹底して先輩とコミュニケーションを取ることで、かわいがってもらっていたわけですよね。そんな横澤さんにも、今やたくさんの後輩がいると思います。後輩にアドバイスすることもあるんでしょうか?

横澤:ありますね。でもそこまでアドバイスめいたことはしないです。後輩が売れたら困るので(笑)。話をするとしたら、失敗談をしていますね。こういうことをやったらスベったとか、こういう展開にならないようにしたほうがいいよ、という感じで。あとは先輩に怒られた話もします。自分の成功談を話しても、「夏子さんすごいです!」と言われて終わっちゃう気がするので。

――確かに成功談って、自慢にしか聞こえないこともありますよね。

横澤:その点失敗談だと、「今は活躍しているこの人も、昔はこういう失敗や苦労をしていたんだ」と思って少し元気が出るじゃないですか。

――横澤さんは、後輩にとってどんな先輩芸人でありたいですか?

横澤:後輩がイジりにくい先輩にはなりたくないな、と思います。というのも、あいさつに厳しい先輩がいるんですけど、その人自身は全然あいさつしないんですよ。なのにそれを指摘できないっていうのが、すごくストレスで。風通しも良くないし、その人のお説教も聞く気持ちにならなくなるじゃないですか。だから、例えば後輩と一緒に写真を撮ったときに「夏子さん、この顔変ですよ」って指摘してもらえるような、何でも気軽に言い合える関係性をつくっていきたいですね。

追い込み婚のすべて

著者:横澤夏子
出版社:光文社
発売日:2018/7/20
価格:¥1,400(本体価格)
Twitter公式アカウント:横澤夏子初のエッセイ本「追い込み婚のすべて」公式
@oikomi_natsuko

yokozawasama_book
マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.