2017/04/19 公開

「ワーママって言葉がなくなるのが、目標です」パワーママプロジェクト・椿奈緒子

『働く女性』の未来像

Pocket

つらい仕事を頑張った人だけがワーママじゃない

――まずは、パワーママプロジェクトを立ち上げたきっかけを教えてください。 

椿奈緒子(以下、椿) きっかけは、自分の出産です。私は2012年に第1子を出産したんですが、その頃「ワーママ」という言葉はメジャーではありませんでした。働きながら子どもを産み、育てている人が周囲にあまりいなくて、誰を参考にしていいかわからなかったんです。

そこで、働きながら子育てをしているママさんを自分で探して、ヒアリングをすることを思いつきました。やっぱりリアルなワーママの実態って、会ってきちんと話を聞かないとわからないものです。当時、メディアで取り上げられるワーママは、真似できそうにないスーパーウーマンばかりでした。

――そこで「等身大のロールモデルを紹介したい」と思い立ったんですね。 

椿 そうです。「“つらい仕事を頑張った人”だけがワーママじゃない」と思っていました。先輩や同世代のワーママたちに会いに行くようになりました。

――いろいろなワーママがいることを、実際に目で確かめられたと。 

椿 そうです。産後復帰して数ヶ月のある時、できたばかりのワーママ友で集まり、表参道の子連れカフェ『トウキョウ ベイビー カフェ』(編集部注:現在は閉店)でお茶をしたんです。そのとき「もうちょっと等身大の、身近なワーママの情報をシェアできる機会ってないのかな?」という話になって。

「ワーママって言ってもいろんな人がいるはずだよね」「特定のカテゴリでひとくくりにされても『私は違う』って思っちゃうよね」と盛り上がったんです。それならワーママのデータを集めて、業界、職種や働き方、子どもの年齢などいろいろな切り口から、より自分のケースに近いワーママを見つけやすくできないかという話になりました。それが、パワーママプロジェクトの始まりです。

tsubaki-naoko-1-2

椿 奈緒子(つばき・なおこ)
事業プロデューサー、社内連続起業家。
1979年生まれ千葉市出身。上智大学卒業後、総合商社に入社の後、株式会社サイバーエージェント入社。2005年にサイボウズ社との合弁会社を立ち上げ代表取締役に就任。その後も社内起業家として合計7つの事業や会社を立ち上げる。第一子出産を機に、ワーママのネガティブな先入観を払拭すべく、2013年に等身大ワーママのロールモデルを紹介するパワーママプロジェクトを立ち上げ、翌年からワーママオブザイヤーを開催。2016年第二子出産し二児の母となる。夫はブラジル人。

衆議院議員も応援メッセージを送る、あっという間に社会的な活動に

――そこでの盛り上がりが今につながっているのですね。 

椿 「等身大ワーママのロールモデルをシェアし、日本経済に貢献する」というミッションを実現すべく、サイトを立ち上げプロジェクトを開始し、2013年7月にキックオフイベントを行いました。

――質パワーママプロジェクトでは様々な働き方を実践されているワーママにインタビューされていますね。 

椿 パワーママプロジェクトのインタビューは、そもそも等身大のワーママを紹介するのが目的です。働き方は人それぞれで多様性があって当たり前なんです。『ワーママオブザイヤー』は、パワーママプロジェクトHP内に掲載したインタビューのうち、PV数・シェア数などの数値を基に選定しています。いろいろな人がいて、それに共感する人がいて、元気をもらえた人がいることが大切なんだと思うんです。
そして立ち上げの翌年の2014年にワーキングマザーを表彰する、第一回ワーママオブザイヤーを開催しました。

tsubaki-naoko-1-3

――初めてのイベントの反響はいかがでしたか? 

椿 受賞者8名、協賛企業12社、掲載メディア9社と、開催第一回の無名イベントにもかかわらず、大盛況のうちに終わりました。共感してくれる人が思った以上にたくさんいて、驚きました。今までこういう動きがなかったからなのか、メディアや企業からも問い合わせが多くありました。

2回目のワーママオブザイヤー(2015)では、関東から6名、関西から2名の受賞者、そして20社から協賛をいただきました。3回目のワーママオブザイヤー(2016)には受賞者6名と、イベント自体も外務省主催国際女性会議「WAW! 2016」(World Assembly for Women)の公式サイドイベントとして登録され、「保育園落ちた日本死ね」を国会で取り上げた衆議院議員の山尾志桜里さんから応援メッセージをいただきましたし、他にも内閣府の男女共同参画会議にパネルディスカッションで参加させていただいたり。今では、社会に広がりをもった活動になってきていますね。

3カ月に1回くらいのペースでイベントを行いつつ、参加してくれたワーママにインタビューを続けています。まずは200人を集める目標を立てて、いろんな人に話を聞いてきました。私自身、企業で事業プロデューサーを経験しており、「思い立ったらすぐにやる」というのが体に染みついているんです。「やりたい!」と思ったらすぐに始めるんですよ。

――取材対象者に困ることはないですか? 

椿 基本的に「いいとも形式」でどんどん紹介していってもらったり、お仕事やイベントなどでお会いしたパワーママの方に地道にお声がけしているので、困るという感じではありませんね。パワーママプロジェクトは、会員制ではなく誰でもアクセスできる形で、イベントも誰でも来場OKです。枠を作らず、どんどん広がって行けばいいと思っています。

運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.