2016/11/08 公開

【前編】僕らの時代と今の時代の若者論

マネたま新幹線

Pocket

もしも同期経営者と恩人ママが出会ったら

柳橋仁機(以下、柳橋) みんなそろいましたか。はーい、じゃあ、お疲れ様!

ひろし : ナイス・チュー・ミー・チュー!

上林周平(以下、上林) はじめまして。上林と申します。

柳橋 : この人はね、ひろしさんって言うの。ここはね、アクセンチュア時代の1年目の頃から来てる店なの。

上林 : え、そうなん? 知らんかった!

ひろし : はじめまして~。なに? 大学のお友達?

上林 : ヤギとは1社目が一緒なんですよ。

ひろし : そうなんだ~。

柳橋 : 上林はアクセンチュアの同期で今は会社経営してる人。ちなみにひろしさんはこう見えて俺の母親と同い年だからね。

上林 : え!

ひろし : もう65かしら。

上林 : 全然見えないですね! 45くらいかと思いましたもん。

柳橋 : 普通の65歳と比べると若いよね。

ひろし : お店をやってる以上はねえ。眉毛も書いてるし、シャワーだって1日2回浴びてるんだから! 一応ゲイバーやってるから見栄えをよくしなくちゃ。それでお金をいただいてるんだからねえ。

柳橋 : この店はあれでしょ? 昭和50年からやってるんだよね?

ひろし : 昭和50年オープンね。

柳橋 : だからこの店は俺とおない年。ところでひろしさんはなぜこの道に?

ひろし : なぜこの道に……って言っちゃうのお?(笑)

柳橋、上林 ぜひ!(笑)

ひろし : 僕はね、昔、新幹線の乗務員だったの。この店の屋号はそこから来てるの。

上林 : あ! そうなんですね!

柳橋 : JR東海だっけ?

ひろし : 国鉄の時代よ!

柳橋、上林 笑い

ひろし : 高校卒業してから新幹線で働くじゃない。それで当時は寮に住んでてね、夜は雑魚寝してたのよ。その時に強面のコックさんがいて、男が好きだったのよ。それで食べられちゃった。(笑)

柳橋、上林 笑い

上林 : それから昭和50年にこの店を始められて、それからずっと続けられてはるんですか?

ひろし : そうなのよ。その時から41年やってんの。思えば新幹線一本でやってるのよね。

柳橋 : だから、ひろしさんはこの道のプロだよね。飲食店経営のプロフェッショナル。経営のプロ3人が経営とか仕事について語り合うっていうのがこの会の主旨ね。
 
ひろし : そうなの? 初めて知ったわよ! じゃあ、あなたは今、何の会社を経営されている人なの?

上林 : 僕は人材育成の会社を経営してますね。

ひろし : 人材育成?

柳橋 : 簡単に言うと、企業の研修だね。企業の人材研修をアウトソースで受注する会社。だから新人研修とか、マネジメント研修とかを請け負ってる。

ひろし : 研修? ちょっといまいちわかんないなあ。

柳橋 : ひろしさんも国鉄で働いてた頃、最初マナーとか教わったでしょ?

ひろし : 教わった!

柳橋 : それでね、その教育を自前でやる会社もあるけど、外部の専門会社にお願いしてコーチしてもらえるんだ。

ひろし : はいはいはい。なるほど。

柳橋 : 上林の会社はそれをやってる会社なんだよ。新卒で会社入ったら「名刺の渡し方こうだよ」というところから教えるでしょ?

ひろし : ああ~! 「名刺は必ず両手で渡す」「片手じゃ取るな」とかね。

柳橋 : 「上司に報告するときはこういう風にしなくちゃいけないよ」とかさ。

ひろし : マナー全般を教えてらっしゃるの?

上林 : マナーというか、ビジネスの局面局面での振舞い方や部下の育成の仕方とかですね。

ひろし : 先生を雇ってらっしゃるの?

上林 : 自分ですることもありますし、外部の人に委託する場合もありますね。

ひろし : はあ~。そうなんですかあ。

omoide

上林 周平(かんばやし しゅうへい)
大阪大学人間科学部卒業後、アクセンチュアに入社。官公庁向けのBPRコンサルティング、 独立行政法人の民営化支援などに従事。
2002年シェイク入社し、企業向け人材育成事業の立ち上げを実施。
その後、商品開発責任者として、新入社員~管理職向けのプログラム開発、及び、研修ファシリテーターを務める。2015年に代表取締役副社長に就任。
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.