【中編】組織にとって人材とは何だろうか?

マネたま新幹線

2016/11/09
Pocket

良い組織は‟穴”も成長の糧にする

上林 : 人材育成を仕事にしている側からすると1日研修するよりも誰かが抜けた穴を誰かが埋めることの方が実は社員は成長するっていう矛盾なのね。だから、研修は誰かが抜けた時のために事前に用意するものだとも思ってるよ。

柳橋 : おれは、たった3人でも組織は組織だと思っていて、1人欠けても誰かが穴埋めするんだ。だから、抜けたその人がいた時とは違う形かもしれないけど、その時はその時で「以前とは違う形」で結果を出すと思ってる。経営者として「エースが抜ける」って感情的にはすごく怖いものなんだけど、そこまで感情的になっちゃいけないって思う。

上林、ひろし わかるわかる。

柳橋 : 人間は本能的に組織を穴埋めする生き物だと思っていて。仮に穴が開いちゃったら人間はここを埋めなくちゃいけないのかなと思って、勝手に埋めだすものだと思うんだ。だから組織に穴が開いた時、1個のピースが抜けることに対してそこまで感情的になっちゃいけないって考えてる。

ひろし : ワン・ピースが抜けることに対してね。

柳橋 : 本当はすごく不安なんだけど。(笑) でも感情的になるのも器が小さい人間だから、「頑張れ」って応援してあげる。その時は不安だけど、ちょっと時間が経って振り返ってみたら「なんだ、大丈夫じゃん」ってなるんだよね。だから感情的になったら終わりだなって思ってる。

上林 : 残った側は穴埋めをする時にすごく成長するしね。その時、新しい才能が見えてくるよな。

柳橋 : 経営者としてもそう思うし、前職時代の経験からもそう思う。前職では自分なりに頑張って結果も出したとは思うけど、「関係ねえ、おれは独立するよ」って思って独立した。で、心の底では「おれが辞めたら相当困るんだろうなあ。いなくなったらキツいだろうなあ」と思って辞めたら何も関係がなかった。(笑)

上林、ひろし 笑い
 
ひろし : そういうことなのよお!

柳橋 : 何も影響なかった。なんなら今、逆にその会社は伸びてるからね。(笑) ただ勘違いしていたんだな、と。その時、組織ってそういうものなんだなと感じたな。

shop

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!