2016/11/30 公開

パワーポイントに動画を挿入して、プレゼンのクオリティ向上!

マネジメントシーンで役立つパワーポイント術

Pocket

2016

視覚的効果を向上!動画挿入でパワーポイントのクオリティを上げよう!

「百聞は一見に如かず」とはよく言ったものです。文字や資料などではイメージがつきにくいものも、動画であれば、すぐにイメージを伝達することができます。現代の主流となっている動画に多く触れている現代人には、文字や画像だけのプレゼンよりも動画を取り入れたもののほうが理解してもらいやすいなどのメリットも多くあります。

古い文化のまま、仕事をしても若い部下や新人とのコミュニケーションに支障をきたすこともあります。動画を挿入した資料を提出された時も適切に指導できるように、今一度、パワーポイントへの動画挿入方法を確認しておきましょう。

パワーポイントに動画を挿入してみよう!

部下のプレゼン用の資料を確認した際のフィードバックで、動画を取り入れて改善を試みることを提案するのも上司の仕事と言えます。上司が動画を積極的に取り入れることで、部下も抵抗なく動画を取り入れることができるようになるでしょう。

それでは早速、パワーポイントに動画を挿入してみましょう。

動画を挿入するには、「挿入」タブの「ビデオ」をクリックします。
クリックすると「オンラインビデオ」かコンピューター上に保存されているビデオのいずれかを選択することができます。

今回は新事業用に作成したイメージビデオを挿入してみましょう。

p53-01

p53-02

「このコンピューター上のビデオ」をクリックすると保存されている動画の選択ウィンドウが表示されるので、挿入する動画を選択しましょう。

p53-03

「挿入」をクリックすると動画が挿入されます。

「オンライン ビデオ」をクリックすると、選択するとオンラインビデオ挿入用のウィンドウが表示されます。

p53-04

それぞれにURLやコードを追加するとビデオを挿入することができます。

挿入した動画の再生方法に関しては「第2章 パワーポイント 動画 再生編」をご確認ください。

また、Youtubeなどオンライン上にアップされている動画をパワーポイントに追加したい場合は「第3章 パワーポイント 動画 youtube編」をご確認ください。

パワーポイントに追加する動画の形式は??

パワーポイントに動画を挿入する際に気をつけたい点は動画ファイルの形式です。

パワーポイントに挿入できる動画の形式は幅広く、
主にWindows Mediaファイル(.asf)、avi(追加のコーデックが必要なファイルもあります)、ムービーファイル(.mpg)、Adobe Flash メディア(.swf)、Windows Mediaビデオファイル(.wmv)などが対応可能です。

もし挿入できない動画があった場合は市販や無料の動画拡張子変換ソフトで拡張子を変換してから、動画挿入を行なうようにしましょう。

変換する際は該当する動画をクリックし、右クリック。

p53-05

「動画ファイル変換」でご紹介した拡張子に変換しましょう。

プレゼン資料に動画を挿入することで、資料のクオリティも向上します。
動画に多く触れている若手の部下とも仕事を進めやすくなります。

運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.