パワーポイントのテンプレートでプレゼンにふさわしい企画書を目指そう!

マネジメントシーンで役立つパワーポイント術

2016/11/25
Pocket

2016

誰もがわかる資料を作る義務がある?便利なパワーポイントのテンプレート

マネジメントであれば、要点を要約し、経営陣・上司・部下に関係なく、わかりやすい資料を作ることが求められますが、一から企画書の構成やデザインを作成すると時間がかかります。

そこでパワーポイントのテンプレートを元にして、わかりやすい資料を作るのがおすすめです。

また、新人や部下に企画書を作成してもらいたい、でも時間があまりないという時、作成した企画書をテンプレートとして保存しておけば、それを使用して短期間で企画書を作成できます。

パワーポイントのテンプレートを利用するには?

早速、パワーポイントのテンプレートを使用してみましょう。
使用方法はとても簡単です。

パワーポイントを新規で起動すると立ち上がった画面にテンプレートの一覧が表示されます。

p40-01

その一覧から企画書や報告書にふさわしいテンプレートを選択します。
色なども選択ができるので、任意のデザインを選択し、「作成」をクリックします。

p40-02

また、既にパワーポイントを開いている場合は
「ファイル」タブの「新規」をクリックすると同じ一覧が表示されます。

p40-03

パワーポイントに含まれているテンプレート以外にもオンライン上からテンプレートを探すこともできます。

フォームに欲しいテンプレートの単語を入れるか、「検索の候補」から欲しいカテゴリーを選択します。おすすめは「検索の候補」です。多くの綺麗なデザインのテンプレートが表示されます。

p40-04

p40-05

任意のテンプレートを選択し、「作成」を選択すると、ダウンロードが開始され、テンプレートが表示されます。

オリジナルで作成した企画書をパワーポイントのテンプレートとして保存するには?

部下や新人がテンプレートを使用してスムーズな企画書の作成をできるように、一度作成した企画書をテンプレートとして保存しましょう。流用することでフィードバックや報連相がスムーズにできるようになります

「ファイル」タブをクリックし、「名前をつけて保存」をクリックします。
「このPC」をクリックし、「マイドキュメント」を選択します。

p40-06

すると「名前をつけて保存」のウィンドウが出てきます。
「ファイルの種類」で「Powerpoint テンプレート」を選択し、保存します。

p40-07

「ファイル」タブの「新規」をクリックし、「個人用」を選択します。
すると保存したテンプレートが表示されます。

p40-08

これで次回以降、このテンプレートを使って、企画書をサクッとする作ることができるようになります。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.