自社オリジナルのパワーポイントテンプレートで企画書を作成しよう

マネジメントシーンで役立つパワーポイント術

2016/11/25
Pocket

2016

企画書の訴求力をUPさせよう!パワーポイントで自社テンプレートを作る方法

マネジメント職の方は、社内だけでなく社外でプレゼンを行う機会が増えます。社外でプレゼンを行う際、自社のロゴマークやイメージカラーで作成された「自社オリジナル」のパワーポイントで企画書を作成すれば、「何社の企画なのか」ということをプレゼン中示すことが可能です。紙媒体で企画書を配布する場合も、他者のものと混ざってしまう危険を回避することができます。

一度、自社オリジナルのテンプレートを作成すれば、社内でも活用することができるため、部下や新入社員も同じテンプレートを使用して企画書を作成でき、全社で統一感のある企画書を作ることができます。

ベースになるパワーポイントのテンプレートを選んで保存する

パワーポイントを起動するとテンプレートの一覧が表示されます。
その中から自社のイメージに近いテンプレートを選び、「作成」ボタンを押します。

p41-01

「ファイル」タブをクリックして、「名前を付けて保存」を選びましょう。

p41-02

任意の保存先を選び、ファイルの種類を「PowerPointテンプレート」にして保存します。

p41-03

ファイル名も任意のものに設定。
ファイルの種類が「PowerPointテンプレート」になっていることを再度確認して、「保存」ボタンをクリックしましょう。

何パターンか自社用のテンプレートを作成したい場合には、テンプレートのカラーやナンバーをテンプレート名に記入しておくと混同を防ぐことができます。

p41-04

自社のロゴマークをパワーポイントのテンプレートに入れる

「表示」のタブから「スライドマスター」を選んでクリックします。

p41-05

スライドマスターが表示されたら、1枚目のスライドを選びましょう。
※1枚目のスライドを変更すれば、他のスライドにも変更が反映されます。

p41-06

「挿入」のタブを選択して画像をクリックします。

p41-07

挿入したいロゴマークを選び、「挿入」ボタンを押して決定します。

p41-08

スライドの中央に選択したロゴマークが入りました。
会社のロゴマークのカラーが何パターンかある場合には、ロゴマークが映えるほうを選ぶと良いでしょう。

p41-09

ロゴマークを入れたい位置やサイズを調整しましょう。
この際、プレゼンの邪魔にならないように配慮することが重要です。

p41-10

これで、他のスライドにも自社のロゴマークを入れることができました。

今後、企画書を作る際には、このロゴ入りのテンプレートを使うようにすれば、毎回、統一感のある企画書を作ることがでるので、ぜひ活用するようにしましょう。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.