2016/11/30 公開

マネジメント職ならもう一味?パワーポイントで作成した表に罫線を追加する方法とは?

マネジメントシーンで役立つパワーポイント術

Pocket

2016

パワーポイントの表に罫線をつけることで、見やすさがアップ!

マネジメント職は、的確に情報を上司に共有することが求められます。担当するチームプロジェクトの進捗状況や事業方針によっては、プレゼンする機会が多くあります。

プレゼン資料を作成するにあたり、一番意識すべきは「わかりやすさ」。伝えたい要点を表にまとめ、一目でわかるようにすることが有効です。罫線を入れることで上司・部下・新人に限らず、見やすい資料を作成することができます。票の罫線の引き方や設定方法について、再度確認してみましょう。

なお、グラフや表は本来エクセルで作成しますが、パワーポイントのソフトウェアがあればパワーポイント内で作成することができます。

パワーポイントの表に罫線の書式設定を行なう

パワーポイントで作成した表に少しだけアレンジをして、見やすくしましょう。パワーポイントの表作成の操作方法は「第1章 パワーポイント 表 作成 編」でご紹介しているので、こちらも参照してみてください。

パワーポイントに罫線を追加する時は表を選択し、「表ツール」の「デザイン」をクリックします。そして、その中にある「罫線」を選択すると、罫線の一覧が表示されます。

p65-01

任意の罫線を選択すると表に罫線が反映されます。

p65-02

必要に応じて、表のセル一つ一つに罫線をつけることも可能です。その場合は該当するセルを選択し、同じ操作で罫線を付与しましょう。
基本的に「格子」を選択しておけば、問題ありません。合わせて、背景色を設定することもできます。

表への色を設定する方法は「第3章 パワーポイント 表 色編」で詳しく紹介をしているので、こちらも参考にしてみてください。

パワーポイントの表の罫線の書式を変更しよう

パワーポイントの表に追加した罫線は自由に書式設定が可能です。

表をクリックし、「表ツール」のデザインタブをクリックし、その中にある「罫線の作成」で編集が可能です。

p65-03

この「罫線の作成」では罫線の種類、太さ、色を設定することができます。

p65-04

罫線の書式を追加する時は「罫線の作成」の右側にあるペンツールを使います。この「ペンツール」で罫線をつけたい部分をなぞるだけで、罫線を付与することができます。

p65-06

このように自由に罫線を追加・削除ができるので、新人や部下が提出してきた資料を簡単に添削することができます。パワーポイントで表を作成する時はパワーポイントの表作成機能を使うように指示しておくとフィードバックの時間が節約することができます。

Pocket