2016/11/30 公開

パワーポイントで優れたデザインの表を作成しよう!

マネジメントシーンで役立つパワーポイント術

Pocket

2016

パワーポイントでマネジメント職に恥じない表を作成しよう

業績の発表やプレゼン資料の作成を任されることが多いマネジメント職。新任のマネジメント職にとって、悩みの種が部長以上の役職についている上司に対する報告書の提出やプレゼンの機会です。そんな経営に近い役職の人に対しても、恥ずかしくない資料を作成する必要があります。

また、パワーポイントはさまざまな機能がついており、グラフや表を綺麗に作成できます。今回は報告書に多用されるパワーポイントの表作成について、ご紹介いたします。今回の表作成は未来のマネジメント職候補の指導にも役に立ちますので、既に習得済みの方も一度確認をしてみましょう。

パワーポイントの表作成をおさらい

パワーポイントで表を作成することは基本的操作の一つですので、ご存知の方も多いかと思いますが、おさらいしておきましょう。

「挿入」タブの「表」をクリックします。
すると、表のコマンドが表示されますので、必要な分のコマ数を選択します。

p64-01

各セルの中にデータを記入すると表の完成です。

p64-02

表全体の高さや幅の設定も変えることができます。
その場合は表全体をクリックし、縦横の中心部分の○をマウスで選択し、引っ張るだけで、調整が可能です。

p64-03

その他、パワーポイントで作成した表には背景色の変更や羅線を追加することができます。
詳しくは「第2章 パワーポイント 表 罫線編」、「第3章 パワーポイント 表 色編」でご紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてみてください。

既に作成したパワーポイントの表に行や列を追加する

パワーポイントで表を作成している時に行や列が足りなくなるという経験をお持ちの方も多いと思います。

そんな状況でもパワーポイントでは簡単に行や列を追加・削除が可能です。
表を選択し、「表ツール」の「レイアウト」をクリックします。
すると「行と列」の中に追加や削除の操作コマンドが表示されます。

p64-04

「上に行を挿入」を選択すると、項目の行が追加されてしまうので、表のデータの行を追加する時は「下に行を挿入」を選択しましょう。

p64-05

すると行が追加されました。

行を削除したい場合は削除したい行を選択し、「削除」をクリックすると選択した行が削除されます。

p64-06

表自体はエクセルで作成し、貼り付けることもできますが、パワーポイント内で作成しておくと編集やレイアウト変更も簡単です。そのため、新人や部下に資料作成をお願いする際はパワーポイントの表作成ツールを使うことを伝えておくとフィードバックの手間も省けます。

Pocket

マネたま編集部
「現場視点から考えると、マネジメントがもっとオモシロクなる」をコンセプトに、マネジメントに関する情報を発信していきます。