2016/11/30 公開

部下をきちんと指導しよう!パワーポイントのページ番号とスライド番号設定方法

マネジメントシーンで役立つパワーポイント術

Pocket

2016

基礎中の基礎!新人教育の際に押えておきたいパワーポイントのページ番号やスライド番号の設定方法!

全体の新人研修が終了し、各部署に配属される新社会人。そこでマネジメント層に託されるのがOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)です。企画系職の方であれば、パワーポイントを使った資料作成を任すこともあるでしょう。資料作成の際に意外と大事なのが、ページ番号やスライド番号をつけることです。

スライド番号をつけておくことで、フィードバックの際にどのスライドのことを指摘しているのか指定しやすいですし、実際のプレゼンの場でも質疑応答の時に役立ちます。また、プレゼン時間に則したボリュームなども測ることができるので、一つのプレゼン資料作成のコツとして、新人にも伝えることができるでしょう。

パワーポイントにおけるページ番号設定について

早速、パワーポイントにスライド番号をつけましょう。
先にもご説明しましたが、スライド番号をつけておくことで、新人へのフィードバックもしやすく、実際の質疑応答でも指定しやすい、またプレゼン時間に則したボリュームなども測ることができます。

まずは「挿入」タブにある「スライド番号」をクリックします。

050-01

すると「ヘッダーとフッター」ウィンドウが表示されます。

「スライド番号」という項目にチェックを入れ、適用をクリックします。

050-02

すると、スライドの右上にスライド番号を設定することができます。

050-03

ちなみに、「すべて適用」をクリックすると全てのスライドにスライド番号が付与されます。

このようにスライド番号を設定するように、予め部下に指示しておくと資料全体のボリュームも確認できます。

また、スライド番号の位置の変更や、表紙にスライド番号を表示させないことも可能です。

詳しくは第2章「パワーポイント ページ番号・スライド番号位置編」、第3章「パワーポイント ページ番号・スライド番号表紙以外につける編」を参考にしてみてください。

パワーポイントにページ番号を設定する方法

スライド番号はあくまでプレゼン時にスクリーンに映し出す際に必要な要素です。

配布資料などにはスライド番号ではなく、ページ番号を付与しておきましょう。
新人に完了した資料を印刷する際はスライド番号をページ番号へ変更するように予め伝えておきましょう。

設定方法は「挿入」→「スライド番号」をクリックし、ヘッダーとフッターウィンドウを表示させます。

050-04

「ノートと配布資料」タブをクリックし、「ページ番号」の項目にチェックを入れて、「適用」をクリックしましょう。

050-05

するとスライド右下にページ番号が表示されます。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.