2016/11/30 公開

ノート機能が付与されたパワーポイントの資料を印刷しよう!

マネジメントシーンで役立つパワーポイント術

Pocket

2016

パワーポイントをノートで印刷するメリットとは?

マネジメント職の方は上司や部下、経営陣に対して、プレゼンを行なう機会も多くなります。そこでぜひ活用したいのがノート機能です。このノートにはプレゼン資料とは別に発表時のメモ書きを残すことができます。実際のプレゼン資料を想定しながら、資料作りができるため、プレゼンテーションの質を向上できます。

また、新人や部下が作った資料を確認しながら、プレゼン時の指導にも役に立てることができます。部下にプレゼン時にどのようなポイントを話すかも事前に共有してもらうことができるので、高いプレゼン結果を得るだけでなく、フィードバックの手間も省くことができます。

資料を印刷する前にパワーポイントの資料にノート機能を付けてみよう!

ノート機能は資料全体が大方できあがり、詳細を詰めていく際に使用すると便利です。

ノート機能を付与の仕方自体は簡単です。
「表示」タブの「プレゼンテーションの表示」項目にある「ノート」をクリックします。

p56-01

すると、スライド画面が資料とノート部分の二つに分けられます。

p56-02

テキスト入力部分に、プレゼン時で強く訴えたいことを記入すると
プレゼン本番時、緊張で記憶が飛ぶという事態を避けることもできます。

新人や部下にこのページで「○○の内容を□□に伝える」などを記入してもらうと
プレゼン前に認識の違いをなくし、フィードバックもしやすくなります。

ノート機能付きのパワーポイントを印刷してみよう!

では、ノート機能が付与された資料を印刷してみましょう。

「ファイル」タブをクリックし、「印刷」をクリックします。「フルページ サイズのスライド」のプルダウンをクリックし、ノートをクリックします。

p56-03

すると「印刷プレビュー」にノート機能が付与された状態が表示されます。

発表者用資料

p56-04

配布資料

p56-05

このように配布資料とノート機能が付与された資料と分けて、印刷することができます。
ノート機能が付与された資料は発表者用として、使用することができます。

プレゼン直前までイメージトレーニングや加筆を行うことも可能です。

また、部下の資料を添削する際に
事前にノート機能で印刷したもので提出するように依頼しておくと
フィードバックも楽になります。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.