2016/11/30 公開

パワーポイントを印刷する際の余白の設定について

マネジメントシーンで役立つパワーポイント術

Pocket

2016

印刷時に気をつけたいパワーポイントの余白設定について

どれだけわかりやすく、伝わる資料を作成したとしても配布資料として配る印刷物が見にくいようであれば、元も子もありません。資料を見る人の視点に立って、印刷した資料もチェックしましょう。

また、新人や部下にも印刷時には余白を考慮するように予め指示することで、無駄なフィードバックを省くことができます。パワーポイントはスライド全体を使って、資料を作成することができます。

その反面、配布資料として印刷した場合、想定していたよりも見難い、わかりづらいという場合もあるので、印刷するまで気を抜かないようにしましょう。

パワーポイントの配布資料での印刷は余白調整ができない?

プレゼン用のスライドを配布資料として、印刷する場合は注意が必要です。
そのまま印刷すると余白が多くなり、とても見にくい資料となってしまいます。

p58-01

特に外側の余白や一段目と二段目の間に余分な余白が存在します。
これらの余白を可能な限り狭くし、スライドを大きく表示させるにはどうすればよいのでしょうか。

また、以下のように「配布資料」として、印刷テンプレートを選択すると余白を埋めることができないので、事前にスライド自体の余白を調整する必要があります。

p58-02

パワーポイントの余白調整はスライド形式で印刷を!

配布資料の設定のように1枚の用紙に6つのスライドを収め、かつ余白を埋める作業をする方法をご紹介いたします。

このように印刷するにはスライド自体の設定が必要です。

「デザイン」タブの「スライドのサイズ」で「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリックします。

p58-03

表示された「スライドのサイズ」ウィンドウの「スライドのサイズ指定」で
A4210×297mmを選択し、OKをクリックします。

p58-04

次に表示されたウィンドウで「最大化」を選択します。

p58-05

するとスライド画面がA4サイズ、めいいっぱいまで広がります。

次に「印刷」側で設定を行ないます。

「ファイル」の「印刷」をクリック。

p58-06

「クイック設定」タブの中にある「ふちなし全面印刷」にチェックを入れ、
「普通紙」を選択します。

p58-07

すると、余白が埋まり、配布資料として印刷が可能となります。

p58-08

このように配布資料として配布する、新人や部下の添削用として
印刷する場合は余白を埋めるような設定を行ないましょう。

Excelでの人材管理・人事評価業務限界を感じていませんか?
会社の人材管理方法や人事評価業務について、以下のようなお悩みをお持ちではないですか?
  • 社員の顔と名前が一致しない
  • 人事評価の取りまとめがもう限界
  • 人材情報がバラバラで見たい情報が見つからない
  • システム導入にコストや時間をかけられない
紙やExcelでの人事業務の管理には限界があり、これらをひとまとめに解決する人材管理(人事評価)ツールに近年注目が集まっています。
顔写真が並ぶ、クラウド人材管理ツール 「カオナビ」では、7日間の無料トライアルを実施中。 シンプルで直感的なインターフェースをぜひ体感してみてください。

マネたまご マネたまをフォローすれば最新記事をお届けします!
運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.