2016/11/30 公開

パワーポイントのスライド番号・ページ番号の位置変更方法について

マネジメントシーンで役立つパワーポイント術

Pocket

2016

見やすい資料作りはマネジメント職の当然のスキル!パワーポイントにおけるページ番号の位置変更

マネジメント職になると、新規事業の発表や既存事業の進捗状況などを経営陣や上司にプレゼンする機会が多いかと思います。プレゼンの場では、当然の如く、質疑応答があります。
ページ番号は質疑応答をスムーズに行なうにも必要な要素ですが、ページ番号があるために資料が見づらくなっているようでは本末転倒です。

そこで作成する資料によって、ページ番号の位置を柔軟に変更しましょう。細かい部分までの気配りはマネジメント職でも重要な部分となります。また、新人に資料作成を指導する際も資料の見易さを徹底させることでフィードバッグの手間や部下の成長速度を促進させることができます。

パワーポイントのスライド番号・ページ番号位置は自由自在に設定が可能!

パワーポイントではページ番号を設定させる機能が付与されています。
それが「挿入」の「スライド番号」です。

051-01

スライド番号の挿入方法の詳細は
第1回「パワーポイント ページ番号・スライド番号設定編」を参照してみてください。

また、パワーポイントのページ番号は自由に設定することができます。
資料に応じて、ページ番号の位置を変えると資料の見た目やわかりやすさが向上するので、指導するマネジメント職の方も今一度確認しておきましょう。

パワーポイントのスライド番号・ページ番号の位置を変更しましょう!

パワーポイントのページ番号の位置を変更するには、「表示」タブの「スライドマスタ」をクリックします。

051-02

するとマスターの書式設定が表示されます。ここではページ番号以外にもスライド全体の設定を行なうことができます。

051-03

ページ番号の位置を変更するには「(#)の位置を変更することで可能です。

051-04

今回はフッター部分にページ番号の位置を移動させてみましょう。

051-05

ページ番号含め、点線で囲まれている箇所はクリッカブルになっており、表示領域や位置の変更をドラッグするだけで可能となります。

まずはフッター部分に、ページ番号を挿入するためのスペースを空けましょう。フッターをクリックし、中央スペースを空けます。

051-06

空いたスペースに「ページ番号」の領域を移動させます。

051-07

移動が完了したら、「マスター表示を閉じる」をクリックします。

051-08

すると、ページ番号がスライドマスタで設定した位置に移動しました。

051-09

このように資料に応じて、ページ番号の位置を変更することで、見やすくて、わかりやすい資料作りが可能となります。

自分自身のプレゼン資料はもちろん、資料作りを任せた新人や部下に、予めページ番号の位置変更も考慮するように指示しておくとフィードバックの回数の削減にもつながり、結果的に新人や部下の成長につながります。

細かい部分ですが、徹底させることで、自分自身のマネジメント負担も軽減することができます。

運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.