2016/11/29 公開

パワーポイントで目次を追加する方法とは?

マネジメントシーンで役立つパワーポイント術

Pocket

  • ????????????????????
2016

最終確認でパワーポイントに目次を追加しましょう。

新人や部下が提出した資料を最終確認する際に目次追加は有効です。目次を追加することで資料全体の構成を確認することができます。また、新人や部下へフィードバックを行なう時の指示も出しやすくなります。

また、配布資料として配る際も目次があると質疑応答も進めやすくなります。逆に新人や部下に資料を作成する際に目次を作成し、資料全体の構成を考えるように予め指示しておくとフィードバックの回数も削減できるので、おすすめです。自分が受け持つ部下の特徴を見て、作業をお願いするようにしましょう。

パワーポイントに目次を追加する方法

早速、パワーポイントに目次を追加しましょう。
目次追加用のスライドを追加します。
追加は「ホーム」タブの「新しいスライド」をクリックし、「タイトル スライド」をクリックします。

p62-01

次に「タイトル」に「目次」とテキストを追加します。

p62-02

「表示」タブの「アウトライン表示」をクリックします。
すると各スライドのタイトルが表示されます。

p62-03

タイトル以外の項目が表示されている場合は、マウスを右クリックし、「折りたたみ」の「すべて折りたたみ」をクリックします。

p62-04

アウトラインに表示されたスライドのタイトルを全てコピーします。

p62-05

アウトラインの「スライドのタイトル」をコピーし、目次の本文にペーストで貼り付ければ、目次の完成です。

p62-06

目次を追加したら、パワーポイントの構成をチェックしましょう。

パワーポイントに目次を追加できたら、資料全体の構成に問題がないかを確認しましょう。
パワーポイントは元々パソコンやプロジェクターで資料を表示し、プレゼンするためのソフトウェアです。

資料が作成できたら、実際にプレゼンをイメージしながら、構成を見直しましょう。
また、新人や部下がどのようなプレゼンを行なうかを予想しながら、添削するように心がけましょう。

添削の際はポジティブな指摘とネガティブな指摘のバランスを意識して、指摘を行ないましょう。特に目次に設定したスライドに論理矛盾がないかどうかを優先的に指摘してあげるとフィードバックの手間も省けます。

Pocket

マネたま編集部
「現場視点から考えると、マネジメントがもっとオモシロクなる」をコンセプトに、マネジメントに関する情報を発信していきます。