2016/11/29 公開

パワーポイントのグラフにアニメーションを付けて、インパクトをつける!

マネジメントシーンで役立つパワーポイント術

Pocket

2016

パワーポイントでグラフにアニメーションを追加して、インパクトをつけよう!

マネジメント職であれば、資料作成も一工夫することが必要です。特にパワーポイントはプレゼン資料の作成に優れたソフトウェアで、アニメーションの追加やパワーポイント内でエクセルを起動し、エクセルを編集することも可能です。

また、マネジメント職は資料作成以外にもチームのマネジメントや来期以降の計画策定など重要な仕事も多く課せられます。そこで、資料作成にかける時間を最低限の力で最大限の効果を発揮するように心がけるべきです。

今回は報告書の数字をグラフで表した時にインパクトを与えることができるアニメーション追加について、ご紹介いたします。これにより、デザインをどうするかなどの検討も不要となります。

パワーポイントでグラフにアニメーションを追加する方法とは?

では、パワーポイント内のエクセルで作成したグラフにアニメーションを追加してみましょう。

挿入したグラフの内枠をクリックし、「アニメーション」タブをクリックします。

p60-01

するとアニメーションの種類一覧が表示されます。
右下の矢印をクリックするとさらに多いアニメーションが表示されます。

p60-02

任意のアニメーションをクリックするとグラフにアニメーションが追加されます。
設定したアニメーションは「プレビュー」をクリックすると確認することができます。

p60-03

グラフは業績を表現する最適のツールといえます。そこに資料にインパクトを与えるアニメーションを追加することで、その資料の重要性をより際立てることができます。
部下が作成した資料を添削する際もグラフにアニメーションを追加する指導も検討してみみるのもよいかもしれません。

パワーポイントでグラフのアニメーションの細かい動作も調整可能!

グラフに設定したアニメーションは詳細設定を行なうことができます。
「効果のオプション」をクリックするとアニメーションの方向以外にも系列別、項目別でアニメーションを設定することもできます。

p60-04

アニメーションの開始時間や継続時間、遅延なども時間も自由に設定することができます。

p60-05

「アニメーション ウィンドウ」をクリックすると、パワーポイントの右側にアニメーションのタイムラインが表示されます。

p60-06

そこで追加したアニメーションや動きの確認を行なうことができます。

Pocket

マネたま編集部
「現場視点から考えると、マネジメントがもっとオモシロクなる」をコンセプトに、マネジメントに関する情報を発信していきます。