2016/11/30 公開

こんなに違う!伝わるパワーポイントのデザインのコツとは!?

マネジメントシーンで役立つパワーポイント術

Pocket

2016

知ると知らないでは大違い!?パワーポイントのデザインのコツ!

マネジメント職であれば、パワーポイントで作成した資料を見やすく、わかりやすくすることを求められます。そこで参考にしたいのがちょっとしたコツでできるパワーポイントデザイン手法です。

文字の大きさや配色を変える、図を使って、工夫するなどの手法で、これを知っているか、知らないかで作成する資料が雲泥の差となります。また、新人や部下の資料作成指導でも使えるのでぜひ習得しておきたいものです。

今回はそんな指導におすすめのものを紹介していきます。デザイナーでなくてもできるので、ぜひ参考にしてみてください。

記号を組み合わせたパワーポイントのデザイン

例えば、相対する情報をパワーポイントに掲載したい時、相対する記号を使用するのではなく、別の記号を使用することでわかりやすくなります。

例えば、あるサービスを提供している会社のサービスの有無をスライドで伝えるときはどうすべきでしょうか。

このような資料だと見にくい資料になってしまいます。

p47-01

この資料は○と×といった相反する記号を使用しています。
しかし、全く別の記号を組み合わせるとどうでしょうか?

p47-02

○が際立ち、提供可能なサービスが一目瞭然です。
これは○と-という全く関係のない記号を使用することで、わかりやすさが際立ちます。

数字は図を使って、面積で表すデザインをパワーポイントに取り入れる

ビジネスにおける報告書は必ずと言っていいほど、数字が出てきます。

例えば、売上を表す場合、上期と下期の業績を比較した以下の図はいかがでしょうか?

p47-03

違いはわかりますが、インパクトに欠けます。
では以下のように図を使って、面積を使ったデザインのスライドはいかがでしょうか。

p47-04

具体的に資料を読まなくても、売上が上がったことがわかります。
このように図を使って、面積で訴えることで資料にインパクトを持たせることができます。

時間の経過は線表を取り入れたデザインをパワーポイントに取り入れよう!

サービスのスケジュールを資料に組み込む場合、以下の資料だとどのように見えるでしょうか。

p47-05

項目はわかりますが、一番大事なスケジュールが見にくくなっています。
以下のように線表デザインを取り入れた場合はどうでしょうか?

p47-06

項目はもちろん、一番大事なスケジュールもとてもわかりやすくなっています。

このようにちょっとした工夫で、デザインを変えると資料のわかりやすさを演出することができます。

新人や部下に資料を作成させる時は、このようにデザインのコツを事前に伝えておくことで資料の精度があがり、フィードバックの回数も削減できます。

運営会社 | Copyright © kaonavi, inc. All Rights Reserved.